海外 fx クレジット カード。 海外FX口座から出金する方法まとめ。銀行送金・クレジットカード

海外FXで証拠金をクレジットカード払いで口座に入金。ポイントを貯めるお得技

海外 fx クレジット カード

Contents• 海外FX口座の入金をクレジットカードで行って決済ポイントを稼ぐ!? の手法 クレジットカードの決済ポイントを大量に獲得するためには、たくさんのカード利用・決済を行わなければならない。 イコール無駄な決済をしなければならない…というように繋がるのですが、この問題を回避するためには、クレジットカードで商品を買うのではなく、 カードをさながら現金のように・お店で利用するように使えればOKです。 入金=クレジットカードでショッピングと同じ そこで用いるのが、 海外のFX(外国為替証拠金取引)業者。 FXで取引を行う際には、 証拠金の預け入れが必要になりますが、 海外業者の場合にはクレジットカードからの入金が可能です。 つまり、クレジットカードを現金のように・お店で決済するように使用できているということになります。 海外FX口座から『出金』して支払いに回す クレジットカードから口座に入金したお金は、当然に出金することが可能。 出金したお金はそのままカード会社への支払いに回すことができます。 つまり、クレジットカードを使っても使っても、自分のお金は減らない…という夢のシステムが出来上がるんですね。 この手法が有する重大な3つの欠点 クレジットカードのポイントを海外FX口座利用でタダ取りする方法。 机上ではよく成り立つ理論ですが、実際には以下に示すような 重大な3つの欠点を抱えているんです。 出金はクレジットカードへの返金となる場合がある=ポイントが減る(無くなる) 海外FX口座に向けてクレジットカード入金・出金を行う場合、それぞれが近接していると、出金が利用したクレジットカードに対して行われます。 分かりやすく表すと、 買い物した(入金)けどキャンセル・返品した(出金)扱いになる場合があるということです。 クレジットカードに対してキャンセル処理がなされた場合、該当明細に対するクレジットカード利用ポイントの付与も当然にマイナスされます。 確実に返金されるか不明 最近の海外FX口座は、日本居住者に対しても口座開設OKですし、きちんと日本語版のWebサイトもあります。 入口のハードルが低いだけに軽視しがちですが、会社住所は当然海外になっていますし、日本では当たり前の預託金保証もありません。 したがって、 自分が支払った(預けた)お金が戻ってこないかもしれないリスクが内包されています。 外国送金での返金は面倒+手数料が発生 クレジットカードへの返金ではない場合には、自分の個人銀行口座へ外国送金(被仕向送金)を依頼することになります。 特段難しい操作はありませんが、自身の保有口座銀行に着金した際、銀行側から送金内容の確認が行われるうえ、手数料も発生します。 無事に出金のフェーズにたどり着いたとしても、 面倒な手間と余計な出費が出てしまう…ということですね。 やっていることは基本的にフリマサイトの時と同じ さて、ここまでくると大体想像がつくかと思いますが、やっていることは基本的にフリマサイトの自己売買の時とおんなじ。 最終的にたどり着く結論としては、 リスクに十分見合うようなリターンが見込めないうえ、危険も伴うということになります。 なお、海外FX口座利用における入金にあっても、内容的にはクレジットカードから現金を引き出しているのとほとんど同じ。 クレジットカードの種類によっては、そもそも入金に利用できないものも存在しているようです。 まとめ 海外FX口座を利用すれば、理論上はクレジットカードのポイントをでタダ取りすることも可能です。 ただし、やはりこの場合でも リスク/リターン(=マイルや稼ぎ)比率はとてもじゃありませんが評価に値しないと考えられます。 やはり、マイルやお小遣いを目的にポイントを貯めるなら、ポイントサイトを用いた手法をメインに据えるのが一番。 低リスクかつ確実に稼ぐには、これ以上の方法はないということですね。 繰り返しますが、 本記事で記載した内容はあくまで『思考実験』ですから、決して実行はされないでくださいね。 関連記事 ー 30万マイルで出来ること -• 憧れの ファーストクラスやビジネスクラスの利用• 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行• 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行• 世界一周旅行• 年4回・家族4人で沖縄旅行• 年何回でも・ 日本全国どこへでも …and more. 30万マイルがあれば、これだけの・これ以上のコトが自由に実行できるようになるんです。 もちろん、詐欺的行為や危ない事は一切なし。 そして余計な出費もほとんどありません。 貯めにくい・貯まらない,それゆえ使えない!というイメージが先行しがちな『マイル』を誰にでもできる方法で爆発的に生み出し、贅沢する方法… その秘密を、ちょっとだけ覗いてみませんか?.

次の

海外FX口座へクレジットカードで入出金

海外 fx クレジット カード

NetellerやPaypalの利用は不可 2016年9月をもって、NetellerやPaypalを通じて日本人の方が海外FX口座に入金することはできなくなりました。 すべての海外FX業者が対象となっているので注意してください。 今後の入出金のメインは上に挙げたクレジットカードか銀行送金になってきます。 銀行送金での入金・出金方法 おそらくほとんどの方が利用することになるのが銀行送金での入出金でしょう。 実際に利用者は1番多いです。 海外FXで取引するなら、確実に1度はお世話になるはずなので押さえておきましょう。 銀行送金での入金方法は2パターン 一口に銀行送金で入金すると言っても、具体的には 国内銀行送金と 海外銀行送金の2パターンあります。 個人的には使用する業者が国内銀行送金に対応しているなら、確実に 国内銀行送金で入金したほうが良いでしょう。 銀行への振り込み手数料のみかかる 業者へ支払う入金手数料は、ほとんどの業者で一切かかりません。 しかし国内銀行口座への振込手数料が数百円かかります。 だいたい 108円か 216円。 多くても 500円程度です。 005%」の手数料がかかります。 ほとんどの海外FX業者は手数料を負担してくれる ほとんどの海外FX業者は 自身が徴収する手数料を無料にしてくれています。 そのため、ほとんどの場合で必要な手数料は、中継銀行でのリフティングチャージと受取銀行での受取手数料のみです。 クレジットカードでの入金・出金方法 海外FXの入出金方法の中でも1番手軽なのが、クレジットカードでの入出金です。 国内FXではまだ未対応ですが、一度クレジットカードで入出金してみると、その手軽さに驚くでしょう。 【各海外FX業者で対応しているクレジットカード】 対応クレジットカード 手数料 XM VISA, VISA Electron, Maestro, DinersClub 無料 TitanFX VISA, MasterCard, 銀聯 ギンレン 無料 iFOREX VISA, MasterCard, JCB 無料 LANDFX VISA, MasterCard 無料 Axiory VISA, MasterCard, JCB 無料 TradersTrust VISA, MasterCard 最大入金額の3. 上の表を見てみると、 VISAか MasterCardを持っていればほとんどの業者でクレジットカード入出金ができます。 どうしてクレジットカードで入出金できるのか不思議ですよね。 私もはじめは「クレジットカードで入出金?なるほど、わからん。 」という状態でした。 クレジットカードでの入出金は「 ショッピング枠の利用と同じ」だと考えてください。 要するに、クレジットカードで入金する場合は「海外FX口座へ〇〇円入金する権利を買った」ような感じです。 出金もショッピングと同じで「入金する権利の購入をキャンセルした」という扱いになります。 クレジットカード入金は超スピーディ!一瞬で口座に反映! クレジットカードでの入金は本当に簡単かつスピーディ。 各業者の入金画面でクレジットカードを選んで、 クレジットカード番号と入金したい額を打ち込むだけで完了します。 手持ちのスマホやPCからネットショッピング感覚で入金できるんですよね。 また口座へ入金額が反映されるのは 一瞬。 「入金確定」ボタンをクリックした次の瞬間には反映されています。 一度自分で入金してみるとわかるでしょうが、これより便利な入金方法はありません。 段違いの手軽さです。 海外FX業者に自分のクレジットカード番号を知られるのが不安という方も多いと思います。 しかし、 何も心配する必要はありません。 理由は2つあります。 海外FX業者は金融業者なので管理が厳格• 今まで海外FXでクレカ情報が流出・悪用されたという話を聞いたことがない 前提として海外FX業者は世界中で金融業を営んでいる、れっきとした金融機関。 個人情報の管理に関しては、かなり厳重かつ慎重におこなっています。 例えば決済では国際決済ゲートウェイを使用していたり、カード番号はSSL暗号を使って処理しているんですよね。 どちらも世界レベルで厳重なセキュリティシステムです。 また私自身も海外FX歴5年になりますが、クレジットカード番号の流出や悪用の話は聞いたことがありません。 もちろん実際に体験したこともないです。 よほど神経質な方でない限り、安心して使って大丈夫だと思います。 クレジットで出金できるのは入金額まで!超過分は銀行送金に! クレジットカードで出金できるのは、 クレジットカードで入金した金額までです。 例えば10万円入金していたら、10万円までしかクレジットカードに出金することはできません。 なぜならクレジットカードでの出金処理は、あくまでも ショッピング枠のキャンセルと同じだから。 あなたが洋服をクレジットで購入して返品するときと同じです。 使ったぶん以上の金額をクレジットカードに戻すことはできません。 そもそも、そんな機能ないですからね。 仮に入金した金額以上を出金する場合は、入金額までがクレジットカード出金となり、 超過分は海外銀行送金で出金処理されます。 クレジットカードへの出金手数料は無料ですが、超過分の海外銀行送金では 最低でも5,000円の手数料がかかるので注意しましょう。 入金額以上をクレカ出金しようとしてもできない。 1つだけ気をつけてほしいことがあります。 クレジットカードで10万円入金した• 一度10万円クレジットカードで出金した この状況でさらに10万円をクレジットカードで出金しようとしても不可能です。 入金額を超えた出金になるので当たり前ですね。 また例えば7万円だけ出金していたとします。 その場合は3万円までしかクレジットカード出金はできません。 このあたりを 出金拒否だと勘違いする方もいるので、「何があってもクレジットで出金できるのは入金額まで」と覚えておきましょう。 出金申請したときに引き落とし日を過ぎていた場合 クレジットカードには引き落とし日がありますよね。 それぞれ契約しているクレジットカードごとに異なると思います。 仮に引き落とし日を過ぎてから出金申請したらどうなるのか? 例えば以下のような場合です。 3月10日に5万円入金• 3月31日が引き落とし日• 4月10日に出金申請 まず普通に引き落とし日に5万円は引き落とされます。 その後4月に5万円分クレジットカードを利用していれば、そこで相殺。 もし4月に5万円も使っていないor全くクレジットを使わなかった場合は、あなたが指定した口座に出金されます。 この場合は「 クレジット会社を通しての返金処理」という形になるので、一切手数料はかかりません。 海外FXの入出金は超簡単!まずは業者の入出金方法をチェックしよう! これまで説明してきたように、海外FXの入出金方法は何も煩雑なことはありません。 特に クレジットカードでの入出金は国内FXよりもはるかに簡単です。 入金処理は本当に一瞬で終わるので体験してほしいくらい。 ネッテラーやペイパルが使えなくなった今、徐々に海外FXへの入出金方法は限定的になってきましたが、まだ面倒というレベルではないですね。 まずは自分が利用予定の業者がどの入出金方法に対応しているのか確認しましょう。 その上で自分が楽だと思う入出金方法を選べばOKです。

次の

海外FXでクレジットカード・デビットカード入金できる業者!入金できない理由も解説

海外 fx クレジット カード

海外FX業者には、クレジット・デビット・プリペイドカードで入金できます(プリペイドカードは非対応の業者も一部います)。 そして 初めての出金は、入金したカードへの返金(入金額が上限)が一般的です。 理由は本人確認のためです(利用者本人にキチンとお金を返すため)。 今回は三井住友VISAゴールドカードを使って、実際に入出金しました。 一度決済に使っているカードなので、基本は金額を決めてすぐ出金できます。 FX会社の処理時間は 30分以内が相場で、カード会社の締め日と支払日に合わせて返金されます。 出金手続きとカードの本人確認 入金履歴があるカードに出金する場合、基本の手続きは出金口座と金額設定だけです。 (アキシオリーの出金画面) 手数料は無料が一般的ですが、出金額が低いと発生することもあります。 相場は2〜3万円以下の時に、数百円〜1,000円程度です。 対象カードが初めての出金の場合、カードの本人確認が必要なFX会社もあります。 例えばFBSはカード番号を入力して、カード写真をアップロードします。 安全の確保から、セキュリティコードは隠して大丈夫です。 FX会社の処理時間とカード会社の返金スケジュール FX会社の出金処理時間は、 30分以内が目安です(遅くとも24時間)。 実際にFBSは19分、AXIORYは13分でした。 出金は返金扱いなので、FX会社からカード会社へキャンセルの連絡が入ります。 返金が利用明細(口座)に反映されるのは、通常 2〜5営業日ほどです(長引くこともあります)。 返金の流れと日時はカード会社により、今回利用した三井住友カードは以下です。 支払い日が10日の場合 毎月15日に締め切り、翌月10日に返金• 支払い日が26日の場合 毎月月末に締め切り、翌月26日に返金• 利用とキャンセルデータが同月の締め日内に到着 同月の利用明細上で相殺• 締め日を過ぎてキャンセルデータが到着した場合 一旦代金を請求し、翌月以降に他の利用分と相殺• キャンセル分が月の請求額を上回る場合 引き落とし口座へ差額を返金 相殺処理の場合、利用明細に表示されないこともあります。 10日程度経っても着金が確認できなければ、カード会社・銀行やFX会社に問い合わせましょう。 まとめ カード入金は即時反映で便利ですが、初回の出金も同じカードを使う必要があります。 最初に入金額分を利用カードに返金したら、ウォレットや銀行振込で制限なく出金できるようになります。 カード出金は返金(キャンセル)扱いなので、他の決済方法(数時間〜数日)よりも着金に時間がかかります。 手続きはカンタンなので、特に手間は感じていません。 むしろ一度使ったカードなので、安心できます。 ただ金額制限があるので、利益が出ると出金は二段階になります。 二度手間が気になるなら、最初から出金制限のない決済方法で入金しましょう。

次の