志村けん 偽装死。 2019年に重病説が流れていた志村けん 文春が報じていた顛末

志村けんは生きている 死んでいない 新型コロナウイルス騒動 ただの風邪

志村けん 偽装死

兄の知之さんが志村さんの遺骨を抱え、取材に応じる姿が印象的だった。 遺族は志村さんを病院で看取ることができず、遺体はすぐに荼毘に付された。 火葬場での最後の見送りもできなかった。 報道によれば、遺骨になって自宅に戻った志村さんの、簡単なお弔いが営まれたという。 知之さんは「骨も拾うことができないし、顔も見られない」「本当は盛大に送ってあげたかったのに、こんなことになって悔しい」と話していた。 平時であれば志村さんほどの著名人なら、数千人規模のファンや関係者が葬儀会場に駆けつけ、別れを惜しんだのではないか。 残念な限りである。 所属事務所はコロナ騒ぎが終息した際には「お別れの会」を設けることを発表した。 しかし、それがいつになるかはわからない。 全国的に感染者数が増え続け、死者数が増加していく中、「コロナ死」はひとごとではない。 恐怖を煽 あお るわけではないが、すでに誰もが死のリスクを負っていると、腹をくくる必要がある。 また、コロナ感染が原因で亡くなった方の遺族は、死後の措置をどうすればいいのか。 葬送は、遺族の心のケアにとって、とても大事である。 ここでは通常の葬送の手順と、コロナ感染による死亡後の葬送の手順の違いについて解説し、遺族の心の整理のつけ方について述べていきたい。 まず、死亡場所についてのデータを示したい。 半世紀以上前と現在とでは、多くの人の最期を迎える場所が逆転している。 厚生労働省の調査によれば、1955年では自宅死が77%と大多数を占めていた。 だが、2018年では病院・診療所で亡くなる割合は74%、高齢者施設内での死亡は11%。 自宅死は14%にすぎない。 かつての自宅死の場合、すぐに菩提寺の僧侶が駆けつけて、枕経を唱えたものだ。 そしてそのまま自宅か菩提寺で、通夜、葬儀が行われた。 葬儀が終われば霊柩車に乗せられて出棺。 火葬場でも簡単な炉前読経があり、そして荼毘に付された。 骨壺に納められた遺骨は自宅に戻り、その後は初七日法要が営まれる。 これが一般的な死後の手順であった。 しかし、現在では多くが施設死になっている。 施設死の場合、葬儀社が遺体を引き取り、葬儀会館や遺体安置施設に安置されることが多い。 最近では葬式をしない直葬が急増しており、「すぐに火葬してほしい」と願う遺族も少なくないようだ。 しかし、原則的には24時間以内の火葬はできないことになっている。 これは「墓地、埋葬等に関する法律(通称:墓埋法)」の第3条に、「埋葬又は火葬は、他の法令に別段の定があるものを除く他、死亡又は死産後24時間を経過した後でなければ、これを行ってはならない」と規定されているからだ。 その昔は、24時間以内に蘇生したこともあったようだ。 写真=iStock. com/SetsukoN 実際には、通常の死後の手順を踏んでいれば必然的に24時間は経過する。 枕経から通夜、葬式まで3、4日はかかるからだ。 しかし、直葬や、一部地域での「骨葬」(後で詳述)の場合は火葬までの時間がぐっと短くなる。 だから、「どこかに24時間」安置する必要がある。 近年、都会では遺体安置施設が数多く建設されているのは、こうした直葬が増えているからだ。 しかし、志村さんの場合は24時間以内に火葬された。 「他の法令」とは「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」第30条の規定のことである。 同規定によれば、「感染症の病原体に汚染され、又は汚染された疑いがある死体の移動を制限し、または禁止することができる」と定め、「24時間以内に火葬し、又は埋葬することができる」としている。 対象とする感染症は、エボラ出血熱(一類感染症)、コレラ・細菌性赤痢・ジフテリア・腸チフス(二類感染症)、腸管出血性大腸菌感染症(三類感染症)など。 そして、新型コロナウイルス感染症も同規定に含まれることになった。 だが、誤解を避けるために述べておくが、「24時間以内に火葬しなければならない」ということではない。 例えば、遺体を透明の納体袋で包むなどして、感染拡大防止策が取られていれば、通常の葬式をやっても差し障りはない。 実際に神戸市では、納体袋をすでに用意し、複数の病院に配布を始めているという。 先に遺骨にしてから葬式をすることを、「骨葬」という。 骨葬は孤独死などで遺体の状態が悪い場合、あるいは海外などで死亡した場合に実施されることがある。 骨葬は一見、イレギュラーな対処法のように思えるが決してそうではない。 実は北関東や長野などの一部地域では骨葬のスタイルを取っている。 三陸鉄道開業30周年記念企画展のオープン記念イベントに登場したコメディアンの志村けんさん=2014年6月3日、東京都港区(写真=時事通信フォト) 骨葬は、かつて養蚕が盛んだった地域の葬送文化の名残りである。 地域の人が死んで、葬式の準備に駆り出されてしまえば蚕の面倒が見られなくなる。 とはいえ、火葬を急がなければ遺体が痛む。 そんな心配を回避するために先に骨にしておき、蚕の世話を済ませた上で、心を落ち着けて葬式をしたのだ。 ほかに東北の豪雪地帯などでも骨葬をするところは多い。 大雪では参列者が参集しにくいという理由である。 各地の葬送は、非常に合理的に考えられているのだ。 したがって、先に火葬することが仏教的におかしいなどということはないのだ。 志村さんの場合、万が一、遺体からの感染を防ぐため、緊急避難的な措置として骨葬にせざるを得なかったが、戦前などでは天然痘などが流行した時に、骨葬が行われたケースもあったと聞く。 故人と最後の対面ができなかった遺族は、なかなか心の整理がつけられるものではないだろう。 ぜひとも、コロナの流行が収まったのちに盛大に志村さんのお別れの会を開いていただきたいと思う。 葬儀こそが、遺族の後悔や悲しみを癒やしてくれる唯一の手段なのだから。 ---------- 鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり) 浄土宗僧侶/ジャーナリスト 1974年生まれ。 成城大学卒業。 新聞記者、経済誌記者などを経て独立。 「現代社会と宗教」をテーマに取材、発信を続ける。 著書に『仏教抹殺』(文春新書)など多数。 近著に『ビジネスに活かす教養としての仏教』(PHP研究所)。 佛教大学・東京農業大学非常勤講師、(一社)良いお寺研究会代表理事。 ---------- (浄土宗僧侶/ジャーナリスト 鵜飼 秀徳) 外部サイト.

次の

「ただ一人の死が数億人を覚醒させることがあると思うか?」~志村けんの死が人々の感情に与えた影響|tori|note

志村けん 偽装死

Table of Contents• 志村けんがコロナで死去でショック まず、志村けんさんコロナで死去のニュースです。 人気お笑いグループ「ザ・ドリフターズ」のメンバーとして活躍し、「変なおじさん」などの人気キャラクターや「アイーン」などのギャグで知られるコメディアンの志村けん(しむら・けん、本名・志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日深夜、新型コロナウイルス肺炎のため亡くなった。 70歳。 志村さんは3月17日から倦怠(けんたい)感などの症状があったため自宅で療養。 発熱や呼吸困難などの症状が出たため、20日に入院し、23日に新型コロナウイルスの感染が判明した。 まもなく撮影が始まる予定だった、初主演映画「キネマの神様」(山田洋次監督)の出演も辞退していた。 映画の主演を辞退した時点で、何か少し嫌な予感がしたのですが、まさかこんなことになるとは。 ちなみに私はTBSの「グッドラック」を見ていて、速報で知ったのですが、MCの志らくさん、本当に心からショックを受けていることがわかります。 一般視聴者だけでなく、芸能人の方々も多くショックを受け、テレビ局や業界にとってもコロナに対する対応など、変わってくるのかな??と思います。 もちろん、コロナで70代よりも若い方がなくなっているケースは報道されていましたが、有名な方が死んだことで、国民に与えるショックは大きいですね。 まただたの有名人でなく、好感度の高い誰からも愛される幅広い層に人気の志村けんさんと言うことで、今度あらゆるところで大きな変化が起こる気がします。 志村けんの死にショックで悲しいの声多数 そんな志村けんさんの死への反響です。 志村動物園の捨て犬とのお散歩も好きでした。 どうか、安らかにお眠りください。 最近までテレビのゴールデンで活躍していた志村けんさん 何がびっくりしたのかというと、最近まで普通にゴールデンの冠番組で元気な姿を見せてくれていたことです。 毎週土曜日に放送の「天才!志村どうぶつ園」では、つい最近まで元気な姿で登場していました。 また、子供から大人まで大好きな「志村けんのバカ殿様」も先日2020年1月にスペシャルが放送されたばかりでした。 相変わらず面白く、そして元気な姿を普通に見ていただけに、ショックが大きいですね。 志村けんの死に芸能人の反響も!ショックすぎる 志村けんさの死は芸能界の人々にも大きな影響を与えました。 デヴィ婦人 デヴィ婦人も悲しい胸の内を明かしていました。 志村けんさんの新型コロナウィルスによる訃報、ショックと悲しみで胸がつぶされそう。 日本の芸能界に激震!世界中を震撼させ、猛威を振るう見えない脅威、コロナウィルスの恐ろしさ。 皆、他人事と思わず自覚すべき。 合掌 — デヴィ スカルノ dewisukarno 山田邦子 山田邦子さんも志村けんさんの死のニュースを受けてブログを更新ししました 「志村けんさんが!」とのタイトル「悲しいお別れです ケンさん、70はまだ早いですよ。 悲しいなぁ。 」 研ナオコ こんな悲しみにツイート けんちゃん、駄目だった 涙 どうしよう、、.. — 研ナオコ naokoken77 神谷明 志村けんさんの訃報に声も出ません。 ボク自身を含め周り中か打ちひしがれています。 こうしている今も涙が溢れてきます。 今まで沢山の笑顔のプレゼント、ありがとうございました。 衷心よりよりお悔やみ申し上げます。 — 神谷明 kamiyaakira29 近藤春菜 日本テレビ系「スッキリ」では、クイズッス途中で速報流れ、ニュースを知った近藤春菜は号泣。 志村と番組共演をしており「すみません、なんとか戻ってきてくれると思って居たのに…まだお礼も何もできていないのに…受け止められなくて。 すみません」と泣きじゃくった。 CMが明けても涙は止まらず、「自分たちが気をつけることで自分を守るんじゃなくて、ほかの方を守る意識を持たないと、終息しない。 本当に志村さんは人に与えたことがたくさんあって、最後の最後までいろんなことを与えてくれて。 心にとめて無駄にしてはいけません。 今は信じられなくて…」と言葉を絞り出した。 突然の速報を受け、素でびっくりしている、出演者たち。 近藤さんでだけでなく、他のコメンテーターの方々もショックを受けている姿が印象的でした。 近藤さんの涙にもらい泣きしてしまった視聴者の方も多いと思います。 カジサック はねるのトびらにゲスト出演して頂いた時、リハーサルで西野に 「頭おもいっきり叩いてね。 遠慮しないでね」 カッコよかった。 そのお言葉忘れません。 志村けんさん。 心からご冥福をお祈り致します。 志村けんの死は今後に大きな影響 先週末は、東京都の小池さんが東京都民に不要不急の外出をしないよう要請したことで、皆の動きに大きな変化が。 しかし・・・それでも外出を控えない人々が報道されていました。 特に驚いたのは、巣鴨でお年寄りが普段通りのお出かけをしている風景です。 もちろん普段よりも少ない人でしたが、それでもまだまだお買い物をする姿が。 「自分は大丈夫だ」と思っているのかもしれませんね。 しかし今回のことで、そういった外出する人の数が劇的に減ると思います。 もちろん、志村けんさんの死去のニュース以前に、お年寄りの方、いや、50代などの若い方でも発症からすごい速度で亡くなっていることがわかっていました。 しかし、どうしても他人事としてとらえている人が多かったようです。 ところが、今回のあまりにも有名な志村けんさんの影響は大きく、平気で外出していた年配の方たちの行動は大きく変わってくると思います。 また若い方にも知られている志村けんさんだけに、若い方たちの行動も大きく変わっていく可能性も高いです。 志村さんの死を無駄にしないように、1人1人が、命を守る行動をしなくてはと、個人的に改めて思ったショックすぎる悲しいニュースでした。

次の

2019年に重病説が流れていた志村けん 文春が報じていた顛末

志村けん 偽装死

ロンメル死とは何か? 志村けんがコロナウイルス感染によって死亡したとの報道され、日本中に衝撃が走った。 笑いを与えてくれた志村けんを愛する日本国民は多い。 「ドリフターズ」や「かとちゃんけんちゃん」のお笑い番組を見て、私も小さい時によく笑ったことを思い出すと残念な気持ちになる。 志村けん死亡について後から知ったことだが、コロナウイルスによる死亡説の他に、名誉を損なわない「ロンメル死」というのも目にした。 ロンメル死? 初めて聞いた言葉だったので調べてみたのだが、有名人や指導者など、世間に影響力がある人が、犯罪を犯した罰として、名誉を失わない形式の死(つまり死罪)であるとのことだった。 すべての主要な逮捕は、偶発的または陰謀説としてメディアに描かれます。 逮捕されたすべての個人には「ロンメル死」が与えられます。 つまり、彼らの 評判が損なわれないという保障と引き換えに、自殺または偶然の死として大衆に描写される死の選択があります。 彼らは公共の不名誉をもたらす刑事裁判に直面することを選択することもできます。 一部のトップ宗教指導者は逮捕または辞任を余儀なくされ、一部は突然「病気」になります。 バチカンが最初で、教皇は2020年に撤去させられます。 人間が抽出したアドレノクロムの生産が明らかにされ、ハリウッドとバチカンがその直接の責任者として公開される。 引用元: 志村けんは2020年においても、ゴールデンタイムにレギュラー出演して活躍を続けていたが、じつは裏では犯罪に手を染めていたということか? コロナウイルス騒動の裏で起こっている大規模作戦 世界はコロナウイルスで混乱状態だが、水面下ではエリートや宗教指導者を筆頭に極悪犯罪者を大量逮捕する作戦が、世界的規模で実施されているとの噂がある。 主な対象は、小児性愛犯罪(ペドフィリア)の関係者とされている。 政治界での大物、大企業経営陣、宗教指導者などの世界的権力者、ハリウッドスター、セレブなど世界的に影響力がある人物や有名人、大富豪が多くいるそうだ。 小児性愛犯罪の本質は、アドレノクロムの摂取にある。 アドレノクロムの抽出は、0~9歳の乳幼児に「肉体的虐待・精神的虐待・性的虐待」を加えることから始まり、恐怖に陥った死ぬ直前の乳幼児の血液からしか抽出できないとされる。 そのため、対象となる子供たちは想像を絶する凄まじい虐待を加えられたうえで殺害されるということだ。 信じられないようなおぞましい犯罪なのだが、志村けんはこれに関わっていたということなのだろうか? ハリウッドスターや王室や政治家がコロナウイルスに感染しているとニュースで目にするが、この者たちの感染源はコロナウイルスが混入したアドレノクロム摂取が原因との情報がある。 志村けんもアドレノクロム摂取による感染であったのか? ペドフィリア特徴の顔にアザなどはないので、そうじゃないことを信じたいが、もしそれが本当ならば死罪は当然ということになる。 たとえ子供虐待や殺害に直接手を下していなくても、アドレノクロムを摂取していたのならそれは同罪である。 多くの日本人に笑いを与えてくれた志村けん。 一方で乳幼児虐殺によって作られたアドレノクロムを摂取するという犯罪。 この推測が間違いであってほしいと願うばかりだ。 アメリカ精鋭部隊が横田基地に入ったという情報もあることから、もしかすると日本でも小児性愛犯罪者の大量逮捕作戦がすでに始まっているのかもしれない。 【天皇家、旧皇族、自民党、統一教会、公明党、創価学会、日本維新の会、生長の家、希望の党、全官僚組織 財務省、金融庁、外務省、東京地検特捜部、経団連、電通、日本会議、日本青年協議会笹川財団、笹川機関】などの関係者が、次々に姿を消すことになるのだろうか? 小児性愛ペドフィリアはなぜ無くならないのか? 人類の闇はいったいどこまで深いのであろうか? この犯罪は地球人類だけで起こされていることなのだろうか? 子供を生贄にするおぞましい儀式は、中南米の遺跡などでも確認されていることから、古代から脈々と続けられてきており、現在の悪魔崇拝儀式に至っているようだ。 血を飲み人肉を食らうことが共通している。 この悪しき儀式はなぜなくならないのだろうか。 地球には人間とは別に悪魔的な何かが存在し、その存在が古代から現代にまで影響を与えているような気がしてならない。 アドレノクロムのために監禁されている子供たちが、一刻も早く解放されることを願うばかりだ。

次の