カスタムシェイプ。 無料で使えるPhotoshopカスタム・シェイプいろいろ

» 必要なときには見つからないPhotoshop用のカスタムシェイプのまとめIT土方の情熱

カスタムシェイプ

まずはシェイプの一覧を表示させてみようか。 次の手順で解説するよ。 カスタムシェイプを使ってみる カスタムシェイプが作成できたら、早速使ってみましょう。 新規ファイルを作成し、左のツールボックスから「カスタムシェイプツール」を選択します。 キャンバス上で右クリックすると、選択できるシェイプの一覧が表示されているはずです。 ここで一番下までスクロールすると、先ほど作成したシェイプが追加されています。 キャンバス上でドラッグすることによって、どこにでも描画が可能です。 また、シェイプの色などは上のメニューで変更することができます。 このようにシェイプの大きさ、長さなどはドラッグの範囲に応じて変化します。 今のままでも大きな問題はありませんが、このままではシェイプ一覧の一番下まで毎回移動しなくてはいけないため、少し面倒です。 そこでシェイプを並び替えてみましょう。 上の画像の四角枠内をクリックします。 ここで「プリセットマネージャー」を選択します。 プリセットマネージャーのウィンドウが開きました。 ここでシェイプの順番を自由に並び替えることができます。 ドラッグ&ドロップで移動します。 並び替えが終わったら「完了」を押します。 先ほどの並び替えが反映され、作成したものが一番上に来ました。 よく使うものなどは上の方に持ってきておくとすぐに選択できるので便利ですね。 今回の記事は以上です。 ぜひ自分でも試してみてください。 Photoshopで吹き出しを表示させる方法を初心者向けに解説した記事です。 吹き出しはPhotoshopのカスタムシェイプの機能を使うことで画像に簡単に表示することが可能です。 カスタムシェイプにはデフォルトで「吹き出し」の形が付いていますが、自分で作成したものやフリーの素材を使用することも可能です。 なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。 大石ゆかり カスタムシェイプツールはどこから選べばいいんでしょう? 田島悠介 ツールウィンドウのシェイプツールの中にあるんだ。 具体的な手順を見てみよう。 吹き出しを表示させる 今回は例として、この画像の右上に吹き出しを入れてみたいと思います。 まず、左のメニューから描画色を指定します。 これが完成後の吹き出しの色になります。 ここでは白色に設定しています。 同じく左のメニューのシェイプツールの部分を右クリックし、「カスタムシェイプツール」を選択します。 画像の上の適当なところで右クリックします。 カスタムシェイプツールの一覧が表示されるので、その中から「吹き出し」のシェイプを選びます これはPhotoshopにデフォルトとして入っているものです。 レイヤーは自動で新規に作られるため、新たにレイヤーを作成する必要はありません。 キャンバス上の、吹き出しを入れたいところでドラッグします。 ドラッグの長さや角度によって吹き出しの大きさ・縦横比などが変化します。 最初に指定した色の吹き出しが描かれます。 吹き出しのレイヤーの上にテキストレイヤーを作成することで、吹き出し内に文字などを入力することができます。 テキスト・吹き出しはレイヤーを結合しない限り、いつでも移動・変形などの編集が可能です。 基本的な吹き出しの表示方法はこれで完了です。 田島悠介 吹き出しを画面内に入れられたかな? 大石ゆかり ドラッグするだけで簡単に作成できるんですね!向きを変えたい場合はどうすればいいんですか~? 田島悠介 作成したシェイプは「パスの変形」によって簡単に左右の反転や変形ができるよ。 次の例を見てみよう。 応用:吹き出しを左右反転させる 作成した吹き出しは左右反転させることもできます。 まずカスタムシェイプツールで吹き出しを描画します。 吹き出しのレイヤーが選択されていることを確認して、上メニューの「編集」をクリックします。 ちなみに、ここで「垂直方向に反転」を選ぶと上下を逆さにすることもできます これで、位置はそのまま、吹き出しの方向が左右逆になりました。 反転の操作はいつでも「編集」メニューから可能です。 いかがでしたか? 田島悠介 カスタムシェイプは左右反転だけでなく拡大縮小・自由変形など様々な加工が可能になっているんだ。 しかもベクターデータのため、どれだけ形を変えても画質には影響しないんだよ。 大石ゆかり 便利なツールなんですね! 田島悠介 今回使った形以外の吹き出しを入れてみたい時は、Web上にあるフリー素材のカスタムシェイプツールを探してみよう。 規約を読んで、使用できる範囲で使おうね。 大石ゆかり 分かりました。 ありがとうございます! 作成した吹き出しを使いまわしたい場合は、Photoshopでカスタムシェイプを作成する方法を合わせてご覧ください。 [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。 現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。 Photoshop WordPressには投稿タイプをカスタマイズできる「カスタム投稿タイプ」という機能があります。 今回は、カスタム投稿タイプの説明から、簡単な導入方法まで説明します。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 大石ゆかり 田島メンター!!カスタム投稿タイプってなんですか〜? 田島悠介 カスタム投稿タイプっていうのは、自分で投稿する時に投稿する内容に応じて書きやすいようにカスタマイズできる機能なんだ。 使えるととても便利だから、教えておくね! 大石ゆかり はい、お願いします! カスタム投稿タイプとは 自分で投稿タイプをカスタマイズできる機能です。 例えば、通常の投稿はブログとして使い、それ以外にも「商品の紹介」や「ポートフォリオ」、「更新情報」などテンプレートとしてカスタム投稿タイプを利用することができます。 つまり、通常の投稿記事とは形式や目的の違う記事を書きたい場合に効果的な機能です。 カスタム投稿タイプを作るには、主に下記の2つの方法がありますので、順番にご紹介します。 テーマ(function. php)を編集する方法 プラグインを利用する方法 テーマ(function. php)を編集する まず、ダッシュボード>外観>テーマ編集 を開いてください。 次に、function. phpを開きます。 ここで、下記のコードを入力し、更新します。 場所はどこでも構いませんが、筆者はあとで追加が分かりやすいように上の方に入れています。 名称などは、お好みで変更してください。 今回は新着情報としましたが、先ほど書いたコードを変えれば他の表示も可能です。 [PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中プラグインを利用する テーマを直接編集するのが怖いという初心者の人は、プラグインを利用すると簡単です。 今回は、Custom Post Type UIを紹介します。 表示されている項目にそって、必要事項を入力していくだけで簡単にカスタム投稿タイプが作成できます。 なお、カスタムフィールドやカスタムタクソノミーの機能と合わせることで、使いやすい投稿フォームを簡単に作ることができます。 また、カスタムメニュー機能を使えば、サイドバーやフッターなど、好きな位置に一覧を表示させることも可能です。 この機能を活用して、よりオリジナリティの高いサイトを作っていきましょう。 さらにWordPressを活用したい場合は、WordPressでカスタムヘッダーを設定する方法を合わせてご覧ください。 期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。 WordPress Photoshop初心者向けに「ペンツールの使い方」を解説する記事です。 ペンツールを使用してパスを形成すると、解像度に依存しないベクトル形式での描画が可能になります。 パスは何も描かれていない状態から作成する以外に、画像内のオブジェクトに沿って作ることも可能です。 なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。 「ブラシツール」とは何か違うんですか~? 田島悠介 「ペンツール」は「ベクトル形式 ベクター形式 」の線を作成するんだ。 「ブラシツール」だと「ラスタ形式」になるね。 大石ゆかり ベクトル形式だとどんな違いがあるんでしょう? 田島悠介 大きな特徴として「描いたあとで変形・修正ができる」「拡大しても画質が劣化しない」などがあるよ。 操作方法が少し独特なので、ひとつずつ実践してみよう。 ペンツールでパスを作成する 左のペンツールのアイコンを右クリックし、一番上の「ペンツール」を選択します。 実際に使ってみましょう。 直線を描画する カンバス内でクリックするとアンカーポイントが追加されていきます。 ポイントとポイントを繋ぐことで直線が作成されます。 曲線を描画する アンカーポイントとハンドルを使用することでベジェ曲線を引くことが可能です。 始点と終点が同じ位置にあるものをクローズドパスと言い、下のように始点と終点が別の位置にあるものをオープンパスと言います。 作成したパスから描画・塗りつぶしなどをおこなう 線が引けたら塗りつぶしも行ってみましょう。 線での描画・塗りつぶし・選択範囲作成 パスを作成した状態で右クリックするとメニューが表示されます。 ここではパスに沿って指定の色で描画したり、パスの範囲を塗りつぶしたり、選択範囲を作成したりすることができます。 カスタムシェイプを定義する また、ここで「カスタムシェイプを定義」を選択すると描画したパスをカスタムシェイプとして登録することができます。 一度登録したシェイプはいつでも「カスタムシェイプツール」メニューから使用可能です。 大石ゆかり ベクトル形式の画像データを作成したり、それを素材にしたりもできるんですね。 他にはどんな使い方があるんですか? 田島悠介 ペンツールは画像の切り抜きや加工にも利用することができるんだ。 次の例を見てみようか。 [PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中フリーフォームペンツールとマグネットで写真からパスを作成 最後に、フリーフォームペンツールを使用した便利なパスの作成方法です。 ペンツールのアイコンを右クリックし「フリーフォームペンツール」を選択します。 次に、上のオプションの「マグネット」にチェックを入れます。 写真内で選択したい部分の輪郭の一部をクリックし、そのままポインタを動かしてみましょう。 途中でアンカーポイントを作成するためにクリックなどをする必要はありません。 このように画像に対応して自動でパスが作成されます。 写真内のあるオブジェクトを切り抜いたり、その形に添ってベクトルデータの描画を作成したい時に使えます。 今回の記事は以上です。 ペンツールを使った線の描き方をさらに学びたい場合は、Photoshopを使ってベジェ曲線を描く方法も合わせてご覧ください。 田島悠介 フリーフォームペンツールは「ブラシツール」のような感覚で使用できるので、細かい調整を行いたいところで使ってみるといいかもしれないね。 大石ゆかり こんなきれいに切り取れるんですね。 田島悠介 画像内のコントラストがはっきりしていなくて、自動選択ツールなどで対象物を切り取れないときはペンツールを使うことも考えてみよう。 大石ゆかり はい!ありがとうございます! [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。 現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。 Photoshop WordPressには投稿タイプをカスタマイズできる「カスタム投稿タイプ」という機能があります。 そのカスタムタイプにカテゴリーを追加できるのがカスタムタクソノミーです。 今回は、カスタムタクソノミーの説明から、簡単な導入方法まで説明します。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 大石ゆかり 田島メンター!!カスタムタクソノミーの使い方を教えてほしいんですけど、いいですか? 田島悠介 カスタムタクソノミーを使う方法は「テーマを編集する方法」と「プラグインを利用する方法」の2種類あるんだ。 これは、カスタム投稿タイプにとってのカテゴリーやタグにあたります。 最初の設定さえしてしまえば、カテゴリーやタグとほぼ同じように扱えます。 例えば、カスタム投稿タイプで「グルメ感想」というレビュー集を作っていた場合、そのタクソノミーとして「和食」「洋食」「中華」などを設定するイメージです。 カスタムタクソノミーの設定には2つの方法があるので、順番に説明していきます。 テーマ(function. php)を編集する方法 プラグインを利用する方法 テーマ(function. php)を編集する方法 まず、ダッシュボード>外観>テーマ編集 を開いてください。 次に、function. phpを開きます。 ここで、下記のコードを入力し、更新します。 名称などは、お好みで変更してください。 ただ、カスタム投稿タイプは通常ではサイトに表示されません。 表示するには、さらにページの重要ファイルを編集する必要があり、PHPなどの知識がないとつまずいてしまいがちです。 そこで今回は初心者の方でも負担・ミスなくカスタムタクソノミーを活用するためのプラグインを紹介します。 [PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中プラグインを利用する方法 テーマを直接編集するのが怖いという初心者の人は、プラグインを利用すると簡単です。 今回は、Custom Post Type UIを紹介します。 表示されている項目に沿って、必要事項を入力していくだけで簡単にカスタムタクソノミーが作成できます。 気をつけたい点は、「利用する投稿タイプ」の選択です。 ダッシュボードで表示を確認すると、カスタム投稿タイプの中に作成したカスタムタクソノミーが表示されていることがわかります。 今回の記事は以上です。 ぜひ自分でも試してみてください。 [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。 期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。 WordPress WordPressで作成したWebサイトで、より見やすいサイトナビゲーションに欠かせないのが、「カスタムメニュー」という機能です。 本記事では、カスタムメニューの設定方法について初心者向けにまとめます。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 大石ゆかり 田島メンター!!カスタムメニューって何ですか? 田島悠介 カスタムメニューは、自分のオリジナルのメニューをサイドバーに設置できるんだ。 カスタムメニューを利用することで、オリジナリティのあるサイトを作れるようになるよ! 大石ゆかり そうなんですね!使い方を教えてください! カスタムメニューとは 固定ページや、カテゴリ一覧、好きなページなど、オリジナルのメニューを編集・表示できる仕組みです。 メニューの順序や階層も自由にカスタマイズできるので、しっかり作成することでサイトのナビゲーションを格段に向上できます。 カスタムメニューを作成する 実際にカスタムメニューを作成してみましょう。 「新規作成」をクリックすると、新しいメニューを作成することができます。 固定ページを追加したいときは、追加したいものをチェックして、「メニューに追加」ボタンを押すだけです。 自分で作成したサイト内のページでなくても、好きなサイトのリンクを載せることもできます。 作成したカテゴリー自体をメニュー表示にすることもできます。 (カテゴリの一覧ページにリンクします) 「固定ページ」「カスタムメニュー」「カテゴリ」を追加できるので、サイト内外のあらゆるページをメニューに挿入できるのがわかると思います。 このように親子関係もすぐに作れる優れものです。 これでカスタムメニューを作成できました。 [PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中作成したカスタムメニューを表示させる 今のままではカスタムメニューを作成しただけですので、作成したカスタムメニューをサイト上に表示させましょう。 表示は「ウィジェット」の設定で行います。 カスタムメニューを表示したい場所(今回は、サイドバーに表示してみます)に、左のウィジェットエリアから「カスタムメニュー」をドラッグします。 追加できたら、タイトル欄に「サイト上で表示したいメニュー名」を入力し、その下の「メニューを選択」プルダウンから、先ほど作成したカスタムメニューを選びます。 ここで保存ボタンを押すと、反映されます。 サイト上で確認してみると、きちんとサイドバーに表示されていました。 通常のWebサイトですと、リンク先ページのURLを変更すると全てソースの変更が必要でした。 それが、カスタムメニューだと(固定ページやカテゴリなどで追加したメニューに関しては)自動的にURL変更に対応してくれるので、リンク切れになるリスクも少なくなります。 カスタムメニューを自分好みに変えて、より使いやすい・オリジナルのサイトを作成してみてください。 さらにWordPressを使いこなしたい場合は、WordPressでカスタム投稿タイプを作成する方法も合わせてご覧ください。 期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。 WordPress Photoshopでラスタライズする方法を初心者向けに解説した記事です。 「ラスタライズとは」の説明もありますので、やり方を覚えておきましょう。 なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。 大石ゆかり 田島メンター!!ラスタライズってそもそも何ですか~? 田島悠介 そうだね……まずラスタライズの前に、Photoshopで使用するふたつの画像データ形式について説明するよ。 大石ゆかり はい!よろしくお願いします! ラスタライズとは コンピューターで扱う画像の形式として、ラスタデータとベクタデータというものがあります。 ラスタデータはピクセル・ドット 画素 で形成された画像で、デジカメ等で撮影した写真などはこちらの形式になります。 ベクタデータは座標の点と点を結ぶ形で形成されるもので、Photoshopではテキストデータやシェイプのデータなどがそれにあたります。 ラスタライズはベクタ形式のデータをラスタ形式に変換し、ラスタデータとしての編集を可能にするものです。 今回はこちらの画像を背景として上にテキストのレイヤーを1つ、シェイプのレイヤーを1つ作成し、それぞれをラスタライズしてみたいと思います。 田島悠介 「ペンツール」で描画されたものもベクタデータになるね。 大石ゆかり ラスタライズするのはどういった目的のときなんですか? 田島悠介 たとえばフィルターによる画像加工は、ベクタデータのままでは適用できないんだ。 ラスタデータでしかできない処理を行いたいときにラスタライズする必要があるんだよ。 それでは実際にやってみよう。 テキストレイヤーをラスタライズする まず、左のメニューからテキストツールを選択し、画像の適当なところでテキストを入力します。 自動でテキストレイヤーが新規に作成されます。 ためしに、作成されたテキストレイヤー上でブラシツールを使って描画してみます。 カーソルが下の画像のようになって画面に書き込めないことが確認できます。 では次に、テキストレイヤーを右クリックして「テキストをラスタライズ」を選択します。 ラスタライズしたレイヤーにブラシツールで白を描画してみた画面です。 テキストを入力したレイヤーに書き込めるようになっているのがわかります。 [PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中シェイプレイヤーをラスタライズする 次はシェイプのレイヤーを作成してみましょう。 左のツールボックスのシェイプツールを右クリックし、「カスタムシェイプツール」を選択します。 画像の上で右クリックしてボックスの中から好きなツールを選び、適当なところでドラッグしシェイプを作成します。 シェイプのレイヤーが自動で新規に追加されます。 先ほどと同様にシェイプレイヤーの上でブラシツールを使用してみます。 やっぱりカーソルの形が変わり描画できない状態になっています。 ではシェイプのレイヤーを右クリックし、「レイヤーをラスタライズ」を選択してみましょう。 ブラシツールで上から描画したり、フィルターを適用したりできるようになりました。 ちなみにテキストレイヤーやシェイプレイヤーの状態で描画しようとすると下のようなウィンドウが開き「ラスタライズしますか」という文章があらわれます。 ここで「OK」を押すことでもすぐにラスタライズが可能です。 今回の記事は以上です。 記事を参考にして自分でもチャレンジしてみてください。 田島悠介 うまくラスタライズできたかな? 大石ゆかり できました!これを使うとテキストやシェイプにも色々な加工をすることができるんですね。 田島悠介 このようにベクタデータからラスタデータにするのはとても簡単だけど、ラスタデータからベクタデータにするにはIllustratorや専用のツールが必要になるから注意しようね。 大石ゆかり はい、分かりました。 ありがとうございます! Photoshopをさらに使いこなしたい場合は、Photoshopの便利なショートカット10選も合わせてご覧ください。 [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。 現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。 Photoshop.

次の

PhotoShop2020(21.0.3)でカスタムシェイプの削除があばばばば・・・・

カスタムシェイプ

Advertisement Photoshopでデザインを行うときに「カスタムシェイプ」ツールを利用することはありますか。 このツールの特徴としては、各デザインパーツごとにレイヤー分けされ、いつでも拡大縮小することができる点、またレイヤースタイルもそれぞれのレイヤーに適用することが可能な点もポイントです。 海外デザインブログ で、ユニークな形やデザインのカスタムシェイプをまとめたエントリー「 」が公開されていたので、今回はご紹介します。 カスタムシェイプツールの簡単な使い方やインストール方法については以下のエントリーで触れていますので、参考としてどうぞ。 詳細は以下から。 ユニークな形の便利なPhotoshop用カスタムシェイプまとめ 自動車の速度ゲージをモチーフにしたカスタムシェイプをまとめた素材セットのひとつ。 中世のヨーロッパや古い書物などにデザインされているリボンをモチーフにしたバナー用シェイプ素材。 世界の大都市の風景をシルエットにしたPhotoshop用カスタムシェイプ素材のひとつ。 背景デザインなどに利用することができるのではないでしょうか。 建物やビルなどの夜景を撮影したようなデザインのカスタムシェイプツール。 ジャンプしている躍動感のある人物シルエットをまとめたカスタムシェイプ素材のひとつ。 人物や動物などのシルエットをお探しの方は にもいくつかフリー素材をまとめていますよ。 科学、テクノロジー系の電子基盤をモチーフにした未来形デザインのカスタムシェイプ素材。 ペンキが垂れているようなグランジデザインのカスタムシェイプ素材のひとつで、ロゴデザインの下地としても使い勝手がよいのではないでしょうか。 枯れた樹木のシルエットをモチーフにデザインされたカスタムシェイプ素材のひとつで、ハロウィンなどのデザインにいかがでしょう。 アーバン、ストリートデザインに使えそうなポップなデザイン、アート素材を45個まとめた素材セット。 中世ヨーロッパ風の紋章をオリジナルでデザインするときに便利なカスタムシェイプのひとつ。 こちらにはライオンなどの動物をモチーフにした紋章デザインも同時に収録されています。 手書きの筆でペイントしたようなやさしい印象のハート型をデザインするカスタムシェイプ素材。 あまり使われる機会のすくないツールのひとつかもしれませんが、これを機会に利用してみてはいかがでしょう。 [参照元 : ].

次の

【photoshop】カスタムシェイプツールの図形・アイコンを利用する

カスタムシェイプ

Advertisement Photoshopでデザインを行うときに「カスタムシェイプ」ツールを利用することはありますか。 このツールの特徴としては、各デザインパーツごとにレイヤー分けされ、いつでも拡大縮小することができる点、またレイヤースタイルもそれぞれのレイヤーに適用することが可能な点もポイントです。 海外デザインブログ で、ユニークな形やデザインのカスタムシェイプをまとめたエントリー「 」が公開されていたので、今回はご紹介します。 カスタムシェイプツールの簡単な使い方やインストール方法については以下のエントリーで触れていますので、参考としてどうぞ。 詳細は以下から。 ユニークな形の便利なPhotoshop用カスタムシェイプまとめ 自動車の速度ゲージをモチーフにしたカスタムシェイプをまとめた素材セットのひとつ。 中世のヨーロッパや古い書物などにデザインされているリボンをモチーフにしたバナー用シェイプ素材。 世界の大都市の風景をシルエットにしたPhotoshop用カスタムシェイプ素材のひとつ。 背景デザインなどに利用することができるのではないでしょうか。 建物やビルなどの夜景を撮影したようなデザインのカスタムシェイプツール。 ジャンプしている躍動感のある人物シルエットをまとめたカスタムシェイプ素材のひとつ。 人物や動物などのシルエットをお探しの方は にもいくつかフリー素材をまとめていますよ。 科学、テクノロジー系の電子基盤をモチーフにした未来形デザインのカスタムシェイプ素材。 ペンキが垂れているようなグランジデザインのカスタムシェイプ素材のひとつで、ロゴデザインの下地としても使い勝手がよいのではないでしょうか。 枯れた樹木のシルエットをモチーフにデザインされたカスタムシェイプ素材のひとつで、ハロウィンなどのデザインにいかがでしょう。 アーバン、ストリートデザインに使えそうなポップなデザイン、アート素材を45個まとめた素材セット。 中世ヨーロッパ風の紋章をオリジナルでデザインするときに便利なカスタムシェイプのひとつ。 こちらにはライオンなどの動物をモチーフにした紋章デザインも同時に収録されています。 手書きの筆でペイントしたようなやさしい印象のハート型をデザインするカスタムシェイプ素材。 あまり使われる機会のすくないツールのひとつかもしれませんが、これを機会に利用してみてはいかがでしょう。 [参照元 : ].

次の