千鳥ノブ lemon動画。 ノブが米津玄師のレモンを熱唱!ゲストの反応が面白い!世間の口コミも|キテネブログ

テレビ千鳥 動画 lemon反省会!8/26無料視聴/見逃し配信/再放送|VOD宝箱

千鳥ノブ lemon動画

バックナンバーはこちらから 芸歴20年でも、どうにもならないことがあるのだと震撼した事件だった。 8月15日に放送された『テレビ千鳥』スペシャル(テレビ朝日系)、「ノブがLemonを歌いたいんじゃ!」でのことだ。 ノブは1ヶ月間のボイストレーニングを経て米津玄師「Lemon」を特訓し、スタジオで生歌を披露する企画に挑んだ。 生歌披露は番組的にもクライマックス。 衣装に身を包み、マイクを握るノブだったが……歌は上達しておらず、歌ってもボケてもウケず、スベり倒してしまう。 冠番組の冠企画で……! そんな「夢ならばどれほどよかったでしょう」と言いたくなる事件を放置する『テレビ千鳥』ではない。 8月26日放送のレギュラー回は「ノブのLemon大反省会」(TVer見逃し配信)と銘打ち、ノブが何を間違えたのかゼロから検証した。 結果、全ての選択肢を誤っていたことがわかった。 反省会に狩野英孝が呼ばれた意味 反省会は「編集前のVTRを確認」する形で行われた。 ゲストに呼ばれたのは狩野英孝。 「狩野じゃないのよ!」とツッコむノブだったが、実は狩野英孝はこれ以上ないキャスティングである。 理由はあとで説明するのでちょっと待ってほしい。 スタジオ収録の二日前、ノブは歌が全く上達していないことに気がついていたという。 しかしスタッフが「ノブさん下手でも面白いですよ」と乗せるので、素直なノブは「そっか!」と企画を「お笑い」に振ることにした。 下手な歌を聞かせるくらいなら、笑わせる方向で行こう。 急きょ米津玄師が紅白で着た衣装を発注し、当日は前髪を遊ばせたりピアスを付けたりした。 しかし大悟と狩野の見解は「上手くなくても真剣に臨むべきだった」。 練習の様子をVTRで見た観客は、ノブの歌が上手くなることを期待している。 「ちょっとの成長でも見えれば」(狩野)と思っている。 そこにウケようと思って米津玄師のコスプレで登場したらどうなるか。 映像を確認すると「音、切ってる?」というくらい客席は静まりかえっていた。 予想を裏切るところに笑いが生まれる。 だが、期待を裏切ってはいけないのだった。 ここに狩野英孝がキャスティングされた意味がある。 狩野英孝はかつて『ロンドンハーツ』をきっかけに、「50TA」名義でアーティスト活動をした経歴を持つ。 本気で作詞作曲し、本気で衣装を作り、本気でステージで歌い、それが大爆笑につながった。 「本気で歌うことがお笑いになった」人なのだ。 1回目の「Lemon」で、ノブは大悟にツッコんでもらおうと、歌い出しで盛大に音を外す。 本気で歌おうとしない。 そのVTRを見て狩野英孝は言い放つ。 「練習より笑いを取ろうとしている声」「オレ天然だからイジってくださいよ、って言ってる寒い芸人と一緒」と。 ノブは椅子から崩れ落ちて倒れた。 歌の「外側」にオチを見いだす麒麟川島 スベったところを何度も見せられるノブは「このVTRは危ない」「死ぬよ」と右手で自分の心臓を叩きながら嘆く。 しかしまだ地獄は続く。 1回目の「Lemon」をリプレイ。 歌い出しで大悟に止めてもらえなかったノブは、スベりながら歌い続けるしかなくなっていた。 「大スベりに入っていく男」の顔に笑い転げる大悟と狩野。 Bメロでようやく大悟に止めてもらい、命拾いしたのに「止めるなよ!」とリアクションするVTRの中のノブ。 続いて、オンエアでは全カットされた「2回目の挑戦」のVTRを確認。 ここまでの間違いに気がついたノブは真面目に歌い出す。 「そうそう」とうなずくスタジオゲストと観客たち。 たどたどしく進むノブの歌声は、しかしサビで再度暴走。 練習でウケていた「愛」を「アイーン」にするギャグを繰り出し、大悟に制止されてしまう。 1回目でボケてスベり、2回目もボケてスベった。 こうなると、3回目でボケてもウケないだろうし、真面目に歌いきっても「ふーん」で終わってしまう。 どうすればこの企画がちゃんとオチるのか……? 混乱した現場を救ったのは、スタジオゲストの麒麟・川島だった。 「あれかな、格好が暑いのかな? なんか風通しの良い服みたいなのがあれば……」 この企画のひとつ前は、大悟が自腹で夏服を買うロケだった。 最終的に購入したのは、配管を組み合わせた謎の服。 上半身裸になってそれを装着し、「配管マン」となってスタジオに登場した大悟は多いにウケた。 「風通しの良い服」というフレーズから、全員の頭に「配管」が浮かぶ。 あれで歌えばオチる……! もうノブの歌に突破口はない。 ならば歌の「外側」にオチを作るしかない。 川島の機転が企画を救った……はずだった。 最後の大間違い 3回目となる「Lemon」を確認する。 大悟の曲紹介で、流れだすイントロ。 ノブは舞台袖に控えている。 「配管マン」で歌いながら出てくればオチる……のだが、ノブが歌い出しても誰も出てこない。 「あれ?」という空気になるスタジオ。 VTRを止め「ここが大間違い」と説明するノブ。 着替えは終わっている。 サビで満を持して登場するつもりだったのだ。 しかし「Lemon」はAメロを2回繰り返し、Bメロを経て、やっとサビになる。 長いのだ。 センターに誰もいないまま、流れ続けるノブの「Lemon」。 出てこない、出てこない、出てこない……と、待ちくたびれ、ようやく出てきたと思ったら今度は照明が暗い。 笑い声は、ない。 心が折れながら「配管マン」の姿で歌いきり、一拍おいて「ウケんのよ!」と嘆いたノブだったが、その一言さえもウケない。 VTRを止め、「ウケんのよがウケん!」と千鳥は声を揃える。 ここまで一部始終を見せられると、あまりのウケなさに笑うしかない。 あの千鳥のノブでさえも判断を誤り続けると、ここまで空気が冷えるものなのか。 これはもはや、この夏の「本当にあった怖い話」だ。 「ほん怖」である。 「ノブのLemon大反省会」は、再び「配管マン」となったノブが、カメラの向こうの米津玄師とボイストレーナーに謝罪して終わった。 謝罪後の「ウケんのよ!」がスタッフにちょっとウケていて安心した。 スタジオで死んだ魂を「大反省会」として供養した、番組の優しさに感謝したい。 取り急ぎご報告したいことは以上です。 『テレビ千鳥』「ノブのLemon大反省会」(TVer見逃し配信) (文と作図/井上マサキ タイトルデザイン/まつもとりえこ).

次の

千鳥ノブ Lemon 反響、動画あり!クセがすごいんじゃぁ!

千鳥ノブ lemon動画

千鳥ノブの車の動画はここから始まった! ことの発端は『テレビ千鳥』で千鳥ノブさんが「車が欲しい」と言ったことです。 この番組内で千鳥ノブさんが買ったクルマがこちらです! 「メルセデスベンツ・ガブリオレ」 こちらはEクラスですね。 1142万円という金額に、相方の大悟さんも「まじか?」と言っていました。 そしてイカを口に入れてタバコを吸うという信じられない行動をとり始めます。 ここで千鳥大悟さんの名言がこちら 『イカ・酒・タバコが一番旨い』 運転している側からしたら、たまったもんじゃありませんね。 こちらの動画はテレビ番組「今ちゃんの実は・・」での収録で話していた動画です。 千鳥ノブさんは、「メルセデスベンツ・ガブリオレ」を買う前に1度クルマを買おうとして中古屋さんに行ったそうです。 その時の店員さんの態度が面白かったと話しています。 この動画の中で店員にレクサスをすすめられた千鳥ノブさんは、「僕なんかまだまだ早いですよ」とコメントしています。 しかしまさかその倍以上する「メルセデスベンツ・ガブリオレ」を買うことになるなんて、この時は夢にも思わなかったでしょうね。 今でも千鳥ノブさんは「メルセデスベンツ・ガブリオレ」に乗っているそうです。 今後、もし千鳥ノブさんが「メルセデスベンツ・ガブリオレ」に乗っている動画が出たら追記したいと思います。

次の

千鳥ノブが歌う米津玄師の「Lemon」に大反響!「最高でした」「一生懸命さが伝わってきた」

千鳥ノブ lemon動画

テレビ千鳥スペシャル・ノブが音痴克服! 今夜15日(木)は よる11:20から / テレビ千鳥スペシャル \ ノブLemonで音痴を克服! 大悟は服を買う!! &あいみょん感 — テレビ千鳥(テレビ朝日公式) tvchidori 8月15日 木 に「テレビ千鳥スペシャル」が放送。 ノブさんが「Lemonを歌いたいんじゃ!!」と題した企画に挑戦。 番組では、吉田拓郎さんや松任谷由実さんのコーラスを担当しているというボイストレーナー・今井マサキさんによるボイトレ指導を実施。 果たして音痴は克服できたのでしょうか?! ボイストレーニングが面白すぎる! ボイストレーナー・今井マサキさんによるボイトレでは、独特の指導法に苦戦するノブさん。 志村けんさんの発声をしたり、歌い方のクセが面白すぎます。 — DAIKI IGRDR 視聴者の反応まとめ 1ヶ月間のボイトレを全て忘れてしまったノブさん。 あまりのひどさに最後まで歌わせてもらうこともできませんでした。 さらに放送後、ノブさんはこんなツイートを。 ダメだこりゃ。 米津さん、今井先生本当に失礼しました。 歌を上手く歌う人は凄い!!本当に凄い!! — 千鳥ノブ NOBCHIDORI このノブさんのボイトレの様子やスタジオでの歌唱する様子に視聴者から「面白すぎる」「爆笑した」など反響を呼んでいます。

次の