浄土宗 仏壇。 浄土宗のお盆のやり方とは?迎え方・仏壇の飾り方・お供えなど解説!|終活ねっとのお坊さん

浄土宗の法事について徹底的に解説します!お布施やお経もご紹介|終活ねっとのお坊さん

浄土宗 仏壇

そもそもお盆とは、どのような行事なのでしょうか。 ここでは お盆について、由来や時期などを中心に簡単に説明していきます。 お盆の由来 お盆は、ご先祖様や故人の霊をしのび、供養するための行事というのが一般的です。 正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、古代インドの言葉が元で、「逆さづり」の意味を持っています。 お盆の正式名称である 盂蘭盆会ですが、由来はお経の説話です。 お釈迦様の弟子の一人が、死後の世界で逆さづりにされて苦しむ母親を助けたいとお釈迦様に相談したところ、旧暦の7月15日にたくさんのお供え物を用意して供養するようにとの教えを受けます。 そこで、弟子が言われた通りに供養したところ、母親を苦しみから助けることができました。 この行いを元にして誕生したのがお盆です。 たくさんのお供え物でご先祖様の霊を迎えることで、苦しむことなくあの世で過ごせるようにという願いが込められています。 お盆はいつからいつまで? お盆の時期は地域によって異なります。 旧盆であれば7月13日~7月15日がお盆の時期であり、新盆であれば7月15日もしくはその前後の土日がお盆の時期です。 また、 月遅れの盆であれば8月15日前後がお盆の時期となります。 浄土宗のお盆の流れ 一般的にお盆と言えば、ご先祖様の霊が住んでいた家へと帰ってくる時期であり、供養をするための行事というイメージが強くあります。 しかし、浄土宗では捉え方が異なり、供養は行いません。 浄土宗ではお盆を「歓喜会(かんぎえ)」とも呼び、ご先祖様の霊を通してお経や法話を聞き、念仏の教えに感謝するための行事として捉えます。 そして、お盆の捉え方が一般的なお盆と異なれば、当然お盆を迎えるための準備や流れも異なります。 そこで早速、 浄土宗のお盆の特徴について詳細を見ていきます。 お盆を迎える準備 浄土宗では、お盆を迎えるにあたって以下の準備を行います。 仏壇の掃除 まず、自宅にある仏壇や仏具を丁寧に掃除します。 汚れやほこりを毛ばたきで払い、 布で拭ってきれいにしましょう。 仏壇専用の掃除用具が販売されているため、使用すると便利です。 精霊棚の飾り付け 仏壇の前に精霊棚と呼ばれる祭壇を用意し、飾り付けを行います。 浄土宗では、お盆期間中は ご先祖様の霊が精霊棚に泊まると考えます。 そのため仏壇からすべて飾りを出して閉め、仏壇の前に飾り付けをするようにします。 ただし広さの関係で厳しい場合などは、精霊棚にお供え物を置くだけでも問題ありません。 迎え火 迎え火は、 ご先祖様の霊が迷わずに来られるための目印とされており、お盆初日の夕方くらいに、玄関先で行います。 折った芋殻を井桁の形に積み、燃やす方法です。 ただし、現在でも慣習として残ってはいるものの、住宅事情などから迎え火を行わない家庭も多くあります。 大切なのはご先祖様の霊をお迎えし、おもてなしする気持ちであるため、迎え火を行うのが難しい場合は無理に行う必要はありません。 お経・棚経 棚経とは、お盆の期間中に僧侶を招き、お経をあげてもらうことです。 丁重な供養が行われる初盆の際に行われることが多くあります。 地域によってはお布施を包むことがあるため、あらかじめ確認し、必要があれば用意するようにしましょう。 送り火・精霊流し お盆の最終日に、 ご先祖様の霊を送り出すために送り火を焚きます。 迎え火のときと同じように玄関先で火を焚きますが、住宅事情などから送り火を焚かない家庭も多くなっています。 また、地域によっては、送り火の代わりに精霊流しを行うところもあります。 精霊流しは、小さな船にお供え物を乗せて川や海に流す方法です。 灯籠流しを行う地域もあります。 浄土宗のお盆のときの飾り方 続いて、 浄土宗におけるお盆の飾り方を見ていきます。 詳細は以下の通りです。 精霊棚 一般的に、精霊棚は仏壇の前に置きます。 小さな机を用意し、その上に ゴザを敷いてお花や菓子、果物などをお供えします。 地域によっては、ご先祖様の霊が乗り物として使用する精霊馬をお供えすることがあります。 また、水の子や閼伽水(あかみず)を用意する地域もあります。 飾り付けの配置は、地域によって決まりがある場合もあれば自由な飾り付けが行われる地域もあります。 風習が異なるため、あらかじめ確認しておくと安心です。 盆提灯 盆提灯は、 精霊棚の左右に飾るのが一般的です。 基本的に1対となっていますが、スペースの関係で1つしか設置できない場合は1つだけでも問題ありません。 数に決まりはないので当然上限も無く、2対、3対と多めに飾ることも可能です。 通常のお盆では絵柄入りの提灯を飾りますが、初盆の際は白提灯を飾るようにしましょう。 精霊馬 精霊馬は、 ご先祖様の霊があの世とこの世を行き来する際に使用する乗り物とされています。 馬に見立てたキュウリと、牛に見立てたナスを精霊棚にお供えします。 作り方は簡単で、つまようじや割りばしを足に見立て、ナスとキュウリに刺して立たせます。 帰って来るときは、早く帰って来て欲しいから馬に乗って来てもらい、送り出す際は牛に乗ってゆっくりと帰って欲しいという願いが込められています。 ただし地域によっては、丁寧におもてなしできるよう牛にのってのんびりと来てもらう、と逆に考える地域もあります。 水の子 地域によっては、 水の子や閼伽水(あかみず)を精霊棚にお供えする地域もあります。 水の子は、深さがある器の中に、洗米と賽の目に刻んだナス・キュウリを盛り付けます。 閼伽水は、同じく深さがある器の中にきれいな水を入れて、みそはぎの束を添えます。 お団子 お団子はお盆のお供え物として定番の品です。 一般的なお盆では、送り団子や迎え団子といった風習があります。 しかし、浄土宗の場合はお団子に深い意味を持たせず、 一般的なお供え物の一つとして扱います。 用意するお団子の数や種類にも決まりはありません。 お膳(精進料理) お膳は、ご先祖様の霊に食べていただくために用意するおもてなしの食事です。 お盆期間中はずっと毎食後に用意するのが基本ですが、1日1食に省略されることもあります。 肉や魚を避けた精進料理が基本で、野菜などの植物由来の食材を用います。 白米のご飯・汁物・お漬物・煮物・おひたしの5種類を用意するのが基本で、浄土宗の場合は右上に煮物、左上におひたしを並べます。 お供え物 お供え物には、ふさわしいとされるものがあります。 具体的に下記のようなお供えが用いられるのが一般的です。 盆花 浄土宗の場合、盆花にはホオズキ・ガマの穂・枝豆がよく使用されます。 花瓶に挿すのではなく、 精霊棚に吊るして飾り付けます。 野菜・果物 ナス・キュウリ・トウモロコシ・スイカ・桃など、 季節の野菜や果物がよく選ばれます。 ナスやキュウリは精霊馬でも使用するため、お供えしやすいでしょう。 お菓子 お盆の時期になると、 お供え用の和菓子が販売されるようになります。 そのような和菓子をお供えしても良いですし、亡くなられた方が好きだったお菓子を用意しも問題ありません。 故人が好きだったもの 故人が好きだったものも定番のお供えとして選ばれます。 ただし浄土宗では、 お酒やタバコなどの嗜好品はお供えしないと説いている地域もあるため注意しましょう。 浄土宗のお盆に塔婆を建てる場合 お盆の時期にお坊さんに来てもらい、お経を読んでもらう際には気持ちとしてお布施をお渡しします。 浄土宗でもそれ以外の宗派でも変わりはありません。 そこで、 金額の相場やお布施の書き方について見ていきます。 お布施の金額相場 お布施の金額相場ですが、 初盆の場合は3万円~5万円程度が目安とされています。 通常のお盆であれば、5千円〜2万円程度包む方が多いようです。 また、自宅まで来ていただいた場合は、お車代として5千円〜1万円程度をお渡しする地域もあります。 お布施の書き方 お布施をお渡しする際は、 無地の白い封筒に包んでお渡しするのが一般的です。 表書きの書き方ですが、「御布施」と記載するか、何も書かず無地のままでも問題はありません。 ただし裏側には、名前と住所を書くようにしましょう。 浄土宗のお盆に関するまとめ• 浄土宗におけるお盆とは、ご先祖様の霊を通してお経や法話を聞き、念仏の教えに感謝するための行事。 浄土宗のお盆で必要な準備は、仏壇の掃除と精霊棚の飾り付け。 浄土宗のお盆の流れは、迎え火でご先祖様の霊をお迎えし、棚経を行い、送り火や精霊流しで送り出すのが一般的。 お盆の飾りとしては、精霊棚・盆提灯・精霊馬・水の子・お団子・お膳・お供え物などを用意し、飾り付ける。 お供えには、盆花・旬の果物や野菜・お菓子・故人が好きだったものなどを供えるのが一般的。 塔婆を建てる場合は、あらかじめ霊園や菩提寺に依頼し、用意してもらう。 僧侶を招いた際のお布施の相場は、初盆であれば3万円~5万円程度、通常のお盆であれば5千円〜2万円程度が目安。 お布施の書き方は、表書きは「御布施」もしくは無地のままで、裏側には名前・住所を書く。 浄土宗のお盆には、他の宗派のお盆とは異なる様々な慣習・特徴があることが分かりました。 この記事が、浄土宗のお盆の準備をされる皆様にとって、少しでもお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

金仏壇【浄土宗・融通念仏宗専用】

浄土宗 仏壇

仏壇とは 仏壇は先祖をまつる場であると思われている方も多いかもしれませんが、本来はご本尊の仏さまをまつる場所であります。 故人や先祖の位牌はご本尊の下段に置きますが、これは仏さまの弟子となったことを表しています。 仏壇のまつり方 浄土宗の仏壇では、須弥壇にご本尊をまつります。 須弥壇とは仏壇の中心となるもので、ご本尊を安置する場所となります。 須弥壇の左右に脇壇があり、その向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩をまつりますが、右側に善導大師、左側に法然上人をまつる場合もあります。 法然上人はご存知のように浄土宗の開祖ですが、善導大師は中国の浄土教の大成者で、法然上人が浄土宗を起こすきっかけとなった『感無量寿経疏(観経疏)』を著した僧です。 ご本尊の阿弥陀如来は木像・絵像どちらでもよく、立像・坐像どちらでも構わないとされていますが、ご家庭では舟立阿弥陀と呼ばれる立像をまつるのが一般的です。 位牌は脇壇のすぐ下の段にまつります。 位牌が1つの場合は向かって右側に、2つの場合は右側に古い位牌を置きますが、位牌の数が多くなってきた場合は繰り出し位牌にされるとよいでしょう。 繰り出し位牌とは位牌の札が複数入るようにしたものです。

次の

仏壇のまつり方

浄土宗 仏壇

浄土宗とは は、法然上人(ほうねんしょうにん、別名「源空(げんくう)」)が宗祖となって1175年頃に開かれた宗派です。 本尊は阿弥陀如来で、「南無阿弥陀仏」を称えながら安らかな日々を送り、極楽浄土への往生を祈るという教えが元となっています。 浄土真宗とは 一方、浄土真宗は親鸞聖人(しんらんしょうにん)が宗祖となって1224年頃に浄土宗から文派して開かれた宗派です。 もともと親鸞聖人は法然上人の弟子でした。 本尊は阿弥陀如来と浄土宗と同じ。 「南無阿弥陀仏」と唱えて極楽浄土への往生を祈るという基本的な考えも同じです。 浄土宗と浄土真宗の違い このように見ると、と浄土真宗は非常によく似ていることが分かります。 では、どのような点に違いがあるのでしょうか。 浄土真宗は浄土宗の発展版ととらえると分かりやすいでしょう。 「浄土宗は、念仏を唱えることこそが進行を表す証」としているのに対し、「浄土真宗では、念仏を唱えようとする気持ちが大切」であることに重きをおいています。 浄土真宗が浄土宗と違う点は、極楽浄土への往生のためには念仏を唱えることが必須の条件にはなっていないところです。 浄土宗が念仏を唱えることによって往生できるという考えをひといき超え、浄土真宗はさらに、念仏を唱えて信じているならば、その心が信仰心につながると説いています。 さらに、念仏を唱えようとする気持ちだけでなく、日々の感謝の気持ちは口に出すべきとしています。 それぞれ以下のような配置でかけられます。 浄土宗は昔ながら規律の厳しい宗派で、僧侶は坊主で結婚をしない、肉も食べないという禁欲の毎日を送るのが一般的でした。 その一方で、浄土真宗では普通の髪型をし、結婚をする僧侶が多くいました。 これは、親鸞聖人が「すべての人が差別なく本当の仏教というものを伝えたかったため」であるとされています。 現在では、僧侶が肉や魚を食べたり結婚したりするのは一般的ですが、親鸞聖人がその行為を行うまでは、タブーとされる風潮があったようです。 浄土真宗のお葬式の特徴 浄土真宗の自由度の高さは、お葬式にも現れています。 どのような特徴があるのか見てみましょう。 般若心経は、仏の智慧(ちえ)を完成させることを目的に称えるものです。 浄土真宗では、読経する努力によって報いを得るのではなく、阿弥陀如来のお力に一切をゆだねることで救われるという考え方があるため、あえて読経する必要がないとされています。 そのため、あえて死後に冥福を祈るひつようはないため、冥福を祈るという言葉は失礼に値します。 言葉を添える場合は、「謹んで哀悼の意を表します」という表現を使いましょう。 他の宗派の場合、人が亡くなった場合は四十九日の間は霊であり、四十九日の法要で初めて仏となる考えがあります。 しかし、浄土真宗ではなくなった瞬間から仏の元へ行くとされているため、御仏前が正しい記載方法です。 香を指でつまんだら、そのまま香炉へ移動させます。 また、線香の場合は2~3本に折り、横に寝かせましょう。 他にも細かい違いはありますが、上については代表的な違いです。 浄土真宗のお葬式に参列する機会のために、覚えておくと良いでしょう。 お葬式の豆知識• お葬式の種類• お葬式用語• 宗教と宗派•

次の