宿命 ヒゲダン 歌詞。 Official髭男dism

Official髭男dism「宿命」、WANIMA「夏のどこかへ」……バンドによる今夏のアンセムは?

宿命 ヒゲダン 歌詞

どうもこんにちは、ひいらぎ です。 2018年に大きなフェスやイベントに露出する機会が増え、一気に認知度が上がったOfficial髭男dism(ヒゲダン)。 Pretenderという多くの人を魅了したラブソングで一気に有名になりましたよね。 今回はそんな ラブソングを根本的から覆す存在とも言えるOfficial髭男dism(ヒゲダン)のオススメ曲・人気曲をご紹介したいと思います。 もし、Official髭男dism(ヒゲダン)をまだ知らない方がいましたら、下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ一度ご覧になってからこの記事をお読みください! Official髭男dism ヒゲダン のおすすめ曲・人気曲 第1位:Pretender はい。 個人的なオススメ曲としても、人気曲としても堂々の一位の ラブソングだと思います。 この曲はとても聴きやすく聴く人の心に残る素晴らしいメロディーなのですが、 この曲のすごいところはメロディーよりも歌詞にあるんです。 普通、ラブソングというのはすべての人の心に響くように作るために、どうしても「好きだ」「愛している」などの万人ウケする薄っぺらい歌詞が歌われがちなのですが、このPretender曲はこのラブソングの常識を根底から覆すような歌詞をしています。 「Pretender」注目の歌詞 グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 Pretender -Official髭男dism ヒゲダン 一番サビの後半部分の歌詞。 先ほどPretenderはこのラブソングの常識を根底から覆すような歌詞だ。 と紹介しましたが、この「君は綺麗だ」という歌詞が ラブソングを根底から覆す歌詞なんです。 いままでのラブソングだったら、ここの歌詞は「君が大好きだったんだ」など万人受けする薄っぺらな歌詞が使われていたでしょう。 しかし、 Pretenderでは「君は綺麗だ」と表現しているわけです。 こんだけ熱く語っていて結局何がすごいんだよって感じですが、簡単に何がすごいかというと、 失恋してまだ諦められない複雑な気持ちを万人受けしない「綺麗」という2文字だけで聴く人すべてに想像させることができている点なんです。 「好きだ」「愛している」なんて言葉を使わなくてもこの切ない複雑な気持ちを表現できる。 しかも歌詞を変えた理由が、「 大きなイベントやいろんなライブに出させてもらって得た経験から色々感じたから」だそうで、Official髭男dism ヒゲダン ファンとしては、絶対に聴き逃せない一曲となっています。 「Stand By You」注目の歌詞 Stand By You いつも Stand By You 涙のターミナル 並んで立っている Stand By You いつも Stand By You 未来がハイになる 君と歌になる Stand By You -Official髭男dism ヒゲダン 1番サビの前半部分です。 ここの部分にちょくちょく入る合いの手がいい味を出しているんですよね。 また、ちょっとネタバレになってしまいますが、このStand By Youという曲は藤原さんがOfficial髭男dism ヒゲダン のメンバーに対して歌っているかのように解釈できるんですよね。 歌詞の意味を考察してから改めて見るとさらに泣ける部分です。 ラブソングに定評があるOfficial髭男dism ヒゲダン としては少し独特な曲ですが、 Official髭男dism ヒゲダン の意外な一面も知れるいい曲です。 「宿命」注目の歌詞 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが 光り輝くから 切らないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを 燃やして暴れ出すだけなんだ 宿命 -Official髭男dism ヒゲダン 1番サビ部分の歌詞です。 ここの「奇跡じゃなくていい 美しくなくていい」という歌詞に「試合の中にドラマや奇跡のようなことがなくても、(中略)言葉が必要ないぐらいのすばらしい奇跡がすでに起こっている。 」という想いを藤原さんが込めたそうです。 甲子園といえば奇跡に近い熱いドラマが注目されがちですが、すでに甲子園に出ていることが「 奇跡」なのかもしれませんね。 この曲は、フジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌のために書き下ろされた一曲です。 一般的にドラマや映画、アニメのために書き下ろされた曲って、なんだか内容が薄い曲に仕上がりがちですよね。 ですが、この「ノーダウト」という曲はそんな 常識を見事に裏切ってくれています。 ドラマの主題歌だから・・・と聴くのをためらわずにぜひ一度お聴きください! 「ノーダウト」注目の歌詞 早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて 誰に何度 裏切られても 目を 覚まして 笑って One more time ノーダウト -Official髭男dism ヒゲダン この曲は、魔法のように簡単に広まってく噂話をされてしまった主人公が嘘をついてしまうというようなストーリーになっているんですが、(詳しくは解釈記事をみてください)ここで初めて主人公の心のうちが伺えるんですよね。 騙したいわけではないのに自己防衛のために騙してしまう。 そんな悲痛の叫びを歌っているのでしょう。 曲の音を聞いた瞬間から「 あぁ、好き」となれるいい曲ですので、聞いたことがない方は是非聴いてみてください! 「115万キロのフィルム」注目の歌詞 きっと10年後くらいにはキャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのにこんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも山ほど見せるだろう 115万キロのフィルム -Official髭男dism ヒゲダン 2番冒頭の歌詞です。 この曲の曲名の由来は、 20歳~100歳までの80年間。 人生をビデオカメラで回し続けたらフィルムの長さが約115万キロになるということからきているのですが、その人の人生に関わる人のことを「キャスト」と表現しているのがすごいいいんですよね。 ウキウキした未来がくるかのような気分にさせてくれるいい曲だと思います。 ポップな曲調で描かれるラブソングに注目してみてください! 「SWEET TWEET」注目の歌詞 愛する君の声がどんな歌より素敵なんだ 聴けば心が踊りだす なんてステキな恋なんだ! 愛する君の声はメロディ 恋する僕刻むメモリー 愛する君の声はメロディ 恋する僕刻むメモリー 曲のラストの部分の歌詞です。 「愛する君の声がどんな歌より素敵」という歌詞がすごい グッとくる歌詞ですよね。 1位のPretenderでも書きましたが、「愛する君の声がどんな歌より好き」と歌詞にすればいいものを、「愛する君の声がどんな歌より 素敵」という歌詞にしているところが、 安っぽくなくてOfficial髭男dism ヒゲダン らしいですよね。 メロディーだけでなく、歌詞にも力を入れる。 そんな曲との向き合い方をしているからこそ、ここまで人気になったのかもしれません。

次の

Official髭男dism、新曲“宿命”が「熱闘甲子園」テーマ・ソングに決定。7月31日にシングル・リリース

宿命 ヒゲダン 歌詞

どうもこんにちは、ひいらぎ です。 2018年に大きなフェスやイベントに露出する機会が増え、一気に認知度が上がったOfficial髭男dism(ヒゲダン)。 Pretenderという多くの人を魅了したラブソングで一気に有名になりましたよね。 今回はそんな ラブソングを根本的から覆す存在とも言えるOfficial髭男dism(ヒゲダン)のオススメ曲・人気曲をご紹介したいと思います。 もし、Official髭男dism(ヒゲダン)をまだ知らない方がいましたら、下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ一度ご覧になってからこの記事をお読みください! Official髭男dism ヒゲダン のおすすめ曲・人気曲 第1位:Pretender はい。 個人的なオススメ曲としても、人気曲としても堂々の一位の ラブソングだと思います。 この曲はとても聴きやすく聴く人の心に残る素晴らしいメロディーなのですが、 この曲のすごいところはメロディーよりも歌詞にあるんです。 普通、ラブソングというのはすべての人の心に響くように作るために、どうしても「好きだ」「愛している」などの万人ウケする薄っぺらい歌詞が歌われがちなのですが、このPretender曲はこのラブソングの常識を根底から覆すような歌詞をしています。 「Pretender」注目の歌詞 グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 Pretender -Official髭男dism ヒゲダン 一番サビの後半部分の歌詞。 先ほどPretenderはこのラブソングの常識を根底から覆すような歌詞だ。 と紹介しましたが、この「君は綺麗だ」という歌詞が ラブソングを根底から覆す歌詞なんです。 いままでのラブソングだったら、ここの歌詞は「君が大好きだったんだ」など万人受けする薄っぺらな歌詞が使われていたでしょう。 しかし、 Pretenderでは「君は綺麗だ」と表現しているわけです。 こんだけ熱く語っていて結局何がすごいんだよって感じですが、簡単に何がすごいかというと、 失恋してまだ諦められない複雑な気持ちを万人受けしない「綺麗」という2文字だけで聴く人すべてに想像させることができている点なんです。 「好きだ」「愛している」なんて言葉を使わなくてもこの切ない複雑な気持ちを表現できる。 しかも歌詞を変えた理由が、「 大きなイベントやいろんなライブに出させてもらって得た経験から色々感じたから」だそうで、Official髭男dism ヒゲダン ファンとしては、絶対に聴き逃せない一曲となっています。 「Stand By You」注目の歌詞 Stand By You いつも Stand By You 涙のターミナル 並んで立っている Stand By You いつも Stand By You 未来がハイになる 君と歌になる Stand By You -Official髭男dism ヒゲダン 1番サビの前半部分です。 ここの部分にちょくちょく入る合いの手がいい味を出しているんですよね。 また、ちょっとネタバレになってしまいますが、このStand By Youという曲は藤原さんがOfficial髭男dism ヒゲダン のメンバーに対して歌っているかのように解釈できるんですよね。 歌詞の意味を考察してから改めて見るとさらに泣ける部分です。 ラブソングに定評があるOfficial髭男dism ヒゲダン としては少し独特な曲ですが、 Official髭男dism ヒゲダン の意外な一面も知れるいい曲です。 「宿命」注目の歌詞 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが 光り輝くから 切らないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを 燃やして暴れ出すだけなんだ 宿命 -Official髭男dism ヒゲダン 1番サビ部分の歌詞です。 ここの「奇跡じゃなくていい 美しくなくていい」という歌詞に「試合の中にドラマや奇跡のようなことがなくても、(中略)言葉が必要ないぐらいのすばらしい奇跡がすでに起こっている。 」という想いを藤原さんが込めたそうです。 甲子園といえば奇跡に近い熱いドラマが注目されがちですが、すでに甲子園に出ていることが「 奇跡」なのかもしれませんね。 この曲は、フジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌のために書き下ろされた一曲です。 一般的にドラマや映画、アニメのために書き下ろされた曲って、なんだか内容が薄い曲に仕上がりがちですよね。 ですが、この「ノーダウト」という曲はそんな 常識を見事に裏切ってくれています。 ドラマの主題歌だから・・・と聴くのをためらわずにぜひ一度お聴きください! 「ノーダウト」注目の歌詞 早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて 誰に何度 裏切られても 目を 覚まして 笑って One more time ノーダウト -Official髭男dism ヒゲダン この曲は、魔法のように簡単に広まってく噂話をされてしまった主人公が嘘をついてしまうというようなストーリーになっているんですが、(詳しくは解釈記事をみてください)ここで初めて主人公の心のうちが伺えるんですよね。 騙したいわけではないのに自己防衛のために騙してしまう。 そんな悲痛の叫びを歌っているのでしょう。 曲の音を聞いた瞬間から「 あぁ、好き」となれるいい曲ですので、聞いたことがない方は是非聴いてみてください! 「115万キロのフィルム」注目の歌詞 きっと10年後くらいにはキャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのにこんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも山ほど見せるだろう 115万キロのフィルム -Official髭男dism ヒゲダン 2番冒頭の歌詞です。 この曲の曲名の由来は、 20歳~100歳までの80年間。 人生をビデオカメラで回し続けたらフィルムの長さが約115万キロになるということからきているのですが、その人の人生に関わる人のことを「キャスト」と表現しているのがすごいいいんですよね。 ウキウキした未来がくるかのような気分にさせてくれるいい曲だと思います。 ポップな曲調で描かれるラブソングに注目してみてください! 「SWEET TWEET」注目の歌詞 愛する君の声がどんな歌より素敵なんだ 聴けば心が踊りだす なんてステキな恋なんだ! 愛する君の声はメロディ 恋する僕刻むメモリー 愛する君の声はメロディ 恋する僕刻むメモリー 曲のラストの部分の歌詞です。 「愛する君の声がどんな歌より素敵」という歌詞がすごい グッとくる歌詞ですよね。 1位のPretenderでも書きましたが、「愛する君の声がどんな歌より好き」と歌詞にすればいいものを、「愛する君の声がどんな歌より 素敵」という歌詞にしているところが、 安っぽくなくてOfficial髭男dism ヒゲダン らしいですよね。 メロディーだけでなく、歌詞にも力を入れる。 そんな曲との向き合い方をしているからこそ、ここまで人気になったのかもしれません。

次の

Official髭男dism 宿命 歌詞

宿命 ヒゲダン 歌詞

心臓からあふれ出した声で 歌うメロディ 振り向いた未来 君から あふれ出した声と 合わさって響いた 群青の空の下 夢じゃない 夢じゃない 涙の足跡 嘘じゃない 嘘じゃない 泥だらけの笑顔 夢じゃない 夢じゃない 肩を組んで叫びたい 僕らの想い 届け! 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが光輝くから 切れないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを燃やして 暴れ出すだけなんだ 沈黙が続いたイヤフォン 自分の弱さに遠ざかってく未来 「大丈夫」や「頑張れ」って歌詞に 苛立ってしまった そんな夜もあった 夢じゃない 夢じゃない あの日の悔しさと 忘れない 忘れない 掌の爪痕 無駄じゃない 無駄じゃない それも全て讃えたい もうあと少し 願いの熱さに 汗まみれになったり 期待背負って立って 重さに臆病になるけど 僕らの背番号 それは背中じゃなく 瞳の奥のアンサー 重なって 照らし合ってくFOREVER 緊張から不安が芽生えて 根を張るみたいに 僕らを支配する そんなものに負けてたまるかと 今 宿命ってやつを燃やして 暴れ出す 届け! 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが光輝くから 切れないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを燃やして 暴れ出すだけなんだ ただ宿命ってやつをかざして 立ち向かうだけなんだ 宿命とは前世から定まっている運命。 避けることも変えることもできない運命的なもの。 という意味がありますが、どう言った意味で曲名として使われているのでしょうか? この曲は楽曲の紹介でも触れたように、2019年夏の高校野球応援ソングに起用されているんですよね。 つまり、「高校野球」のイメージに沿って歌詞が作られ、曲名が決められていると考えられます。 高校野球といえば毎年数々のドラマが生まれ、世間を沸かせますよね。 9回裏ツーアウト満塁で逆転サヨナラホームランなんて打った選手がいたら、まるで生まれた瞬間から運命的に決まっていたんじゃないかなんて思ってしまうものです。 そんな、まるで運命的に決められていたかのような高校野球のドラマをイメージして「宿命」と曲名にしたのかもしれませんね。 解釈 無意識のうちに胸の奥から溢れ出してくる想いで 未来に突き進んだ。 君の想いも合わさって一緒に前に進んだんだ。 青い夏の空の下。 夏の群青の空。 どこまでも透き通っているかのような夏の青は、選手たちの清々しい心を表現しているかのように感じますよね。 この歌詞だけで青春を感じさせてくれて、ぐっと曲に引き込まれる気がします。 心臓から溢れ出した声。 これは高校野球の選手の 甲子園に行きたいという純粋な想いを表現しているのではないでしょうか。 混じりっけのない純粋な想いだからこそ数々のドラマが生まれるのかもしれませんね。 夢じゃない夢じゃない 涙の足跡 嘘じゃない嘘じゃない 泥だらけの笑顔 夢じゃない夢じゃない 肩を組んで叫びたい 僕らの想い 届け 解釈 うまくいかなくて泣いた涙は夢じゃない。 泥だらけの笑顔という努力の結晶も夢じゃない。 みんな一丸になって「僕らの想いが届け」って叫びたい。 ここの歌詞は、努力して時には泣いて。 野球を通してチームが一丸となっていくという清い青春の一面を歌っているのでしょう。 そもそも、別に野球でなくても青春なんてできるのですから、野球が好きでないならやめて他のことをすればいいわけです。 それでもここに残ったチームの一員だからこそ、みんな同じ方向を向いて歩めるのかもしれませんね。 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが 光り輝くから 切らないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを 燃やして暴れ出すだけなんだ 解釈 奇跡じゃなくてもいい。 美しく勝てなくてもいい。 君と一緒に野球ができるということが何よりも価値があるから 僕らは絶対に裏切らないバッテリーなんだ。 魂が尽きるまで宿命を信じるだけなんだ。 ここの説明をする前に前提知識として、藤原さんの歌詞に込めた想いを見ておきましょう。 美しいものばかりじゃなくてもいいし、奇跡みたいなことばかりが起こらなくてもいい、という歌詞がサビの部分にあるのですが、これは僕が伝えたかった思いです。 試合の中にドラマや奇跡のようなことがなくても、選手や応援団も含めた「勝ちたい」「戦いたい」「応援したい」という両チームの思いに、言葉が必要ないぐらいのすばらしい奇跡がすでに起こっている。 そんな思いを込めたつもりです。 つまりインタビュー は、 仲間とともに今試合にいるだけで、すでに奇跡が起きてるんだということを伝えたいのだと思います。 その藤原さんの想いが「生きがいってやつが光り輝くから」という歌詞で表現されているのでしょうね。 Official髭男dism(ヒゲダン)の歌ってなんというか、歌詞の伝えたいことがびしっと一本、筋が通っていて訴えかけてくるものがありますよね。 解釈 音がなっていることにも気づかないほど悔しかった日もあった。 自分の弱さに未来が遠ざかっていくような気がした。 「大丈夫」「頑張れ」って励ましてばっかくる曲が嫌になる夜もあった。 ここは主人公の「 挫折」を歌っている部分なのだと思います。 「沈黙が続いたイヤホン」という歌詞がより主人公の余裕のなさを印象付けますよね。 甲子園ではキラキラしている球児も、影ではこうやって何度も挫折を繰り返して成長していっているのかもしれませんね。 そんな努力があるからこそ、あの晴れ舞台に立てるのかもしれません。 夢じゃない夢じゃない あの日の悔しさと 忘れない忘れない 手のひらの爪痕 無駄じゃない無駄じゃない それも全てたたえたい もうあと少し 解釈 あの日の悔しさは絶対に忘れない。 手のひらの豆は無駄じゃない。 今までの小さな努力だって讃えたい。 あと少し。 夢じゃない夢じゃない、忘れない忘れないと繰り返し歌詞にすることで、主人公が自分に言い聞かせているかのように聞こえますね。 ものすごく不安な様子が想像できます。 手のひらの爪痕とは、手のひらの豆のことを言っているのだと思います。 高校時代ではありませんが私自身野球をやっていた経験があるんですが、 バットを素振りしているとすぐ手のひらに豆ができてしまうんですよね。 普通なら、痛くて嫌な物のはずなんですけど、なんだか 努力が認められた気がしてすごく嬉しい物なんです。 主人公もそうだったのではないでしょうか? 自分の無力さに挫折したくなってしまうけれど、今までの努力の結晶を見てもう少し頑張ってみようかなと思う。 そんな想いが手に取るようにわかります。 願いの熱さに 汗まみれになったり 光背負ってたって 重さに臆病になるけど 僕らの背番号 それは背中じゃなく 瞳の奥のanswer 重なって照らし合ってくforever.

次の