センイル広告 場所。 日本のファンも出資! 韓国地下鉄を彩るアイドル誕生日広告

iKON・JUNE(ジュネ)のセンイル看板のサポートをさせていただきました!

センイル広告 場所

明洞駅構内にあったセンイル広告 【アツいアジアから旬ネタ直送 亜細亜スポーツ】朝日新聞の16日付朝刊掲載の、4面にわたる全面広告が話題になった。 これは「安室奈美恵916運動」というプロジェクトで、この日引退した安室奈美恵さん(40)へのファンからのメッセージを集めたもの。 広告出稿に必要な1000万円をクラウドファンディングで募り、熱心なファン4846人から目標額を上回る1500万円余り集まった。 平成の音楽界を彩った安室さんの人気ぶりを改めて証明した格好。 こうしたファンによるアイドル応援運動がかねて盛んなのが、お隣の韓国。 「センイル(誕生日)広告」と呼ばれ、主に男性アイドルの誕生日に行われる。 熱狂的な女性ファンらが、SNSなどを通じ一丸となって資金集め。 それで地下鉄の駅構内などにあるポスター広告枠を買い取り、お祝いポスターを掲示するのだ。 東京並みに複雑な路線網の首都ソウルの地下鉄で、センイル広告がよく出されるのはまず、こじゃれた店が多く若者に人気の弘大入口駅。 週末は歩行者天国になり女子がたむろする新村駅、芸能関連会社が集まり芸能人出没エリアの狎鴎亭駅にもよく掲示される。 ソウル一の繁華街、明洞もそう。 駅周辺は日本はじめ中国、最近ではタイなど外国人観光客にも人気のショッピングエリアで、韓流アイドルのグッズを売る店がたくさんある。 人気アイドルがやって来るライブハウスもありファンが集結するため、こうした応援アピールには絶好の場所なのだ。 広告料は場所やサイズ、掲載期間によってまちまちだが、日本円で20万~100万円ほど。 注目度が高い繁華街ほど値段が高いのは、一般の広告と同じ。 駅構内の広告だけではない。 ビルなどに設置されている電光掲示板に応援ムービーを流すファンもいれば、バスの車体を丸ごとセンイル広告にしてしまうケースも。 アジア全域に広がる韓流アイドルブームを反映し、地元ファンばかりか中国や日本のファンがセンイル広告を打つことも。 韓国語が分かるなら現地の広告会社に直接アプローチできるし、日本には代行業者もいる。 現地とのやりとりを全部やってくれるため、料金は割高だが、こうした業者を利用する海外ファンは多い。 週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。 現地日本語情報誌でデスクを務め、2014年に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。 最新著書は「おとなの青春旅行」(講談社現代新書).

次の

【日本地下鉄・駅】センイル広告代行業社おすすめ3選を紹介!値段・期間・デザインなど

センイル広告 場所

今回は、YG事務所の最寄り駅である、合井駅にしました。 掲載する駅を決めてから、広告看板業者さんに問い合わせをしました。 センイル看板のサイズを決める 次に、センイル看板のサイズを決めていきます。 サイズもいろいろありまして、センイル看板巡りとして、有名なサイズといえば、こちら。 何枚も画像が使えます。 こういうタイプもあります。 こういうタイプもあります。 今回は、ポスタータイプでお願いしました。 スポンサーリンク 写真を選ぶ・デザインをするl 今回デザインは、ジュネ同好会さんの方でやってもらったのですが、写真とどういうコメントを入れたいっというのを教えてもらえたら、業者さんの方で、デザインもしてくださいます。 とりあえず、センイル看板の元となる、写真があれば、何とかなります! 今回うれしい誤算だったのですが、センイル看板は2つでセットだったんですね^^ 2つ目のデザインを急いでやってもらうことになりました。 今回デザインは、JUNEST様とJUNE同好会様とのコラボ作品になります! ジュネ同好会に、JUNEST様というマスター様が写真の提供していただき、デザインも手掛けて下さったそうです! ここで、問題が・・・・ 今回2つの業者さんを経て、センイル看板の掲示に至ったのですが、1つ目の業者さんと2~3か月やり取りをしていたのですが、いざ、デザインの入稿というところで 「今回の金額は、公式ペンカフェ向け様の金額になります。 個人でもやろうと思えば、やれると思います。 これは、ピンキリになってしまうので、一概には言えない部分があります。 掲示する駅にもよるし、掲示する期間にもよるし、デジタルなのか?アナログなのか?でも、金額が変わってきます。 路線によっても、結構変動があります。 参考として、この社内広告の小さいサイズのポスタータイプの掲示は、1か月約3万円程度になるそうです。 スポンサーリンク ジュネセンイル看板の場所! 地下鉄2・6号線の합정(合井)駅、改札を出て、1・2番出口側に1つ。 3・4番出口側に1つ。 計2枚のセンイルポスターがあります。 下記のデザインは、3・4番出口側。 こちらのデザインは、1・2番出口側になります。 photo by JUNEST&JU-NE Lovers Society お願いした会社は、こちら。 センイル看板巡りをする側ばかりだったのですが、これからセンイル看板を見方が変わりそうです(笑).

次の

【2019・大阪】BTSテテ(キムテヒョン・V)のセンイル・カップホルダー情報

センイル広告 場所

konest. html? グループに対する熱が物凄いK-POPファンたちは、よく記念日をお祝いします。 イベント告知広告 K-POPのライブイベントなどがある時に広告します。 ただ実際には、圧倒的にお誕生日広告と周年記念日広告が多いのが現状です。 この応援広告で最も驚きなのが、 広告代金は、法人などではなく、一般のファンたちがファングループの中でお金を出し合って広告をすることです。 (もちろん企業が出す場合もあります) 通常広告は、営利目的で企業が出すことが多いですが、この応援広告の場合は営利目的ではなく、 「このK-POPアイドルをもっと有名にしたい!」とか「お誕生日に何かできることをしてあげたい」というファンの心理で広告を打ちます。 そのためか、WEBなどの広告で実質的な数字データを求めるよりも、とにかく広く目立つ広告が好まれます。 応援広告の主な広告手法 応援広告の主な広告手法は下記の3つがあります• 大型ビジョン広告• 駅構内でのポスター広告• コーヒーカップフォルダー広告• ラッピングバスなど宣伝カー広告 などです。 これらを順に説明していきます。 ここで放映される場合は、通りがかりの人や放映予定を知ったファンたちがユニカビジョンの前に来て、放映の様子を写真や動画で撮影してシェアしているのをよく見かけます。 駅構内でのポスター広告 韓国ではセンイル広告と言われている この応援広告は、韓国ではセンイル広告と呼ばれています。 もし韓国旅行に行かれる場合は、 韓国国内の駅やバス停、ビルなどに注目してみてください。 きっとアイドルの写真を中心にメッセージが添えられた広告を目にするはずです。 それがセンイル広告です。 またカフェなどでも、そのアイドルのカップフォルダーが配られていたりして、ファンはそのカップフォルダーを集めたり、またそのカフェに貼られてあるアイドルのポスターと一緒に写真をとるために、カフェ巡りをしていることもよくあります。 日本であれば日本屈指のコリアンタウン新大久保や東京新宿のユニカビジョンなどでもこのアイドルを応援するための広告を目にすることがたくさんあると思います。 下の写真が韓国国内の駅構内でのセンイル広告です。 調査したところ、どうやら韓国のアイドルを国民がプロデュースするという番組が影響を与えているようです。 その番組名は、 プロデュース101です。 PRODUCE 101とは PRODUCE101とは、 韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された公開オーディション番組であり、過去にはI. OI、Wanna One、X1など、K-POP好きなら誰でも知っているスターを生み出しています。 この番組の仕組みは、 様々な事務所に所属する101人の練習生が参加して、韓国の視聴者(国民プロデューサー)による投票でプロデビューが決まるというまさにサバイバルオーディション番組なのです。 驚くことに投票するためには、 1投票あたり10円を国民プロデューサーが支払うことになっており、専用サイトやSMSを通じてみんな投票を行っています。 公式サイトで推しメンを選んで、投票 Produce 101公式サイトで自分がプロデュースしたい人を選んで投票するやり方です。 投票は期間が定められていて、一定期間がすぎると募集終了します。 SMSを使って、投票 またSMSで「 0011」の番号に、自分の推しメンを記入して、投票することもできるそうです。 すると、携帯料金から自動的に1投票あたり10円が課金されるのだそう。 そんな仕組みがSMSを使ってできるとは知りませんでした。 PRODUCE 101 JAPANも公開中 補足になりますが、実は日本版も存在しており、ナインティナインが司会を勤めています。 応援広告の種類を決める(ビジョン広告、カップフォルダー広告など)• 広告代理店に問い合わせして、素材など審査• 素材が広告に使用して問題ないものであれば、本申込• 広告代理店に支払い• 広告放映 問い合わせする広告代理店にもよりますが、基本的に1ヶ月前には申し込みをして、素材審査を受けておいた方がいいです。 素材によっては、審査に受からず、また広告素材を作り直す必要があります。 理由は誕生日広告などがメインであり、一つの広告で 2-3日間が平均です。 もちろん一ヶ月などに渡り広告することもできますが、広告代金も高いので、そこはお財布事情と相談しながらみなさん決められているようです。 平均は30万円くらいですが、期間によって大幅に違います。 1日だけだと、だいたい10万円-20万円くらいで広告を打つことができます。 駅構内だと場所によって、かなり差があるようで、 10万から200万とこれも様々です。 下記のサイトで駅構内の広告金額を調べることができますので、興味がある方はぜひご覧ください。 コーヒーカップフォルダーの場合は、だいたい10万から50万程度が相場です。 この場合印刷代金、配送費用などもかかってきます。 ラッピングバスなど宣伝カーは、バス丸ごとラッピングする場合は120万以上かかる場合が多いようですが、 バスや車の一部での広告だと10万ぐらいから出せる場合もあるそうです。 応援広告ならセンイル広告エージェンシーJAPANがおすすめ! ここまでの記事で、応援広告やセンイル広告とは一体何なのかだいたいつかめましたでしょうか? 仮に広告を考えているなら、弊社も大型ビジョンなどの代理を行うことができます! また応援広告関連であれば弊社も知っているセンイル広告エージェンシーJAPANをおすすめします。

次の