さきがけ スポーツ。 魁!!男塾

さきがけスポーツとは

さきがけ スポーツ

秋田市にある秋田魁新報社本社 種類 日刊紙 サイズ ブランケット判 事業者 秋田魁新報社 本社 秋田 代表者 代表取締役社長 佐川博之 創刊 前身 羽後新聞 言語 価格 1部 140円 月極 3,400円 発行数 209,561部 (2019年4月、調べ ) ウェブサイト 株式会社 秋田魁新報社 The Akita Sakigake. 本社所在地 010-8601 山王臨海町1-1 設立 業種 資本金 1億8,000万円 売上高 81億円(2018年12月実績) 従業員数 260人(2018年10月現在) 関係する人物 外部リンク 秋田魁新報(あきたさきがけしんぽう)は、秋田魁新報社の発行するの日刊である。 概要 [ ] で最も長い歴史を持つ新聞のひとつ。 後に首相となるがを務めていた。 一部表記の「秋田さきがけ」としても知られている。 発行部数(調査)は239,599(2013年7月 - 12月平均)。 秋田県を代表する報道・言論機関として地元のである・・に出資しているほか、県内における文化・スポーツ等の大規模イベントに開催者として名を連ねるケースも多い。 他の新聞社同様に、で秋田県の最新ニュースを配信している。 イメージキャラクターの「ヨムトン」「ミール」「シルル」がおり、これらの名前は一般公募によって決定した。 秋田県内で競合するほかの地方紙は、大館・北秋田地域(、、)と鹿角地域(、)で「」が、能代・山本地域(、・・)では「」、北秋田地域では「」が発行されている。 本社 [ ] 山王臨海町1-1 支社 [ ] ・・・・ 大館・横手の各支社はかつて周辺の各支局を統括する「総局」であった。 その後、により自治体数が急減したことに伴い、いったんほかの支局と同格となったが、2011年10月から支社に格上げされた。 支局 [ ] ・・・・・・・ 沿革 [ ]• (明治6年)• 3月28日 - 羽後新聞発行の許可が文部省より下りる。 日 - 秋田茶町菊ノ丁(現在の秋田市大町二丁目)に印刷所「聚珍社」が設立される。 「聚珍」は「新奇を拾い集める」の意。 命名者は。 10月 - 羽後新聞を 遐邇新聞と改める。 「遐邇」(かじ)は遠近の意味。 命名者は狩野良知。 (明治7年)2月 - 遐邇新聞(週刊)が創刊される。 (明治10年) - 遐邇新聞がになる。 (明治11年) - 遐邇新聞を 秋田遐邇新聞と改題。 (明治15年) - 秋田遐邇新聞を 秋田日報と改題。 主幹、。 (明治16年) - 主筆に木堂を迎える(数ヶ月で帰京)。 (明治17年) - 秋田青森函館新報と改題、函館で発行。 (明治20年) - 秋田青森函館新報を 秋田新報として復刊。 (明治22年) - 秋田魁新報と改題。 (大正4年) - に特置出張員を置く(東京支社の前身)。 (大正14年) - 県内8カ所に通信部を置く。 (昭和5年) - 秋田市大町一丁目に3階建ての新社屋が完成。 (昭和20年) - 「月間さきがけ」創刊。 (昭和25年5月号で終刊)• (昭和24年) - 「秋田スポーツ」創刊。 (同年7月終刊)• (昭和27年) - 朝夕刊のセット版開始。 仙台支局を10年ぶり復活。 (昭和28年)• 「秋田魁年鑑」28年度版から刊行。 11月1日 - ラジオ東北(現:)が開局。 開局当初は社屋内に局舎を設置していた。 (昭和41年) - 秋田魁新報「」(7月号から刊行、昭和49年2月廃刊)。 (昭和43年) - 本紙連載企画「吹っ飛ばせ 県民病」が新聞協会賞を受賞。 (昭和48年) - 元旦号116ページ(別冊含む)は日刊紙としては新記録。 (昭和49年) - 本紙連載企画「豊かさの条件」が新聞協会賞を受賞。 (昭和54年) - 第1回を主催。 以後毎年、主催者として大会を運営している。 (昭和56年) - 新聞製作が電算編集オンラインシステムに移行。 (昭和59年)- を創設。 (昭和62年) - 元社員(・退社後はフリージャーナリスト)の書いた「」が県内でに。 この本によって、秋田魁新報社のがするの改造を、社の幹部が中心となって県の治山事業として施工させたという、県と地方紙のを示すスキャンダルが発覚()。 (昭和63年) - ゴルフ場問題の責任をとって会長、、編集局長が辞任。 (平成6年) - 新社屋(山王臨海町)へ移転。 (平成8年) - 東北5社の「緊急時の新聞発行の相互支援協定」に調印。 東京本社版との提携により、創刊。 (平成9年)• からへの更新が開始。 4月 - 旧本社の一部を解体し、その跡地にできたオープンモール型店舗のが開業。 (平成10年) - を開設。 (平成11年) - 「県北」「県央」「県南」の地域版を新設• (平成12年) - JR秋田駅など主要6駅に電光ニュース提供。 (平成15年) - さきがけスポーツ休刊。 夕刊題字をカラー、横組みに刷新。 (平成19年) - さきがけ印刷センター本格稼働。 (平成20年)9月30日 - 同日発行分で夕刊を廃止。 朝夕刊セット1か月で3,007円を朝刊のみ1か月で2,950円に値下げ。 (平成23年)• 3月12日 - 同日付朝刊がの影響による停電で新聞制作システムの停止により、テレビ欄などを省略して全8ページで発行。 10月1日 - 大館支局を移転して大館支社に、横手支局を横手支社とする。 (平成26年)• 1月9日 - 週刊さきがけスポーツ発行。 2月2日 - 本社内1、2階の印刷施設跡に「さきがけホール」を開設。 7月2日 - 秋田県出身の女優・の等身大別刷り紙面を「元気まで届ける新聞」として発行。 11月5日 - 従業員のと深夜割増賃金の未払いに関して、秋田から是正勧告を受けていたことが明らかとなる。 (平成27年) - のネーミングライツに関する契約を秋田市と締結(契約期間は2016年4月1日から2019年3月31日まで)。 (平成29年)11月17日 - 佐々木希が秋田魁新報社「秋田の魅力発信」編集長に就任。 テレビ・ラジオ欄 [ ] 当新聞のテレビ欄には、・秋田民放3局・・・・山形民放4局・・1がある。 詳細は以下の通り。 ウラ一面 メイン枠 左から(総合・Eテレの順)・・・・IBC岩手放送(IBCを除き開局順となっている。 メイン欄にIBC岩手放送が掲載された当初は、「IBCテレビ」と表示されていたが、掲載3日目からは、「IBC岩手放送」と局名に"岩手"と入れた上、欄外に「IBC岩手放送はCNAなどの受信者がご覧になれます。 」との注意書きが掲載されたがその後掲載がなくなっている) 民放2局時代は、ABS秋田放送、AKT秋田テレビ、、の順番で掲載され 縦に上から青森放送、IBC岩手放送、の順にハーフサイズで正午以降の番組から掲載されていた。 秋田朝日放送開局からテレビ欄をリニューアルし秋田朝日放送のテレビ欄の隣りにNHK総合・教育テレビのテレビ欄が掲載される。 リニューアル後は、青森、岩手、山形のテレビ欄は、横に掲載されるものの正午以降の番組が掲載されていた。 また、秋田朝日開局前までは午後5時台までは時刻軸を「あさ」「ひる」とまとめていたが、開局後は午前6時から午後11時までの1時間単位(5時台以前は6時台、0時台以後は11時台・深夜の時刻軸にまとめて掲載)を載せている。 またこの頃から1994年春ごろまでは各局の問い合わせ代表電話番号をそれぞれの番組表の末尾(最下段)に掲載したことがあったが、現在は各局最上段の局名カットのところに記載されている。 右枠 ・(BSプレミアムの下にのサブチャンネル番組表あり。 なお、の番組表は掲載されていない)• その他 ラジオ欄 左からABSラジオ・・・・・(第1のみ、エフエム秋田の欄の下側に夕方の番組から掲載) 第2テレビ欄 上から・・・・青森放送テレビ(青森放送)・青森テレビ 同ページにBSデジタル(左上より・・・・・1・・・プライムの番組表がある(WOWOWは2008年12月よりウラ一面から移動)。 地元特集• 1970年代前半までは、最終面に他県のテレビ局として青森放送 ・IBC岩手放送・の午後0時以降の番組欄が、ラジオでは、1950年代中頃までは、NHKとラジオ東京の夕方以降の番組欄、1960年代頃までは在京AMラジオ局 日本短波放送 現:ラジオNIKKEI を含む。 但し、ラジオNIKKEIは全日。 の夕方以降の番組欄 を、それ以降はの深夜帯の番組欄を掲載。 70年代後半から80年代後半までは、他県のテレビ局の掲載が、東北放送から山形放送に変わり、(ただし、午後0時以降の掲載は変わらず)ラジオは、旧ラジオたんぱ(現。 ただし夕方以降のみの掲載)を除く、エリア外のラジオ局の掲載が無くなった。 欄 ・ 県南版(。 交通情報と同じ場所に掲載)2007年5月までは、新聞休刊日にあたる日の番組欄は掲載されなかったが、同年6月の新聞休刊日からは、2日分掲載されるようになった。 現在は解説欄は無いが、1980年代までは「今夜の見もの聞きもの」と題した番組の解説欄が存在した。 なお、日曜日には当該週の「」(NHK総合 月〜土 8:15 - 8:30 12:45 - 13:00、BSプレミアム 月〜土 7:30 - 7:45 23:00 - 23:15 土 9:30 - 11:00)のあらすじを掲載している。 第2テレビ欄 [ ] 山形県の民放テレビ4局すべての番組表が掲載されているが、青森県の民放テレビ局のうちの番組表は掲載されていない(ただし、いずれも主に時間、番組タイトルを中心に掲載)。 提供・主催 [ ] テレビ• さきがけニュース 詳細は後述• (秋田魁新報との資本関係はないが各種イベントの共催・後援などでの協力関係あり) ラジオ• 秋田歳時記あれこれ(月曜? 金曜15:55 - 16:00 メインスポンサー)• 同局の定時ローカルニュースとして「AFMさきがけニュース」も放送されている。 定時ローカルニュースとして「さきがけニュース」を放送している。 イベント• 秋田場所• 毎年8月に本紙主催で開催する夏巡業。 2011年の秋田場所は一連の 八百長疑惑の影響で中止し 、(23年)の朝刊にそのお知らせが掲載された。 さきがけABSニュース(ABSテレビ) [ ] 「さきがけABSニュース」は、秋田魁新報が協力する(秋田県・)のミニ県内ニュース番組。 主にゴールデンタイムのミニ番組枠で放送されるが、週末は「」や「サタデー」「」の県内ニュースが本番組の扱い(内包別番組)で放送される。 1992年春頃まで(遅くとも秋田朝日放送の開局直前まで)は「さきがけニュース(制作ABS)」というタイトルだった。 なお、秋田放送ラジオのニュースは現在も「さきがけニュース」として放送している。 改題の頃から、旧来のテロップ式ニュースからキャスターの顔出し付きになった。 夜版については一時期「」内でも放送された時期がある。 タイトルアニメーション• 改題直後(1992 - 1995頃) - 水面を模した映像をバックにタイトルが飛んでくる。 このころのABS短時間ニュース向けブースには、この1世代前(テロップ式「さきがけニュース」時代)のタイトルロゴ背景に存在した「N・E・W・S」の文字が入った看板が掲げられていた。 2代目(1995 - 2006) - 黄緑色の物体をバックにしたタイトル。 ここまで「さきがけABS・ニュース」の2段組み。 3代目(2006 - 2020) - 16:9画面に対応。 青い背景をバックにしたもので「さきがけ・ABSニュース」の2段組み。 そしてさきがけとABSニュースの間には「SAKIGAKE」の文字が入っている。 4代目(2020 - 現在) - 社屋移転に合わせ約15年ぶりに変更。 タイトル表示も「SAKIGAKE ABS NEWS」に変更。 ライン描画による秋田県のシルエットが背景のタイトル。 放送時間 [ ] 朝 [ ]• 平日(「」に内包):6:58頃• 土曜(「ズームイン!! サタデー」に内包):6時台前半のローカル枠を利用して放送、ニュースと天気の間に全国の天気が入る。 またこの時間帯は、独立したオープニング・エンディングアニメも流れる(日曜も同様)。 日曜:6:28頃 - 6:30• 「NNNニュースサンデー」終了直後のCM枠を利用し、ヒッチハイク型内包独立番組として放送。 夕方 [ ]• 土曜(「news every. サタデー」に内包):17:20頃 - 17:25• 日曜:17:25 - 17:30 かつては「」内で県内ニュースを伝えていたが、後に独立。 現在「バンキシャ! 」の最後のローカル枠では県内の天気を伝えている(読み上げは通常この枠を担当したアナウンサーがそのまま担当する)。 2018年7月からは川口愛(フリーアナウンサー)が担当。 夜(ゴールデンタイム) [ ]• 月曜:21:54 - 22:00• 火曜 - 日曜:20:54 - 21:00 一部曜日はABSお天気情報(あすの秋田の天気)もセットで放送。 9時にまたぎ特番編成時は番宣枠「ABSヨンチャンなび」を優先し休止することが多い。 「」があった時代は21:54 - 22:00が標準の放送時間で、「」がある火曜日と「」がある金曜日は「ニューススポット」と連続放送をしていた。 : 脚注 [ ] []• 新聞情報. 2019年5月18日• 秋田経済新聞. 2014年7月2日. 2014年11月9日閲覧。 2014年11月6日. 2014年11月9日閲覧。 2014年11月5日. 2014年11月9日閲覧。 2015年11月21日. 2015年12月27日閲覧。 秋田経済新聞. 2017年11月17日. 2018年2月6日閲覧。 秋田魁新報. 2017年11月17日. 2018年2月6日閲覧。 青森放送のテレビ欄は、テレビ放送開始翌日の1959年10月2日から掲載。 出典:1959年10月及び1960年9月と10月のラジオ・テレビ欄(大館市中央図書館で閲覧)から。 2011年2月6日放送「18時のNHKニュース」から• - お知らせ 2018年6月26日 参考文献 [ ]• 「秋田市史 第四巻 近現代I 通史編」秋田市、2004年 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 sakigake -• 1NNS非マストバイ(非フルネット)局。 5加盟局が運営・出資する(CSチャンネル)。 2020年現在では日本テレビのみが運営・出資している。 6開局、閉局。 7太字はNNN・NNS双方に加盟。 細字はNNNのみに加盟。 8旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。 9加盟当時はSKT静岡県民放送。 10CTV開局後はNNSのみダブルクロス。 11母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。 1加盟局が運営・出資する(CSチャンネル) 2旧TBSは2009年に現TBSに放送免許を譲渡。 3旧CBCは2014年に現CBCに放送免許を譲渡。 4OTV大阪テレビ放送は後にABCに吸収。 OTV閉局当時はJNNが未発足であったが便宜的に記述。 5旧RKBは2016年に現RKBに放送免許を譲渡。 6旧MBSは2017年に現MBSに放送免許を譲渡。 7旧RSKは2019年に現RSKに放送免許を譲渡。 8母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。 9JNN系列局はないが、友好関係がある新聞社(過去に系列局を置く計画があったが、断念した)。 10などが加盟するラジオネットワーク。 11旧称・TBSカンガルー災害募金。

次の

秋田魁新報

さきがけ スポーツ

概要 [ ] 全国から行き場のなくなった不良少年たちを集め、過激なを施す。 そこに籍を置く塾生たちの根性や友情、死闘を描く物語。 初期はテイストのギャグ漫画であった が、途中から信念を掛けての上級生との決闘、ライバル学校との抗争、闇の世界で繰り広げられる格闘トーナメントなど、バトル中心の展開へとシフトして全34巻という長丁場の人気漫画となった。 登場人物のほとんどが中国拳法やインド・エジプトなどに伝わるさまざまな武術の達人とされ、物語中期には15人以上におよぶ主要人物に満遍なく見せ場が与えられている。 また闘いの舞台には様々な仕掛け、特殊な決闘方法を用いたものが大半であり、各々がトリッキーな秘技を駆使することにより、バリエーション豊かな死闘が繰り広げられる。 作者宮下は、人を死なせないことを意識して描いたと語っており、死んだ(と思われていた)人物が「実は生きていた」と、再登場するパターンが多い。 これは自分が生み出したキャラクターをそう簡単に死なせたくないという愛情からだというが、あまりにやりすぎたため、死亡している設定の登場人物を原稿に描き、担当編集者に指摘されたこともあるという。 本編中では死亡したままのキャラクターも、後継作品では復活している場合がある。 タイトルの「魁!! 」は宮下が気に入っていた文字であり、から取ったとのこと。 あらすじ [ ] 学園生活編 筆頭・剣桃太郎を始めとする男塾一号生のメンバーが、理不尽な教官や二号生らの強烈なしごきに耐え乗り越えたり、外の世間とのトラブルに巻き込まれ(男塾の面々が騒動の原因の場合が多い)ながらも、知恵や人情、そして男気で解決していく。 驚邏大四凶殺(きょうらだいよんきょうさつ)編 男塾の運営費が底を突きかけ、この苦境を打破すべく江田島は愕怨祭(がくえんさい)を起こすことにより利益を上げて赤字の穴埋めをすることにする。 しかし愕怨祭が盛り上がっているときに、伊達臣人率いる関東豪学連が攻めてくる。 男塾名物競技で争うが決着をつけることができず、江田島は驚邏大四凶殺を提案。 伊達たちは承諾し霊峰富士で決着をつけることとなる。 大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)編 驚邏大四凶殺は男塾勝利で決着がつく。 しかし桃以外の戦士は全員死亡し、一人生き残った桃は、寝転びながら朝日を眺めていた。 そこへ不審な影が現れ、驚邏大四凶殺は影の手の内で行われたことだったと告げる。 桃が下山すると残りの仲間は生きていた(その後、豪学連側の4名も生存が確認される)。 喜びもつかの間、桃たち一号生は三号生に呼び出しを食らう。 呼び出し人の名前を聞いて富樫は顔色を変える。 三号生に会うために天動宮へ行くが、そこには試練が待ち構えていた。 天挑五輪大武會(てんちょうごりんだいぶかい)編 大威震八連制覇を終えてまもなく、桃たちは塾長室に呼ばれる。 そこでは戦争フィルムが流されており、米軍が、巧妙に偽装されている日本軍の秘密基地をことごとく見破り、撃破する様子が映し出されていた。 疑問に思う塾生に対し、江田島は一人の男が米軍に詳細な位置を教えているという。 男の名は伊佐武光、戦後に藤堂兵衛と名を変え、現在でも日本の影の支配者として私腹を肥やしているという。 その非道ぶりに憤慨する塾生たちは、藤堂を討つべく、彼が主催する天挑五輪に参加することになる。 そのときの出征戦士は16名(その後、赤石と江田島が戦線に合流)。 七牙冥界闘(バトルオブセブンタスクス)編 天挑五輪から1か月後、桃たちは進級し新たな入塾者が入ってくる。 新一号生と総代を賭けて戦っている最中に、塾長室では異変が起きていた。 圧倒的な戦闘力を有する江田島だったが、象をも眠らせるの前に不覚を取り、誘拐され、宇宙へ飛ばされる。 それを知った塾生たちは江田島を救出するべく、七牙冥界闘への参戦を強いられることとなる。 初期出征戦士は16名だが途中で月光と王が戦線に合流。 男塾死天王は全員天挑五輪で重傷を負ったため今編では不参加。 本来は江田島を救出するためには七つの闘場を勝ち抜かなければならなかったのだが、第五の牙での戦いの最中に江田島が自力で宇宙から脱出。 黒幕だった藤堂兵衛を捕らえ、終了を迎える。 風雲羅漢塾(ふううんらかんじゅく)編 江田島の終生のライバル熊田金造が作り上げた、もう一つの男塾とも言うべき風雲羅漢塾。 30年目の誓いにより、男塾は羅漢塾と五魂遷で勝負を行うこととなる。 登場人物 [ ] 登場する学校、塾生、教官については「」を、関東豪学連については「」を参照 作中に登場する技や武器 [ ] 作中、多岐に渡るさまざまな流派とその奥義が登場するが、ととを除き、すべて架空の流派である。 、もしくはそれに源を発する設定の物が大半を占める。 武器に関しても日本刀・槍・ナイフなどを基本としたものが多く、連載が進行するにいたりスポーツ用品・玩具・日用品に着想を得た武器も登場。 また哺乳類・鳥類・ヘビ・魚類・昆虫類といった動物を操る流派・奥義のほか、毒や特殊な薬品を技の一環として利用する者も多い。 なお天挑五輪大武會編においては銃器の使用は反則であるという解説がなされる。 それぞれの技・武器の詳細については「」を参照。 民明書房 [ ] 民明書房(みんめいしょぼう)とは、作品中にたびたびその名が登場する、架空の。 (15年 - 元年)創業。 所在地は。 社名は、中国の武術に関する本を出版した創業者 大河内民明丸(おおこうち みんめいまる、 - )の名に由来する。 創業当初は経営不振に陥っていたが、中国拳法を使う老人・神拳寺師範の韓友諒(かん ゆうりょう)と出会い、神拳寺 で韓から中国拳法界の通行手形をもらい、中国や周辺各地の格闘技類を取材して武術書「世界の怪拳・奇拳」を刊行、話題を集めて立ち直った。 この民明書房の刊行物を引用するといった体裁で、作中で過去の偉人たちの逸話や登場人物が用いる武術、荒唐無稽な決闘方法、男塾内での常軌を逸した荒行などを解説して、ある種のリアリティを持たせている。 宮下によれば昔の忍者漫画で技に科学的な解説がなされていたことに発想を得たアイディアだという。 そのほかに太公望書林や英学館、時源出版、曙蓬莱新聞社、ミュンヒハウゼン出版といった他社の出版物が引用されていることもある。 民明書房の解説は全てフィクションであるが、作者が「ウソか本当か微妙な境目がミソ」と語るように、もっともらしいエピソードや用語などが多く、読者層の少年たちを中心に本の内容を信じたり、実際に民明書房の書籍を探し回る人が続出した。 作者によると「の起源は中国であるという説が支配的」とした民明書房の解説に、「ゴルフの起源はイギリスです」と抗議の電話をかけてくる大人の読者もいたという。 また宮下はこれらを基にした技の名前に当て字をする際、漢和辞典を調べて難しい字を使用したことから、別の漢字の部首を組み合わせて表現する「作字」という作業が多く必要になり、を非常に苦労させたという。 続編の『』や『』では民明書房創業者の大河内民明丸が登場するなど、あくまで作中の出版社であることが演出されている。 また、民明書房主催の漫画賞「民明漫画賞」と称して自らの作品を受賞させる。 なお、同作者の別作品『私立極道高校2011』の作中には「新民明書房刊」なる新たな出版形態も登場する。 民明書房風の演出は他の漫画家も用いており、同じ『週刊少年ジャンプ』で連載していたは『』の作中に、民明書房が刊行した旅行ガイド「旅行するなら日本のここベスト100」を登場させている。 作中において民明書房刊行の書籍から引用された文献は『民明書房大全』()として、実際の本にまとまっている。 このは劇中に登場する設定をまとめたものだけでなく、同書房の生い立ち・関連人物紹介・社歌など、あたかも同書房が実在するかのように構成されている。 民明書房刊 [ ]• 男塾白書2000年度版• 世界の怪鳥・奇鳥• 世界の怪虫・奇虫• 実用中国拳法 これでアナタも嫁要らず• 俺のケツミット• 知っておきたい中国拳法の基礎知識• 古代医術の光と影 これはびっくり珍医術(アニメ版第33話)• 秘史 -地獄の別科は本当に実在した-(『天下無双 江田島平八伝』にて。 当時の日本軍により発禁処分となり、原本一冊のみ存在する)• 勃てよ日本人• 華麗なるインド神秘格闘術• 和田晃祥著「枝豆と世阿弥、その世界観と背景」• 今日から出来る中国拳法• 残酷中国拳法史• 続・EYEこそすべて• 中国拳法ゼミナール その他 [ ] 英学館刊 大河内民明丸の親友 英之本学を社主とする大阪の小規模な出版社だが、1990年経営不振で倒産。 鉄仮面の告白• 撃って候早くてゴメン 談話• 日本曙蓬莱武術協会理事長・盛田慎之助による談話• 日本曙蓬莱武術協会武術総師範代・竹之本秀路による談話 単行本 [ ] 単行本はジャンプ・コミックス版が34巻、愛蔵版、集英社文庫が全20巻刊行。 最終巻には特別読切『やばいYATSURA』(『』1988年12月号掲載)が収録されている。 アニメ [ ] から同年まで、にて『』の後番組として放送された。 キャッチフレーズは主人公・桃の声で「観ねえ奴は、男じゃねえぜ!! 全34話。 アニメ化に当たっては、とりわけ原作の特色の一つだった軍国主義的な描写が変更になり、また危険な描写も緩和されている。 アニメ独自の解釈が折り込まれているが、放送当初からPTAの抗議が絶えず、中盤以降は放送取り止めを叫ぶほどに激化したという。 結局、大威震八連制覇編で放送は終了することになり、第31話にて第2戦途中から最終対決までの経過をダイジェストで進める強引な手法がとられた。 また次回予告は第28話まで桃が日々男を磨いている友人の失敗談を話したり、視聴者からの便りを読みそれに桃たちが答えるという形式となった。 のちに『』(放送)で紹介され、同様の次回予告を剣桃太郎()が担当した。 最終回は大威震八連制覇から1か月後、男塾に戻る桃、富樫、虎丸、Jら一号生が桜吹雪の中を歩きながら入塾以来の一年を振り返る総集編となっている。 スタッフ [ ]• 企画 - 中尾嘉伸(フジテレビ)• 原作 - 宮下あきら• 音楽 - (編曲: 演奏:命〈ミコト〉)• 製作担当 - 蕪木登喜司• キャラクターデザイン -• 美術デザイン - 松本健治• 協力 -• 編集 - 花井正明()• 音響効果 - ()• 選曲 -• シリーズディレクター -• プロデューサー - 高見義雄、• 同グループはこの曲を発表したあと、1989年に解散している。 また、スタッフクレジットはオープニング・エンディング共にアニメでは珍しい縦書きである。 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術 放送日 第1話 自由と青春? ここがウワサの男塾 松本健治 1988年 2月25日 第2話 爆走男塾! 俺達の前を行く奴は許さねェ 有迫俊彦 山崎展義 佐貫利勝 3月3日 第3話 E湯だな? ここは男塾・油風呂の湯 松浦錠平 金子寛俊 松本健治 3月10日 第4話 六本木ナンパ戦争! ガイジンには負けられない 大庭寿太郎 川筋豊 堀内雅人 3月17日 第5話 今度は戦争だ? あぶない塾長江田島の 仁義なき戦い 佐貫利勝 3月24日 第6話 大相撲男塾場所 おちこぼれ椿山vs鬼横綱 山吉康夫 増田信博 松本健治 4月4日 第7話 何するものゾ2号生年上だからってエバんなよ!! 戸田博史 大庭秀昭 須田正己 佐貫利勝 4月11日 第8話 男塾サファリパークに行く百獣の王はオレ達だ!! 有迫俊彦 山崎展義 田中資幸 4月18日 第9話 塾長恐怖の思いつきオマエら明日から丸坊主だァ!! 清水東 松浦錠平 斉藤浩信 内川文広 5月2日 第10話 2号生の逆襲年下のくせにナメんなョ 戸田博史 大庭寿太郎 大庭秀昭 羽山淳一 佐貫利勝 5月9日 第11話 巌流島に死剣舞う! 桃vs赤石 又野弘道 松本健治 5月16日 第12話 男塾版岸壁の母物語不良だってお母さんが欲しい 清水東 山吉康夫 増田信博 佐貫利勝 5月23日 第13話 血にそまる撲針愚? 敵はスーパーポリスアカデミー 戸田博史 有迫俊彦 須田正己 5月30日 第14話 友か敵か? 鉄拳マッハパンチの男現わるその名はJ 大庭秀昭 山崎展義 松本健治 6月6日 第15話 風雲竜虎編死闘始まる・男塾vs関東豪学連 清水東 松浦錠平 金子寛俊 東條俊寿 6月13日 第16話 総力決戦ラグビー 桃、友の涙を背負って走れ!! ド根性富樫が美しき男飛燕と激突 戸田博史 大庭秀昭 高橋明信 吉田智子 7月11日 第20話 また一つ涙の別れ!! 2019年現在、この枠でアニメが放送されたことはない。 放送地域 放送局 放送日時 放送系列 備考 フジテレビ 月曜 19:00 - 19:30 制作局 途中で打ち切り。 火曜 16:30 - 17:00 水曜 17:00 - 17:30 本放送終了後、1989年頃に放送。 金曜 17:00 - 17:30 近畿広域圏 月曜 19:30 - 20:00 木曜時代は同時ネット。 水曜 17:00 - 17:30 日本テレビ系列 月曜 - 金曜 16:00 - 16:30 日本テレビ系列 本放送終了後、1989年頃に放送。 劇場版 [ ] 魁!! 男塾 監督 脚本 原作 製作 蕪木登喜司 製作総指揮 出演者 音楽 主題歌 「COOL EYES」白虎隊 撮影 玉川芳行 編集 花井正明 配給 公開 上映時間 75分 製作国 言語 『週刊少年ジャンプ』創刊20周年記念企画として制作された東映・東映動画提携作品。 『』と同時上映で1988年7月、東映洋画系にて公開された。 敵キャラクターのデザインは宮下あきらによるもの。 あらすじ(劇場版) [ ] 数年に一度を舞台に繰り広げられる世界格闘技選手権「ビッグ・バトル・オーガスト」に、前回優勝チームの男塾が日本代表として招待された。 男塾塾長・江田島平八は三号生ではなくあえて頼りない一号生の中から桃、富樫、J、虎丸、田沢、松尾、秀麻呂、椿山を選出して派遣する。 優勝するためには全世界から集まったケンカのプロフェッショナルたちと争いながら六大関門のチェックポイントを突破しなければならず、日本代表・男塾一号生チームは第1関門、第2関門、第3関門・、第4関門ニューヨーク・、第5関門ニューヨーク・を次々に突破していく。 そして第6関門である最終決戦地・ニューヨーク沖監獄島地下3000mで、アメリカチーム「スリーS(スペシャル・シークレット・ソルジャー養成機関 )」と4対4の四大死闘を戦うことになる。 第一死闘のJ対サー・ロイヤル三世 は両者死亡による引き分け、第二死闘の虎丸対ビック・モーガンは虎丸の勝利、第三死闘の富樫対ブロンコ・サンダースは富樫の死亡により敗北となり、第四死闘の桃対B. ブルースで桃が激闘の末勝利を収めることにより男塾の優勝が決まった。 桃たちが地上に出ると、そこには江田島塾長や死んだはずのJ、富樫が待っており、一同は再会を喜んだ。 スタッフ(劇場版) [ ]• 製作総指揮 -• 原作 -• 企画 - 高見義雄、• 製作担当 - 蕪木登喜司• 脚本 - 、• 音楽 -• キャラクターデザイン、作画監督 -• 美術監督 - 田中資幸• VHS• - から発売 劇場版を収録。 DVD• - から発売• - から発売。 テレビシリーズ全話、劇場版および関連CMを収録。 【当番組までアニメ枠】 前番組 番組名 次番組 オーディオドラマ [ ] アニメ放送終了後、アニメ未放送の天挑五輪編が全2巻のオーディオドラマとして発売されている(オーディオテープ収録)。 ボイスキャストはテレビシリーズと同じ。 なお、収録されている戦いは後述のとおり。 収録エピソード• 予選リーグ編• 飛燕 対 狼髏館・首天童子• 大豪院邪鬼 対 淤凛葡繻十六闘神・聖紆塵• 伊達臣人 対 厳娜亜羅十六僧・竜宝• 剣桃太郎 対 厳娜亜羅十六僧・朱 鴻元• 決勝リーグ編• 富樫源次、虎丸龍次 対 宝竜黒連珠・阿們、呍們• 剣桃太郎 対 王家の谷の守護者達・ファラオ• 月光 対 梁山泊十六傑・蒼傑• 伊達臣人 対 梁山泊十六傑・梁皇 実写映画版 [ ] 魁!! 男塾 監督 脚本 坂口拓 製作総指揮 日下部圭子 出演者 坂口拓 音楽 曽我淳一() 主題歌 「刃」 撮影 編集 製作会社 ゼアリズエンタープライズ 公開 上映時間 110分 製作国 言語 に実写映画化が発表された。 ゼアリズエンタープライズによる制作・配給で、1月に公開。 上映時間は110分。 は本作が初監督作品となる。 ナレーションはが担当。 極小路秀麻呂の視点を中心に物語が展開しており、前半は原作の初期エピソードをアレンジ、再構成し、一号生たちの日常が描かれる。 原作にはない塾生の恋愛シーンなども存在。 後半は関東豪学連との驚邏大三凶殺に桃太郎らが挑む。 なお、原作での驚邏大四凶殺が驚邏大三凶殺に変更されており、Jおよび雷電は本作に登場しない。 製作スタッフによれば、Jのような筋骨隆々で流暢な日本語を話す外国人役者が用意できなかったからだという。 キャスト 一号生• 剣桃太郎 -• 富樫源次 -• 極小路秀麻呂 -• 虎丸龍次 -• 田沢慎一郎 - ()• 松尾鯛雄 - ()• 椿山清美 - 二号生• 赤石剛次 -• 丹下 - 教官• 塾長 江田島平八 -• 鬼髭 -• 覇跿萬 - 関東豪学連• 伊達臣人 -• 飛燕 -• 月光 -• 両国 - 宝獄院• 修羅和尚 -• 風海 -• 林海 - その他• 秀麻呂の母しのぶ - ()• 極小路組組員 塩谷 -• エリカ -• 女子高生 -• 女子高生 -• ウクレレガール -• 車の美女 -• 牛丼屋の客 - ()• ナイフ男 - () ゲーム [ ] コンシューマーゲーム [ ] 専用ソフト。 、より発売。 専用ソフト。 、より発売。 専用ソフト。 2002年8月29日、バンダイより発売。 専用ソフト。 2005年11月10日、より発売。 男塾 〜日本よ、これが男である! 〜 専用ソフト。 2014年2月27日、より発売。 これ以外にも『』、『』、『』、『』に『男塾』のキャラクターが登場する。 ダウンロードゲーム [ ] 魁!! 男塾 裂斬による『』製の用。 2月に原作者公認のもとでとして公開。 の「2004年 年間総合ランキング Windows」ではダウンロード数第34位となっている。 ブラウザゲーム [ ] 魁!! 男塾 大嘩亜怒闘制覇! 、2012年11月28日、ブルズ・アイより公開。 男塾 〜連合大闘争編〜 、2013年5月24日、とブルズ・アイより公開。 、2013年7月9日、enishとブルズ・アイより公開。 版、2013年7月18日、enishとブルズ・アイより公開。 SP版、2013年9月5日、enishとブルズ・アイより公開。 、2013年10月08日、enishとブルズ・アイより公開。 ネイティブアプリ版がにて2013年10月31日に、にて2013年12月19日にenishとブルズ・アイにより公開。 パチンコ・パチスロ [ ] パチンコ• CR魁!! 男塾(2006年、)• CR魁!! 男塾(2015年、) パチスロ• (2007年、)• 男塾 天挑五輪大武會編(2013年、ロデオ)• SLOT魁!! 男塾(2017年、) 関連作品 [ ] 以下の作品において、男塾の周辺世界が描かれている。 宮下あきらによる作品 [ ] 魔界の後継者となるために、最高の大和撫子を嫁にしようと探す大魔王の次男ソラの話である。 ソラが江田島平八の元に身を寄せる時期があり、それぞれ成功している塾生の姿などが描かれている。 物語後半では、ソラがタイムトリップした先々で江田島の先祖が登場。 『』(集英社)にて連載されていた。 なお、本作の成功により『週刊プレイボーイ』誌で『』の連載、さらには、集英社関連での『週刊少年ジャンプ』作品の復活の呼び水となった。 EDAJIMA -わしが江田島平八である- 終戦後、江田島平八と来日したの闘いを描いた読切作品。 『』(集英社)1998年22号に掲載。 2004年発売のスーパージャンプ特別編集『天下無双 江田島平八伝 総集編』(2004年)に大幅加筆されたものが掲載された。 男塾』の正式な続篇。 剣桃太郎の息子の世代の男塾を描く。 『スーパージャンプ』にて連載されていた。 上記『天より高く』の設定が一部利用されている。 江田島平八の幼少時代からを描いた作品。 いわば男塾前史。 『』(集英社)にて連載された。 大河内民明丸評伝 果てること未だ知らず 『民明書房大全』に描き下ろされた読切作品。 民明書房の創始者、大河内民明丸に関する実録漫画。 『スーパージャンプ』2004年23号に後日譚を書き足したものを掲載。 拳食同源 特級厨房師 王大人 男塾参謀・王大人が辣腕を振るう読切作品。 『オースーパージャンプ』2010年4月号に掲載され、『天下無双 江田島平八伝』10巻に収録。 『私立極道高校』の続編。 『』()にて連載。 連載後期になって男塾のメンバーが老年の姿となって登場。 連載終了と同時に、『極!! 男塾』の連載予告が告知された。 上記作品の後継作品。 登場人物や設定は引き継がれているが、『私立極道高校2011』終了時より少し期間が経過している。 極道高校が廃校した旧男塾に代わり、「新生男塾」として再出発する。 当初は2013年1月開始予定だったが、作者によれば「気合が入り過ぎた」ため2013年春に延期 と発表され、結局さらに一年後の2014年4月から『週刊漫画ゴラク』にて連載開始された。 男塾』完結後の『週刊漫画ゴラク』で連載。 男塾創立後の江田島平八の活躍を描く。 単行本は全6巻。 他作家による作品 [ ] 男塾外伝 伊達臣人 伊達臣人を主人公としたスピンオフ作品。 作画は尾松知和。 『』(日本文芸社)にて2014年6月号から連載されていたが、2015年2月号(2014年12月)をもって同誌が休刊。 『漫画ゴラクスペシャル』(日本文芸社)で2015年4月号から連載が再開された。 ストーリーは伊達が男塾を退学となった直後から始まる。 単行本は2019年5月現在既刊7巻。 男塾外伝 紅!! 女塾 スピンオフ作品。 『ゴラクエッグ』(日本文芸社)にて2015年1月23日から2017年8月30日までWEB配信。 作画は。 第三次世界大戦から30年後の西暦20XX年が舞台。 先の大戦で絶滅した日本男児の代わりに「日本女子」を鍛え上げる女塾を描く。 主人公は剣桃子、学園生活編と驚邏大四凶殺編のパロディで、江田島は男塾塾長兼女塾塾長となっている。 単行本は全5巻。 男塾外伝 大豪院邪鬼 大豪院邪鬼を主人公としたスピンオフ作品。 『ゴラクエッグ』にて2015年5月25日から2019年2月28日までWEB配信。 『漫画ゴラクスペシャル』に移籍し、2019年6月号から連載が再開された。 作画は柳田東一郎。 ストーリーは邪鬼が男塾に入塾した頃を回想する場面から始まる。 単行本は2020年4月現在既刊8巻。 男塾外伝 赤石剛次 赤石剛次を主人公としたスピンオフ作品。 『ゴラクエッグ』にて2016年5月30日から2019年5月30日までWEB配信。 作画は竹添裕史。 単行本は全5巻。 男塾 新連載のアイディアに悩む漫画家のミヤガワが、男塾に潜入取材するという体裁のスピンオフ作品。 『ゴラクエッグ』にて2017年4月10日から2019年3月20日までWEB配信。 原作は、作画は近藤和寿。 単行本は全2巻。 男塾外伝 死天王 影慶、卍丸、センクウ、羅刹が男塾死天王を結成するまでの経緯を描くスピンオフ作品。 『ゴラクエッグ』にて2019年5月13日からWEB配信。 作画は柳田東一郎。 単行本は2020年3月現在既刊1巻。 関連項目 [ ]• - 『魁!! 男塾 〜日本よ、これが男である!〜』で初回封入特典キャラクターとして参戦。 また、漫才の中でも稀にネタの引き合いで出すこともある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 文庫版20巻318ページ後書きより。 1552号 『マンガ「必殺技」完全分析』12-15頁。 石井慎二編「魁!! 男塾 実写版」『 Vol. 7』〈洋泉社ムック〉、2008年2月23日、、50頁。 男塾 20』集英社(集英社文庫)、2000年11月17日、 、316-318頁。 男塾奥義の書 魁!! 男塾である!!! 』集英社、2000年3月22日、、8頁。 『民明書房大全』集英社〈ジャンプ・コミックス デラックス〉、2004年9月8日、144頁。 『民明書房大全』集英社〈ジャンプ・コミックス デラックス〉、2004年9月8日、150頁。 『民明書房大全』集英社〈ジャンプ・コミックス デラックス〉、2004年9月8日、157頁。 『民明書房大全』集英社〈ジャンプ・コミックス デラックス〉、2004年9月8日、173頁。 『民明書房大全』集英社〈ジャンプ・コミックス デラックス〉、2004年9月8日、176頁。 『民明書房大全』集英社〈ジャンプ・コミックス デラックス〉、2004年9月8日、24-25頁。 「テレビ局ネットワーク」『』1988年12月号、、 79 - 81頁。 「テレビ局ネットワーク」『アニメディア』1989年2月号、学研、 87頁。 「テレビ局ネットワーク」『アニメディア』1988年10月号、学研、 80頁。 「テレビ局ネットワーク」『アニメディア』1989年4月号、学研、 101頁。 劇場版パンフレットより。 劇場版パンフレットより。 作中では「スペシャル・シークレット・ソルジャー養成所」。 劇場版パンフレットより。 エンディングクレジットでは「サー・ローヤル三世」。 編『ゲームボーイクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。 p36• 裂斬公式サイト「」• ベクター• - コミックナタリー、2013年1月11日配信• - コミックナタリー、2014年3月28日配信• - コミックナタリー、2014年12月25日配信• 外部リンク [ ]• (東映アニメーション公式サイト)• (集英社公式ホームページ)• - 東映アニメーション• - プレイリスト.

次の

さきがけスポーツとは

さきがけ スポーツ

相撲・格闘技 元大関豪栄道の断髪式が来年6月に、当初は1月予定 []• 大相撲 [6月28日 7:00]• プロレス [6月28日 0:34]• 格闘技 [6月27日 20:01]• 大相撲 [6月27日 7:40]• プロレス [6月27日 0:07]• 大相撲 [6月26日 18:44]• 大相撲 [6月26日 16:27]• ボクシング [6月26日 15:25]• ボクシング [6月26日 14:57]• コラム [6月26日 10:00]• 大相撲 元大関豪栄道の断髪式が来年6月に、当初は1月予定 []• 大相撲 [6月28日 7:00]• 大相撲 [6月27日 7:40]• 大相撲 [6月26日 18:44]• 大相撲 [6月26日 16:27]• 大相撲 [6月25日 19:43]• 大相撲 [6月25日 17:54]• 大相撲 [6月24日 18:07]• 大相撲 [6月24日 15:42]• 大相撲 [6月24日 8:00]• 大相撲 [6月23日 22:48]• プロレス 秋山準DDT移籍「思うことあるが男は黙って尽力」 []• プロレス [6月28日 0:34]• プロレス [6月27日 0:07]• プロレス [6月25日 8:28]• プロレス [6月25日 0:00]• プロレス [6月25日 0:00]• プロレス [6月24日 1:14]• プロレス [6月23日 0:00]• プロレス [6月22日 22:52]• プロレス [6月22日 22:09]• プロレス [6月22日 17:11]• ボクシング 大橋ジム王者清水ら無観客興行でPCR検査実施 []• ボクシング [6月26日 15:25]• ボクシング [6月26日 14:57]• ボクシング [6月25日 22:13]• ボクシング [6月25日 18:38]• ボクシング [6月25日 18:10]• ボクシング [6月25日 10:18]• ボクシング [6月24日 13:52]• ボクシング [6月24日 13:52]• ボクシング [6月23日 19:35]• ボクシング [6月20日 19:05]•

次の