ドコモ amazon プライム会員。 ドコモのプランについてくるAmazonプライム

ドコモユーザーならAmazonプライム会員の会費1年分が無料になるキャンペーンの適用レポート。手続きは簡単!すでに会員の方も利用可能!

ドコモ amazon プライム会員

ドコモユーザーが「Amazonプライム」の年会費を1年間無料で利用する方法です。 [2020年3月25日更新] 3月25日からスタートしてドコモの5Gの新料金プラン「5Gギガホ」と「5Gギガライト」にも、この記事で紹介しているAmazonプライム年会費が1年間無料となる特典がついています。 通常、4,900円(税込)のAmazonプライムの年会費が指定プランを契約しているドコモユーザーであれば無料となります(ドコモが年会費を負担するみたいです) Amazonを使う人であれば、実質ドコモの携帯電話回線料金が-4,900円になるという考え方もできる内容です。 新プラン「ギガホ」契約者が対象。 が、最初はキャンペーンで「ギガライト」も対象に このAmazonプライムの年会費が無料になる特典を受けることができるドコモユーザーは、新プランである「ギガホ」契約者です。 4Gのギガホも5Gのギガホも対象となります。 今からAmazonプライムに入る人、既に加入している人の両方が対象となります。 ドコモ回線を契約してAmazonプライムの年会費1年分を無料にするキャンペーンの概要と手順、適用条件をまとめています。 キャンペーンのエントリーページから、条件を満たしているドコモユーザーが申し込むことで年会費が無料となります。 既にプライム会員の人は、エントリーすることで会員期間の終了日が1年間延長されるという形になります。 ただし、ギガライトで申し込む場合、はじめてのスマホ割とドコモの学割が適用されている回線だとAmazonプライム無料特典の適用対象外となるのでご注意を。 容量超過後も送受信最大1Mbpsの速度で利用可能。 容量超過後も送受信最大3Mbpsの速度で利用可能。 月額料金は7,650円となっています。 (5Gを利用したい場合は5Gギガホまたは5Gギガライトが必須となりますが…) 月々サポートの残りの割引回数が少なくて、ほぼ使い放題のギガホにしようと考えていたような人はいいと思います。 やっぱり回線の割引を捨ててまで、Amazonプライム会員の年会費1年分無料特典を選択するのは難しいです。。 これだけじゃギガホにはできない。。 既にギガホ・ギガライト契約者の人にはデメリットは何もないと思うので、12月1日以降にエントリーしてプライム年会費を1年間無料にしちゃいましょう。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

ドコモなら1年間Amazonプライムが無料!ただし手続きが必要

ドコモ amazon プライム会員

「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」の詳細内容 新たに12月1日から開始される「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」では、ドコモの「ギガホ」を契約している方が特設サイトからエントリーをすることで、「Amazonプライム」を1年間無料で利用できるようになります。 開始当初は、「ギガホ」だけでなく「ギガライト」も対象となり、同じようにエントリーを実施することでAmazonプライム1年間無料が適用されます。 ギガライトは、スタートアップキャンペーン期間についてのみ対象となりますが、キャンペーン受付対象期間は現時点では指定されていません。 特典受付期間 本特典の受付期間は、2019年12月1日午前9時からです。 Amazonプライムの会員に既になっている方が特典にエントリーした場合 は、会員期間の期限が1年間延長される形となります。 特典内容 Amazonが提供する「Amazonプライム」の1年間分の利用権が付与されます。 特典期間の1年間は、特設サイトからエントリーおよびAmazonサイトでの「Amazonプライム」会員規約の同意後の利用登録手続きが完了した日から適用されます。 ちなみに、通常Amazonプライムは「30日のお試し」が適用されますが、「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」ではその期間も含んだ1年間無料なので、考え方としては逆にした方がお得です。 つまり、最初に30日無料を消化した後で、ドコモの1年無料を適用させるべく特典エントリーを実施する、ということです。 そうすれば、合計最大1年1ヶ月が無料になります。 1点、注意点としては、特典適用期間終了後も自動的に解約になるわけではなく、自動更新される、という点です。 そのため、必要ないのであれば自分自身で解約を実施しないと、そのまま月額料金が1年後には発生し始めてしまいます。 特典対象者 特典対象となる利用者は、dポイントクラブ会員、かつ以下の料金プランを利用している個人名義の方です。 ・ギガホ(定期契約あり/定期契約なし) ・ギガライト(定期契約あり/定期契約なし) 特典申し込み方法 2019年12月1日からアクセス可能になる特設サイトにて。 特設サイトにて、dアカウント認証を実施、エントリーページからエントリー実施。 「Amazonプライム特典を登録」ボタンより、Amazonプライムの利用登録を実施しましょう。 ギガライトの場合、はじめてスマホ割/ドコモの学割適用回線は特典対象外 先日発表されたディズニーデラックスとのセット割特典もそうでしたが、ギガホ利用とギガライト利用では明確に対応が分けられています。 今回のキャンペーンも、ギガホ利用の場合にははじめてスマホ割やドコモの学割が適用されていても対象となりますが、ギガライト利用の場合にははじめてスマホ割、ドコモの学割ともに適用対象外となります。 つい見逃しがちな注意点となっているため、忘れずにチェックしておきましょう。 そもそもAmazonプライムでは何ができるのか 今回特典として提供されるAmazonプライムとは、そもそもどういうサービスなのか、という点を押さえておきます。 Amazonプライムに加入すると、以下、各種特典がすべて利用できるようになります。 無料の配送特典 Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料で利用可能 特別取扱商品の取扱手数料が無料 Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料 Prime Video 会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題。 日本国内のお客様のみが対象。 Prime Videoチャンネル 月額定額料金で各チャンネルを視聴できるサービス Prime Music 追加料金なく、200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービス Amazon Photos Amazon Driveに写真を容量無制限で保存可能。 Amazonフレッシュ 生鮮食品から日用品まで、まとめてお届けするサービス プライム・ワードローブ プライム・ワードローブは、Amazonプライム会員限定のサービス。 商品は配送完了の翌日から自宅で最長7日間試すことができ、購入を決めた商品のみ代金を請求します。 Amazonパントリー Amazonパントリーは、いつもの買い物の定番商品を中心とした商品を、お店に行かずにまとめて注文できて、ひと箱で1回で受け取れるサービス。 ひと箱あたり390円の取扱手数料でお届け。 プライム会員限定先行タイムセール タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できます。 Kindleオーナーライブラリーの利用 対象タイトルの中から好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができるKindleオーナーライブラリーを利用可能。 Prime Reading 対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)を追加料金なしの読み放題で利用可能。 Amazon Music Unlimited Amazonプライム会員は、Amazon Music Unlimitedの月額料金(個人プラン)の割引およびお得な年額料金プラン(個人プランおよびファミリープラン)を利用可能。 家族と一緒に使い放題 会員本人のほかに、同居の家族を2人まで家族会員として登録可能。 家族会員の方も会員の皆様と同様、お急ぎ便やお届け日時指定便を無料で利用可能。 プライムペット 飼っているペット(犬・猫)の犬種・猫種、誕生日などの情報を登録すると、ペット情報にあわせた情報、おすすめ商品およびお得なセール情報を見ることができる。 プライム限定価格 一部の対象商品を、通常の価格よりも割引されたプライム限定価格で買うことができる。 かなり多くの特典があり、すべてもれなく利用するのはなかなか難しそうですが、自分にあった特典を最大活用していきたいところです。 主要なところでは、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料で利用することができる配送特典や、様々な映像を視聴することができる P rime Video、対象のKindle本を読み放題で利用できる点などでしょうか。 ある程度は、dTVやdマガジンの代わりとして活用することもできるかもしれません。 そう考えれば、1年間の無料期間が終了したとしても、月額500円なら高くはないと判断することもできそうです。 Amazon d払いでdポイント5倍還元キャンペーン詳細 「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」対象者で、そのエントリーを実施した人を対象として、Amazonでの買い物の際に「d払い」の決済を選択した場合、通常の5倍となる決済金額100円(税込)ごとに5%のdポイントを還元するキャンペーンが実施されます。 キャンペーン期間としては、2019年12月1日(日曜)9時00分~2020年3月31日(火曜)23時59分の約4ヶ月間となります。 対象なる方は、以下の条件を満たした場合となります。 ・キャンペーン期間中の「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」にエントリー ・「Amazon d払いでdポイント5倍還元キャンペーン」にエントリー ・Amazonサイト内でのお買物に「d払い」を利用 キャンペーンエントリーは、12月1日以降、以下のサイトから実施します。 進呈されるキャンペーンポイントは、月あたりの進呈上限が3,000ポイントで、進呈時期は翌々月上旬の予定とされています。 また、進呈されるdポイントはdポイント(期間・用途限定)で、有効期限は進呈から3ヶ月です。 非常にお得なキャンペーンと言えますので、条件を満たした場合にはしっかり活用していきたいところです。 ドコモとAmazonの関係性 dカードポイントUPモールの活用 ドコモユーザーがAmazonで買い物をする場合に忘れてはいけないのが、 dカードポイントUPモールです。 決済方法としてはdカード/dカード GOLD決済に限定されてはしまうものの、d払いのキャンペーン時以外であれば、非常にお得になります。 通常のdカード決済利用時の1%のポイント還元に加えて、dカードポイントUPモールを経由することでさらに1. 5倍のポイントが付与されるため、利用しなければもったいないです。 dカード/dカード GOLD利用の場合は、必ずチェックしておきましょう。 Amazonでのd払い利用時には、仮に支払い方法をdカード/dカード GOLDに設定していたとしても電話料金合算払いになるので注意が必要です。 関連記事:「」 関係ない人には関係ないが、積極利用をすれば非常にお得 とりあえず今回の特典・キャンペーンは、ギガホ/ギガライトを利用していることが大前提なので、旧プラン利用の場合には一切関係ありません。 さらに、仮にギガホ/ギガライトを利用しているとしても、Amazonをそれほど利用しないのであればメリットは皆無です。 つまり、すべてのユーザーに恩恵のある特典・キャンペーンではなく、あくまで条件付きとなっています。 私も今までAmazonプライムを必要と思ったことがなかったため、正直第一報を見た時には、「そんなの必要ないから、その分割引してくれれば・・・」と思ったものですが、とはいえ今後のユーザー還元は、こうしたケースも増えてくると思います。 ここは極力ポジティブに捉えて、特典対象になる方はどんどんAmazonを活用し、少しでもお得に利用できる方法を模索していくことが大事なのかもしれません。

次の

ドコモでAmazonプライムが1年無料|条件と登録できないときの対処方法も

ドコモ amazon プライム会員

解約方法 月額や年間の会員サービスによっては解約手続きがあまりに複雑過ぎて、やめさせる気ないだろ…と絶望したときがあります。 Amazonプライム会員の解約なら約3分で終わるほど簡単です! しかも、Amazonプライム会員はいつ解約手続きしても次回請求日の前日に自動解約してくれるので、期間ギリギリまでプライム特典を利用できます。 それではPCとスマホ・タブレットからAmazonプライム会員を解約する方法を初心者にもわかりやすく紹介していきます。 PC PCからAmazonプライム会員を解約するには、Amazon公式サイトにアクセスして上部にある「アカウントサービス」にマウスカーソルを合わせます。 マウスカーソルを合わせるとメニューが表示されるので、その中から「Amazonプライム会員情報」をクリックして下さい。 Amazonプライム会員情報が表示されるので、左メニューの最後にある「会員資格を終了する(特典を終了)」を選びます。 画面に「会員資格が終了します。 よろしいですか?」と表示されるので、その下にある「会員資格を終了する」をクリックして下さい。 スマホ・タブレット スマホ・タブレットからAmazonプライム会員を解約するには、Amazon公式サイトにアクセスして右上の「アカウントサービス」をタップして下さい。 アカウントサービスのアカウント設定にある「プライム会員情報の設定・変更」を選びます。 プライム会員情報の設定・変更が表示されるので、一番下にあるプライムの支払い設定から「会員資格を終了する(特典を終了)」をタップ。 画面に「会員資格が終了します。 よろしいですか?」と表示されるので、そのまま下にある「会員資格を終了する」を押します。 同じように下までスクロールして「会員資格を終了する」を押して下さい。 」と表示されたら、スマホ・タブレットからAmazonプライム会員に解約する方法は完了です。 解約手続きをキャンセルする方法 Amazonプライム会員を解約するつもりだったけど、サービスが気に入って解約をキャンセルしたい方もいるかと思います。 解約をキャンセルするには同じようにアカウントサービスから「Amazonプライム会員情報」にアクセスします。 ご請求はございません。 」のすぐ下にある『会員資格を継続する』をクリック。 これだけで、Amazonプライム会員の解約をキャンセルして、継続してプライム特典を受けることができます。 解約を忘れたときの返金方法 Amazonプライム会員の解約をうっかり忘れたり、そもそも自動で更新されることを知らなかったというケースがあります。 既にAmazonプライム会員の月額400円(税込)または年会費3,900円(税込)が引き落としされていた場合、Amazonは返金してくれるのでしょうか? もし、お客様およびお客様の家族会員のいずれもプライム特典のご利用を開始していない時点でお客様が会員登録をキャンセルされた場合には、当サイトは年会費の全額を払い戻します。 より引用 Amazonプライム会員規約によるとプライム特典の利用を開始していない場合は月額料金または年会費を返金してもらえるようです。 プライム特典には送料無料やお急ぎ便などが含まれているので、Amazonでお買い物しただけで利用したことになりそうです。 もちろん、プライムビデオ(動画見放題)、プライムミュージック(音楽聴き放題)、Prime Reading(電子書籍読み放題)などもそうです。 ただ、プライム特典を1度だけ利用したら返金できないというわけではなく、利用に応じて減額返金という対応もしてくれるそうです。 返金してもらえないケースも当然あるので注意! とにかく、解約するのを忘れた!自動更新されるの知らなかった!という方はAmazonカスタマーサービスにお問い合わせしてみると良いかもしれません。 まとめ• Amazonプライム会員の解約手続きは約3分で終わるほど簡単!• いつ解約しても次回請求日の前に自動解約してくれるでギリギリまで利用できる• 解約手続きはアカウントサービスのAmazonプライム会員情報からできる• 解約を忘れた方や自動更新を知らなった方は返金してくれるかもしれない 公式サイト:.

次の