サウンド バー。 サウンドバーおすすめ人気ランキング25選【2020年最新】

サウンドバーのおすすめ20選。テレビの音質向上に役立つ人気モデル

サウンド バー

電気量販店などへ訪れると、サウンドバーやホームシアターシステムが同じコーナーで販売されているケースが多く見受けられます。 特にはじめてオーディオ機器を購入する方は混合しやすいため、事前にきちんと違いを把握しておくと安心です。 それに対し、ホームシアターシステムは立体的な音響を実現するべく、 部屋に複数のスピーカーを配置する必要があります 2本なら2. 1ch、5本なら5. 1ch、7本なら7. 1ch。 したがって、スペースを取らずに自宅のオーディオ環境を改善したい方にとっては、サウンドバーがおすすめのアイテムと言えます。 Denonのサウンドバーは独自のツイーターとミッドレンジドライバーに加え、底面に2基のサブウーファーを内蔵していることで明瞭な音と重低音とのバランスを維持し、リビングルームを豊かな音で包むことを実現してくれます。 さらに、 4K対応のHDMI入出力に対応し、4Kメディアの再生機器やPS4などの映像をダウングレードさせることなく楽しむことが出来ます。 「4K TVの映像きれいだからこそ音も楽しみたい!」という方は映像をそのまま楽しめ、ライブ映像・映画など臨場感あふれる音で楽しめるDenon製スピーカーがおすすめですよ。 商品のステータス 有名家電メーカー「パナソニック Panasonic 」が販売しているサウンドバー『SC-HTB690-K』。 比較的コンパクトなサイズになっているので、テレビの前に置いてもあまり邪魔にならずに楽しめますよ。 43インチ以上のテレビをお持ちの方におすすめのサイズ感です。 サウンドもこだわっており、まるで リアスピーカーを設置しているような立体感ある3chサラウンドを実現。 映画や音楽を、より臨場感溢れる音声とともに楽しめちゃいます。 それだけでなく、なんと「4Kパススルー」にも対応。 音だけでなく、高画質な映像も一緒に堪能できますよ。 面倒に感じやすい配線も要らないサウンドバーを、ぜひ手にとってみませんか。 商品のステータス 「とにかく音質にこだわりたい」という人におすすめしたいサウンドバー『SC-HTB885-K』。 リアスピーカーを設置したような5chサラウンドはもちろんのこと、サラウンド専用アンプ・スピーカーを搭載しているのが大きな特徴。 大画面テレビで映画やライブ映像を迫力ある音を楽しみたいなら、間違いなくおすすめのサウンドバーです。 前方のスピーカーのみで音の広がりや、臨場感が感じられるつくりになっています。 高さも51mmと低めに設計されているので、テレビ画面とも重なりにくいです。 さらに壁掛けもできるので、好みに応じて場所を変えてみてくださいね。 デザインも側面が三角形のデルタフォルムを採用しており、非常におしゃれです。 商品のステータス サウンドバー分野で評価が高い「ヤマハ Yamaha 」が販売しているワンボディ型のサウンドバー『YAS-108』。 高さが53mmと非常にスリムな形をしているので、テレビの下に置いても画面を遮りません。 さらに 前後左右、後方、高さ方向のバーチャル音場を作りだせる3Dのサラウンド技術「DTS Virtual:X」を搭載。 2万円以下なのでコスパも抜群です。 価格と機能のバランスが良いので、 初めてサウンドバーを購入する方にイチオシの機種。 便利な機能がたくさん詰まったサウンドバーを手にとって、音をより楽しんでみませんか。 商品のステータス ソニー SONY のサウンドバーは、 サブウーファー内蔵モデル。 従来の製品よりもコンパクトです。 テレビのHDMI端子に接続するだけなので、設定方法もとても簡単。 独自の"S-Master"を搭載することで、音源を忠実に再現。 1chサラウンドに対応していることもあり、奥行きのある音声を響かせてくれます。 映画やドラマ、ゲームまで臨場感あふれる音楽が楽しめますよ。 さらに壁掛けをしたときに適切なサウンドになる"壁掛けモード"を搭載。 映画など再生しているコンテンツに最適な音楽を届ける"オートサウンド"機能があるのも魅力的ですね。 部屋のインテリアなど見た目にもこだわりを持つ方は、壁掛けができてスリムなフォルムの、ソニーのサウンドバーを導入してみてください。 商品ステータス こちらも大手企業「パイオニア Pioneer 」が販売している2ユニット型サウンドバー。 サウンドバーを分離することでコンパクトになるので、さまざまな場所に設置することが可能。 サウンドバーに重要な音も、 高音域から低音域までバランスよく再生可能で、パイオニア独自の技術によりテレビドラマや映画、さらにはニュースなども臨場感溢れる音が楽しめますよ。 さらに4Kパススルーにも対応しているので、音だけではなく高画質な映像も一緒に楽しむことができる一台に。 約2万円と安いので、コスパも高いのも魅力的ですね。 パイオニア独自の技術が詰まったサウンドバーをぜひ購入して、臨場感のある毎日を過ごしてみませんか。 商品のステータス.

次の

【2020最新】サウンドバーのおすすめ19選。コスパ最強のテレビスピーカーとは

サウンド バー

出典: テレビの音質向上に役立ち、 臨場感のある音を届けてくれることから近年人気のサウンドバーですが、よくいわれるホームシアタースピーカーとは何が違うのでしょうか? いちばんの大きな違いはサイズ感で、サウンドバーは1本の棒状のスピーカー、またはウーファーがセットになったシンプルなタイプです。 いっぽうのホームシアタースピーカーは、部屋のなかに複数のスピーカーを配置するタイプです。 アンプを内蔵していない商品もあるため、別途AVアンプが必要になることも。 まとめると、 手軽に設置して映画や音楽を楽しみたいならサウンドバーがおすすめです。 映画館のように 臨場感がある音を求めるならホームシアタースピーカーがよいでしょう。 ホームシアタースピーカーをお探しの方は、以下の記事でくわしく解説していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。 出典: サウンドバーには、大きくわけて以下2つのタイプがあります。 ワンボディタイプ• サブウーファーつきタイプ(2ユニット型) ワンボディタイプは、バータイプとも呼ばれる棒状のスピーカーです。 もちろん、これ一本でも迫力ある音を出すことができますし、 バーチャルサラウンドを実現することもできます。 いっぽうのサブウーファーつきタイプ(2ユニット型)は、バータイプのスピーカーとは別に箱状のウーファーが付属しているタイプ。 低音用のスピーカーから音が出る場所がひとつ増えることで、 より臨場感のあるサウンドを楽しめます。 以下の表で特徴を比較していますので、あわせて参考にしてみてください。 ワンボディタイプ 比較項目 サブウーファーつきタイプ テレビの下に置けるので、設置場所に困らない。 サイズ ウーファーの設置場所に困ることも。 商品によっては横長タイプもある。 低価格帯から高級価格帯まで幅広い。 価格帯 ワンボディタイプと比べて、性能がよいぶんやや高価。 テレビと比較するとかなり高音質。 音質 ワンボディタイプよりもチャンネル数が多いため、より迫力があり、音質も良好なものが多い。 このように、 省スペースで設置したい方はワンボディタイプ、性能や音質を重視する方にはサブウーファーつきタイプがおすすめです。 驚きの臨場感!バーチャルサラウンドや対応音声フォーマットをチェック 出典: サウンドバーは、一本のバータイプスピーカー、またはサブウーファーのフロントサラウンドシステムで音場を構成します。 フロントサラウンドシステムだけでもかなりの臨場感ですが、モデルによっては 5. 1ch以上のサラウンドを仮想的に実現する「バーチャルサラウンド」と呼ばれる機能を搭載しているものもあります。 省スペースを実現しながらも 迫力はかなりのもので、商品によってはホームシアターシステムにひけをとりません。 なかには、従来のオーディオでは苦手だった上下方向の音も再現できる 「Dolby Atmos」、 「DTS:X」といった対応音声フォーマットを再生可能な機種もあります。 またバーチャルサラウンドではなく、正式なサラウンドに対応したホームシアターセットをお探しの方は、以下の記事を参照してください。 出典: サウンドバーを購入するときに注意したいのが、 4Kパススルーに対応しているかということ。 ブルーレイレコーダーなどの再生機器とテレビの間にサウンドバーを接続する場合、4Kパススルーに対応していないとテレビに4K映像を伝送することができません。 しかし4Kパススルーに対応していない場合でも、テレビとブルーレイレコーダーなどの再生機器を接続し、 テレビからサウンドバーに直接音声信号を送るようにすれば4K映像を伝送することができます。 ただ、 音質面や映像面で劣化する場合があるので注意が必要です。 そのため、4Kテレビを使っている方や、UHD対応のブルーレイやPS4などの最新ゲーム機で使いたい方は、 4Kパススルー対応の機種がおすすめです。 意外と気になる?スピーカーのサイズをチェック! 出典: サウンドバーを置くスペースは、基本的にテレビの前(斜め下あたり)になります。 テレビを壁に掛けてある場合は下に設置することになりますので、 テレビの横幅より短いほうが見た目のバランスがよく、視界的にもジャマになりません。 またテレビ台に収納するのであれば、事前にしっかりサイズを測っておきましょう。 商品によってはウーファーの置き場所も確保しなければなりません。 スピーカーは できるだけ正面に置いたほうがサラウンドを楽しめますので、自分が音を聴く場所を基点として設置スペースを確保しましょう。 ワンボディタイプサウンドバーのおすすめ人気ランキングTOP5! ここまでで解説してきた通り、サウンドバーを選ぶときは以下4つの項目に注目しましょう。 サブウーファーの有無• 対応音声フォーマット• 4Kパススルー対応• サイズ そして、さまざまな音を楽しめるサウンドモードや、大きな音が出せない状況でもよりよいリスニング環境をつくれる夜間モードなど、搭載されている 「機能」もあわせてチェックしましょう。 あわせて 「Bluetooth対応かどうか」もチェックしておきたいところですが、今回はすべて対応したものをセレクトしました。 Bluetoothの対応コーデックにはSBCやAACなどがありますが、くわしくは以下の記事を参照してみてください。 横幅は450mmと、 ほかの商品と比べても約半分の大きさなので設置場所に困りません。 肝心の音量も 80Wの出力がありますので、家庭で視聴するぶんには問題ないでしょう。 「音の輪郭がはっきりと出る」 「スマホで音楽を再生するときにもピッタリ」 など、 音質のよさもさることながら、Bluetooth接続をして使用している方の高評価も目立ちます。 小型でコスパのよい商品を探している方におすすめです。 DTSやDolby Digitalにもしっかりと対応しており、 サウンドバーだけとは思えない臨場感のある音が楽しめます。 また Wi-Fi機能も搭載しているため、ネットワークオーディオにも対応可能です。 「周囲に雑音があっても音が明瞭に聴こえる」 「映像だけでなく、音楽にも適している」 など、スピーカー自体の性能だけでなく、BOSE独自の技術を駆使した聴き取りやすさも評価されています。 テレビも映画も音楽も、高音質で楽しみたい方にはとくにおすすめの一台です。 「BAR STUDIO」はエントリーモデルながらもじゅうぶんな機能を搭載し、 サウンドクオリティもかなりのもの。 Bluetooth接続によるテレビ以外のデバイスを用いた音楽鑑賞はもちろんですが、3. 5mmステレオミニプラグつきオーディオケーブルが付属しているため、 パソコンやオーディオ機器などにも気軽に接続可能です。 「JBLらしい自然な中低域が出る」 「バランスのよいクリアサウンドが鳴る」 といったクチコミも多く、 JBLらしい音色が人気のモデルです。 テレビや映画以外にも、音楽鑑賞をよくする方におすすめです。 原音を忠実に再生することを目的に作られたアンプですので、 音質の確かさは折り紙つき。 また、サウンドバーのみで臨場感のあるサラウンドを実現する「S-Force PROフロントサラウンド(TM)」を採用しているため、 理想的なサラウンド空間を再現することができます。 さらに、ボリュームを下げても聞き取りやすさを損なわないサウンドオプティマイザーと呼ばれる機能も採用されていますので、 マンションにお住まいの方や、一人暮らしの方におすすめです。 「テレビスピーカーでは得られない臨場感がある」 など、満足度の高いクチコミが多く、とくに 映画の音声に対しての評価が高いことが特長です。 3Dサラウンド技術のなかでも、高さ方向から聴こえる「DTS Virtual:X」に対応し、 ホームシアタースピーカーと比較しても決して劣らないクオリティを実現しています。 また ドラマのセリフやナレーションを聞きやすく自動調整してくれるクリアボイス機能も搭載しているため、音声聞き取り時のストレスも感じません。 「音が天井から鳴っているように感じた」 「低音もズンズンと聴こえ、臨場感がある」 など、総じて音質の満足度が高く、コスパも優秀であるといったクチコミが並びます。 コスパのよい高音質なサウンドバーを探している人におすすめです。 人気急上昇中のVOD(ビデオ・オンデマンド)から、おすすめサービスを厳選。 映画やドラマ、バラエティ、アニメ好きは必見です! 最新映画からアニメ、海外ドラマ、韓流ドラマまで、 見放題作品数NO. 1!18,000本以上の成人向け動画が見放題で、密かに男性人気も高い。 毎月1,200円分のポイントが貰える ドラマ好きに大人気の高コスパVOD!最新作だけでなく、過去のフジテレビ放送ドラマも見られる。 「独占」見放題タイトルが豊富。 手ごろな価格ながらもDolby DigitalやDTSなどの音声フォーマットに対応しており、 迫力の音響を楽しむことができます。 また他製品と同じく、 夜間視聴に最適なナイトモードを搭載。 さらに人物の声を際立たせるダイアログ・エンハンサーも採用し、 機能も上位機種に引けをとりません。 「映画や音楽が大迫力で聴こえる」 「低音はじゅうぶん。 高音もなめらかに鳴る」 など、音質面での評価も高く、 コスパのよいサブウーファーつきサウンドバーを探している方にはとくにおすすめです。 スリムだから設置もお手軽 「HTP-SB560」は、 スリムなサブウーファーが特長的なサウンドバーです。 通常の箱型と違い、薄型で長方形をしているので テレビラックにも収納可能。 視聴しているコンテンツによって最適な再生方法を自動で切り替えてくれるオートサラウンドモードや、夜間でも迫力ある音を小音量で楽しめるミッドナイトモードなど、 便利な機能も多数搭載しています。 レビューでは 「重低音の迫力がすごい」 「低音が響く」 と、低音域について評価されることが多いので、 低音の効いたサウンドバーを探している方におすすめです。 1chホームシアターシステム JBLの「BAR 3. 1」は、センターチャンネルの採用により 人物の声をクリアに再生することができるサウンドバーです。 ヴォーカルの声なども非常にクリアに聴こえるので、とくに 音楽好きの方におすすめです。 もちろんJBLならではのパワフルで原音に忠実な音質も魅力で、 臨場感あふれるバーチャルサラウンドを楽しめます。 また、低音の強弱や夜間モードなどの 細かな音量調整ができるため、時間を問わずに映画や音楽を視聴することができます。 「低音に迫力があり、人物の声もしっかり聞きとれる」 「音の細やかさが際立つ」 といった、音に関する評価はさすがJBL製品といったところでしょう。 本体とサブウーファーのデザインも統一されており、 レザー調の天面は薄型テレビによくあう質感です。 高機能なバーチャルサラウンドに加え、セリフの音量を自動調節してくれるクリアボイス機能も搭載。 大きい音でも小さい音でも、 住環境に合わせた最適な音場を構成してくれます。 「ウーファーの迫力がすごい」 「シンプルで扱いやすい」 など、音質を評価する声のほかにも使いやすさを称賛する声が目立ちます。 この点から、 扱いやすく高機能なサウンドバーを探している方におすすめです。 ワンボディタイプを遥かに超えた臨場感のあるサウンドを実現させるとともに、ハイレゾにも対応。 サウンドバーのなかでも、とくに音質に優れた機種だといえるでしょう。 またセンタースピーカーを搭載することで、広い音場のなかでも 人の声がクリアに聴こえるようになっており、映像作品はもちろん、音楽単体でも満足できる仕上がりになっています。 「最近のサウンドバーのなかでは圧倒的な性能」 「映画でもゲームでも音が別格になる」 といった、とても満足度の高いレビューが並び、クオリティの高さがうかがえます。 とにかくよい音質で映像や音楽を楽しみたい方には、とくにおすすめのモデルです。

次の

サウンドバーのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

サウンド バー

jbl. jpg? jbl. html? jbl. jpg? jbl. html? jbl. jpg? jbl. html?

次の