ハルキヨ。 [ ‡ハルキヨ‡ ]

見た目はペヤングだけど、なぜか“ヨシモリ”…社長に内緒でブランド変更? 噂の社員を直撃した

ハルキヨ

小春は意味がわからず困惑しましたが、峯田を迎えに来た執事の江戸川さんから峯田が留学することを告げられました。 小春は峯田の留学に素直に感激し、尊敬すると笑顔になります。 しかし、峯田から留学の年数は5年くらいになることもあると言われて、その意味がよく理解できず思考停止しました。 小春は5年がどれくらいの長さかわからなくなってしまったのです。 その様子を見かねた峯田は、詳しい話は明日すると小春に告げました。 後日、峯田が学校に登校すると、小春の姿がありません。 小春の友達が連絡をとってみると、小春は海にあるベンチで雀にかこまれながら座っていました。 小春は快速電車を乗りすごし、来たこともない海街にたどり着いてしまったのです。 しかし、小春の携帯電話の充電がすぐに切れてしまったので、学校にいる友達と連絡がとれなくなってしまいました。 しかも、その海は電車がほとんど通っていなくて、ボーッとしている間に終電が通過してしまい・・・。 小春は野宿を考え不安になりました。 すると そこに、友人の志村から叱責された峯田がやって来ました。 峯田は小春に呼び掛けますが、峯田に気がついた小春はダッシュで逃げて行きます。 峯田は追いかけながら小春に理由を聞くのです。 小春は峯田から別れ話を聞かされたくないからだと理由を述べ、泣きながら「別れるなんて言わないで」と伝えます。 峯田はその言葉に、「別れる気はないし、会いたかったら会える」と返してくれました。 小春に話したかったことも別れ話ではなく、留学の予定についてだということも話します。 小春は峯田家の財力がすごくて行動力もあることを思いだし、安堵したのでした。 私も小春が最初に言ったのと同じように、留学には賛成ですね。 峯田自身が決めたのですから、峯田には必要なことなのでしょう。 好きな人の留学なら応援したいものです。 でも、別の国で勉強をするのだからすぐには帰れないことも、目に見えてわかります・・・。 小春は今まで周りに留学した人なんて居なかったでしょうから、留学が長いと頭ではわかっていても気持ちが追い付かないかもしれません。 そして、長い間会えないという考えが、ふられる恐怖に変わっていくかもしれません。 遠距離恋愛は別れる原因の大きな要因だからより怖くなってしまうでしょう。 だから、彼氏からはっきり別れないと宣言してもらえたらすごく安心しますし、彼氏のことがもっと好きになると思います! それから、小春の身長が教室のドアより大きかったのは面白かったです。 峯田が男子の中ではかなり小さいこともありますが、ふたりの身長のバランスがありすぎて、小春が某人気漫画の巨人みたいでした 笑 でも小春は純粋で女の子らしい子なので、とっても可愛いですよ! カテゴリー•

次の

会津藩主〈松平容保〉の家老〈田中玄清(ハルキヨ)〉の家臣〈磯部三武八(サブハチ)〉について以下のこと...

ハルキヨ

(1)家老〈田中玄清(土佐、大海とも)〉に関する資料はあるが、〈磯部(田中)三武八〉について記載のある資料は見つからなかった。 参考までに、以下の資料を紹介する。 p60「田中土佐(たなかとさ)1820-1868」の項に、「会津家老、戊辰戦争時の筆頭家老。 藩主松平容敬・容保の2代に仕え・・・」とあるが、該当記述なし。 1-慶応4. 23)の項あり。 (2)「磯部(家)文書」については、次の2か所を紹介する。 福島県立図書館など県外郷土資料の調査については、必要に応じて質問者が問い合わせるとのことで、関係資料の紹介とした。 その他調査済み資料 『会津藩始末記』(中央公論社)『資料榎本武揚』(榎本武揚 新人物往来社)『榎本武揚 物語と史蹟をたずねて』(成美堂出版)『榎本武揚』(新人物往来社)『館戦争史料集』(新人物往来社)『戊辰戦争全史 上・下』(新人物往来社)『津藩戊辰戦争日誌 上・下』(新人物往来社)雑誌『別冊歴史読本 特別増刊 1993. 4号(特集 戊辰戦争)』『松平容保』(新人物往来社)『松平容保とその時代 京都守護職と会津藩』(歴史春秋社)ほかには関係記述なし。 (2)は、《東京大学史料編纂所》のWebサイトのデータベースを検索、「磯部文書」がヒットする。 ( ) 同様に『国書総目録 1』の東大写本の蔵本2か所について確認し、紹介する。 事前調査事項 Preliminary research.

次の

『』by ハルキヨ13 : レガート

ハルキヨ

峯田のダメ出しがきついんですよね。 でもそれは峯田がそれだけ一生懸命ってことなのですが、なかなか伝わりません。 もう時間がないという中でも諦めず作業を続け、ほとんど出来あがらせる峯田と小春。 珍しくニコっと笑ってくれた峯田に小春は「私、峯田くんの事好きです!」とあまり深く考えず言ってしまいました。 小春は告白しているつもりはなく、今の嬉しい気持ちを伝えたかっただけみたいなのですが、峯田は「じゃあつきあう?」と…! 小春は何と言うのだろうというところで、トラブルメーカーの志村がまたやらかしました 笑 サボってサッカーで遊んでいたらしく、ボールが出来あがっていたはずの装飾に…。 時間的に直すのは難しかったのですが、頑張っていた小春と峯田のためにクラスのみんなが戻ってきてくれて、なんとか無事に学園祭を迎えます。 和カフェを開く小春のクラスは、ウチの若様(氷川)がお姫様抱っこで記念撮影をしてくれます!というサービスで大盛り上がり。 この案は峯田だそうで…。 商才あるなと思いました 笑 でも想像以上のお客さんの入りで氷川の腰がギブアップ! 峯田が無理矢理引き継ぐことになりました。 嫌がる峯田に小春はずるいことを言います! 「ここで男見せてくれたら彼女になってもいいです」 じらされていた答えをこんな形で聞かされた峯田は従うしかなかったのでした。 無事にお付き合いがはじまった小春と峯田ですが、ここでひとつ問題が。 まるちゃん、たまちゃんが怒り心頭です…! あまりに陰湿に小春と峯田に嫌がらせをしてくるので、軽く引きました 笑 でもそれだけ小春が心配で、大好きってことです。 すごくさみしいんでしょうね。 結局は、たまちゃんにも彼氏ができて、あっさり小春の応援に周り、まるちゃんも認めるしかありませんでした。 たまちゃんの彼氏は志村の友達の井上です! いきなりの急接近にびっくりしましたが、かなりお似合いでラブラブです。 放っておかれて怒っているかと心配の峯田でしたが、デートがしたいと言ってくれました。 おしゃれした小春がものすごくかわいいです!!!目が見えます 笑 普段と違いすぎるせいか、偶然すれ違った志村が小春と気付かず一目惚れしてしまいました。 これはまた…気になる展開です! 追いかけてくる志村に気づいた峯田は、志村を避けて小春の家へ。 小春の家族が勢揃いしました! 中でもお母さんはテンション高くて体育会系でとても面白い人です! 峯田の名前を全然覚えてくれませんが 笑 、明るく娘の彼氏を迎えてくれました。 二人きりになり話題は滝川さんの写真になって空気が重くなってしまいましたが、小春の家族の前で峯田が小春への感謝の思いを話してくれます。 帰り際に峯田はかわいいリボンのピンをプレゼントしてくれたうえに、ほっぺにキスを…! デートがラブラブで終わってよかったです!.

次の