アシュリー コール。 セガ、『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』で「ポール・スコールズ」「アシュリー・コール」がスカウトに登場!

アシュリー・コールとは

アシュリー コール

国内リーグ戦に限る。 2019年8月14日現在。 現役時代のポジョションは。 全盛期は「 世界最高の左サイドバック」との呼び声も高かった。 経歴 [編集 ] 生い立ち〜クラブ [編集 ] 母は白人、父はからの移民。 歌手のと親戚関係にある。 地元の下部組織に加入し、クリスタル・パレスにレンタル移籍した後、アーセナルに復帰。 持ち前の突破力と的確なクロスでレギュラーを掴み、2001-02シーズンにはプレミアリーグとFAカップでそれぞれ優勝を収めた。 その後、2003-04シーズンの無敗優勝にも貢献し「世界最高の左サイドバック」と言われるほど評価を高めていく。 加入した序盤はあまり馴染めずにいたものの、徐々に順応していった。 2008-09シーズンはウェイン・ブリッジが移籍した事もあり、代えの利かないサイドバック選手として活躍し、プレーヤーズ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。 2009-10シーズンは中盤戦に負傷離脱もあったが終盤に復帰。 チームメートのアネルカと共に異なる2つのチームでプレミアリーグとFAカップの二冠を経験した史上初の選手となり、またFAカップ史上最多である6度目の優勝を果たした(アーセナルで3度、チェルシーで3度)。 ファン投票による2010年度のイングランド・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー 2010の最優秀選手に選出された。 2011-12シーズンにFAカップとUEFAチャンピオンズリーグの二冠を達成。 2013-14シーズンは恩師が復帰するも、自身の負傷もありにポジションを奪われた。 シーズン終了後の2014年5月、自身のTwitterで退団を明言した。 2014年7月、に自由契約で加入決定。 契約は2年間。 ASローマの歴史上初のイングランド人選手となった。 しかし、セリエAの環境になじめず、2015-16シーズン開幕前は、背番号3番を剥奪され、新加入のにつけられるという屈辱を味わった。 2016年1月に契約を解除し、正式に退団。 2016年1月に、イングランド代表のチームメイトのの所属するに加入決定。 2018年1月にロサンゼルス・ギャラクシーとの契約を1年間延長した。 2019年1月21日、とシーズン終了までの契約を結んだ。 なおダービーの監督はチェルシーやイングランド代表でチームメイトであった。 同年6月3日、ダービーは契約を更新しないことを発表し、退団。 2019年8月18日、プロ生活20年目を節目に現役引退を発表した。 代表 [編集 ] クラブでの活躍が認められ、の戦でイングランド代表デビューを果たし、2002年の日韓W杯では5試合に出場した。 これまでにワールドカップ3大会、EURO2大会に出場している。 2月6日のイングランド対ブラジル戦で代表史上7人目の100試合出場達成した。 5月、のメンバー発表前に監督から選外の連絡を受け、自身ので代表引退を表明した。 現役引退後 [編集 ] 2019年10月17日、古巣チェルシーのU-15チームのコーチに就任、今後は指導者を目指すことを発表した。 個人成績 [編集 ] クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ その他 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 1999-00 1 0 0 0 1 0 0 0 — 2 0 2000-01 17 3 6 0 1 0 9 0 — 33 3 2001-02 29 2 4 0 0 0 7 0 — 40 2 2002-03 31 1 3 0 0 0 9 0 1 0 44 1 2003-04 32 0 4 0 1 0 9 1 1 0 47 1 2004-05 35 2 3 0 0 0 8 0 1 0 47 2 2005-06 11 0 0 0 0 0 3 0 1 0 15 0 通算 156 8 20 0 3 0 45 1 4 0 228 9 loan 1999-00 14 1 0 0 0 0 — — 14 1 2006-07 23 0 5 0 3 0 9 0 0 0 40 0 2007-08 27 1 1 0 2 0 10 0 1 0 41 1 2008-09 34 1 7 0 0 0 8 0 — 49 1 2009-10 27 4 2 0 1 0 4 0 1 0 35 4 2010-11 38 0 2 0 0 0 7 0 1 0 48 0 2011-12 32 0 4 0 0 0 12 0 — 48 0 2012-13 31 1 5 0 3 0 8 0 4 0 51 1 2013-14 1 0 2 0 1 0 5 0 1 0 26 0 通算 229 7 28 0 10 0 63 0 8 0 338 7 2014-15 11 0 2 0 — 3 0 — 16 0 2015-16 0 0 0 0 — 0 0 — 0 0 通算 11 0 2 0 — 3 0 — 16 0 2016 29 1 2 0 — 1 0 — 32 1 2017 29 1 1 0 — 0 0 — 30 1 2018 31 1 1 0 — 0 0 — 32 1 通算 89 3 4 0 — 1 0 — 94 3 2018-19 9 0 1 1 0 0 — 2 0 12 1 総通算 508 19 55 1 13 0 112 1 14 0 702 21 試合数 [編集 ] 国際Aマッチ 107試合 0得点(2001年-2014年) 年 出場 得点 2001 7 0 2002 9 0 2003 7 0 2004 13 0 2005 8 0 2006 13 0 2007 4 0 2008 7 0 2009 9 0 2010 9 0 2011 7 0 2012 6 0 2013 7 0 2014 1 0 通算 107 0 私生活 [編集 ] 後にイギリスの人気アイドルグループ、のと2年の付き合いの末に結婚したが、2010年5月に離婚した。 タイトル [編集 ] クラブ アーセナルFC• 2001-02, 2003-04• 2001-02, 2002-03, 2004-05• 2002, 2004 チェルシーFC• 2009-10• 2006-07, 2008-09, 2009-10, 2011-12• 2006-07• 2009• 2011-12• 2012-13 脚注 [編集 ]• 2013年6月8日閲覧。 England Football Online. Goal. com 2010年10月12日. 2019年8月19日閲覧。 The Independent 2006年6月24日. 2010年6月19日閲覧。 dailystar. 2010年6月19日閲覧。 Official Website of the Rams 2019年1月26日• 2013年8月14日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月4日閲覧。 Goal. 2014年5月12日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - Soccerbase.

次の

なぜアーセナルを捨てたのか Aコールが教える「禁断移籍」のワケ

アシュリー コール

選手データ検索 このページではウイニングイレブン2014の攻略には欠かせない選手データの検索ができます。 検索したい選手名を入力するか、さらに細かく検索する場合は「詳細検索」ボタンをクリックすると全能力値で検索ができます。 ポジション、プレイスタイル、スキルは「AND」の場合は選択したものをすべて所持している選手、「OR」の場合はいずれかを所持している選手が対象になります。 UPボタン ウイニングイレブン2014選手人気ランキングも兼ねていますので、お気に入りの選手がいる場合は「UPボタン」をクリックするとその選手に投票できます。 また、MLでおすすめの選手、MLOでおすすめの選手に投票したり、コメントが残せます。 選手データについて 選手データはアップデート等により実際のデータとは若干異なる場合があります。 また、一部データが欠落している選手等がいる場合がありますのでご了承ください。 04) 試合終了間際に値千金の勝ち越しゴール!クライファート (2002. 16) ハットトリック達… 06月29日 17:48 アーセナルの「アイコニックモーメントシリーズ」登場中🔥 ダービーでニアサイドをぶち抜く!トマーシュ ロシツキー 2014. 16 国内カップ戦準決勝で同点ゴール!パトリック ヴィエラ 2001.

次の

アシュリー・コール:チェルシーの真のレジェンド

アシュリー コール

元イングランド代表DFアシュリー・コール(38)が18日、現役引退を発表した。 今後は指導者としての道に進む。 これまでアーセナルやチェルシーなどで活躍してきたA・コールは、今年1月からダービー・カウンティでプレーしていた。 A・コールは、イギリス『スカイスポーツ』の番組内で、「難しい決断になるが、引退する時だ。 次の章に進むことを見据える。 それはきっと指導者への道だ」と話し、引退を正式に発表した。 「幼いころ、私はプロの選手として1試合でもプレーできるとは思っていなかった。 振り返ってみると、ワールドカップに出場し、チャンピオンズリーグでは決勝でプレーした。 幸運なことにプレミアリーグのタイトルも手にした。 それは少年たちの夢でもある」 編集部のおすすめ• 「夢は実現することができた。 今は将来に目を向ける。 偉大な指導者になりたい」 アーセナルユース出身で左サイドバックを主戦場としたA・コールは、1999年に同クラブでトップチームデビュー。 2005-06シーズンまで在籍したアーセナルでは、2003-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝など、2度のリーグタイトルと3度のFAカップなどを獲得。 2006-07シーズンからは8シーズンにわたってチェルシーでプレーし、プレミアリーグ優勝や4度のFAカップ制覇、2011-12シーズンにはチャンピオンズリーグ戴冠を果たした。 その後は、ローマやロサンゼルス・ギャラクシーでもプレーした。 また、2001年にデビューしたイングランド代表としては、通算107キャップを記録。 ワールドカップでは2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会と3大会連続でプレーした。

次の