ストレス 腹痛。 ストレスによる腹痛でチクチク痛む!そんな時の対処法&市販薬を紹介

ストレスで起きる腹痛の場所はどこなのか。

ストレス 腹痛

生活する中で避けては通れないもの 通勤電車の中でイライラ、会社で上司や新入社員のあの娘にイライラ、そして恋人とのデート中にまでイライラ、ぐったりして帰宅しほっと一息ついていたら「早くお風呂入って!」とお母さんの声で最後までイライライライラ・・・。 なんなんだろう、この生活は。 私は毎日数え切れないほどのイライラに囲まれて生きているようです。 対人のイライラだけではありません。 暑くてイライラ、うるさくてイライラ、眠くてイライラ、まぶしくて、けむくて、まずくて、イライライライラ・・・。 しかもストレスはイライラ以外にもあるんですよね。 不安や悲しみ、恐怖心や責任感などもストレスと直結しています。 普通に暮らしている限り、何をしてても付いてまわるのがストレス。 避けては通れないもののようですね。 これは自分だけではないはずだし仕方ないとは思っていても、溜め込むと体調を崩してしまいます。 ストレスからくる体調不良トップ5 1、過敏性腸症候群 慢性的な下痢や腹痛を繰り返す疾患。 腸は他の器官と比べて脳との関係が密接だといいます。 脳がストレスを感じると腸に伝わり機能障害を起こすそうです。 また反対に腸の不調が脳にストレスを与えることもあり悪循環を繰り返すことがあるのだとか。 症状が下痢や便秘だという理由から本人もあまり重く考えないせいか、病状が進行するケースが多いともいわれています。 その場合うつなどの精神疾患に繋がって危険な状態を招く可能性があるので注意が必要です。 2、胃潰瘍 これもストレスが関わる代表的な病気。 胃酸と胃を守る粘膜はストレスの影響を受けやすく胃痛、嘔吐、胸焼けなどの症状へと繋がります。 食事を消化できなくなるせいで食後に痛みが発生することが多いといわれています。 進行具合によっては入院し手術する必要があるために、気になる症状があればすぐに医師に見てもらうのが賢明な判断だと思います。 コーヒーやアルコール、タバコなどは胃を刺激するのでさらに悪化させてしまう危険があります。 どれもストレスを和らげる効果があるものなので皮肉ですがくれぐれも注意してください。 3、自律神経失調症 頭痛、めまい、不眠、下痢、憂鬱などの症状がありながら病院で検査してもこれといって異常は見つからない。 そういう場合は自律神経のバランスが乱れているのかもしれません。 上記以外にも症状は多くあり、また人によってさまざまです。 自律神経失調症というのは検査しても異常が見つからない時につけられる病名であり、正式なものではないのだとか。 そのため症状がある部分に強く出た場合は他の病名がつけられることがあります。 思春期や更年期など精神的に不安定な時期になりやすく、生まれつき自律神経のバランスが乱れやすいという人もいるらしいです。 環境が変化した時や生活リズムが乱れている時は特に注意するようにしましょう。 4、円形脱毛症 人はストレスを受けた時、それと戦うために交感神経が働くといいます。 しかしそのストレスが長く続いたり強力だった場合はこの交感神経に異常をきたし、頭部の血の流れが悪くなり栄養が行き渡らなくなるらしいです。 この円形脱毛症、患者の4分の1は15歳以下なのだといいます。 幼児期や思春期など精神的に未発達な時期になるケースが多く、自分ではストレスと向き合えない場合が多いことが問題となっています。 頭髪が抜けたことに対してのストレスも加わり悪循環となる可能性も高く、周りからのケアも重要視されています。 5、高血圧 これは塩分の取りすぎや肥満などの食生活、生活習慣が原因というイメージがありますがストレスも大きな原因の1つとされています。 なによりも怖いのが自覚症状がないというところでしょう。 知らない間に病状が悪化して心筋梗塞、動脈硬化、脳卒中など大きな病気に発展する可能性があります。 ストレスが原因の疾患への対策 生活環境を少しずつでも改善することが必要です。 食事や睡眠の乱れを見直し、運動をしてみるなども試してみるといいかもしれません。 また原因となるストレスは何なのかを見つけ出すことも、そのストレスから解放されるためにすべきことかもしれません。 自分なりのストレス解消法を見つけて、忙しい中でも時間を見つけ息抜きするように心がけましょう。 また少しでも症状の悪化を感じたら、医師に見てもらうということも忘れないでください。 予測していたものよりも重大な病気が発覚する場合があるかもしれませんし、反対に誰かに話すことであっさり解消されることもあると思います。 ストレスが原因でなる疾患なので、やはり性格的に真面目で神経質な方や完璧主義の方が多いようです。 あまり自らを追い詰めずにほど良い手抜きが出来るという人こそが、現代社会を上手く生き抜くことが出来る人なのかもしれません。

次の

若い女性、働き盛りの人に急増 過敏性腸症候群に迫る|すこやかネット|NIPRO-ニプロ株式会社- 「その技術は、人のために。」

ストレス 腹痛

Contents• はじめに 本記事は信用性を高める為、個人的な見解ではなく以下のサイトより引用を多々用います。 また、腹痛は軽度なものが多く病院に受信しない人が多いとされています。 病気などのサインの可能性もあるので、甘く考えずに頻繁に腹痛になるようでしたら病院に受診する事も考えてみてください。 どんな時に 腹痛になるのか 腹痛と言っても痛み方やどんな時に痛くなるのかを含めると様々です。 まず、いつ頃から痛いのか。 急に痛くなったのか、以前から痛いのか、以前から痛かったけれどその痛みが強くなってきたのか、などです。 痛みの症状 次に、痛みの症状です。 「ずーっと痛い」(持続的な痛み)のか、あるいは「強くなったり弱くなったり、痛みが止まることを繰り返す痛み」(間欠的な痛み)なのか。 さらに、痛みの強さも大事です。 「仕事をしている時は痛みを忘れてしまう」というのは、それほど強い痛みではなく、「痛みで目が覚めてしまう」「痛みで眠れない」という痛みは、かなり強い痛みです。 いつ お腹痛くなるのか どういう時に痛いのか、ということも大切です。 急性虫垂炎を疑った時には、患者さんにジャンプしてもらいます。 着地した時に右下腹部に痛みが響けば、虫垂炎の可能性が高くなります。 空腹時に痛くなり、食事を食べると痛みが軽減するのは胃潰瘍などに多い症状です。 一方、食事をすると痛くなるのは、腸や胆のうなどの病気を考えます。 そして、トイレで排泄すると痛みが楽になるという場合は、腸管の蠕動(内容物を通すときに起こる収縮運動)に伴う痛みの可能性が高くなります。 胃腸の弱りからくるお腹の冷え まず一番多いのが「胃腸の弱りからくるお腹の冷え」です。 漢方では、胃腸が弱くなるとお腹をはじめ、手足、ひどければ全身が冷えやすくなると考えられています。 消化に携わる胃から小腸、大腸までの長さは約7~9メートルとも言われています。 食事をするとこの約7~9メートルの長い臓器が一気に動き始めます。 運動をするとカラダがエネルギーを消費して熱が出て発汗するように、胃腸も消化・吸収するために動くことによりエネルギーを消費し熱を出します。 食事をするとカラダがポカポカするのはこのためです。 胃腸の働きが弱まると胃腸の筋肉の動きも弱まり、その周辺の血流も滞りやすくなり、さらに冷えを助長します。 胃腸の弱りによってお腹が冷えると、腹痛、下痢だけでなく、食欲不振や消化不良、胃痛なども起こりやすくなると言われています。 急に体が冷えると体の機能が停滞しやすくなります。 血液は各細胞などの栄養源なので血液の巡りが悪いくなると体の機能が停滞しやすくなります。 その他冷えによる 腹痛 薄着や過剰な冷たい物の飲食により、お腹や胃腸が冷えやすくなります。 慢性的に冷やされると胃腸の血流は徐々に悪くなり、胃腸の機能が弱まり、さらにお腹が冷えやすくなるという悪循環が生じます。 お腹の周辺にある臓器は胃腸だけではありません。 女性にとって重要な「子宮」も下腹に位置しています。 そのため、お腹が冷えることにより子宮も冷えやすくなります。 生理痛で辛いときにお腹を温めたら楽になったという経験はありませんか?これはお腹と共に子宮が冷えている証拠です。 子宮が冷えると、子宮の血流が悪くなり、生理痛だけでなく、さまざまな婦人科系トラブルを誘発する原因にもなりかねません。 生理中は、基礎体温も下がります。 体温が下がれば血の巡りも悪くなり、痛みを感じやすくなるのです。 ストレス による腹痛 通勤時の腹痛の原因の一つとして、緊張や不安や神経質などのストレスにより腹痛になる事もあります。 過敏性腸症候群を発症する原因は、はっきりとはわかっていません。 ただ最近の研究では、何らかのストレスが加わると、ストレスホルモンが脳下垂体から放出され、その刺激で腸の動きがおかしくなり、過敏性腸症候群の症状が出るといわれています。 さらに、この動きが繰り返されることで、腸が刺激に対して「知覚過敏」になり、ほんの少しの痛みや動きから、脳のストレス反応を引き出してしまい、症状が強化されるという悪循環に陥ってしまうのです。 なぜストレス が腹痛に? ストレスは脳で感知されます。 例えば、会議で急に発言を促された時に、「どうしよう、何を話そうか」と考えるのが脳の表面にある大脳皮質で、大変だと思う信号が大脳辺縁系に伝わり、不安・緊張という感情が起こります。 さらに神経の中枢である視床下部に伝わって交感神経と副交感神経が働き、ドキドキしたり汗が出たりします。 緊張が終わればいったんストレスが薄れますが、大変な状況が続くと、緊張信号が出しっぱなしになります。 そうすると視床下部がオーバーワークになってバランスが崩れ、本来は交感神経が働く時に副交感神経が働いたりします。 交感神経が緊張すると腸はあまり動かないので症状は出ませんが、副交感神経が働くと腹痛や下痢を起こします。 ストレス による腹痛の対処 色々調べてみましたが、何かをして直ぐ痛みが和らぐと言うものを見つける事ができませんでした。 すぐに治せるものではなく、日常的な生活から改善していく必要がありそうです。 「自律神経の乱れが原因なので、単に薬だけで治る病気というわけではない」(鈴木教授)。 日ごろからストレスをためないように注意し、自律神経のバランスを整える生活を心がけることが必要だ。 自律神経を安定させるには、規則正しい生活が基本。 毎日同じ時間に起き、同じ時間に食事を取り、同じ時間にベッドに入るようにしよう。 定期的に体を動かす習慣を持つのも大切だ。 さくらライフ錦糸クリニック(東京・墨田)の松枝啓院長は「体を動かす機会の少ない現代人にとって、運動は一番のストレス解消法」と話す。 「体温が上がり、汗をかくことで自律神経のバランスが整う」。 半身浴やサウナで汗をかくのもおすすめという。 さらに「食事で食物繊維を積極的にとってほしい」と松枝院長は話す。 特に、大麦などに含まれる水溶性食物繊維は有効。 腸内で水分を吸収して下痢を防くほか、便を軟らかくするので便秘も改善する。 下痢型の人は牛乳やアルコール、香辛料といった刺激物は控えたほうが無難だろう。 「緊張すると下痢をしやすい」という程度なら深刻に考える必要はないが、通勤時や仕事中など症状が頻繁で日常生活に支障を来すなら、内科や消化器内科を受診したほうがよい。 下痢型には腸の動きを抑えるラモセトロン(商品名イリボー)など、便秘型にはリナクロチド(同リンゼス)などが処方されることが多い。 しかし痛い時僕は運動する気力がないので、今回は運動して温める方法は省きます。 飲み物は温かいハーブティーやルイボスティーなど、ノンカフェインのものを摂るのがおすすめです。 生姜の摂取もおすすめです。 湯船に浸かって身体を温める事も有効です。 カイロがある場合はカイロでお腹を温める事や、厚着をして身体を冷やさないようにする事も大切です。 恐らく昔からお腹が痛いと「の」の字に摩るのは温めると言う意味合いがあるのではないかと思います。 まとめ 腹痛にはストレスによるものや冷えから来る痛みなど様々です。 色んな痛みの中で、僕自身冷えやストレスによる痛みが多いと自覚しているので対策をまとめました。 ストレスによる痛みは日常生活で、規則正しい生活や適度な運動に半身浴など行って改善を試みます。 冷えから来る痛みは、厚着をしたり暖房をつけたり身体が冷えないようにする。 温かい飲み物、例えばルイボスティーや生姜の摂取をして身体を温める事で対応します。 腹痛が病の症状である場合もあります。 ・ 本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。

次の

ストレスからの腹痛!痛い場所は決まっている?

ストレス 腹痛

ストレスによる腹痛の対処法とは この症状は、 真面目な方ほど出やすい症状だと言えます。 性格も絡んできますので、根本的に改善していくには時間と根気が必要になりますが、 治療に向けて、症状と上手く付き合っていくつもりで改善していきましょう。 ですが、やはり根本はストレスにあるので、まずはここを改善する努力も必要です。 普段からストレスを極力ためこまないような工夫をしてみてください。 好きな事に没頭する時間を作ってみるだけでも違いますよ。 あなたなりの発散方法を用意しておくと良いですね。 早寝早起き• 食事の時間を決めておく• 朝食後は便意がなくてもトイレに座る(余裕をもってトイレに行く時間を作る) など、決まった流れを毎日の中に作っていくと、体がその習慣に慣れていきます。 もし現在、生活習慣の乱れを感じているならば、意識してみてください。 体力がつき、健康に過ごすことでストレスに強い体と心を保てるのでオススメです。 また、適度な汗をかくことで爽快感が得られ、精神的に安定するとも言われています。 また、空腹が続くと胃酸によってダメージを受けてキリキリチクチクとした症状が出てくるので要注意。 詳しくは最終章で紹介します。 ですが、「チクチク痛んで我慢できない!」など、 どうしても何とかしたいと思うときに、効果のある薬を知っておくと安心できますね。 おすすめの市販薬を次の章で紹介していますので参考にしてください。 私自身これをよく使うのですが、代1類医薬品になるので薬剤師さんがいるところでしか買えません。 1回1錠・1日2回・8時間以上あけるなどの飲み方の決まりがあるので、きちんと確認してから使ってくださいね。 15歳未満の子供さんには使えません。 1日3回・食後に水かぬるま湯で服用・15歳以下の子どもは飲めません。 胃粘膜の改善、胃もたれやむかつき、胃痛に効果があり 弱ってきた胃を改善することで症状を抑えます。 1日3回・食後に水かぬるま湯で飲みましょう。 臭いが苦手な人のために糖衣タイプも発売されています。 1日3回服用することで腸の機能を正常に戻していくので、1回で症状が治まっても3回までは飲んでおいた方が良いでしょう。 年齢によって飲む量が違うので注意してください。 食後30分以内に水かぬるま湯で服用します。 粉末錠のものは3か月の赤ちゃんから服用できます。 おウチに一つ常備しておいて、なんとなく嫌な予感を感じたら。 すぐに飲めるようにしておくと良いかもしれませんね。 急な腹痛や下痢にも効果があり、慢性的に腹痛を起こす人は常備しておくと安心ですね。 とても便利ですが• 1回1錠• 1日3回• 4時間以上空けて服用• 15歳未満は服用できない などの決まりがありますので、そこはしっかり守ってください。 女性特有の痛み用(生理時期の起こる下痢)、また5~14歳用などの姉妹品もあります。 ストレスと腹痛の関係・原因・メカニズムとは ストレスが原因で起こる腹痛や下痢の多くは、 『過敏性腸症候群』と呼ばれます。 この症状は20~30代に多く見られ、月に3回以上の腹痛や下痢が数か月にかけて続く、 もしくは3週間ほど続けて起こる時に過敏性腸症候群と診断される可能性が高くなります。 腹痛や下痢が続きますが、 腸の異常というよりは精神的な影響が大きいと言われています。 なぜなら、胃や腸などの内臓は自律神経との関係が深く、 不安や緊張などのストレスで乱れると異変を感じるようになるからです。 他にも腸の動きが急激に活性化してしまうことで、胃酸の過剰分泌が起こったり、 腸管が痙攣(けいれん)することも関係しています。 下痢の場合は、腸内の水分調整が整わないことも原因のひとつ。 他にも、 胃酸が過剰分泌されると、胃が荒れてしまい腹痛に繋がります。 「ストレスで胃に穴が空く」「ストレスで胃がキリキリする」と良く言われるのがこのパターンですね。 またコーヒーやカフェインの量が多い飲み物を大量に飲むと、同じような症状が起きてしまいます。 今流行しているトクホのお茶類などにも多量のカフェインが入っていますので、 健康に良かれと思って飲みすぎると胃を痛めるので注意しましょう。 さいごに ストレスによって胃が痛んだり、お腹がチクチクしたり、下痢になるのは、 自律神経と胃腸の深い関係によるのもですが、 普段の生活を整えておくことで、少しでも負担を減らすことはできます。 なるべくなら薬に頼らずに改善していけたらいいですね。 余談ですが、私も同じような症状が続いた時期がありましたが、 私の場合は心療内科で適切なお薬や漢方を処方していただき、 また、いろんな話を聞いてもらったりアドバイスを受けることですっきりと快復しました。 原因がストレスだとハッキリ自覚がある場合は、心療内科もオススメです。 20,024件のビュー• 14,898件のビュー• 12,364件のビュー• 8,797件のビュー• 8,695件のビュー• 8,214件のビュー• 6,608件のビュー• 5,119件のビュー• 4,855件のビュー• 4,380件のビュー カテゴリー• 最近の投稿•

次の