ウィッチャー 3 手がかり を 追って。 Witcher3プレイ日記―手がかりを追って。

ウィッチャー3 ワイルドハントへのレビュー:時限がいろいろあるので注意

ウィッチャー 3 手がかり を 追って

Contents• 手がかりを追って イェネファーの前に怪物に会いたくなってしまいました。 まずは、兵舎にて依頼内容を確認します。 依頼内容は、日没後に暴れている怪物を倒すこと。 依頼主はルンド監督官。 仕事のはっきりしない男です。 ここで、兵士から耳寄りな情報が… 怪物を追っている男が別にもいるそうです。 嫌ですね~ 怪物との戦闘はいいですが、強い人間との戦闘はどうも苦手です。 怪物の襲撃現場には、血を吸いつくされた遺体が転がっていました。 夜に襲撃することも併せて、吸血鬼の仕業ということで間違いないでしょう。 ところで、ウィッチャーの世界で出てくる下級の吸血鬼は、蝙蝠の化け物と言った風体で、知能も有していないように見えます。 イメージする吸血鬼と違います。 吸血鬼と言えば、黒マント、怪しい紳士風、血の入ったワイングラスで格好つけているイメージです。 痕跡を辿っていくと、いました。 カイラン、下級の吸血鬼です。 カイランと戦っている男は、ゲラルトの名前を知っていることと、うっすらですがクエンの盾が見えるので、ウィッチャーで間違いないでしょう。 ウィッチャー2人を相手にするとは、運の悪い怪物だ。 あっさり撃破。 こちらが謎の男の正体。 狼流派のウィッチャー。 ランバートです。 しばし再会を喜ぶ2人でしたが、さっそく仕事の話です。 仲良く報酬を受け取りに、兵舎へ戻ります。 ウィッチャーや女魔術師は、寿命が長いだけあり、時間の流れ方が独特なようです。 久しぶりに再会しても、「驚いたなゲラルト」ぐらいで済んでしまいます。 さぁ、報酬をくれ かと思ったら、 ランバート 「シャド・カラディンはどこだ?言え!」 なんのこっちゃ? また、いきなり話に置いて行かれるゲラルト。 しかし、イェネファーの理不尽な相手でこの手のことには慣れています。 激昂しているランバートに「落ち着け」などと静かに言っていましたが… 剣と魔法の世界です。 交渉は腕っぷしで行うことになるのが世の常。 ウィッチャー2人を相手に人間の衛兵3人は全くお話にならないのでは? 今まさに怪物を倒してきたウィッチャーに盾突く勇気だけは大したものです。 すっかりおびえている監督官 監督官は、シャド・カラディンは知らないが、ヴィエンヌならセブンキャッツで朝から晩まで飲んでいると教えてくれました。 そして、それが彼の最後の発言となりましたとさ。 ランバートが剣を一閃 ゲラルト 「どうかしてるぞ?いったい何の真似だ?」 衛兵が来る前にここから離れなければなりません。 セブンキャッツという飲み場で会うことにしてとりあえずは別れました。 しかし、ぼんやりしていたら、いきなり犯罪の確認片棒を担がされそうな物騒な世界です。 セブンキャッツに到着。 美しい構図です。 奥に看板が見えるでしょうか? セブンキャッツは名前の通りに猫が沢山いる村です。 7匹いるのでしょうか? ここで、ランバートから事の成り行きを聞きました。 イェネファーと違ってもったいぶらないのがよろしい。 ランバートのエイデンという猫流派のウィッチャーの友人が、陰謀に嵌められて殺された。 その暗殺部隊にさっきの監督官がいたそうです。 つまり友人の敵討ちのために熱くなっていたのです。 シャド・カラディンは暗殺団のリーダーだそうです。 なるほど、話は見えました。 ではさっそく、ヴィエンヌに話を聞きましょう こちらがヴィエンヌさん。 耳のとがり方からエルフだということが分かります。 胸元の大きくあいた服です。 この世界のエルフの女性は、どうも娼婦のような部分があるような… 丁寧に頼みこんだところ、シャド・カラディンの居場所は分からないという話を始めました。 しかし、セリーズか、ハモンドならば知っているかもしれないとのことです。 セリーズは女郎屋の主人、ハモンドは海賊をやっているということ。 女郎屋の女主人? どこかで会っているかもしれません。 ここでも怒りを抑えられないランバート そしてこうなる。 もう宿命です。 ここで、ゲラルトは、ランバートのためにスケリッジに行くことにしました。 ゲラルト 「わかった。 行ってくる。 幸運を祈る」 スケリッジもなかなか遠い島国ですが、即決するゲラルト。 早速、スケリッジにやって来たゲラルト。 ハモンドに会いたいと交渉します。 ハモンドの手下 「今の時間は、丘の礼拝堂で祈ってるぞ。 奴隷を買いに来たんなら、それが終わるまで待ってろ」 ゲラルト 「祈ってるだって?神を信じるような男とは思えないが」 ハモンドの手下 「ん?彼の知り合いなら、何も変だとは思わないはずだぞ」 これだけで戦闘開始。 どれだけ喧嘩っ早いんだ。 この世界の人間は。 しかし、丘の上にいることが分かったのは収穫です。 ハモンド 「さあ、このクソ野郎を殺せ!」 ろくに話もしないうちにこれですもんね。 この世界で聞き込みの効果はどれだけあるのでしょうか? ダンディリオンがたらしこんだ、ちょろい女性ぐらいにしか聞き込みは効果がない気がします。 スケリッジから戻ってランバートと情報を突き合わせました。 総合すると、ハモンドが奴隷を捕まえて、バール・オブ・コーストという船でノヴィグラドに奴隷を運搬。 カラディンが売りさばくという商売をしていたようです。 カラディンは、一端の商人として、今はローランド・トロイガーと名乗っている。 ゲラルトがスケリッジに行く必要ありましたか? ランバートの持ってきた情報だけで十分ではないですか。 しかも、家の場所まで割り出している有能さ。 しかしセリーズはどうなったのか… 猛り狂うランバートを前にして無事でいられたのかは分かりません。 これだけの情報を聞き出したのですから、穏便な話し合いではなかったのでしょう。 何はともあれ、シャド・カラディンの家の前にやって来た2人。 そこへ、衛兵が近づいてきます。 衛兵 「お待ちしていました。 どうぞ」 どうやら、こちらの行動は筒抜け。 相手の方が一枚上手だったというパターンのようです。 こちらがシャド・カラディン。 この黄色く、同行が細長い目は、ウィッチャーです。 一瞬で気が付いた自分が凄い。 ゲラルト 「こいつはウィッチャーだ」 シャド・カラディンは、結婚の前にすべてを懺悔し、今は新しい人生を歩んでいると主張します。 エイデンについては、彼に襲われ仕方なく殺した。 理はこちらにあるということだそうです。 どうしたものか。 かなり悩みましたが、ここは立ち去ることにしました。 ランバートは猛り狂っていますが、許してやれと説きます。 ゲラルト 「こういう時は、我を忘れていることを認め、怒りを抑え、冷静な友人の助言に従うべきだ。 行くぞ」 最後にゲラルトはこういいます。 「殺したいなら、いつでも戻ればいい。 俺は行かないが」 そうですよね。 このスタンスが正しい気がします。 この選択自体が正しいのかどうかは全く分かりません。 このゲームは、正解のない選択肢が多いのですね。 ランバートは怒っていますが、シリの話をしたら、力を貸してはくれるようです。 シリは人気ですね。 おじさんばかりの所に急に小さな女の子がやって来たのですから、みんなのアイドルだったのでしょう。 孫をかわいがるおじいさんを見ているようだ。

次の

ウィッチャー3 トロッセイム

ウィッチャー 3 手がかり を 追って

[概要] スヒャールの話を聞いて、どうやら醜い赤ん坊がなにやら重要な鍵を持っているようだ。 クロウパーチの兵士長が預かっているという事なので向かうことにした。 兵士長に話してみると世話係に話してみろといわれたので厩舎長の元へ。 厩舎長の所へ行くとウーマを渡すのを渋っていた。 どうやら案外可愛がられていたようだ。 とはいってもウーマは必要なので兵士長の許可は貰っているというと引き渡してくれた。 ウーマを連れて移動中、ニルフガードの騎兵隊が追いかけてきた。 彼らはヴィジマまで来るように言ってきたので大人しくついて行くことに。 エムヒル皇帝と謁見することになり、シリの手がかりであるウーマを見せると納得できないような顔をしている。 イェネファーが補足説明をしてくれたためエムヒルはやっと納得したようで、報酬として2000クラウンをくれた。 その後、ケィアモルヘンへ戻ることに。 ヴェセミルの話によると、イェネファーは研究室にこもり、助けを必要としているようだ。 ポテスタキジターを使って操作することに。 ウーマとヴェセミルの左にある檻の横にある積み荷に機械が反応したのでヴェセミルに運び出してもらった。 イェネファーの所に行き、メガスコープを作動させ、魔術師アイダに呪文のことについて聞くことに。 イェネファーの頼まれごとは完了したので今度は、ランバートに話しかけてみることに。 ランバートはサークルの調査をイェネファーから頼まれているようなので手伝うことにした。 湖に船を止めておいたらしいので行ってみると嵐で茂みに流されてしまったようだ。 幸いのことに近くにあったので乗ることに。 洞窟があったので奥へ進んでいくとサイクロプスが出現したので倒すことに。 倒した後ランバートはこのサイクロプスはヴォルテーレの仇だといった。 洞窟を抜けて地上へ出ると今度は岩トロールが出現した。 トロールが岩を投げつけてくるので走り抜けて避けることに成功。 エレメンタルサークルに行こうとするとトロールが割り込んできて武器を置いて行けば通すといったので置いて行くことに。 エレメンタルサークルにたいまつを焚き、呪具をおいて成行を待つ。 そこでランバートの過去の話を聞くことに。 ランバートの件はこれで済んだので今度はエスケルを助けることに。 ただ、エスケルが見当たらないので痕跡を探すことに。 入口にエスケルの足跡を見つけたので追跡することにした。 追跡するとエスケルの馬スコーピオンを発見することができた。 そのまま探していくとヤギを発見し近付くとエスケルが近づいてきた。 その後すぐにフォークテイルがやってきたのでエスケルと一緒に退治することに。 あと一歩のところで逃げられたので血痕を追っていくと洞窟に続いていたので中へ。 洞窟の中にフォークテイルがいたので止めを刺した。 ケィアモルヘンに戻ることになったが、ただ戻るだけではつまらないので競争することになった。 エスケルはなかなかの腕前だったが勝つことができた。 やることを終えたのでケィアモルヘンへ皆と過ごすことに。 [概要] イェネファーの提案でウーマに草の試練を受けさせることになった。 草の試練とはウィッチャーになるための試練でかなりの確率で死んでしまうことがある試練だが、ウーマにはその前半部分だけ行うということだ。 まずは試練を受けるための霊薬を作成することになった。 箱から材料を持ってきて草の変異抽出液を作ることに。 霊薬ができたのでイェネファーに渡すといよいよ試練が始まった。 試練中ウーマはかなり苦しそうだが、イェネファーが安定化の魔法を数時間にかけて行ったためか試練は成功したようだ。 試練後はウーマはエルフの賢者アヴァラックに代わっていた。 アヴァラックの話によるとシリは霧の島に隠れているとのこと。 ヴェセミルは今後ワイルドハントの対応策として仲間を集めるべきだといった。 確かにそうなので、今まで会った仲間を集めてワイルドハントを迎え撃つ準備をする。

次の

#24 【ウィッチャー3】 ついにグリフィン流派

ウィッチャー 3 手がかり を 追って

ウィッチャー3攻略: 王の一手 (サイドクエスト)-スケリッジ Sponsored Link 発生条件: サイドクエスト及びサイドクエストをクリアー後に発生 推奨レベル: 18 注意点: サイドクエスト及びサイドクエストはこのクエストをクリアーする前にクリアーしないと発生しなくなります。 王の一手 攻略チャート: 1. クラフ・アン・クライトに会って報酬を受け取る。 イベントが始まり次の工程2. イベントが始まり次の工程2. へ ・ ヤルマールは王になるには短気すぎないか?・・・会話のみ ・ スケリッジが女に従うと思うか?・・・会話のみ Sponsored Link 2. 熊を倒す。 熊の注意点は振りかぶったら攻撃の合図であることと、突進攻撃が注意です。 熊が兵隊とにバトルしているところを背後から攻撃するのも有効です。 』が進まなくなりクリアーできない可能性があります。 ウィッチャーの感覚を使い、犯行現場を調べる。 ウィッチャーの感覚を使い、犯行現場付近にある蜂蜜酒の跡を調べる。 ウィッチャーの感覚を使い、においの発生源を見つける。 ヨルトに蜂蜜酒を確かめてもらう。 事件のあったホールから外に出ることができます。 貯蔵庫までセリスについて行く。 貯蔵庫を調べる。 燃える貯蔵庫から逃げる。 セリスを追って地下道を進む。 ウィッチャーの感覚を使い、貯蔵庫の扉の周り形跡がないか調べる。 ウィッチャーの感覚を使い、足跡をたどる。 ウィッチャーの感覚を使い、追跡のための手がかりを探す。 アーンヴァルドを捕らえる。 アーンヴァルドを追う。 近づいたら小攻撃で馬から落とします。 この選択肢ではそのままサイドクエストに移行します。 ・ あとから加わろう・・・クエスト完了、サイドクエストが発生します。 この選択肢では現地集合となります。 ウィッチャーの感覚を使い、ヴィルドカールの村を探索する。 ウィッチャーの感覚を使い、ヤルマールの示した場所を調べる。 ウィッチャーの感覚を使い、対戦が行われる場所を調べる。 ウィッチャーの感覚を使い、においをたどる。 ウィッチャーの感覚を使い、足跡をたどる。 家の中に入り、ウィッチャーの感覚に反応する床に敷いてある毛皮を調べましょう。 選択肢へ 選択肢 ・ 強き血?何の話をしている?・・・ハルグリムとバトルになります。 ハルグリムを倒す。 ハルグリムはある程度ダメージを与えると狂戦士(熊)に変身します。 通常の熊と攻略は変わりませんがとにかく攻撃力、耐久力が高いです。 『獣のオイル』や『雷光』で攻撃力強化をしましょう。 洞窟のさらに奥へ進む。 ドルイドを問いつめる。 ドルイドと狂戦士を倒す。 最初ドルイドはヤルマールに任せておきましょう。 熊はハルグリムほど強くありません。 熊を倒したらドルイドを倒しに行きましょう。 次のクエスト、サイドクエストにそのまま移行します。 ・ あとから加わろう・・・クエストクリアーとなりますが、真の犯人分からず・・・。 次のクエスト、サイドクエストは現地集合となります。 Sponsored Link 次のクエスト: サイドクエスト Sponsored Link.

次の