豪 ドル 見通し 2019。 10年後は100円台?【豪ドルの長期見通し】未来が明るい理由とは

【2020年】豪ドル円(オーストラリアドル)見通しを銀行員が解説

豪 ドル 見通し 2019

オーストラリアと日本の経済は、そんなにも結びつきが強かったのですね! オーストラリア経済は 中国とも結びつきが強いのが特徴なのですが、近年は中国の経済成長が減速しており、オーストラリア経済への影響が危惧されています。 2019年1月3日には、中国経済への懸念から一時的に対米ドルで約10年ぶりの安値となりました。 67ドル台と約10年ぶりの安値を付けた。 米アップルが中国での販売低迷などを理由に2018年10~12月期の売上高見通しを下方修正したことを受け、中国景気への懸念が強まり、リスク通貨とされる豪ドルが売られた。 出典: 豪ドルは、 NZドル ニュージーランドドル と 似たような値動きをすることが多いのも特徴。 豪ドルとNZドルの過去約20年間のチャートを、の比較チャート機能で照らし合わせてみました。 豪ドルの為替動向を予想するときは、 ニュージーランドの経済状況もチェックしておくと役立ちますよ。 オーストラリアの右下にある、細長い島がニュージーランドです。 年月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2020 0. 75 0. 75 0. 25 0. 25 0. 25 0. 25 2019 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 25 1. 00 1. 00 1. 00 0. 75 0. 75 0. 75 2018 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 2017 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 2016 2. 00 2. 00 2. 00 2. 00 1. 75 1. 75 1. 75 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 1. 50 2015 2. 50 2. 25 2. 25 2. 25 2. 00 2. 00 2. 00 2. 00 2. 00 2. 00 2. 00 2. 00 オーストラリアの政策金利は2011年から 利下げされ続け、過去最低の 0. 25%となってしまいました…。 現在は、アメリカの政策金利の方が断然高い状況です。 追記:2020年3月現在、新型コロナウィルスの影響に関する経済対策で 各国で緊急利下げをしているため、あらゆる国で政策金利が低くなっています。 年月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2020 1. 75 1. 75 0. 25 0. 25 0. 25 2019 2. 50 2. 50 2. 50 2. 50 2. 50 2. 50 2. 25 2. 25 2. 00 1. 75 1. 75 1. 75 2018 1. 50 1. 50 1. 75 1. 75 1. 75 2. 00 2. 00 2. 00 2. 25 2. 25 2. 25 2. 50 2017 0. 75 0. 75 1. 00 1. 00 1. 00 1. 25 1. 25 1. 25 1. 25 1. 25 1. 25 1. 50 2016 0. 50 0. 50 0. 50 0. 50 0. 50 0. 50 0. 50 0. 50 0. 50 0. 50 0. 50 0. 75 2015 0. 25 0. 25 0. 25 0. 25 0. 25 0. 25 0. 25 0. 25 0. 25 0. 25 0. 25 0. 年月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2020 1. 00 1. 00 0. 25 0. 25 0. 25 2019 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 50 1. 50 1. 50 1. 00 1. 00 1. 00 1. 00 1. 00 2018 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 2017 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 1. 75 2016 2. 50 2. 50 2. 25 2. 25 2. 25 2. 25 2. 25 2. 00 2. 00 2. 00 1. 75 1. 75 2015 3. 50 3. 50 3. 50 3. 50 3. 50 3. 25 3. 00 3. 00 2. 75 2. 75 2. 75 2. 50 出典: スワップポイントは 金利差の調整分として付与されるため、日本の政策金利 -0. 名実ともに今は米ドルが高金利通貨。 豪ドルは利下げ路線でそのスワップ自体がなくなろうとしてるのに、もはや何を目的で豪ドル円を長期保有するんだろ。 — たばてぃん shoto0212 オーストラリアが利下げしている原因のひとつは、景気の悪化。 オーストラリアは世界有数の資源大国なのですが、資源価格が下落してしまっているのです。 ただ、オーストラリアの経済全体は 28年連続 世界最長記録 で成長し続けています。 豪ドルの通貨コードは「 AUD」で、FXの取引画面でもAUDの3文字で表示されています。 左のほうで大きくズドンと急落していますが、こちらは2008年9月のリーマン・ショックによるもの。 2009年以降は 中国への資源輸出が急回復したこともあり、再び 豪ドル高に転じて2014年まで続きました。 原油安や中国への資源輸出の停滞などが原因となり、2015年より 豪ドル安に転換したという流れです。 森林火災の影響により短期的に景気が下押しされる可能性や、中国で広がる新型肺炎の影響で市場のリスクセンチメントが悪化する可能性には留意が必要です。 0~78. 0円と予想します 従来予想は同71. 0~77. 出典: …が、新型コロナウィルスの影響を受けた2020年3月時点では、具体的な予想レンジは削除されています。 最新情報については、野村證券の「」にてご確認ください。 追加利下げの可能性も? 野村證券は、2018年11月時点ではオーストラリアが利上げする可能性も指摘していましたが、2019年2月に今後2年間に渡り金利据え置きが続くという予想に変更。 豪州準備銀行 RBA は2019年2月5日の金融政策会合において27会合連続で政策金利を1. 50%に据え置くことを決定しました。 野村證券では、景気はピークアウトし、インフレ率の加速は緩やかなペースにとどまると見られることから、向こう2年間にわたり政策金利は現行水準に据え置かれると予想しています。 出典: そして、2019年3月時点ではオーストラリアが利下げする可能性も指摘。 5月時点では以下のように予想していました。 豪州準備銀行 RBA は2019年5月7日の金融政策会合において30会合連続で政策金利を1. 50%に据え置くことを決定しました。 ロウRBA総裁が5月21日の講演の終わりに6月4日の金融政策理事会で利下げを検討すると表明したことを受け、市場では金利先安観が強まっています。 野村證券では、2019年6月と8月に利下げを予想しています。 出典: そして予想通り、2019年6月4日に利下げされ1. 25%、さらに7月と10月に追加利下げされ0. 75%、2020年3月には新型コロナウィルスへの対応として0. 6銭 20円 -20円 0. 6銭 5円 -38円 0. 6銭 22円 -34円 1. 5~4. 0銭 9円 -42円 0. 6銭 7円 -22円 0. 5銭 23円 -78円 0. 7銭 22円 -23円 0. 7銭 10円 -25円 0. 9銭 2020年1月情報更新。 スプレッドは各社原則固定・例外あり アイネット証券を除く。 その他の通貨ペアの比較表は「」「」のページにてご覧いただけます。 豪ドル取引には、トレイダーズ証券のが特におすすめ! 買いスワップ高いだけでなく、 売りスワップも低く、 スプレッドも最狭水準なのでお得に取引できます。 当サイト限定のキャッシュバック・キャンペーンも開催しているため、このタイミングで口座開設しておくとお得ですよ。

次の

10年後は100円台?【豪ドルの長期見通し】未来が明るい理由とは

豪 ドル 見通し 2019

今週の前半は、円高だったのか円安だったのかあんまり良く分からなかったですね。 通貨によってもマチマチだったと思います。 どちらかというと今現在は円安ドル高で、先週の前半とはまたまた違う動きになりました。 資源国通貨だったりポンドが弱かったりしたのかなって思っています。 ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の為替予想を書いていきますのでよろしくお願いします。 尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。 日足 ドル円始値:108. 809円 ドル円高値:108. 980円 投稿時点 ドル円安値:108. 795円 投稿時点 ドル円終値:108. 977円 投稿時点 トレンド:下降トレンド レート:108. 977~108. 980 RSI:75. 18 今後の為替見通し:今現在の日足を見ると 下降トレンドですね。 RSIは75. 18と日足レベルでは買いが一気に強まりましたね。 で「ちょうど108. 500円付近に強めの抵抗線がありそれを超えずに週末を終えました。 週明け、この抵抗線をしっかり越えてこれるのかがポイントになってくるでしょう。 下向きのトレンドラインは上に抜けている事や日足のチャートがもうすぐゴールデンクロスである事から、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、108. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切りでいきたいと思います。 円が売られドルが買われ始めるのではないかなって思います。 つまり来週はリスクオンの流れになるのではないかなって思っています。 」と書きましたので、トレード的には成功ですね。 今後のドル円ですが、やはり109. 000円の抵抗線をしっかり越えてこれるかどうかがポイントになるでしょう。 下向きのトレンドラインも上に抜けていますしゴールデンクロスも形成しています。 若干、RSI的に買われすぎていますが引き続き、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、108. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切りでいきたいと思います。 7月は円安に振れるのではないかと個人的には思っています。 尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。 日足 ユーロドル始値:1. 12071ドル ユーロドル高値:1. 12091ドル 投稿時点 ユーロドル安値:1. 12021ドル 投稿時点 ユーロドル終値:1. 12029ドル 投稿時点 トレンド:下降トレンド レート:1. 12029~1. 12033 RSI:36. 76 今後の為替見通し:今現在の日足は、 下降トレンドですね。 RSIは36. 76と売りがかなり強まってきましたね。 で「レンジ相場 1. 13000ドル~1. 16000ドル を完全に下に抜けて再び下降トレンドに突入しましたのでここはあまり難しく考えず、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、1. 13000ドルを明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切りでいきたいと思います。 とにかくレンジ相場 1. 13000ドル~1. 16000ドル を意識してトレードしておけば良いのではないかなって思います。 」と書きましたので、こちらもトレード的には成功ですね。 今後のユーロドルですが、1. 12000ドルの多少厚めの支持線を下に抜ける事が出来るかどうかがポイントになってくるでしょう。 今のドルの動きを考えるとここは引き続き、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、1. 12600ドルを明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切りでいきたいと思います。 個人的にはここは一気に売りが加速して欲しいなって思っています。 尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。 日足 豪ドル円始値:75. 387円 豪ドル円高値:75. 485円 投稿時点 豪ドル円安値:75. 363円 投稿時点 豪ドル円終値:75. 479円 投稿時点 トレンド:下降トレンド レート:75. 479~75. 486 RSI:69. 41 今後の為替見通し:今現在の日足は、 下降トレンドですね。 RSIは69. 41と日足レベルでは買いが強まってきましたね。 で「ずっと言っていますがポイントは76. 000円をしっかり超えてこれるかどうかだと思っています。 日足の短期移動平均線に支えられていますしゴールデンクロスも形成しているので引き続き、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、75. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切りでいきたいと思います。 000円を超えてドーンっと上に勢いよく上がっていって欲しいです、個人的には。 」と書きましたので、こちらは、トレード的にはやや失敗ですね。 今後の豪ドル円ですが、非常に難しいです。 資源国通貨が弱くどちらに動くのか読みづらいですね。 今現在、上向きのトレンドラインにまだ支えられていますしゴールデンクロスを形成中ですがどうも上に行く勢いがない・・・悩みますがクロス円の動きに乗って、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、75. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切りでいきたいと思います。 とりあえず、早く76. 000円を超えて欲しいですね。 今週後半の見通しのまとめ ドル円に関しては、やはり109. 000円の抵抗線をしっかり越えてくれるかどうかがポイントになるでしょう。 下向きのトレンドラインも上に抜けていますしゴールデンクロスも形成しています。 若干、RSI的に買われすぎていますが引き続き、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、108. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切り。 ユーロドルに関しては、1. 12000ドルの多少厚めの支持線を下に抜ける事が出来るかどうかがポイントになってくるでしょう。 今のドルの動きを考えるとここは引き続き、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、1. 12600ドルを明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切り。 豪ドル円に関しては、非常に難しいです。 資源国通貨が弱くどちらに動くのか読みづらいですね。 今現在、上向きのトレンドラインにまだ支えられていますしゴールデンクロスを形成中ですがどうも上に行く勢いがない・・・悩みますがクロス円の動きに乗って、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、75. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切り。 あくまで今週後半の為替予想ですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。 以上、今週後半の為替予想でした。 投資はすべて 自己責任でお願いします。 当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 のランキングに参加中です。 読者の方のランキング投票に感謝いたします。 ブログの更新をお知らせする メール購読機能 もちろん、無料です笑 もサイドバー スマホなら画面下部 にありますので是非、ご利用されてください。 スポンサーリンク - 【いままでの投資経験】 某大手インターネット銀行の外貨預金システムの構築に携わったのがきっかけで投資を始めました。 数年携わったのでそこらへんの銀行員より詳しいかもしれません笑 2008年のリーマンショックや2010年のギリシャショックを投資経験が浅い頃に経験しているので結構、大怪我をしています。 なので、かなり慎重派な投資スタイルです。 2012年のスペイン危機のときもかなりの円高になり当時はかなりのレバレッジをかけていたので本当にこのときも大怪我をしました。 正直、投資をもう止めようと思いました。 2013年のアベノミクスの時はそんないろいろな下落を経験しているので、こんな株高は長く続かない、円安も続かないと逆張りしてまた失敗しました笑 そんなこんなで投資歴は15年ほどになります。 今は、ある程度、急落、急上昇しても大丈夫なようにあまり無理をしないトレードを心がけています。 やはり、元本を失ってしまっては投資は終わりだからです。 なので、プロフィールにも書いていますが負けない事をモットーにトレードしています。 専門分野は、ドル円・ユーロドル・豪ドル円・日本株です。 日本株は特に中小型株が中心です。 大型株はあまりトレードしません。 非常に地味な損益ですが、兼業の方や中長期トレードの方に参考になる記事を書いていけたらなって思っています。 宜しければ、投資のご参考になさって下さい。 いつも当サイトを見てくださって有難うございます。 いろんな方に当サイトを薦めていただけたら幸いです。 YOUTUBEで競馬予想チャンネルもやっています。 もし宜しければ、チャンネル登録、なにとぞ、よろしくお願いします。

次の

【2019/08/26~】ドル円・ユーロドル・豪ドル円の今後の見通し【今週後半の見通し】

豪 ドル 見通し 2019

2018年から本格化した米中貿易摩擦の影響、世界経済ならびに豪州経済の減速、豪州準備銀行による利下げなどを背景に豪ドルは下落傾向を辿ってきました。 しかし、この豪ドル安トレンドも一巡し、2020年は豪ドルにとって追い風となる環境が実現する可能性が高いと考えています。 背景として、これまでの金融緩和や経済政策の効果が表れ始めていること、市場参加者の過度な利下げ期待が後退する可能性が高いと考えられること、米中通商協議の第1段階の合意によって豪ドルとの連動性が高い中国人民元の下落リスクが小さくなっていることなどがあります。 詳細につきましては、次項以降で詳しくご説明させていただきますが、当社では2020年に0. 当資料は、ファンドの状況や関連する情報等をお知らせするために大和アセットマネジメントにより作成されたものであり、勧誘を目的としたものではありません。 当資料は、各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。 当資料の中で記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。 また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。 当資料中における運用実績等は、過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。 当資料の中で個別企業名が記載されている場合、それらはあくまでも参考のために掲載したものであり、各企業の推奨を目的とするものではありません。 また、ファンドに今後組み入れることを、示唆・保証するものではありません。

次の