ポケモン ユキメノコ 育成論。 ユキメノコ : 霰パーティー

ユキメノコ/対戦

ポケモン ユキメノコ 育成論

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果.

次の

ポケモンバトルのススメ ユキメノコ育成論

ポケモン ユキメノコ 育成論

全国 No. 3 m 重さ : 26. 25倍になる。 あられによるダメージを受けない。 手持ちの先頭にいると、天気があられのときに野生ポケモンが出現しにくくなる。 かなしばり =直前に使ったわざを出せない 状態にする。 ユキメノコのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ユキメノコの特徴 【良いところ】• 霰パで使用するとき、氷タイプ共通の弱点である格闘技を無効化できます。 ただし「ストーンエッジ」には注意• 物理・特殊ともにいろいろな技があり、型を読まれにくいです。 物理型にも特殊型にもできます。 「みちづれ」を習得し、かつ素早さが種族値110と高いので、ユキメノコのHPが減ってきたら先制で相手を「みちづれ」することが可能です。 特性「ゆきがくれ」は強いです。 【悪いところ】• 耐久がないので、タイプ不一致技でも弱点を突かれたら落ちることがあります。 弱点が5個と多いです。 よく使われる先制技の「バレットパンチ」が効果抜群なのも辛いところです。 純粋な特殊アタッカーにするには火力が低いです。 特攻全振り性格補正無しユキメノコの「れいとうビーム」で、 ヤチェ持ち・耐久無振りカイリュー、ガブリアス、ボーマンダが確2となります。 同条件グレイシアの「れいとうビーム」では ヤチェ持ち・耐久無振りカイリューが高乱数1、ガブリアス、ボーマンダが確1となるので、 グレイシア等と比べると火力不足を感じます。 力押しではキビシイので、補助技をうまく絡めて戦わなければなりません。 霰パ型 性格 : おくびょう 努力値: 特攻252、素早さ252、HP6 持ち物: きあいのタスキORひかりのこな メイン: ふぶき、シャドーボール スペースがあれば サブ技: 10まんボルト スペースがあれば 補助技: あやしいひかり、でんじは、みがわり、みちづれ 特攻種族値は80と低めですが、霰パでは必中の「ふぶき」をメインウェポンにできるので、そこそこの高火力が期待できます。 「ふぶき」が半減されてしまうタイプにも補助技を絡めた戦い方ができるので、「ふぶき」以外の攻撃技は必要ないくらいです。 基本的には「あやしいひかり」か「でんじは」を撃って相手を行動不能にして粘り、相手を「ふぶき」で確1にできそうになったら「ふぶき」を撃ちます。 特性「ゆきがくれ」発動時、「あやしいひかり」と「でんじは」を撃った後だと相手の命中率は、 0. 75 マヒ =0. ここでさらに「きあいのタスキ」を持っていれば、相手はユキメノコを落とすためには最低2発は攻撃を当てなければならないので、たとえ苦手タイプ相手でもタイマンで勝てることが多いです。 素早さ種族値が同じポケモンに対してもできる限り先手を取りたいので、素早さ最速は必須です。 相手を一匹倒した後、速さを活かして次のポケモンに対して先制で「みちづれ」を使えば、2タテできることもよくあります。 ただ、特性「ゆきがくれ」などで回避率を上げると「みちづれ」を使っても次に相手の技が命中せず、「みちづれ」失敗となってしまうこともあるので注意が必要です。 しかし、「みちづれ」をいれておくことで霰パの天敵である炎ポケモンなどを突破しやすくなるため、是非入れておくことをオススメします。 「みちづれ」失敗が怖いなら代わりに「でんじは」などを撃って相手の素早さを下げておき、ユキメノコが倒れた後に、グレイシアなどの火力は高いが素早さが遅いポケモンに繋げるという手も考えられます。 管理人は、むしろグレイシアを活躍させるためのマヒ撒き要員としてユキメノコを入れているくらいです。

次の

ユキメノコ (ゆきめのこ)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモン ユキメノコ 育成論

全国 No. 3 m 重さ : 26. 25倍になる。 あられによるダメージを受けない。 手持ちの先頭にいると、天気があられのときに野生ポケモンが出現しにくくなる。 かなしばり =直前に使ったわざを出せない 状態にする。 ユキメノコのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ユキメノコの特徴 【良いところ】• 霰パで使用するとき、氷タイプ共通の弱点である格闘技を無効化できます。 ただし「ストーンエッジ」には注意• 物理・特殊ともにいろいろな技があり、型を読まれにくいです。 物理型にも特殊型にもできます。 「みちづれ」を習得し、かつ素早さが種族値110と高いので、ユキメノコのHPが減ってきたら先制で相手を「みちづれ」することが可能です。 特性「ゆきがくれ」は強いです。 【悪いところ】• 耐久がないので、タイプ不一致技でも弱点を突かれたら落ちることがあります。 弱点が5個と多いです。 よく使われる先制技の「バレットパンチ」が効果抜群なのも辛いところです。 純粋な特殊アタッカーにするには火力が低いです。 特攻全振り性格補正無しユキメノコの「れいとうビーム」で、 ヤチェ持ち・耐久無振りカイリュー、ガブリアス、ボーマンダが確2となります。 同条件グレイシアの「れいとうビーム」では ヤチェ持ち・耐久無振りカイリューが高乱数1、ガブリアス、ボーマンダが確1となるので、 グレイシア等と比べると火力不足を感じます。 力押しではキビシイので、補助技をうまく絡めて戦わなければなりません。 霰パ型 性格 : おくびょう 努力値: 特攻252、素早さ252、HP6 持ち物: きあいのタスキORひかりのこな メイン: ふぶき、シャドーボール スペースがあれば サブ技: 10まんボルト スペースがあれば 補助技: あやしいひかり、でんじは、みがわり、みちづれ 特攻種族値は80と低めですが、霰パでは必中の「ふぶき」をメインウェポンにできるので、そこそこの高火力が期待できます。 「ふぶき」が半減されてしまうタイプにも補助技を絡めた戦い方ができるので、「ふぶき」以外の攻撃技は必要ないくらいです。 基本的には「あやしいひかり」か「でんじは」を撃って相手を行動不能にして粘り、相手を「ふぶき」で確1にできそうになったら「ふぶき」を撃ちます。 特性「ゆきがくれ」発動時、「あやしいひかり」と「でんじは」を撃った後だと相手の命中率は、 0. 75 マヒ =0. ここでさらに「きあいのタスキ」を持っていれば、相手はユキメノコを落とすためには最低2発は攻撃を当てなければならないので、たとえ苦手タイプ相手でもタイマンで勝てることが多いです。 素早さ種族値が同じポケモンに対してもできる限り先手を取りたいので、素早さ最速は必須です。 相手を一匹倒した後、速さを活かして次のポケモンに対して先制で「みちづれ」を使えば、2タテできることもよくあります。 ただ、特性「ゆきがくれ」などで回避率を上げると「みちづれ」を使っても次に相手の技が命中せず、「みちづれ」失敗となってしまうこともあるので注意が必要です。 しかし、「みちづれ」をいれておくことで霰パの天敵である炎ポケモンなどを突破しやすくなるため、是非入れておくことをオススメします。 「みちづれ」失敗が怖いなら代わりに「でんじは」などを撃って相手の素早さを下げておき、ユキメノコが倒れた後に、グレイシアなどの火力は高いが素早さが遅いポケモンに繋げるという手も考えられます。 管理人は、むしろグレイシアを活躍させるためのマヒ撒き要員としてユキメノコを入れているくらいです。

次の