バリウム 副作用。 バリウム検査の副作用について 頭痛・胃痛・吐き気・腹痛の対策とは?

バリウムの副作用による症状と腹痛になった場合の対処法とは!

バリウム 副作用

だが、国立がん研究センターが推奨するこの検査には見逃しが多い上に、死亡事故まで起きていることをご存じだろうか。 巨大な利権ビジネスとなった胃がん検診の実態を取材してきたジャーナリスト・岩澤倫彦氏が、バリウム検査に潜む問題を明らかにする。 ここでは、群馬県で発生した日系ブラジル人女性の死亡事故について、その状況を解説する。 * * * 東京大学腫瘍外科・元講師で、消化器内視鏡のスペシャリストである田淵正文医師はこんな指摘をする。 「バリウムX線検査は、はっきりいって30年前の理論です。 凹凸の変化が出る(*注)のは、ある程度がんが進行している状態ですから、早期がんは見つからない。 それで数多くの人が命を亡くしているわけです。 内視鏡で検査すれば確実に早期で発見できるのに、見殺しにしているようなものです」 【*注:粘膜内の凹凸をバリウム検査では調べるが、早期がんではこの凹凸が出ない。 内視鏡で表面の色を見て発見することが最新のやり方だ】 バリウム検査そのものにも危険がある。 PMDA(厚労省所管の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構)に報告されたバリウムの副作用のなかには、バリウムが体内で固まり、臓器に穴を開ける重大な事故(穿孔/せんこう)が多数含まれていることがわかった。 「大腸穿孔(憩室/けいしつ含)=33人」「直腸穿孔=4人」「消化管穿孔=6人」といった具合に、昨年度分の報告だけで実に50人(40代以上を対象)。 腸管が破れると命に直結する。 緊急手術によって腸を一部切除したり、人工肛門が設置されたりするケースが多い。 その他、6人が腸閉塞になり、80代男性1人が死亡した。 これらは氷山の一角でしかない。 PMDAに報告されるのは、患者や家族が被害救済を求めていることが前提のため、制度を知らない人のケースは含まれていないからだ。

次の

バリウムによる副作用

バリウム 副作用

飲酒は控えましょう。 検査後にアルコールを飲むのはやめておきましょう。 アルコールはバリウムを固めてしまう原因となります。 バリウムが固まってしまったら、 体外へ排出されないばかりか、 胃や腸の粘膜を傷つけてしまう恐れもあります。 検査日から2日間は控えておいた方がいいです。 下剤を飲む。 検査後はとにかくバリウムを体外へ排出しなくてはいけません。 自然と排出することができれば、それが一番いいのですが、体調によっては下剤を使って出さなければいけません。 もちろん、下剤を飲まないでも大丈夫な人はたくさんいます。 検査時にも念のため下剤が渡されると思います。 下剤を飲むタイミングとしては、 検査日の翌日中に排便がなければ飲むようにするといいです。 また、腹痛などの症状があった場合はすぐに飲むようにしましょう。 さらに、下剤を飲んだのに出なく、効果がない場合があります。 服用後、時間が経っても効かない場合は、医師に相談しましょう。 先ほども言ったように、放っておくとバリウムが固まってしまい危険です。 迷ったら、病院に行くようにしましょうね! 特に、バリウムが盲腸についてしまうこともあるようです。 人によっては、発熱してしまう場合もあります。 これはなぜなのでしょうか? バリウム自体は体に悪影響を及ぼす物質ではありません。 しかし、もともと体内に存在しない物質で私たちの体は、バリウムを異物とみなすので、不快感を感じます。 上述のような、副作用を感じるかどうかの原因はバリウムが悪さをしているわけではないので、その人の検査時の体調によるところが大きいです。 どうしても毎回不快感を感じてしまう方は、医師に相談するようにしましょう。 また、前日からの注意事項を守っていないと副作用を感じやすくなるようです。 バリウム検査前日の注意点 書類にも書いてあると思いますが、 検査の前日の午後9時以降は絶食です。 水分を取るのに制限はありませんが、 あまり大量に飲むのは控えましょう。 前日にアルコールを飲むのも控えましょう。 これらを守らないと、バリウム検査時、バリウムが胃の表面にくっつきにくくなり、検査に支障をきたします。 それだけではなく、前述のような頭痛や吐き気などを感じてしまう場合もあります。 また 、当日のタバコは厳禁ですので注意するようにしましょう。 まとめ バリウム検査は、胃がんの早期発見にとても有効な検査です。 いろいろ守らなければならない注意点や対処事項などがあり、面倒ですが、自分の体を守るためですので、しっかり行ってください!.

次の

バリウム検査後、下剤を飲んだのに出ない?!副作用は?

バリウム 副作用

バリウム検査の副作用とは? 会社や地域の健康診断でいつも躊躇(ちゅうちょ)するのは胃のバリウム検査を受けることです。 今年は止めておこうかな~と甘い誘惑がありますが・・・ でも、年齢的にも使いこんだ体なので、どこか悪いところがあるかもしれないと、胃のバリウム検査を受けることにしました。 バリウムを飲むことがまず、第一関門。 やっとの思いで、発泡剤とバリウムを飲み込み、レントゲン撮影の終了です。 よかった、よかったと、ほっとする間もなく、次に渡されるのは緩下剤です。 そうだった・・・飲んだバリウムを出さなきゃならないんだと思い出し、ちょっと憂うつになります。 下剤に慣れてないので不安が増します。 2~3日で出ればOKらしいのですが、出切るまで不安ですよ。 固まってしまうかも、このまま出ないのでは?と不安だらけです。 出なくて困っている人の相談をよくネットで見かけますから。 そのうえ、出ないことで腹痛や頭痛に見舞われたらダブルパンチですよ。 バリウムを飲むこと以上に私たちを苦しめる、バリウムによる痛みや副作用。 できれば回避したいです。 どのような副作用があるのか、調べてみました。 バリウム検査の副作用とは? バリウム検査で起こる副作用には、消化器系の副作用、精神神経系の副作用、過敏症系(アレルギー)の副作用があります。 消化器系の副作用• 吐き気や嘔吐• 肛門部の痛みと出血 精神神経系の副作用• 頭重感• 吐き気• めまい 過敏症系(アレルギー)の副作用• 発疹・湿疹• かゆみ• ジンマシン 重篤な副作用• アナフィラキシーショック• 消化管穿孔(しょうかかんせんこう)• 腹膜炎• 腸閉塞(イレウス) こんなに副作用があるのに頑張って受けた結果、ガンかもという疑いをもたれた場合は、胃カメラの検査になります。 え~~っ、それなら初めから胃カメラがよかったわ、ということになってしまいそうですが・・・ 毎回副作用に苦しむくらいなら、初めから胃カメラで検査をしてもらった方がいいようです。 会社などの人間ドックでは、胃部レントゲン検査がパックになっていることが多いのですが、「自分で胃カメラ検査を受けます」などと伝えれば、レントゲン検査を拒否することはできます。 胃カメラもそこそこつらい検査ですが、最近は麻酔などが進歩して、楽になっているそうです。 私の経験では・・・しんどかったです。 (かなり年代が古い体験ですけど・・・) バリウムの副作用 頭痛について 胃透視の際の造影剤として飲む医療用バリウムは、バリウムに硫酸を化合させたものですが、もともとは金属です。 なので、その金属成分にアレルギー反応を起こしてしまい、頭痛やめまいを感じてしまうことがあるそうです。 やはり、アレルギーのある人はまれにアレルギー反応が起こります。 症状としてはかゆみ、ジンマシン、発疹などです。 他には、血圧低下、吐き気、腹痛などの副作用もあります。 バリウムそのものには頭痛を起こす薬理作用はありません。 それでも、頭痛があるなら、別の原因を考えないといけません。 あまりに症状が強い場合は、内科で相談してみてください。 バリウムの副作用 胃痛について バリウムを飲んだ後に胃痛がします。 ドックにてバリウムを飲んだ後に二日程胃痛がします。 四年前に受けた時も同じ症状があり、「体調のせいかな?」と思っていたのですが、今回も同じような痛みに苦しみました。 胃痙攣の時のようなギューとした痛みです。 半日は寝込みました この場合は、バリウム検査がストレスだった為それによるストレス性胃炎を起こして胃痛が起った可能性があります。 その後の下剤で胃痛腹痛を起こす事もありますので、次回は下剤を入れないようにお願いしてみてください。 あまりひどい様であれば医療機関を受診しましょう。 胃痛はつらいので、原因がバリウムだと考えられる場合、次回はバリウム検査を断って、胃カメラ検査をする方が楽だと思います。 バリウム自体は胃腸に何か悪い影響を与える薬ではありませんので。 バリウム検査の副作用 まとめ 医師のうちには胃部レントゲン検査を受ける人は皆無といわれているそうです。 胃に不安がある人はレントゲンではなく、 胃カメラによって検査します。 健康診断で無理をしてバリウム検査を受けて、胃痛や頭痛なので苦しい思いをするなら、大半の医者がそうであるように、初めから胃カメラを受ける方が効率がいいですね。 最近では胃がん発症者の98%はピロリ菌を保有していることがわかっています。 つまり、ピロリ菌を駆除すれば胃がんにかかる可能性はほとんどないといわれているのです。 ピロリ菌検査で陰性だった場合は、胃がん検診は必要ないという医師も少なくないそうです。 バリウム検査で腹痛や頭痛で辛かったり、便秘や下痢で苦しい思いをするくらいら、胃に不安のある方は、胃カメラの検査を考えた方がいいのではないでしょうか? 胃カメラ検査なら、胃透視後のお腹が張る、便が出ないなどの症状で悩む必要はなくなります。 今後は副作用を避けるために「直接、胃カメラの検査を受けた方がいいのでは?」と思われる方は、医療機関に相談してください。 健康診断でのバリウム検査は拒否できます。 バリウム検査 関連記事.

次の