秘書 検定 3 級 過去 問。 医療秘書技能検定試験/過去問題と解答速報

3日で受かる!秘書検定3級

秘書 検定 3 級 過去 問

スポンサードリンク 秘書検定2級 過去問題 秘書の資質 秘書A子は上司の指示で見知らぬ客の面会を断ったところ、あなたの名刺をもらえないかと言われた。 A子は名刺を持っているが、このような場合どのように対応するのがよいか。 次の中から適当と思われるものを選べ。 上司が面会を断った客であっても客に言われたのだから、自分の名刺を渡す。 上司が面会を断った客なのだから、A子も自分の名刺は渡すことはできないと言う。 上司が面会を断った客とは自分もかかわりを持たないほうがよいので、名刺は持っていないと言う。 上司が面会を断ったとはいえ客なのだから、名刺を渡してよいかどうかは上司に聞いてくると言う。 上司の客であってもA子の名刺がほしいと言っているのだから、内緒にしておいてほしいと言って渡す。 第74回 2004年11月7日実施 職務知識 秘書A子の上司が入院した。 会社からは関係者以外には口外しないようにと指示されている。 そのようなおり、上司の友人と名乗る来客があった。 上司に頼みたいことがあるのだという。 このような場合、A子はどのように対応するのがよいか。 次の中から適当と思われるものを選べ。 上司の友人ということなので、「自宅に連絡してもらったほうが早い」と言って、自宅の電話番号を教える。 上司の友人ということなので、入院中と言ってから「来訪のあったことを伝えておく」と言って帰ってもらう。 上司の友人ということなので、「ほかには言わないでもらいたい」と頼んでから入院先を教えて行ってもらう。 用件を尋ね、急ぎということなら、「いま入院中なので、自分から上司に伝えて返事をさせてもらう」と言う。 入院のことは言わず、「上司は数日留守にしているので、上司から連絡するようにする」と言って連絡先を尋ねる。 第74回 2004年11月7日実施 一般知識 次は、用語とその意味の組み合わせである。 中から不適当と思われるものを選べ。 栄転=業務拡大のため、会社など移転すること。 内示=公表する前に、関係者だけに内々に知らせること。 異動=勤務地や所属、地位などが、いままでと変わること。 社風=その会社の社員に共通する、考え方ややり方のこと。 出向=いまの籍を変えずに、ほかの会社などに勤務すること。 第74回 2004年11月7日実施 マナー・接遇 秘書A子の上司はA子に黙って席を外すことが多い。 大抵は社内にいて、予定があればそのとき戻ってくるが、このときは予約客が時間よりも早く来訪した。 このような場合、A子は来客を応接室に案内してから、どのように言って待ってもらうのがよいか、次の中から適当と思われるものを選べ。 「少々お待ちくださいませ」とだけ言って、待ってもらう。 「いま、社内を捜してまいります」と言って、待ってもらう。 「そろそろ戻ってまいりますので」と言って、、待ってもらう。 「社内で打ち合わせ中ですが、すぐ呼んでまいります」と言って、待ってもらう。 「お約束の時間までに戻ることは分かっておりますので」と言って、待ってもらう。 第74回 2004年11月7日実施 解答.

次の

秘書検定3級は合格率60%以上!独学で十分に合格できる試験

秘書 検定 3 級 過去 問

秘書として働くためには、公益財団法人・実務技能検定協会が主催する 秘書検定の資格が無ければならない!というわけではありませんが、実務で役立つ職務知識やビジネスマナー(言葉使いなど)が学べるとして、社会経験のない学生(全体の約8割)を中心に受験される方が多いようです。 秘書検定は、受験者の能力に応じて4クラス(1級|準1級|2級|3級)に分かれますが、社会経験のない学生が、いきない1級試験に挑戦したとしても、合格する可能性は低い(もちろん、ゼロではありませんが…)ので、まずは入門レベルの 3級合格を目指し、1ランクずつステップアップしていった方が賢明かと思われます。 そこで、秘書検定3級とは、いったいどのような試験制度で、どんな問題が出題されるのか・・・? 本試験で実際に出題された問題(いわゆる 過去問)を基に、3級試験の全体像(試験内容や難易度など)について、把握しておきましょう。 秘書検定の試験内容は、階級によって異なってきますが、 3級は筆記試験によるペーパーテストのみで合否判定が行われます。 なお、検定試験の出題範囲に関しては、各級共通であり、ほぼ変わりありません。 技能 面接試験 ・ロールプレイング形式 準1級 筆記試験 ・マークシート方式 [5肢択一] ・記述式 面接試験 ・ロールプレイング形式 2級 筆記試験 ・マークシート方式 [5肢択一] ・記述式 3級 筆記試験 ・マークシート方式 [5肢択一] ・記述式 そのため、出題される問題のレベル(難易度)を変える(上位ランクほど、より深く高度な知識・技能が求められる)ことでクラス分けしているというのが秘書検定の特徴といえるでしょう。 また、試験内容は大きく5つの分野で構成されていますが、過去問を分析してみると、下記のような配分で出題されていることが分かります。 \ 理論科目 実技科目 必要とされる資質 職務知識 一般知識 マナー・接遇 技能 択一問題 マークシート 5問 5問 3問 10問 8問 記述問題 ----- ----- ----- 2問 2問 ここでひとつ注目すべき点は、秘書検定の〝合格基準〟です。 秘書検定には合格基準があり、理論科目と実技科目ごとに合格に必要とされる最低点が設けられているのです。 理論科目、実技科目ともに60%以上の得点 つまり、仮に理論科目が合格基準を満たしていたとしても、実技科目の方が基準点を下回っていると不合格になってしまうため、両科目ともにバランスの良い学習を心がけることが大切だということです。 秘書検定3級は、一部の記述問題を除くと、その大半はマークシート方式で出題されるため、実務経験のない学生受験者にとっては〝面接試験〟がない分、受けやすい試験制度といえそうです。 しかし、先にも述べたとおり、理論科目と実技科目、それぞれに一定の合格基準が設けられていることから、両科目、バランス良く学習し、極端な苦手科目を作らないようにしなければなりません。 特に実技科目に比べ、理論科目は対策が立てづらい上に面白みに欠けるため、試験対策に苦労されている受験者も少なくないようです。 しかし、秘書検定は合格者のレベルを、ある程度安定させる必要上、 過去問が重視される傾向が強いことから、比較的、試験対策の立てやすい試験といえるので、数年分の本試験問題をまとめて収録した市販の過去問題集等を利用することで、独学でも十分合格の狙える試験といえるでしょう。 参考までに、秘書検定3級では、実際にどのような問題が出題されているのかを肌で感じ取ってもらうため、本試験で出題された問題の一部をいくつか載せておくので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 問1:秘書A子が先輩の急ぎの仕事を手伝っていたとき、上司から私用を指示された。 急ぎの仕事はあと1時間ほどかかりそうである。 このような場合どのように対処したらよいか。 次の中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 1)上司には承知したと言って、先輩にどのようにしたらよいか相談する。 2)上司にいつまでにすればよいか確認し、急がないようなら急ぎの仕事を続ける。 3)上司に急ぎの仕事が終わるおおよその時間を言って、私用はその後でよいか尋ねる。 4)自分は上司の秘書なので、先輩に急ぎの仕事は中断させてもらうと言って私用を先に行う。 5)さほど時間はかからないことなので、先輩に切りのよいところで中断して私用を済ませてもよいか尋ねる。 【必要とされる資質:理論】 問2:新人秘書A子は先輩から、秘書の仕事には特に教えられたり指示されていなくても、自分で考えて積極的にしないといけないこともあると言われた。 次はA子が、それはどのようなことか考えたことである。 中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 1)上司が出張中で時間に余裕があるときは、上司のロッカーの中を整理しておくなどのことではないか。 2)よく指示される仕事は、仕事ごとに手順をマニュアル化しておき、ミスなく速くするなどのことではないか。 3)外出するときは行き先を言って、ついでに済ませる用事はないか周りの人に尋ねるようにするなどのことではないか。 4)郵便にはいろいろな書類や送り方があるので、発送物を適切に送るために郵便の知識を得ておくなどのことではないか。 5)上司から仕事を指示されたときは、忘れたり期日を間違えたりしないように、自分の予定表に記入しておくなどのことではないか。 【マナー・接遇:実技】 問5:次は秘書A子が、会議の資料を準備するときに心掛けていることである。 中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 1)資料は、予備として会議の出席者数より二、三部多く用意するようにしている。 2)資料の大きさがまちまちのときは、大きさをそろえた方がよいか上司に確認している。 3)丁合を取った資料をホチキスでとじるときは、横書き資料の場合は右上を斜めにとじている。 4)資料をセットするときは、それぞれのページのコピーの枚数を確認してから丁合を取っている。 5)部外秘の資料をコピーしていてミスコピーが出てしまったときは、シュレッダーで処理するようにしている。

次の

秘書検定(2級・3級)試験問題or過去問┃問題集.jp

秘書 検定 3 級 過去 問

ネイル検定3級合格に大きな手助けとなる過去問についてまとめてみました。 ネイル検定3級の過去問入手方法 ネイル検定、正式にはネイリスト技能検定試験の筆記試験の過去問題集は、 JNEC日本ネイリスト検定試験センターから発行されています。 そして、それは、3級ばかりでなく2級、1級と全ネイリスト技能検定試験の過去3回分の問題が掲載されています。 試験問題の傾向 協会では、ネイリスト技能検定試験 公式問題集も発行しています。 2016年春期(4月)から試験は、これから筆記試験問題を出題! 過去問ではなく各級において5パターンの問題が掲載されています。 ネイリスト技能検定試験の筆記試験の過去問題集および公式問題集については、協会のこちらをご覧ください。 手軽に検定3級を勉強する方法 書籍による勉強、机に向かって真剣にペンを走らせる勉強も大切ですけど、お忙しい方や、移動の多い方にはスマホなどを利用して過去問を解く事もできます。 つまりは、ネットでカチャカチャやるわけですね^^アプリに興味の方は、こちらをご覧ください。 検定3級の勉強方法 試験勉強は、なんでもだいたい人それぞれのやり方があるでしょうけど、共通しているのは、ポイントを押させえて、整理したりして、理解そして覚えることでしょうね。 勉強の内容にもよりますけど、 自分で書き出す、、、説明を図式化する、図にするというのが、とてもよい方法だと私は思っています。 自分の理解度を自分でわかり、それで理解が深まるからですね。 こちらのブログさんは、とてもよいお手本のように思われましたので、参考になると思いますよ。 (ぴそ id:liveinaus さん、がんばってくださいね、ありがとうございました^^) も大切ですよね〜 自分に合わせた勉強計画 お忙しい主婦の方、OLの方など、立場、状況は違うと思います。 効率よく勉強できるように、過去問をどのように使うのかをご自分に合った計画をまずよくお立てになることがとても大切だと思います。 みなさん、がんばってくださいね。 こちらの参考書も人気ですよ。 (中についている 模擬試験で試してみてはいかがでしょうか) ワンポイントアドバイス 試験はとかく知識を重視しがちです。 もちろん、わからないと不安だし、会場で上がっちゃうかもって、心配ですよね。 でも、多くの受験生で言えるのは、かなりいいところまで、レベルにいるのに、 ちょっとしたミスで不合格って残念な方がいるんですよ。 自信と言うか、気持ちもちょぉ〜大切! どうしたらいいの? 過去問で勉強すると同時に、いま自分のレベルってどうなんだろう〜 これを感覚で知るのも大切。 それは、合格者に聞くこと! でも、身近にいない受験生がおおいし・・・ですから、ネイルスクール生の合格者の声を見るんですね。 多くの資料には、合格者の声が載っています。 スクールによって違うでしょうけど、読んでいて、雰囲気はなんとなくわかるはず! そこで、いまの自分の気持、気分が どのくらいなのかを感じれるはずです。 それって、大切ですし、自信にもなるんですね。 もうちょっと、頑張んなきゃ!とか・・・こうして、自分の現在のレベルを感じてみてくださいね。

次の