ほぼにち。 ほぼ日刊イトイ新聞

「動機」を仕事にする組織と、経営者・糸井重里

ほぼにち

「A VERY MERRY EVERY DAY to you」、 このカレンダー、ラストの日がやってきました。 2017年の1月からスタートして丸3年、 これがほんとうに最後の更新です。 たくさんの方々が、 このちいさな解説を読みにきてくださいました。 家にカレンダーがある方からは、 「まいにちめくるのがたのしい習慣になりました」 という声も届いています。 心から、ありがとうございました。 そんなみなさんに、 カレンダーからメッセージを。 写真の上に文字を入れたのは、 この最後のいちにちだけです。 HAPPY HOLIDAYS TO YOU ALL. 3年間、ほんとうにありがとうございました。 このカレンダーを持っている方は、 ときどき更新される、 このページの解説と合わせておたのしみください。 その日の写真について、 すこし詳しく知ることができます。 コメントをしてくださるのは、 スタイリストの岡尾美代子さんと、 撮影を手掛けたフォトグラファー・ 大段まちこさんのおふたりです。 「日めくりカレンダーBOOK VERY MERRY EVERY DAY to you 2019」については をご覧ください。

次の

ほぼ日(ほぼにち)とは

ほぼにち

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営などを行う日本の企業。 株式会社ほぼ日。 ・東京都港区北青山、資本金1000万円、・、 含む 65名 以上2016年11月30日現在 、売上高37億6700万円 16年8月期。 1979年12月24日、有限会社東京糸井重里事務所として創業し、98年6月に「ほぼ日刊イトイ新聞」を創刊した。 99年よりオリジナルグッズの販売を始め、2001年5月には「あみぐるみコンテスト」で第1回ホビー産業大賞の東京都知事賞を受賞した。 02年10月、株式会社東京糸井重里事務所となる。 03年12月には出版事業を立ち上げた。 11年11月には「のほぼ日」 宮城県気仙沼市 を開設している。 16年12月、株式会社ほぼ日に変更し、17年3月16日、ジャスダック市場に株式を上場する。 2017-2-16 出典 知恵蔵miniについて.

次の

VERY MERRY 日めくり雑貨カレンダー

ほぼにち

概要 [ ] 一般に ほぼ日(ほぼにち)と略されており、サイト内での通称としても公称されている。 元来、では更新の精神的プレッシャーやコンテンツ的にも厳しいと考えた糸井の案で、余裕を持たせて「ほぼ日刊」と称してはいるもの、発足した午前0時(時間)のサイト開設以来、毎日何らかのが更新されている。 もともとは糸井個人のウェブサイトとして始まったが、やといった物販に力を入れていき、高い収益性を誇る国内有数のサイトへと成長した。 現在、1日に約150万ページビューに達しており、個人のウェブサイトとしては日本最大規模を誇る。 後述の通り会員制の有料コンテンツや、広告スペースの販売などを今日まで一切行っていないにも関わらず、2014年には年間売上高が30億円に達した。 2012年にはを受賞している。 2005年10月までに入居していた ほぼ日の事務所は下の「」内にあったが、2005年11月にへ引っ越したのち、ページ規模の拡大に従い幾度かの転居を経験している。 コンテンツ [ ] 今日のダーリン [ ] 糸井重里によって毎日執筆されている「のようなもの」。 トップページに掲載されている。 サイト開設以来、一度も休むことなく毎日書き続けられている。 大きな特徴として、これまでに執筆された過去のエッセイは残されておらず、その日のうちに読んでおかないと次の日にはデータが更新されてしまう。 ただし、過去のエッセイ等をまとめたが販売されている。 対談 [ ] 糸井重里自身がゲストを招き、対談を行うコンテンツも多様な業界の人物が訪れる。 過去に登場した人物の一例として、、、、、、、、、、、、、、、、、、、等がいる。 物販 [ ] グッズとして、多くの企画商品を開発と販売を、大手のメーカーと協力して行っており、、、、土鍋など多岐に渡る商品制作が行われている。 ほぼ日の収益の中心となっている。 特に「」と呼ばれるオリジナルの綴じ手帳は、サイト黎明期からユーザーの様々な意見を取り入れ完成された人気グッズとなり、「進化する手帳」として現在でも毎年改良を重ねながら販売され続けている。 また、コンテンツから誕生した書籍が、数多く発行されているほか、と提携した「ほぼ日クレジットカード」まで発行された(現在新規発行は終了)。 その他、とと共同で、ほぼ日公式の「サルのおせっかい」を制作、販売した事もある。 樹の上の秘密基地 [ ] 糸井重里が制作した作品「」との繋がりからとの関係が深く、開設以来「樹の上の秘密基地」という任天堂周辺の連載が続けられている。 には任天堂が『』の情報をほぼ日に優先的に提供したり、ほぼ日スタッフが任天堂ホームページのページを担当することや、共同で企画で行うなど緊密な連携が見られた。 なお、任天堂の元であるは糸井との個人的親交のもと、ほぼ日の「 電脳部長」の肩書きを持っている。 これは岩田が本サイトの立ち上げと、糸井重里事務所内のオンライン化に友人として個人的に大きく尽力していたため(サイト立ち上げ時、岩田はに在籍)。 岩田やを招いての対談も定期的に行われている。 イベント [ ] サイト上での展開だけでなく、様々なイベント運営も企画している。 主なものとして、を招いた落語会「気仙沼さんま寄席」、での野球観戦(「野球で遊ぼう」)、創刊15周年の記念行事として「はたらきたい展。 」を2013年6月6日〜17日に渋谷のミュージアム 、同年12月28日〜2014年1月19日に梅田、2014年4月25日〜5月11日にでそれぞれ開催している。 他に、ほぼ日の社員(乗組員)が厳選した商品を一堂に会した「生活のたのしみ展」を2017年3月・11月に、2018年6月に、同年10月に、2019年4月にでそれぞれ開催している。 書籍 [ ]• ほぼ日刊イトイ新聞の本• はたらきたい。 がんばれ自炊くん シリーズ• はじめての落語。 ひとり会• Say Hello! あのこによろしく。 カワイイもの好きな人々。 ブタフィーヌさん1〜6• ほぼ日刊イトイ新聞の謎。 の秘密• ほぼ日手帳公式ガイドブック• さらに経験を盗め• 三位一体モデル• ベリーショーツ(の短編集)• 金の言いまつがい• 銀の言いまつがい• 黄昏(との対談)• 質問箱• 智慧の実を食べよう。 (2003年、・・・・谷川俊太郎)(DVDもあり)• 智慧の実を食べよう 学問は驚きだ (2004年、・・・)(DVDもあり)• の声と言葉。 吉本隆明が語る親鸞• はなちゃんの夏休み()• のことばの遊び場。 (土屋耕一、/編集)• かないくん(文:谷川俊太郎、絵:)• () - 連載『坊さん。 57番札所24歳住職7転8起の日々。 』の書籍化。 2015年に映画化• 小ネタの恩返し(イラスト:)• LIFE なんでもない日、おめでとう! のごはん。 LIFE2 なんでもない日、おめでとう! のごはん。 (飯島奈美)• LIFE3 なんでもない日、おめでとう! のごはん。 (飯島奈美)• 「LIFE 副菜」おかず、おかわり!(飯島奈美)• LIFEあつまる。 (飯島奈美)• LIFE 副菜2 もうひと皿!(飯島奈美)• みんなのおやつ ちいさなレシピを33()• うれしいセーター()• スール(三國万里子、なかしましほ)• 小さいことばを歌う場所()• 思い出したら、思い出になった。 (糸井重里)• ともだちがやって来た。 (糸井重里)• ブイヨンの気持ち。 (糸井重里)• ブイヨンの日々。 (糸井重里)• あたまのなかにある公園。 (糸井重里)• イトイの通販生活。 (糸井重里)• 羊どろぼう。 (糸井重里)• さよならペンギン(え:、ぶん:糸井重里)• ボールのようなことば。 (糸井重里)• ふたつめのボールのようなことば。 (糸井重里)• 夜は待っている。 (糸井重里)• ぽてんしゃる。 (糸井重里)• ぼくの好きなコロッケ。 (糸井重里)• 忘れてきた花束。 (糸井重里)• 抱きしめられたい。 (糸井重里)• 思えば、孤独は美しい。 (糸井重里) グッズ [ ]• ほぼ日ホワイトボードカレンダー• やさしいタオル• ほぼ日ハラマキ• カレーの恩返し• ほぼ日のアースボール 株式会社ほぼ日 [ ] 株式会社ほぼ日 Hobonichi Co. , Ltd. 機関設計 市場情報 2017年3月16日上場 本社所在地 〒107-0061 二丁目9番5号 スタジアムプレイス青山9階 設立 10月 創業は(有限会社東京糸井重里事務所) 事業内容 ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営およびコンテンツ製作、商品の販売 他 代表者 代表取締役社長 資本金 3億49百万円(2019年8月現在) 売上高 54億65百万円(2019年8月期) 営業利益 6億40百万円(2019年8月期) 経常利益 6億38百万円(2019年8月期) 純利益 4億41百万円(2019年8月期) 純資産 36億14百万円(2019年8月31日現在) 総資産 50億63百万円(2019年8月31日現在) 従業員数 85名(契約社員含む) (2019年8月31日現在) 決算期 8月31日 会計監査人 主要株主 糸井重里 27. 商品の企画・販売事業も行っている。 に糸井重里の個人事務所「有限会社東京糸井重里事務所」として設立されに株式会社へ組織変更、に現在の社名となった。 2017年3月16日にはに上場している。 ほぼ日の収入の約7割がの売り上げに依存しており、故に株式市場における業種区分も「小売業」となっている。 沿革 [ ] 出典:• 1979年12月 - 有限会社東京糸井重里事務所を設立• 1998年 06月 - 『ほぼ日刊イトイ新聞』を創刊• 1999年 03月 - 本社をの一軒家(通称「鼠穴(ねずあな)」)に移転• 1999年11月 - 初のオリジナル企画商品「ほぼ日Tシャツ」の販売を開始• 2001年 08月 - 本社を東京都港区のビル(通称「」)に移転• 2002年10月 - 株式会社東京糸井重里事務所に組織変更• 2003年12月 - 出版事業を立ち上げ「オトナ語の謎。 」を発行• 2005年11月 - 本社を東京都港区の九曜ビルに移転• 2010年12月 - 本社を東京都港区の青朋ビルに移転• 2011年11月 - 支社「気仙沼のほぼ日」をに開設• 2013年 06月 - 株式会社気仙沼ニッティングを設立• 2016年 01月 - 本社を東京都港区北青山のスタジアムプレイス青山に移転• 2016年12月 - 株式会社ほぼ日に社名変更• 2019年 07月 - 株式会社気仙沼ニッティングが独立• 2019年11月 - 気仙沼のほぼ日の運営終了• 2019年11月 - に「ほぼ日カルチャん」「ほぼ日曜日」の2店舗を出店• 2018年4月19日閲覧。 原則、平日は11時、土休日は9時(いずれも、)に当日の分を更新している。 - オンライン(2012年11月15日)• - パルコミュージアム• - ニュースリリース(2017年6月1日)• com 2015年5月13日. 2015年5月13日閲覧。 (2016年12月1日付けで、株式会社東京糸井重里事務所より社名変更。 株式会社ほぼ日. 2020年7月5日閲覧。 株式会社ほぼ日. 2020年7月5日閲覧。 外部リンク [ ]• 1101complus -• - ページ• - チャンネル• hobonichi1101 Instagram -• - 企業情報サイト• - 公式アプリの一覧.

次の