香港 旅行 バー。 素敵な夜を紡ぐ香港・尖沙咀のバー3選!旅でロマンチックな一時

香港の夜景が楽しめる、気分が上がるおすすめバー5選 [香港] All About

香港 旅行 バー

スマホアプリを利用すると、現地での旅が格段にスムーズになることがあります。 オフラインで利用できるものもあるので活用を! 公共交通機関にまつわるアプリは、香港人も愛用するものばかり。 2018年12月発売の書籍『』からの抜粋記事です。 最寄りのカフェやスーパーも検索できる。 Me オフラインで世界中の地図を見ることができるアプリ。 GPSの電波を拾って現在地を示してくれ、目的地へのナビも可能。 出発駅と到着駅を入力すると、料金、時間、乗り換え情報を表示してくれる。 Guide HK 細かい道を走るミニバスなども含めて、バスのルート案内をしてくれるアプリ。 英語への切り替えもOK。 KMBバスアプリと併用すると便利だ。 行き先を入力し、車のグレードを選ぶだけ。 事前に乗車料金もわかるので安心。 住所、地図、電話番号、営業時間はもちろん、評価も参考にできる。 香港についていろいろ調べておき、現地でチェックするのに役立つ。 オフライン設定でいつでも閲覧可能。 便利なGoogle Mapアプリ。 実はオフラインでも使えます! iPhoneでも簡単にダウンロードすることができます 以下の方法であらかじめ地図を入手しておくと、現地でインターネットに接続していないオフラインの状態でも、Google Mapを利用することができます。 インターネットに接続している状態でGoogle Mapアプリを立ち上げ、ログイン 2. メニューから「オフラインマップ」をタップ 3. 使いたいエリアの名称(街の名前など)で検索をかけ、地図を画面に表示する 4. ページ下部のエリアの名称(街の名前など)をタップ 5. 「ダウンロード」をタップ。 端末に自動的に保存されます 6. 現地でGoogle Mapを起動。 普通は、その本の地図ページを開いて所在地を探し、次に自分の現在地を確認して、「どのくらいかかるのかなぁ」「どのルートで行く?」なんて考えますよね。 でも、そのすべてをものの数秒で行ってくれるアプリがあるんです! それが、無料の拡張現実(AR)アプリ「COCOAR2」。 使い方は簡単。 スマートフォンに「COCOAR2」をインストールし、起動して、このアプリに対応している書籍の記事を読み込ませるだけ。 たとえば、2018年12月に出たばかりの新刊『』で試してみましょう。 無料アプリ「COCOAR2」とこの本があれば、町歩きがぐっと時短&効率的に! 「COCOAR2」を起動したスマートフォンを記事にかざすと、スキャンが始まり...... そのお店の地図へジャンプするためのオレンジ色のバーが現れます バーをタップすると、すぐにGoogle Mapへ! Wi-Fiなどの通信環境があれば、今いる場所からのルートや所要時間などもそのままGoogle Mapで検索できてとても便利。 または以下のQRコードから。 キャンペーン• キャンペーン• キャンペーン• キャンペーン• キャンペーン• キャンペーン• お知らせ• キャンペーン• キャンペーン• キャンペーン• お知らせ• お知らせ• キャンペーン• お知らせ• お知らせ• キャンペーン• お知らせ• お知らせ• キャンペーン• お知らせ• キャンペーン• お知らせ• キャンペーン• お知らせ• キャンペーン• キャンペーン• キャンペーン• キャンペーン• キャンペーン• お知らせ• キャンペーン• キャンペーン• キャンペーン• お知らせ• キャンペーン• キャンペーン• メルマガ• メルマガ• お知らせ• アンケート• メルマガ• アンケート• お知らせ• 新刊情報• メルマガ• メルマガ• アンケート• キャンペーン• お知らせ• アンケート•

次の

香港旅行に行くなら! ダウンロード必須のアプリ10選

香港 旅行 バー

九龍半島と香港島の夜景を同時に楽しめます 色々な意味で最高峰だといえるのが、香港で最も高い場所にあるバーです。 香港一高いICCビル(インタ-ナショナル・コマース・センター。 広東語:環球貿易広場)の103階から上にはザ・リッツカールトン香港が占めていて、その最上階である118階にこのバーはあります。 九龍半島と香港島を眼下に望むこのバーは、まるで雲の上から地上を眺めているかのよう。 100万ドルの夜景スポットとしておなじみのヴィクトリアハーバーに勝るとも劣らない絶景が楽しめる特別なロケーションです。 店内にはテーブル席のほか、立ち飲みカウンターを設けたハーバービューのテラスも心地良いのでおすすめ。 迫りくる夜景を間近に 周辺で働くビジネスマンの社交場としても人気のお店。 内装もスタイリッシュです 尖沙咀(チムサーチョイ)駅に直結するショッピングモール「iSquare」の30階に入るは、ヴィクトリア湾越しのパノラマ夜景を間近に感じられるバー。 九龍半島側の夜景を遮られることなく見るにはもってこいのお店です。 特にテラス席からの開放的な眺めが人気です。 週末が近づくと混み合うため予約がベター。 どちらも素晴らしい眺め 数ある香港のデザイナーズホテルの中でもトップクラスのセンスで多くのファンを集める「The Upper House」。 その49階に入るは、スタイリッシュな空間で数々のメディアで紹介されるお洒落バーの代表格。 デザインセンスの高い空間と九龍半島のパノラマ夜景がとても贅沢です。 メインはステーキ専門のレストランですが、レストランフロアからさらに階段を使って屋上へ上がると開放的なルーフトップバーになっています。 目線の高さには、香港のランドマークになるような都心の高層ビルの高層階があるのが独特です。 HORIZONTE LOUNGE 人々の生活を感じる下町ビューが魅力 正面には都心部の夜景、反対側には人々が生活する下町の光が 一方、九龍半島サイドにあるのは、佐敦(ジョーダン)駅から徒歩3分ほどの場所にある「ホテル・マデラ香港」の29階の。 「Wooloomooloo Steakhouse」に対し、こちらのバーから正面を見ると都心部の洗練された光が輝き、反対側には人々の暮らしを感じる下町の夜景が見渡せます。 店内には望遠鏡もあるのも楽しみのひとつ。 九龍半島のメインストリート・ネイザンロードをはじめ、ビルの間を走る車がまるで溶岩のように赤い光を放ちながら街の中を脈々と流れていきます。 開放感がたまらないルーフトップバーですが、冬は寒さがこたえるので、利用するなら夜風が冷える12月から2月および雨の日は外すのがベターです。

次の

【徹底解説】旅行酒吧(トラベルバー,travel98)とは?

香港 旅行 バー

こんにちは、香港在住のしゅうまいです。 香港のイメージといえば、100万ドルの夜景を思い浮かべる方も多いでしょう。 有名観光地のビクトリアピークはぜひ訪れてみてほしい夜景スポットですが、実はピーク以外にもカジュアルに夜景を楽しむことのできる場所がたくさんあるんです。 特に、香港自慢の夜景を見ながらお酒が飲めるバーに行ってみると、昼間のエネルギッシュな街とはまた違った表情を味わえること間違いなしです。 実際に訪問してみて自信をもっておすすめできるところを選りすぐり、観光や出張で来られる方向けにまとめてみることにしました。 特に見ていただきたい方 ・出張で香港に行く機会があるけど、仕事が忙しくて有名な夜景スポットのビクトリアピークまで行く時間がない。 とはいえ、香港の夜景を手軽に楽しみたい。 ・旅行で行くことになったけど、ディナーの後の二次会まで満足いく場所で過ごしたい。 できれば、何泊かするので一箇所だけでなく違った場所も行ってみたい。 そんな方に向けて、書いていきます。 バーの情報をまとめるにあたり、どんな切り口で書こうか迷いましたが、最終的に地区別にまとめることにしました。 夕食で行く定番の街はだいたい決まっていますので、それぞれの街で徒歩で回ることを想定し、無理なく移動できるように考えました。 また、金曜日など満席で待たされたり、貸切で入れないなど予期せぬ事態もあるので、バー難民にならないためにも近い場所でできるだけ2つは候補を紹介できるよう配慮しました。 だいたいビール1杯60-80HKD、グラスワイン1杯100-300HKDくらいのイメージです。 当然、その辺にあるバーよりは高いのですが景色代と考えて、割り切って楽しむといいかもしれません。 さらに開拓を続け、良いバーが見つかったら随時更新していきます。 どれも、レストランやホテルが集中している場所から徒歩で回ることができます。 ぜひ香港の夜を忘れられない思い出にしてください。 それではどうぞ。 Sevva 金融街セントラルのど真ん中にあるルーフトップバー。 目の前の公園を見おろす開放的な空間で、左手には対岸のカオルーン側の夜景、右手には金融街のビル群が織りなす派手な夜景と表情に富んだ場所。 香港の風を感じながらスタンディングで飲むビールは格別なこと間違いなしです。 エントランスからルーフトップのエリアに足を踏み入れた瞬間、うわーっと声をあげてしまうくらい素敵空間です。 間違いなく、あがります! 駅からも近く、レストランが集中するランカイフォンエリアからも徒歩5分程度なのでアクセス抜群。 セントラルでの二次会に最適ですし、一度はここを目的に訪問してみることをおすすめします。 ドレスコードが結構厳しいので特に男性は要注意。 暑い時期でも短パンサンダルはNGで、何度か入り口で止められた経験あり。 Cafe Gray Bar セントラルとワンチャイの中間地点、アドミラリティ駅から渡り廊下でアクセスできるショッピングモールの上にマリオットやコンラッドなどの高級ホテルが立ち並ぶ。 その中の一つ、The Upper House上層階、49Fにあるバー。 ホテル入り口からまずエスカレータを上がり、エレベーターで一気にこのバーへ。 入り口から暖色系の色で統一された空間は、テーマパークで人気のアトラクションに入っていく時にかすかに覚える高揚感と近いものがあるかもしれない。 バーは夜景・雰囲気ともに素晴らしく、落ち着いて会話を楽しめる。 建物の構造的な特徴で、せり出した窓でゆるやかに仕切られたL字の席はほどほどにプライベート感があってよい。 4-6人で飲むならこの席がとれるとベスト。 セントラルからは近いように見えて意外と遠く、山を越えるイメージになるのでタクシー移動がいいです。 ワンチャイからも同様。 歩くと大変なのでタクシーで。 アドミラリティのショッピングモール内にはおしゃれなレストランもそこそこあるので、モールからの徒歩移動がスムーズでいいかもしれません。 ToTT's and Rood Terrace カジュアルでリーズナブルなレストランが充実しているコーズウェイベイ。 歴史的に日本人がたくさん集う街で、日本食レストランの数は香港でも随一だと言われています。 そんなコーズウェイベイで二次会に夜景を楽しむとしたら第一候補となるバーがここ。 駅直結のそごうからも徒歩5分程度の好立地。 エクセルシオールホテルの最上階で、エントランスのお出迎え感がよい。 中はルーフトップのテラス席と室内に分かれていて、当然ルーフトップ席は大人気。 コーズウェイベイからセントラル方面を見渡せる景色は素晴らしく、二次会と言わずサンセットのタイミングから空の変化を楽しみたいくらい。 座席数に限りがあるルーフトップの席が満席でも、中の雰囲気もなかなかよいです。 広い店内のため席同士もゆとりがあるので、ソファ席にでも腰掛けてガラス越しの夜景とお酒をゆっくり楽しめるでしょう。 Club 28 コーズウェイベイ駅のタイムズスクエア側、クラウンプラザホテル最上階のバー。 一次会レストランの位置によって、タイムズスクエア側での食事の後だったらここへの移動がスムーズでよいです。 最上階はバーカウンターと小さいテラス席、一階降りたところはさらに広いバーのスペースになっています。 個人的には一階降りた方がおすすめ。 天井高く、窓のないスペースが広がっていてルーフトップと変わらない開放感ある空間になっていて、香港競馬場を見おろす夜景も素敵です。 ホロがかかるカップル席があったり、暗めの照明だったりと雰囲気も満点。 近くで食事した際にはぜひ立ち寄って欲しい場所の一つ。 Aqua 明るさを落とした最低限の照明によって夜景がいっそう際立ち、耳元で会話するのにちょうどよいくらいの心地よい音楽が雰囲気を作る。 香港でこの場所に来て気分が上がらない人はいないんじゃないかと確信しています。 エレベーターを降り、エントランス向かって左がレストラン、右手がバーに通じる階段です。 薄暗い階段の上からはさっそく音楽が漏れ聞こえてきて、バーに向かう気分を盛り上げてくれます。 登りきったその先に真っ先に目に飛び込んでくるガラスいっぱいにひろがるビクトリア湾と香港島の夜景・・・そんな構造上の演出も憎いですね。 レストランが充実しているチムサーチョイで本当にお気に入りの場所。 チムサーチョイの定番夜景スポット、プロムナードから徒歩5分。 インスタ映えする写真スポット、ヘリテージ1881前を通ってすぐのビル、One北京の29Fです。 香港での特別な思い出にぜひ。 EYE bar レストランが多数入居するショッピングビル、iSquare。 その上層階にあるルーフトップバー。 レストラン部分から外につながるテラス席に出ると、外側に向かって夜景を見ながら飲めるようなカウンターの作りになっています。 ルーフトップ部分の手前側は立ち飲みスペース、奥は椅子がある作りで開放感抜群。 この高さで直接外を向く作りのルーフトップバーは貴重で、チムサーチョイの雑多な街並み越しに香港島を見ながら飲むビールは本当に美味しいです。 西向きなのでサンセットの時間もいいかもしれません。 iSquareのレストランはどれも夜景が綺麗なので、EYE barに限らずおすすめですがやはりルーフトップということでここを紹介しました。 便利な場所にあるのでぜひバー訪問の候補に加えてみてください。 中の雰囲気もまたいいです。 SKY LOUNGE MTRチムサーチョイ駅を出てネイザン道を南へ。 ネイザン道の起点となるこの場所にはシェラトンホテル(そごう)とペニンシュラホテルが立ち並ぶ。 シェラトンホテルの玄関を入り、客室用のエレベーターをしれっと使って最上階へ。 さらに階段を上がると正面に香港島のパノラマ夜景、右手には歴史を感じさせるペニンシュラホテルが飛び込んでくる。 チムサーチョイの最南端に位置するシェラトンは夜景という観点で見ると抜群の好立地。 高さはそれほどでもないものの、遮るものがあまりないためここで紹介している中でも屈指のパノラマが味わえる。 もう一つのポイントは落ち着く空間構成。 背面の壁が適度な狭さを演出していて、不思議と落ち着く素敵空間。 照明も適度に抑えられ、Aquaともまた違った心地よさが味わえる。 ネイザン道の東側で食事した後の二次会におすすめ。 OZONE 香港一高いビルICC、その上層階はリッツカールトンホテルになっている。 そのさらに最上階がこのバー、OZONE。 特徴はなんといっても484mから見下ろす圧倒的な夜景。 香港征服してやった感を味わえるのは間違いなし! 窓際の席は当然大人気です。 なので狙い目は平日夜。 バーカウンターの前に陣取って少し待つと、窓際の席が取れるかもしれません。 運良く座れたら特別な時間が過ごせるでしょう。 大人数なら予約席を取ってみるのもいいかもしれません。 価格はどうしても高めですがこの夜景を存分に楽しめるのだから、必要経費と考えましょう。 香港旅行の友人を案内してあげたら、大変喜ばれました。 もし香港が初めてで、最後の1泊をどう過ごすか迷われていたらここをおすすめしますね。 食事はカオルーン駅直結のショッピングモール、エレメンツ内にレストランがたくさんあります。 エレメンツからエスカレーターで外に出たところにもICCを見上げるようにオープンカフェやレストランが並ぶ雰囲気のいい場所があるので、そこで1次会からのOZONEという流れもいいですね。 Horizonte Lounge 最後にご紹介するのは少しローカルなエリア、ジョーダンからです。 駅から徒歩2分ほどの路地裏にひっそりと立つマデラホテル。 その最上階にあまり知られていない穴場のバーがあるんです。 ホテルのエントランスから宿泊客が使うエレベーターで最上階へ。 バーカウンターで注文をすませ、階段で屋上に出ましょう。 そこには地上のローカル感からは想像できない、いい意味で裏切られるような、3方を見渡せるパノラマ空間が広がっています。 あまり広くはありませんが、少し離れた場所からチムサーチョイ、カオルーンのICC、そして海を隔てて遠く香港島の夜景、モンコック側に広大にひろがる無数の住宅アパートの密集夜景・・・これらが一気に楽しめる場所はここだけです。 少し変化球ですが、ジョーダンにたくさんある大衆食堂でローカル感を味わった後に楽しむ夜景もまた、ギャップがあっていい思い出になるのではないでしょうか。

次の