ぐるなび 女性。 女性活躍推進|株式会社ぐるなび

女性活躍推進|株式会社ぐるなび

ぐるなび 女性

『ひとり飯』以前より抵抗なくなった女性は約3割 『ひとり飯』を見かけても「孤独」を感じない約8割 最新「ひとり飯」調査2018 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)は、一人で食事をする『ひとり飯』に関する調査を実施しました。 詳細は以下です。 「一緒にいく人がいない寂しい人」とネガティブな印象をもたれがちだった『ひとり飯』ですが、敢えて一人を楽しむ人が増えていることが明らかになりました。 時間を問わず『ひとり飯』の経験がある人は全体の85. 4%で、その中で、「率先して『ひとり飯』を選択」している人は全体で46. 7%、男性48. 6%・女性44. 9%でした。 年代別にみると、30代が最も高く56. 5%、ついで20代の53. 「仕方なく」は60代がもっとも多く、68. 0%でした。 また、3年前に比べディナーの『ひとり飯』の回数が増えたと回答した人は全体の28. 1%で、男性では26. 4%、女性は31. 1%と女性が男性を上回りました。 約8割の人が『ひとり飯』をしている人を見かけても「寂しそう」「孤独」と感じないと回答し、自身も約7割が「寂しい」「孤独」と感じていないことも明らかになりました。 4%、ディナーで66. 女性はランチ73. また、3年前と比べて『ひとり飯』に対する心境の変化があったかどうか尋ねたところ、「抵抗を感じなくなった」割合は男性より女性が高く、ランチ・ディナーそれぞれ約3割となりました。 「抵抗がなくなった」理由の自由回答では「大人になったから」(20代女性)「孤独のグルメを見たから」(30代男性)「ひとりでごはんを食べている人が増えた」(30代女性)「手軽で、短時間で済ませられる」(40代男性)「一人の時間が持てるメリットに気がついたから」(40代女性)「年齢的にひとりご飯が似合うようになった」(40代女性)「同世代で一人飯をする人の割合が増えたから」(60代男性)と前向きな内容が多くありました。 その他、上位の理由では男女に大きな差はありませんでした。 抵抗がある理由の1位は、男女ともに「利用しづらい雰囲気がある」、2位は「相席が嫌い」でした。 男性の3位は「1人で食べている人がいない」、女性の3位は「1人での利用が不安、何をしたら良いかわからない」となりました。 自由回答では「ひとり飯専用の個室がほしい」(20代男性)、「ひとり飯歓迎の文字があれば」(30代男性)、「女性限定の焼肉・ラーメン屋希望」(20代女性)、「カウンターの席の増加」(30代女性)などの意見がありました。 8%女性の21. 4%が『ひとり飯』に抵抗がある理由として「人に見られると恥ずかしい」と回答しましたが、『ひとり飯』をしている人を見て「寂しそう」「孤独」などネガティブな印象を感じる人は16. また、自身が寂しいと感じる割合は全体で32. 9%で、男女別では男性29. 5%、女性36. 2%と女性が上回りました。 『ひとり飯』をする時間帯は、男女ともに「ランチ」がトップ。 男性では次いで「ディナー」47. 1%が入りました。 『ひとり飯』の平均回数は、ランチの男性で月6. 1回、女性は月3. 2回、ディナーは男性が月4. 5回、女性月3. 3回でした。 1回に使う『ひとり飯』の予算は全体でランチ1,510円、ディナー2,942円、ランチでは女性が男性を98円上回り、ディナーでは男性が女性を139円上回りました。 『ひとり飯』で利用する飲食店の業態は、男性はランチで「ラーメン・餃子店」69. 7%「そば・うどん屋」68. 5%、ディナーで「ラーメン・餃子店」69. 5%「定食屋」61. 1%、女性はランチ・ディナーともに「喫茶店・カフェ」(68. 5%)「ファーストフード(ハンバーガーショップ)」(65. 8%)が人気でした。 抵抗がある業態(ディナー)の男性1位は「フランス料理」、女性1位は「大手居酒屋チェーン」でした。

次の

最新「ひとり飯」調査2018|株式会社ぐるなび

ぐるなび 女性

『ひとり飯』以前より抵抗なくなった女性は約3割 『ひとり飯』を見かけても「孤独」を感じない約8割 最新「ひとり飯」調査2018 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)は、一人で食事をする『ひとり飯』に関する調査を実施しました。 詳細は以下です。 「一緒にいく人がいない寂しい人」とネガティブな印象をもたれがちだった『ひとり飯』ですが、敢えて一人を楽しむ人が増えていることが明らかになりました。 時間を問わず『ひとり飯』の経験がある人は全体の85. 4%で、その中で、「率先して『ひとり飯』を選択」している人は全体で46. 7%、男性48. 6%・女性44. 9%でした。 年代別にみると、30代が最も高く56. 5%、ついで20代の53. 「仕方なく」は60代がもっとも多く、68. 0%でした。 また、3年前に比べディナーの『ひとり飯』の回数が増えたと回答した人は全体の28. 1%で、男性では26. 4%、女性は31. 1%と女性が男性を上回りました。 約8割の人が『ひとり飯』をしている人を見かけても「寂しそう」「孤独」と感じないと回答し、自身も約7割が「寂しい」「孤独」と感じていないことも明らかになりました。 4%、ディナーで66. 女性はランチ73. また、3年前と比べて『ひとり飯』に対する心境の変化があったかどうか尋ねたところ、「抵抗を感じなくなった」割合は男性より女性が高く、ランチ・ディナーそれぞれ約3割となりました。 「抵抗がなくなった」理由の自由回答では「大人になったから」(20代女性)「孤独のグルメを見たから」(30代男性)「ひとりでごはんを食べている人が増えた」(30代女性)「手軽で、短時間で済ませられる」(40代男性)「一人の時間が持てるメリットに気がついたから」(40代女性)「年齢的にひとりご飯が似合うようになった」(40代女性)「同世代で一人飯をする人の割合が増えたから」(60代男性)と前向きな内容が多くありました。 その他、上位の理由では男女に大きな差はありませんでした。 抵抗がある理由の1位は、男女ともに「利用しづらい雰囲気がある」、2位は「相席が嫌い」でした。 男性の3位は「1人で食べている人がいない」、女性の3位は「1人での利用が不安、何をしたら良いかわからない」となりました。 自由回答では「ひとり飯専用の個室がほしい」(20代男性)、「ひとり飯歓迎の文字があれば」(30代男性)、「女性限定の焼肉・ラーメン屋希望」(20代女性)、「カウンターの席の増加」(30代女性)などの意見がありました。 8%女性の21. 4%が『ひとり飯』に抵抗がある理由として「人に見られると恥ずかしい」と回答しましたが、『ひとり飯』をしている人を見て「寂しそう」「孤独」などネガティブな印象を感じる人は16. また、自身が寂しいと感じる割合は全体で32. 9%で、男女別では男性29. 5%、女性36. 2%と女性が上回りました。 『ひとり飯』をする時間帯は、男女ともに「ランチ」がトップ。 男性では次いで「ディナー」47. 1%が入りました。 『ひとり飯』の平均回数は、ランチの男性で月6. 1回、女性は月3. 2回、ディナーは男性が月4. 5回、女性月3. 3回でした。 1回に使う『ひとり飯』の予算は全体でランチ1,510円、ディナー2,942円、ランチでは女性が男性を98円上回り、ディナーでは男性が女性を139円上回りました。 『ひとり飯』で利用する飲食店の業態は、男性はランチで「ラーメン・餃子店」69. 7%「そば・うどん屋」68. 5%、ディナーで「ラーメン・餃子店」69. 5%「定食屋」61. 1%、女性はランチ・ディナーともに「喫茶店・カフェ」(68. 5%)「ファーストフード(ハンバーガーショップ)」(65. 8%)が人気でした。 抵抗がある業態(ディナー)の男性1位は「フランス料理」、女性1位は「大手居酒屋チェーン」でした。

次の

ぐるなび×楽天リアルタイムテイクアウト連携開始(2020年7月21日)|BIGLOBEニュース

ぐるなび 女性

連休中の過ごし方は「自宅で過ごす」に次いで「外食」が人気!約7割が「家族」と外食をしたいと回答!テラス席など店外空間の外食スタイルに注目 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信しています。 今回は、7月23日(木)〜26日(日)の連休を目前に、4連休の過ごし方の傾向を調査しました。 主な結果は以下の通りです。 【調査結果ポイント】 間もなく4連休が到来。 連休中にしたいことを尋ねると、「自宅で過ごす」が最多で39. 8%、次いで「外食」が28. 3%となりました。 東京都では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者数が3桁越えとなる日が続いていることもあってか、連休中は自粛傾向にありながらも、身近で非日常を満喫できる外食を期待する方が多いことがわかりました。 連休中で外食にかける予算については平均で11,942円となる一方で、最高金額は60,000円との回答もありました。 また、連休中に一緒に外食をしたい相手を尋ねると、「家族」が最多で69. 6%となり、2位「友人」の35. 0%と比べると約2倍となりました。 他にも、この夏にしたい外食スタイルとしては「テラス席など店外空間の利用」や「屋外でのBBQ」が上位にランクイン。 例年、夏の風物詩といえばビアガーデンですが、今年は規制緩和により全国で拡大しているテラス席をはじめ、屋外でのBBQが身近で密を回避できることもあってか、人気の傾向にあることがわかりました。 jpg ] 「ぐるなび」をもっと詳しく.

次の