セレーナ ゴメス 歌詞。 セレーナ・ゴメス

【洋楽歌詞和訳】Lose You To Love Me / Selena Gomez(セレーナゴメス)

セレーナ ゴメス 歌詞

そのいくつかを確認してみましょう。 この間セレーナ・ゴメスは人気ミュージシャン、ザ・ウィークエンドと恋人関係にありましたが、現在は破局。 頭から追い出すことができない「 あなた」というのがジャスティンのことを指していて、ずっと頭から離れないというフレーズが入ったこのサビが曲中には何度も繰り返されています。 確かにセレーナとジャスティンの破局・復縁を繰り返す仲は、ファンや関係者のみならず世間一般に知れ渡っている周知の事実。 隠す必要もないほど知れ渡っている恋について歌っているのであれば、自ずとジャスティンの名前が出てくるのが自然でしょう。 」といったメッセージを感じさせる言葉が並んでいます。 気になる二人の恋の行方ですが、この歌詞の通りに何か進展があるのか、これからもセレーナとジャスティンの関係は注目を浴びそうですね。 かつてはテイラー・スイフトも恋人ができて別れる度に曲が生まれるなんて言われていたことがありましたが、 海外ではミュージシャン同士で割りと頻繁に未練が残っている相手への想いを曲にするというのが起こりますよね。 最近では、甘い歌声でファンを虜にしているZayn Malik(ゼイン・マリク ー『One Direction』の元メンバー)の「Let Me」という曲が彼の元カノ、Gigi Hadid(ギギ・ハディド)に向けたものではないかと話題になりました。 tvgroove. html 一緒にいる所が目撃される度に世間賑わせているセレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバー。 「必ずあなたのところに戻る」というセレーナの言葉がどのようなニュースとなって届いてくるのか。 今後の彼女たちの関係からますます目が離せませんね。

次の

Who Says 歌詞「Selena Gomez」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

セレーナ ゴメス 歌詞

Jesse Grant Getty Images 新曲「Lose You to Love Me」をリリースしたばかりのセレーナ・ゴメス。 そんな中、10月25日(金)に出演したラジオ番組「Zach Sang Show」では司会者のザックに「曲の題材になった人にこの曲を聴いてほしい?」と聞かれる場面も。 セレーナは「ええ」と即答! 「私には悪意はないの」「私はいつも本当の自分でいたいと思っている。 口にしていないと思えることがあったときにはそれをアートの形にする」。 別れを歌ったことは嫌がらせではないと強調した。 Christopher Polk Getty Images さらにセレーナは「私はこの2年、超シングルな状態だった」とコメント。 「だから次の恋愛がどんなものになるのかとても知りたい。 次の恋が現実になってほしいと思っているの。 共依存の状態や面倒なものにしたくないし、コミュニケーション不足にもしたくない。 大人になれば、あなたにぴったりな人が見つけられるものよ。 同じ波長を持った人をね」。 ジャスティンの名前は出していないけれど、さらに意味深な発言を続けるセレーナ。 「初めて恋を体験しているときは、その恋愛はあなたにとってちょっと害のあるものになると思う。 お互いに対する情熱や欲求不満に対して中毒状態になって『これが恋だ』って考えてしまうようになる。 私は長い間そう信じていたの」。 2017年にザ・ウィークエンドと10ヶ月と短い間とはいえ交際していたはずだけれど、あれは恋ではなかったか、すでになかったことになっているみたい。 泥沼状態だったジャスティンとの関係を乗り越えたセレーナがどんな恋人を見つけるのか、続報を楽しみにしたい。

次の

セレーナ・ゴメス、別れを歌った新曲を”ネタ元”ジャスティン・ビーバーに「聞いてほしい」

セレーナ ゴメス 歌詞

Youtube公式サイトには、セレーナ自身によるこんなコメントが寄せられています。 This song was inspired by many things that have happened in my life since releasing my last album. I want people to feel hope and to know you will come out the other side stronger and a better version of yourself. (この歌は前回のアルバムをリリースして以来、私の人生で起こった多くの出来事に影響されたものなの。 私はみんなに希望を感じてもらいたかったし、一方で自分で強さを引き出せることや、より良い自分になれることを知って欲しかった。 ) セレーナといえば、ティーンエイジャーの頃から付き合っていたジャスティン・ビーバーと別れと復縁を何度も繰り返し。 結局ジャスティンはヘイリー・ボールドウィン(今はヘイリー・ビーバー)と婚約し、正式に結婚。 そんなつらい経験をしたセレーナが等身大の自分の気持ちを表現しつつ、楽しかった思い出を大切にし、きちんとお別れする楽曲になっている印象を受けます。 この歌には、ビリー・アイリッシュの実兄であるFinneas(フィニアス)がプロデューサーとして携わっていることも話題になっています。 客観的に自分と相手を振り返り、自分を愛する力を取り戻すためにきちんと終わらせる歌。 タイトルの『Lose You To Love Me』を直訳すると、「自分を愛するためにあなたを失う」という意味。 個人的な観点にはなりますが、ちょっとした解釈を交えながら、歌詞をすべて和訳してみます。 『Sorry』や『Love Yourself』はセレーナに向けられた歌ではないかとの憶測も。 …今まで色んな楽曲を和訳してきましたが、こんなに胸が苦しくなって涙ぐみながら和訳したのは初めてです。 セレーナはジャスティンと完全に別れる前なのか後なのかは分かりませんが、「全身性エリテマトーデス」という難病になり腎臓移植も受けています。 心身ともに本当につらい経験をしたけど、チャリティ活動にも熱心でファンや周囲の人々を大切にする素敵な女性セレーナに、この先の未来で幸せがたくさん訪れることを祈るばかりです。 この曲がチャートの上位で健闘しているのは、セレーナのパーソナルな事柄を歌っていながら、何かや誰かに力を奪われていることに気付いて、まず自分を愛してあげる意識に目を向ける歌だからだと感じます。 讃美歌のようなサウンドも相まり、清らかで神聖な歌に聴こえ、忙しない日々を送る現代人が多い中で、心が洗われるような楽曲としてマッチした部分もあるのではないでしょうか。 そして「自分できちんと終わらせる勇気を持つこと」に気付かせてくれる歌でもあり。 モノクロというシンプルな色調で、カメラに向かって真正面に歌うセレーナが幾重にも重なるMVがとても美しいです。 カテゴリー• 2 ブックマーク• ブログ内を検索できます.

次の