あっぱれさんま大先生。 あっぱれさんま大先生とは

「あっぱれさんま大先生」に出演していた子役の現在の活躍がすごい!

あっぱれさんま大先生

あっぱれミニ同窓会 あっぱれミニ同窓会 2006/12/24 12/24放送の「あっぱれ!さんま大教授」は初期メンバーのミニ同窓会でした。 前回の同窓会は99年の4月です。 その後も何人かはあっぱれ裁判シリーズの時に「陪審員」として出演していましたが、 それ以来の子や同窓会に出てない子も見ることができました。 出来れば全員の顔も見たかったのですが、レギュラー放送枠では無理かな・・。 出演・・・山崎裕太、内山信二、中武佳奈子、住吉ちほ、矢川菜穂美 (以下はVTR出演) 高橋章久、福長康一、増川浩行(ブランド)、柴崎善紀(バイオリン) 番組のコーナー、「気になること」ということで、 佳奈子が取り上げたのは、「『ブランド』が気になる」でした。 佳奈子、「これね、合コンで会って」 「え〜」「うそぉ」 佳奈子、「大学のときに、『超金持ちの相手が来るからお金出さなくていいし、 ただで飲み食いできるから来て』って言われて行ったんですよ。 そしたら、どっかで見たことあるなあと思ってて、 『もしかしてすいません。 あっぱれさんま大先生出てた方じゃないですかねえ?』って言って。 で、向こうは『あ、昔は』みたいな感じで(笑)」 内山、「気づくでしょ、向こうが」 佳奈子、「いや、気づかなかったか何かで」 裕太、「いや、わざとだよ」 さんま先生、「ブランドのちいちゃい頃の性格からすると、気づかないふりをするタイプやからな」 佳奈子、「みんな最後帰るってなって、私お金なかったんですよ。 で、深夜回ってたし、電車もないからって言ったら、お金貸してくれたの、タクシー代を」 裕太、「貸してくれたの?」 佳奈子、「そう、ていうかくれたの」 内山、「いくらもらったの?」 佳奈子、「3万」 「え〜」 裕太、「どこ住んでんだよ」 さんま先生、「どこのキャバクラや?、お前は」(笑) 内山、「さんまさんでも1万だよ」 さんま先生、「強調するな(笑)。 出そう思ったら出せんねん!」 佳奈子、「出してくれて、私はそのままファミレスに居て、 その3万はもらったままなんだけど(笑)。 がめった」 さんま先生、「そのがめつい選択は小さい頃からそやったよね」(笑) 佳奈子、「(笑)変わってない」 さんま先生、「ブランド、何やっとんの?」 佳奈子、「その時は弁護士の卵みたいなことを言ってたの」 そしてブランド君の今、ということでスタッフがブランド君の家を訪ねます。 チャイムを鳴らすと、犬を抱いて登場。 ブランド、「こんにちは。 どうぞ」 内山、「変わってないなあ」 ブランド、「お久しぶりです。 ブランドです。 えー、僕は25歳になりまして、 大手町の人材系の会社で働いております」 Q、「佳奈子ちゃんと『合コン』した事を覚えてますか?」 ブランド、「あまり覚えてないのが正直なところです。 その当時、ちょっと豪華な合コンとか凝ってた頃もあったのかなあという感じはしました。 基本的に女の子に優しくするのは昔から変わらないことなので、 合コンでも女の子に割り勘とか、そういうことはあまりしてないかなというのが正直なところです」 Q、「さんま先生へ一言!」 ブランド、「さんま先生にはすごくお世話になって、いい男に磨いていただいたような気がします」 さんま先生、「あー、変わったといや変わったけど、変わってないといえば変わってない」 ちほ、「あのまんま(子供の頃)って言われたらそんな感じ。 なりそうな大人、あんな感じに」 さんま先生、「モテるやろな。 何か東京っぽい」 裕太、「いやぁ、モテないでしょう」 さんま先生、「いやいや、こういう男ってモテるよ」 内山、「そう、何だかんだ言って1番モテんのはああいうタイプなんですよ」 その他のメンバーについても「卒業生からのビデオレター」ということで紹介されます。 まずは「バイオリン」こと柴崎善紀君から。 以前、番組でバイオリンを弾いているシーンが流されます。 そして今現在のバイオリン君がバイオリンを弾きながら登場。 佳奈子、「すごーい。 かっこいい」 ちほ、「うん、かっこいい」 さんま先生、「かっこええな」 バイオリン、「ご無沙汰しております。 バイオリンです。 はたちで今大学生です。 あっぱれ学園を卒業して10年経ちますけど、まだバイオリンは続けてます」 さんま先生、「バイオリンがこんなかっこよくなるとは思わへんかったなあ」 バイオリン、「あの時から変わったことといったら、ほんの少しだけバイオリンがうまくなりました」 次は福長君です。 自分の部屋からでしょうか、バスケットボールを持ち、ニット帽を被って座っています。 福長、「どうも、お久しぶりです。 福長康一、24歳になりました。 えー、最近私はサラリーマンになりまして、まずこの歳になって、昔は泣き虫でしたが、 さすがに泣くこともなくなりまして。 まだ彼女がいない、というよりも、 24年間まだ彼女が実はおりませんでして」 「え〜」 福長、「誰が呼んだか『アジアの純真』と、地元の友達からは言われております(笑)。 亜由美ちゃんは今どうなさってるんですかねえ?。 あの時(あっぱれの最終回)、 『友達から』と言われてから何も音沙汰もなく、えー、今日この頃に至っております」 ということで、次は亜由美ちゃん。 ラジオ局のスタジオですね。 亜由美、「午前1時を回りました。 彼女はそこで深夜番組のパーソナリティーをしています。 亜由美、「今年の3月で25歳になりました」 Q、「その後福長君とは?」 亜由美、「あの時は苦し紛れに出た言葉がそれしか思いつかなかったので、 それを今更言われてもちょっと(笑)困るんですけど」 Q、「『アラブの石油王』と呼ばれていたお父さんは?」 亜由美、「白髪まじりになってきてますけど」と、現在のお父さんの写真を見せます。 「昔よくハイネックを着てるっていう話をあっぱれの中でしてたんですけど、 全然服装も変わらないし、元気でやってます」 次は章久です。 そして現在の本人が登場。 どこかの公園でしょうか。 スーツ姿です。 また変身しました(笑)。 章久、「ご無沙汰してます。 章久です。 今の年齢は23です。 あれから10年以上も経つんですね。 感慨深いもんです」 さんま先生、「章久?」 佳奈子、「全然違う」 章久、「どうにか就職できまして、今働いております。 当時を振り返って思うことなんですけど、 まあ、実を言うと昔の自分の考えがよく分からないっていうところがありますね」 Q、「あっぱれメンバーへ一言!」 章久、「裕太君にはいろいろと苦労かけさせちゃって、ほんとに申し訳なかったなあという話ですね。 いやぁ、すいませんでした(ペコリ)」 さんま先生、「はぁ〜、しっかりしてる」 裕太、「今泣きそうだったもん」 章久、「みなさんも、今後とも元気で活躍してってください。 以上、高橋章久でした」 次はナオミです。 自宅からです。 壁にさんま先生と気恵ちゃんと3人で写っている写真が飾ってあります。 ナオミ、「みなさんこんにちは。 ナオミです。 今24歳になりました。 去年の3月に結婚しまして、『やがわなおみ』から『いまむらなおみ』に変わりました。 まさか、ちほちゃんや佳奈ちゃんよりも先に結婚するとは思ってもみませんでした」 ちほ、「めっちゃむかつくコメントやね、これは」(笑) ナオミ、「あと、もう1つご報告があります。 今日はスタジオに遊びに行きたいと思っております」 斉藤アナ、「ということで、今日は結婚されたナオミちゃんが遊びに来てくれました。 ナオミちゃんどうぞ!」 そしてナオミがスタジオに。 子供を抱いています。 「赤ちゃんいる!」「かわいい!」「いいなあ!」 さんま先生、「(笑)子供がいる。 お母さんになった人いたんだ、あっぱれで」 さんま先生、「何、いくつなの?、彼女」 ナオミ、「あ、カノジョじゃなくてボクなんです」 10ヶ月だそうです。 裕太、「ヤバイでしょ?、さんまさん。 もうかわいいでしょ。 自分の孫のように」 さんま先生、「(笑)孫、孫」(笑) さんま先生、「章久があんなにしっかり」 ちほ、「ねえ、ほんとに」 佳奈子、「びっくり」 さんま先生、「俺、1番章久のこと心配していたんです、実は」 斉藤アナ、「コンピューター会社に勤めているという」 内山、「ちょっと久々にさんまさんが目がウルッてしたとこ見ましたよ。 卒業式以来にウルッと見ました」 さんま先生、「びっくりしたもん」 裕太、「いや、あれきますよね。 俺だってきますよ・・・ちょっと僕もあれですよ。 何て言ったらいいかわかんないですけど、ねえ、感動しましたよ」 さんま先生、「あの宇宙の話は忘れもせえへんねえ」 内山、「このあとみんなね、こうやって結婚して子供生まれて、 その今度子供たちでさんまさんがあっぱれさんま大先生やったらすごいですよね。 で、僕らが父親参観で参加するっていう」 佳奈子、「すごーい!」 内山、「最高じゃないですか」 さんま先生、「おまえらもそしたらな、子供生んでもええけど、面白く育てえ。 大体ノウハウわかってるやろ」(笑) 裕太、「ウチらの母親、僕らを面白く育ててませんから」(笑) さんま先生、「うわ、すごいなあ」と言い、ナオミの子供のほっぺを触ります。 「君、ちょっと暴れすぎ」(笑) 裕太、「ね、さすがナオミちゃんの子供ですよね。 こんだけ動いてんのに一言もしゃべんない」(笑) 内山が気になる人は番組でたびたび登場した空手の椎名先生です。 現在はベトナムのハワイでナショナルチームの監督をしてるそうです。 Q、「当時の内山君の思い出は?」 椎名、「股裂きや体操などでベソかいているときに、『もうダメだ!』と本人が言っているときに、 スタッフが『何かおいしいもん食べに行くぞ』って言うと、すぐニコッて笑って元気が出ると、 あれがすごく印象に残っております。 」 Q、「当時の裕太君の思い出は?」 椎名、「裕太はそういうことがなくて、ベソかいたりすることもしないで、 子供ながらに責任感というかそういうものを持ってるんだなと、そういう風に感じてます。 」 Q、「内山君が今なら椎名先生に勝てると言ってるんですが?」 椎名、「どのくらい体が柔らかくなったのか、ちょっとチェックしてみたいですね。 日本に帰ったら、いつもの道場で会いましょう」 内山、「いやぁ、変わってないですね」 斉藤アナ、「現在45歳」 裕太、「勝てるわけないよ」 内山、「まあお礼がてら会いたいなと思うんで」 さんま先生、「いやぁここまで会おうったら、それはテレビの前の人も真剣勝負をいっぺん見てみたいんやと」 裕太、「わかったわかった。 じゃあ僕付いていきますよ、とりあえず」 内山、「(笑)いゃ、ほんとにやるんですか?」 さんま先生、「おまえ仕事とんのうまくなったわ。 もう1本これ入るやないか」(笑) 次はみんなからさんま先生へのクリスマスプレゼントです。 さんま先生、「俺はおまえらにちいちゃい頃からまともな贈りもんは全部いらんて教えてあるはずやからな」 佳奈子、「えー、ヤバイんだけど」 内山、「時間あったらもう1回東急ハンズ行きたいんだけど」 まずちほから。 赤の紙袋に入っています。 ちほ、「うれしいでしょ。 温めてたプレゼントです」 白の海水パンツです。 前の部分にサンマの絵が描いてあります(手描きだそうです) さんま先生、「海水パンツは非常に有難いんやけど、ここに手描きで描くな!」(笑) 次は佳奈子です。 さんま先生、「佳奈ちゃんは何をプレゼントしてくれるの?」 佳奈子、「カクテルです」 さんま先生、「おまえバーテンダーやってる言うてたもんなあ」 佳奈子、シェイクしながら「かわいくない?」と聞きますが、 さんま先生、「かわいくない、かわいくない」 出来上がったカクテルのタイトルは「誘惑」だそうです。 さんま先生、「うん、うまいうまい」 佳奈子、「いくら出します?」 さんま先生、「500円ぐらいやなあ」 佳奈子、「1500円で出してるんですよ(笑)。 500円の価値しかないんだ、これ」 内山はすでにお皿にのせてますね。 内山、「これ、リンゴパイを持って来ました・・ 青森にロケ行ったときに見つけてきたんですけど。 おいしいですよね?」 さんま先生、「まずくはない」 内山、「別にそこおいしいでいいじゃないですか」(笑) さんま先生、「タレントがコメントすんのが、おいしいって言わなきゃいけないように言うのが俺いやなの」 内山、「いや、それ言わなきゃだめなんですよ(笑)。 さんまさん、何年この世界にいるんですか。 何でこれにしたかといいますと、りんごっていうのは脳を活性化させる物質が入ってるんですよね。 そのことによって記憶力がよくなるらしいんですよ。 なぜこれを持って来たかといいますと、 さんまさん僕が小学校4年生のときに、 『おまえ誕生日か?。 だったらマイケルジョーダンのサインやるわ。 サイン入りのバッシ(靴)をあげるわ』って言って以来ずっと僕待ってるんですけど」 さんま先生、「おまえ待ち過ぎ(笑)。 あの、だから持ってきてあげるわ、明日でも」 内山、「明日って会わないじゃないですか」(笑) 裕太です。 「メリークリスマス」 さんま先生、「お前は何を?」 裕太、「みなさんほんとにいろいろ考えてきてましたけど、ダメですね。 クリスマスプレゼントじゃないじゃないですか。 一生残りますから。 長澤まさみ2007年ポスターです」 さんま先生、「おまえが俺を1番わかってる」(笑) 裕太、「これ、トイレにでも飾って毎日会ってくださいね」 さんま先生、「ひょっとしたらね、裕太、一緒にドラマやるかわからへんのや」 裕太、「あ、本当ですか?。 どう広げたらいいんですか?、僕は(笑)。 僕も出る?」 さんま先生、「いや、おまえは出えへん出えへん」(笑) 裕太、「僕は来年1月から月9出ますから、ぜひ見てください」 さんま先生、「で、俺は?」 裕太、「えっ、いや出ないです」(笑).

次の

初期のあっぱれさんま大先生に出演していた鳴海晃司(むしくん)くんは、現在...

あっぱれさんま大先生

やっぱりさんま大先生 ジャンル 出演者 ほか オープニング 「スマイルくん」 エンディング 「」 製作 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 開始から1996年9月まで 放送期間 - 1996年 放送時間 日曜 13:00 - 13:30 放送分 30分 1996年10月から1997年9月まで 放送期間 1996年 - 放送時間 日曜 13:25 - 13:55 放送分 30分 1997年10月から最終回まで 放送期間 1997年 - 放送時間 日曜 13:00 - 13:30 放送分 30分 特記事項: ナレーション: 『 やっぱりさんま大先生』(やっぱりさんまだいせんせい)は、で放送されていた制作のである。 『』(第1期)の終了後、番組名と生徒を変え、からまでの4年間にわたって放送された。 概要 [ ] MCである先生役のと生徒役の子供タレントたちによるバラエティ番組。 前身の『あっぱれさんま大先生』が持っていた「さんまと子供たちの絡み」という基本コンセプトはそのままに、生徒たちをがらりと入れ替え、日曜13:00枠へ再移動してリニューアルしたのが本番組である。 また、『あっぱれ』時代には授業参観や運動会等のスペシャル版でしか登場しなかった生徒たちの母親が、番組中期には子供たちと一緒にレギュラー出演するようになった。 主なコーナー [ ]• トークルーム - さんまと6人の生徒たちによるテーマトークコーナー。 スタジオセットの中央にさんまが座り、その両隣りに生徒たちが3人ずつに分かれて座る。 視聴覚室 - さんまと生徒との1対1での面接形式による対談コーナー。 やっぱり学園野球部 - 野球素人の生徒たちによる練習の模様から対外試合が行われるまでを1年間にわたって放送。 チーム名は視聴者公募抽選で選ばれた「トータス」。 クラスルーム - 『あっぱれ』時代から続くコーナーで、教室形式で進行。 ハイキング - での課外授業や、でのロケ企画などを放送。 授業参観• 敬老の日 - 生徒たちの祖父母が出演。 大裁判 - 生徒たちの両親が陪審員役の生徒たちの前で公開裁判を受ける。 裁判長はさんま。 卒業生大集合 - あっぱれ学園の卒業生たちによる同窓会企画。 後半はやっぱり学園生徒との競演。 ・に放送。 レポート - 生徒たちによる個人レポート。 レポートの内容は街角・競技会・体験レポなど様々。 親子トーク - 生徒たちの母親がレギュラー出演していたコーナー。 ひな壇形式で、左側に母親たちが、右側に生徒たちが座ってのテーマトークが行われていた。 氷上運動会 - で行われたロケ企画。 氷上リンク上で種々のレース等が行われた。 秋の大運動会• 水上運動会 - プールでのロケ企画。 リレーやシンクロなどの様々な競技が行われた。 ザンゲ - 生徒たちによる年末懺悔企画。 生徒の顔には粉が噴射された。 肝試し大会• 生徒出演ミニドラマ - ドラマと称していたが、実際にはさんま監督によるミニコント風のコーナーでもあった。 演目は『男女13人スナック物語』『緊急家族24時』など。 家族対抗歌合戦• クラブ活動 - 忍者部隊クラブ、スケボークラブ、ダンスクラブ等のクラブ活動ロケを実施。 VSさっぱり学園 - 後の第2期『あっぱれ』に出演することになるさっぱり学園生との対抗クイズ合戦。 在籍生徒 [ ] スタッフ [ ]• 構成:、• 技術:• 編集:• MA:• ディレクター:、窪田豊、佐々木宗彦• プロデューサー: テーマ曲 [ ] オープニングテーマ [ ]• スマイルくん(作詞:、作曲:、唄:あっぱれ学園卒業生一同) エンディングテーマ [ ]• (作詞:、作曲:、唄:あっぱれ学園卒業生一同) 備考 [ ]• 第1回放送「やっぱり学園入学式」に参加した生徒数は21人である。 下は幼稚園、最上級生で小学2年生であった。 なお、この第1回放送でやっぱり学園の校長先生なる人物が最初で最後の1回のみ、後ろ姿で登場している。 投手のメジャーリーグ登板と第2回放送が重なり、急遽番組内で生中継されることになった。 番組自体は休止ではなく、スタジオのセットからその模様が衛星中継され、生徒は出演していたがさんまは出演していない。 『』ではスペシャル版で放送されたが、普段の収録と違ってで行う年もあった。 1996年には「やっぱりさんま大先生夢リンスペシャル」として1時間の収録番組を放送、1998年・1999年には生放送でのが小学生のまさひろ君役でゲスト出演した。 番組マスコットは、『あっぱれ』時代の「ワシャガエル」から「マガサス」へ、その後「半助」へと変遷した。 声は一貫して。 番組自体は4年間続いたが、『あっぱれ』の時のような区切りとしての卒業式も無く、一部の生徒は第2期『あっぱれ』に続投出演した。 関連項目 [ ]• (実質的な前後番組) 日曜13:00 - 13:25枠 前番組 番組名 次番組.

次の

あっぱれミニ同窓会

あっぱれさんま大先生

あっぱれさんま大先生 ジャンル 演出 出演者 ほか オープニング 「あっぱれさんま大先生」 エンディング 「ボク知ってるョ」 「」 「未来のドア」 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 月曜時代(第1期) プロデューサー 放送期間 - 放送時間 月曜 19:00 - 19:30 放送分 30分 日曜時代(第1期) プロデューサー 山縣慎司 放送期間 1990年 - 放送時間 日曜 13:00 - 13:30 放送分 30分 木曜時代(第1期) プロデューサー 山縣慎司 放送期間 1995年 - 放送時間 木曜 19:00 - 19:30 放送分 30分 日曜時代(第2期) プロデューサー 放送期間 - 放送時間 日曜 13:00 - 13:30 放送分 30分 さんま大先生が行く! プロデューサー 加茂裕治 放送期間 2003年 - 放送時間 日曜 13:00 - 13:30 放送分 30分 『 あっぱれさんま大先生』(あっぱれさんまだいせんせい)は、で放送された制作の。 および同番組のテーマソングであり、出演者のが歌うシングルのタイトルでもある。 概要 [ ] (先生)と 子供(生徒)たちによるスタジオトークを中心に様々な企画を展開していた番組で、アニメ『』の後番組としてに月曜19:00枠にて放送開始(ほか一部ネット局では異時ネット)。 放送開始から2年後の1990年10月21日に日曜13:00枠へ移動し、さらにそれから4年半後の1995年4月27日に『』の枠縮小を受けて木曜19:00枠へ移動したが、放送分をもって番組リニューアルのために子供たちを全員卒業させた(第1期終了)。 その後、『 』と改題して日曜13:00枠へ再移動し、同タイトルで2000年3月19日まで放送されたが、同年放送分からは再度『あっぱれさんま大先生』へと戻り、まで放送(第2期)。 その翌週の10月26日からは内容を大幅にリニューアルし、『 さんま大先生が行く! 』というタイトルで放送された。 それまではさんまがで子供たちとトークをする方式だったが、同番組ではさんまが各地のへ行くという方式に改められた。 2004年11月7日に放送を開始した『 』では、それまでの「 子供たちとの絡み」を中心としてきた内容を改めた。 以後は毎回テーマを設定し、それに関する調査を基にゲストを招いてトークするという内容で放送された。 主なコーナー [ ]• あっぱれ相談室• あっぱれホームルーム• あっぱれ隊が行く• あっぱれ教室• あっぱれニュースデスク• あっぱれスポーツ• ほか 主な出演者 [ ] ()内はその後の活動内容および補足事項。 卒業生 [ ] オーディションで落選した有名人 [ ]• (女優)• (女優)• (タレント)• (俳優)• (女優)• (声優)• (俳優)• (女優、前田愛の妹)• 他 ワシャガエル(アニメキャラクター)の声 [ ]• スタッフ [ ] 第1期(1988年 - 1996年) [ ]• 構成:、皆の笑い者達、• 音楽:• 振付:• プロデューサー:• ディレクター:、窪田豊、、佐々木宗彦 第2期(2000年 - 2003年) [ ]• プロデューサー:• ディレクター:三宅恵介、窪田豊 テーマ曲 [ ] オープニングテーマ [ ]• あっぱれさんま大先生(作詞:3chanとみんな、作曲:6chan、唄:3chan) エンディングテーマ [ ]• ボク知ってるョ(作詞:Cchan、作曲:Kchan、唄:4chan)• (作詞:、作曲:、唄:あっぱれ学園生徒一同)• 未来のドア(作詞:天野磁、作曲:、唄:あっぱれ学園生徒一同)• 夏休み冬休み春休み(作詞:天野磁、作曲:、唄:あっぱれ学園生徒一同) CD [ ] ミニアルバム [ ]• あっぱれさんま大先生キャンパスソング集(1992年12月2日)• あっぱれさんま大先生キャンパスソング集~笑顔の季節~(1996年2月21日) シングル [ ]• あっぱれさんま大先生(1988年12月28日)• 夏休み冬休み春休み(1993年2月19日) 記念樹事件 [ ] 詳細は「」を参照 エンディングテーマの「記念樹」が、それより前に書かれた「」(作詞・作曲:)と類似したメロディだとして裁判になった。 小林側は、訴訟提起中にもかかわらず「記念樹」を流したとしてフジテレビを提訴。 裁判は小林の勝訴で確定し、フジテレビは以後「記念樹」を番組で使わないことを確約した。 結果、同曲は2002年9月8日放送分から流れなくなった。 備考 [ ]• 関西テレビ2013年8月3日・フジテレビ8月17日放送分の『』(ゲストは中村勘九郎・兄弟)でさんまが語った内容によると、本番組(特に「あっぱれ相談室」コーナー)のヒントは、兄弟の父親でありさんまの親友であったが6歳の頃(当時は五代目勘九郎)にと共演していたラジオ番組『勘九郎・のり平の大人の幼稚園』(1961年、)であったという。 また、本番組卒業生の前田愛が勘九郎と結婚したことについて、さんまは不思議な巡り合わせに「気持ち悪いわぁ」とコメントした。 1995年4月からの木曜時代にはと重なることが多く、その際には本番組の放送は休止にされていたが、その一方で野球が雨天中止になった場合に備え、「あっぱれ雨の特別企画」という企画の収録も行われていた。 しかし、雨天中止になったことは一度も無く、この企画の収録分はとなった。 第1期の放送が1996年3月に終了して以来、さんまをメインに据えたフジテレビ制作のゴールデンタイムのレギュラー番組は長年存在しなかった(枠では1999年10月から2001年9月まで『』が、2001年10月から2002年3月まで『』が放送されていた)が、2010年10月に同じくさんまが司会を務める『』が月曜23時枠(『』枠)から水曜21時枠へ移動した。 これにより、さんまは14年7か月ぶりにフジテレビのゴールデンタイムに復帰した。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 2013年8月3日付• デイリースポーツ 2013年8月3日付 月曜19:00枠(1988年11月 - 1990年9月) 前番組 番組名 次番組• (1987年 - )• (1987年)• (1987年 - 1993年・1996年)• (1987年 - 2000年)• (1988年 - 1989年)• (1990年 - 1992年・1996年 - 2003年・2005年 - 2007年・2017年・2020年 - )• (1987年 - 1990年・1992年 - 1996年・1998年 - 2001年・2004年 - 2013年)• (1990年 - 1992年)• (1991年)• (1992年 - 1995年・2019年)• (1992年 - 1994年)• (1996年・1998年 - 1999年)• (1992年 - 1994年)• (1992年)• (1994年)• (1994年)• (1995年・1997年・2009年)• (1995年)• (1995年・1997年・2002年 - 2006年、2011年 - )• (1997年)• (1997年 - 1998年)• (1998年 - 2004年)• (1998年)• (1998年)• (1998年・2001年・2004年 - 2005年・2008年 - 2015年)• (1998年 - 2000年・2007年・2011年 - 2014年)• (2000年・2007年)• (2001年 - 2007年・2011年 - 2012年・2015年)• (2001年 - 2003年・2006年)• (2001年 - 2003年・2005年)• (2001年)• (2002年)• (2003年)• (2004年・2011年 - 2012年・2015年)• (2004年・2008年 - 2012年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• (2006年)• (2006年 - 2012年・2016年)• (2006年 - 2011年)• (2006年 - 2007年)• (2008年・2014年)• (2008年・2019年)• (2008年 - 2010年)• (2009年 - 2010年)• (2009年 - 2012年)• (2009年 - 2010年)• (2011年 - 2013年・2016年 - 2018年)• (2011年 - 2013年)• (2011年)• (2011年)• (2011年・2015年)• (2011年)• (2012年)• (2011年 - 2012年)• (2011年 - )• (2012年・2014年)• (2012年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2014年・2016年)• (2015年)• (2016年 - )• (2016年 - 2018年)• (2016年)• (2016年)• (2016年 - 2017年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年 - )• (2017年 - )• (2018年 - )• (2019年) スピンオフ.

次の