ガンバライジングwiki。 ナイトサバイブ5つ星デッキ

ガンバ大阪

ガンバライジングwiki

さらに、3番目にカードを出したとき、カウンター発生率が超アップする。 さらに、チームタイリョクが5000以下だと、あいてのチーム全体のアタックポイント-20 解説 ゲンムの新しい姿がプロモなどでの先行参戦を得てG3弾のLRで正式参戦。 が、アビリティはそれまでの予想に反して体力を1000も削る代わりにカウンター発生率超アップの効果を施すという先に出たG1弾オーズと同じカウンター超アップの効果を蓄積可能にした効果と強烈な効果。 ただ体力-1000なのは結構痛い反面、バーストアビリティの副効果が体力5000以下が条件なので実質何度でも発動すれば削られていく代わりにカウンター超アップの効果が蓄積されるので、不利時のカウンターもできるという見方もできる。 とはいえその状態でカウンターが出なかった場合はダメージを更に受けかねないので、ある程度は見切りをつけたい。 主効果は1ラウンド発動系で必殺アップに加えて体力回復持ちだが、体力回復はたったの300しか無いのでなおさらだ。 また先攻を取るためのAPアップやカウンターに必須なテクニカルゲージの要素は全くないので、他のカードにはテクニカルゲージアップを備えておくとありかもしれない。 それに加えて体力5000以下ならばデットリージャマーの再現か相手のAPを-20、しかも全体に施せるとゾンビゲーマー自体を再現したような効果。 この事もあり、カウンター重視型デッキの要として組み込んでおくのもありか。 ただゲキレツ100系やそれ以上のテクニカルゲージ重視型には注意、一応ゲキレツ100ならば運が良いとカウンターで逆転できるかもしれない。 解説 こちらはノーマル。 もちろん同じようなカードでD6弾Rのデルタや体力を削るカードと組ませて低体力デッキで挑んでみるのも一興。 ただし、あいてのチームのテクニカルゲージスピードをリセットする。 解説 劇中で登場したガシャコンスパロー装備版は初登場から1弾遅れでSR落ちで同時実装となった。 それだけならばまだしも キックアイコンやゲキレツアイコンに止めてAPバトルに勝っても体力が削られてしまうという嫌な効果。 そのため、何が何でも剣アイコンに止めなければならず、アイコン指定型な事もありガシャットスキャンチャンスでアイコンを変えると主効果が発動しない代わりに必ず体力は削られてしまう大損な点が出てしまう。 どうしてもチェンジするのであればハイパームテキガシャットをスキャンしよう。 なまじ前回LRがラウンド2での早期バースト、かつフィニッシャーボーナス込みで7700だったが、こっちは4800と大幅に劣ってしまう。 そしてこのカードが出た3年後、が登場。 しかもあちらは銃アイコンとガシャットスキャンでアイコンを変化できる可変性に優れる スキャンしない場合は銃のまま のに対し、最早こちらは素手だけしか変えられない上にタイプの違いでテクニカルゲージを伸ばせる事を除けば必殺も含めてあちらが完全上位互換となってしまった。 ライドバースト 仮面ライダーゲンム ゾンビゲーマー レベルX ステータス コウゲキ 1150 ボウギョ 800 タイリョク 2550 必殺技 デンジャラスクロウ コスト 7 ひっさつ 2600 スロット G 90 剣 80 剣 80 剣 70 剣 70 蹴 60 バーストアビリティ バーストしたとき、あいてのチーム全体のひっさつを300吸収する。 更に初の剣持ちでデンジャラスクロウ持ちというポイントがある。 ただし先攻重視になっているためか、耐久面がやや低めな点とバースト前スロットが50が2つあるのでそこは他のカバーしよう。 現行時代のがかなり微妙すぎたか、今回はそのG4弾のリベンジを果たすがの如く、強力なアビリティを引っ提げて登場となった。 まず1つ目は1ラウンド毎に攻撃と必殺の2点強化とガッツ率ダウンの蓄積効果。 効果はそこそこだが蓄積系なので、相手のガッツ率を下げて思わぬところで発動させなくさせる事ができる。 また最初から銃アイコン、つまりあのを模したかででシャカリキスポーツなどのゲンムに対応するガシャットをスキャンすれば素手に、ハイパームテキをスキャンすれば剣持ちに変化させられる…と、エグゼイドのプロトタイプでもあるゲンムにも同じような芸当もできるようになったのも利点だろう。 入手方法 ガンバライジング オフィシャルカードケースセット 解説 ゲンムの新たな姿が先行参戦。 入手方法 丸大食品「仮面ライダーエグゼイドフィッシュソーセージ」第3弾 解説 筐体排出に先駆けてデンジャラスクロウが一気にN落ち。 後攻からの逆転にした1枚だが、ノーマル相応なのでデンジャラスクロウの観賞用か。 入手方法 レッツ・ゲームスタート!パック2 解説 バースト面はアクションゲーマーLv2にチェンジして、新バースト必殺技のゲンムフィニッシュバレットを手に入れた。 ガンバライジングデータ.

次の

アークゼロの姿も!? 『ガンバライジング』BS5弾は6月以降順次稼働

ガンバライジングwiki

コミュニティ• システム・遊び方• [おもちゃ連動] <ゴースト>• <エグゼイド>• <ビルド>• <ジオウ> (ライドウォッチスキャン) <ゼロワン> (プログライズキースキャン&ブットバソウルメダル)• ジオウカード別各種システム• ジオウディケイドアーマーカード限定特殊システム• ジオウトリニティカード限定特殊システム• (グランドジオウカード限定特殊システム) ゼロワンカード別各種システム• (ゼロワンシャイニング(アサルト)ホッパー&バルカンアサルトウルフ限定特殊システム) (ゼロワンメタルクラスタホッパー限定特殊システム)• 原作に基づいた称号• クロスオーバー称号• ・ICカード関連システム• ひとりであそぶモード• サポートアイテム系• その他• カードリスト• マシン <ゼロワン> <ジオウ> <ビルド> <エグゼイド> <ゴースト> <ドライブ> <鎧武>• ゴールドカード データアーカイブ• その他• 廃止されたシステムなど.

次の

ガンバビギナーズ〜ガンバライジング初心者による初心者のための講座〜

ガンバライジングwiki

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 株式会社ガンバ大阪 GAMBA OSAKA Co. , Ltd. 2016年3月20日 ガンバ大阪U-23 vs グルージャ盛岡戦 創部の が前身であり、のJリーグ開幕時より加盟している10クラブ()のひとつ。 に初タイトルとなる優勝を果たし、2008年には制覇、2012年シーズンは17位で初の降格となった。 2014年には1シーズンでの(・・)を達成するなど、Jリーグを代表する強豪クラブである。 獲得タイトル数はJリーグ全加盟クラブ中2位、近畿地方以西のクラブでは最多である。 ホームスタジアムは。 Jリーグ加盟の1993年から2015年まではをホームスタジアムとしていた。 練習グラウンドはスポーツ広場内のガンバ大阪練習場である。 当初はやを準本拠地、(近く)にクラブ事務所とに練習場と「近畿代表」・「オール関西」的な意味合いが強かった。 2011年までのはの1市。 に練習場とクラブ事務所をスタジアムがあるに移転。 より吹田市、茨木市および高槻市、より前述3市および豊中市を重点4市と定めた。 、それまで各市でG大阪の支援活動を行っていた4市の後援会が一丸となり、G大阪とともに各、企業などと協力し、青少年の健全育成や街の活性化をはじめとする地域貢献活動を目的とした「ガンバ大阪後援会」が発足した。 なお、大阪府とをホームタウンとしているに対し、G大阪は・地域14市3町 を重点地域にしている。 ホームタウンはその後、2012年2月に、、の3市 、2015年5月に、、の3市 をそれぞれ追加し、北摂地域の全ての市となった。 クラブ名の「 ガンバ(GAMBA)」は、で「 脚」を意味し、「脚」によってシンプルで強いチームを目指す。 また、の「 頑張る」にも通じ 、• チーム一丸となって勝利を目指してガンバるチーム• どんな状況でもガンバって勝利を勝ちとるチーム• 大阪をホームタウンとし、大阪を中心とした関西ファンの声援を受けてガンバるチーム• 日本一、世界一のクラブ組織に向けてガンバるサッカークラブ という意味が込められている。 なお、では、「」 正確には という意味だが、こちらは単なる偶然の一致であり、特に関係性はない。 但し、それを他チームのサポーターが茶化して「海老」と呼ぶことがある ガンバとの試合を「海老狩り」と呼ぶなど。 発足からまでのクラブ名は「パナソニックガンバ大阪」としていた。 略称表記はJリーグ発足当初は「大阪」であったが、1995年に大阪市にホームタウンを置くC大阪がJリーグに昇格してからは、C大阪と区別するため「G大阪」もしくは「ガ大阪」と表記されている。 運営会社は 株式会社ガンバ大阪で、設立当初は松下電器産業(現・)が全株式を保有していたが、1997年に、、が株主となっている。 なお、資本金はJリーグクラブの中でも最少である。 はデザインの「」 で、の生まれ変わりという設定である。 ガンバって勝利を勝ち取る元気なサッカーボーイであり、雷の形の闘志あふれるエネルギーをその手につかんでいる。 人間をモチーフにした数少ないマスコットの1つ(では唯一の人間をモチーフにしたマスコット)である。 Jリーグ開幕当初は、デザインイラストどおり風の衣装を着用するデザインであったが 、1990年代後半頃からはユニフォームを着用したイラストに変更された。 ただし、ユニフォーム以外を着用しているものも少数ではあるが存在した。 はまでは、クラブのガンバボーイそのものがエンブレムの代わりであり、正式なエンブレムができた以降は、クラブカラーと同じブルーとブラックでの府鳥「」を伝統の象徴である盾型にアレンジし、その中央にはが描かれ、勝利の証であるのかわりに、大阪府の木「」の葉が周囲を飾るものになっている。 歴史 [ ] 前史 [ ] 詳細は「」を参照 に創部されたが前身。 に(JSL)2部 、にJSL1部へ昇格。 (1990年)優勝 などの成績を残した。 、運営会社である株式会社松下サッカークラブを設立。 1992年 - 2012年(J1) [ ] 1992年 - 1995年 [ ] にクラブ名を「 パナソニックガンバ大阪」と命名。 Jリーグ創設時からの加盟クラブ「」の一つであり、当初はで唯一のJリーグクラブだった。 Jリーグ加盟時は松下がを買収した時期と重なり、強そうなのでの映画『』からにも引っ掛け「大阪ジョーズ」という名前が有力候補だった。 しかし、にが出没するが発生したことなどから、このクラブ名は不謹慎という理由で不採用となった。 松下初代監督の同い年の親友で松下監督をJSL閉幕時点でも務めたが引き続きJ参戦に向けて指揮を執った。 、、、などが所属していた。 は8位に終わったが、はベスト8の成績。 しかし、1993年1月にエジバウドがシーズン開幕を待たずして交通事故で他界した。 ()、でと対戦し、の得点で1 - 0で勝利したが、1st・2ndステージとも8勝10敗の成績で、順位はそれぞれ10チーム中8位と6位。 Jリーグ開幕初年は年間成績7位に終わる。 ではベスト4へ進出。 時代の2年生次で出場したでは7得点を挙げ大会得点王に輝き、同校を優勝に導いた大型ストライカーとして注目を集めたは卒業の93年開幕したばかりのJリーグの4クラブ(、、)から正式オファーがあり、ガンバに加入。 同年5月16日の開幕節ではベンチ入りも逃したが6月9日、サントリー第11節戦で決めたJ初ゴールがJリーグ通算100ゴールとなった。 以後、初年度から出場機会を掴みリーグ戦29試合出場7得点を記録、7得点のうち10代最後の誕生日の前日、NICOSシリーズ第14節で当時高卒ルーキーだった松波はキックオフから延長までフルタイム出場しを達成、3点目は延長前半のサドンデス()。 、釜本体制2年目。 永島がに移籍した一方、前年からのに加え、やといった元勢が加入した。 しかし、守備の要となる筈だったツベイバがケガで離脱し、1stステージは7勝15敗で12チーム中10位。 2ndステージはツベイバが復帰したが、7連敗を喫すなど最下位争いの常連となり、・浦和と共にJリーグのお荷物と扱われるようになった。 最終的に8勝14敗で1stステージ同様の10位の成績。 カップ戦は・共にベスト4で敗退。 シーズン終了後、成績不振により釜本が監督を解任された。 、が監督に就任。 、らが加入。 また、ユースかららがクラブで初めて昇格した。 1stステージ序盤は6勝2敗と好スタートを切り、首位争いに加わったが、その後は8連敗を喫し、最終的なステージ成績は10勝16敗で14チーム中11位。 2ndステージは8勝18敗の13位。 年間総合順位は初めて最下位に終わり、シーズン終了後にヘルトが監督を退任した。 は2年連続でベスト4に入った。 1996年 - 1998年 [ ] 、クラブ名を「 ガンバ大阪」、法人名を「 (株)ガンバ大阪」にそれぞれ改称。 前アシスタントコーチのが監督に就任。 初の1シーズン制で行われ、リーグ開幕から15連敗していたV川崎に第9節に勝利するなど、前半戦は8勝7敗。 しかし後半戦で失速し、最終的な年間成績は11勝19敗で16チーム中12位。 年間成績は初年度から参加した10チーム中唯一4年連続の負け越しとなった。 は3年連続でベスト4に進出した一方で、では予選で敗退した。 チームスローガン: GAMBA REVOLUTION 、クゼ体制2年目。 礒貝が浦和、本並がV川崎に移籍。 一方でのが加入し、がユースから昇格した。 また、ユースから飛び級でトップチームに昇格したが当時のJリーグ最年少出場記録となる17歳171日でJリーグ公式戦に初出場した。 1stステージを8勝8敗(17チーム中8位)と初めて勝敗を五分に持ち込むと、2ndステージは当時のJリーグ記録となる9連勝を飾り、首位争いに加わり、2位の成績を残した。 また、年間成績も初めて勝ち越し4位となった。 なお、エムボマは25得点を挙げて、クラブ初のとを獲得。 シーズン終了後、クゼが監督が母国のスタッフ就任により退団、はアシスタントコーチのが率い、4年連続でベスト4に入った。 チームスローガン: Run Together ともに勝利を! 、の監督就任が決まっていたが、ヨーロッパのシーズンが終了してからの来日という形になり、それまではコンシリアが監督を務めた。 また、がユースから昇格し、のを練習生として獲得した(数か月後にプロ契約)。 1stステージは14位(7勝10敗)。 7月にエムボマがイタリア・のに移籍した。 2ndステージは16位(5勝12敗)となり、年間成績は15位。 また、は予選敗退、は3回戦で敗退した。 1999年 - 2001年 [ ] チームスローガン: Dream together 、コンシリア体制2年目。 、がユースから昇格した。 1stステージは6勝9敗で16チーム中10位に終わり、アントネッティがシーズン途中で監督を退任。 2ndステージからが監督に就任したが、5勝1分9敗の13位。 年間成績は11位となった。 また、は2回戦、は4回戦で敗退した。 チームスローガン: 激闘宣言 、早野体制2年目。 1stステージは5勝2分8敗の13位。 2ndステージは開幕から5連勝。 第10節の戦での勝利で3年ぶりに首位に立った。 と優勝を争ったが、第14節で鹿島、最終節でに破れ、順位は4位。 なお、年間成績では6位、15勝2分13敗と3年ぶりに勝ち越した。 また、では3年ぶりにベスト4へ進出。 チームスローガン: 挑戦 、早野体制3年目。 、を獲得。 1stステージは9勝6敗の5位。 1stステージ終了後、稲本がクラブ初となる海外移籍で、・のへ移籍。 2ndステージは低迷し、第8節に戦(、負け)の翌日に早野が監督を辞任した。 コーチのが監督に昇格したが、最終成績は5勝2分8敗の11位。 年間成績は16チーム中7位(14勝2分14敗)。 2002年 - 2004年 [ ] チームスローガン: 新挑戦 、前監督のが監督に就任。 1stステージは中断期間までに4勝1分け2敗の4位。 再開後も4連勝で一時は3位に浮上、最終的に9勝1分5敗で4位に入った。 2ndステージも磐田と優勝を争ったが、直接対決で0-2と完敗するなどし、2位の成績(10勝5敗)。 年間順位も過去最高の3位となり、19勝1分10敗と2年振りの勝ち越しを達成。 また失点数・共に、チーム歴代最少であった。 チームスローガン: Over the Top は、西野体制2年目。 年間で7度で失点を喫するなど失った勝点が積み重なった結果、一時は残留争いに加わった。 1stステージは4勝4分7敗で12位、2ndステージは優勝争いには絡めず、6勝5分4敗で7位。 年間成績も10勝9分11敗と4年ぶりに負け越した。 シーズン終了後、が鹿島に移籍した。 4月17日、1996年12月29日の天皇杯準決勝戦でのプレー中の事故を最後に1998年シーズン途中に退団したが死去した。 チームスローガン: Re:Start - ガンバが変わる - 、西野体制3年目。 、らを獲得。 1st・2ndステージ共に優勝争いに加わり、1stステージ7勝3分5敗で4位、2ndステージ8勝3分4敗で3位の成績。 なお、この年はユース出身のがリーグ戦日本人最多の20得点を挙げた。 また、J1・1st第15節戦でがJリーグ史上初となるによるデビュー戦での初得点を挙げた。 カップ戦においては、ベスト8、ベスト4の成績となった。 2005年 [ ] チームスローガン: 熱き青の力で、共に頂点へ 、西野体制4年目。 、を獲得。 リーグ戦序盤6試合はわずか1勝であったが、リーグ戦中盤以降にはアラウージョ、大黒将志、を擁する攻撃力が機能するようになり(総得点は合計82)、22節に首位に立つ。 は初めて決勝へ進出。 決勝はにPK戦で敗退したが、準優勝の成績を収めた。 リーグ戦では終盤に失速し、第33節終了時点でに抜かれ、2位に後退する。 それでも、最終節でに勝利し、勝点1差の首位だったC大阪がと引き分けたため、クラブ創設以来初また関西のチームとして初となるリーグ優勝を果たした(詳細はを参照)。 同時に(ACL)の出場権を獲得した。 この年、アラウージョがクラブのシーズン最多得点となる33得点を挙げ、クラブでは1998年のエムボマ以来となると、クラブ初となるリーグを獲得。 シーズン終了後、アラウージョが移籍。 この年、16得点を挙げた大黒ものへ移籍した。 また、のJリーグ開幕から所属したが現役を引退した。 2006年 [ ] チームスローガン: もっと熱く、青く、強く!!! 〜さらに新たな挑戦へ〜 、西野体制5年目。 大型補強を行い、FWにと、7年ぶりにG大阪復帰となる。 から元のMF、日本代表のDFらを獲得。 また、ユースからは、ら過去最多の6人が昇格した。 初出場したはマグノ・アウベスが8得点で大会得点王を獲得したが、グループリーグで敗退。 はのと千葉には勝利したが、のに大敗し、2位の成績。 リーグ戦は最終節前でに3差の2位であったが、最終節の浦和との直接対決に2-3で敗れ、リーグ連覇はならなかった(最終順位は3位)。 なお、マグノ・アウベスがクラブ史上3人目のとなる26得点、播戸も16得点を挙げた。 リーグ戦終了後、宮本恒靖がのへ移籍、また、も移籍した。 では、Jリーグ加入後初(前身の時代を含めると16年ぶり)の決勝進出を果たしたが、浦和に敗退した。 2007年 [ ] ナビスコカップ決勝時のガンバ大阪サポーターによるコレオグラフィー チームスローガン: 超攻撃 、西野体制6年目。 FW、でDFを獲得。 開幕前に行われたでは浦和と2年連続で対戦し、のを含む4-0で勝利しスーパカップ初制覇。 では、2年ぶりに決勝進出。 決勝ではと対戦し、優勝。 決勝点を挙げたが、大会MVPとニューヒーロー賞を受賞した。 リーグ戦は、クラブ初となる開幕4連勝で波に乗り、中断期間まで12勝5分け1敗と好調のまま首位。 中断明けの浦和との直接対決に敗れ、最終的に2年連続の3位に終わったが、浦和が前年度の天皇杯とを優勝したため、ACLの大会規定により天皇杯優勝枠での出場が決まった。 シーズン後、外国籍選手のクラブ最多出場記録を持ち、ゲームキャプテンも務めたが移籍。 また、が現役を引退した。 2008年 [ ] チームスローガン: Power 〜力の結集〜 、西野体制7年目。 、、らを獲得したシーズンは300日余りの間に公式戦を過去最多の61試合をこなす過酷な日程となった。 2月のは、初戦で、決勝でに夫々勝利し、の以来となる16年ぶりに国際タイトルを獲得した。 5月17日、の浦和戦(第13節)で、一部のG大阪サポーターによる浦和側への観客席に対する物の投げ込みを発端とした両クラブのサポーターが衝突する騒動が発生し、クラブは騒動を起こしたの団員2名を永久入場禁止とし、同団体は解散となった。 また、Jリーグから1000万円の制裁金が課された。 7月30日、でのと対戦し、0 - 1で敗れた。 2年ぶりに出場したでは準決勝で前年覇者である浦和とのACL史上初のJリーグ勢対決を2戦合計4 - 2(第1戦 1 - 1、第2戦 3 - 1)で制すると、11月12日の決勝ではオーストラリアのに2戦合計5 - 0(第1戦 3 - 0、第2戦 2 - 0)で勝利し、クラブ史上初、Jリーグ勢では1999年(AFCチャンピオンズリーグの前身であるアジアクラブ選手権)の、2007年の浦和に次ぐ3クラブ目となるアジア制覇を果たす。 また、ACL史上3クラブ目の無敗での優勝、そして、史上初の全勝(6戦中4戦が逆転勝ち)での優勝であった。 が大会MVPを受賞。 また、よりアジア年間最優秀クラブ賞を受賞し、監督の西野がアジア年間最優秀監督賞を受賞した。 一方で、リーグ戦はシーズン序盤でやや躓くと、立て直してきた中盤にはが、遠藤がウイルス感染症で離脱。 更に、エースストライカーのがのに移籍。 また、からを獲得するも、チームにフィットせず中盤で大失速。 特にJ1第19節からJ1第24節まで勝利が無く、優勝争いから脱落する。 最終順位は8位に終わった。 12月、日本で開催されたは初戦の準々決勝でこの年3度目の対戦となったアデレードに1 - 0で勝利。 準決勝はのに3 - 5で敗戦。 3位決定戦はのに1 - 0で勝利し、前年の浦和に続き大会3位となった。 天皇杯はクラブワールドカップとの日程が並行したため、準々決勝以降は中2・3日の間隔で試合が行なわれたが、2年ぶりに決勝へ進出。 との決勝は延長後半に途中出場の播戸の先制点が決勝点となり1 - 0で勝利し、前身の時代の1990年度大会以来、18年ぶり2度目の優勝を果たす。 これにより、国内3大タイトルを全て獲得した5つ目のクラブとなった。 同時に出場権も獲得した。 2009年 [ ] チームスローガン: SHOBU〜そして、ワールドスタンダードへ〜 、西野体制8年目。 、などのFW、、の日韓代表経験を持つDFらを獲得した。 2009年5月16日 浦和レッズ戦 5月2日、レアンドロがJ1第9節 戦で4月8日のACLグループリーグ第3節 戦から続いていた、公式戦のをクラブ新記録となる7試合連続ゴールを達成した。 最終的には5月10日のJ1第11節 柏戦までの9試合まで記録を更新。 また、同試合で4月12日J1第5節 戦から続いていたJ1の連続試合得点をクラブタイ記録の6試合連続ゴールも達成した。 5月20日、ACLグループリーグ第6節 戦で、この年クラブ初の高校2年生でトップチームに昇格したが、1997年にが記録したクラブ最年少記録を更新する、17歳14日での公式戦初出場・初得点を記録。 しかし、試合には敗れ、2006年のACLから続いていたACLの連続無敗記録が19試合で途切れた。 そして、ラウンド16でに敗れ、ACL連覇を逃した。 リーグ戦は開幕からとの不在や期待された新戦力がチームに馴染まなかった影響により、なかなか調子が上がらず、特に5月後半から7月の半ば頃まで、万博でのホームゲームで6連敗(ACL、ナビスコカップ含む)を喫した。 さらに8月にはチーム得点王のレアンドロがのに移籍。 からを獲得するもチームへのフィットに時間がかかり結果は出せず、一時は鹿島との最大差が19となった。 11月8日、J1第31節 戦のペドロ・ジュニオールの2得点目で鹿島、磐田に次ぐ3クラブ目となるリーグ戦クラブ通算1000ゴールを達成。 11月24日、より遠藤保仁が日本人選手5人目、Jリーグ所属選手では1997年の()以来となるを受賞した。 後半戦はなんとか立て直し、第32節まで優勝の可能性を残しつつも、第33節で首位の鹿島との直接対決で1-5と大敗し優勝を逃した。 それでも、最終的に3位となり、の出場権は獲得した。 は準々決勝で鹿島を破りリーグ戦での雪辱を果たすと、天皇杯6試合で8得点を挙げたの活躍もあり2年連続で決勝進出。 決勝ではを4 - 1で破り、歴代7チーム目の天皇杯連覇を達成。 そして、天皇杯決勝戦を最後に、1997年から所属したが現役を引退した。 2010年 [ ] チームスローガン: 夢 〜すべてをひとつに〜 、西野体制9年目。 ここ数年行った大型補強を行わず、新人と復帰以外では、FWのとの獲得のみにとどめ、現有戦力の維持を優先した。 シーズン開幕から6試合連続公式戦未勝利。 リーグ戦も開幕から5試合連続未勝利で、その後も相次ぐ主力選手の離脱、外国籍選手の不調、更には試合終了間際の失点などが重なり、なかなか波に乗れず、1試合未消化であるものの首位争いから大きく離され、11位で中断期間に入る。 また、ペドロ・ジュニオールがブラジルのクラブへ移籍し、ゼ・カルロスも途中移籍した。 は、グループリーグ第3節戦でが日本人選手では7人目、ユース出身選手では以来となるハットトリックを達成する活躍などで、3年連続グループリーグを突破するもラウンド16でこの年ACLを制したに敗れた。 リーグ後半戦、からのを獲得。 この年優勝したとの直接対決では2試合とも敗れ、勝点10差をつけられ独走優勝を許してしまったが、2位の成績となり、の出場権を獲得した。 なお、ACLでハットトリックを決めた平井がチームトップの14得点(リーグでは日本人2位)、高校3年生ながら主力に定着したも高校生Jリーガーのシーズン最多記録となる7得点を挙げ、G大阪下部組織出身者として初の(新人王)を受賞した。 3年目のも途中離脱したの代役としてチームに貢献するなど、多くの若手選手が飛躍したシーズンであった。 では準決勝でに敗れ天皇杯3連覇を逃した。 シーズン終了後、が・に、C大阪へレンタル移籍していたが・に、へレンタル移籍していたが広島に、がに、がに完全移籍した。 2011年 [ ] チームスローガン: 新芯進 〜新たなる未来へ〜 クラブ設立20周年となる、西野体制10年目。 ・から元U-23韓国代表の、・から昨シーズンC大阪でリーグ戦14得点を挙げた、大学生の、、を獲得、ユースからが昇格し、開幕直後にレンタルでからを獲得した。 アンブロ(販売元:)と新たに2020年シーズンまでのユニフォームサプライヤー契約を締結した。 また、1995年以来毎年行われてきたでのホームゲームから撤退した。 3月11日に発生したで、J1第2節から第6節が開催延期となった。 これを受け、クラブ公式サイトで被災地への義援金を募るチャリティーオークションが開催され、3月27日にはとの「」がで開催された。 10月2日、創立20周年記念試合となったJ1第28節戦で、6クラブ目となるJ1通算300勝を達成。 はグループリーグを首位で突破したが、ラウンド16で当時8年間リーグ戦で敗れていないC大阪に敗退。 は浦和に準決勝で敗退。 はに3回戦で敗退。 リーグ序盤戦、アドリアーノがクラブタイ記録の6試合連続得点を記録するなど得点ランキングトップを独走する活躍を見せ、攻撃面ではリーグトップの得点数であったが、守備面は開幕からの連続失点試合がリーグワーストの18試合で、総失点数が一時期リーグ最多となった。 6月、アドリアーノがカタールの、7月に宇佐美が・に移籍した一方、からFWを獲得。 ラフィーニャ加入以降の夏場を無敗で乗り切り、第22節戦で2009年3月以来となる首位に立ったが、第29節名古屋戦に大敗し、に首位を明け渡した。 その後、まで優勝の可能性を残したが、最終順位は3位で2年連続無冠に終わった。 シーズン終了後、2002年から10年間監督を務めたが退任した。 2012年 [ ] 天皇杯決勝時のガンバ大阪サポーター チームスローガン: 躍動 、監督にが就任。 クラブ史上初の監督となった。 コーチ陣も元のを含む3人が加入。 や、やイ・グノらが退団した一方、から、から、から、からを完全移籍で、から、からをレンタル移籍で獲得し、が6年ぶり、とが3年ぶりにレンタル移籍先から復帰。 新人では大卒で、テスト生からを獲得し、ユースからは、、が昇格した。 シーズン初の公式戦となったグループリーグ初戦に0-3で敗北。 また、J1第2節のC大阪戦()を含むJ1第3節まで公式戦5連敗を喫した。 J1第3節終了後のに監督のセホーン、ヘッドコーチの呂比須、フィジカルコーチのおよび強化本部長のを解任。 後任にコーチのがクラブOB初・クラブ最年少で監督に就任した。 ACLでは1勝に留まり、この年出場したJリーグ勢で唯一グループリーグで敗退。 第6節(川崎戦)でリーグ戦初勝利を挙げたが、中断前の12試合でわずか2勝(3分7敗)。 15位のと勝点差6(ACL出場による日程変更でリーグ戦試合消化はガンバが新潟より1試合少ない状態)の16位と降格圏に低迷。 これを受け、夏の補強としてから、からが期限付き移籍で復帰。 また、清水からを期限付き移籍で獲得。 一方で、6月にラフィーニャと契約解除。 7月にイ・スンヨルが、寺田が、星原がへそれぞれ期限付き移籍で退団。 中盤以降、新戦力のレアンドロや家長の活躍もあり後半戦はやや持ち直すものの、第33節時点で降格圏内の16位で第34節(最終節)を迎える。 最終節の磐田戦でも敗れ、最終的にはジュビロ磐田に、1-2で敗れ、初のJ2降格が決定した。 この年、総得点数はリーグ1位の67得点であったが、総失点はリーグ17位の65失点であった。 大量得点で勝つこともあった反面、1試合2得点以下の試合では1勝もすることができなかった。 また、ホームは17試合の内わずか4勝(7分6敗)に終わった。 は3年ぶりに決勝へ進出したが、に敗れ、ACLの出場権を逃した。 シーズン終了後、松波が監督を退任した。 2013年(J2) [ ] チームスローガン:「 復活〜さらなる進化を勝ち取るために〜」 初ので迎えた、監督に元監督のが就任。 がへ、がへ完全移籍したが、主力選手の大半がチームに残留した。 シーズン前の補強では、ロンドン五輪韓国代表の、からユース出身のを獲得。 一方で、ユースからの昇格は14年ぶりに見送られた。 序盤戦はややつまずくも開幕から12試合連続無敗を記録(6勝6分)。 第13節神戸戦で初黒星を喫したが、第13節以降6連勝を記録。 第16節終了時点で神戸をかわして首位に浮上。 代表組の遠藤・今野が不在となった6月も無敗で乗り切り前半戦を首位で折り返す。 後半戦、2012年夏から期限付き移籍で加入していた家長とレアンドロがそれぞれ契約満了により退団するが、から、ドイツ・への期限付き移籍が満了したが2年ぶりに復帰した。 夏場はロチャ・宇佐美の活躍で順調に乗り切ったが、第32節長崎戦でホーム初黒星を喫すると、以降やや失速し第35節で神戸に再び首位の座を明け渡してしまう。 それでも、第37節以降連勝を重ねると、第39節熊本戦での勝利で首位を再奪還すると同時に1年でのJ1昇格が決定。 さらに、ホーム最終戦となった第41節山形戦でJ2優勝を達成した。 ホーム万博でタイトルを勝ち取ったことはこれが初であった。 また、J1・J2両カテゴリーの優勝は柏・広島に次ぐ3クラブ目となった。 総得点は2位の神戸の78点を21点上回る99得点であった。 この年、ホームでの観客動員は平日開催が多かったこともあり、ホームゲームのシーズン平均入場者数は前年よりも下回る12,286人(前年度比83. 1%)であったが、アウェーでは各地で好調な動員を記録。 前年のJ2の平均観客動員は6000人を下回ったが、2013年のアウェーのガンバ戦はほとんどが1万人以上の動員を記録。 中でも、富山、松本、岡山など複数のクラブ過去最多動員記録を更新し、J2全体の入場者数は前年より約15%増加するなど、J2の観客動員増加に大きく貢献。 このJ2全体に巻き起こった現象はになぞらえ「ガバノミクス」「アシノミクス」などと呼ばれた。 2014年 - (J1) [ ] 2014年 [ ] チームスローガン: 「Rising G」 2年ぶりのJ1で迎えた、長谷川体制2年目。 から、からを獲得し、が3年ぶり、が2年ぶりにレンタル先から復帰。 外国人選手では、から、から期限付き移籍でを獲得。 ユースからはと、さらにがクラブ史上5人目となる飛び級で昇格した。 シーズン途中には、エブソンがへ期限付き移籍、が、・へ完全移籍したが、・に在籍していたを期限付き移籍で獲得した。 4月16日、・グループリーグ第3節鳥栖戦で、2種登録選手のが16歳8カ月12日での公式戦初出場を果たし、2009年に宇佐美が記録したクラブ史上最年少出場記録を更新した。 7年ぶりに予選からの参加となったナビスコカップではAグループ1位で決勝トーナメント進出。 準々決勝では同じAグループで2位に入ったに快勝(2戦合計4 - 1)、準決勝では2007年の決勝で顔を合わせたに2戦合計5-4と打ち合いを制し、7年ぶりに決勝進出。 決勝ではこの年の4回戦でも顔を合わせたと対戦、前半35分までに2点先取されるも、前半のうちに1点を返し後半に2点を挙げ逆転勝ち。 ナビスコカップの決勝では史上初となる2点差からの逆転優勝で、2007年以来2回目のナビスコカップ制覇を果たした。 J1では、開幕直前に前年のチーム得点王の宇佐美が負傷離脱したこともあり、前半戦は極度の得点力不足に陥りによる中断前は4勝3分7敗で降格圏の16位に低迷。 それでも、後半戦は復帰した宇佐美や中断期間に新加入したパトリックを中心とした攻撃陣が機能し、中断後早々5連勝で降格圏から一気に抜け出すと、8月末から10月にかけては10年ぶりとなる7連勝を記録し優勝争いに加わる。 第32節、負ければ優勝の可能性が消滅する首位との天王山を制し勝点差2に詰めよると、続く第33節神戸戦での勝利で浦和を得失点差で上回り初の首位に浮上。 そして最終節、最下位のアウェー戦はスコアレスドローに終わったが、優勝の可能性を残していた2位浦和・3位がそれぞれ敗れたため、2005年以来9年ぶり2回目のJ1優勝を果たした。 J1昇格1年目でのリーグ優勝は、2011年の以来2例目であり、また最大勝点差14からの逆転優勝はJリーグ史上最大だった。 中断後は15勝3分2敗と猛烈な巻き返しを見せ、総得点はリーグ2位の59得点を記録。 総失点もリーグ2位タイの31失点に留め、完封試合はクラブ新記録となる14試合を記録するなど、2年前J2に降格した主原因であった守備面は大幅に改善され攻守共に安定した数字を残した。 天皇杯では、翌年1月開催のの影響で日程が例年よりも前倒しになり、リーグ戦と並行して行われたことで他のJ1クラブが早々に敗退する中、優勝の、徳島、広島、でPK戦の末に敗れた大宮、の準決勝で敗れた清水をそれぞれ下し、以来2年ぶりに決勝進出。 決勝ではこの年を制した山形を3 - 1で下し5年ぶり3回目(前身時代含めると4回目)の天皇杯制覇を果たした。 これにより、2000年の鹿島以来14年ぶり2チーム目、日本人監督のもとでは史上初、さらにJ1昇格1年目のクラブでも初の を達成した。 2015年 [ ] チームスローガン: 「Moving G」 、長谷川体制3年目。 から、から、からを獲得し、ユースからは、、、の4人が昇格した。 7月8日、よりを獲得。 1月24日、のとの親善試合「パナソニックカップ2015」がインドネシアで行われ、4-0で勝利した。 2月28日、三冠王者として挑んだは前年リーグ2位の浦和に2-0で勝利し、8年ぶり2度目の優勝を果たした。 5月27日、2種登録選手で高校2年生のがACLラウンド16第2戦FCソウル戦でプロデビューを果たし、直後のJ1第10節鹿島戦でクラブ史上最年少となるリーグ戦デビューを果たした。 3年ぶりに出場したは初戦、第2節に2連敗し、予選敗退ムードが漂っていたが、第3節戦に引き分け、第4節ブリーラム戦でACL初勝利をあげる。 第5節広州富力戦は5-0で圧勝。 最終節城南FC戦も逆転勝利で3勝1分2敗とし、首位通過を決めた。 ノックアウトステージラウンド16ではと対戦。 第1戦目は敵地で3-1、第2戦目はホームで3-2で連勝してベスト8に進出。 準々決勝は前年の韓国王者との 日韓決戦を2戦合計3-2で下しベスト4に進出。 準決勝は2013年のACL王者で中国スーパーリーグ4連覇中のとの 日中決戦に2戦合計1-2で敗れ7年ぶりの決勝進出とはならなかった。 ナビスコカップはACLの影響で決勝トーナメントから参加。 準々決勝はPK戦の末に名古屋を準決勝では新潟をそれぞれ下し、2年連続で決勝進出を決めたものの、決勝では過密日程からかパフォーマンスが落ちてしまい、鹿島に0-3で敗れ連覇はならなかった。 1stステージ序盤はの負傷離脱でチームの調子が上がらなかったが、今野復帰後は調子を取り戻す。 しかし、ACLとの過密日程により選手には疲労が溜まり、先制するも追いつかれる試合が続き、結果的には1stステージ4位で終えた。 2ndステージも全てのカップ戦を勝ち抜き過密日程が続いたことで、年間1位の広島と年間2位の浦和に大きく差をつけられた。 年間順位4位で迎えた最終節でに勝利、年間3位のFC東京がと引き分けたため、得失点差で3位に浮上し出場を決めた。 CSは浦和との準決勝を延長戦の末3-1で勝利し決勝進出。 リーグ戦年間順位1位の広島と対戦した決勝ではホームでの第1戦を終盤の連続失点で逆転負けし、アウェイでの第2戦も引き分けた事により2戦合計3-4でリーグ連覇を逃した。 天皇杯はACLでベスト8以上に入ったことで4回戦から出場。 4回戦では川崎、での最後の公式戦となった準々決勝では鳥栖を破り、準決勝ではCSで敗れた広島にリベンジを果たして2年連続で決勝に進出。 決勝では浦和にパトリックの2得点で勝利し、2008年・2009年大会以来となる天皇杯連覇を飾った。 この年の公式戦は、最終的に2008年の61試合に次ぐJ1全クラブ最多となる60試合に達するハードな日程だった。 2016年 [ ] チームスローガン: Ambition クラブ設立25周年となる、長谷川体制4年目。 本拠地をサッカー専用スタジアム「」に移転。 また、にセカンドチーム「」が参戦。 ユースから、、、が昇格(堂安は飛び級での昇格)。 から、からとが加入。 愛媛からが期限付き移籍から復帰。 横浜FMからを期限付きで、を完全移籍で獲得。 とが移籍した。 2月14日、市立吹田サッカースタジアムのマッチ「Panasonic Cup」が開催され、名古屋に3-1で勝利した。 ではグループG組に入った。 (中国)、(韓国)、(オーストリア)と同組に入ったが、2013年の広島に続いて日本サッカー史上2チーム目のグループステージ未勝利とグループステージがホームアンドアウェー制度になった2004年以降では最低となる勝点2しか稼げずにGL敗退が決定した。 1stステージでは開幕早々にDF丹羽が離脱したことでセンターバックが人材難になりスタートダッシュに失敗。 新戦力のアデミウソンが4得点と活躍するも、ACLとの過密日程でコンディションが上がらず首位の鹿島とは勝点15差の6位に低迷した。 特にホームでは3勝2分4敗と大きく取りこぼした。 1stステージ終了後、夏の移籍市場で宇佐美がドイツ1部・に完全移籍し、ガンバ大阪一筋の二川が東京ヴェルディに期限付き移籍した。 では決勝まで勝ち進み、3年連続ファイナル進出となった。 決勝の戦では1-1の同点で延長戦でも決着がつかずにPKとなったが、4-5で敗れてしまい準優勝となった。 2ndステージは10勝3敗4分け、勝点34の4位にとどまり、年間総合順位でも勝点58で3位の鹿島に1ポイント及ばず4位となり、チャンピオンシップ進出はならなかった。 天皇杯ではベスト8まで勝ち進んだが、ベスト8でに敗れて今シーズンは無冠に終わった。 2017年 [ ] チームスローガン: 勝 、長谷川体制5年目。 期限付き移籍で加入していたアデミウソンを完全移籍で獲得し、千葉から、から、から、横浜FMから、昨年は東京Vに在籍した、清水からを補強。 また、U-23チームを主戦とする選手としてから、東京Vからを期限付き移籍で獲得、ユースからが昇格、から、から、韓国からが加入した。 一方で、が福岡に、が川崎に移籍し、が東京Vに、が千葉に期限付き移籍、は期限付き移籍先の岡山に完全移籍した。 シーズン開幕直後に、鹿島からを期限付き移籍で獲得、また前年の大ケガにより登録を抹消されていたを再登録した。 には東地区プレーオフ2のプレーオフラウンドから出場し、ホームで(マレーシア)に勝利して本戦出場決定。 本戦ではグループHに入り、三浦弦太、堂安律、初瀬亮といった若手を積極起用して臨んだが、(オーストラリア)に1勝1分けとしたものの、その試合で2-0でリードしている最中に金正也がロングボールの対応をしようとして足を滑らせて失点に絡んでしまったり、後半13分に名手・遠藤がPKを失敗する等ミスも重なり、(中国)・(韓国)に連敗し、勝点4で2年連続でグループ最下位で敗退となった。 夏の移籍市場ではからを獲得、千葉へ期限付き移籍していた西野が復帰。 一方で堂安がオランダに期限付き移籍、丹羽とパトリックが広島に移籍した。 4月16日、第7節・とので、一部のサポーターがナチス親衛隊「SS」を連想させる文字の入ったフラッグを掲出したことが問題になった。 クラブは同月20日に謝罪し、翌21日にサポーター・グループの処分を発表。 さらに5月11日、C大阪戦で起きたサポーター・グループの不適切フラッグ掲出問題について、Jリーグ・裁定委員会からの制裁が決定したことを発表した。 9月7日、監督の長谷川がシーズン限りで退任する事が発表された。 また、天皇杯では4回戦で柏レイソルに敗退し、ルヴァンカップでも準決勝でセレッソ大阪に敗れてしまい無冠となった。 攻撃陣は長沢以外に2けた得点を挙げた選手がおらず、J1では長谷川政権史上最悪の10位・48得点となり、退任発表以降はクラブワースト記録となる13試合未勝利のままシーズンを終えた。 2018年 [ ] チームスローガン: 奪還 、が新監督に就任。 から、からが復帰。 から、から、から、三菱養和ユースからが入団。 ユースから、、が昇格した。 では開幕から3連敗し、J1リーグが18チーム体制になった以降初めて、16チーム体制だった以来18年ぶりとなる単独最下位に転落、また1試合の敗戦も合わせて、前年から続く公式戦連続未勝利記録は17まで伸びた。 けが人が続出したことがあった。 その後最下位は脱し、ルヴァンカップではノックアウトステージ進出を果たしたものの、 J1リーグ戦では調子は上向かず、リーグ前半戦17試合を終えて4勝3分10敗、勝点15でJ2降格の可能性のある16位に低迷、またでは、初戦の2回戦で対戦したに1-1から延長戦の末1-2で敗れた。 による中断を挟んで J1リーグ戦5試合連続未勝利となった翌日の7月23日、監督のクルピを解任、U-23監督のが後任のトップチーム監督に就任した。 監督交代後、シーズン途中にはから、からを補強したが、長沢が渡邉とトレードする形で神戸へ期限付き移籍。 また、監督交代後、序盤は苦戦し4戦目の第21節FC東京戦で宮本体制での初勝利を決める。 9月以降はチームが上向き、第25節川崎戦から第33節長崎戦にかけて21年ぶりクラブタイ記録となる9連勝を飾り、宮本就任以降は10勝3分4敗、勝点33を積み上げ最終的に9位でJ1残留を決めた。 2019年 [ ] チームスローガン: GAMBAISM 、宮本体制2年目。 から、から、から を獲得。 また、から矢島、から呉屋 、から田尻が期限付き移籍から復帰。 さらに開幕直後にはスペインからを期限付き移籍で獲得。 また、ユースから、からが新加入。 一方で期限付き移籍をしていた長沢と二川、ファビオや初瀬などがそれぞれ移籍した。 第2戦で今季初勝利するも第5節から7戦勝ち無し。 第12節の大阪ダービーからは食野や矢島、中村などの若手選手を大量に起用し、巻き返しを図ったが、一時はJ2自動降格圏に転落。 しかし、前半戦最後の最後でなんとか持ち直し、前半戦は13位で終えた。 シーズン途中には から宇佐美が完全移籍で2016年夏以来3年ぶり2度目、からパトリックが期限付き移籍で2017年夏以来2年ぶりに、 から井手口が完全移籍で2017年以来1年半ぶりに復帰。 また、からを期限付き移籍で、からを完全移籍で獲得した。 さらに9月には昨シーズンまでに所属していたのを完全移籍で獲得した。 一方でエースの黄義助がフランスのへ、これまで国内三冠やJ1復帰・残留などに貢献した今野がへ、ベテランの藤本がへ、オ・ジェソクがへ、中村がオランダのへ、食野がイングランドの へ、米倉がへとそれぞれ移籍するなど主力級や若手の選手が大量に流出してしまった。 天皇杯は、3回戦でに0-2で敗戦し、2年連続で大学勢に敗退する結果となった。 10月4日、第28節の戦に勝利し、、、に次ぐJ1通算400勝を達成した。 では、2年ぶりに準決勝へ進出したが、相手に2戦合計2-2、アウェーゴールルールにより、3年ぶりの決勝進出はならなかった。 また、4年連続の無冠が確定した。 リーグ戦の最終成績は、12勝11分11敗の勝ち点47の7位。 2020年 [ ] チームスローガン : GANBAISM 、宮本体制3年目。 から、から、、からを完全移籍で、から、から、 からを期限付き移籍で獲得。 また、からオ・ジェソク、岐阜から市丸が期限付き移籍から復帰。 また、ユースから、、、から、から、からシン・ウォノが新加入。 さらに、から期限付き移籍で復帰していたパトリックが完全移籍へ移行した。 一方で、元スペイン代表のスサエタとコンチャ、期限付き移籍をしていた呉屋や米倉、一美などがそれぞれ移籍した。 選手 [ ] 詳細は「」を参照 国内3大大会成績 順位 回数 年度 成績 回数 年度 成績 回数 年度 優勝 2 2005, 2014 優勝 2 2007, 2014 優勝 4 2008, 2009, 2014, 2015 2位 2 2010, 2015 準優勝 3 2005, 2015, 2016 準優勝 2 2006, 2012 3位 6 2002, 2004, 2006, 2007, 2009, 2011 ベスト4 7 1993, 1994, 2002, 2008, 2011, 2017, 2019 ベスト4 8 1994, 1995, 1996, 1997, 2000, 2004, 2007, 2010 4位 2 1997, 2016 ベスト8 7 2003, 2004, 2006, 2009, 2010, 2012, 2018 ベスト8 4 1992, 2001, 2005, 2016 6位 1 2000 2回戦敗退 3 1999, 2000, 2001 ベスト16 4 1999, 2002, 2003, 2017 7位 2 1993, 2001, 2019 予選敗退 4 1992, 1996, 1997, 1998 3回戦敗退 3 1998, 2011, 2013, 2019 8位 1 2008 2回戦敗退 2 1993, 2018 9位 1 2018 10位 3 1994, 2003, 2017 11位 1 1999 12位 1 1996 14位 1 1995 15位 1 1998 17位 1 2012 年度別チーム得点王 [ ] 年度 チーム得点王 得点 備考 12得点 16得点 20得点 11得点 25得点 リーグ得点王 17得点 小島宏美 6得点 小島宏美 9得点 17得点 22得点 マグロン 15得点 20得点 33得点 J1得点王 26得点 J1得点王 20得点 バレー 10得点 11得点 14得点 15得点 レアンドロ 14得点 19得点 宇佐美貴史 10得点 宇佐美貴史 19得点 9得点 10得点 16得点 10得点 ダービーマッチ [ ] ため、リンクされている記事の要約をこの節に。 - との対戦• - との対戦• - との対戦• - との対戦 タイトル・表彰 [ ] 国内タイトル [ ]• :2回• :1回• :2回• :4回• , , ,• :2回• 2007, 国際タイトル [ ]• :1回• その他タイトル [ ]• :1回• 1992• :1回• 表彰 [ ] (AFC)• 2009年 -• 2016年 -• AFC年間最優秀監督賞• 2008年 -• AFC年間最優秀クラブ賞• 2008年• - 遠藤保仁• - 8得点• - 10得点 2005年にJリーグMVP・得点王を獲得した• - 25得点• 2005年 - アラウージョ 33得点• - 26得点• - エムボマ• - 遠藤保仁• - 遠藤保仁、• - 遠藤保仁、 、 アラウージョ• - 、 、 遠藤保仁、 マグノ・アウベス• - 山口智、 遠藤保仁、• - 山口智、 遠藤保仁• - 遠藤保仁• - 遠藤保仁• - 遠藤保仁• - 遠藤保仁• - 遠藤保仁、 、• - 遠藤保仁、 宇佐美貴史• 2005年 -• 2014年 -• 高円宮杯• , , ,• 2005年 - 大黒将志• 2013年 - 遠藤保仁• 特別賞• 最優秀育成クラブ賞• 2016年• 2007年 - 安田理大• 2014年 - 宇佐美貴史• 2016年 -• 2019年 - その他受賞• ミスターガンバ・黄金の脚賞• 2005年 -• 2006年 -• 2007年 -• 2008年 -• 2009年 - 明神智和• 2010年 - 橋本英郎• 2011年 -• 2012年 -• 2013年 -• 2014年 -• 2015年 -• 2016年 -• 2017年 -• 2018年 -• 2019年 -• 2005年 -• 2008年 -• 2014年 - 遠藤保仁• 2005年 殊勲賞• 2008年 特別賞• 2010年 - (優秀新人賞)• 1997年 -• 2008年 - 遠藤保仁• ビッグスポーツ大賞「賞(サッカープロジェクト賞)」• 2008年 - 遠藤保仁• 関西スポーツ賞• 2005年 特別賞• 2008年 特別賞• 2009年 特別賞 - 遠藤保仁• 2014年 特別賞• 大阪イメージアップ賞(知事賞詞)• 2009年、2014年• 関西・こころの特別賞• 2009年、2015年• 豊中かがやき大賞• 2014年 クラブ記録 [ ] 最多得点試合• J1リーグ戦• 7-1 【2004年10月2日 2nd第8節 C大阪戦(万博)】• 7-1 【2005年7月2日 第13節 東京V戦(万博)】• 7-2 【2012年8月25日 第23節 札幌戦(万博)】• J2リーグ戦• 8-2 【2013年7月3日 第22節 岐阜戦(長良川)】• J3リーグ戦• 6-1 【2016年9月18日 第22節 鹿児島戦(吹田S)】• Jリーグカップ• 6-3 【2016年9月14日 準々決勝第2戦 広島戦(吹田S)】• 天皇杯• 6-1 【2009年10月31日 3回戦 戦(万博)】• 6-2 【2010年9月5日 2回戦 戦(万博)】• AFCチャンピオンズリーグ(ACL)• 15-0 【2006年3月22日 グループリーグ第2節 戦(万博)】(ACLの最多得点タイ記録) 最多失点試合• J1リーグ戦• 1-7 【1996年5月4日 第12節 柏戦(万博)】• Jリーグカップ• 1-7 【1994年8月3日 準決勝 V川崎戦(瑞穂)】 連勝記録• J1リーグ戦• 9連勝 【1997年8月9日 2nd第4節 清水戦(日本平) - 1997年9月13日 第12節 横浜F戦(万博)】• 9連勝 【2018年9月1日 第25節 川﨑戦(吹田S) - 2018年11月24日 第33節 長崎戦(吹田S)】• 天皇杯• 15連勝 【2008年11月16日 4回戦 甲府戦(万博) - 2010年12月25日 準々決勝 浦和戦(万博)】• AFCチャンピオンズリーグ(ACL)• 8連勝 【2008年10月8日 決勝T準決勝第2戦 浦和戦(埼玉) - 2009年5月6日 グループリーグ第5節 戦(山東)】 連続無敗記録• J1リーグ戦• 13試合 【2007年4月22日 第7節 磐田戦(万博) - 2007年8月11日 第19節 新潟戦(万博)】• ホーム• 25試合(20勝5分) 【2006年3月29日 第4節 大宮戦 - 2007年8月11日 第19節 新潟戦】(J1史上最多タイ記録)• AFCチャンピオンズリーグ(ACL)• 19試合 【2006年5月3日 グループリーグ第5節 戦(万博) - 2009年5月6日 グループリーグ第5節 山東魯能泰山戦(山東)】 連敗記録• J1リーグ戦• 8連敗 【1995年5月10日 サントリー第15節 浦和戦(大宮) - 1995年7月8日 第22節 V川崎戦(万博)】 リーグ戦通算勝利記録• 初勝利 【1993年5月16日 サントリー第1節 浦和戦(万博)】• 通算100勝 【1999年8月16日 2nd第4節 柏戦(万博)】• 通算150勝 【2002年11月16日 2nd第13節 浦和戦(駒場)】• 通算200勝 【2006年4月15日 第8節 横浜FM戦(日産)】• 通算250勝 【2009年4月17日 第6節 山形戦(万博)】• 通算300勝 【2011年10月2日 第28節 浦和戦(万博)】• 通算350勝 【2014年9月20日 第24節 C大阪戦(万博)】• 通算400勝 【2017年5月20日 第12節 鳥栖戦(吹田S)】 個人記録 [ ] 最年少出場• 公式戦• 16歳8カ月12日 - 【2014年4月16日 ナビスコカップ グループリーグ第3節 鳥栖戦(ベアスタ)】• J1リーグ戦• 16歳11カ月18日 - 【2015年6月3日 1st第10節 鹿島戦(万博)】 最年少得点• 公式戦• 17歳14日 - 【2009年5月20日 ACLグループリーグ第6節 FCソウル戦(万博)】• J1リーグ戦• 17歳179日 - 【1997年4月20日 第3節 清水戦(万博)】 通算最多出場• 日本人選手• 外国籍選手• 122試合 - 2004年 - 2007年 【初出場:2004年3月13日 1st第1節 鹿島戦】 通算最多得点• 日本人選手• 外国籍選手• 42得点 - 2002年 - 2004年 シーズン最多得点• 日本人選手• 20得点 - 2004年• 外国籍選手• 33得点 - 2005年 連続試合得点• 公式戦• 9試合• 【2009年4月8日 ACLグループリーグ第3節 vsスリウィジャヤ - 2009年5月10日 J1リーグ第11節 柏戦】• J1リーグ戦• 6試合• 【1997年8月23日 2nd第7節 C大阪戦 - 1997年9月13日 2nd第12節 横浜F戦】• 【2005年9月3日 第22節 東京V戦 - 2005年10月15日 第27節 神戸戦】• 【2006年8月27日 第20節 名古屋戦 - 2006年10月1日 第25節 甲府戦】• 【2009年4月12日 第5節 大宮戦 - 2009年5月10日 第11節 柏戦】• 【2010年7月28日 第15節 神戸戦 - 2010年8月22日 第20節 名古屋戦】• 【2011年4月29日 第8節 山形戦 - 2011年6月15日 第15節 仙台戦】• 【2015年3月22日 第3節 甲府戦 - 2015年4月29日 第8節 松本戦】• 【2018年9月15日 第26節 神戸戦 - 2018年11月10日 第32節 湘南戦】 ハットトリック• J1リーグ戦• 4得点• 【2002年7月14日 1st第8節 清水戦】• 3得点• 【1993年6月5日 サントリー第7節 名古屋戦】(日本人選手初のハットトリック)• 【1993年11月20日 NICOS第14節 市原戦】(18歳364日のJ1最年少記録)• 【1994年4月6日 サントリー第7節 平塚戦】• 【1995年6月28日 サントリー第20節 清水戦】• 【1998年4月18日 1st第7節 柏戦】• 【1998年8月8日 1st第17節 横浜F戦】• 【2000年4月22日 1st第8節 福岡戦】• 【2004年10月2日 2nd第8節 C大阪戦】【2004年11月6日 2nd第12節 新潟戦】【2005年4月23日 第7節 FC東京戦】• 【2005年7月2日 第13節 東京V戦】【2005年9月10日 第23節 広島戦】• 【2006年3月12日 第2節 C大阪戦】• 【2006年3月12日 第2節 C大阪戦】【2006年11月26日 第33節 京都戦】• 【2007年9月1日 第24節 名古屋戦】• 【2011年8月20日 第22節 川崎戦】• 【2012年8月25日 第23節 札幌戦】• 【2014年9月27日 第26節 鳥栖戦】• 【2015年6月27日 1st第17節 山形戦】• J2リーグ戦• 4得点• 【2013年10月27日 第38節 徳島戦】• 3得点• 【2013年4月21日 第10節 富山戦】• Jリーグカップ• 4得点• 【2018年4月4日 グループリーグ第3節 名古屋戦】• 3得点• 【2018年6月9日 グループリーグプレーオフ 磐田戦】• 天皇杯• 5得点• 【2004年12月12日 5回戦 横浜FC戦】• 3得点• 【1994年12月11日 2回戦 戦】• 【1995年12月11日 2回戦 ブランメル仙台戦】• 【2009年10月31日 3回戦 福岡大学戦】• 【2014年7月12日 2回戦 ツエーゲン金沢戦】• FUJI XEROX SUPER CUP(スーパーカップ)• 3得点• 【2007年2月24日 浦和戦】(スーパーカップ初ハットトリック)• AFCチャンピオンズリーグ(ACL)• 4得点• 【2006年3月22日 グループリーグ第2節 vsダ・ナン(万博)】• 3得点• 【2006年3月22日 グループリーグ第2節 vsダ・ナン(万博)】• 【2009年3月17日 グループリーグ第2節 vsFCソウル(ソウル)】• 【2010年3月23日 グループリーグ第3節 vsシンガポール・アームド・フォーシズ(シンガポール)】• パンパシフィックチャンピオンシップ• 4得点• 【2008年2月23日 決勝 vsヒューストン・ダイナモ(ハワイ)】(大会初ハットトリック) 記念ゴール• 通算100ゴール - 【1993年6月9日 サントリー第11節 広島戦(万博)】• 通算10,000ゴール - 【2005年5月8日 第11節 名古屋戦(万博)】• 通算15,500ゴール - 【2011年9月18日 第26節 横浜FM戦(日産)】• クラブ記録• 第1ゴール - 【1993年5月16日 サントリー第1節 浦和戦(万博)】• 通算100ゴール - 【1994年9月21日 NICOS第12節 広島戦(福島)】• 通算200ゴール - 【1995年11月22日 NICOS第25節 C大阪戦(万博)】• 通算300ゴール - 【1997年9月20日 2nd第13節 柏戦(万博)】• 通算400ゴール - 【2000年4月22日 1st第8節 福岡戦(万博)】• 通算500ゴール - 【2002年4月13日 1st第6節 FC東京戦(万博)】• 通算600ゴール - 【2004年4月3日 1st第6節 清水戦(万博)】• 通算700ゴール - 【2005年7月6日 第14節 広島戦(広島ビ)】• 通算800ゴール - 【2006年8月30日 第21節 新潟戦(万博)】• 通算900ゴール - 播戸竜二【2008年3月30日 第3節 東京V戦(万博)】• 通算1,000ゴール - 【2009年11月8日 第31節 京都戦(万博)】• 通算1,100ゴール - 【2011年7月10日 第3節 大宮戦(NACK)】• 通算1,200ゴール - 【2012年9月22日 第26節 浦和戦(埼玉)】• 通算1,300ゴール - 【2013年10月20日 J2第37節 富山戦(万博)】• 通算1,400ゴール - 【2015年7月11日 2nd第1節 甲府戦(万博)】• 通算1,500ゴール - 【2017年4月1日 第5節 新潟戦(デンカS)】 その他記録 [ ]• 1試合2選手のハットトリック• 2006年3月12日のC大阪戦で、との2選手が共にハットトリックを記録。 これは1996年5月15日にの、のが初めて記録。 同一チームでは2004年8月21日の東京V戦で、浦和のとが記録して以来4例目。 スタジアム [ ] 万博記念競技場 ホーム側サポーターとアストロビジョン ホームスタジアムは パナソニックスタジアム吹田, Panasonic Stadium Suita。 2015年まではをホームスタジアムとし、同競技場の南には練習グラウンドが併設されている。 まではの松下電工(現:)敷地内にあった練習グラウンドを使用していた。 G大阪が関西唯一のJリーグクラブであった頃は、やでもホームゲームを行ったことがある。 また、1995年〜2010年まででホームゲームを行っていた。 2008年6-7月にフードフェスタが導入され、万博記念競技場の最寄り駅「」からスタジアムに向かう通り道でフードコートが開催されている。 2008年8月より名称を「美味G横丁(おいじいよこちょう)」とし、ホームゲームで開催されている。 2009年からはメインスタンド裏にも出店している。 2016年の市立吹田サッカースタジアム移転によりフードコートもスタジアム内に移動し、名称も「美味G」に変更された。 クラブハウスとオフィシャルショップ「Blu SPAZIO(ブルスパジオ)」はホームが万博だった2015年までは練習グラウンド横に併設されていた。 2016年の市立吹田サッカースタジアム移転により両施設ともスタジアム内に移転し、新たにこれまでに獲得したトロフィーや歴代所属選手のサイン入りスパイクなどが展示されたミュージアム「Blu STORIA(ブルストリア)」がオフィシャルショップ横に併設された。 万博記念競技場からの移転 [ ] 2007年4月7日 川崎フロンターレ戦 J1リーグ戦• 37,334人【2019年8月18日 第23節 磐田戦】• 22,884人【2005年9月24日 第25節 鹿島戦】 改修前• 20,991人【2011年11月3日 第31節 鹿島戦】 改修後• 19,129人【2005年8月24日 第20節 磐田戦】• 41,054人【1993年11月6日 NICOS第10節 V川崎戦】 AFCチャンピオンズリーグ• 市立吹田サッカースタジアム• 14,756人【2016年4月6日 MD4 上海上港戦】• 万博記念競技場• 20,639人【2008年11月5日 決勝 アデレード・ユナイテッド戦】 J2リーグ戦• 万博記念競技場• 18,193人【2013年7月20日 第25節 神戸戦】 J3リーグ戦• 市立吹田サッカースタジアム• 8,038人【2016年4月10日 第4節 C大23戦】• 1,711人【2016年4月23日 第6節 大分戦】 参考記録• 46,880人【2007年1月1日 天皇杯決勝 浦和戦】• 67,618人【2008年12月18日 CWC準決勝 戦】• 62,241人【2006年12月2日 J1第34節 浦和戦】 最少入場者試合 [ ] J1リーグ戦• 市立吹田サッカースタジアム• 13,731人【2016年4月15日 1st第7節 柏戦】• 万博記念競技場• 2,720人【1999年4月28日 1st第9節 京都戦】• 石川県西部緑地公園陸上競技場• 7,739人【2001年11月3日 2nd第13節 広島戦】• 神戸ユニバー記念競技場• 7,774人【1995年9月27日 NICOS第12節 磐田戦】 J2リーグ戦• 万博記念競技場• 6,559人【2013年9月15日 第33節 水戸戦】 J3リーグ戦• 市立吹田サッカースタジアム• 1,552人【2016年7月24日 第18節 福島戦】• 万博記念競技場• これには1996年シーズン終了後に当時G大阪でプレーしていたが縦縞模様への変更を提案したという経緯があるが、彼自身は1997年から浦和へ移籍したため一度も着ることはなかった。 ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 Panasonic 1992年 - 鎖骨 DAIKEN 2019年 - 左側に表記 2012年 - 2014年はパンツ 2015年 - 2018年は袖 DAICEL 2018年 - 右側に表記 背中上部 ROHTO 2003年2nd - 背中下部 SHIP HEALTHCARE 2017年 - 袖 TOYO TIRES 2020年 - 2016年2nd - 2019年はパンツ パンツ なし エピソード [ ]• ロート製薬は、2004年夏季にロゴを変更したがそのシーズンは旧ロゴのままで試合を行い、2005年シーズンから新ロゴを着用している。 2006年シーズンは、2005年のJ1リーグ年間優勝チームであるため、日本サッカー協会のシンボルであるの付いたチャンピオンマークが右袖についていた。 フィールドプレーヤーの3rdユニフォームは2ndユニフォームが青色であった2006年まで白色のシャツを採用していた。 2011年は、マスコットの「」が持つ稲妻をイメージした黄色のゲームシャツを採用した。 左胸のエンブレム上に9つの星が付けられているが、上の4つは2014年の国内3冠(J1リーグ戦・ナビスコカップ・天皇杯の優勝)、2015年の天皇杯、下の5つは2005年のJ1リーグ戦、2007年のナビスコカップ、2008年および2009年の天皇杯、2008年のの5つの優勝を表している。 また、2009年以降は国際試合ユニフォームにも星が1つつけられている。 2011年10月2日、創立20周年記念試合となったJ1第28節戦では、この試合限定で黒のゲームシャツを採用した。 2012年9月15日、のとの同日開催となったJ1第28節戦では、黄色の限定ユニフォームを採用した。 2017年8月13日、では、「GAMBA EXPO」と題し、をかたどった白のユニフォームを着用した。 2019年8月18日、にて、前年に続き「GAMBA EXPO 2019」を開催。 その際に、黒地にカラフルな手型をあしらったによる記念ユニフォームを着用した。 ユニフォームサプライの遍歴 [ ]• 1992年 - 1996年:リーグ戦は、カップ戦は• 1997年 - 1998年:アディダス• 1999年 - 2002年:• 1992年のナビスコカップから1996年までは背中スポンサーの松下電器産業(現:パナソニック)(表記:「Matsushita Electric Industrial Co. , Ltd. 1997年以後は背番号の上に背中スポンサーを掲示している。 背中下部スポンサーが解禁された2016年はスポンサーを掲出しなかったが2017年からはSHIP HEALTHCAREがスポンサーとして掲出している。 2006年以降の(ACL)の試合は胸広告()のみ掲示。 ガンバ大阪U-23 [ ] ガンバ大阪U-23 創設年 所属リーグ 所属ディビジョン 監督 テンプレート(ノート)サッカークラブPJ ガンバ大阪U-23(ガンバおおさか・アンダートゥエンティスリー、略称表記:G大23)は、2016年より(J3)に参加する、ガンバ大阪に所属する23歳以下の選手で構成されるサッカーチーム(U-23チーム)。 概要 U-23 [ ] 2015年12月15日、Jリーグの理事会においてよりJ1・J2クラブの「U-23チーム」がJ3に参加することが発表され 、初年度参加チームの一つとして参戦することがクラブから発表された。 ガンバ大阪強化本部にはかねてよりセカンドチームを持ち、若手選手が試合経験が積める場を提供していきたいという構想があり 、それまで公式戦への試合出場が難しかったU-23世代を中心としたセカンドチームで「ガンバ大阪U-23」チームを編成。 J3リーグを戦うことで、実戦での経験を重ね、各選手のレベルアップを図る。 また、U-23世代の選手がレベルアップすることにより、チーム内の競争を促し、チーム全体のレベルアップ・強化に繋げることを目標としている。 また、セカンドチームのJ3参戦に際し、2016年から運用する新ホームスタジアム「(現:パナソニックスタジアム吹田)」の稼働率を上げることもセカンドチームの編成に踏み切った要因として挙げられている。 上記の目的を達成するため、トップチームとU-23チームの編成は合同を基本としつつも、練習の質を下げないためにトップチームのトレーニングに参加するU-23メンバーを限定し、そこに出場機会のなかった選手をU-23のメンバーとしてJ3の試合に出場させる方針をとっている。 略歴 U-23 [ ] 2016年 1月7日、トップチームアシスタントコーチ兼U-23チーム初代監督として、クラブOBで前年までのコーチを務めていたが就任。 当初はトップチームとU-23のメンバーを区別していなかった(登録メンバーは両者で共通としている)が、総勢37人の大所帯となったことから、2月10日以降は時間を分けての練習を開始した。 3月11日には2種登録選手の追加登録を行い 、ユースの11選手がU-23チームのメンバーとしてに出場することが可能となった。 また、初年度となった2016年度は年間で9位となったが、U-19日本代表に、、が選出されてAFC U-19選手権バーレーン2016での優勝に貢献した。 2017年 U-23チームがトップチームと分けられ、コーチもトップチームと異なるスタッフが担当することとなった。 これについて当時監督を務めていたは、U-23が単独活動化したことによって、U-23を離れてトップチームに帯同こそするものの十分には試合に出られないという若手選手が出てしまうことを危惧していた。 實好がG大阪ユース監督に異動し、後任の監督に、ヘッドコーチに、フィジカルコーチに、GKコーチにが就任した。 3月12日、第1節の戦ではGKのが16歳3か月の若さでJリーグデビューを果たした。 途中大量失点で敗れるなど第20節から8連敗と苦しんだが、最終節までの6試合は無敗で終えた。 2018年 宮本体制2年目。 6月18日に発生したにより、直後に予定されていた戦の開催会場、万博記念競技場が一部損壊したため、試合会場をパナソニックスタジアム吹田に変更、開催日も8月に延期する措置を取った。 夏季J3リーグ戦中断期間前までの17試合で6勝5分6敗の勝点23で暫定10位となる。 中断期間初日の7月23日、トップチーム監督を解任されたの後任に宮本が指名されたことを受け、實好が約1年半ぶりに監督に復帰した。 チーム発足後初めて勝利数が敗戦数を上回り、順位も過去最高の6位でシーズンを終えた。 2019年 實好に代わり、クラブOBで過去にやなどで監督を務めたが監督に就任。 J3リーグ・:1回• (2019年5月) ホームゲーム開催試合数 [ ] U-23チームはトップチームと同じくパナソニックスタジアム吹田での開催を基本としつつ、一部主催試合をトップチームが2015年まで本拠地としていたでも行う。 年度 パナスタ (吹田S) 万博 2016 9 6 2017 13 3 2018 11 5 2019 16 1 ユニフォーム [ ] ユニフォームのデザインはトップチームと同様。 サプライヤーもトップと同じUMBRO。 までG大阪の育成・普及部長を務めた初代ユース監督の指導のもと、Jリーグ開幕当初から様々な大会で実績を残している。 また、、、、、、、、、、、など多くの選手がトップチームの主力に定着している。 ガンバ大阪ユース [ ] Jリーグ開幕当初から全国のクラブユースチームを代表するチームで、の では、、らを擁して、全国レベルの強豪校と互角に渡り合い準優勝の成績を収めた。 なお、の優勝回数(4回)は最多である。 :3回• 1998年, ,• :4回• 1994年, 2000年, 2002年,• :1回• :1回• 2013年• FBS高校・ユース招待:1回 2007年• :5回• 2003年, 2004年, 2005年, , ガンバ大阪ジュニアユース [ ] 万博グラウンドがあるにあるチーム。 で2006年、2007年と2連覇、2012年に史上初の全国3冠、2012年ので準優勝するなど、様々な大会で実績を残している。 年度 所属 リーグ戦 カップ戦 監督 試合 勝点 勝 分 敗 順位 1998 GL敗退 1999 ベスト4 2000 ベスト16 2001 ベスト8 ベスト8 2002 GL敗退 曽根純也 2003 ベスト16 2004 準優勝 ベスト4 鴨川幸司 2005 ベスト16 ベスト16 2006 モルテン・大阪府リーグ1部 9 14 4 2 3 5位 ベスト8 優勝 2007 11 23 7 2 2 2位 ベスト8 優勝 優勝 2008 11 16 5 1 5 7位 準優勝 ベスト16 GL敗退 2009 9 22 7 1 1 2位 GL敗退 優勝 2010 11 27 9 0 2 優勝 GL敗退 2011 11 30 10 0 1 優勝 準優勝 1回戦敗退 GL敗退 2012 22 63 21 0 1 優勝 優勝 優勝 優勝 2013 22 61 20 1 1 優勝 ベスト4 GL敗退 2014 22 43 13 4 5 3位 ベスト32 ベスト16 2015 22 40 12 4 6 3位 ベスト4 2016 高円宮杯地域リーグ関西 22 52 16 4 2 優勝 ベスト8 ベスト32 2017 22 40 12 4 6 2位 ベスト16 ベスト16 梅津博徳 2018 22 46 14 4 4 優勝 1回戦敗退 ベスト32 GL敗退 タイトル• :1回• :4回• , , , 2019年• :3回• 2007年, 2009年, 2012年• :6回• 2010年, 2011年, 2012年, 2013年, 2016年, 2018年 ガンバ大阪堺ジュニアユース [ ] 年度 所属 リーグ戦 カップ戦 試合 勝点 勝 分 敗 順位 1998 ベスト16 ベスト16 準優勝 1999 ベスト8 2000 2001 GL敗退 2002 GL敗退 ベスト16 2003 GL敗退 2004 GL敗退 GL敗退 2005 2006 モルテン・大阪府リーグ1部 9 13 4 1 4 6位 ベスト16 2007 11 18 6 0 5 6位 2008 モルテン・大阪府リーグ2部A 11 15 5 0 6 9位 モルテン・大阪府リーグ2部B 11 30 10 0 1 優勝 2009 モルテン・大阪府リーグ1部 10 9 2 3 5 8位 モルテン・大阪府リーグ2部A 11 27 8 3 0 優勝 2010 モルテン・大阪府リーグ1部 9 18 5 3 1 2位 9 16 5 1 3 4位 2011 9 8 2 2 5 8位 フューチャーリーグ大阪1部 12 7 2 1 9 7位 2012 アドバンスリーグ大阪2部A 18 37 12 1 5 3位 2013 アドバンスリーグ大阪2部B 18 46 14 4 0 優勝 GL敗退 2014 アドバンスリーグ大阪1部 18 28 9 1 8 4位 ベスト32 2015 18 29 9 2 7 5位 2016 18 17 4 5 9 7位 2017 アドバンスリーグ大阪2部A 19 46 12 5 2 2位 2018 アドバンスリーグ大阪1部 18 27 7 6 5 4位 ガンバ大阪門真ジュニアユース [ ] 2001年6月に発足。 2010年のでは初出場でベスト16。 また、2011年にへ昇格した。 年度 所属 リーグ戦 カップ戦 試合 勝点 勝 分 敗 順位 2001 2002 2003 2004 2005 2006 モルテン・大阪府リーグ1部 9 21 6 3 0 2位 2007 11 20 6 2 3 4位 2008 11 27 8 3 0 優勝 11 14 4 2 5 7位 2009 10 20 6 2 2 2位 9 22 7 1 1 優勝 2010 9 19 6 1 2 優勝 ベスト16 2011 11 15 4 3 4 7位 2012 22 28 8 4 10 6位 GL敗退 1回戦敗退 2013 22 37 11 4 7 4位 ベスト32 2014 22 34 10 4 8 6位 2015 22 40 13 1 8 5位 2016 高円宮杯地域リーグ関西 22 36 11 3 8 6位 2017 22 30 9 3 10 7位 ベスト16 2018 22 41 13 2 7 4位 ベスト8 ベスト16 ガンバ大阪ジュニア [ ]• 大阪府大会:1回(2016年) トップチーム昇格者・出身選手 [ ] サポーターミーティング議事録は、 を参照 決算 [ ] ガンバ大阪の決算は、つぎのとおり。 損益 [ ] 年度 収入 広告料 入場料 配分 その他 費用 事業費 人件費 管理費 利益 純利益 2005 3,418 1,684 506 552 676 3,525 2,797 N. 728 -107 5 2006 3,361 1,729 505 485 642 3,118 2,390 1,623 728 243 14 2007 3,212 1,437 534 488 753 3,304 2,635 1,927 669 -92 67 2008 4,399 1,748 598 672 1,381 4,137 3,233 2,304 904 262 39 2009 4,078 1,731 588 371 1,388 3,939 2,993 2,215 946 139 39 2010 3,346 1,734 553 375 684 3,380 2,626 1,773 754 -34 11 出典: 各年度のJ1 クラブ決算一覧。 、 、 、 、 、 金額の単位: 百万円 人件費は事業費に含まれる。 年度 収益 広告料 入場料 配分 育成 その他 費用 人件費 試合 トップ 育成 女子 販売 利益 純利益 2011 3,817 1,739 597 223 117 1,141 3,745 2,010 334 336 80 0 985 72 47 2012 3,285 1,840 529 232 123 561 3,352 1,707 321 267 102 0 955 -67 4 2013 2,786 1,696 465 105 138 382 2,839 1,486 233 194 114 0 812 -53 -63 2014 3,863 1,843 592 238 138 1,052 3,778 1,815 298 242 117 0 1,306 85 40 2015 4,282 1,907 795 270 137 1,173 4,205 1,956 357 313 113 0 1,466 77 37• 吹田市・ 茨木市・ 高槻市・ 豊中市・ 摂津市・ 池田市・ 箕面市・・・・・・・・・・。 このうち、ゴシック体で示している都市がJリーグに届け出ているホームタウンエリア• Jリーグでは2016年から背中の広告に関してこれまでの背番号上の上部だけでなく裾部分の下部にも掲出が可能になったが、ガンバ大阪ではそれ以前に下部にスポンサーを掲出していたことになる。 2016年以前に下部にロゴを提出していた例としてとがある(FC東京は2008年までは、ほかのチームと同様に上部に掲出していた。 2009年以降背中スポンサーの(2009年)、(2010年 - 2011年4月)、(2012年 - 2016年)は下部に掲出していたが、2017年よりMitsubishi Corporationが上部に移動した。 柏の場合は2014年から上部にスポンサーの、下部に柏が支援しているのロゴが無償提出されていた。 また2016年からは下部に無償ロゴのセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに加え有償のスポンサーの を掲出している。 脚注 [ ] []• 日本プロサッカーリーグ. 2015年3月30日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2016年1月28日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。 - ガンバ大阪オフィシャルサイト• - (2012年6月1日アーカイブ分) - Jリーグ公式サイト、2008年4月• プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2012年2月21日 , の2014年12月5日時点におけるアーカイブ。 , 2013年3月1日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2015年5月21日 , 2015年5月21日閲覧。 - (2014年9月16日アーカイブ分) - 、2010年5月13日。 また、2011年10月2日の20周年記念試合では開幕当初の衣装で登場した。 川淵三郎『虹を掴む』講談社、2006年• LivedoorNEWS. 2014年12月6日. 2014年12月6日閲覧。 因みにホームスタジアムが万博記念競技場から2016年吹田スタジアムに代わったが、2015年9月16日に準々決勝第2戦で戦以降勝った事が無く、ホームで7戦連続勝利なしは日本サッカー史上最長記録である。 また2004年以降2年連続でグループステージを最下位で敗退したのは日本サッカー史上初である。 GOAL(2017年5月11日)• スポーツ報知. 報知新聞社 2018年3月11日. 2018年7月23日閲覧。 サッカーキング. フロムワン 2018年7月23日. 2018年7月23日閲覧。 その後、わずか半年でへ再び完全移籍• 開幕直後にへ再び期限付き移籍• 昨シーズンは所属• 昨シーズンは所属• その後、スコットランドのへ期限付き移籍• 昨シーズンはに所属• 第9節名古屋戦、第10節鹿島戦はACL出場により、8月17日と7月27日に実施。 - (2011年2月9日アーカイブ分)• プレスリリース , ガンバ大阪, 2016年2月13日 , 2016年2月14日閲覧。 プレスリリース , ガンバ大阪, 2016年2月11日 , 2016年2月14日閲覧。 スタジアム建設募金団体公式サイト 2008年7月18日. 2013年3月1日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2015年12月15日 , 2016年1月25日閲覧。 プレスリリース , ガンバ大阪, 2015年12月15日 , 2016年1月25日閲覧。 プレスリリース , ガンバ大阪, 2014年8月31日 , 2016年1月25日閲覧。 プレスリリース , 日刊スポーツ, 2015年10月6日 , 2016年1月25日閲覧。 プレスリリース , スポーツナビ, 2016年2月7日 , 2017年9月12日閲覧。 川端暁彦 2016年4月25日. LEAGUE. 2017年9月12日閲覧。 プレスリリース , ガンバ大阪, 2016年1月7日 , 2016年1月25日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2016年3月11日 , 2016年3月15日閲覧。 webスポルティーバ(2016年11月28日)• 「U-20ワールドカップ2017開幕直前 日本代表リポート」『』2017年6月号、、2017年。 サッカーキング(2017年1月10日)• ( スポーツナビ)• 関連項目 [ ]• (ホームゲームスタジアムDJ)• (でのG大阪ホームゲーム中継制作協力担当会社。 スカパーで生放送される試合は朝日放送およびスカパー! の協力による放送「G-SEG ジーセグ powered by スカパー! 」を実施している)• (通称BB)• 外部リンク [ ]• - チャンネル•

次の