お手数をおかけしまして恐縮ですが。 誤用に注意!「お手数おかけしますが」の正しい使い方は?|就活市場

「お忙しいところ」のビジネスメールでの正しい使い方

お手数をおかけしまして恐縮ですが

Contents• 「お忙しいところ」といった言葉はどういったシーンで使うのか? ビジネスメールやビジネスのあいさつの場面なので、 「 お忙しいところ」といった言い回しをすることは多いかと思います。 そもそも 「お忙しいところ」という言葉は、 相手に仕事を頼むときや 質問や問い合わせの回答を頼む時など、 相手の負担になることをこちからからお願いするときに使います。 ビジネスメールなどで添付した資料の確認をしてほしい時などには、 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、 添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」 といった言葉になりますね。 といったことから、「お忙しいところ」は、 相手にこちらから要求することが多いビジネスメールなどではよく使うフレーズなのです。 ・お忙しいところを申し訳ございません。 ・お忙しいところお時間をいただき、ありがとうございました。 ・お忙しいところ、大変失礼致しました。 ・お忙しいところ、申し訳ありません。 ・お忙しいところ、お手数かけますが、どうぞよろしくお願いいたします。 ・お忙しいところ、恐れいります。 このよように「お忙しいところ」 のうしろに続くことばを変えることによって さまざまなビジネスシーンで使えます。 また、ビジネスメールで「お忙しいところ」などを使った場合の 締めくくりは 「よろしくお願いいたします」 にするといったことも忘れずにしましょう。 スポンサードリンク 「恐縮」の意味と使い方 「恐縮」といった言葉もビジネスシーンで意外とよく使うことがある言葉です。 これをつかいこなせれば、とても重宝しますのでその意味と使い方をまとめてみます。 「恐縮」(きょうしゅく)の意味は、 相手に迷惑をかけたり、 相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと。 おそれいることといったことといったことです。 そして 「恐縮」の使い方ですが、 「すみません」の代わりによく使われるのが「恐縮です」 特に ビジネスシーンでは「すみません」ではなく 「恐縮です」が使われるのが一般的です。 ・お電話をいただき恐縮しております。 ・お手数をおかけし恐縮ではございますが~ ・お急ぎのところ恐縮ですが、 ・お忙しいなか大変恐縮でございますが、お返事をいただきたく、お待ち申し上げます。 ・手取り足取り、ご教示いただきまして大変恐縮しております。 といった感じですね。 」 といったことを入れると相手に失礼にならないような 心づかいを感じさせるので物事が円滑に進みます。 また、 断りを入れる際にも使えます。 多くのご提案をいただいておきながら、たいへん恐縮ですが~ といった感じですね。 同じ意味として使えます。 相手に謙遜な気持ちをあらわす言葉ですので それぞれのシーンに応じて使っていきましょう。 ご多用、 ご多忙、 お忙しいところ等の使い分け ご多用、 ご多忙、 お忙しいところ といった言葉の違いと使い分けは 「お忙しい」よりも「ご多忙」の方が相手に対して硬い表現であり、 ビジネスのシーンではこういった言い回しの方が適切です。 ですので、 お忙しいよりも硬い言葉遣いを使用する必要がある ビジネスのシーンでは 「ご多忙のところ恐縮でございますが」などと書くことが多いです。 また、「ところ」というこどばに置き変えて 「の折」とつけたり、「の中」とつけたり、 「のみぎり」とつけたりすると丁寧さをより増した表現になります。 「ご多用」と「ご多忙」の使い分け方ですが、どちらを使っても意味合いは同じなのです。 ただ、 多忙の「忙」の字が 「心を亡ぼす」 という意味の文字の 偏(へん)と旁(つくり)からできているため その文字を嫌う人が、 受け取り手によってあるかもといった配慮により 「ご多様」といった言葉を使うといったことがあります。 「忙」という字のエピソードが一般的に知れ渡ってきたため、 この文字を使うことに神経質になる人が昔よりも増えているのですね。 「ご多忙」も間違った使い方ではないので 気にしすぎないようにするといいのではないかと思います。 それでも もし気にされるのでしたら、 受け手にとって印象が悪く取られかねない「多忙」を最初使わず、 「多用」という表現を始めから使ってもいいですね。 ま と め 『お忙しいところ恐縮です』といった言葉は、 本題に入る前置きの心をほぐすような作用も持っている言葉です。 基本的な使い方と意味を考えて相手の気持ちになって書くことがもっとも大切です。 相手が忙しいかどうかは把握していなくても、忙しくない状況だと分かっていても使うのが心遣いです。 このような言葉を書面やメールでも一言添えることで、 より行き届いた文章になるのでそれぞれの言葉を使い分けて 相手や状況に応じて選ぶようにすると本題の部分もスムーズに進むことになるのではないでしょうか。

次の

「お忙しいところ恐縮です」は間違ってないのか?ビジネスメールでの敬語の使い方

お手数をおかけしまして恐縮ですが

同じようなことを二重に言っているので、まどろっこしくて「こいつ、日本語を知らないな」と思われますよ。 二重に言っても「よりていねい」にはなりません。 >「お手数をおかけして大変恐れ入りますが、ご返信をお待ち申し上げております。 」 「お手数をおかけいたしますが、ご返信をお待ち申し上げます。 」 あるいは 「大変恐れ入りますが、ご返信をお待ち申し上げます。 」 のどちらかで十分です。 もっと単刀直入に 「お手数をおかけいたしますが、ご返信のほどよろしくお願い申し上げます。 」 「大変恐れ入りますが、ご返信たまわりますようお願い申し上げます。 」 でもよいと思います。 「馬鹿丁寧」「慇懃無礼」よりも「何をしてほしいのか」を「わかりやすく」「簡潔明瞭」の方がよいです。

次の

「お手数をおかけしますが」の正しい使い方|就活マナーを再確認しよう

お手数をおかけしまして恐縮ですが

具体的な「お手数をおかけして」の使用例を、解説していきます。 前や後にどんな言葉をつけるのかによって、「お手数おかけして」の印象は大きく変わってきます。 相手と自分の関係や立場に応じて、使い分けができるようにしていきましょう。 申し訳ございません 誰かが「お手数をおかけして、申し訳ございません」と言っているのを、見たことはないでしょうか。 非常によく使われる表現で、ビジネスシーンでのやりとりにおいても必ずといっていいほど出てきます。 誰に対しても失礼にならない言葉遣いですので、いざというときにサッと出るようにしておくと、困らないで済むでしょう。 すみません 「お手数をおかけして、すみません」という言葉も、よく使われています。 「すみません」は少し丁寧さに欠けるので、ビジネスシーンにおいては「申し訳ございません」を使用するほうが適当です。 日常会話でお隣さんと話す程度であれば、「すみません」のほうが仰々しくなく、良好な関係を築いていけるということはあります。 その時々で合っている言葉を使い分けるようにしましょう。 現在も「お手数」をかけている最中の相手に対しては、「お手数をおかけしております」といって、現在の状況をお詫びしたり、感謝している気持ちを伝えましょう。 相手が忙しく、こちらを手伝うことで多少いらいらしている場合があります。 そんなときに、「お手数をおかけしております」と一言かけるだけでも、自分と相手の関係を円滑にできるということがあります。 クレーム他応などでも多く使われている言葉です。 ありがとうございます 相手が力を貸してくれたことに対して感謝の気持ちを伝えたいときは、「お手数をおかけしました、ありがとうございました」「その節はありがとうございました。 お忙しいところお手数をおかけし、申し訳ありませんでした」などの言葉を使いましょう。 お礼の気持ちだけでなく、手伝わせてしまって申し訳なかったという、お詫びの気持ちも伝えることができるので、より丁寧な印象を与えることができます。 特に目上の人に対しては、ただ単にお礼だけを伝えるよりも、「お手数おかけして」と一言添える方が、好ましいといえるでしょう。 お忙しいところ 相手が忙しいのにもかかわらず、何か頼みごとをしたり、手伝ってもらったりしたときにも、「お忙しいところ」という表現が使えます。 「お忙しいところ、お手数をおかけしました」「お忙しいところ、お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」というように、「忙しいのに、本当にありがとう」「あなたが忙しいのは知っているけど、そこをなんとかお願いします」などの気持ちを込めることができます。 こちらもビジネスシーンではよく使われる常套句なので、頭の引き出しにしまっておきましょう。 「お手数をおかけして」を他の言葉で言い換えると? 「お手数をおかけして」はビジネスメールでも使うことのできる便利な表現です。 いくつか例を挙げてご紹介します。 〇かの件ではお手数をおかけしております。 〇お手数をおかけして申し訳ございませんが、添付の用紙にご記入いただきまして、11月10日までにお送りくださいますようお願いいたします。 〇お手数をおかけしておりますが、早急に対応させていただきますので、今しばらくおまちくださいますようお願い申し上げます。 〇お手数をおかけしているにも関わらず、力強いお言葉までいただき、本当にありがとうございます。 メールの文章での注意点は、必ず書き言葉で表現することです。 メールは目に見える情報ですので、「お手数おかけして」のように、助詞の「を」を抜いてはいけません。 ビジネスシーンで送るメールの場合は、特に気をつける必要があります。 書き言葉に、普段使っている言葉遣いがついつい出てしまうことは珍しくありません。 日頃から正しい言葉を使うようにしましょう。 「お手数をおかけして」は二重敬語なの? 「お手数をおかけして」には「お」が2つついていますが、二重敬語となるのでしょうか。 二重敬語とは、尊敬を示す動詞と尊敬を示す助動詞「れる・られる」が同じ文で使われていることです。 では、「お手数をおかけして」はどうなるのでしょうか。 「お手数をおかけして」では少しわかりづらいので、「お手数をおかけする」に直して考えていきましょう。 この言葉を文法的に解説すると、下記のようになります。 ・「お手数」は、名詞の「手数」の丁寧な表現です。 ・「おかけする」は、「かける(掛ける)」を謙譲語にするために、「お~する」というかたちにした言葉です。 お察しのとおり、「お手数をおかけして」という表現は二重敬語にはあたりません。 ではどんな表現をしたときに二重表現になるのでしょうか。 先ほども触れましたが、二重敬語とは、尊敬を示す動詞と尊敬を示す助動詞「れる・られる」が同じ文で使われていることです。 例えば、「お召し上がりになられる」「ご覧になられる」という言い方がそうです。 「お召し上がりに」「ご覧に」という表現は、それだけで尊敬語の表現ですので、後に「なられる」をつけると、過剰な表現となってしまいます。 この場合は、「お召し上がりになる」「ご覧になる」が正しい表現です。 丁寧な表現を使うことに夢中になりすぎて、間違った言葉を使わないように気をつけましょう。 ビジネスシーンにおいて、こういった微妙な言葉遣いの違いを指摘されることはあまりありませんが、少なからず相手に違和感を感じさせてしまっている可能性があります。 「お手数をおかけして」をつかいこなそう!.

次の