洗濯機の使い方。 洗濯を始める前にチェック。正しい全自動洗濯機の使い方とは?/パパのためのお洗濯ガイド

【洗濯初心者必見】正しい洗濯機・洗濯洗剤・柔軟剤の使い方&お洗濯の基本と正しい方法をご紹介

洗濯機の使い方

もくじ• html 洗濯機の風乾燥、意外と使ったことがない方も多いのではないでしょうか? 風乾燥とはなんなのか?その効果はどういったものなのでしょうか? 風乾燥は、洗濯機についている機能で、その名の通り 風で洗濯物を乾燥させる機能です! ですが、こちらは洗濯物を完全に乾かすためのものではないようです。 具体的にいうと、洗濯機は稼働させるとぐるぐると回りますよね? その回転の力を使って風を起こし、その力で「ある程度」洗濯物を乾燥させることができます。 ですので、完全に洗濯物を乾かすためにあるのではなく、 洗濯物の水分を風である程度飛ばすことによって、 干して乾燥させる時の時間を短縮するための機能 ということのようです! 部屋干しをすると、お部屋の中がじめじめしてしまって不快だった・・・という 経験ありますよね。。 (私はあります。 笑 ) そんな時は、風乾燥を上手に利用して部屋干し時間を短縮してみると良いかもしれませんね。 これからの梅雨の時期なんかには、 乾燥機がないお宅の方にはぴったりの機能ですね^^! また、洗濯物だけでなく、湿気によりカビが生えやすい洗濯機そのものを風乾燥することにより 洗濯機にカビが発生することも防いでくれるようですよ! 一時間くらい風乾燥をすると効果的のようです。 まず風乾燥。 こちらは先ほどもお伝えしたように、洗濯機のファンの力で風を起こし、 その風である程度水分を飛ばすものとお伝えいたしました。 通常の乾燥機ですと、温風を出して乾燥機の槽内を温めて 洗濯物の水分を蒸発させています。 また温度の点でも、洗濯機の風乾燥とは違い、 衣類乾燥機は 通常低音モードでも60度、高音モードでも95度くらいの温度で 衣類を乾燥させています。 そういう理由で、洗濯物を完全に乾燥させることができるのです。 blog. so-net. aspx? ちょっと高いな。。 と思いますよね。 これは、温風を出すために電力が多く使われているのが原因です。 しかし、洗濯機の風乾燥は、洗濯機の洗濯槽を回転させているだけなので 一回でかかる電気代は1〜2円ほどとなるようです!お安い! 化学繊維なら風乾燥で乾いた!という声もあるようなので、 洗濯物の中身を見て風乾燥で済ませられるならそうしたいところですね。

次の

【基本編】全自動洗濯機の使い方。 一人暮らしで初めての洗濯も安心

洗濯機の使い方

注意が必要な洗濯表示マーク こちらは家庭での洗濯を禁止するマーク。 自力で洗濯することができないので、このマークの付いた衣類はクリーニング業者に任せましょう。 こちらは手洗いで洗濯できることを示すマーク。 実際には手洗いのほか、洗濯機の手洗いコースを使用して洗濯することができます。 何でもかんでも洗濯機に入れればOK…なんてことはありません。 洗濯ができる衣類かどうか、まずは洗濯表示を見て確認しましょう。 手のマークがある衣類は手洗い、または洗濯機の手洗いコースでしか洗うことができません。 こちらは自宅で洗うことが不可能なので、大人しくクリーニング店に任せましょう。 洗濯機を回す前にすべきこと 洗濯表示を見て洗濯機で洗えることを確認したら、いざ洗濯! …と行きたいところですが、まだ最後の準備が残っています。 色柄物は先に色落ちチェック 濃い色の洗濯物は洗剤を原液のまま目立たない部分に付けて、色落ちの確認をしておきましょう。 数分放置したあと白い布で押さえたとき、色が移ってしまうようなら、他の衣類と一緒に洗濯しないようにしましょう。 ひどい汚れには予洗いを 目立つ汚れがある場所には、あらかじめ液体洗剤を塗っておきましょう。 こうすることで、洗濯した際の汚れ落ちが良くなります。 デリケートな衣類は洗濯ネットへ 洗濯表示マークの近くなどに「ネット使用」と書かれていた場合は、洗濯ネットを用意しましょう。 洗濯ネットは衣類のシワや色移りを防ぎながら、デリケートな衣類を洗濯するための便利なアイテム。 洗濯ネットの基本的な使い方は、をチェックしてくださいね。 【洗濯ネット/amazon】• 洗濯ネット6点セット。 通常の角型だけでなく、ブラジャー用のドーム型ネットなども入っていて便利。 超基本!洗濯のやり方 【洗濯機を使った洗濯のやり方】• まずは洗濯機のホースが蛇口に繋がっていることを確認します。 蛇口が締まっていると洗濯槽に水が入らないので、必ず蛇口をゆるめておきましょう。 洗濯物の中にデリケートな衣料や下着がある場合は、洗濯ネットに入れておきます。 また泥や黄ばみ、シミがあるものは、洗濯前に予洗いをしておきましょう。 洗濯槽に洗濯物を入れていきます。 入れる量は洗濯槽の容量の8割程度を目安にして、洗濯物を入れすぎないようにしましょう。 次に洗濯物に応じてコースを選びます。 洗濯物によっては手洗いコースなどを活用することもありますが、慣れないうちは標準コースで洗濯を行いましょう。 洗濯用洗剤を洗剤の投入口に入れます。 洗剤の分量は、洗濯用洗剤の注意書きに従ってください。 柔軟剤も同じように分量を計り、専用の投入口にセットしておきます。 最後に洗濯機をスタートさせます。 後は洗いやすすぎ、脱水などを洗濯機が自動で行ってくれます。 洗濯が終わったあと、中の洗濯物を放置すると雑菌が繁殖して臭いの元になったり、シワの原因にもなります。 洗濯が終わったら、なるべく早く干すようにしましょう。 【柔軟剤や洗濯のりは何のために使うの?】 柔軟剤は仕上がりを柔らかく、洗濯のりは仕上がりをパリっとさせるために使用します。 通常は柔軟剤の投入だけでOKですが、ワイシャツやデニムなど、ハリを持たせたい衣類には洗濯のりを使うと仕上がりが良くなります。 ちなみに柔軟剤と洗濯のりは同時に使うことができるので、柔らかさとハリを両立させることも可能です。 洗濯のりの使い方はを、柔軟剤の使い方はを参考にしてみてくださいね。 洗濯のやり方【手洗い編】 洗濯表示で手のマークが付いている衣類は、洗濯機の手洗いコース、もしくは手洗いで洗濯することになります。 特にニット製品などを、形を損なわずに自宅で洗濯するには必須の方法です。 洗濯機と比較すると少々手間がかかりますが、デリケートな衣類を自宅で洗うためにも、覚えておいて損はありませんよ。 【手洗い洗濯のやり方】• まずは洗剤の注意書きに従って洗剤と水を混ぜ、洗濯おけに洗剤液を作ります。 洗濯物を畳んで洗濯おけに沈め、手で押すようにしてやさしく洗います。 これを数十回ほど繰り返せば洗いの段階は完了です。 洗濯おけの水を取り替えて、洗濯物をすすぎます。 洗うときと同じように服を押します。 水を数回かえ、洗剤の泡が出なくなったらすすぎ完了です。 柔軟剤を使用する場合は、すすぎ後に投入します。 洗濯物を軽く押したまましばらく待って、柔軟剤の成分に浸すようにしましょう。 最後にもう一度洗濯機で軽い脱水にかければ、手洗い洗濯は完了です。 ご紹介した押し洗いは、手洗いの際の最も基本的な洗い方になります。 汚れがひどい場合はその部分を手でもんだりして洗いましょう。 【漂白剤の使い所は?】 衣類用の漂白剤は主に汚れやシミを落としたり、衣服に付いた臭いを取るために使うものです。 色柄物にも使える酸素系漂白剤や、白物専用の塩素系漂白剤などいくつか種類があるので、落としたい汚れの種類や衣類の素材に合わせて使い分けるようにしましょう。 ただし、直接肌に付かないようゴム手袋の使用が必須です。 漂白剤の基本的な使い方は、を参考にしてくださいね。 残り湯は水道から出した水よりも温度が高いため、洗剤が溶けやすく、また汚れが落ちやすいのがメリットです。 その他水道代の節約にもなるなど、残り湯洗濯のやり方は覚えておいて損はありません。 気になる方は、をチェックしてみてくださいね。 自宅で洗濯できないものは宅配クリーニングが便利! 洗濯不可やシミが落ちない服は洗濯機で無理に洗わず、クリーニングに出しましょう。 近所にクリーニング屋がない、たくさん服を持ち込むのが面倒、という方は宅配クリーニングがおすすめ。 宅配クリーニング「リネット」はお手軽価格で、自宅まで集荷&お届けしてくれます!.

次の

【基本編】全自動洗濯機の使い方。 一人暮らしで初めての洗濯も安心

洗濯機の使い方

タグ 100 100均 1回 DIY アイデア アイテム アイロン アクセサリー あて布 アンモニア臭 いい匂い イライラ インク エアコン おしゃれ おすすめ カーテン かけ方 カバー カビ カビ取り カビ対策 カメムシ きれい クエン酸 グッズ クリーニング クローゼット コース コート コインランドリー コツ ゴム部分 サーキュレーター サイズ シミ シワ スーツ スエード すすぎ スチーム ステンレス スプレー スリム セーター セスキ セスキ炭酸ソーダ そのまま タイミング ダウン タオル たたまない たたみ方 たたむ ダニ対策 タンブラー乾燥 つけおき つけ置き ティッシュ デメリット テンセル ドライ ドライ・セキユ系 ドライクリーニング ドライコース ドライセキユ系 ドライマーク ドライヤー ドラム ドラム式 ドラム式洗濯機 とる ニット ネット パーツ バッグ ハンガー ハンコ ビジュー ピンク ふきん ベランダ ホース ボールペン ポイント ほこり ポリエステル マーク メリット メリット・デメリット めんどくさい やり方 ラック ランドリーボックス ランドリーラック ルール レーヨン ワイシャツ ワッペン 一人暮らし 上履き 上靴 下水 中性洗剤 乾いた 乾かし方 乾かす 乾かない 乾く 乾燥 乾燥機 予防 予防対策 交換 交換方法 付け方 伸びた時の対処法 何回 作り方 使い方 便利 保管方法 入れすぎ 入れっぱなし 入れ方 全開 冬 処分 効果 匂い 卵 原因 収納 取り付け 取り付け方 取り方 古い洗濯機 問題点 回数 固定 場所 墨汁 変色 夏 外 外し方 外干し 夜 夜干し 大丈夫 夫 失敗 室内 室内干し 家 家電 対処 対処法 対策 工夫 布 布団 布団乾燥機 布巾 干しすぎ 干しっぱなし 干し忘れ 干し方 平干し 当て布 応急処置 意味 扇風機 手作り 手洗い 手順 掃除 掃除の頻度 排水口 搬入経路 放置 故障 新聞紙 方法 早い 早く 早く乾かす 早く乾く 時短 時間 時間が経った 暖房 服 条件 染み抜き 柔軟剤 業者に依頼 正体 歯磨き粉 毛布 毛玉 水抜き 水洗い 水洗い不可 水温 水漏れ 水通し 水道 水道代 汚れ 汚れ防止 油汚れ 注意 注意点 洋服 洗い方 洗い直し 洗剤 洗浄力 洗濯 洗濯mの 洗濯ネット 洗濯槽 洗濯機 洗濯機の故障 洗濯機台 洗濯物 洗濯物の量 洗濯表示 洗濯頻度 洗面所 浴室 浴衣 消毒 液体 清潔 温度 湿度 漂白 漂白剤 煮沸 煮洗い 熱湯 物干し 特徴 理由 生乾き 生地 男 畳み方 白 白カビ 白く 白スニーカー 皮脂 目安 着る 短い 禁止 種類 窓 節約 簡単 粉 素材 緑 縦型式洗濯機 縦型洗濯機 縮む 脱水機 自宅 臭い 臭い取り 色落ち 茶色 落とし方 虫 虫よけネット 蛇口 血液 衣類 表示 袋 被害 裏技 裏返し 見分け 賃貸住宅 購入 赤カビ 赤ちゃん 過炭酸ナトリウム 道具 選び方 部屋 部屋干し 酢 酸素系漂白剤 重さ 重曹 防止 防水パン 除去 除湿 除湿機 除菌 雑巾 雑菌 雨 雨の日 雨よけ 電気代 靴 頻度 駆除 黄ばみ 黄色 黒 黒カビ 黒ずみ• 今まで洗濯をしたことがなかった人は、洗濯機の使い方がよくわからないですよね。 最近では、全自動洗濯機が洗濯から脱水まで行ってくれますが、洗濯機には便利なコースもたくさんあります。 これから一人暮らしを始める人は特に、洗濯機の使い方を覚えて自分で洗濯ができるようにしましょう。 全自動洗濯機の使い方やコースを理解すれば、洗濯を便利にすることもできますよ。 最初は難しいかもしれませんが、使い方やポイントを覚えてしまえば簡単です。 ここでは、洗濯機の使い方がわからない人へ、基本的な使用方法や洗濯機に書かれているコースについてご紹介します。 洗濯をする前にチェックしたいことや、洗濯のよくある疑問についてもお伝えしますので、併せて確認してみてくださいね。 全自動洗濯機の使い方がわからない時の基本的な使用方法 今まで実家で暮らしていた人は、洗濯などの家事は母親がやってくれていたでしょう。 しかし、社会人になり一人暮らしを始めると家事は全て自分でこなさなくてはいけません。 洗濯ももちろんしなくてはいけませんが、簡単だと思っていた全自動洗濯機の使い方がよくわからないという人もいるのではないでしょうか? 全自動洗濯機の基本的な使用方法を紹介します• 洗濯機の電源を入れて、水栓をあける 洗濯機のコンセントはさしていますか? コンセントをさして、まずは洗濯機の電源をいれましょう。 そして、洗濯機につないでいる水栓を開けておいてください。 開けても洗濯機が動くまで水は出てこないので安心してください。 洗濯物を入れる 洗濯槽に洗濯物を入れましょう。 この時、衣類のポケットの中にティッシュなどが入っていないか確認してください。 ティッシュが入ったまま洗濯をしてしまうと、洗濯物にティッシュがこびりついて大変な思いをする事になりますよ。 また、ホックや飾りがついた衣類は洗濯ネットに入れるようにしましょう。 洗濯物の量は、容量の8割を目安にしてください。 コースを選択しスタートする 日常着ている衣類を洗濯する場合は、標準コースを選択してください。 そしてスタートボタンを押します。 洗濯コースについては、下記で詳しく説明します。 洗剤を入れる 洗濯機に水量が表示されるので、それを目安にして洗剤の容器に表記されている量の洗剤を投入口に入れます。 洗濯機を確認してみてください。 洗濯洗剤の投入口、柔軟剤の投入口、粉末洗剤の投入口など、それぞれ専用の投入口がありますよね。 柔軟剤を使用するなら柔軟剤の投入口に入れましょう。 漂白剤も使用してシミや汚れを落としたい時も漂白剤の投入口へ入れますが、専用の投入口がない場合は、洗濯洗剤と一緒の投入口へ入れましょう。 洗濯機のフタを閉める 洗濯機のフタをしめないと、洗濯がスタートしない機種もあります。 私の家の洗濯機は、音が「ピーピー」と鳴り、フタがしまっていないと知らせる機能がついていますよ。 洗濯が終わったら、すぐに取り出して干す 洗濯が終了した時も、音で知らせてくれるでしょう。 そこで「あとで干せばいいかな」と放置するのではなく、すぐに取り出して干すようにしてください。 放置しておくと、衣類がシワになりやすい事はもちろん、嫌な臭いが発生してしまう原因の雑菌が繁殖してしまいます。 洗濯機からすぐに取り出して、形を整えて干すようにしましょう。 これが基本的な使用方法です。 使い方がわからない!洗濯機に書いているコースとは いつも着ている衣類を洗濯する時は標準コースで洗濯すると思いますが、他にも色々なコースがありますよね。 この洗濯コースを上手く使い分けて利用しましょう。 洗濯機の主なコースについて紹介します。 標準コース このコースを使っているとい人が多いと思います。 洗濯にかかる時間はだいだい30分前後で、すすぎは2回に設定されているでしょう。 このすすぎですが、洗剤によってはすすぎ1回でもOKとなっている場合は、設定を変更する事で時短にもなります。 お急ぎコース(スピーディーコース・節約コース) このコースで洗濯をする時は、あまり汚れが気にならない衣類を洗濯する時で、時短したい場合がおすすめです。 すすぎは1回で設定されている事が多く、洗濯時間も20分程度でしょう。 念入りコース このコースは、厚手の衣類などを洗濯する時に使用するのがおすすめです。 厚手の衣類は洗濯洗剤が落ちにくいので、すすぎは2~3回程度に設定されていて、脱水は長めでしょう。 洗濯時間は40~50分です。 手洗いコース(ドライコース・ソフトコース) 優しく洗いたい、デリケートな衣類を洗濯したい時におすすめのコースです。 洗濯時間も20分程度と短く、すすぎも脱水も短めに設定されていますよ。 洗濯機の使い方がわからない!風乾燥システムについて 全自動の洗濯機に「風乾燥」という機能がついていませんか? この風乾燥システムは、どんな機能かもわかりませんよね。 私は、乾燥機と同じだと思っていたのですが、違いました。 乾燥機は高温の温風で乾燥させます。 高温なので乾燥する時間も短くて済みますが、衣類にダメージを与えてしまう事があるでしょう。 それに対して風乾燥は、冷風を出してその風の力で水分を蒸発させるのです。 なので、衣類に与えるダメージは少なくなりますが、冷風なのであまり乾かない事、そして仕上がりがふんわりしないという事も気になる事があります。 しかし、梅雨の時期などは部屋干してもなかなか洗濯物が乾かない事がありますよね。 そんな時に、この風乾燥を利用してみると良いでしょう。 また、この風乾燥は洗濯機のカビの発生も防いでくれるという嬉しいメリットもあります。 上手に利用していきたいですね。 洗濯機で洗濯をする前にチェックしたいこと 洗濯機の使い方がわかった所で、早速洗濯してみようと一気に溜まった洗濯物を洗濯槽に入れていませんか? その前にチェックしてほしい事があります。 洗濯機で洗濯できない衣類が入っていませんか? 洗濯表示を確認してみてください。 手洗いしなくてはいけない衣類もありますよ。 また、洗濯機の使い方でも紹介したようにポケットの中も確認しなくてはいけません。 ティッチュが入っていたら、本当に面倒な事になってしまいます。 チャックがついている衣類は閉じておきましょう。 他の洗濯物との絡まりや傷みを防ぐためです。 そして、汚れがヒドイ洗濯物は、ひと手間加えてから洗濯をする事によって汚れが落ちやすくなります。 襟や袖などの汚れが目立つ部分には液体洗剤を塗って揉み込んでおくようにしましょう。 色落ちが心配な衣類は、他の衣類と一緒に洗濯すると色移りしてしまう事もあるので分けて洗濯をすると良いですよ。 このように、洗濯する前に必ずチェックすることで洗濯で失敗しないようになります! 洗濯をする時のよくある疑問 洗濯をする前にチェックして洗濯物を仕分けしたりしていると、衣類にシミが付いている事に気がついたり、臭いが気になったりしてくると思います。 そんな時はどうしたらいいのでしょうか?• 衣類のシミや臭いが気になったら、液体の酸素系漂白剤を使用してみましょう。 シミの部分に液体の酸素系漂白剤を塗り、揉み込んでください。 また、洗濯洗剤と一緒に使用して洗濯する事で臭い対策にもなります。 その他に、色落ちしないと思って一緒に洗濯をしたのに、他の衣類に色移りしてしまったという事もあるでしょう。 そんな時は、洗濯洗剤を表記されている3倍程度のつけ置きの量の洗剤で、30分ほどつけてみましょう。 それでも落ちない場合は、漂白剤を使用してみてください。 そして、確認するのを忘れて何度も失敗してしまうことがある、ティッシュが入ったまま洗濯をしてしまった場合は、乾燥機にかける事でこびりついたティッシュが落ちやすくなりますよ。 乾燥機がない場合は、コインランドリーを活用するか、地道にガムテープやコロコロで取るしかないでしょう。 野菜ネットを手にはめて、衣類を撫でるようにしてもティッシュを取る事ができます。 もし、失敗してしまった時は試してみてくださいね。

次の