江戸川コナン。 映画「名探偵コナン江戸川コナン失踪事件史上最悪の二日間 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

江戸川コナンの身長や体重とは?絶対音感の持ち主?血液型や誕生日は?

江戸川コナン

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。 取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。 ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。 毒薬の副作用です。 「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。 そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。 蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。 ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。 コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。 コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。 阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。 …ある2人の老人がゴルフ場でプレイをしながら、英語で会話をしています。 CIA(アメリカ中央情報局)が動いたという話と、死ぬよりもつらいことがあるとあの男に思い知らせてやるということを話していました。 一方、運送屋をしている通称・運び屋のジョーは、「トラックに爆弾があるなんて知らなかった」と供述します。 …ある日コナンと元太、光彦、歩美はサッカーをしていました。 その時に跳ね返ったボールが当たり、コナンの眼鏡が壊れます。 コナンが阿笠博士を訪ねると、博士は風呂の修理をしていました。 なんでもお風呂が壊れたそうで、修理途中で小さな爆発を起こしてしまいました。 風呂を直すのに時間がかかりそうなので、銭湯へ行ってくれと灰原に言います。 蘭と灰原、コナンの3人で銭湯へ行きました。 小五郎は沖野ヨーコのスキャンダルでショックを受けており、留守番です。 銭湯でフルーツ牛乳を飲んでいたコナンは、男湯と女湯越しに蘭と会話をし、「コナンくん」と呼ばれます。 脱衣所には銭湯に来ていながら、ずっと服を着たまま新聞を読んでいる男がいました。 入ってきたばかりの男が銭湯のロッカーの鍵を持っており、コナンは不思議に思います(ロッカーは風呂を使う時に利用するので、入ってきたばかりの男が鍵を持っているのはおかしい)。 「おじさん専用なの?」と声をかけながら、さりげなくロッカーの中を覗きました。 風呂場に入ったコナンはタイルですべって転び、倒れます。 蘭と灰原はいつまでもコナンが出てこないので銭湯のおばさんに聞き、該当する少年が風呂場で転倒して頭を打ち、知り合いと名乗る男性に病院へ運ばれたと知りました。 近所の救急病院へ駆け込みますが、そんな少年はいません。 灰原はおかしいと思い、博士に相談します。

次の

江戸川コナンの身長や体重とは?絶対音感の持ち主?血液型や誕生日は?

江戸川コナン

メガネは、からの正体を隠すために、とっさに父ののメガネをかけたことが始まりで、以降はが開発した犯人追跡機能などが搭載したメガネをかけています。 また服装は青いジャケットに灰色のズボンに白いワイシャツに赤の蝶ネクタイ姿が多いですが、現在はカジュアルな服装をしていることが多いです。 作者曰く、冬場に半ズボンは寒そうだからという理由だそうです。 性格は正義感が強く、どんな場面でも諦めない強い意思をもっています。 またプライドが強く、負けず嫌いな一面ももっており、作中では少年探偵団たちとテレビゲームで対戦したときに、連敗だったコナンは、夜な夜なゲームを特訓するほどでした。 好奇心も旺盛で、事件が起こるたびに刑事が到着する前に、現場から手がかりを探そうとすることも多々あります。 警察関係者もコナンの推理力には一目置いており、現場を探索することを許している節が見受けられますね。 職業・所属 江戸川コナンは帝丹小学校1年B組に所属する小学生です。 、、、は同じクラスメートとなっています。 また小学生でありながら探偵でもあり、これまでに数々の事件を解決しています。 見た目が小学生のため、正体を悟られてはいけないように、が開発した時計型麻酔銃でや周囲の人たちを眠らし、蝶ネクタイ型変声機を使い、眠らした人物になりきり、推理ショーを披露しています。 家族構成 江戸川コナンの家族構成は、父に推理小説家の工藤優作と、母に元女優のがいます。 工藤優作は、ナイトバロンシリーズで世界的有名な推理小説家で、現在は妻の由紀子と共にロサンゼルスに住んでいます。 卓越した推理力の持ち主で、コナンの推理力や考察力は父である工藤優作ゆずりといえます。 工藤有希子は弱冠19歳で女優デビューを果たした、伝説の女優です。 美しいルックスと超越した演技力の持ち主で、日本を超えハリウッドで活躍していましたが、工藤優作と結婚後に女優業を引退し、現在は主婦となっています。 コナンの蝶ネクタイ型変声機を使った演技力は母親ゆずりといえますね。 作中では、コナンになって初めてと顔を合わしたときに、名前を尋ねられ、咄嗟に後ろの本棚からコナン・ドイルと江戸川乱歩の推理小説が目に入り、江戸川コナンと名乗りました。 また劇場版「紺青の拳」ではシンガポールの現地の子供に変装するため「アーサー・ヒライ」と名乗ります。 アーサーは「アーサー・コナン・ドイル」から、ヒライは江戸川乱歩の本名の「平井太郎」から来ているため、「江戸川コナン」と「アーサー・ヒライ」は同じ意味になります。 特技 コナンの特技をまとめて紹介します。 サッカー 江戸川コナンの特技で第一にあげられるのはサッカーです。 特にボールのコントロールは折り紙つきで、犯人の撃退などでは、阿笠博士の開発したキック力増強シューズを使い、数々の犯人を撃退してきました。 演技力 江戸川コナンは演技力にも長けています。 大人たちに正体を悟られないように、わざと幼稚な発言をしてみたり、蝶ネクタイ型変声機を巧みに使い、様々な人物の話し方を真似することができます。 曰く演技力の高さは母親の遺伝と言っています。 絶対音感 江戸川コナンは歌うことが苦手で音痴ですが、携帯電話のプッシュ音から連絡先を導きだしたり、ピアノの調律のズレを気づくほどの絶対音感の持ち主でもあります。 劇場版「戦慄の楽譜」では、聞いた音を正確に発音するというシーンも見せています。 操縦 コナンの口癖の一つに「ハワイで親父に教わった」というセリフがあります。 父の工藤優作の英才教育もあって、これまでに拳銃、ヘリコプター、ボート、飛行機など様々な乗り物や機械を巧みに操作しています。 コミック第1巻の「ジェットコースター殺人事件」より、毛利蘭と工藤新一はトロピカルランドでデート中に殺人事件に巻き込まれました。 ジェットコースターの搭乗中に殺害される事件で、容疑者は同じくジェットコースターに乗っていた人物だと推理し見事犯人を発見することができました。 事件解決後に同じくジェットコースターに搭乗していた、黒の組織の一員のが怪しい取引をしているのを目撃し監視していましたが、背後から近づくに気づかず、頭を鉄パイプのようなもので殴られ、APTX4869を飲まされてしまい、幼児化しました。 正体を知る人物 江戸川コナンの正体を知る人物は下記になります。 阿笠博士 コナンの一番の理解者であり、発明品などでコナンのサポートをしています。 灰原哀 黒の組織の一員でAPTX4869の開発に携わっていましたが組織からの報復により、自身もAPTX4869を飲み幼児化しました。 現在はAPTX4869の解毒薬などを開発する科学者として阿笠博士の自宅に住んでいます。 服部平次 西の高校生探偵で、が時計型麻酔銃で眠らされているとき、途中に目を覚ましてしまい、コナンの正体を突き止めます。 工藤優作・工藤有希子 コナンの両親も阿笠博士から事情説明により、正体を知っています。 赤井秀一 コナンが工藤新一の声で電話しているのを目撃したのがきっかけで正体に気づいていますが、本人には話していないようです。 怪盗キッド(黒羽快斗) 正体を知った経緯は不明ですが、劇場版「世紀末の魔術師」のラストシーンでは、コナンの正体が毛利蘭にバレてしまいそうになったときには、工藤新一に変装して助けるシーンもあります。 寺井黄之助 の助手で、から正体を知らされたと思われます。 ベルモット 黒の組織の幹部であり、江戸川コナンの素性を明かすため調査し正体を発覚しました。 組織のメンバーには話してはいないようです。 本堂瑛祐 帝丹高校に転向してきた生徒で、毛利蘭に片思いをしていました。 が毛利蘭に告白するという事を聞いて、とっさにコナンは告白を阻止するために自身の正体を明かしました。 宮野明美 黒の組織の一員で、死亡する前に自ら正体を明かしました。 幼児化したAPTX4869とは コナンを幼児化させたAPTX4869(アポトキシン4869)とは、黒の組織が極秘で開発していた薬です。 作中では組織の幹部のが、死体から毒が検出されない毒薬という理由で工藤新一に使用していましたが、なんのために開発された薬なのか未だにはっきりとは分かっていません。 また開発者の一員である、灰原哀も「毒薬なんか作っているつもりはなかった」と語っていることから、人を殺害する薬ではないようです。 黒の組織は、研究員の灰原哀が脱走したことにより、現在APTX4869の開発は停滞しているようですが、今後、組織の黒幕が登場するときに重要な鍵を握っていることは間違いないようです。 灰原哀は自身で解毒薬を研究し、数日間だけ元の体に戻れる薬を開発しましたが、江戸川コナンに渡してしまうと、元の体に戻って危険を犯すと知っているため、窮地に陥ったとき以外では、コナンには渡していないようです。 作者のこだわり 名探偵コナンの作者の青山剛昌さんは、江戸川コナンに作中で涙を流さないという強いこだわりを持っています。 これは絶体絶命のピンチでも諦めない心の強さを表しており、作中ではどんなときでも涙を見せていません。 もしかすると最終回で涙を流すシナリオがあるのかもしれませんね。

次の

江戸川コナン

江戸川コナン

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。 取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。 ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。 毒薬の副作用です。 「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。 そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。 蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。 ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。 コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。 コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。 阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。 …ある2人の老人がゴルフ場でプレイをしながら、英語で会話をしています。 CIA(アメリカ中央情報局)が動いたという話と、死ぬよりもつらいことがあるとあの男に思い知らせてやるということを話していました。 一方、運送屋をしている通称・運び屋のジョーは、「トラックに爆弾があるなんて知らなかった」と供述します。 …ある日コナンと元太、光彦、歩美はサッカーをしていました。 その時に跳ね返ったボールが当たり、コナンの眼鏡が壊れます。 コナンが阿笠博士を訪ねると、博士は風呂の修理をしていました。 なんでもお風呂が壊れたそうで、修理途中で小さな爆発を起こしてしまいました。 風呂を直すのに時間がかかりそうなので、銭湯へ行ってくれと灰原に言います。 蘭と灰原、コナンの3人で銭湯へ行きました。 小五郎は沖野ヨーコのスキャンダルでショックを受けており、留守番です。 銭湯でフルーツ牛乳を飲んでいたコナンは、男湯と女湯越しに蘭と会話をし、「コナンくん」と呼ばれます。 脱衣所には銭湯に来ていながら、ずっと服を着たまま新聞を読んでいる男がいました。 入ってきたばかりの男が銭湯のロッカーの鍵を持っており、コナンは不思議に思います(ロッカーは風呂を使う時に利用するので、入ってきたばかりの男が鍵を持っているのはおかしい)。 「おじさん専用なの?」と声をかけながら、さりげなくロッカーの中を覗きました。 風呂場に入ったコナンはタイルですべって転び、倒れます。 蘭と灰原はいつまでもコナンが出てこないので銭湯のおばさんに聞き、該当する少年が風呂場で転倒して頭を打ち、知り合いと名乗る男性に病院へ運ばれたと知りました。 近所の救急病院へ駆け込みますが、そんな少年はいません。 灰原はおかしいと思い、博士に相談します。

次の