ソフトバンクエアー 5g 切り替え。 ソフトバンクエアーの5Ghz・2.4GHzどう違う?設定方法も詳しく解説!

ソフトバンクエアーが遅いときの10の原因・対処を徹底解説!おすすめの乗り換え先も

ソフトバンクエアー 5g 切り替え

ソフトバンクエアーとソフトバンク光の違い 回線の引き込み工事が必要となるに対し、ソフトバンクエアーは、専用端末のコンセントを挿すだけで利用できるお手軽なインターネット回線です。 それぞれに契約するメリットとデメリットがあるので、1つ1つ見ていきましょう。 ソフトバンクエアーの特徴とメリット・デメリット 出典: は、ソフトバンクが提供する無線WiFiサービスです。 従来の固定回線とは異なり、サービス申し込み後に送られてくるWiFiルーターをコンセントに差し、電源を入れるだけでそのまま利用できます。 従来のネット回線のように、回線業者との複雑なプロバイダ契約も回線工事も必要ありません。 引っ越しに際しても、住所変更手続きをしてからルーターを挿し直すだけでOK。 逐一工事をする必要に迫られない点が最大のメリットといえるでしょう。 デメリットは、一般的なスマートフォンの回線と同じ4G LTEであること。 従来の固定回線は、ADSLもしくは光回線という高速かつ安定度が高いものが主流です。 4G LTE回線だと、どうしても通信速度や安定性の面で、光回線などに劣ってしまいます。 の最新端末である「Air ターミナル3」では、速度が大幅に向上し、下り最大261Mbps 従来は110Mbps まで出るようになりました。 それでも、下り最大1Gbpsの光回線には遠く及びません。 SNSや動画を見るくらいなら問題になりませんが、大きなデータのアップロード 動画の投稿など やオンラインゲームでは、より高速な回線が必要となるものです。 場合によっては、快適性にやや難を感じるかもしれません。 また、利用できるデータ容量に制限こそありませんが、回線が混雑していると、速度制限が行われる可能性があります。 とりわけピークタイムとなる夜間に注意です。 様々なLTE回線が多く使われるため、通信制限を実施する傾向があります。 ソフトバンクエアーの月額料金 出典: ソフトバンクエアーの基本料金は、月額4,880円です。 ソフトバンクエアーのみの契約か、ソフトバンクエアー+ソフトバンクスマホの契約かで料金が変わります。 ソフトバンクエアーのみ :4,800円 -1,080円 SoftBank Airスタート割 = 3,800円• ソフトバンクエアー+スマホ :4,800円 -580円 SoftBank Airスタート割 -1,000円 おうち割光セット = 3,200円 契約から1年間は「 SoftBank Airスタート割」で月々580円~1,080円安くなります。 さらに、ソフトバンクスマホを使っていると「 おうち割光セット」で毎月1,000円割引がずっと続くのです。 そのため、最安で3,200円でソフトバンクエアーが使えます。 マンションも一戸建ても3,000円台でネット環境が整うのはとても安いですよね。 ソフトバンク光の特徴とメリット・デメリット 出典: は、光回線を使用したソフトバンクのインターネットサービスです。 通信速度と安定性が非常に優れており、最も快適にインターネットを利用できる固定回線となります。 もちろん、通信量の上限や速度制限といったものは存在しません。 に比べ、4倍近い回線速度を出すことが可能。 大容量データのアップロード時や、極限までラグを減らしたいオンラインゲームなどにおいては、光回線が必須といえます。 唯一のデメリットは、契約後に回線工事が必要となる点です。 工事費用も別途、最大24,000円かかります。 フレッツ光導入済みのマンションなどで、立ち合い工事を求められない際は、おおよそ2,000円で済むようです。 契約期間は2年~5年ほど。 工事が必要となることから、その住宅に長い間住み続けるのであれば、よりも光がおすすめです。 ソフトバンク光の月額料金 ソフトバンク光 月額料金 戸建て 5,200円 マンション 3,800円 ソフトバンク光の月額料金は、 戸建てタイプが5,200円、マンション・アパートタイプが3,800円ととてもシンプルです。 マンションタイプによって料金が細かく分かれている光回線もありますが、ソフトバンク光は最終的に支払う金額がわかりやすくなっています。 さらに、ソフトバンクスマホと光回線をセットで契約すると、「 おうち割 光セット」で月額料金が安くなります。 出典: 「おうち割 光セット」は毎月1,000円割引が永年続くサービスです。 1,000円安くなるということは、戸建てが4,200円、マンションが2,800円で使えることになります。 ポケットWiFiやWiMAXが大体2,000~3,000円であることを考えると、 マンションタイプの2,800円はかなり安いことがわかるでしょう。 ソフトバンク光を契約するなら、おうち割 光セットはぜひとも使いたいキャンペーンの1つです。 ソフトバンクの正規代理店の専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。 TEL: 受付時間10:00-20:00 年末年始除く ソフトバンク光に乗り換えるメリットとデメリット 既にを契約しているものの、いずれは光回線への乗り換えを検討している方もいることでしょう。 改めて、から光りに乗り換えるメリット・デメリットをいくつかのポイントに絞ってお話します。 メリット 回線速度が速くて安定性に優れる 上述したように、の大きなメリットとなる点は、回線速度および安定性に優れることです。 大きなデータを日常的に送受信 サイトに動画をアップロードするなど する方や、オンラインゲームプレイ時のラグを極力減らしたい方なら、光回線が良いでしょう。 これは動画ストリーミングなど、回線速度が求められるサービスを日常的に利用している場合も同様です。 回線混雑の影響を受けない は、スマートフォンと同じ4G LTEの回線を使用しています。 つまり、時間帯によって回線が込み合う場合があります。 とりわけ混雑するのが夜間です。 今現在を利用しているものの、回線混雑に悩まされているという方は乗り換えを検討してはいかがでしょうか? 地域による回線速度の差が少ない モバイル回線という特性上、エリアによって回線速度に差が生じます。 光回線も同エリアのプロバイダの使用人数によって回線遅延となることがありますが、4G LTE回線に比べると、その影響は微々たるものです。 基地局との距離が遠い場所に済んでいたり、エリア内の使用人数が多い場所だったりするならば、光回線を検討してみましょう。 「エアー」から「光」への乗り換えに違約金がかからない フトバンクエアーもソフトバンク光も同じSoftBank社が提供しているので、「ソフトバンクエアーからソフトバンク光に簡単に乗り換えられる」と思っている人もいるかもしれません。 同じSoftBankが提供しているサービスですが「ソフトバンクエアー」と「ソフトバンク光」は、まったく別サービスです。 その為、ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える場合、ソフトバンクエアーを一度「解約」してソフトバンク光を「新規契約」するのが一般的な方法です。 ソフトバンクエアーを解約すると、違約金9500円(税抜)がかかってしまいます。 そこで、SoftBankでは「ソフトバンクエアー」契約中の人限定で「サービス変更」という手続きをすれば解約金の支払いなくソフトバンクエアーを解約しソフトバンク光を新規契約する事(乗り換える事)が可能です。 つまり現在を契約している場合、への乗り換えは「サービス内容の変更」として扱われるため、違約金を支払う必要がありません。 デメリット 引っ越しの際に工事を求められる可能性がある 光回線は契約毎に工事が必要となるため、引っ越しの度に工事費用と時間がかかります。 対するは、住居場所が変わっても住所変更の申請のみで使用可能です。 直近で引っ越しを検討しているならば、少なくとも引っ越しが終わるまでは、乗り換えを控えた方がよいでしょう。 サービスの特性上、二度手間となってしまう可能性があります。 初期設定をもう一度行う必要がある 光回線は工事が終わってから、回線を利用するための初期設定を行うことになります。 パソコンに詳しい方なら問題ないでしょうが、あまり慣れていない方だと、この段階でつまづいてしまうかもしれません。 「光セットアップサポート」という業者が初期設定を行うサービスこそあるものの、別途費用がかかるためあまり経済的とはいえません。 ソフトバンクエアーからソフトバンク光へサービス変更する方法と注意点 サービス変更の際の注意点 ソフトバンクエアーを契約する時、「Airターミナル」という機器をレンタルするか分割購入するかを選びます。 ここでもし分割購入を選んだ方はソフトバンクエアーからソフトバンク光への乗り換えの際には注意が必要です。 ソフトバンクエアーを解約する際の解約金は負担がなくソフトバンク光へ乗り換えが可能な「サービス変更」手続きですが、解約金負担がなくなるだけで機器分割はなくなりません。 そのため、本来支払うべき機器代の残額を一括で支払う必要があります。 ただし、36ヶ月目以降のソフトバンクエアーの解約やサービス変更の場合は、機器の分割代金の支払いは完了しているので上記のような事を考える必要がありません。 また、「Airターミナル」という機器をSoftBankから「レンタル」契約している人は、機器を購入して分割払いしている訳ではないので、上記のような機器代を解約時に負担する必要がありません。 ソフトバンク光・ソフトバンクエアーに共通する割引キャンペーン これまでおよびについてお話してきましたが、メリット・デメリットこそあるものの、それぞれ優れたサービスなのは間違いありません。 今現在他キャリアを契約していながら、どちらかへの乗り換えを検討している方もいるはずです。 そこで、および光に共通する最新キャンペーンをご紹介しましょう。 ソフトバンク回線への乗り換えの際に、ぜひご活用ください。 乗り換え違約金キャッシュバックキャンペーン インターネット回線を乗り換える際、契約満了月以外では違約金が発生するものです。 ソフトバンクでは現在、違約金のキャッシュバックキャンペーンを行っています。 乗り換えの際に発生する違約金と同額 最大10万円 のキャッシュバックを受けられるため、このタイミングで乗り換えるとかなりお得です。 ソフトバンクユーザーなら「おうち割光セット」による割引も受けられる ソフトバンクのスマートフォンを利用しているという方なら、・ソフトバンクエアーのどちらかを契約すると、24ヶ月間に渡って携帯料金の割引が受けられます。 肝心の割引額ですが、加入しているプランによるものの、最大2,000円です。 パケット定額サービスまたは基本料金から割引されます。 ワイモバイルユーザーには「光セット割」 ソフトバンク回線を利用した格安Simの1つ、ワイモバイル。 ワイモバイルと・を同時契約しているならば、料金の割引が受けられます。 割引額はデータサイズによるものの、500円~1,000円程度です。 これは一人当たりの割引額となるため、家族にワイモバイルユーザーがいれば、その人数分だけ割引が受けられます。 ライフスタイルに合わせてネット回線を選べる時代に! は比較的後発のサービスです。 「モバイル回線を利用した固定回線」というありそうでなかったタイプですが、着々とユーザーを増やしています。 利用者の層としては、仕事の都合などから引っ越しが社会人や、新生活を始める学生が多いようです。 工事を必要とせず、手軽に利用できる回線ではあるものの、一方で速度遅延などのデメリットも少なからずあります。 それぞれのメリットや料金体系などを比較した上で、ライフスタイルに合わせて選ぶ良いでしょう。 ソフトバンク光の他にも、スマホとセット割を適用していたりと快適かつお得に利用できる光回線は10社以上あります。 ので、 よかったらこちらの記事も参考にしてみてください。

次の

とっても簡単!SoftBank Airの設定方法について解説-SSIDの変更方法も

ソフトバンクエアー 5g 切り替え

ソフトバンクエアーを契約してWi-Fiに接続するときは、2つのSSIDのどちらかを選ぶようになっています。 それぞれのSSIDの末尾には、「2G」と「5G」という文字が表記されています。 どちらのSSIDを選んでも、利用するインターネット回線はソフトバンクエアーです。 しかし、「2G」と「5G」のそれぞれには長所と短所があり、インターネットを利用する場所によって使い分けが必要です。 そこで、ここではソフトバンクエアーの「2G」と「5G」の違いについて、わかりやすく解説します。 どちらのSSIDに接続すればいいのか悩んでいる人は、参考になるので読んでみてくださいね。 ソフトバンクエアーの2Gと5Gの違い6つを解説! スマホやタブレットをソフトバンクエアーに接続するときに、側面にあるシールを見るとSSIDが2つ書かれていることがわかります。 どちらのSSIDを利用しても、利用するインターネット回線はソフトバンクエアーであることに間違いありません。 しかし、 末尾に書かれている「2G」と「5G」は、それぞれ持っている性質が違います。 「2G」と「5G」のどちらを使うか判断するには、それぞれの性質を知る必要があります。 違いその1. 通信の規格が違う! 「2G」と「5G」はWi-Fiの電波の周波数を意味する数字で、正確には「2G」は「2. 4GHz」、「5G」は「5GHz」と表記します。 わかりやすく言えば、「2G」はWi-Fiの電波の中でも旧規格で、「5G」は新しい規格になっています。 これだけを読むと、ほとんどの人は「新しい規格の5Gを使ったほうがいいじゃん!」と思うのではないでしょうか? しかし、「2G」と「5G」にはそれぞれ長所と短所があり、単に新しい規格の「5G」を使えばいいわけではありません。 違いその2. 通信速度が違う! 現在の形状のソフトバンクエアーには「2」と「3」の2種類があり、最大の下り速度がそれぞれ違います。 ソフトバンクエアー 通信速度 種類 最大速度 ソフトバンクエアー2 下り261Mbps 上り7Mbps ソフトバンクエアー3 下り350Mbps 上り7Mbps どちらも、最大値と実際に出る速度は、ウェブサイトの閲覧からインターネット動画の視聴まで難なくこなせるものになっています。 しかし、 「2G」と「5G」では実際に出る通信速度が大きく違い、新しい規格である「5G」のほうが「2G」よりも速度が優れています。 ただ、「2G」は「5G」よりも速度が遅い代わりに、「5G」にはない長所を持っています。 違いその3. Wi-Fiの飛ばせる距離が違う 「2G」と「5G」は、Wi-Fiの電波を発信できる距離が違います。 「2G」は通信速度が遅い代わりにWi-Fiを発信できる距離が長くなっていて、「5G」は通信速度が速い代わりにWi-Fiを発信できる距離が短くなっています。 違いその4. 障害物への強さが違う ソフトバンクを始めとした携帯電話キャリアは、あらゆる周波数帯の電波を発信しています。 数値が大きい周波数帯は、通信速度が速い代わりに建物などの障害物に弱い特徴があります。 数値が小さい周波数帯は、通信速度遅い代わりに建物などの障害物に強い特徴があります。 これは、ソフトバンクエアーの「2G」と「5G」にも同じことが言えます。 「5G」は通信速度が速いですが、壁などの障害物には強くありません。 「2G」は通信速度が遅いですが、壁などの障害物があっても安定したWi-Fi接続が可能になっています。 ちなみに障害物は以下の記事で解説している通りソフトバンクエアーの電波が遅くなる原因になりやすいので、特に気をつけた方がいいですよ。 違いその5. 他の家電との相性が違う 「2G」はWi-Fiだけでなく、電子レンジをはじめとしたさまざまな家電で利用されている周波数帯です。 同じ周波数帯が飛んでいると、複数の電波が干渉して通信速度が遅くなるリスクがあります。 また、 マンションやアパートなどで利用すると、隣の部屋から発信されている電波の影響を受ける恐れもあります。 「5G」は、Wi-Fiルーターの他の製品では使われていない周波数帯なので、他の電波と干渉することがありません。 そのため、とても安定したWi-Fi接続ができるようになっています。 違いその6. 接続できるデバイスの種類が違う 「2G」はWi-Fiの中でも古い規格なので、古いモデルから新しいモデルまでの幅広いデバイスで利用することができます。 「5G」は新しい規格なので、ある程度新しいモデルのデバイスでなければ使うことができません。 インターネットを利用するデバイスが古いモデルのため、「2G」しか利用できないという事例は少なくありません。 実際にソフトバンクエアーを使っている人たちの感想は、以下の記事で詳しく紹介しています。 こちらも参考にしてみてください。 2Gと5Gを使い分ける方法を知ろう! 「2G」と「5G」はそれぞれ長所と短所があるので、 状況に合わせた使い分けをするとソフトバンクエアーをより快適に使うことができます。 それぞれを使い分ける方法を知っておくと、ソフトバンクエアーの通信速度が遅くなる問題を解消できることがあります。 2Gを使ったほうがいいとき2つ 「2G」は通信速度が遅い代わりに、Wi-Fiが飛ばせる距離が長いうえに障害物に強くなっています。 また、 古い規格なので、幅広いデバイスで利用可能です。 なので、「2G」はこんなときに使うといいでしょう。 ソフトバンクエアーから遠い場所でネットを使うとき 「2G」の強みは、ソフトバンクエアーから遠い場所でもWi-Fiが利用できることです。 「2G」はWi-Fiを発信できる距離が長く、壁などの障害物にも強いので、ソフトバンクエアーを設置しているところと別の部屋でWi-Fiを使うときに活用できます。 古いモデルのデバイスでネットを使うとき Wi-Fiに接続できるデバイスは、全てが「2G」と「5G」の両方を使えるわけではありません。 古いモデルのデバイスの中には、新しい規格である「5G」が使えないものがあります。 スマートフォンやパソコンで「5G」に接続できない場合は、「2G」にしか対応していない可能性があります。 なので、こんなときは「2G」に接続してインターネットを使いましょう。 5Gを使ったほうがいいとき3つ 「5G」は「2G」よりも通信速度が速いことがメリットです。 しかし、 「5G」の弱点となる場所で利用すると、本来の力を発揮してくれません。 「5G」の力をフルで発揮できる状況を覚えておきましょう。 とにかく高速でネットが使いたいとき 2Gと5Gは通信速度が違うといっても、そこまでたいして変わらないと思う人は多いのではないでしょうか? しかし、 実際にそれぞれの通信速度を計測してみると、違いがハッキリと見えてきます。 たとえば、ソフトバンクエアーで「5G」を利用すると、下り速度は90~100Mbps出ますが、 「2G」で利用すると、50Mbpsの下り速度になります。 これを見れば、2Gと5Gで通信速度がどれだけ違うのかが見えてきますね。 この結果から、通信速度を求めるなら5Gを使うべきだということがわかるでしょう。 電子レンジなどの家電が多い場所や、集合住宅でネットを使うとき 「2G」はWi-Fiルーターだけでなく、電子レンジをはじめとしたさまざまな家電で利用されています。 そのため、家電が多い場所で「2G」を利用すると、複数の電波が干渉して通信速度が遅くなってしまいます。 また、 マンションやアパートでは、他の部屋から発信されている電波と干渉することも考えられます。 「5G」はWi-Fiルーターでしか利用されていない規格なので、他の電波と干渉することがありません。 なので、電子レンジなどの家電が多い場所や、集合住宅では「5G」を使えば安定したインターネット通信ができるようになります。 ソフトバンクエアーから近い場所でネットを使うとき 「5G」はWi-Fiを発信できる距離が短く、障害物に弱い欠点があります。 しかし、 ソフトバンクエアーに近い場所にいるときは、「5G」が持つ本来の力が発揮され、とても速い通信速度がインターネットが利用できます。 なので、ソフトバンクエアーが設置されている部屋にいるときは、「5G」を使うといいでしょう。 これらを工夫しても電波がよくならない場合は他の原因が考えられます。 詳しくは以下の記事をご参照ください。 まとめ ソフトバンクエアーのSSIDに表記されている「2G」と「5G」は、Wi-Fiの電波の周波数帯を表しています。 数値が小さい周波数帯「2G」は通信速度こそ遅いですが、Wi-Fiを発信できる距離が長いうえに障害物に強いメリットがあります。 数値が大きい周波数帯「5G」は通信速度が速いですが、Wi-Fiを発信できる距離が短く、障害物に弱くなっています。 なので、インターネットを利用する場所にあわせて「2G」と「5G」を使い分けるといいでしょう。 他にもソフトバンクエアーについては以下の記事がございます。 興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

次の

ソフトバンクAIRの2Gと5Gの意味誰かわかりますか?

ソフトバンクエアー 5g 切り替え

SoftBank Air の契約期間は2年間(SoftBank Air の課金開始日の属する月を1ヵ月目として、24ヵ月目の末日まで)です。 解約の申し出がない場合は、更に2年間を契約期間として更新します。 契約期間満了の月以外で解約した場合、9,500円の解除料が必要です。 契約事務手数料3,000円が必要です。 割賦販売に係る申込内容の審査にあたり、ご契約者の情報を信用情報機関に照会・登録します。 審査の結果次第では、お申込できない場合がございます。 SoftBank Air の契約期間は2年間(SoftBank Air の課金開始日の属する月を1ヵ月目として、24ヵ月目の末日まで)です。 解約の申し出がない場合は、更に2年間を契約期間として更新します。 契約期間満了の月以外で解約した場合、9,500円の解除料が必要です。 契約事務手数料3,000円が必要です。 割賦販売に係る申込内容の審査にあたり、ご契約者の情報を信用情報機関に照会・登録します。 審査の結果次第では、お申込できない場合がございます。 住民票• 公共料金領収書• 官公庁発行印刷物• 住民票:書面にマイナンバーが記載されている場合は、登録時、番号が写らないように隠してください。 公共料金領収書:NTTファイナンスの領収書をご利用される場合はお客様の固定電話番号の記載が必要です。 官公庁発行の印刷物:納税通知書、税金の通知書など• 官公庁の手書き・戸籍抄本は受付不可• 賃貸借契約書:以下の記載部分の箇所を読み込んでください。 書類名(賃貸借契約書)、2. 引越し先住所の記載、3. 借人の記載、4. 契約日(・契約期間は不可、契約日の前後3ヵ月まで有効) 5. 捺印・プロパンガス・でんき・ガスの自由化に伴い参入した事業者の領収書も可.

次の