鼻うがい 重曹。 鼻うがいには重曹が効果的⁉重曹が鼻の中を通って大丈夫なの⁉

後鼻漏

鼻うがい 重曹

重曹は必ず持っておきたいグッズ! 重曹の成分 重曹は「炭酸水素ナトリウム」のことで、別名を「重炭酸ナトリム」または「重炭酸ソーダ」とも言われ、略して「重曹」と呼ばれています。 人体には無害で物質で、アルカリ性で酸に反応したときや加熱によって、炭酸ガス(二酸化炭素)が生じます。 お菓子作りなどに使われることが多いベーキングパウダーの主成分でもあります。 私たちが購入する重曹には、純度の違いで「食用」「医薬品用」「工業用」と、3種類のグレードがあります。 食用の重曹は食べたり飲んだりすることもできます。 重曹の特徴 重曹は白い粉のような見た目で、粒子はとても細かいのですが、水に溶けにくいという性質があります。 弱いアルカリ性で酸を中和する作用や研磨作用、消臭作用、膨張作用などさまざまな作用があり、掃除・料理・洗濯など、生活のさまざまな面で使うことができる、とても便利なものです。 このように重曹を日常の中で使うことのメリットは多くありますが、掃除で利用する場合など、素材によってはキズをつけてしまったり、効果を期待して使いすぎることで逆効果になるというデメリットも持っていますので、量や使い方を守って使用しましょう。 重曹の使い道 洗濯のしみ抜きや柔軟剤 シャツの袖や襟に付いた皮脂汚れや、食べ物の油汚れなどの頑固なシミを落とすには、重曹と洗剤で作る重曹ペーストが効果的です。 「重曹:液体酸素系漂白剤=1:1」で混ぜペースト状にしたら、汚れ部分に直接塗って揉みこみ数分置いてからいつも通りの洗濯をしてください。 色落ちテストを行ってから使ってくださいね。 掃除 掃除で使用する際の重曹の使い方は、粉のまま使う方法・スプレーにして使う方法・ペースト状にして使う方法と基本は3通りあります。 重曹スプレーを作っておくと、家の中の掃除でとても役立ちます。 特にトイレ掃除ではトイレの壁、床、便器もキレイにして、消臭対策にもなります。 100mlの水と小さじ1杯の重曹をスプレーボトルの中でよく混ぜれば簡単に重曹スプレーが作れます。 床や壁、便器に重曹スプレーを吹き付け、雑巾で拭いて下さい。 スプレーの中に消臭効果や除菌効果のアロマオイルを数滴たらせば、アロマの効能でより効果が期待できます。 油汚れを落とす アルカリ性の重曹はキッチン周りの油汚れを落とすのに適しています。 頑固な油汚れには「重曹:水=2:1」で混ぜた重曹ペーストを油汚れに塗って放置すると、汚れが落ちやすくなります。 ガスコンロの周りなどは、粉のままふりかけ雑巾やスポンジなどで優しくこすると研磨効果で汚れが落とせます。 使い終わった塩コショウなどの調味料入れに重曹を入れておくと、振りかけて使う時に便利ですよ。 シャンプー 重曹のもつ洗浄効果や消臭効果を頭皮に生かす使い方が、重曹シャンプーです。 重曹は、乳化作用があるので頭皮の皮脂汚れを落とし、弱酸性の汚れと臭いを中和しながら取り除いてくれます。 また、穏やかな研磨効果で汚れを落としてくれます。 1リットルのぬるま湯に医薬品用または食用の重曹大さじ1杯を溶かして使ってみてください。 重曹の量を入れすぎたり熱湯を使うと、成分が変わり頭皮や素手で触れるのには強すぎてしまいます。 使い方によっては、頭皮や髪にダメージを与えることになりますので注意して下さい。 入浴剤 お風呂に入るとき、バスタブに重曹を一つまみいれて入浴すれば、皮脂や角質が落ち、ツルツルのお肌も期待できます。 また、消臭効果で体臭予防にも役立ちます。 洗顔 泡立てた洗顔石鹸にひとつまみの重曹を加えて顔を洗うことで、肌の角質を取り除き、くすみ解消効果や黒ずみ対策にもなると言われています。 使う重曹は食用か医薬品用がおすすめです。 事前にパッチテストを行い、強くこすらず優しく泡を押し当ててマッサージするように洗ってください。 この重曹を加えた洗顔の頻度は週に1、2回程度にしておきましょう。 肌の弱いかたは、少量から試してくださいね。 オーラルケア 500mlの水道水と食用の重曹小さじ1杯程度をよく混ぜた重曹水で、30秒ほどうがいをします。 歯磨き前にすると歯垢が取れやすなり、歯磨き後にすると、口の中の酸性を中和することで虫歯予防になると言われています。 また口臭予防の効果も期待できます。 この重曹うがいを、勧めている歯医者さんもいますが、重曹を使った歯磨きについては危険性が指摘されているようです。 鼻うがい 鼻うがいは、鼻から水をいれて、鼻づまりの解消や、鼻の中のホコリや花粉などを洗い流す方法です。 食塩水を使って行うことが多いですが、ここに塩の半分程度の重曹を加えて鼻うがいをすると、効果が強力になるそうです。 ただし、鼻うがいは口のうがいと違って間違ったやり方をすると、蓄膿症や副鼻腔炎などの症状を悪化させたりする危険もあるようです。 鼻うがいだけでなく、重曹が癌や腎臓の疾患に対して役立つのでは?という情報もあるようですが、病気や疾患に関しては、医療機関の専門医のもとで適切な処置や治療を行うことを強くおすすめします。 果物や野菜の農薬やワックスの除去 重曹には研磨作用があるため、果物や野菜についている農薬やワックスを落とすことができます。 残った農薬やワックスの付いた皮に重曹をつけ、指でかるくこするだけで、表面を傷つけることなく優しく落とすことができます。 食用の重曹を使ってください。 料理の揚げ物 食用の重曹を天ぷらなどの揚げ物を作るときに混ぜると、発泡作用によりサクサクした揚げ物を作ることができます。 効果が期待できるおすすめの重曹 NICHIGA 国産重曹 4. 7kg.

次の

鼻うがいの危険性と、安全な蓄膿症・後鼻漏のケア方法

鼻うがい 重曹

のどをガラガラさせるうがいではなく、鼻をスッキリさせる「鼻うがい」をご存知ですか? 鼻の中を、まさにうがいのように洗い流す方法で、鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水や、これから少しずつ増えてくる花粉やハウスダストなどのアレルギー物質を取りのぞく効果があるといわれています。 鼻の調子がイマイチよくないとき、風邪・花粉症対策に、鼻うがいを試してみませんか? 鼻うがいは風邪や花粉症になぜ効果的? 鼻の中を直接洗い流す「鼻うがい」。 鼻をかんでも出にくいガンコな鼻水をスッキリさせることができるため、鼻の調子が今ひとつ良くないときは、一度は試してみたい方法です。 さらに鼻うがいは風邪や花粉症の予防にもなり、健康維持のためにもおすすめです。 というのも、風邪のウイルスや花粉が付着しやすいのは、鼻の奥の上咽頭といわれる部分で、のどのうがいでは上咽頭を洗い流すことができないからです。 一方、鼻うがいでは上咽頭までしっかりと洗い流すことができますから、より効果的な風邪予防や花粉症対策になるといえます。 鼻うがいの効果• 鼻の不快感の解消 鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水もスッキリさせることができます。 風邪やインフルエンザなどのウイルス対策 風邪やインフルエンザの原因になるウイルスは、のどの奥の上咽頭に付着し、炎症を起こします。 鼻うがいなら、上咽頭を洗い流すことができるため、ウイルス対策になります。 花粉症やホコリなどのアレルギー対策 上咽頭に付着した花粉やホコリなどを洗い流すことで、アレルギーの原因を取り除くことができます。 ちくのう症の予防・症状の緩和 ちくのう症(副鼻腔炎)とは、目と目の間やほほなどにある副鼻腔という空洞にうみがたまる病気。 風邪や花粉などが原因で炎症が起き、粘り気のある鼻水や鼻づまり、頭痛といった症状が起きます。 鼻うがいでは副鼻腔を直接洗い流すことはできませんが、鼻の中の粘り気のある鼻水を洗い流すことができますから、ちくのう症の予防や症状の緩和に役立つと考えられます。 鼻うがいで準備するもの 市販の鼻うがい用の商品を使えば気軽に始められますが、自宅にあるものを使って鼻うがいを行うこともできます。 やり方がいくつかありますので、自分のやりやすい方法で試してみましょう。 鼻に真水が入るとツーンとしますが、これは体液と水の浸透圧が違うために起こります。 そのため鼻うがいでは、体液と同じ浸透圧である、0. 9%の食塩水を使って行います。 【準備するもの】• 一度沸騰させた、ぬるま湯• 洗面器やコップ• タオル など 【0. (500ccなら4. 5g、2リットルなら18g) この食塩水は使いまわすのではなく、鼻うがいをするたびに作るようにしてください。 鼻うがいの方法 最初のうちはお風呂で行うといいでしょう。 濡れることを気にせずにできますし、体も温まって鼻水も出やすくなっています。 【食塩水を流し込む方法】• 9%食塩水を入れます。 このとき「えー」と声を出すと流し込みやすいです。 ただし顔が大きく上向きにならないように注意してください。 どちらの鼻からでも構いません。 慣れてきたら口から出してみましょう。 【洗面器の食塩水を吸い込む方法】• 9%食塩水を入れます。 このとき食塩水を飲み込まないようにします。 慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出してみましょう。 【ストローで食塩水を吸い込む】• 9%食塩水を入れて、ストローをさします。 このとき食塩水を飲み込まないようにします。 慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出します。 鼻うがいを効果的にするための注意• 鼻に食塩水を入れるときは、大きく上を向かない 鼻に食塩水を入れた後、やや上を向くと口に流れやすくなりますが、大きく上を向くと食塩水が耳に入り中耳炎になる恐れがあります。 前かがみの状態で、顔はあまり上に向けないようにしましょう。 鼻で水を吸い込んでいるときに、つばを飲み込まない 水を吸い込んでいるときに、つばや洗浄液を飲み込もうとすると、耳に洗浄液が入る恐れがあります。 鼻を洗い終わった後に、鼻を強くかまない 鼻を洗い終わったら、前かがみのまま頭を左右に傾けるなどして、食塩水をすべて出すようにします。 その後軽く鼻をかむのはかまいませんが、強くかむと中耳炎の原因になります。 やりすぎは注意!1日1〜2回程度に 1回の鼻うがいでは2〜3度繰り返し、ヌルヌルした感じがなくなるまで行います。 鼻うがいに慣れてくるとスッキリして気持ちがいいのですが、1日1〜2回程度にしましょう。 (1回は200ml程度で十分です)• 鼻づまりがひどいとき、のどに痛みがあるとき、鼻水がのどに流れてしまうときはしない 鼻に炎症があって鼻づまりがひどいときや、のどに炎症があるときは鼻うがいは行わないようにしましょう。 また鼻水がのどに流れる後鼻漏のときも、食塩水が残りやすくなりますから、行わないようにしてください。 子どもは専用の器具を購入するか、耳鼻科でしてもらう 鼻うがいを間違った方法で行うと、中耳炎など別の病気を招く恐れがあります。 子どもは上記の方法では行わないほうがよいでしょう。 どうしても鼻うがいを行いたいときは、子どもでもできる市販の器具を購入するか、耳鼻科で鼻洗浄を行いましょう。

次の

重曹入りの鼻うがいですっきりした話・後鼻漏・慢性上咽頭炎闘病記録

鼻うがい 重曹

副鼻腔炎(蓄膿症)のセルフケア方法では、鼻うがいを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 「鼻うがい」は、文字どおり、口でする「うがい」のように、水を鼻の中に入れて、ほこりや細菌、ウイルス、花粉などを洗い流す方法のこと。 この鼻うがいは、 とてもおすすめな副鼻腔炎対策、花粉症対策の一つです。 とはいえ、正しく行うことがとても大切です。 間違った方法で鼻うがいを行っていると、中耳炎などを招く場合もあると、専門医は警鐘を鳴らします。 2人の専門医に話を聞きました。 副鼻腔炎の人は、記事を読むとともに必ず耳鼻科医の治療を受けることを忘れないでください。 副鼻腔炎や花粉症だけでなく、上咽頭炎、インフルエンザ予防にも役立つ 早速ですが、鼻うがいを患者さんにすすめている、きたにし耳鼻咽喉科院長の北西剛先生に話を聞きました。 「鼻の病気のときに大切なことは、まずは耳鼻咽喉科で専門医にきちんと診てもらい、適切な対処をすることです。 そのうえで手軽にできて、予防や症状の緩和を期待できるのが、鼻うがいです。 鼻うがいをすると、鼻の中の異物を洗い流すことができて鼻をスッキリさせることができます。 私は患者さんの状態に応じてすすめていますが、慢性副鼻腔炎や花粉症などのアレルギー性鼻炎だけでなく、上咽頭炎(じょういんとうえん)や後鼻漏(こうびろう くわしくはへ)、 インフルエンザの予防に役立つものであると感じています。 副鼻腔炎の場合、副鼻腔に細菌やウイルスが入り込むことによって起こります。 健康であれば、このような異物は副鼻腔内の繊毛の動きで排出されます。 ところが、カゼや花粉症などなんらかの原因で粘膜が腫れて、入り口が狭くなったり繊毛の働きが弱くなったりすると、菌が増殖して炎症が起こり膿がたまってしまうのです。 最も簡単なセルフケアは、鼻水がたまったらこまめに鼻をかむこと(くわしくはへ)。 しかし、それだけでは細菌やウイルス、膿などを出しきるのは難しいものです。 そこでおすすめしたいのが鼻うがいなのです」 鼻うがいを治療の一環に取り入れている耳鼻咽喉科が多い。 やり方も簡単。 北西先生は、さらに鼻うがいについて話を続けます。 「鼻うがいとは、鼻から生理食塩水(血液や組織液と浸透圧が等しい約0. 9%の食塩水)を注入して、鼻腔内の鼻水や膿、細菌、花粉などの異物を取り除く方法です。 以前から、耳鼻科では鼻の手術を受けたあとのケアとして、鼻うがいはすすめられてきました。 現在では、耳鼻科によっては鼻の病気の予防や治療の一環として取り入れている病院もあるので、受けたことがある人も多いでしょう。 この鼻うがいは、毎日行ったほうがいいことから、自宅でもセルフケアとして取り入れてほしいものです。 鼻うがいのやり方は、下の図を見ていただくとして、ここでは、注意点やポイントを述べておきましょう」 「まず、鼻うがい用の器具は、数種類が市販されています。 しかし、近くで入手できない人や、試しにやってみたいという人は、液体容器を使った手作りの鼻うがい器を作ってみるのもいいでしょう。 作り方は簡単で、調理器具の売り場にある液体容器(ドレッシング容器など)にシリコン製のイヤホンパッドをつけるだけです。 どちらも100円ショップで購入できます。 真水はさけて、0. 9%の生理食塩水を使いましょう。 水はできれば煮沸し、温度は30~35度Cのぬるま湯が適当です。 行うときは、洗面台やお風呂場で顔を前に突き出してあごを引きます。 イヤホンパッドを鼻穴に当てて、容器を押して水を鼻腔内に入れてください。 このとき、「あー」と声を出すとやりやすいでしょう。 鼻腔内に入った水は、水を入れた鼻、逆側の鼻、口のうちのどこから出しても大丈夫です。 無理に吸い込もうとすると、中耳炎などになる可能性もあり、注意してください。 やりすぎは逆効果です。 ぜひ4つに気をつけて日課にしてみてください」(北西先生) 副鼻腔炎(蓄膿症)や花粉対策の鼻うがいは「あー」と声を出しながら行うのがコツ 生理食塩水の代わりに重曹を使うだけ!働きがアップしネバネバ鼻水もスッキリ! 鼻うがいの強化版があります。 考案した、ほりクリニック院長の堀雅明先生に話を聞きました。 「鼻うがいは実に強力ですが、実践してもドロドロとした鼻水や膿がなかなか出てこないという人がいます。 また、鼻が痛くなると感じている患者さんもおおぜいいます。 そういった人たちに、ぜひ試してもらいたいのが「重曹入り鼻うがい」です。 「副鼻腔炎の人は、ネバネバした鼻水を出す必要がありますが、ネバネバしているので鼻をかんでも出にくく、鼻うがいをしてもスッキリしないことが多いのが難点です。 その状態を改善するために、患者さんによっては、鼻水のネバネバを弱める薬が処方されることもあります。 実は、重曹にはそのネバネバ鼻水の粘性を弱める働きがあるのです。 それゆえ、副鼻腔炎の人は生理食塩水による鼻うがいより、重曹を加えた重曹鼻うがいのほうが強力になると考えられます。 重曹鼻うがいの鼻症状に対する作用は、米国の大規模研究でも科学的に明らかになっています。 研究では、抗菌剤を使わず2週間の重曹鼻うがいを行ったところ、鼻づまりによる症状が70%改善し、鼻水や後鼻漏も55~70%で改善したといいます。 また、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が改善している例が多く報告されているのです。 重曹鼻うがいの利点(メリット)は、ほかにもあります。 重曹には刺激を抑える緩衝作用があります。 そのため、生理食塩水で行うよりも、さらに鼻粘膜への刺激が減り、痛みを感じにくいのです。 とはいえ、毎回鼻に注入する圧力や量には、十分注意して行ってください。 強すぎると、耳管(耳と鼻をつなぐ管)から逆流して中耳炎を起こしてしまいます。 また、自己診断せずに必要に応じて耳鼻科を受診し診断、治療、指導を受けてください。 重曹とは、炭酸水素ナトリウム、または重炭酸ソーダといい、人間の体の中にもある物質で血液や唾液の中にも含まれています。 内服薬やベーキングパウダー、入溶剤などに使われており、極めて安全なものです。 薬用・食用・工業用とありますが、重曹鼻うがいに使うにはスーパーなどで売っている食用のものが適当です。 なお、重曹鼻うがいは、それによって症状を治すという、治療作用があるものではありません。 鼻水や膿を取り去ることで、鼻粘膜が本来持っている自然治癒力などの働きを阻害しているものを排除でき、洗浄機能や免疫作用、加湿作用が高まると考えられます」(堀先生) 健康な鼻の状態を取り戻すためにも、みなさんもセルフケアに重曹鼻うがいを試してはいかがでしょうか。 とはいえ、やりすぎは禁物です。 心配がある場合は、主治医に必ず相談してから実践してください。 記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。 また、効果効能を保証するものではありません。

次の