ご教示意味。 「ご教授ください」と「ご教示ください」

「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使い方は?

ご教示意味

また取引先とのやりとりの中で、内容や手順、状況、対処の方法などを聞きたいときにも使われることがあります。 上司やクライアントなどとの日程調整で相手のスケジュールを聞きたいときも使うことが可能です。 ご教示願いますやご教示くださいは、メールなどでの書き言葉として使われることが多く、話し言葉ではお教えください。 ご指導をお願いいたします。 などが適切でしょう。 「ご教示願います」を使った例文をいくつか紹介します。 実際にビジネスメールなどを送る際に参考にしてみてください。 <例文> ・経費申請書の書き方を、お手すきでご教示願います。 ・〇〇のプランに申し込む場合の手順について、詳細をご教示いただければと思います。 ・貴社のご都合がつく日程を、いくつかご教示いただけますと幸いです。

次の

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

ご教示意味

社内メールなどで上司や取引先に何かしらの情報や、方法などを教えてほしい場面ってありますよね。 そんな時に重宝する言葉が「ご教授ください」と「ご教示ください」です。 社会人らしくスマートな印象を与え、使い勝手の良い「ご教授ください」、「ご教示ください」は、ビジネスメールで頻繁に登場します。 でも、この二つの使い分け方ってご存知ですか? 読み方も似ているし、ほとんど意識しないで使っていた!なんていう方も多いのではないでしょうか。 「ご教授ください」と「ご教示ください」の二つは、実は似ているようで、違ったニュアンスがあるんです。 今回は、「ご教授ください」と「ご教示ください」の意味と使い方について説明致します! 目次• 「ご教授ください」の意味 「ご教授ください」の「教授」は、辞書を引くと「学問や技芸を教え授けること。 」とあります。 つまり、「ご教授ください」は、「特定の専門的な知識を教え授けてください」という意味になるわけです。 また、比較的長い期間に渡って教えてもらうという意味があります。 長期の取引がある場合や、教えてもらう内容によって使い分けていきましょう。 辞書の意味にもあるように、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面でも使われることがあります。 ですが、会社の中では、誰かの元で長期間特定の知識を学ぶという場面は少ないですよね。 なので、実は「ご教授ください」は、普段のメールなどで使うには少々重たい内容になってしまうのです。 簡単な質問をしたい場合などはもう一つの「ご教示ください」を使用するのが良いでしょう。 「ご教授ください」、「ご教示ください」と混同しやすいもので「ご享受ください」がありますが、これは明確な間違いです。 混同して誤って使わないように注意しましょう。 【例文】• 今回送らせていただくデータの件ですが、お気づきになった点などをご教授くださいますようお願いいたします。 先生に8年間もの間、ご教授いただいたおかげで独立することが出来ました。 これからも末永いご教授をお願いいたします。 「ご教示ください」の意味 「ご教示ください」の「教示」は、辞書では「知識や方法などを教え示すこと」と出てきます。 つまり、「ご教示ください」は、「知識や方法などを教えてください」という意味になります。 「ご教授ください」に比べると、より単純で教えてほしい項目が明確な場合に使う言い回しです。 例えば、書類の書き方が分からない場合に質問する際に使われたり、対処の方法について尋ねる時も使うことが出来ます。 社内では、長期間に渡って教えてもらう「ご教授ください」よりも、その場で疑問を解消したい場合の「ご教示ください」を使う機会が多いと言えるでしょう。 その他にも「ご教示ください」は、シンプルにアドバイスを求める場合にも使われます。

次の

「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

ご教示意味

ご教授とご教示の違い ご教授とご教示の意味の違い ご教授とご教示の違いを分かりやすく言うと、 身に付くまで詳しく教えてもらうか、やり方や手順だけを教えてもらうかの違いです。 「ご教授ください」と「ご教示ください」の違い 「ご教授」という言葉も、「ご教示」という言葉も、その語尾に敬語を加えて使うものです。 「ご教授ください」「ご教示ください」などという風に使います。 これらの言葉は、ほとんどの場合、目上の人や立場が上である人に対して使う言葉だからです。 「ご教授ください」の場合は、教えて貰いたい物事について、その根本から詳しく知りたい場合に使います。 ご教授の「授」という字は「授ける」という字で、何かを手渡す、与えるという意味を持ちます。 ご教授を使った場合、物事について、実際に身に付くまで詳しく教えて貰うという意味を持ちます。 多くの場合が一度の指導では済まず、長期に渡って教えて貰うかたちとなることがほとんどです。 学問や芸術、技術などを教えて貰う場合によく使われます。 一方、「ご教示ください」の場合は、教えて貰いたい物事について、その大枠や手順、やり方などについて知りたい場合に使います。 ご教示の「示」という字は「示す」という字で、指ししめす、教えるという意味を持ちます。 ご教示を使った場合、物事について、やり方や手順を簡潔に教えて貰うという意味を持ちます。 多くの場合がメールや口頭などで済まされるもので、短期であったり、その場限りであったりすることが多いです。 素人が専門家に尋ねる場合などでも使われます。 ご教授の意味 ご教授とは ご教授とは、 身に付くまで、長期にわたって詳しく教えて貰うことを意味しています。 表現方法は「ご教授いただく」「ご教授のもと」「ご教授いただき」 「ご教授いただく」「ご教授のもと」「ご教授いただき」などが、ご教授を使った一般的な表現方法です。 ご教授の使い方 ご教授を使った分かりやすい例としては、「若手の頃からご教授いただいたおかげです」「ご教示いただけますと幸いです」「不慣れなものでご教授頂ければと思います」「この問題の対処法をご教授願います」などがあります。 主に、学問や芸術、専門的な技術などを教えて貰う際に使う言葉で、長期間に渡って指導してもらうような場合が多いです。 教えて貰った知識を身につけて、今後は自分もその道に進みたいと思っているような時に使われます。 ご教授の「授」という字は、部首がてへんであり、手で与えることを意味しています。 知識のある者が、下の者に自らの手を差し伸べて持ち得る知識を与えるということです。 ご教授の類語 「授」という字を使った言葉には、賞を授与することを意味する「授賞」、さずけあたえることを意味する「授与」、学校などで学問や技術などを教え授けることを意味する「授業」、天から授かることを意味する「天授」などがあります。 ご教示の意味 ご教示とは ご教示とは、 やり方や手順を簡潔に教えて貰うことを意味しています。 表現方法は「ご教示いただき」「ご教示いただく」「ご教示のほど」 「ご教示いただき」「ご教示いただく」「ご教示のほど」などが、ご教示を使った一般的な表現方法です。 ご教示の使い方 ご教示を使った分かりやすい例としては、「ご教示いただけますと幸いです」「御社までの道順をご教示いただけますでしょうか」「お忙しいところご教示いただきありがとうございます」「解除方法をご教示願います」などがあります。 主に、知識のない者が専門家にわかりやすく物事を教えて貰う際に使う言葉で、短期間、あるいはメールや口頭などで済まされる場合が多いです。 教えて貰う側は、その専門分野について知識や技術などを身につけたいわけではなく、その場しのぎでも構わないので、今どうしたら良いのかを示して欲しいという場合が多いです。 ご教示の「示」という字は、一説には、神様への捧げものを置いたテーブルの形が漢字の由来であるとされています。 その場でポンと知識を置くだけのものだと考えるとわかりやすいでしょう。 身につけるのではなく、その場に置くだけのものを教示と言います。 ご教示の類語 「示」という字を使った言葉には、文書などに書いて人目につく所に掲げることを意味する「掲示」、図にかいて示すこと意味する「図示」、それとなしに知らせることを意味する「暗示」などがあります。 ご教授の例文 5.この二年間、尊敬している先生からご教授を賜ることが出来た。 この言葉がよく使われる場面としては、学問や芸術、専門的な技術などを教えて貰う場面です。 例文2のようにスポーツなどを教えて貰う場面でも使うことが出来ます。 ほとんどが長期的に時間をかけて教えて貰う際に使う言葉で、その技術などが身につくまで教えて貰いたいという意味を持っています。 目上の人や、立場が上の人に対して使う言葉であり、敬語とセットで使用します。 先輩などから教えて貰う場面では「ご教授いただく」などと使いますが、教授など専門分野での立場が高い人に使う場合は例文4や5のように「ご教授を賜る」などという使い方もします。 知識を貰うという意味を持つので「いただく」「賜る」などの受け取るという意味を持つ敬語を付けて使われることが多いです。 ご教示の例文 5.この分野に詳しくないので、先生の意見をご教示くださると幸いです。 この言葉がよく使われる場面としては、会社の会議や打ち合わせ、資料作成などの場面が挙げられます。 例文3のように、日程を教えて欲しい場合などにも「ご教示」という言葉を使うことが出来ます。 「ご教示ください」と使う場合、そのほとんどがその場限りのことであり、知識を身につけることを目的としてはいません。 今、目の前にある課題に対して、どう対応したら良いのかを示して欲しい場合などに使われる言葉です。 この言葉は、相手からの回答を求めるものであるので「ご教示ください」という風に、要求の意味を持つ「ください」という敬語を付けて使われることが多いです。

次の