にゅーそく 5ch。 次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

ニュー速

にゅーそく 5ch

・ 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・ 新型ウイルスは武漢のバイオ研究所から広がった可能性が高まる 昨日から今日にかけて、アメリカのメディアではさまざまな報道が出されていまして、今まで私たちが知らなかった「生物兵器をめぐる地下活動」があからさまになってきています。 それと共に、現在流行している新型コロナウイルスが、 とんでもない凶悪なものである可能性も示され始めました。 冒頭に示しました「ハーバード大学の教授が、ウイルスの密輸で起訴された」というのは、1月28日にアメリカ司法省の広報室ウェブサイトで公表されていたものを報じたものです。 以下はアメリカ司法省の報道ページです。 ・ (ハーバード大学教授と2人の中国人を3つの別個の中国関連事件で起訴) これは、ハーバード大学のチャールズ・リーバー博士という教授が、ボストンのローガン国際空港で 2019年12月10日に逮捕され、その後、「 21種類の生物学的研究を中国に密輸しようとした罪」で起訴されたというものです。 簡単にいえば、アメリカで厳重に保管されていたウイルスを「中国に密輸しようとした」のです。 アメリカのは、このハーバード大学の教授は中国の生物兵器スパイであると断じています。 リーバー博士は、ハーバード大学と共に、中国の大学でも研究をおこなっていました。 中国のどの大学かというと「 武漢理工大学」なのでした。 つまり、武漢にある大学です。 ここで、ウイルスの研究をしていました。 そのような科学者であるリーバー博士が、 「武漢にウイルスを密輸しようとして逮捕・起訴」されていたのでした。 さらに、では、カナダの国立微生物学研究所からも、中国のエージェントがウイルスを持ち出し、中国の以下の4つのバイオ研究施設に運んだと報じられています。 そのようなことが何年も続けられていたと。 カナダからウイルスが運搬されたとされる中国の施設 1. 長春軍医科学院 2. 成都軍事地域疾病管理予防センター 3. 武漢ウイルス学研究所 4. 北京中国科学院微生物学研究所 ここにも武漢が出てきます。 中国のバイオ研究の最高峰の施設が武漢にあるのですから、当然とはいえそうですが。 このように、中国の細菌兵器エージェントたちが激しく活動し続けていたことが示されたと共に、米は、 中国の武漢でコロナウイルスに改変を加える研究をおこなっていた武漢ウイルス学研究所の中国人科学者を特定し、その論文を公開しました。 自然界に免疫が存在しない悪夢のコロナウイルス その研究は、エボラウイルスとコロナウイルスを感染させた状態のコウモリの研究でしたが、その中には「コロナウイルスを無毒化して保存する方法」の研究も含まれていました。 もう少し正確にいうと、「ウイルスに感染させたコウモリが、病気を発症することなく、体内に長期間保存できる方法を分子構造から研究する」ということを模索していたと考えられます。 「コロナウイルスを生体の中で保存しておく」という手段を獲得するものだと思われます。 それと共に、「 遺伝子操作により、ウイルスの免疫性を改変する」ということもおこなっていたことが、武漢ウイルス学研究所のウェブサイトから伺えます。 研究を率いているのは、中国科学院に属する武漢ウイルス学研究所の「周鵬」という名の科学者で、ウイルス研究の世界では中国のトップクラスの人のようです。 ゼロヘッジは「新型コロナウイルスが動物から人間に感染したというのは茶番だ」として、この中国の科学者である周鵬氏の研究が、現在の爆発的流行を見せるウイルスの背後にあると述べています。 ゼロヘッジは、武漢ウイルス学研究所の中国語のウェブサイトを要約し、研究所がおこなってきた研究について、次のようにまとめています。 周鵬氏のコロナウイルスの研究の目的 1. 武漢ウイルス研究所は、中国の最高のウイルス学および免疫学の専門施設のひとつであり、中国の最高のバイオハザード研究所である。 その施設の科学者である 周鵬氏は、致命的なウイルスを運び伝達するコウモリの免疫機構を2009年から研究している中国の著名な科学者のひとりだ。 周氏の主な研究分野は、エボラ、SARS、コロナウイルスなど、この世で最も病原性の高いタイプのウイルスをコウモリに感染させる方法とそのメカニズムを研究することだ。 周氏はさまざまな免疫経路を遺伝子工学的に操作して、コウモリが感染しやすくなるようにし、その過程で潜在的に超耐性の病原体を作成した。 その研究の中には、ウイルスの感染に対する生体防御機構において重要な役割をはたすタンパク質である STING 経路などの免疫経路の遺伝子操作も含まれる。 周氏は、研究の一環として、自然免疫を克服したコウモリの変異したコロナウイルス株を研究した。 これは「スーパー病原体」としてのコロナウイルス株であり、つまり、これらのコロナウイルスには、自然免疫の経路に耐性がない。 これは現在世界に拡大しているコロナウイルスとよく似ている。 11月中旬の時点で、周氏の研究室は、スーパーコロナウイルスとコウモリの感染症に関する研究の実施を支援するために、経験のない研究員たちを積極的に採用していた。 周氏のウイルス学およびコウモリの免疫学に関する研究は、国立優秀青年基金、中国科学院、科学技術省の主要プロジェクトから資金援助を受けている。 ・ これを読んだ時には、「まじかよ」と思わず声を出してしまいました。 以下の部分です。 > これらのコロナウイルスには、自然免疫の経路に耐性がない。 これは、このウイルスには、自然の状態には免疫が存在しないため、「 世界中のどんな人でも、あるいは、あらゆる人々が感染する」ことを示します。 確かに、現在の異様ともいえる拡大と感染力の強さは、このようなウイルスの姿そのままともいえます。 この周氏の研究が「成功」したかどうかの記載はないですので何ともいえないですが、「そんなもの作ったら人類滅ぼすぞ」とは思いました。 なお、上の 4番目にある「 STING 」というのは、2019年3月のネイチャーの記事によれば、 STINGは、細胞質中のDNAに対する自然免疫応答に重要な役割を担うタンパク質 だそうで、 RNA ウイルスおよび DNA ウイルスの感染に対する生体防御機構に重要な機能を与えるものだそうです。 こういうものを「遺伝子操作で改変していた」ようなのですね。 なお、現在の新型ウイルスが、仮にこの研究所から漏洩したものだとしても、それは故意ではなく事故だったと思われます。 おそらく上の、 > 経験のない研究員たちを積極的に採用 あたりがキッカケではなかったかと。 バイオセーフティレベルの高い病原体を扱うには、どれだけ慎重にならなければならないのかという点で、経験の少ない研究員たちによって何か起きてしまったのかもしれません。 この周氏の細菌の研究論文は以下のようなのがあるようです。 タイトルからでは、単語そのものが難解で、私には意味があまりよくわからないですが、理解できる方や、興味のある方に読まれていただきたいと思いまして、すべての論文をリンクしておきます。 論文はすべて英語です。 普通の疫学的研究の場合、たとえばウイルスを開発することなどもそうですが、「人間がその病原体に免疫を獲得する方法」を研究するわけですが、周氏の研究は 「 その逆」 です。 「治りにくいようにする」とか、「免疫のメカニズムを改変する」とか、そういう方向への研究のようにも思われまして、ここから考えられるのは、単純に、 生物兵器としてのコロナウイルスの作成 も、研究目的の中に含まれているか、あるいは、それが主要な目的であるという感じもいたします。 ただ、仮にですが、この新型ウイルスがそのようなものであったとした場合、当然ながら、生物兵器を開発する場合、「同時にウイルスや治療薬の開発もする」わけで、つまり、自国の兵士や自国民まで感染して致命的になってしまうというのは、単なる自爆兵器であるわけで、「自国民を感染から守ることができるワクチンや治療薬など」も研究していたと思うのですが、そういうものがあるのかどうか。 この新型ウイルスに関しては、あまりの強力な感染力に日々驚いていますけれど、もしかすると、これもまた周氏の手によって「改変されてこのような感染力になった」部分もあるのかもしれないと思ったりもします。 以下の部分などにもそれを感じます。 遺伝子工学的に操作して、コウモリが感染しやすくなるようにし 何しろ、2003年の SARS では、 中国の患者数が約 5000人に達するのに 9ヵ月かかったのに対して、新型コロナウイルスは「感染の爆発的拡大から数日で 5000例を超えた」のです。 見たことのないような感染力の病気だと思っていましたが、今回ご紹介したようないくつかの現実を知り、それと関係しているのかなと感じなくもないです。 そして、これらのことを知り、事態はますます厄介なことになっていくのかもしれないという不安がさすがにあります。

次の

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

にゅーそく 5ch

のが 氏から Jim 氏に移行してからは倉庫に移動したもで閲覧可となりました。 以下は資料保存のため記述を消さず残しています。 dat落ちとは、に群で使用される用である。 以後、などものに準拠して記述する。 概要 では一定期間書き込みがかったはの. , ct. から消去され、当該は閲覧・書き込みができない状態となる。 これを「dat落ち」呼ぶ。 単に「落ちた」とだけ書かれることもある。 1つのに書き込める上限であるか書き込みの容量が上限値 に達したとき• もしくは判定や即死判定 後述 に引っかかったもの …などの条件がある。 は書き込み内容を記録したの「. t」か、かつて、そのtを保存していたディレクトリの名前に由来すると言われている。 dat落ちしたスレッドを閲覧するには かつては「化」と呼ばれる作業を経て一般でも閲覧できていたが、では化が行われるのは等の限られたごく一部ののみであり、今のでを閲覧したい場合はビューア 通称: を設定した専用を利用するか、で を支払って閲覧するしかない。 それ以外では「」や「」など有志がする保管を利用する方法がある。 また、有名な続き物の、と呼ばれるものは単体でが作成される事も多く、その内にが保管・展示されている場合もある。 その他関連用語 圧縮判定 ごとに設定されたの最大保管数に達すると、自動でこの処理が発動し、そのでの中で最後に書き込まれた日時が古い順よりdat落ちとなる。 即死判定 作成直後のがな対。 がとても少ない状態でしばらく放置されると優先的にdat落ちとなる。 設定の具体的な数値は非開となっており、5KB以下・10KB以下や0未満など諸説あるが、いずれも安くらいで考えた方が良い。 n日ルール やなど、一部のではの新規作成から一間が経過すると書き込みの最終日時に関係なく強制的にdat落ちする設定が施されている場合がある。 これを「n日」と呼ぶ。 nにはごとに設定された数値が入る。 関連項目•

次の

ニュー速

にゅーそく 5ch

のが 氏から Jim 氏に移行してからは倉庫に移動したもで閲覧可となりました。 以下は資料保存のため記述を消さず残しています。 dat落ちとは、に群で使用される用である。 以後、などものに準拠して記述する。 概要 では一定期間書き込みがかったはの. , ct. から消去され、当該は閲覧・書き込みができない状態となる。 これを「dat落ち」呼ぶ。 単に「落ちた」とだけ書かれることもある。 1つのに書き込める上限であるか書き込みの容量が上限値 に達したとき• もしくは判定や即死判定 後述 に引っかかったもの …などの条件がある。 は書き込み内容を記録したの「. t」か、かつて、そのtを保存していたディレクトリの名前に由来すると言われている。 dat落ちしたスレッドを閲覧するには かつては「化」と呼ばれる作業を経て一般でも閲覧できていたが、では化が行われるのは等の限られたごく一部ののみであり、今のでを閲覧したい場合はビューア 通称: を設定した専用を利用するか、で を支払って閲覧するしかない。 それ以外では「」や「」など有志がする保管を利用する方法がある。 また、有名な続き物の、と呼ばれるものは単体でが作成される事も多く、その内にが保管・展示されている場合もある。 その他関連用語 圧縮判定 ごとに設定されたの最大保管数に達すると、自動でこの処理が発動し、そのでの中で最後に書き込まれた日時が古い順よりdat落ちとなる。 即死判定 作成直後のがな対。 がとても少ない状態でしばらく放置されると優先的にdat落ちとなる。 設定の具体的な数値は非開となっており、5KB以下・10KB以下や0未満など諸説あるが、いずれも安くらいで考えた方が良い。 n日ルール やなど、一部のではの新規作成から一間が経過すると書き込みの最終日時に関係なく強制的にdat落ちする設定が施されている場合がある。 これを「n日」と呼ぶ。 nにはごとに設定された数値が入る。 関連項目•

次の