宮崎 葬儀。 宮崎県の葬儀会社・葬儀場一覧|安心できる葬儀ガイド

プリエール宮崎 田野ホール

宮崎 葬儀

参列者にお菓子を配る 宮崎県でも、ほかの九州の各地と同じく一般的に参列者は通夜振る舞いには参加しません。 通夜振る舞いは近親者のみで行いますが、これに代わるものとして、「目覚まし」と呼ばれる風習があります。 隣組などの近隣の人たちが饅頭やお団子などのお菓子を用意し、参列者に持ち帰ってもらうというものです。 地域によっては、お菓子ではなくお米を持ち寄ってご飯を炊き、握り飯にして持ち帰ってもらうところもあるようです。 出棺の際に茶碗を割る? 出棺をする時に、遺族が故人の茶碗を割る「茶碗割りの儀式」があります。 亡くなった方がこの世への未練をきっぱりと絶ち、あの世へいけるようにとの願いが込められています。 また、郡部地域では、お盆の「送り火」のように、わらやおがらを燃やして見送る風習もあります。 白い布を首に巻いて火葬場へ向かう? 遺族が白いものを身につけ出棺する風習は各地に見られますが、宮崎県の一部地域では、遺族が「いろ」と呼ばれる白い布を首に巻いて火葬場へ行く風習があります。 これは「いろをつける」と呼ばれています。 額に付ける三角の布や 白装束の名残とも言われていますが、白装束の故人と同じ格好になって送ることで、「あの世へ旅立つ前までは、私たちも故人と共に見送ります。 しかし、そこから先はお一人で旅立ち迷わず成仏してください」という意味が込められているようです。 また、白という色は、白蛇や白狐など神仏の使いの動物が白い色をしているように、この世とあの世を結ぶ霊界の象徴とも考えられています。 宮崎県のお葬式に参列する 宮崎県のお葬式は、先に火葬をしてから葬儀をする「前火葬」と、通夜、葬儀の後に火葬をする「後火葬」の地域があります。 故人のお顔を見るため参列してもお目にかかれない場合があるので、事前に確認することをおすすめします。 また、通夜振る舞いは、遺族、近親者だけで行うことが多いようです。 不浄払い? 宮崎県には、不浄払いと呼ばれる風習があります。 古事記や日本書紀に書かれている天孫降臨の地として知られる高千穂峡がある宮崎県は、神話の里、神の国として知られています。 神道の考えでは、死は穢れととらえています。 この穢れは、一般的な穢れの意味ではなく非日常の世界が発生したとの意味です。 そのため、不幸があると神棚を閉じ、半紙で神棚を覆います。 宮崎県は神棚封じだけではなく、葬儀の後、葬儀に使われた場所を、神棚から食器に至るまで払い清める「不浄払い」を行います。 この不浄払いは、神官が行う場合もあるようです。 宮崎県のそのほかの風習? 宮崎県でも他の地域と同じく出立の膳と呼ばれる会食をする地域が多くあります。 出立ちの膳は、故人と最後にいただく食事です。 出立ちの膳は、九州各地で広く行われている風習です。 葬儀社に聞いた葬儀しきたり お葬式経験者に聞いた葬儀しきたり 延岡市 通夜での会葬者への接待。 (男性 52歳) えびの市 炊き出しは地元婦人会担当となっている。 (男性 71歳) 児湯郡 受付は自治会の班単位でおこなう。 (男性 57歳) 宮崎県の葬儀のしきたりQ&A.

次の

【葬儀の専門家が監修】 宮崎メモリードホール(宮崎県宮崎市)の施設情報/葬儀・家族葬のご利用案内

宮崎 葬儀

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 全国の葬儀・家族葬の費用相場はいくら?• 宮崎県の葬儀・家族葬の費用相場はいくら?• 宮崎県で葬儀・家族葬の費用を抑える方法は?• 宮崎県の給付金制度はどんなものがあるか?• 宮崎県の葬儀・家族葬の特徴・風習にはどのようなものがあるか?• 宮崎県の葬儀・家族葬の費用まとめ この記事の内容をよく読んで、宮崎県の葬儀の費用についての理解を深めましょう。 ぜひとも最後までお読みください。 「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。 状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。 少子高齢化に伴い、終活が話題になっています。 終活における活動の一つとして、葬儀に関することがあります。 近年では 自分の葬儀を自分で手配する方も増えてきています。 葬儀に関して、多くの方が気になるのがその 費用だと思います。 ここでは全国の葬儀費用の相場について解説していきます。 平均費用相場 日本における葬儀全体の平均費用相場は 135万円です。 そして全体の費用相場のうち、一般的な葬儀における全国の費用相場は 約165万円となっています。 一方で、家族葬における全国の費用相場は 約113万円となっており、家族葬の場合は一般的な葬儀に比べ約50万円ほど費用を抑えることができます。 しかし葬儀費用は依然として高額なので、いざというときに慌てないよう事前に準備をしておきましょう。 主な内訳 一般的な葬儀費用の相場は、180~200万円ほどと書きましたが、具体的にどのように使われているのでしょうか? 葬儀費用は大きく分けて 3つに分類されます。 詳細については以下で解説します。 葬儀一式にかかる費用 葬儀一式費用は、お通夜・葬儀・告別式を行うために必要な費用です。 ご遺体の搬送・安置費、祭壇費・施設利用費、人件費などです。 葬儀一式費用は一般的な葬儀の場合は約120万円となっています。 一方、家族葬の場合は祭壇費や施設利用料によっても異なりますが約40万円ほどとなっており、豪華な祭壇や棺を選んだ場合は倍以上の費用がかかる場合もあります。 飲食接待費用 通夜振る舞いや精進落しなどの飲食費と、会葬者への返礼品などが大きな項目です。 飲食接待費用は、一般的な葬儀の場合は30万円程度となっています。 一方、家族葬の場合は葬儀により参列者の数が異なるので費用にはばらつきがあるものの、一般的な葬儀よりも費用を抑えられるでしょう。 また、近親者のみで行われる家族葬では会食を行わないケースもあるようです。 金額は参列者の人数や食事内容、返礼品の単価などによっても変化します。 寺院関連費用 寺院関連費用とは僧侶にお渡しする読経料、戒名料などの費用です。 一般的な葬儀では平均約47万円と総額の4分の1近くを占めます。 読経料は10万円~30万円程度、戒名料は10万円~50万円前後が多いです。 他にお車代・お膳代がそれぞれ5000円~1万円程度必要になることもあります。 寺院関連費用は家族葬の場合でも一般的な葬儀と同様の費用がかかります。 ただ、最近では読経を行わずに費用を抑えるケースも増えてきているようです。 以上が葬儀費用の大まかな分類になります。 葬儀費用について更に細かい内訳を知りたい方、併せてどうすれば料金が安くなるのか知りたい方は、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。 葬儀費用は地域によって大きく異なります。 葬儀は特に地域の特徴が反映されやすいものなので、 地域ごとに葬儀の流れや形式は大きく異なるため、費用も地域ごとに差があります。 葬儀費用を考える際には、先ほど申し上げた全国的な費用相場について知るとともに、自分の住んでいる地域の費用相場についても知る必要があります。 ここでは宮崎県における葬儀費用の相場について解説していきます。 一般葬 葬儀の費用は形式によって大きく異なります。 ここでは最も一般的な葬儀である一般葬の費用について解説します。 一般葬とは、 お通夜を行った翌日に葬儀・告別式を行う基本的な形式の葬儀です。 そのため、葬儀費用の比較をするときは、一般葬の費用を比較すると分かりやすいです。 宮崎県の葬儀費用の相場は、 約125万円となっており、全国平均と比べると若干低い傾向があります。 これはあらゆる葬儀形式全体の相場ですが、宮崎県の一般葬の相場は 約153万円となっています。 家族葬 家族葬は ご遺族を中心にした近親者などで行う葬儀です。 一般葬を小規模にしたもので、お通夜、葬儀・告別、火葬をきちんと行うという点は同じです。 少子高齢化や核家族化によって参列される親族の方が少なくなっており、家族葬が人気となっております。 一般葬に比べて費用・手間ともに抑えることができ、故人をゆっくり偲ぶことができます。 しかし、家族葬では香典の数が減りますので、必ずしも費用が抑えられるとは限りません。 家族葬の費用は、どの式場を利用するか、精進振る舞いなどの会食を用意するかなど行い方によってかなり変動します。 宮崎県における平均的な家族葬の費用相場は 約104万円となっています。 場合によっては自宅での葬儀も可能です。 ですので、式場費用など葬儀一式費用もある程度抑えることができます。 以下の記事では家族葬の費用について、詳しくご紹介しております。 あわせてご覧ください。 ここまでお読みいただいた方は、葬儀の費用は安くないということが理解できたと思います。 従来は葬儀の形式や斎場などが家族ごとにほぼ決まっていました。 しかし近年の終活ブームに伴い、 自分の葬儀を自分で考える方も増えてきました。 そのなかで、ご遺族に負担をかけないようにするために、自分の意志でできるだけ費用を抑えることのできる葬儀を望む方もいると思います。 ここでは宮崎県で葬儀費用を抑える方法について解説していきます。 給付金制度を利用する 全国の自治体の中には、葬儀に対して 給付金を支給してくれる自治体があります。 宮崎県にも葬儀の給付金制度があります。 宮崎県の給付金制度については後ほど詳しく解説します。 給付金をもらうためには、基本的に給付金申請の手続きをする必要があります。 申請の手続きには期限が定められている場合も多いので、給付金制度を利用したいと考えているならば、自治体にしっかりと確認をして忘れないようにしましょう。 費用を抑えられる葬儀形式を選ぶ 葬儀の費用は執り行う地域や形式によって大きく変わります。 葬儀を行う地域を変更するのはなかなか難しいと思いますが、形式については見直すことができる場合もあります。 いままでは一般葬が当たり前で、形式についてもさほど変更することはなかったと思います。 しかし、近年では様々な形式の葬儀が登場し、そのなかには費用を抑えることができるような形式もあります。 葬儀の費用を抑えるために、 従来の葬儀形式を見直すというのも葬儀を安くする方法の一つです。 もちろん、葬儀の形式は重要なことなので、 家族や親族としっかりと話し合いましょう。 公営の斎場・火葬場を選ぶ 公営の斎場・火葬場を利用するというのも葬儀の費用を安くする一つの手段です。 葬儀社などが運営している民営の斎場・火葬場に比べると費用が安くなる場合が多いです。 公営の斎場・火葬場は費用が安いことに加え、あまり数が多くないので予約が取りづらい場合が多いです。 お住いの自治体に利用できる公営の斎場・火葬場があるかを確認しましょう。 複数の葬儀社から見積もりを出してもらう 同じ地域の葬儀社であっても、葬儀にかかる費用は葬儀社ごとに大きく異なる場合もあります。 葬儀を執り行う際には、 必ず複数の葬儀社に見積もりを依頼しましょう。 故人が亡くなった後でじっくり葬儀社を検討する時間は残念ながらあまりありません。 そのため、近年では生きているうちにあらかじめ葬儀社を決めておく方もいます。 時間のあるうちに様々な葬儀社を検討し、 葬儀費用の料金体系が明確で信頼できる葬儀社を選びましょう。 宮崎県の給付金制度 先ほども書きましたが、宮崎県には 葬儀の給付金制度があります。 宮崎県の給付金制度は3種類あり、故人がどの健康保険組合に所属していたかによって受け取れる給付金の制度は異なります。 名前が似ているので、しっかりと違いが理解できるようにしましょう。 葬祭費 故人が国民健康保険に加入していた場合、または後期高齢者医療保険に加入していた場合に利用できる制度が 葬祭費という制度です。 故人が自営業だった場合や、75歳以上だった場合がこちらに当てはまります。 葬祭費の支給の手続きは、多くの場合故人の住民票のある各市町村の役場の 国民健康保険課で行います。 支給額は各市町村によって異なりますが、宮崎県の場合 2~4万5千円ほどとなっています。 埋葬料 故人の加入していた健康保険が、国民健康保険組合や後期高齢者医療保険以外の場合に利用できる制度が、 埋葬料という制度です。 具体的には、企業の健康保険組合や協会けんぽ、学校の先生などが加入している共済組合などに加入していた人がこの制度の対象になります。 こちらの手続きは 各健康保険窓口で行い、 支給額は5万円です。 埋葬費 故人に遺族がおらず、第三者が請求することのできる制度が、 埋葬費という制度です。 遺族以外が請求する場合は埋葬費という扱いになります。 葬儀を執り行った方であればいいので、故人との関係性は問われません。 支給される金額は 5万円で、そのうち実際に葬儀でかかった金額分までが支給されます。 宮崎県の葬儀・家族葬の特徴・風習• 目覚ましとよばれる風習 目覚ましとは、通夜の参列者に対して配るまんじゅうや団子のことです。 通夜の後は主に親族を中心に身内のみで食事をします。 そのため、東日本では一般的な通夜振舞いは宮崎県ではあまり見られません。 不浄払いとよばれる風習 不浄払いとは、葬儀が終わった後に神棚や食器を布で拭い清めることを指します。 宮崎県は歴史的に神道の影響力が強いとされている地域で、神道では死を穢れとして扱います。 死という穢れを払うために、不浄払いと呼ばれる風習が根付いたのでしょう。 故人の愛用していた茶碗を割る風習 宮崎県では、出棺に際して故人の愛用していた茶碗を割る風習が見受けられます。 茶碗を割ることによって、故人がこちらの世界に戻って来ないようにと願いを込めるのです。 宮崎県の葬儀・家族葬の費用まとめ• 葬儀費用の全国の平均的な相場は約135万円となっている。 内訳は「葬儀一式にかかる費用」「飲食接待費用」「寺院関連費用」の3つである。 家族葬の場合は会食や読経を行わずに費用を抑えるケースも増えている。 宮崎県の葬儀・家族葬の費用相場は約125万円であり全国相場より約10万円安い。 一般葬の相場は約153万円、家族葬は104万円、一日葬は約30万円~50万円、直葬は約10万円~30万円となっている。 宮崎県において葬儀費用を抑えるには、給付金制度を利用したり複数の葬儀社に見積もりを出してもらったりするということが挙げられる。 宮崎県の葬儀の給付金制度には葬祭費、埋葬料、埋葬費の3つがある。 それぞれの制度によって対象となる人が異なるため、事前に役所などに確認しておくことが好ましい。 宮崎県の葬儀・家族葬には、目覚ましや不浄払い、故人の愛用していた茶碗を割るなどといった風習がある。 宮崎県で葬儀を執り行う際には、この記事の内容を思い出していただけると幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

宮崎地区斎場

宮崎 葬儀

宮崎地区斎場は、宮崎県の宮崎市にある民営斎場です。 こちらの葬儀場では一日葬・家族葬・一般葬・豪華葬を執り行うことができます。 宗教・宗派を問わず、どなた様でもご使用いただけます。 葬儀場内には親族様の控え室がございますので、休憩を取ることができます。 面会室もございますので、故人様とゆっくりと過ごすことが可能です。 法要室には、48名様が同時にご着席いただけます。 法要室は葬儀後の法事・法要の際にもご利用いただけます。 また、48名様まで着席できる会食室もございます。 浴室の設備が整っており、シャワー等がご利用いただけます。 葬儀場には駐車場が併設されており、200台まで駐車可能です。 お車でお越しの際はご利用ください。 宮崎メモリードホールで利用可能な施設や設備、料金・その他システムについてご紹介します。 式場 宮崎メモリードホールの式場は、大・中・小ホールの3室に分かれています。 大ホールは霧島ホールと呼ばれ、200名ほどの収容が可能です。 中ホールと小ホールは、それぞれ100名、50名の席が確保されています。 控室や法要室も完備 宮崎メモリードホールには、10名ほどが休憩できる控室が6部屋あります。 青葉会堂と呼ばれる法要室は40名ほどのスペースで、会葬者様がご利用できます。 生花祭壇 家族葬・一般葬であれば、プラン料金内で生花祭壇を2段用意できます。 一日葬であれば、生花祭壇を1段用意できます。 直葬・火葬式であれば、プラン料金内でお別れ用花束を用意できます。 宮崎メモリードホールにはどういった特徴があるのでしょうか? 実際に宮崎メモリードホールを利用するメリットを一緒に見ていきましょう。 広い駐車場を完備している 宮崎メモリードホールは約110台駐車可能の駐車場を完備しています。 そのため遠方からお車でお越しの際も駐車場を心配する必要がありません。 幅広い葬儀プランに対応 宮崎メモリードホールは収容人数の異なる3つの葬儀場を完備しているため、少人数の家族葬から一般的な葬儀、また200名以上の大規模な葬儀まで、幅広い葬儀プランに対応可能です。 電車でのアクセスが良い 宮崎メモリードホールは最寄駅である宮崎駅から徒歩5分と、非常にアクセスが良いです。 また宮崎駅は、特急の停車駅であるため、遠方からのアクセスも抜群です。 宿泊できる 宮崎メモリードホールには宿泊施設が備わっているため、ご希望であればご遺族様は宿泊することができます。 近くにコンビニやファミレスがある 宮崎メモリードホールの近くには、コンビニやファミレスが多くあります。 斎場からの徒歩圏内ですと、コンビニが3店舗、ファミレスは5店舗ほど展開しております。

次の