更年期 生理がこない。 更年期の疑問 これって妊娠? それとも閉経?

更年期の生理 こないと思っていたら久しぶりに復活した話

更年期 生理がこない

はい、本当です! 更年期障害にならない方もいらっしゃいます。 「更年期(約45歳~55歳)になったら、必ず更年期障害になる」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、更年期になったからといって、 必ずしも全員が更年期障害になる訳ではありません。 「更年期障害」とは、更年期に入ってエストロゲンという女性ホルモンの一種が急激に減ってしまうことで、さまざまな不定愁訴がおきることを指します。 エストロゲンの減少に加えて、心理的な負担(ストレス)や生活環境の変化なども、更年期女性の体や心に不調をきたす原因の一つです。 私たち更年期女性は、全ての人がエストロゲンの減少を経験します。 ですが、エストロゲンが減ることによって体に大きな影響を与えるか、与えないかは、人によって異なります。 何らかの原因でエストロゲンの変化を大きく受けてしまった人が、更年期障害の症状を発症するということです。 大豆イソフラボンを摂る 大豆イソフラボンはエストロゲンと似たような作用をするため、大豆イソフラボンを積極的に摂っている人は更年期障害になりにくいと言われています。 大豆イソフラボンがエストロゲンと同じような働きをすることは、農林水産省も認めていることです。 また、日本や海外のさまざまな研究で、「大豆イソフラボンを摂ると更年期障害を予防・軽減できる」ことが報告されています。 できるだけ更年期障害になりたくない、しっかり予防したい、という方は、日々の食事で大豆製品を取り入れるようにしてくださいね。 大豆製品はカロリーも低いため、ダイエットや肥満予防にもピッタリの食材ですよ。 「大豆イソフラボンは一日にどれくらい摂ればいいの?」「副作用はないの?」など、詳しいことについてはでご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。 運動をする 更年期に入る前や更年期に入ってから、 定期的に運動をしていた人は、更年期障害になりにくいことがあります。 というのも、運動が「睡眠トラブルの改善」「血行改善」「ストレス解消」になり、更年期障害を予防する効果が期待できるからです。 ウォーキングやジョギングなどの運動をしていると、更年期に働きにくくなる自律神経が活発になります。 「活動の神経」である交感神経が働くだけでなく、「リラックスの神経」である副交感神経もしっかり働くようになるので、 「朝から夕方まではしっかり活動して、夜になったらリラックスモードに入って就寝する」という切り替えがうまくいきやすくなるのです。 更年期は、ホルモンバランスの変化や自律神経が乱れやすい時期のため、眠りについての悩みを抱えやすくなります。 「朝早く目が覚めてしまう」「夜中なかなか寝付けない」など、あなたにも思い当たることはありませんか? 適度に運動をしていると自律神経をしっかり働かせることができるため、「朝はシャキッと起きて、夜中はぐっすり寝る」ことがしやすくなります。 夜中にしっかり眠れると、免疫力の低下、ストレスなどを予防することができ、更年期障害の予防にもつながるのです。 また、運動による血行改善は、更年期障害でおきやすい「肩こり」「腰痛」「首の痛み」など全身の痛みやコリの予防に役立ちます。 特に女性は、更年期障害を発症していなくても肩こりになりやすいもの。 肩のこりや痛みが気になる方は、運動がおすすめですよ。 ストレスを解消する 更年期障害は、ホルモンバランスの変化だけでなく、ストレスによっても発症しやすくなることがあります。 ですので、 積極的にストレスを解消することは、更年期障害の予防につながります。 「ストレスを解消するといっても、具体的に何をしたらいいか分からない」という方もいらっしゃると思います。 長年の生活習慣の中で仕事や家事、子育てなどに忙しく、自分の趣味や楽しいと思えることに励む時間がほとんどないという方もいらっしゃるでしょう。 ですが、これを機に、「自分が少しでもしたいと思えること」「自分が少しでも楽しいと思えること」を思い出してみてください。 有名実業家の堀江貴文さんも、「したいことがない人なんていない」と仰っています。 これは正しいと、私も思います。 本当はしたいことがあったのに、「時間もお金もないしいつか・・・」と後回しにすると、それをしたいという気持ちがどんどん薄れていきます。 そうすると、最後には「したいことがない状態」になってしまうのです。 若い頃にしたかったことはありませんか?お金と時間があったら何をしたいですか?今すぐに思いつかなくても、もちろんかまいません。 大それたことでなくても「お買い物をする」「いつもは食べられないようなちょっと高級な食べ物を食べる」とかでもOKです。 ストレスがたまったときには溜め込まず、少しずつ解消していくことで、更年期障害を予防することができますよ。 更年期のストレスについてはもご覧ください。 頑張りすぎない 更年期障害は、「優しい人、頑張りすぎる人、くよくよと悩みやすい人」がなりやすいと言われています。 ですので、更年期障害を予防するために 頑張りすぎないように気を付けましょう。 更年期障害は、「ホットフラッシュ(多汗)」「めまい」「疲れやすい」などの体の不調だけでなく、「不安感」「落ち込みやすい」「イライラする」などの心の不調もできやすくなります。 なぜなら、更年期に激減してしまう「エストロゲン」には、抗不安作用があるからです。 例えば精神的に負担になるような出来事や、悩みごとができたときに、一人で頑張り過ぎてしまう方がいます。 頑張ることは良いことなのですが、あまりに頑張りすぎると自律神経に影響を及ぼしてしまいます。 自律神経は心だけでなく体の調子も司っているため、自律神経がうまく働かなくなることは、体の不調にもつながってしまいます。 つまり、 心の不調は体の不調もひき起こしてしまう、ということです。 更年期は、さまざまなことが起きる時期です。 夫婦関係、子育て、家事、家計、仕事、友人・知人との人間関係、両親の介護、自分の老後のこと・・・などなど。 考えなければならないことがたくさん出てきますし、すぐには解決できない難問も出てくることでしょう。 すでに抱えておられる方も多いかと思います。 ですが、「一人で頑張りすぎない」ことを覚えておいてください。 頼れる人は頼って、できるだけ協力を得て、あなたの負担を少なくするようにしてください。

次の

更年期の生理 こないと思っていたら久しぶりに復活した話

更年期 生理がこない

この記事の目次• 更年期の生理が止まらない原因とは? ドバッと大量にあった時には期間も短くて3日ほどで生理が終了していたのですが、前回の生理時には、3日間のドバーーッという量が終わってホッとしたというのに、その後も10日以上もダラダラと少量の生理?が続いてたんです! 初日からの3日間も半端ない量(大汗) もうね、大人用のオツムを用意しなきゃなんないかも、、と焦りましたよ、、、結局 超夜用の、まさに大人用オムツ感のある生理用品買いましたが。。。 それでも、お布団を汚さないかしらと心配になるほどの量なんです。 最初は期間が短縮された分一気に排出されたんだ、、くらいに軽く考えていましたが、実際にそれが続くと貧血になりそうだし、『まさか子宮ガン?』なんて、恐怖がわいてきました。 生理の量が多いのは女性ホルモンの乱れ? 閉経を迎えるにあたって、女性ホルモンのバランスが乱れる為に、こういった症状が起る場合が多々あるようです。 もちろん、なんらかの病気が隠れている場合もあるでしょうが。 生理があっても、実際は無排卵の場合もあって、そんな時には生理として排出されずに子宮内膜の厚みがましてしまうのだそう。 そんな事を知って、あまり不安がる必要もなかったんだ!と安心したんですが、でもでも。。 万が一、生理ではなくて、病的な不正出血だったらどうする?!それも不安。 ・・モヤモヤ感がずっと続いて嫌ですよねぇ。 女ってほんと大変だわぁ。 そんな心境の今日この頃です。 40代の前半に終わった友人は「まだあるの?いいわね・・」なんていいますが、ホントにいいのかしら? 早すぎるのも、遅すぎるのも(55歳くらいまでをいうらしい)問題があるといわれますよね。 (急に子供みたいな扱い)本当に終わってしまったら寂しくなるのかしら、、ふぅ。

次の

43才です。更年期?過多月経が憂鬱です・・・

更年期 生理がこない

40代のゆらぎ世代に起こる生理不順について、考えられる原因とその対策についてお伝えします。 生理がダラダラ長引く「過長月経」 生理(以下、月経)の正常な持続期間は、平均3~7日間といわれます。 これに対して、2日間以内のものを過短月経、8日以上続くものを過長月経と呼んでいます。 月経が8日以上ダラダラ続くものの中には、生活習慣によるの乱れや加齢による機能性のものもありますし、病気のである場合もあります。 それぞれの原因をみていきましょう。 生活習慣によるホルモンバランスの変化 月経周期は、ロゲンとプロゲン、2つの女性の分泌量の変動によって変化しています。 この2つのは、自律神経の影響を受けやすいものです。 ですから、いつも何気なくしている生活習慣によっても、実はが変化しやすいのです。 例えば、つい寝坊していつも朝食抜きとか、類を食事替わりにするといった食生活の偏り、やといった不規則な生活は自律神経に影響します。 こうした不摂生が女性の分泌の乱れにつながり、生理不順をもたらすことはよくあることです。 気持ちの面でも、仕事や人間関係などのが重なると、なおさら影響は大きくなります。 自分の生活に問題点や改善すべきことはないか振り返ってみましょう。 規則正しく3食よく摂ることや、早寝といった生活を整えること、運動や趣味などでを適度に発散する工夫などを、まずは意識してみることが大切です。 更年期の始まりであることも 40代前後であれば、更年期の始まりということも考えられます。 女性の平均閉経年齢は約50歳といわれており、閉経の前後それぞれ5年ほどの計10年間を更年期と呼んでいます。 更年期は一般的には40代後半頃から始まるといわれますが、早いと30代後半から、遅いと50代半ばから始まるともいわれ、かなり個人差がみられます。 更年期になると、月経の期間や量、間隔が変わってくるなど、いわゆる月経(生理)不順が起こり始めます。 更年期による月経の変化でまずみられるのは、周期が短くなる「頻発月経」です。 例えば、毎月1回約28日周期で月経が来ていたのが、約22日周期などと短くなります。 経血量も通常の月経のときより少なくなり、月経持続期間も短くなりがちです。 理由としては、生涯にわたって排卵される卵子の数がもともと決まっていることが関係しています。 更年期になると正常な機能を持つ卵胞が減少するため、卵胞から分泌されるロゲン(卵胞)の量も低下します。 すると、卵巣に対して「もっと働きなさい!」という指令が脳の視床下部から脳下垂体へ降りて、卵胞刺激が多く分泌されるため、一時的に卵巣が刺激されて卵胞の発育が短期間に進みます。 そのため、通常の間隔で来ていた月経よりも、月経から排卵までの期間である卵胞期が短くなるため、全体的に月経周期が短くなるのです。 さらに卵巣機能の低下が進むと、脳が一生懸命指令を出しても卵巣の反応がより鈍くなってくるので、が崩れてきます。 こうなると、月経周期の長短にかかわらず、月経持続期間が8日以上の過長月経となるが増えてきます。 女性のうち、特にプロゲン(黄体)の分泌量が減少し、ロゲンは少量分泌が続きます。 すると、子宮内膜が十分に厚くならないうちにすぐはがれて体外へ排出されてしまうために、出血がダラダラ続く過長月経の原因になることがあるのです。 特に更年期の場合、排卵を伴わない機能性出血であることが多くなってきます(たまに排卵していることもあります)。 それよりもさらに卵巣の働きが衰えてくると、月経周期が39日以上の「稀発月経(きはつげっけい)」となり、月経も2ヶ月に1回程度など、回数が少なくなります。 経血の量も少なくなるため、排卵していた頃の出血に比べると、さらっとした赤い出血だったり、茶褐色や黒っぽいものになったりする場合もあります。 そして、最終月経開始日から1年経過しても月経がない場合、閉経となります。 完全に閉経するまでの変化は個人差があるため、お伝えしたような順序の人もいれば、行きつ戻りつ徐々に周期が長くなる人、頻発月経からいきなり閉経になる人などさまざまです。 閉経後も、ごく少量のロゲンは脂肪細胞などから分泌されます。 とはいえ、閉経に向けてが崩れると脳の司令部が混乱するため、自律神経系も乱れ、のぼせやほてり、発汗、冷え、だるさや、頭痛、や抑うつといった精神的に不安定な状態や、不眠といった心や身体の不調を来します。 このような「更年期症状」は、多かれ少なかれ誰でも経験するものではありますが、日常生活に大きく支障を来す場合には「更年期障害」といって治療が必要になります。 病院やクリを受診して、補充療法や漢方、などの薬の処方によって症状をしたり、つらい症状や悩みについて専門家の先生からカウンセを受けたりして、生活習慣を改善することで症状が緩和されることなどもあります。 低用量ピルの服用 低用量ピルを使っていると不正出血が起きるときがあります。 不正出血の起こる病気を調べて特に異常がない場合、ピルの影響で起きている可能性があります。 飲み忘れが続いたときや、体調不良で十分にピルが吸収されていないときも不正出血を起こします。 またピルをはじめて使用するときは、生理にをかけることになるので、少量ずつしか出血しなくなって、いつまでもダラダラ生理が続くようなも多くなります。 婦人科系の病気の可能性 40代で生理が長引くという症状は、もしかしたら身体に潜む不調のということも考えられるので注意が必要です。 可能性のある病気 子宮筋腫や子宮腺筋症では、レバーのような血の固まりが大量に出る「過多月経」を伴うことが多く、貧血を併発していることも多いものです。 また同じく良性のものですが、子宮内膜ポが子宮内膜に発生している場合も、過多月経の症状が出ることが多くなります。 これらの疾患の治療法としては、病状の程度によって剤治療をおこなったり、筋腫やポでは摘出手術をおこなったりする場合もあります。 がダラダラ続く原因の中で、特に重大なものは子宮がん(子宮頸がんや子宮体がん)です。 初期の段階では痛みなど伴わないため自覚症状に乏しく、見過ごされやすいので非常に注意が必要です。 そのほかに考えられる病気としては、40歳代にかかることの多い子宮内膜増殖症があります。 この病気には、子宮体がんに進行するのもあるといわれています。 ちなみに更年期世代でも、40代ならばまだ出産が可能な年齢でもあります。 妊娠による出血というもゼロではないので、可能性がないか確認することは必要でしょう。 不正出血が続く場合は? <理由> お伝えしたように、更年期は加齢による自然な月経の変化による出血なのか、病気が潜んでいることによる不正出血なのかの区別がつきにくい状態といえるでしょう。 <対策> 普段から婦人科や更年期外来などで検診を受けることが大事です。 産婦人科医などの専門医による血液検査や内診、検査などの検査を受けましょう。 定期的に子宮や卵巣をすることが、を未然に防ぐことにつながります。 大量出血があったり、不正出血が続いたりして心配な場合はすぐに受診するようにしましょう。 現代女性の人生を80年と考えると、残りは30年余りにもなります。 この時期をより健康な状態で家族や友人と過ごすために、知識を持って無理せず我慢せず、自分の身体に向き合って、体調の管理をしていきたいですね。

次の