仕事 行き たく ない 毎日。 毎日仕事行きたくない。転職したて、一ヶ月、職場に馴染めず、3K、毎...

毎日仕事に行きたくない!朝から泣くほど仕事が苦痛なら会社を辞めるべき|Yasuのお役立ち情報

仕事 行き たく ない 毎日

上司からのパワハラ・セクハラが嫌• 毎日断れない残業ばかりでうんざり• 仕事でミスをして落ち込んでいる• 朝が苦手で毎日起きられない• 家族との時間を大切にしたい• 仕事をするモチベーションを失っている• 嫌な仕事を任されたがやりたくない• 責任の大きな仕事に押しつぶされそう• 自分の時間の方を優先させたい• 仕事に対するモチベーションを失っている みんなそれぞれの理由があり、ガマンする人もいれば、理由をつけて休む人もいる、さらにはそのまま会社を辞めてしまう人もいます。 仕事に行きたくないなら休むべき!その理由 「仕事に行きたくない」「毎日毎日休みたいくらい」と思うには理由があるはずで、その理由があなたの身体や権利を守るためであれば、それは尊重したいですし、大切にするべきです。 ・何のために仕事をしているのか? ・それを考えてみてください。 ・身体を壊してまでやりますか? ・他に優先すべきことはありませんか? もしも単純に「遊びたいからサボる」という理由だとしたら理由としては弱いです。 しかしそんな理由でもあなたの権利です。 モチベーションが上がらないのであれば、会社へは行かない、仕事はしない、という判断をするのも必要でしょう。 仕事に行きたくない原因が会社にあるのなら、心機一転『転職』を視野に入れるのも悪くない。 むしろあなたのキャリアアップを目指せる可能性もあり、嫌な環境からも離れられていい事づくしなのです。 必要なのは一歩踏み出す勇気だけ! いままでガマンして行きたくない仕事に行っていた、そんな勇気があるのだから問題はなし。 あなたの明るい未来はすぐそこにあります。

次の

仕事に行きたくないなら休む!毎日憂鬱な思いをするなら無理をしない

仕事 行き たく ない 毎日

仕事に行きたくない、仕事をしている人なら誰しもそう考えたことがあるのではないでしょうか。 特に、連休が続いた後の出勤日などは会社に向かうのが嫌になりますよね。 しかし、仕事に行きたくないという気持ちがたまにではなく毎日であるなら、ちょっと注意が必要かもしれません。 毎日仕事に行きたくないという状況は、ただの我儘や怠けではなくうつ病の症状かもしれないからです。 今日は毎日仕事に行きたくない。 うつ病かもしれない人の症状とは?についてお伝えします。 うつ病は以前より世間に広く認知されるようになってきましたが、まさか自分がと考えている人が多いようです。 あなたの仕事に行きたくないという感情は心配ないものなのか、治療が必要なものなのか調べていってみましょう。 1.何をしても気分が晴れない 仕事で抱えている案件が上手くいないとき、会社の人間関係が上手くいっていない時など、仕事に行きたくないと感じますよね。 しかし、週末には恋人や家族と出かけようとか、仕事帰りに好きなスイーツを買って帰ろうとか、 仕事で抱えている憂鬱な感情は24時間続かないのが普通です。 ところが、うつ病になると以前自分が楽しいと感じていたことをしても、好きな食べ物を食べても全く気分が晴れなくなることがあるのです。 仕事を離れ、別のことをしていても全く気分が変わらず、憂鬱な状態のままであればうつ病のサインといえるでしょう。 2.眠れない、もしくは寝すぎる 明日の仕事のことを考えると仕事に行きたくない、眠れないという夜はあるものですが、それが 毎日となると危険です。 眠れないというだけでなく、寝つきが悪くてベットに入ってから何時間も経たないと眠れなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったりという症状も同様です。 また、最近では眠れないという、うつの症状とは真逆の 寝すぎるという場合も、新型うつの可能性を指摘されています。 毎日 10時間以上寝てしまうという人は注意が必要です。 仕事のミスが増える うつ病の症状の一つにうまく考えがまとめられなくなるというものがあります。 普通なら電話を受けながら自分の考えをまとめ行動できていた仕事でも、全くまとめられなくなり、 簡単な仕事でもミスが目立つようになります。 また自分の考えがうまくまとめられないことから、 上司や同僚と話していても会話がかみ合わないという場面も生じてきます。 同僚から急に「何を言っているのかわからない」と度々言われるようなことがあれば、うつ病の可能性が高いかもしれません。 4. 遅刻や欠勤が増える 仕事に行きたくないから休んでしまおうというズル休みとうつ病の症状での欠勤は全く違います。 ズル休みの場合は「会社を休んでしまおう」「逃げてしまおう」と自分から能動的に働きかけて行動しているのですが、うつ病の場合には 自分は仕事に行こうと考えていても体が動かないのです。 例えていうのであれば、誰かにおもりをぶら下げられたかのように 体がいうことを聞かない状態です。 朝、スーツに着替え、会社に行く準備をし椅子に座ったら、体が重くて立ち上がれなくなり遅刻してしまった、なんていう症状があれば、迷わず病院を受診しましょう。 5.慢性的な頭痛や下痢などの身体的症状があらわれる 明日の重要なプレゼンについて考えていたら不安でお腹を下した、胃痛が起きたという一過性の症状であればそれほど問題ありませんが、 仕事に行きたくない気持ちから慢性的な頭痛や下痢などの身体的な症状が続いていたら要注意です。 うつの症状から自律神経が乱れ、身体的症状としてあらわれているのかもしれないからです。 慢性的に頭痛や下痢などで悩まされているのであれば、 うつ病ではなかったとしても何かしら病気が隠れている心配もありますので一度病院で診てもらった方が安心です。 以上、毎日仕事に行きたくない。 うつ病かもしれない人の症状とは?についてまとめてきましたがいかがでしたか。 うつ病は責任感が強い真面目な人がかかりやすい病気と言われています。 ですから、仕事に行きたくないという自分の感情を我儘なのでは、怠けなのではと押し殺して無理をして悪化させてしまう人が多いのです。 うつ病は心の風邪ともいわれ、誰にでもかかり得る病気です。 そして風邪同様、症状が軽いうちに休息を取り、適切な治療を受ければ早い回復を望めるのです。 どうしても精神科を受診することに抵抗を感じるのであれば、心療内科併設の内科のお医者さんもありますので、まずお医者さんに診てもらうよう努めましょう。 何度も言いますが、うつ病に大切なことは早期発見、早期治療です。 まとめ うつ病かもしれない人の症状は ・楽しいと感じていた事をしても気分が晴れない ・眠れない日が続く、10時間以上寝てしまう ・簡単な仕事でもミスが増える ・会話がかみ合わなくなる ・会社に行こうと思っても体が動かない ・慢性的な身体的症状.

次の

毎日仕事に行きたくない!朝から泣くほど仕事が苦痛なら会社を辞めるべき|Yasuのお役立ち情報

仕事 行き たく ない 毎日

日本は、仕事満足度が世界最下位レベルの国です。 世界で3億人以上が利用するビジネス系SNS「Linkedin リンクトイン 」が世界26カ国のユーザーを対象に実施したネットアンケートで、「今の仕事にやりがいを感じているか」と質問。 日本のユーザーで同意すると答えたのは77%。 実施国中最低だった。 通勤電車のなかでは、暗い顔の人ばかり。 口角が垂れ下がったスーツ姿のお兄さん、必死でメール返信に尽力するしんどそうなお姉さん。 僕は、そんな方の姿をみて育ってきました。 皆さんも同じだと思います。 だから、 現代の日本には、仕事に行く前から「働きたくない」と思う子たちが増えているんです。 僕たちは小さいころから、親が苦しそうに働いていたり、学校の先生がしんどそうに勉強を教えていたりするのを目に焼き付けてきたんです。 ここで納得する方は間違っています。 これは、すごくおかしな状況なんです。 なぜなら、 仕事とは、特定の人を幸せにすることができ、かつ、自分の夢をかなえることができるツールであるのに、それが何のためにあるのかさえ知らない方が、そこら中にいらっしゃるからです。 知っているようで、理解できていません(実際に僕もそうでした)。 そして、そのような方が、また子供たちに悲しい姿を見せることになります。 もうやめましょう。 今の苦しい状況を作っているのは、ガミガミ言う上司でもなく、嫌味を言う同僚でもなく、陰口を言う部下でもありません。 全て、自分がその状況を作っています。 なぜなのか、どう対処すべきなのかを、これからお話しします。 仕事の価値を知れば、人生が変わる 先ほども述べたように、仕事とは本来、特定の人を幸せにできたり、自分の夢をかなえることのできるツールです。 例えば、タクシードライバーの職業。 タクシードライバーは、リストラや仕事で上手くいかなかった人たちがなる、墓場だといわれていました(今はわかりませんが)。 そのこともあってか、タクシードライバーという職業に誇りを持たないどころか、鬱になる方も少なくはないそうです。 でも、皆さん、タクシーが日本からすべて消えてしまったらどうですか? 突然雨が降っても、電車が止まっても、足が悪いから家まで車を呼んでほしいときでも…あの素敵な車はもう来てくれません。 よく考えると、 タクシードライバーはスーパーヒーローなんです。 困ったらいつでも来てくれます。 仕事が終われば去って、ほかの困っている方を助けに行くんです。 めちゃくちゃかっこよくないですか? そんな仕事なんだよ!と子供に見せることができたら、その子も夢が広がりますよね? そして、その価値に気づいたタクシードライバーは、仕事に対する見方が変わるはずです。 いつもは、出勤から退勤までなんとなく運転していたけど、それからは、 困っている人を自然と見つける意識を持てるようになるはずです。 そうすれば、困っている人を幸せにできることに 喜びを持ち、自然と乗ってくれる人が増え、月収が上がり、会社での評価も上がるはずです。 このように、自分の仕事の価値に気づくことで、仕事が楽しくなったり、仕事を熱心に取り組むことができるんです。 タクシードライバーの例に、自分の職業を当てはめて考えてみてください。 駅前で働く人は、通勤で通る方に「行ってらっしゃい!応援してます!」とエールも送れます デスクワーカは、顧客やデータを見る方などに、よく話を聞いて相談にのったり、見やすい表を迅速に作ったりして、喜んでもらうことができます。 僕のようにラーメン屋で働く方は、忙しい仕事を終えたお客様にも、店員の笑顔で癒される場で、おいしいラーメンを食べてもらえます。 会社はあくまでも存在であり、皆さんが誰かのために働ける道具を提供しているだけです。 道具に振り回される人生はやめませんか? まとめ 仕事に行きたくないという悩みは、仕事の価値に気づくだけですべて解消されます。 例えば、悩みの中で一番多いのは人間関係です。 一見、仕事の価値に気づくこととは無関係に思えます。 しかし、人を幸せにしようと、夢のために働こうと、毎日めちゃくちゃ楽しそうに働いている方に、心の底から最低な奴だと思う方はいますか? 嫉妬はあるでしょうが(笑)その程度なはずです。 仕事をもっと楽しんでいきましょう。 わくわくした毎日を送れば、仲間も収入も信頼も集まってくるんです。 一緒に、仕事という夢を見せる人として、毎日楽しく生きていきましょう!.

次の