ザーサイ 野菜。 ターサイ(搨菜)ってどんな野菜?食べ方は?栄養はあるの?

ザーサイ

ザーサイ 野菜

余ったザーサイで本格的に「おつまみネギザーサイ」 食材は長ネギとザーサイ、キュウリを使います。 ラー油・コチュジャンを加えた中華ダレを作ったら、具材と混ぜ合わせます。 簡単に本格的な「おつまみネギザーサイ」の出来上がり。 麺類や唐揚げのトッピングにしてもしいいし、お酒のあてにもぴったりです。 ちょっと余ったザーサイで作る「ザーサイの卵焼き」 いつもの卵焼きに、みじん切りにしたザーサイと万能ねぎを加えて焼くだけ。 ザーサイの塩気が卵の味わいとマッチして、美味しく仕上がりますよ。 お弁当のおかずにもぴったりな「ザーサイの卵焼き」。 ザーサイ入りの中華風卵焼きに仕上がります。 みじん切りにしたザーサイと、ネギを豆腐の上にのせるだけ。 ゴマ油を垂らせば完成です。 晩ご飯のおかずにはもちろん、お酒のおつまみにもなるシンプルレシピ。 ザーサイは好きだけど、そのまま食べるのに飽きてきたと言う方はおためしください。 ザーサイの塩気がご飯に移るので、塩は少し加減して作りましょう。 たった10gのザーサイで、コリコリとした触感が楽しめます。 お好みで胡椒を加え、全体的に味がなじんだらできあがり。 生で食べるザーサイも美味しいですが、スープに浸したザーサイも格別ですよ。 余ったザーサイも一緒によく混ぜてかっこむ。 おにぎりにしました!ザーサイおにぎり。 瓶詰めザーサイを使って超簡単w — mercurialJET 極々低浮上 mercurialJET.

次の

ザーサイ(搾菜)

ザーサイ 野菜

ナスやトマト、えんどうは野菜の実を食べるため花菜類と呼びます。 ブロッコリーやカリフラワーは花やつぼみを食べるので花菜類です。 では野菜の茎を利用する茎菜類とはどんな野菜なのか疑問がわいてきます。 今回は茎菜類についての特徴や種類一覧についてご紹介します。 ネギの食用とする白い部分は茎のようなイメージがありますが、じつは葉類で葉を利用しています。 見た目ではわからない野菜の分類方法があります。 茎菜類であるアスパラガスはグリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスがあります。 栽培方法や品種によって同じアスパラガスでも見た目が違う野菜のようになります。 あまり聞きなれない茎菜類について、ぜひ最後までお読みください。 Contents• 茎菜類とは? 茎菜類とは「ケイサイルイ」と読みます。 主に茎の部分を利用する野菜のことを言います。 例えばアスパラガスは葉や枝が出る前の若い芽と茎を食用にしています。 芽が出る前に土寄せして軟白栽培したものがホワイトアスパラガスです。 グリーンアスパラガスはカロテンやビタミン、アスパラギン酸などの成分が豊富ですが、ホワイトアスパラガスは日に当てないため、栄養価よりも柔らかな食感と香りを楽しむ野菜になります。 茎菜類の特徴 茎菜類 ケイサイルイ とは若い茎を食べる野菜です。 代表的な野菜は、• アスパラガス• たけのこ• らっきょう• にんにく• ユリ根• コールラビ• レンコン• わさび• エシャロット• ルバーブ などです。 セロリやセリ、クレソンなど葉も一緒に食べる野菜もあり、葉茎菜類と大きく分類されることもあります。 アスパラガスやふきなど地上に伸びている茎もあれば地下に埋もれている茎を利用する野菜もあります。 スポンサードリンク 地下茎を利用するもの 地中に埋まっている茎 地下茎 を食べる・・・里芋・じゃがいも・レンコンなど 地下鱗茎 ちかりんけい を食べる 茎の葉の部分を包む葉の基部である葉鞘 ようしょう を食べる・・・おにゆり・ユリ根・ヤマユリ・玉ねぎなど 農林水産省の分類 農林水産省の分類では、アスパラガスやふき、うど、ルバーブなどは茎野菜類として分類されています。 茎野菜類とは様々な一年性または多年性植物の食べられる茎、葉柄または若芽を利用する野菜です。 茎菜類の種類一覧 まとめ 夏の畑で大きくなったアスパラガスを見たとき、いつも食べているアスパラガスとあまりにも違っていて驚いたことがあります。 タケノコも同じですね。 大きくなる前の若い芽や茎を食べている、ということがわかって納得しました。 若い芽や茎の部分をいただく茎葉類は、野菜が大きくなるためにパワーをため込んでいるから栄養も豊富です。 また、ふきなども食物繊維が多いのでお通じにもいいですね。 里芋やじゃがいもは根を食べていると思っていたけど、実は茎を食べていたというのも面白いですね。 どの部分を食べるのか、どういう風に栽培されているのかなどでも野菜の分類方法は変わってきます。 いろいろ調べてみると面白いですね。

次の

ザーサイ(搾菜)栽培☆育て方ポイント ・レシピ

ザーサイ 野菜

ザーサイ 漬物 23kcal 野菜平均 36kcal 全食品平均 212kcal ザーサイのカロリー 100gあたり は23kcal。 グラフはザーサイと、野菜平均、全食品平均の100gあたりのカロリーをグラフで比較したものです。 野菜の平均カロリーは36kcal、全食品の平均カロリーは212kcalですので、ザーサイのカロリーは野菜の中ではやや低く、全食品の中では低い水準にあることが分かります。 ザーサイ1食分の重さは10~15gですので、 1食分のカロリーは2. 3~3. 5となります。 ザーサイは青菜頭 チンサイトウ と呼ばれる野菜の茎を、塩漬後に塩抜きしスパイス類に漬けた漬物 発酵食品 です。 チャーハンの具やスープ、炒めものなどに利用されます。 カロリーの摂りすぎは心配ないでしょう。 気になるのは塩分量だと思います。 お酒のおつまみにちょうど良い塩気があり、食塩相当量は「ザーサイ10g中:0. 7g」を含んでいます。 0g 野菜平均 3. 6g 全食品平均 18. 5g ザーサイの100gあたりの糖質は0. 0gです。 糖質は炭水化物から食物繊維を引いた式で計算できます。 ザーサイの炭水化物量は4. 6g、食物繊維量は4. 6gですので、差し引いた糖質量は0. 0gとなります。 ちなみに、野菜の100gあたりの平均糖質量は3. 6g、全食品の平均は18. 5gです。 ザーサイの糖質は0. 0gと含まないので、いかにザーサイが優秀なのかが分かります。 ザーサイは糖質がないので炭水化物はすべて食物繊維です。 一食分10~15gで獲れる食物繊維量は「不溶性:0. 37~0. 55g」、「水溶性:0. 09~0. 13g」となります。 他の野菜との比較 上のグラフはザーサイと主な野菜との100gあたりのカロリーと糖質の量を比較したものです。 ピンクのグラフがカロリー、ブルーのグラフが糖質量を表しています。 糖質だけを見てみると、ザーサイと同じように糖質を含まないのがです。 次に少ないのがの0. 8gです。 また、やの糖質が多く感じられますが、これらは野菜類の中でも糖質がやや少ない値です。 クレソンはカロリーも低いですね。 そして意外ですがザーサイと水菜は同じカロリー量となります。 ブロッコリーとのカロリーは高いように思えますが、野菜の中では標準です。 ザーサイのカロリーと糖質は低水準 - 塩分の摂りすぎに気をつけよう ザーサイは糖質を含まずカロリーが低い食品です。 食物繊維が多いうえに発酵食品のため、糖質の制限やダイエット中でもおおすすめと言えるでしょう。 歯ごたえがあるので、糖質が多いチャーハンやパスタなどに加えると食べごたえがあり、満足感を得られます。 ザーサイは余分なナトリウムを排出するカリウムを含みますが、塩抜き後もナトリウム 塩分 が多く含まれます。 カロリーが低いからといって食べ過ぎないよう注意しましょう。

次の