島田紳助 名言。 島田紳助という面白トークの天才

島田紳助の名言集が心に響く! 〜「恋愛は基本錯覚です」〜

島田紳助 名言

島田紳助はまだ漫才師とデビューする前に売れている漫才師を研究し続けた。 中田ダイマル・ラケット• 横山やすし・西川きよし• 海原千里・万里• 中田カウス・ボタン など、売れている漫才師をお手本にした。 そして紳助が作ったカタチの漫才の原型になったのはB&Bだった。 僕は世に出るためにいっぱいコピーしました。 原型はB&Bは洋七さんです。 洋七さんをパクリました。 でも周りは気が付きませんでした。 洋七さんは気がついて怒ってました。 「パクるなーーーーっ!!」言うてね。 で、オレが言うてん。 「いや、ネタはパクってませんやん。 システムをパクったんですやん。 」 と。 紳助は言った。 なぜ、当時大人気の漫才師B&Bをパクっているのに周りは気づかないのか? 紳助は洋七さんのシステムをパクったことを公言している。 しかし、当時の漫才ブームでまさか紳竜がB&Bと同じだということは誰も気づいていなかった。 そして紳助は気づかれないことも知っていた。 なぜなのか? それは、紳助が漫才を楽しむお客さんは「面白い」か「面白くない」かしか判断しないかという基準をしっかり理解していたからだ。 しかし、一番重要なのはお客さんが「オモロイ!」と思うかどうか。 紳助はその軸をぶらさなかった。 お金を払って舞台を見に来ている客は自分(お客さん自身)のことしか考えていないのをよく知っていたのだ。 成功しているモデルをパクるのが一番結果が出るのが早い 何も知らない業界、何もわからない業界で結果を出そうと思うと一番早く結果を出すためには既に成功しているモデルをパクるのが一番早い。 紳助は事前に戦略をしっかり考えてやっていたために、 竜介とコンビを組んで2年でもうスターになっていた。 それは漫才の中でも本人が語っている。 「まだコンビ組んで2年やのにもうスターやで」と。 トップ営業マンのセールスメソッドを下位の営業マンが学ぶと・・・ 営業マンが多い会社では成績が毎月発表される。 トップ営業マンというのはだいたいいつもトップの地位を君臨していることが多い。 そして下位の営業マンがトップ営業マンのセールスメソッドをそのまま当てはめて営業をすると、 やはり成績が向上することが多い。 上手くいっている人もモデルをパクるだけで劇的に結果が変わりやすいのだ。 一番初めからオリジナリティを出す必要はない 結果がなかなか出にくい人の特徴としていきなり「オリジナリティ」をモロに追求する人がいる。 しかし、どんな達人でも最初からオリジナリティのあるスタイルで成功した人は少ない。 この紳助でも一番最初は自分の思うスタイルではなく、ベタないわゆる正統派と言われる漫才を舞台にかけたと言われている。 つまり、上手くいっている人のモデルをまずはしっかりやることが重要なのだ。 無理にオリジナリティを出そうとしなくても、 特に個人で活動するような芸術やビジネスなどはその人の味が自然と出てくるものだ。 まずはしっかりとお手本をパクろう。 「パクる」と聞けば簡単そうに思うが、「パクる技術」も必要になる 「パクればいい」と聞くと、「な~んだ簡単じゃん」と思う人がたくさんいる。 しかし、パクるというのは実は簡単ではないのだ。 パクる技術というのは実は難しい。 どんな業界にも守破離という流れがある。 空手は師範を見て真似をするし、 グラフィックデザイナーは模写をして修行をするし、 トレースをすることによってWebデザインをすることもあるだろう。 しかし、素人が玄人のモノを全く同じようにコピーするのは至難の業でもある。 それぐらい「パクる技術」というのも必要な力なのだ。 そして、パクる技術が高いか低いかはその分野にいかに興味をもっているかもっていないかが大きく左右するだろう。

次の

島田紳助の名言

島田紳助 名言

島田紳助と31人の女性!愛した女泣いた女 「紳助さんはマスコミに対して、異常なほどの警戒心をふだんから持っていました。 特に女性がらみのスキャンダルについては警戒ぶりもハンパではなかったですね。 お持ち帰りの時はいつもスタッフを動員して厳戒態勢をとっていました」(テレビ局関係者) レギュラー番組では、キャスティングに大きな力を持ち権力を発揮してきた紳助。 「彼がタレントとして成功してきた大きな原動力は金と女です。 これまでも何度か不倫報道があったので、奥さんや家族の手前、マスコミにばれないように誰よりも狡猾(こうかつ)でした。 番組のスタッフを巻き込んでのマスコミ対策も普通でした」(テレビ局関係者) そんな自身の欲望について、とある雑誌のインタビューでこう答えている。 「やはり女の子には下から行かな。 男やったらいくつになってもスキあらばエッチするぞという姿勢は1%でも持ち続けないと(笑)」 そんな紳助の初不倫報道は1989年の渡辺典子と紳助の東京マンションでのお泊まりデートが報じられた。 紳助のトーク番組に渡辺がゲスト出演したことがきっかけで始まったよう。 この不倫報道が原因でマスコミ対策に過敏になったという。 お笑い芸人の中で、早くから司会というポジションを得ていた紳助。 自分の番組にはお気に入りの女性を出演させていたという。 「紳助さんが彼女をよろしくと言えば、プロデューサーは断れない。 逆にあいつ降ろせと言えば、翌週から消えてしまう。 そんな紳助の権力に自分から接近してきた女性も多かった」(別のテレビ局関係者) 単なる司会という立場から番組を自分のお気に入りで固めるために力をふりかざしてきた。 スザンヌについて、こう語っている。 「あった瞬間、この子は売れると思いました。 口で説明するのは難しいけど・・・」 かなりのお気に入りだったようだ。 同じくブレイクした木下優樹菜は、紳助についてこう語っている。 「元気なヤンキーキャラができなくなった時、お前らしさを失わなきゃいいんだと、紳助さんがメールをくれたんです。 読んで泣きました。 まぁいいや、ユキナらしくいこうとふっきれたんです」 木下はこのように感動したようだが、紳助の女へのアプローチは巧妙だった。 紳助に愛された女性 磯野真理子 行列のできる法律相談所で共演。 上原美優 遺書に紳助の名前があった。 大沢あかね ヘキサゴンで10年まで共演。 木下優樹菜 ヘキサゴンで共演。 熊田曜子 2007年に沖縄旅行がばれる。 小林麻耶 2007年、大阪の自身の店でデートがばれる。 里田まい ヘキサゴンで共演。 島崎和歌子 1990年に初共演をしてから司会など共演多数。 鳥谷ひとみ 紳助作詞で歌手デビュー。 スザンヌ ヘキサゴンで共演。 細木美和 芸能界引退後、紳助の経営するバーの店長になる。 (現在はいない) 松下奈緒 2008年に自身の番組で淡路島旅行を企画。 南明菜 ヘキサゴンで共演。 森泉 一番綺麗なのは森ですわと絶賛。 矢口真理 ヘキサゴンで共演。 安田美沙子 ヘキサゴンで共演。 山口もえ ヘキサゴンで共演。 ユンソナ 2006年に共演した番組で付き合ってと口説く。 ヨンア 2010年にスタッフに依頼してアプローチをする。 渡辺典子 1989年に不倫報道された。 和田アキ子 姉貴分と認める存在。 モデル 1994年に東京のマンションで同棲してると報じられる。 レースクイーン 2000年に100通もの不倫メールが報道される。 紳助に泣かされた女性 伊東美咲 渡辺二郎にアバズレとメール。 エド・はるみ 紳助に意見をし、番組を干される。 大島優子 可愛くないねと言われた。 小沢真珠 渡辺二郎のメールでランクとしてはだいぶ下。 大島美幸 2008年に大島を罵倒し、出演部分をカット。 ほしのあき 2008年付き合いが悪いからと紳助に飽きられたと報道される。 細川ふみえ 1994年に番組で日記を公開され大泣き。 吉本興業元社員 紳助に暴行をされ係争。 ほしのあきについても番組で言っていました。 いつ呼び出しても来るって。 ラーメンいくだけでもついてきたと。 愛人だったのか?仕事がほしいから近づいていたのかわかりませんが、紳助の番組にでなくなってから、すっかりテレビで見る機会が減った女性のひとりですね。 伊東美咲については関西のローカル放送で、紳助の友人と伊東美咲のマネージャーも同伴でご飯を食べたことを自慢していました。 島田紳助は番組を私物化していた 「人気モデル・ヨンアも紳助の好みだったというため、スタッフを介して番組に引っ張ろうとしたんです。 最初は出演を拒んでいたんですが、何度かラブコールを送りつけ、いつしか彼女の心をつかんでOKをとりつけました。 2009年スタートの紳助社長のプロデュース大作戦では、紳助の秘書でレギュラー出演するまでになりました。 その前は松下奈緒に番組内で1泊2日の淡路島デートまで企画したんですよ」(テレビ局関係者) 意中の女性を落とすために番組を私物化していた紳助。 さらに無事に出演が成立した後に、交際を求めることすらあったという。 2006年、ユンソナを芸恋リアルの司会に抜擢した。 「あの時は、3ヶ月付き合ってみないかと面と向かって口説いていましたよ。 会見の時なんかも、さりげなく自分から腕を組んでいました」(別の番組スタッフ) テレビ界での権力が増すにつれ、紳助の女性漁りはますますエスカレートしていっという。 矢口真里、安田美沙子、山口もえ、大沢あかね、上原美優も紳助に気に入られて番組に招集された。 2000年には、カリスマレースクィーンを沖縄に誘っている。 その落としの手口は、1ヶ月に100通以上もメールを送っていた。 「毎日メール送ってごめんね。 絵を描いているの?今度教えて。 東京で温泉もいいね。 でも来夏は沖縄いこうよ」 当時、彼女は紳助との交際と不倫も半ば認めていた。 以降、紳助の浮気報道がなかったが、再び2007年に不倫が報じられる。 熊田曜子と紳助が沖縄の高級ホテルで密会したと報じられる。 紳助に気に入られた女性は仕事で共演させてもらえるなど、得することも多かったが、彼に嫌われたタレントは悲惨だったそうです。

次の

[コラム]島田紳助はやっぱ天才!人間関係でストレスを溜めない考え方名言

島田紳助 名言

島田紳助はまだ漫才師とデビューする前に売れている漫才師を研究し続けた。 中田ダイマル・ラケット• 横山やすし・西川きよし• 海原千里・万里• 中田カウス・ボタン など、売れている漫才師をお手本にした。 そして紳助が作ったカタチの漫才の原型になったのはB&Bだった。 僕は世に出るためにいっぱいコピーしました。 原型はB&Bは洋七さんです。 洋七さんをパクリました。 でも周りは気が付きませんでした。 洋七さんは気がついて怒ってました。 「パクるなーーーーっ!!」言うてね。 で、オレが言うてん。 「いや、ネタはパクってませんやん。 システムをパクったんですやん。 」 と。 紳助は言った。 なぜ、当時大人気の漫才師B&Bをパクっているのに周りは気づかないのか? 紳助は洋七さんのシステムをパクったことを公言している。 しかし、当時の漫才ブームでまさか紳竜がB&Bと同じだということは誰も気づいていなかった。 そして紳助は気づかれないことも知っていた。 なぜなのか? それは、紳助が漫才を楽しむお客さんは「面白い」か「面白くない」かしか判断しないかという基準をしっかり理解していたからだ。 しかし、一番重要なのはお客さんが「オモロイ!」と思うかどうか。 紳助はその軸をぶらさなかった。 お金を払って舞台を見に来ている客は自分(お客さん自身)のことしか考えていないのをよく知っていたのだ。 成功しているモデルをパクるのが一番結果が出るのが早い 何も知らない業界、何もわからない業界で結果を出そうと思うと一番早く結果を出すためには既に成功しているモデルをパクるのが一番早い。 紳助は事前に戦略をしっかり考えてやっていたために、 竜介とコンビを組んで2年でもうスターになっていた。 それは漫才の中でも本人が語っている。 「まだコンビ組んで2年やのにもうスターやで」と。 トップ営業マンのセールスメソッドを下位の営業マンが学ぶと・・・ 営業マンが多い会社では成績が毎月発表される。 トップ営業マンというのはだいたいいつもトップの地位を君臨していることが多い。 そして下位の営業マンがトップ営業マンのセールスメソッドをそのまま当てはめて営業をすると、 やはり成績が向上することが多い。 上手くいっている人もモデルをパクるだけで劇的に結果が変わりやすいのだ。 一番初めからオリジナリティを出す必要はない 結果がなかなか出にくい人の特徴としていきなり「オリジナリティ」をモロに追求する人がいる。 しかし、どんな達人でも最初からオリジナリティのあるスタイルで成功した人は少ない。 この紳助でも一番最初は自分の思うスタイルではなく、ベタないわゆる正統派と言われる漫才を舞台にかけたと言われている。 つまり、上手くいっている人のモデルをまずはしっかりやることが重要なのだ。 無理にオリジナリティを出そうとしなくても、 特に個人で活動するような芸術やビジネスなどはその人の味が自然と出てくるものだ。 まずはしっかりとお手本をパクろう。 「パクる」と聞けば簡単そうに思うが、「パクる技術」も必要になる 「パクればいい」と聞くと、「な~んだ簡単じゃん」と思う人がたくさんいる。 しかし、パクるというのは実は簡単ではないのだ。 パクる技術というのは実は難しい。 どんな業界にも守破離という流れがある。 空手は師範を見て真似をするし、 グラフィックデザイナーは模写をして修行をするし、 トレースをすることによってWebデザインをすることもあるだろう。 しかし、素人が玄人のモノを全く同じようにコピーするのは至難の業でもある。 それぐらい「パクる技術」というのも必要な力なのだ。 そして、パクる技術が高いか低いかはその分野にいかに興味をもっているかもっていないかが大きく左右するだろう。

次の