内定者懇親会 お礼。 内定式後に送ると好印象なお礼メールの書き方【例文付き】

就活中の内定者懇親会にはお礼メールを出そう|書く上での注意点や例文をご紹介

内定者懇親会 お礼

お礼メールを送る理由 電 話での連絡があった場合: 内定・内々定の通知は非常に重要な連絡です。 あたなにとってはもちろんですが、企業にとってもそれは同じです。 ビジネスで重要な連絡をする場合は、口頭で連絡した場合でも必ず文章で残すのがセオリーです。 メールは送受信履歴のデータが残るために、記録を残すという意味でも非常に便利です。 あえて電話で連絡する企業が多いのは、確実に直接「内定通知・内々定通知」を学生に伝えられることと、その場で意思確認ができることです。 学生のためにいち早く連絡し、採用を確実にしたいという意図もあります。 あなたは口頭で内定承諾の意思表示をしたとしても、それは録音でもしていない限り記録には残りません。 従って、あなたは確実に内定を承諾したという記録を残す意味で、お礼メールの送信が必要なのです。 メールのみの連絡があった場合: メールのみの連絡の場合は、お礼メールがまさに内定承諾の第一報となります。 まさにフォーマルなビジネスメールです。 メールを受け取ったまま、何もしないと、いくら次のステップが指示されていたとしても、あなたの承諾の意思がその時まで企業側に伝わらないことになります。 指定された期日までにちゃんと意思表示をすれば良く、お礼メールを送らなくても内定・内々定を取り消されることはありません。 しかしビジネスマナーとして、 承諾するのであれば、お礼メールを送っていち早くあなたの意思を伝えるべきです。 お礼メールが返ってくると、人事担当も安心します。 メールが正確にあなたに届いたという確認にもなります。 手間も殆どかからないため、お礼メールは必ず出すようにしましょう。 お礼メールを書く場合の注意点 誤字 脱字は厳禁 フォーマルなメールです。 誤字脱字は絶対にないようにしましょう。 特にセクション名、相手の氏名は絶対に間違えないようにしてください。 メールを書き終えたら、送信メールアドレスも含め、送信前に必ず校正して送りましょう。 当日中、遅くとも24時間以内に送ろう 基本は連絡を受けたその日中にお礼メールを送りましょう。 どんなに遅くとも24時間以内に送信してください。 尚、土日や深夜に送るのは止めましょう。 本日貴社より内定の通知をいただき、 誠にありがとうございました。 貴社に入社して貢献できるよう、入社の日まで これまで以上に努力してまいります。 まずは略儀ながらメールにてお礼申し上げます。 本当にありがとうございました。 自分の気持ちを伝えることは大事ですが、上記のように簡潔にまとめましょう。 余計なことを書くと誤解を与えるリスクがあります。 本当の適職を見つけるために、自己分析のサポートツールで自分の強みを確認しよう 「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、 時間がかかり大変です。 そして 自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。 本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。 もちろん全て無料で利用できます。 は、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 現状の就活経過や、 獲得できた内定に納得できていない場合、「もう一つの就活」をしてみて損はありません。

次の

内定者懇親会の案内メールへの返信・お礼の書き方

内定者懇親会 お礼

内定後も企業とメールのやりとりをすることは多い こんにちは。 キャリアアドバイザーの北原です。 企業から内定が出た後も、メールでやりとりをすることは多いです。 むしろ、内定後のほうが企業との連絡事項が増え、やりとりの回数が多くなるというケースも珍しくありません。 内定が決まったからといって油断すると、今後の社会人生活に影を落としてしまう可能性があります。 企業からのメールに返信することもあれば、自分から送ることもあるでしょう。 その際に、企業とのメールのやり取りが増えるからこそ、注意しておくべき点がいくつかあります。 内定後にメールのやりとりをする際のマナーやポイントを知っておいてください。 内定後も守りたい基本のメールマナー3つ 内定後に送るメールの書き方について考える前に、基本的なマナーを改めておさえておきましょう。 内定したからと言って、適当に送ることはNGです。 マナーを守らずにメールを送ると、採用担当者を不快にさせてしまいます。 内定したからこそ丁寧に対応し、採用担当者に「内定にしてよかった」と安心してもらいましょう。 採用担当者は内定後にも多くのタスクを抱えています。 その例が内定者懇親会や内定式などですが、これらのスケジュールを立て、その都度内定者全員に連絡する必要があるのです。 返信が遅くなってしまうと、その分採用担当者の計画進捗もおくれて迷惑をかけてしまいます。 期限が書いていなくてもなるべく24時間以内の返信を心がけてください。 24時間以内が難しくても、1週間以上間を開けるのはおすすめしません。 採用担当者から催促が来てしまう前に返事をしましょう。 社会人になると、レスポンスの速さが求められます。 レスポンスが遅ければ相手から「やる気がないのかな?」と思われてしまう可能性もあります。 逆にレスポンスが早ければ、やる気もあり誠実で信用のできる人と思われます。 基本的に、連絡をもらってから24時間以内には返信することを心がけましょう。 また、体裁をしっかりと整えて最後まで気を抜かずにメールを作成しましょう。 誤字脱字だらけのメールでは企業からの評価はよくないです。 しっかりとダブルチェックをしてから送信することを意識しましょう。 件名が新しくなっていると新規のメールに見えて、返信の内容だと一瞬で判断できません。 採用担当者は就活生だけでなく、社員や他社からもメールを受信します。 その中には、自分には関係のない報告や依頼、営業メールなども含まれるので、開封の優先度が下がる傾向にあります。 その点、 件名に「Re:」がついていると、自分が送ったメールへの返信だと一目でわかり優先度が高くなるのです。 メールを確実に確認してもらうためにも、件名はそのままにしておきましょう。 本人は親しみを込めてそう呼んでいるのかもしれませんが、ビジネスメールとしては相応しくないです。 メールのやり取りが多くなって慣れてきていても、マナーはきちんと守りましょう。 「毎回しなくてもいいでしょ」と思うかもしれませんが、気持ちのいいやり取りをするためには基本的なマナーが欠かせません。 最後まで基本を崩さないようにしましょう。 内定後に送るお礼メールの書き方 内定通知がメールで来た場合は、メールで返事をしても問題ありません。 承諾する場合はお礼の言葉も一緒に伝えることがおすすめです。 電話で内定通知を受けたという場合も、お礼メールを送ることで誠実で丁寧な印象を与えられます。 感謝の気持ちと喜びを伝えよう お礼メールを送る際は、内定をもらったことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。 例としては、以下のような文言があげられます。 この度は内定のご連絡を頂き、誠にありがとうございます。 貴社からの内定をお受けしたく思います。 内定を頂くことができ、大変嬉しく思っております。 4月より貴社の一員として活躍できるよう、努力して参ります。 今後もご指導のほど、何卒よろしくお願い致します。 内定通知の連絡をメールで受けて返事とお礼を一緒にする場合は、はっきりと入社の意思を示すことが大切です。 「内定をいただき嬉しいです」だけだと、面接官から見て入社するかどうかがはっきりしません。 喜びの気持ちと抱負もきちんと伝えましょう。 内定者懇親会に返信する際のメール 内定後に内定者懇親会を開く企業の場合、日程などの案内をメールで送ることが多いです。 案内のメールをもらったら、参加の可否を返信する必要がります。 出席、欠席の2パターンの返信内容をご紹介していきます。 こうすることで、きちんと内容を確認できていることがアピールでき、採用担当者側も安心できます。 この度は内定者懇親会のご案内を頂き、ありがとうございます。 喜んで出席させていただきます。 皆様にお会いできるのを楽しみにしております。 理由もなく「欠席します」だけ書くと冷たい印象を与えます。 内定者懇親会は特別な理由がない限りは参加した方がいいので、採用担当者が納得するような理由が必要です。 例えば学業の都合や帰省など。 ただ、これは企業側が考える懇親会の重要度によっても左右されるので、「参加自由」「無理のない範囲で構いません」などの文言がある場合は優先度を考慮して柔軟に考えても問題ありません。 内定者懇親会のご案内を頂きまして、ありがとうございます。 大変残念ですが、当日は学業の都合により出席することができません。 せっかく機会をご提供いただいたにも関わらず、大変申し訳ありません。 また別の機会がありましたら参加させていただきたく思います。 むしろ、内定後から企業との関係がさらに密接になっていくため丁寧なメールを心がける必要があります。 内定のお礼メールは多くの就活生が丁寧にするかもしれませんが、内定者懇親会のような出欠確認メールは手を抜きがちです。 出席する際はもちろん、欠席する際も理由を添えるなどして丁寧に返信しましょう。 採用担当者は内定後もタスクをいくつも抱えているので、出来るだけ早く返信し、スムーズに計画が進むように協力できるといいですね。 そのためには、早めの返信をいちばんに心がけましょう。

次の

【コピペOK】懇親会の案内・挨拶の依頼・お礼メールの書き方・例文

内定者懇親会 お礼

2017. 03 内定者の満足度120%アップ!内定者懇親会のプログラムと内定者の声を大公開! 会社で行われる重要なイベントの中でも、重要視されるのが内定式や内定者懇親会ではないでしょうか。 内定者懇親会は、この会社に入社したことを誇りに感じ、会社で存分に活躍をしてもらうために、内定者のモチベーションアップの重要な鍵となります。 内定式や内定者懇親会で内定者のモチベーションがグンと上がった会社があります。 一体どんなイベントを行い、また参加者がどんな風に感じたのかについて迫ってみましょう。 結婚式プロデュースや結婚式2次会幹事代行サービスを行っている会社ならではのノウハウを活かし、試行錯誤をしながらイベントの運営をされました。 内定者懇親会に参加をする前、どんなイメージを持っていたのかを参加者に聞いてみると下記のような回答が返ってきました。 長い話を聞かなければならない、堅苦しいイメージなど、「内定者が積極的に参加をしたいと感じていない」ことが伝わります。 内定者懇親会に参加前と参加後で気持ちに変化はあったか尋ねたところ、 上記のようなグラフの結果に。 なぜ内定者懇親会に参加をしただけで、気持ちが大きく変わったのでしょうか? その答えに下記のような回答があります。 では、参加前と参加後に気持ちの変化を起こすことができた「内定者懇親会のプログラム」を見てみたいと思います。 まずこの懇親会のテーマを【 この会社に決めて良かった!と思える内定者研修・懇親会 ~ 内定者の一生の思い出に残る会にする ~】と定め、結婚式に携わる会社だからこそ、結婚式のプログラムの流れを基盤にして考えられています。 序盤に社長からのお話や内定者の自己紹介など重要な内容、中盤でゲームなどを入れ盛り上がりをだし、最後は感動と驚きを作るという、パーティーの流れそのものに動きが出るような構成に。 このような構成にすることで、 参加者が飽きることなく、体感をしながら学びを感じることで、内定者に伝えたいことを印象付けることができるようになります。 同率1位となったのは、チョコレートの食べ比べ対決、そしてプログラムの終盤で上映を行ったダイジェストエンドロールDVD。 その次に社長のお話とランクイン。 チョコレートの食べ比べ対決では、ゲームを通じて内定者同士のつながりを深める、また先輩社員や社長も交えて行うことでコミュニケーションを図ることを意図とし、懇親会で一番行ってほしいことをゲームとして実施。 その結果、このイベントがもっとも印象づいたというのは、懇親会を開催した意味がおおいにあったと言えるでしょう。 また結婚式では定番のダイジェストエンドロール。 内定者懇親会時に上映をした動画がこちら。 当日の映像がその場で即座に編集され、今日一日を振り返ります。 内定者には感動を与えることができ印象づいたと思います。 イベモンならこんな動画が作れます。 参加者からの声は、 「感動をした」、「想像していた内定式とは違った」など、感動と驚きを実感してもらうことができたことがアンケートから読み取ることができます。 ですが、この会社に入社してよかった、これから頑張ろうというモチベーションを高めてもらうため誠心誠意行ったことは、内定者にもしっかりと伝わり、良い結果を導きだせたことが上記の声より見えてきます。 懇親会一つで、社員のモチベーションを各段にアップすることができ、社員のモチベーションをアップすることで業績向上にもつながります。 今回ご紹介したプログラムは、内定者懇親会以外にも社内のイベントで応用することが可能! 総務担当や人事担当の方で、いつもと違った盛り上がりのあるイベントを行いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。 分かってはいるけれど、仕事の傍らでイベントに力を入れるのは難しい……とお困りの方へ 今回ご紹介したような、各種社内でのイベントや法人関係のイベントは、準備時間もかなり必要となり仕事をしながらイベント諸々の準備は難しい……とお困りの方もいらっしゃると思います。 そんなときは、社内イベント・法人イベントのプロデュースをお手伝いするサービス「イベモン」に相談をしてみてはいかがでしょうか? 例えば、大人数が収容できる会場がなかなか見つからない……。 イベントの景品を大量に購入するのは大変……。 イベントの司会を頼まれたけど、社長の前で司会なんて考えただけで足がすくむ……。 こんな悩み一つひとつを解決できます! イベモンは結婚式のプロデュース「スマ婚」、結婚式二次会幹事代行サービス「2次会くん」を運営する会社から登場したサービス。 これまで累計3万件以上のイベントプロデュースから培ったノウハウを活かし、各種企業向けのイベントのお手伝いが可能に! 社内イベント・法人イベントのことならどんなことでもお気軽にご相談ください!.

次の