とことん流されるパワプロ。 アサガミ・キョウスケ

【パワプロアプリ】アサガミ・キョウスケの金特イベントや性能評価

とことん流されるパワプロ

: + 時間になりましたので投下します。 ::::. 。 ゚. 。 ゚. < > ゚! ___. /三三ニヽ. ',ミ三三三ミノ. 三三三三三三三三三三`'' 、 lニ三三三三三三三三三三三ニ',!. ニ三三三三三三三三三三三ミ', l. ニ三三三三三三三三三三三三',.! ニ三三三三三三三三三三三三',.. ',三三三三三三三三三三三三三i ',ニ三三三三三三三三三三三ニ. l ',ニ三三三三三三三三三三三ミ. ニ三三三三三三三三三三. /ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三\ ,r'ニ三三ニ,. r''、ニ三三三三三三三三三三三三三三三. ,r'三三三. ',三三三三三三三三三三ミl. ',ニ三三三三三三三三三ミ. i三三三三三三三三三三ミi. _ /ニ三ミ. ,'ニ三三三三ヽ. /ミ三三三三三三三三三三三三三三三ミヘ三三三三ヽ. lニ三三三三三三三三三ニ,' 7ニ三三ミ〉.. ,三三',. l三三三三三三三三三三ミ,'. lニ三三三三三三三三三三. ', 、ハ (. / ヾ. ノ :. ノ `ヽ. : : ゝ~'. /::::: ニニハニニニニV. : : : :.. : : : : : : ::. ', ,ィ! ニ',. :::::. ゙:,ニニ,'ニニ,ィi〔 変化球 Lスクリュー LHシュート Lフォーク. :/::.. :':::::::::::ヽ : :. /:::::::::::. : /. ::::::. :/: : ,' : :::... ヽ /... : ,. :::. :,'. 、::::.. :::. : :.! :::. '::. : :.! : :. ::::\丶.. : : : :. \< <.. : :. : : : : : : : /. : :. : : : ::::::..  ̄ :. : :. :\:. :\:::. :ミh、. : :. : :. : : :. ', 、ハ (. / ヾ. ノ :. ノ `ヽ. : : ゝ~'. :::................................... :::::::::. ', /........ ::::.... ::::.... ::::::::. ', ,'.............. ,,,,,,,_......... :::....... ゙:,....................... ,':::........... ゚:,.................. :゙:i:i:i:i,. /'::................ /:i:i:i:i/...... :::::............... /:i:i:i:i/......... ゝ ̄ ̄. ,、:. ヽ/:\ニニニニニニニニニニ/! ゚:,ニ. ',:. ヽ,\.! 7::::::::::::::', _. ヘ::::::::::::::ヘ. : :. : : : ::::::..  ̄ :. : :. :\:. :\:::. :ミh、. : :. : :. : : :. :ヽ、. :〉 野球への熱意:【1D100:2】................................... 丶、>。,:. `丶、ニニニ\... 丶、ニニヽ.. : : : :.. : : : : : : ::. ', ,ィ! ニ',. :::::. ゙:,ニニ,'ニニ,ィi〔 【1D10:4】 1:中学時代の恩師がどうしてもって 2:高校のスカウトに押し切られた 3:チームメイトが甲子園行きたいって言うから 4:本人は汗を流す程度のつもり 5:中学時代の恩師がどうしてもって 6:高校のスカウトに押し切られた 7:チームメイトが甲子園行きたいって言うから 8:本人は汗を流す程度のつもり 9:無口のため誤解され流されて 10:熱烈歓迎. :/::.. :':::::::::::ヽ : :. /:::::::::::. : /. ::::::. :/: : ,' : :::... ヽ /... : ,. :::. :,'. 、::::.. :::. : :.! :::. '::. : :.! : :. ::::\丶.. : : : :. \< <.. : :. : : : : : : : /. /ニ三ミ. \ ,'ニ三三三三ヽ 確かに熱意はない、だが性格は真面目で与えられた仕事をキッチリこなせる。 '、ニ三三ミ,'. ,,.-''三三三三ミ"'. ,'ニ三三三三三三三三三三三ニl. ,'ニ三三三三三三三三三三三ニ. ,'ニ三三三三三三三三三三三ニl. ,'ニ三三三三三三三三三三三三,'! 三三三三三三三三三三三三三,'. 三三三三三三三三三三ニ,'. l三三三三三三三三三三三. Y",,.. :" ,,. il l l;;;ト、つノ,ノ / /:ト-"ノ゙i ,,. l ハ. -。,乂', ',. ,,〕!.. ',', ,':. ::,':. ,':. ,':.. : :. : ,:. ,':. ,':. 投手:【1D10:8】 二塁手:【1D10:4】 遊撃手:【1D10:10】 ポジションごとのレギュラー争い 1~3:正規レギュラーなし 4~6:熾烈なレギュラー争い 7~9:確固たるレギュラーがいる 10:熱烈歓迎. /ニ三ミ. \ ,'ニ三三三三ヽ. ,,.-''三三三三ミ"'. ,'ニ三三三三三三三三三三三ニl. ,'ニ三三三三三三三三三三三ニ. ,'ニ三三三三三三三三三三三ニl. ,'ニ三三三三三三三三三三三三,'! 三三三三三三三三三三三三三,'. 三三三三三三三三三三ニ,'. l三三三三三三三三三三三 【1D2:1】 1:男 2:女. rレ" ")! ゝ、:. - 'i! r'",.. 'r'"! i ,. r''",.. '"二,,. - "!... ', i i! '",. ゙, ヽ'" i ', ゙ , ,' ', ':, ,. ,:' ','',. ノ ,. :' ,,. ''" ', ,. :' ,. 'i ':,. :' ,. :'" ,r" ,. ::::::::::::::::::::::r</ :. : : : : : : : : : : : :. : : : i: : : : : :i: :: : ::: : ::. : : : : : : : : : :. :: : : : : : : i:::. : ヽ: :::::. ::ヽ:. :::::::::. i: : : :! : : :::! ゝ;: :. : : : ::::\: ,斗七"\:::::: :: ::::: : : : : : :: ::. :::::. i: : : ::! : : :: ヽ;: \::. :: : :. ::::::. i:::::::::::. :::::: 、;::::\. :  ̄. : -------. :  ̄. : \. : ,. : ',. : ', '. : i. : i. : :. : i i. : i. : i\. : \. : 八. : :V笊示ミ、八. : ' :. :: :. : , お前のプレーには、覇気を感じない。 :乂 , ノィ. :',. : : i:个:.  ̄ イ. / '........ \ニヽ.. :/::.. : : : : 忠告、どうも。 :':::::::::::ヽ : :. /:::::::::::. : /. ::::::. :/: : ,' : :::... ヽ /... : ,. :::. :,'. 、::::.. :::. : :.! :::. '::. : :.! : :. ::::\丶.. : : : :. \< <.. : :. : : : : : : : /. : \ '. : :'. :i :. : i. : i. : i. : : i. : : ィ. : : :. : :. : :. : プイッ. : :. : :i,ィチ笊 V. : ,. : 八. : 个:. : 八 : :. : '. \ \............................ l l. ハ l. イヌ ,! r== l l l '-l. l __, l ヽ! / /. : 【1D10:9】 1:まだ時間はある 2:ダメなら他の者でいい 3:投手練習にはいらせる 4:まだ時間はある 5:ダメなら他の者でいい 6:投手練習にはいらせる 7:まだ時間はある 8:ダメなら他の者でいい 9:投手練習にはいらせる 10:熱烈歓迎. : : : : : : : : : : : : : : : : :〈 7. \ ハンター、投手練習に入れ。 ::::::. \ ,.. `:::. 、 /. >彡/ ヽ:::::::::::::::;. |:::::::::::厶斗く:. ::::::::::::::`::. '、ニ三三ミ,'. ,'ニニ〈 ,r. ,'ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三. ', iミ三三三三三ニ. ,三三三三三三三三三三三三三ミ',. 三三三三三三三三三三ニ,'',ニ三ニ. ', l. ニ三三三三三三三三三ニ,'... iニ三三', l. ニ三三三三三三三三三ミ,'.! ニ三三i lニ三三三三三三三三三ニ ニ三三 :【1D2:1】 1:男 2:女 【1D10:10】 1~3:平凡 4~6:名門レベル 7~9:エースクラス 10:熱烈歓迎. 、 , イ:::::::::::::::::::::`ヽ::イー--... T::/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::.. ::r'. 7 l:::::;. lイ 乂::ツ lヽ l! ';:: ,. :::! :::::::::::::;ィ ヽ ,. イ l::::::::::;イ.. :/::.. :':::::::::::ヽ : :. /:::::::::::. : /. ::::::. :/: : ,' : :::... ヽ /... : ,. :::. :,'. 、::::.. :::. : :.! :::. '::. : :.! : :. ::::\丶.. : : : :. \< <.. : :. : : : : : : : /. : : : : : i `ヽ (1年だし、気楽に投げさせるか). : : r一. :ヽ、. 丶、>。,:. `丶、ニニニ\... 丶、ニニヽ.. -'". -… -、 ヽ. -'". -'"゛. `'-、. -'". `'-、. ,/ ,.. `''ー.. 、 \ :.. . `゙゙'''ー-.. `゙"'~ ,,,,,,,.......... -''ン 二ー ,,、. -'"゛ / :. 、、、 ゙゙''-.. -'"゛ /. : '、 \"->、. `''ー、、 `゙'''ー.. l `'、 \. `'- \ `゙'ー、,、. `゙''ー.. l l \ \,. `'-、`''- `'''. l ヽ. `'- ゛. -'". l l " ;. " "- `''-、,、 `'. \ ゙゙''-.. l゙ l l! l i ゝ. l \ 、 ゙''-、. l : \! l ゙l、. \ `'-、. l l, -'". ::::::l :::::::::::::::: l::::::::l/. イニニ、-.. /: : : : : : : :\ : : :. : : : : : : : : :. ヽ : : :,:.:'":. '" ; :'": : : : : : : :. /: : : : : : : : : : :. l: \: : : : : : : l:"'':. : : :',-! '; : :. ヽゝ:::::>'":::::::::::::::::::<三三丶.. . '". j::::::::::::::::! :::::::::::! . '". '; :/: 、: : : :. l'''''""\. : : : : : : : : : : : : : : :l. /ニ/ 二ハム ニ Vム 二 イ /ニ/ ニ7 Vム. `1工エエハ. :Vノ.  ̄`Y:. ( ̄ ̄ ̄ ̄:. ', \. 人  ̄ ̄ ̄ ̄):. : ̄「 ̄「 ̄:. / :. \/ j:. .-''"` 、` 、 ・` 、. : : : : :.. ,ィi"`i : : : : : : : : : : : : : ' ,. : : : : : : : : : : : : :. : (あのミットの【音】、150の大台に乗ってやがる) -'''";;;;;;;;;;;"'''-. , i: : :. : : : : : : : : : : : : :. r;ク ノL,i :. : : : : : : : : : : : : :. 下手投げでか!? ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ. 、:::.. l l. `l オーケッ! 速球はいいよ、変化球も見せてくれ!. j ヽ. 、 ヽ::\. い,゙iノ. ---! ::::::::::::::::::::::r</ :. \ \............................

次の

【マイライフ】奥居紀明さんの成績を淡々と眺めるだけ

とことん流されるパワプロ

2019年 3年目 20歳 奥居紀明 弾道2 A83 A85 A81 A81 A83 A82 143試合 打率. 305 577打数176安打 34二塁打 3三塁打 14本塁打 率41. 2 71打点 得点圏打率. 261 142打数37安打 得点100 三振94 率. 163 四球58 死球2 犠打0 犠飛4 併殺10 盗塁5 率. 714 長打率. 447 出塁率. 368 失策0 守備率1. 00 猛打賞13回 OPS. 305 541打数165安打 22二塁打 5三塁打 33本塁打 率16. 4 87打点 得点圏打率. 226 124打数28安打 得点113 三振85 率. 157 四球74 死球4 犠打0 犠飛2 併殺7 盗塁6 率. 750 長打率. 547 出塁率. 391 失策1 守備率. 993 猛打賞12回 OPS. 283 552打数156安打 30二塁打 6三塁打 18本塁打 率30. 7 79打点 得点圏打率. 223 157打数35安打 得点100 三振84 率. 152 四球70 死球0 犠打0 犠飛1 併殺11 盗塁9 率. 818 長打率. 457 出塁率. 363 失策0 守備率1. 00 猛打賞11回 OPS. 280 547打数153安打 22二塁打 6三塁打 19本塁打 率28. 8 85打点 得点圏打率. 262 141打数37安打 得点88 三振87 率. 159 四球71 死球5 犠打0 犠飛4 併殺5 盗塁13 率1. 00 長打率. 446 出塁率. 365 失策2 守備率. 985 猛打賞9回 OPS. 321 542打数174安打 35二塁打 6三塁打 22本塁打 率24. 6 109打点 得点圏打率. 349 149打数52安打 得点93 三振88 率. 162 四球88 死球2 犠打0 犠飛5 併殺4 盗塁10 率. 714 長打率. 530 出塁率. 414 失策1 守備率. 993 猛打賞15回 OPS. 336 533打数179安打 31二塁打 11三塁打 23本塁打 率23. 2 88打点 得点圏打率. 357 115打数41安打 得点104 三振81 率. 152 四球79 死球4 犠打0 犠飛1 併殺8 盗塁18 率1. 00 長打率. 565 出塁率. 425 失策0 守備率1. 00 猛打賞12回 OPS. 315 549打数173安打 24二塁打 16三塁打 35本塁打 率15. 7 95打点 得点圏打率. 250 124打数31安打 得点110 三振72 率. 131 四球81 死球2 犠打0 犠飛3 併殺2 盗塁15 率. 833 長打率. 608 出塁率. 403 失策4 守備率. 985 猛打賞12回 OPS1. 347 550打数191安打 38二塁打 4三塁打 28本塁打 率19. 6 105打点 得点圏打率. 333 138打数46安打 得点116 三振81 率. 147 四球74 死球3 犠打0 犠飛3 併殺6 盗塁23 率. 958 長打率. 584 出塁率. 425 失策1 守備率. 993 猛打賞20回 OPS1. 329 520打数171安打 25二塁打 9三塁打 29本塁打 率17. 9 93打点 得点圏打率. 219 137打数30安打 得点108 三振66 率. 127 四球77 死球2 犠打0 犠飛2 併殺4 盗塁15 率. 882 長打率. 579 出塁率. 416 失策0 守備率1. 00 猛打賞10回 OPS. 330 533打数176安打 27二塁打 8三塁打 36本塁打 率14. 8 87打点 得点圏打率. 230 126打数29安打 得点117 三振69 率. 129 四球84 死球3 犠打0 犠飛0 併殺6 盗塁14 率. 824 長打率. 614 出塁率. 424 失策4 守備率. 994 猛打賞15回 OPS1. 351 550打数193安打 29二塁打 16三塁打 43本塁打 率12. 8 130打点 得点圏打率. 341 129打数44安打 得点111 三振77 率. 140 四球63 死球2 犠打0 犠飛2 併殺10 盗塁26 率. 963 長打率. 696 出塁率. 418 失策2 守備率. 989 猛打賞26回 OPS1. 314 557打数175安打 41本塁打 率13. 6 122打点 二塁打20 三塁打10 得点圏打率. 326 144打数47安打 得点119 三振75 率. 135 四球72 死球2 犠打0 犠飛4 併殺9 盗塁15 率. 938 長打率. 607 出塁率. 392 失策0 守備率1. 00 猛打賞12回 OPS. 337 523打数176安打 35本塁打 率14. 9 109打点 二塁打23 三塁打13 得点圏打率. 333 141打数47安打 得点96 三振69 率. 132 四球77 死球2 犠打0 犠飛1 併殺8 盗塁7 率. 875 長打率. 631 出塁率. 423 失策1 守備率. 993 猛打賞13回 OPS1. 337 523打数176安打 47本塁打 率11. 1 123打点 二塁打28 三塁打10 得点圏打率. 344 131打数45安打 得点106 三振61 率. 117 四球62 死球1 犠打0 犠飛1 併殺7 盗塁6 率. 857 長打率. 697 出塁率. 407 失策0 守備率1. 00 猛打賞16回 OPS1. 349 567打数198安打 46本塁打 率12. 3 135打点 二塁打29 三塁打9 得点圏打率. 393 135打数53安打 得点121 三振79 率. 139 四球67 死球2 犠打0 犠飛1 併殺5 盗塁12 率. 923 長打率. 675 出塁率. 419 失策1 守備率. 994 猛打賞17回 OPS1. 355 552打数196安打 50本塁打 率11. 0 129打点 二塁打28 三塁打13 得点圏打率. 363 146打数53安打 得点124 三振62 率. 112 四球64 死球2 犠打0 犠飛2 併殺9 盗塁6 率1. 00 長打率. 725 出塁率. 423 失策0 守備率1. 00 猛打賞14回 OPS1. 354 525打数186安打 33本塁打 率15. 9 111打点 二塁打37 三塁打5 得点圏打率. 444 126打数56安打 得点117 三振45 率. 086 四球84 死球1 犠打0 犠飛1 併殺4 盗塁14 率. 875 長打率. 632 出塁率. 444 失策0 守備率1. 00 猛打賞21回 OPS1. 336 544打数183安打 35本塁打 率15. 5 103打点 二塁打18 三塁打4 得点圏打率. 371 124打数46安打 得点119 三振60 率. 110 四球72 死球3 犠打0 犠飛2 併殺11 盗塁4 率. 800 長打率. 577 出塁率. 415 失策0 守備率1. 00 猛打賞11回 OPS. 誰もが、その戸惑いの中から、学ぶのだ。 嗚呼…、本当の私に帰ってゆきます。? 大分むぎ焼酎、二階堂。 374 537打数201安打 44本塁打 率12. 2 118打点 二塁打37 三塁打9 得点圏打率. 387 124打数48安打 得点125 三振55 率. 102 四球81 死球4 犠打0 犠飛4 併殺8 盗塁9 率1. 00 長打率. 723 出塁率. 457 失策0 守備率1. 00 猛打賞26回 OPS1. 359 557打数200安打 42本塁打 率13. 3 136打点 二塁打36 三塁打7 得点圏打率. 417 127打数53安打 得点133 三振66 率. 118 四球77 死球0 犠打0 犠飛1 併殺8 盗塁11 率. 786 長打率. 675 出塁率. 436 失策1 守備率. 992 猛打賞17回 OPS1. 320 544打数174安打 43本塁打 率12. 7 127打点 二塁打33 三塁打9 得点圏打率. 383 128打数49安打 得点108 三振70 率. 129 四球83 死球0 犠打0 犠飛2 併殺4 盗塁6 率. 600 長打率. 651 出塁率. 409 失策0 守備率1. 00 猛打賞14回 OPS1. 334 533打数178安打 41本塁打 率13. 0 121打点 二塁打30 三塁打3 得点圏打率. 317 145打数46安打 得点122 三振56 率. 105 四球97 死球3 犠打0 犠飛1 併殺8 盗塁6 率. 750 長打率. 632 出塁率. 438 失策0 守備率1. 00 猛打賞11回 OPS1. 365 515打数188安打 39本塁打 率13. 2 125打点 二塁打33 三塁打10 得点圏打率. 425 134打数57安打 得点126 三振53 率. 103 四球85 死球2 犠打0 犠飛3 併殺6 盗塁5 率. 625 長打率. 695 出塁率. 455 失策1 守備率. 992 猛打賞17回 OPS1. 344 547打数188安打 42本塁打 率13. 0 141打点 二塁打30 三塁打5 得点圏打率. 411 151打数62安打 得点115 三振58 率. 106 四球81 死球0 犠打0 犠飛1 併殺3 盗塁5 率1. 00 長打率. 647 出塁率. 428 失策0 守備率1. 00 猛打賞15回 OPS1. 371 568打数211安打 42本塁打 率13. 5 156打点 二塁打33 三塁打4 得点圏打率. 420 176打数74安打 得点119 三振62 率. 109 四球67 死球1 犠打0 犠飛2 併殺5 盗塁1 率1. 00 長打率. 665 出塁率. 437 失策0 守備率1. 00 猛打賞22回 OPS1. 344 550打数189安打 36本塁打 率15. 3 134打点 二塁打27 三塁打12 得点圏打率. 446 139打数62安打 得点108 三振53 率. 096 四球89 死球3 犠打0 犠飛4 併殺7 盗塁1 率. 500 長打率. 633 出塁率. 435 失策0 守備率1. 00 猛打賞16回 OPS1. 330 14949打数4934安打 800二塁打 215三塁打 940本塁打 率15. 9 3021打点 得点圏打率. 334 3762打数1257安打 得点3015 三振1975 率. 132 四球2046 死球57 犠打1 犠飛61 併殺183 盗塁267 率. 857 満塁本13 代打本0 サヨナラ本14 長打率. 601 出塁率. 411 失策16 猛打賞412回 OPS1. 012 生涯年俸80億8620万円 表彰・タイトル MVP 15回 2027、2029~2038、2040~2043 日本シリーズMVP 4回 2033、2037、2038、2044 三冠王 7回 2029、2031~2034、2041、2043 首位打者 9回 2027、2029、2031~2034、2037、2041、2043 本塁打王 12回 2029~2034、2038~2041、2043、2044 打点王 16回 2029~2044 最多安打 4回 2029、2033、2034、2037 最高出塁率 21回 2020、2024~2029、2031~2044 ベストナイン 21回 2020、2023、2025~2043 ゴールデングラブ 25回 2018~2024、2026~2043 オールスター選出 25回 2020~2044 27年連続2桁本塁打 2018~2044 22年連続20本塁打 2023~2044 17年連続30本塁打 2028~2044 4年連続40本塁打 2037~2040 16年連続100打点 2029~2044 22年連続打率3割 2023~2044.

次の

【マイライフ】奥居紀明さんの成績を淡々と眺めるだけ

とことん流されるパワプロ

幸せな夢を見た。 自分の家に何人かの友達を招いて、一緒にごちそうやケーキを食べて。 みんなが笑顔で「おめでとう」って言ってくれて、様々なプレゼントを渡してくれた。 家族も一緒に笑ってた。 そして目を覚ました時、そこに広がる風景とさっきまでの光景があまりに違っていたから混乱した。 でもすぐ、ああアレは夢だったんだと思う。 ただの架空の夢じゃなくて、魔導幼稚園に行ってた時の夢だ。 懐かしい、あの頃は楽しかったな。 でも何でこんな懐かしい夢を見たのかは分からなかったけど、宿屋のロビーのカレンダーを見てすぐに気付いた。 そうか、今日はぼくの誕生日だったんだ。 家族や友達など祝ってくれる人がいなきゃ、普通の日と変わらないなぁなんて思いつつ、ぼくはいつも遠りに過ごすことにした。 寝間着から着替えて朝食を貰い、歯を磨き顔を洗い、カーバンクルを起こす。 それから、ちょっと遅くに起きてきたルルーおねえさまに、ここからの魔導学校の位置関係を説明する。 おねえさまはそれなりに真剣に聴いてくれて、明日この街を出発することでぼくらは合意した。 [newpage] 「じゃあ…」 おねえさまはそんな声をもらし、何かをメモに書いたあと、当然のようにそれを押し付けてきた。 この人はほんとーに人使いが荒い。 いつもは何だかんだでメモを受け取り、すっかり便利屋となってしまってるぼくだけど、今日は気が乗らなかった。 十中八九、あの夢のせいだ。 「ぼく、今日誕生日なんですけど…」 「それがどうしたと言うのよ。 」 ああ、冷たい。 でもまぁうん、分かってました。 一応言ってみただけなので大してショックは受けず、改めてメモと金を受け取る。 あれ、金がなんだか重い。 今日はまだ買うもの少ない方だけど、それにしちゃ金が多すぎる。 二千gで足りそうだけどなぁなんて、きょとんと金を眺めていたら、声がかかった。 「…もし金が余ったら、好きなもの買っていいわよ。 使わず自分のものにしてもいいわ。 」 「……えっ。 」 「お釣りは駄賃にして良いって言ってるのよ。 」 そういつもと全く変わらない声色で伝えて、何処かへ行ってしまった。 いや「もし余ったら」って、これ余らない筈が無い。 「ありがとぉーおねえさま!!」 嬉しくて嬉しくて仕方がなかったので、宿屋のロビーで主人と話すおねえさまの後ろ姿にそう叫んで駆け出していく。 おねえさまは振り向かず、宿屋の主人はポカンとしているのが目に入った。 「……気付くのが遅い。 」 そう一人ごちた声は、当然すでに出ていったぼくには聴こえていなかった。 [newpage] 街の商店街を駆け出していく。 ちょっと早い時間だからか、人通りはそこまで無かった。 さっさと頼まれた物を買って、欲しいものを見つけて買おう。 杖や指輪を新調しようかな。 魔導書でも買おうか。 それともたまには、女の子らしい可愛い何かの一つや二つでも買っちゃおうか。 出来れば後に残るものがいい。 おねえさまから貰った誕生日プレゼントとして、記念に残しておきたいからだ。 ああ、買い物がこんなに楽しいと思えたのはいつぶりだろう。 今まで魔導学校魔導学校ばかりだったから、たまには気を抜くのも大切かもしれない。 ああ、それにしても……うん、幸せだ。 けれどぼくは気付いていなかった。 いや、忘れていたんだ。 幸せな気分は長くは続かないってことを。 最近だってそうだ。 だから今回も、「誕生日に欲しいものを買えて良かった!めでたしめでたし!」で済むはずは無いと思うべきだった。 けれど人間は、よく忘れる生き物だ。 そして、ぼくは他ならぬ人間である。 唐突にそんなことを思い出したのは、頼まれたものを全て買ったあと、あらかじめチェックしていた魔導書専門店の前に来たときだった。 店の中の、ある色が目に入った。 ただ、あの青色は嫌いなんだ。 あの服と、バンダナの色が。 あの青が。 お互いに何も気付かずに通りすぎてしまえば良かったんだけど、もう遅い。 紙袋を持ったクセの強い銀髪の魔導師風貌の男は、店から出ようとして立ち止まる。 ああ、残念。 [newpage] 「…お前は何処にでも沸いてくるな。 」 抑揚がまるで無い声。 「それ、ぼくの台詞。 」 いつもいつも邪魔をしてくるのはあんただよ、このお邪魔虫。 イライラを全く隠さないにも関わらず、男は顔色ひとつ変えずにぼくの前に来た。 いつも沸いてくるだなんて、そう何度も何度も会ってるわけじゃない。 まだ五回も会ってないでしょ。 「では…場所を変えるか。 」 「あのさぁ、ぼく今日誕生日なんだよ。 だから見逃してよ。 」 何だかんだで結局闘志満々の相手に、ぼくは仏頂面でそう冷たく告げる。 「今日生まれたと言うのか。 」 「そうだよ。 」 「そうか、では生まれたついでに死ね。 本気なのが尚更腹立たしい。 こいつには「気遣い」だの「思いやり」だのが無いのだろう。 おねえさまだって普段傍若無人だけど今日は優しかったし、サタンだって変態じみてるけどカーバンクルを愛でていた。 こいつには、何も無い。 だから何故、獲物の誕生日に見逃す必要があるのかが分からないんだ。 誕生日なんて、そういう名称の記号でしか無いのだろう。 ぼくはこの怒りを落ち着ける為、相手を「誕生日に祝われたこと無い可哀想な人」認定した。 [newpage] ぼくと青い魔導師は、街を出た先にある草原にいた。 何も無い草原は勝負の邪魔になるものが無く、比較的戦いやすい。 荷物とカーバンクルを安全地帯に置き、対峙すればいつものように魔導合戦が始まる。 それなりに勝負は長引いたけど、結果はいつもの通りぼくの勝ちに終わった。 「ねぇ、そこの哀れな敗者。 同情とかそんなんじゃない、全てぼくのためだ。 「勝者に戦利品をちょうだい。 」 「…………」 これくらいの嫌味くらい許してくれなきゃ困る。 だって今傷だらけのあいつは、ぼくのウキウキな気分を台無しにしてくれたんだ。 ホントなら万死に値するわ、全くもう! 「…ならば命でもくれてやろうか?」 「そんなものいらない。 」 一瞬ぼくの考えを読み取ったのかと焦ったが、そんな考えより先に答えを口に出していた。 あんたの命なんて、金1gの価値にも満たないから。 そう付け足すのは、ぼくの胸の中。 相手はぼくの答えが分かっていたようで、黙って暗い青色を細めている。 無表情の裏で、何を考えているかは分からない。 でも、わかる必要もないや。 「では、これをやろう。 」 男が渡してきたのは、何の変哲もない「のうてんぐさ」だった。 もう勝ち目がないのはわかるけど、それにしたって、やけに素直だ。 その疑問をそのままぼくは外に出した。 「……やけに素直だね?」 「道具袋がいっぱいでな。 目の前にゴミ箱があったので、不要なものを捨てただけだ。 」 ぼくの顔が間違いなくひきつる。 気付けば相手と相手の荷物は消えている。 テレポートを使ったんだろう。 嫌な思い出を消し去るかのように、ぼくはのうてんぐさにかじりつく。 やっぱり、苦かった。 [newpage] 「あげて落とすって凶悪なコンボだよねぇ…」 「キィ…」 「あーあ…」 ぼくは荷物を持ち、カーバンクルを左肩にのせたあと、宿屋に向かって歩いていた。 戦闘で余計な時間を費やしてしまったので、誕生日プレゼントを買う前におねえさまに頼まれていたものをまず持っていこうと考えたからだ。 ぼくがげんなりしているのに呼応するかのように、カーバンクルもげんなりしていた。 気分が悪すぎる。 ルルーおねえさまも、あの青い魔導師も生まれたから此処にいる。 この世界に存在している。 なら、自分の誕生日くらいあるでしょうに。 そう、今まで歩んできた道のりが。 特にあの悪質な青い方は、何処をどう間違えてあーなっちゃったのか問いただしたいほどだけど、どーせ最初から間違えてたんだろうなぁと勝手に結論づける。 宿屋のトビラが目の前にあったので、そのまま右手を使って開いた。 [newpage] 「お誕生日おめでとうございます!」 ぼくの姿を見るや否や、宿屋の主人とその奥さんが笑って声をかけてきたから思わずビックリしてしまった。 「えーと、これ…」 「誕生日サービスらしいわよ。 」 未だに目を白黒させているぼくに一言で補足したのはルルーおねえさまだった。 ぼくはとりあえず荷物を渡そうとすれば、宿屋の主人が「自室に運んでおきます」と快く荷物を持っていってくれた。 有り難うございます、とその背中にぼくは告げる。 「…………」 優しい空間。 おねえさまの口調もどこか柔らかい。 宿屋の夫婦もにこやかに笑っている。 小さい頃に戻ったみたいにロウソクの火を息を吹き掛けて消して、小さなケーキはぼくの提案で宿屋の夫婦二人にも食べてもらうことにした。 カーバンクルもいるし、一人の取り分は少なくなっちゃったけど。 確かに幸せな気分は長く続かないけど、だからといって暗い気分がずーーっと続くわけでもない。 ぼくはそんな思いをケーキとともに噛み締めていた。 宿屋の夫婦が誕生日プレゼントに「急で大したものは用意出来なかったですが…」とビーズで作った髪留めをくれた。 ぼくが出掛ける前に、おねえさまが誕生日だと漏らしたんなら確かに急だ。 早速ぼくはそれで髪を結い直す。 夫婦は喜んでくれた。 「…そういえば、あなた自分に何か買った?」 「いいや、まだ。 これから買いに行くつもりだけど、良かったらおねえさまも一緒に行く?」 「…分かったわ。 今日はとことん、同行人に付き合ってあげるわよ。 」 言葉こそやや乱暴だったけど、その表情は柔和に微笑んでいた。 ぼくも一緒に笑い合う。 ケーキを食べ終われば、宿屋の夫婦に笑顔で見送られながら、笑顔のぼくらは買い物に出かけた。 終 幸せな夢を見た。 自分の家に何人かの友達を招いて、一緒にごちそうやケーキを食べて。 みんなが笑顔で「おめでとう」って言ってくれて、様々なプレゼントを渡してくれた。 家族も一緒に笑ってた。 そして目を覚ました時、そこに広がる風景とさっきまでの光景があまりに違っていたから混乱した。 でもすぐ、ああアレは夢だったんだと思う。 ただの架空の夢じゃなくて、魔導幼稚園に行ってた時の夢だ。 懐かしい、あの頃は楽しかったな。 でも何でこんな懐かしい夢を見たのかは分からなかったけど、宿屋のロビーのカレンダーを見てすぐに気付いた。 そうか、今日はぼくの誕生日だったんだ。 家族や友達など祝ってくれる人がいなきゃ、普通の日と変わらないなぁなんて思いつつ、ぼくはいつも遠りに過ごすことにした。 寝間着から着替えて朝食を貰い、歯を磨き顔を洗い、カーバンクルを起こす。 それから、ちょっと遅くに起きてきたルルーおねえさまに、ここからの魔導学校の位置関係を説明する。 おねえさまはそれなりに真剣に聴いてくれて、明日この街を出発することでぼくらは合意した。 [newpage] 「じゃあ…」 おねえさまはそんな声をもらし、何かをメモに書いたあと、当然のようにそれを押し付けてきた。 この人はほんとーに人使いが荒い。 いつもは何だかんだでメモを受け取り、すっかり便利屋となってしまってるぼくだけど、今日は気が乗らなかった。 十中八九、あの夢のせいだ。 「ぼく、今日誕生日なんですけど…」 「それがどうしたと言うのよ。 」 ああ、冷たい。 でもまぁうん、分かってました。 一応言ってみただけなので大してショックは受けず、改めてメモと金を受け取る。 あれ、金がなんだか重い。 今日はまだ買うもの少ない方だけど、それにしちゃ金が多すぎる。 二千gで足りそうだけどなぁなんて、きょとんと金を眺めていたら、声がかかった。 「…もし金が余ったら、好きなもの買っていいわよ。 使わず自分のものにしてもいいわ。 」 「……えっ。 」 「お釣りは駄賃にして良いって言ってるのよ。 」 そういつもと全く変わらない声色で伝えて、何処かへ行ってしまった。 いや「もし余ったら」って、これ余らない筈が無い。 「ありがとぉーおねえさま!!」 嬉しくて嬉しくて仕方がなかったので、宿屋のロビーで主人と話すおねえさまの後ろ姿にそう叫んで駆け出していく。 おねえさまは振り向かず、宿屋の主人はポカンとしているのが目に入った。 「……気付くのが遅い。 」 そう一人ごちた声は、当然すでに出ていったぼくには聴こえていなかった。 [newpage] 街の商店街を駆け出していく。 ちょっと早い時間だからか、人通りはそこまで無かった。 さっさと頼まれた物を買って、欲しいものを見つけて買おう。 杖や指輪を新調しようかな。 魔導書でも買おうか。 それともたまには、女の子らしい可愛い何かの一つや二つでも買っちゃおうか。 出来れば後に残るものがいい。 おねえさまから貰った誕生日プレゼントとして、記念に残しておきたいからだ。 ああ、買い物がこんなに楽しいと思えたのはいつぶりだろう。 今まで魔導学校魔導学校ばかりだったから、たまには気を抜くのも大切かもしれない。 ああ、それにしても……うん、幸せだ。 けれどぼくは気付いていなかった。 いや、忘れていたんだ。 幸せな気分は長くは続かないってことを。 最近だってそうだ。 だから今回も、「誕生日に欲しいものを買えて良かった!めでたしめでたし!」で済むはずは無いと思うべきだった。 けれど人間は、よく忘れる生き物だ。 そして、ぼくは他ならぬ人間である。 唐突にそんなことを思い出したのは、頼まれたものを全て買ったあと、あらかじめチェックしていた魔導書専門店の前に来たときだった。 店の中の、ある色が目に入った。 ただ、あの青色は嫌いなんだ。 あの服と、バンダナの色が。 あの青が。 お互いに何も気付かずに通りすぎてしまえば良かったんだけど、もう遅い。 紙袋を持ったクセの強い銀髪の魔導師風貌の男は、店から出ようとして立ち止まる。 ああ、残念。 [newpage] 「…お前は何処にでも沸いてくるな。 」 抑揚がまるで無い声。 「それ、ぼくの台詞。 」 いつもいつも邪魔をしてくるのはあんただよ、このお邪魔虫。 イライラを全く隠さないにも関わらず、男は顔色ひとつ変えずにぼくの前に来た。 いつも沸いてくるだなんて、そう何度も何度も会ってるわけじゃない。 まだ五回も会ってないでしょ。 「では…場所を変えるか。 」 「あのさぁ、ぼく今日誕生日なんだよ。 だから見逃してよ。 」 何だかんだで結局闘志満々の相手に、ぼくは仏頂面でそう冷たく告げる。 「今日生まれたと言うのか。 」 「そうだよ。 」 「そうか、では生まれたついでに死ね。 本気なのが尚更腹立たしい。 こいつには「気遣い」だの「思いやり」だのが無いのだろう。 おねえさまだって普段傍若無人だけど今日は優しかったし、サタンだって変態じみてるけどカーバンクルを愛でていた。 こいつには、何も無い。 だから何故、獲物の誕生日に見逃す必要があるのかが分からないんだ。 誕生日なんて、そういう名称の記号でしか無いのだろう。 ぼくはこの怒りを落ち着ける為、相手を「誕生日に祝われたこと無い可哀想な人」認定した。 [newpage] ぼくと青い魔導師は、街を出た先にある草原にいた。 何も無い草原は勝負の邪魔になるものが無く、比較的戦いやすい。 荷物とカーバンクルを安全地帯に置き、対峙すればいつものように魔導合戦が始まる。 それなりに勝負は長引いたけど、結果はいつもの通りぼくの勝ちに終わった。 「ねぇ、そこの哀れな敗者。 同情とかそんなんじゃない、全てぼくのためだ。 「勝者に戦利品をちょうだい。 」 「…………」 これくらいの嫌味くらい許してくれなきゃ困る。 だって今傷だらけのあいつは、ぼくのウキウキな気分を台無しにしてくれたんだ。 ホントなら万死に値するわ、全くもう! 「…ならば命でもくれてやろうか?」 「そんなものいらない。 」 一瞬ぼくの考えを読み取ったのかと焦ったが、そんな考えより先に答えを口に出していた。 あんたの命なんて、金1gの価値にも満たないから。 そう付け足すのは、ぼくの胸の中。 相手はぼくの答えが分かっていたようで、黙って暗い青色を細めている。 無表情の裏で、何を考えているかは分からない。 でも、わかる必要もないや。 「では、これをやろう。 」 男が渡してきたのは、何の変哲もない「のうてんぐさ」だった。 もう勝ち目がないのはわかるけど、それにしたって、やけに素直だ。 その疑問をそのままぼくは外に出した。 「……やけに素直だね?」 「道具袋がいっぱいでな。 目の前にゴミ箱があったので、不要なものを捨てただけだ。 」 ぼくの顔が間違いなくひきつる。 気付けば相手と相手の荷物は消えている。 テレポートを使ったんだろう。 嫌な思い出を消し去るかのように、ぼくはのうてんぐさにかじりつく。 やっぱり、苦かった。 [newpage] 「あげて落とすって凶悪なコンボだよねぇ…」 「キィ…」 「あーあ…」 ぼくは荷物を持ち、カーバンクルを左肩にのせたあと、宿屋に向かって歩いていた。 戦闘で余計な時間を費やしてしまったので、誕生日プレゼントを買う前におねえさまに頼まれていたものをまず持っていこうと考えたからだ。 ぼくがげんなりしているのに呼応するかのように、カーバンクルもげんなりしていた。 気分が悪すぎる。 ルルーおねえさまも、あの青い魔導師も生まれたから此処にいる。 この世界に存在している。 なら、自分の誕生日くらいあるでしょうに。 そう、今まで歩んできた道のりが。 特にあの悪質な青い方は、何処をどう間違えてあーなっちゃったのか問いただしたいほどだけど、どーせ最初から間違えてたんだろうなぁと勝手に結論づける。 宿屋のトビラが目の前にあったので、そのまま右手を使って開いた。 [newpage] 「お誕生日おめでとうございます!」 ぼくの姿を見るや否や、宿屋の主人とその奥さんが笑って声をかけてきたから思わずビックリしてしまった。 「えーと、これ…」 「誕生日サービスらしいわよ。 」 未だに目を白黒させているぼくに一言で補足したのはルルーおねえさまだった。 ぼくはとりあえず荷物を渡そうとすれば、宿屋の主人が「自室に運んでおきます」と快く荷物を持っていってくれた。 有り難うございます、とその背中にぼくは告げる。 「…………」 優しい空間。 おねえさまの口調もどこか柔らかい。 宿屋の夫婦もにこやかに笑っている。 小さい頃に戻ったみたいにロウソクの火を息を吹き掛けて消して、小さなケーキはぼくの提案で宿屋の夫婦二人にも食べてもらうことにした。 カーバンクルもいるし、一人の取り分は少なくなっちゃったけど。 確かに幸せな気分は長く続かないけど、だからといって暗い気分がずーーっと続くわけでもない。 ぼくはそんな思いをケーキとともに噛み締めていた。 宿屋の夫婦が誕生日プレゼントに「急で大したものは用意出来なかったですが…」とビーズで作った髪留めをくれた。 ぼくが出掛ける前に、おねえさまが誕生日だと漏らしたんなら確かに急だ。 早速ぼくはそれで髪を結い直す。 夫婦は喜んでくれた。 「…そういえば、あなた自分に何か買った?」 「いいや、まだ。 これから買いに行くつもりだけど、良かったらおねえさまも一緒に行く?」 「…分かったわ。 今日はとことん、同行人に付き合ってあげるわよ。 」 言葉こそやや乱暴だったけど、その表情は柔和に微笑んでいた。 ぼくも一緒に笑い合う。 ケーキを食べ終われば、宿屋の夫婦に笑顔で見送られながら、笑顔のぼくらは買い物に出かけた。

次の