田中 達也 サッカー。 新潟、元日本代表FW田中達也ら3選手の契約満了を発表…今季すでに7人目

田中達也はあの怪我をどう感じているのか……浦和時代からのサッカー人生と生き方を語る

田中 達也 サッカー

国内リーグ戦に限る。 2019年12月7日現在。 ( ) 田中 達也(たなか たつや、 - )は、 出身の。 ・所属。 ポジションは。 経歴 [ ] プロ入り前 [ ] U-15、を経て、2011年にに進学。 2011年から2013年まで3年続けて・にとして登録された。 2011年8月27日、第22節・戦にて途中交代でJリーグ公式戦に初出場した。 特別指定選手時代にはJ2リーグ戦で通算4試合に出場した。 2014年11月27日、翌シーズンからの熊本への新加入が発表された。 奇しくもこの日は、同姓同名の元・の誕生日であったことが話題となった。 ロアッソ熊本・FC岐阜 [ ] 1年目の2015年シーズンは9月13日のJ2第31節・戦にて、後半アディショナルタイムに決勝点となるリーグ戦初得点をマークしたが 、怪我に悩まされたこともあり途中交代の切り札としての起用が多く、リーグ戦での得点はこの試合のみに留まった。 2016年、に。 同年は1得点を記録したがスタメンを確保するには至らなかった。 翌2017年、移籍期間満了により熊本に復帰。 復帰1年目は21試合無得点に終わったものの、2018年シーズンは主に右WBとして開幕からレギュラーポジションを奪取。 「J2屈指の突破力」と称され、熊本の攻撃のキーマンと位置づけられるようになる。 同年は元日本代表FW田中達也の所属するがJ2に降格したこともあり、初めて両者の対戦が実現。 熊本ホームの第7節では新潟の田中に出場機会がなかったものの初対面を果たし 、11月3日に行われた新潟ホームの第40節では2人とも先発出場し揃い踏みが実現。 後半アディショナルタイム、熊本に11試合ぶりの白星を呼び込む決勝ゴールを挙げた。 結果、このシーズンはリーグ戦全42試合に出場し、キャリアハイの9得点を挙げた。 ガンバ大阪 [ ] 2019年、・に完全移籍。 シーズン序盤は出場機会に恵まれなかったが、6月22日の戦、29日の戦と2試合連続でスタメン出場し、松本戦ではの得点をアシストするなど チームの連勝に貢献した。 大分トリニータ [ ] G大阪での出場機会を増やしていた田中であったが、から前年冬に続きオファーを受けると心を動かされ移籍を決断。 7月10日、完全移籍での大分加入が発表された。 大分に選手登録された直後の第20節・戦で早速のポジションでスタメン出場を果たすと、試合には敗れたものの好パフォーマンスを見せそのままスタメンに定着。 第32節・戦にて大分加入後及びJ1初となるゴールを記録した。 所属クラブ [ ]• 1999年 - 2004年 Y-EASTフットボールクラブ• 2005年 - 2007年 U-15• 2008年 - 2010年• 2011年 - 2014年• 2011年 - 2013年 ()• 2015年 - 2018年 ロアッソ熊本• 2016年 (期限付き移籍)• 2019年 - 同年7月• 2019年7月 - 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 34 3 0 - - 3 0 29 1 0 - - 1 0 19 10 1 - 1 1 11 2 34 18 1 - 1 0 19 1 熊本 14 21 0 - 1 0 22 0 42 9 - 1 0 43 9 6 8 0 6 2 1 0 15 2 50 15 1 - - 15 1 11 通算 日本 J1 23 1 6 2 1 0 30 3 日本 J2 95 11 - 4 1 99 12 総通算 118 12 6 2 5 1 129 15• 2011-2013年は(2012年は公式戦出場無し)• Jリーグ初出場 - 2011年8月27日 J2第26節 戦()• 公式戦初得点 - 2015年8月29日 1回戦 戦()• Jリーグ初得点 - 2015年9月13日 J2第31節 戦() 脚注 [ ]• 2019年3月1日. 2019年7月10日閲覧。 プレスリリース , ロアッソ熊本, 2011年8月10日 , 2018年12月26日閲覧。 プレスリリース , , 2012年3月15日 ,• プレスリリース , , 2013年6月14日 ,• 井芹貴志 2015年2月5日. J-Park News. 2018年12月26日閲覧。 プレスリリース , ロアッソ熊本, 2014年11月27日 , 2018年12月26日閲覧。 - スポニチアネックス 2014年11月27日• 日本プロサッカーリーグ 2015年9月13日. 2019年1月16日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2015年12月20日 , 2018年12月26日閲覧。 プレスリリース , ロアッソ熊本, 2016年12月14日 , 2018年11月3日閲覧。 熊本日日新聞. 2018年9月29日. 2018年11月4日閲覧。 サンケイスポーツ. 2018年4月2日. 2018年11月3日閲覧。 ゲキサカ. 2018年11月3日. 2018年11月3日閲覧。 サンケイスポーツ. 2018年12月14日閲覧。 2019年6月29日. 2019年7月12日閲覧。 2019年7月10日. 2019年7月12日閲覧。 2019年7月9日. 2019年7月12日閲覧。 プレスリリース , 大分トリニータ, 2019年7月10日 , 2019年7月10日閲覧。 Football ZONE 2019年7月28日. 2019年12月11日閲覧。 2019年11月23日. 2019年12月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - による選手データ (日本語)•

次の

新潟、元日本代表FW田中達也ら3選手の契約満了を発表…今季すでに7人目

田中 達也 サッカー

元日本代表の田中達也選手(1982年生まれ、アルビレックス新潟所属) 出典: 田中 達也(たなか たつや、1982年11月27日 — )は、日本のプロサッカー選手。 Jリーグ・アルビレックス新潟所属、ポジションはFW(ST、WG、CF)。 山口県周南市出身。 元日本代表。 出典: サッカーで田中達也といえば、まずはこの人 アルビレックス新潟の選手ですね 元代表選手です もともと浦和レッズの選手だよね、ある時期のレッズを象徴する選手だった 鋭いスピードのドリブルが武器で、日本代表でも活躍するのを期待されていたけど、タイミング悪く怪我しちゃってね・・・ でも、今もまだ現役で活躍中です あの目を丸くひん剥いた表情がいいよね 気迫が伝わってくる 浦和レッズ時代の田中達也選手 出典: そして、次の田中達也選手は・・・? 今季大躍進のアタッカー、田中達也選手(1992年生まれ、ロアッソ熊本所属) 出典: 田中 達也(たなか たつや、1992年6月9日 — )は、福岡県出身のサッカー選手。 Jリーグ・ロアッソ熊本所属。 ミニチュアを使って日常のものを別のものに見立てた作品を数多く発表している。 鹿児島県鹿児島市在住。 熊本県生まれ。 熊本県立熊本北高等学校、鹿児島大学教育学部学校教育教員養成課程美術専修デザイン専攻卒業。 鹿児島の制作会社でデザイナーを務めた後、2011年に をスタート。 2017年、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』のタイトルバックを担当。

次の

田中 達也

田中 達也 サッカー

国内リーグ戦に限る。 2019年12月7日現在。 ( ) 田中 達也(たなか たつや、 - )は、 出身の。 ・所属。 ポジションは。 経歴 [ ] プロ入り前 [ ] U-15、を経て、2011年にに進学。 2011年から2013年まで3年続けて・にとして登録された。 2011年8月27日、第22節・戦にて途中交代でJリーグ公式戦に初出場した。 特別指定選手時代にはJ2リーグ戦で通算4試合に出場した。 2014年11月27日、翌シーズンからの熊本への新加入が発表された。 奇しくもこの日は、同姓同名の元・の誕生日であったことが話題となった。 ロアッソ熊本・FC岐阜 [ ] 1年目の2015年シーズンは9月13日のJ2第31節・戦にて、後半アディショナルタイムに決勝点となるリーグ戦初得点をマークしたが 、怪我に悩まされたこともあり途中交代の切り札としての起用が多く、リーグ戦での得点はこの試合のみに留まった。 2016年、に。 同年は1得点を記録したがスタメンを確保するには至らなかった。 翌2017年、移籍期間満了により熊本に復帰。 復帰1年目は21試合無得点に終わったものの、2018年シーズンは主に右WBとして開幕からレギュラーポジションを奪取。 「J2屈指の突破力」と称され、熊本の攻撃のキーマンと位置づけられるようになる。 同年は元日本代表FW田中達也の所属するがJ2に降格したこともあり、初めて両者の対戦が実現。 熊本ホームの第7節では新潟の田中に出場機会がなかったものの初対面を果たし 、11月3日に行われた新潟ホームの第40節では2人とも先発出場し揃い踏みが実現。 後半アディショナルタイム、熊本に11試合ぶりの白星を呼び込む決勝ゴールを挙げた。 結果、このシーズンはリーグ戦全42試合に出場し、キャリアハイの9得点を挙げた。 ガンバ大阪 [ ] 2019年、・に完全移籍。 シーズン序盤は出場機会に恵まれなかったが、6月22日の戦、29日の戦と2試合連続でスタメン出場し、松本戦ではの得点をアシストするなど チームの連勝に貢献した。 大分トリニータ [ ] G大阪での出場機会を増やしていた田中であったが、から前年冬に続きオファーを受けると心を動かされ移籍を決断。 7月10日、完全移籍での大分加入が発表された。 大分に選手登録された直後の第20節・戦で早速のポジションでスタメン出場を果たすと、試合には敗れたものの好パフォーマンスを見せそのままスタメンに定着。 第32節・戦にて大分加入後及びJ1初となるゴールを記録した。 所属クラブ [ ]• 1999年 - 2004年 Y-EASTフットボールクラブ• 2005年 - 2007年 U-15• 2008年 - 2010年• 2011年 - 2014年• 2011年 - 2013年 ()• 2015年 - 2018年 ロアッソ熊本• 2016年 (期限付き移籍)• 2019年 - 同年7月• 2019年7月 - 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 34 3 0 - - 3 0 29 1 0 - - 1 0 19 10 1 - 1 1 11 2 34 18 1 - 1 0 19 1 熊本 14 21 0 - 1 0 22 0 42 9 - 1 0 43 9 6 8 0 6 2 1 0 15 2 50 15 1 - - 15 1 11 通算 日本 J1 23 1 6 2 1 0 30 3 日本 J2 95 11 - 4 1 99 12 総通算 118 12 6 2 5 1 129 15• 2011-2013年は(2012年は公式戦出場無し)• Jリーグ初出場 - 2011年8月27日 J2第26節 戦()• 公式戦初得点 - 2015年8月29日 1回戦 戦()• Jリーグ初得点 - 2015年9月13日 J2第31節 戦() 脚注 [ ]• 2019年3月1日. 2019年7月10日閲覧。 プレスリリース , ロアッソ熊本, 2011年8月10日 , 2018年12月26日閲覧。 プレスリリース , , 2012年3月15日 ,• プレスリリース , , 2013年6月14日 ,• 井芹貴志 2015年2月5日. J-Park News. 2018年12月26日閲覧。 プレスリリース , ロアッソ熊本, 2014年11月27日 , 2018年12月26日閲覧。 - スポニチアネックス 2014年11月27日• 日本プロサッカーリーグ 2015年9月13日. 2019年1月16日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2015年12月20日 , 2018年12月26日閲覧。 プレスリリース , ロアッソ熊本, 2016年12月14日 , 2018年11月3日閲覧。 熊本日日新聞. 2018年9月29日. 2018年11月4日閲覧。 サンケイスポーツ. 2018年4月2日. 2018年11月3日閲覧。 ゲキサカ. 2018年11月3日. 2018年11月3日閲覧。 サンケイスポーツ. 2018年12月14日閲覧。 2019年6月29日. 2019年7月12日閲覧。 2019年7月10日. 2019年7月12日閲覧。 2019年7月9日. 2019年7月12日閲覧。 プレスリリース , 大分トリニータ, 2019年7月10日 , 2019年7月10日閲覧。 Football ZONE 2019年7月28日. 2019年12月11日閲覧。 2019年11月23日. 2019年12月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - による選手データ (日本語)•

次の