なつぞら なつの結婚。 なつぞらネタバレ結婚式【坂場イッキュウさんのプロポーズまであと○日!

なつぞら結婚相手ネタバレ山田陽平(犬飼貴丈と!夫のモデル小田部羊一と似すぎ!

なつぞら なつの結婚

NHK連続テレビ小説「なつぞら」において、現時点(物語スタート時)でヒロイン・なつの結婚相手候補となりそうな登場人物7人をまとめます。 「なつぞら」にはたくさんのイケメン俳優が出演しており、誰がヒロインの「お相手」となるのか、注目されます。 あくまで予想の数値なので、悪しからず。 候補1…柴田照男(清原翔)=本命度5% なつにとって最も身近な異性といえるのが、同じ屋根の下で本当の兄妹のように育った柴田家の長男・照男です。 照男はいつの頃からか、なつに対して兄弟愛なのか恋なのか、不思議な感情を持つようになっていきます。 祖父・泰樹(草刈正雄)もなつを柴田家の本当の娘にしたいと願い、照男に対しなつとの結婚を勧めます。 とはいえ照男はなつと天陽が両思いだと予感しており、自分の気持ちは二の次にして二人がくっつくように仕向けていきます。 追記:照男はその後、砂良(北乃きい)と結婚しています。 — 2019年 3月月31日午前3時53分PDT 候補2…山田天陽(吉沢亮)=本命度35% なつに絵を描く楽しさを教え、なつの人生に大きな影響を与えていく幼馴染みの山田天陽。 なつは天陽が描く馬の絵に夢中になり、天陽に対して憧れの気持ちを抱いていきます。 二人が両思いであることは濃厚ですが、なつは高校を卒業すると上京して天陽と離れ離れになってしまいます。 東京で夢に向かうなつと、北海道で酪農と共に生きることを決めた天陽。 別々の道を歩む二人が簡単にゴールインする展開にはならなそうです。 追記:昭和33年、天陽は舞台美術の手伝いで出会った靖枝(大原櫻子)という女性と結婚しています。 なつら奥原三兄妹が孤児となった時期には家族同然に行動を共にしており、三兄妹は 「いずれまた信哉と一緒に暮らしたい」と発言しています。 第1話の冒頭では、18歳になったなつと信哉が再会し、なつが涙を流すシーンが描かれています。 このシーンに続くオープニングアニメでは、なつと信哉が手をつなぎ未来へと走り出すかのようなアニメーションが登場しており、信哉がなつの人生に大きな影響を与えていくことが示唆されています。 信哉は有力な結婚相手候補の一人といえそうですが、恋人というよりは「懐かしい家族」「兄」に近い存在でしょうか。 高校時代にはなつを演劇部に誘い、卒業後も菓子修行のためになつと一緒に上京するなど、男女の枠を超えた友情を育んでいきます。 雪次郎はお調子者で恋人候補という感じではありませんが、いつもそばでなつの心を和ませる存在です。 お調子者でまわりを明るくしてくれる役どころです。 アニメに深い造詣があり、斬新な企画や思いもよらないストーリーを考えつく気鋭のクリエーターですが、不器用で無理難題をふっかけてアニメーターを困らせる存在でもあります。 なつも当初は坂場に苦手意識を持ちますが、やがて互いに惹かれていき…。 なつのモデル人物と噂されるアニメーター・奥山玲子氏は、「東映動画」で同僚だった小田部羊一氏(「なつぞら」でアニメーション時代考証を担当)と結婚しており、なつが職場結婚するという線は十分に考えられます。 ただし、坂場一久はあの高畑勲氏がモデルともされますが…。 追記:第19週で坂場となつが結婚を決断することが確定。 — 2018年 8月月15日午前8時40分PDT 候補6…神地航也役(染谷将太)=本命度20% なつの後輩となる新人アニメーターで、並々ならぬ情熱で周囲を圧倒し、既成概念にとらわれない発想でアニメ表現を革新していく神地航也。 そのキャラクター設定から、東映動画に入社した若き日の宮崎駿氏がモデルとも言われています。 宮崎駿氏は東映動画の同僚アニメーター・大田朱美氏(「なつぞら」では渡辺麻友演じる三村茜として登場か)と職場結婚をしており、神地航也となつが結婚する可能性は低そう。 候補7…山田陽平役(犬飼貴丈)=本命度25% 奨学金で東京藝術大学に通う天陽の兄・陽平。 陽平は大学の先輩が働く「新東京動画社(後の東洋動画)」を手伝っている縁で、上京してきたなつを会社に案内します。 陽平は大学卒業後に東洋動画に入社し、本格的に働き始めます。 前述の坂場一久同様、なつが職場結婚をするような場合にはお相手候補の一人にあがると思います。 なつのモデルとされる奥山玲子氏の夫・小田部羊一氏は東京藝術大学を出ており、名前も「小田部羊一」と「山田陽平」で少し似ていますが…。 追記:物語全編を通して陽平の登場機会は限られており、なつの夫となる可能性は低い…?.

次の

なつぞら結婚相手ネタバレ山田陽平(犬飼貴丈と!夫のモデル小田部羊一と似すぎ!

なつぞら なつの結婚

『なつぞら』第6週では、泰樹(草刈正雄)がなつ(広瀬すず)と照男(清原翔)を結婚させようとします。 なつも18歳で、そろそろ 「彼氏」とか 「結婚」のことを考える年齢になったのです。 そして上京したなつは、天陽の兄・陽平(犬飼貴丈)やノブさん(工藤阿須加)との関わりが深くなって……? 当記事では『なつぞら』のヒロイン・なつの結婚相手をネタバレ予想してまとめています。 剛男(藤木直人)の義父・泰樹(草刈正雄)の元で牧場を手伝い、泰樹と心を通わせていきます。 第5週では、なつの幼少期の命の恩人・ノブさん(工藤阿須加)が十勝にやってきて、咲太郎の情報を教えてくれました。 なつは富士子(松嶋菜々子)と2人で上京、咲太郎と再会を果たします。 その後、なつは天陽の兄・陽平(犬飼貴丈)とも再会を果たします。 陽平は、「漫画映画」を作る「新東京動画社」でアルバイトしていて、なつを会社に案内してくれます。 このことがきっかけとなって、なつはアニメーターになることを決意。 なつの絵の先生で一番の理解者でもある・天陽(吉沢亮)は、なつの背中を押してくれました。 第8週では、なつが漫画動画の夢を叶えるために、再び上京。 東京の大学を出て「放送記者」として働くノブさんや、なつが入社試験を受ける「東洋映画」で働く陽平との距離が近くなっていきます。 — 2019年 5月月1日午後1時39分PDT 山田天陽は、なつが十勝にやってきた小学生の頃からの幼馴染。 美術の才能がありますが、家が貧しいため、進学せずに農業をしながら絵を描く道を選びます。 躍動感ある馬の絵が得意で、農作業の合間にベニヤ板に描く絵は、大胆にして繊細。 なつに絵心を教え、アニメーターになる夢を後押しするなど、彼女の人生に大きな影響を与える人物。 「結婚すると思われる理由」 なつと天陽は、幼い頃から心を通わせていて、周りから見てもナイスカップル。 天陽は、なつに絵を教え、なつが知りたいことを言語化してくれて、ちょっと先生みたいな部分も。 天陽は、若干9歳の時に、貧しい家を支えるために、この十勝の地で農業をやると決意します。 一方で、農業と同じぐらい絵を描くことを愛しています。 そんな天陽ですが、間違いなくなつのことが好きです。 泰樹になつとの結婚を勧められた照男が「なつのこと好きか? 」と聞いたときも「はい、好きです」と答えます(第6週)。 しかし天陽は、なつが漫画映画を作りたいと思っていることに気が付いているので、告白できない状態。 自分の告白で、なつを縛ってしまうのが嫌なのです。 そんな天陽の背中を照男が押しますが、天陽が告白を決意したタイミングで、なつが漫画映画の夢を叶えるために上京することを決意してしまうんです。 2人は親戚同士の集まりで出会わず、青年同士の交流会で出会いました。 神田ミサ子は、高野長吉の三女として生まれ、高野家は開拓農家の家系。 真面目で責任感の強い性格。 【結婚すると思われる理由】 第6週で照男は、祖父の泰樹から、なつとの結婚を勧められ、ドギマギします。 しばらくは煮え切らない態度を見せますが、なつのことをどう思っているのか? 確かに、照男となつが結婚すれば、柴田牧場は安泰です。 【結婚しないと思われる理由】 照男は、なつが天陽のことが好きだと推し量り、天陽になつのことをどう思っているのか確かめにいきます。 ところが妹は東京でアニメーターになると言い出し、天陽も告白するのを諦めちゃいます。 吹雪の日になつを助けてくれた阿川砂良(北乃きい)です。 ここからは照男は砂良に向かって猪突猛進になるので、なつとの結婚など有り得ません。 佐々岡信哉(ささおか・のぶや):工藤阿須加(くどう・あすか) — 2019年 2月月28日午後10時42分PST 佐々岡信哉は、東京大空襲の日になつを戦火から助けた人物。 医師をしていた父と母を空襲で亡くし、なつたち兄妹と暮らしていましたが、孤児院に入れられて離ればなれに。 第5週で、北海道までなつに会いに来てくれて、兄の咲太郎を捜すなつの助けに。 【結婚すると思われる理由】 ノブさんは、なつの命の恩人な上に、咲太郎や千遥を捜すことに尽力してくれます。 バイトしながら大学に通い、放送作家になるという夢も成し遂げちゃうなかなか立派な男です。 顏よし、収入よし、性格よしと揃っていて、なつの結婚相手として 「超優良物件」としか言いようがありません。 成長したノブさんがなつに会いに来たシーンにドキドキしたのは、筆者だけじゃないはず。 なつとノブさんには、運命的なものを感じちゃいます。 【結婚しないと思われる理由】 ノブさんは、なつや咲太郎のことを本当の兄妹のように思っているようです。 そんなノブさんなので、なつを女性として見ることはないような気がします。 — 2019年 1月月7日午前2時30分PST 山田陽平は、天陽の兄。 バイトをしながら、東京藝術大学で絵を学んでいます。 後に、漫画映画を作る「東洋映画」に入社して、美術スタッフとして働きます。 なつの絵の才能を買っていて、なつがアニメーターを目指して上京すると、何かと力になってくれます。 成人してからは、まだ一度も登場してない陽平。 どこで何してるのかと思っていたら、東京藝術大学で絵を学んでいました。 弟の天陽だけじゃなく、兄も絵が好きなんですね。 【結婚すると思われる理由】 陽平は、アニメーター目指して上京するなつの力になってくれる人物。 2人は同じ会社「東洋動画」で働くことになるので、接点は多くなる一方です。 最初はなつが「仕上課」で陽平は「動画課」ですが、後になつが「動画課」に移るので、同じ職場の同じ部署になるわけです。 陽平は、絵が上手い天陽に嫉妬心を抱いている部分もあるので、陽平の方からなつに接近する可能性もあるかもしれません。 【結婚しないと思われる理由】 そもそもなつは、天陽がタイプ。 真逆のタイプの陽平になびくかどうかと言えば、確率は低いでしょう。 陽平の方も、なつは弟の彼女だと周りに公言するので、まず「付き合う」とか「結婚」にはならないような気がします。 山田陽平のモデル・神田一明の結婚相手 陽平のモデル・神田一明は、22歳の時に東京芸術大学の学生・岡野比呂子と学生結婚しています。 ドラマでは違う展開のようですが、なつと結婚する可能性はあまりなさそうです。 小畑雪次郎(おばた・ゆきじろう):山田裕貴(やまだ・ゆうき) — 2019年 3月月14日午前5時40分PDT 小畑雪次郎は、「雪月」の跡取り息子。 高校で演劇にハマり、同級生のなつを演劇に誘います。 卒業後はなつと一緒に上京し、日本一の菓子職人になるために「川村屋」で修業。 お調子者ですが、一緒にいると気分が明るくなる、なつの大親友。 【結婚すると思われる理由】 なつと雪次郎は、高校の演劇部も一緒だったし、その後一緒に上京もします。 いつも一緒の幼馴染と恋に落ちても、何らおかしくありませんよね。 雪次郎は顏も可愛いし、性格も歪んだところがなく明るいので、なつをいつも元気付けてくれるはず。 2人が結婚したら、すごく明るい家庭が築けそうです。 【結婚しないと思われる理由】 とても気が合っているなつと雪次郎ですが、どうやら恋愛には発展しない模様。 なっちゃんの親友として、安心できる相手が、雪次郎なのかな(山田) 引用元:NHKステラ・山田裕貴のコメントより 雪次郎は、あくまでもなつの親友ポジションのようです。 それに、雪次郎は夕見子(福地桃子)と両想いかと。 坂場一久(さかば・かずひさ):中川大志(なかがわ・たいし) — 2019年 4月月2日午後6時34分PDT 坂場一久は、東洋動画所属の監督見習い。 絵は描けないのですが、アニメの知識は人一倍多く、企画力に優れ、思いもよらないストーリーを考えつきます。 その一方で要領が悪く、無理難題を言って、アニメーターたちをいつも困らせます。 なつも初めは苦手意識を感じるが……。 【結婚すると思われる理由】 なつの東京での職場の同僚なので、接点は十分。 さらに「なつも初めは苦手意識を感じるが……」とあるので、次第に心打ち解けていく可能性アリです。 『花のち晴れ』で王子様キャラ・天馬を演じた中川大志さん演じる坂場なので、なつと結婚したら超お似合いです。 なつのモデル・奥山洋子さんは、職場の同僚・小田部羊一と結婚しているのですが、ドラマには小田部洋一に該当する人物は出演しません。 となると、同じく職場の同僚である坂場が結婚相手になる可能性は高いです。 何故なら坂場のモデルである高畑勲は、小田部羊一と同期入社だから。 【結婚しないと思われる理由】 なつの目標とする人物は、天陽。 哲学的な考えを持つ落ち着いた天陽と比べると、坂場は無理難題を言って、アニメーターたちを困らせるなどハチャメチャ。 なつと恋に落ちる可能性は低いでしょう。 神地航也(かみじ・こうや):染谷将太(そめたに・しょうた) — 2019年 4月月30日午後6時09分PDT 神地航也は、抜群の画力で入社したなつの後輩アニメーター。 好きなことについて話すと止まらない情熱的な性格で、坂場とはいつも息が合います。 新人ながらも歯に衣きぬ着せぬ物言いで周囲を圧倒し、既成概念にとらわれない発想でアニメ表現を革新していきます。 【結婚すると思われる理由】 なつの後輩アニメーターということで、やはり接点は十分。 イケメンで可愛いので、なつと恋愛関係になってもおかしくありません。 なつのモデル・奥山洋子さんは、職場の同僚・小田部羊一と結婚しているのですが、ドラマには小田部洋一に該当する人物は出演しません。 となると、同じく職場の同僚である神地が結婚相手になる可能性は高いです。 【結婚しないと思われる理由】 神地航也のモデル・宮崎駿さんは、職場の同僚・大田朱美と結婚します。 なので、なつとの結婚はないと思われます。 大田朱美は、三村茜(渡辺麻友)のモデルです。 まとめ 『なつぞら』でヒロイン・なつの結婚相手をネタバレ予想してまとめました。 今後も新情報が入り次第、追記していきます。

次の

【なつぞら】広瀬すず(なつ役)の結婚相手ネタバレ!吉沢亮、中川大志?【確定版】

なつぞら なつの結婚

10日に放送されたNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)第114話は、全編アニメーションによるオープニングのタイトルバック(タイトルの題字や出演者・スタッフのクレジットが入っている部分)がない通常回としては異例の演出となった。 最終回のような演出に「なつぞら最終回」がツイッターのトレンドに入るなど、大きな話題を呼んだ。 女優の広瀬すず(21)がヒロインを務める節目の朝ドラ通算100作目。 大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(51)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。 戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。 第114話は、なつを嫁に出すことになり、我が子同然に育ててきた富士子(松嶋菜々子)は1冊のノートをなつに手渡す。 そこに書かれた内容に、なつは深い愛情を感じる。 その後、なつは坂場(中川大志)と共に天陽(吉沢亮)の家を訪れる。 以前から天陽の描く絵に感銘を受けていた坂場は、描かれた絵を見つめ、いつものようにある疑問を天陽に投げ掛ける。 すると、天陽は坂場の想像を上回る返答をするのだった…という展開。 そして、翌1967年(昭42)春。 なつ&坂場、夕見子(福地桃子)&雪次郎(山田裕貴)が十勝で結婚式を挙げた。 残り2分、結婚式のシーンになると、ようやくスピッツによる主題歌「優しいあの子」がかかり、出演者・スタッフのクレジットテロップが画面下、右から左に流れた。 チーフ演出の木村隆文氏は「なつが幸せになる回で、多くの人が祝福に駆け付けました。 スペシャルな回であると同時に、なつたちを祝福する多くのキャストの表情を、視聴者の皆さんによりたくさん見ていただこうと思い、この回に関しては、いつものアニメーションから登場人物の表情に切り替えました」と演出意図を説明。 タイトルバックを削ってでも、なつとなつを囲む人の笑顔を収めたかった。 インターネット上には「OPなしに驚いた。 詰め込みすぎだよの15分」「ここでOP曲か!13分だぞ!」「ラストにOP流して出演者エンドロールとか最終回の演出すぎる」「今日の回、最終回っぽい演出だった。 OPがまさかの最後に」「このタイミングでOP曲!良い演出!」「OPなくてもう最終回?と思ってしまった。 ちゃんとウッチャンが『来週に、続けよ』で締めくくってたから、まだ続くと分かり安心した」「今朝のなつぞら、OPなしでタイトルロゴだけ表示、番組の最後にEDとしてスタッフロールと曲を流していて朝ドラらしからぬアニメの最終回みたいな演出だった」などの反響が相次いだ。 なお、2016年の大河ドラマ「真田丸」第44話「築城」でオープニングのタイトルバックをエンディングに持ってくる異例の演出がなされた例がある。

次の