タルタロス。 ランスロット・タルタロス (らんすろっとたるたろす)とは【ピクシブ百科事典】

ランスロット・タルタロス (らんすろっとたるたろす)とは【ピクシブ百科事典】

タルタロス

ローディス教国が擁する最強の騎士団の団長。 物語の舞台となるヴァレリア島に派遣され、北東部のバクラム人勢力の指導者司祭を援助している。 反乱分子を討つという名目でウォルスタ人の住む港町ゴリアテを襲撃し、住民を虐殺。 主人公の父神父を連れ去った。 との戦いで片目を失ったためをつけている。 なおハミルトンとの区別をつける意味で「タルタロス」「暗黒騎士ランスロット」などと呼ばれる場合がある。 クラスは「デステンプラー」。 ローディスの16の騎士団それぞれの長が持つ称号であり、 デステンプラー一人で一般騎士百人相当の戦闘能力を持つとされる。 この戦闘能力については実際、専門職で叩き上げたような高ステータスを全ての項目で持ち合わせ、挙句にLukが70もある半チート紛いの強さである。 一般騎士百人相当云々もあながち嘘ではないのかもしれない。 ただしアラインメントLなので恐怖効果やそれの重複には弱い。 エレメントは主人公と対になる属性の物で固定(主人公が炎ならタルタロスは水)。 使用武器は神聖属性の剣「アンビシオン」。 対象の最大HPを減らしてしまう(戦闘後も戻らない)脅威のスペシャル技「」を会得している。 その正体はの主人公、であり、複数あるエンディングの中に、彼が後に暗黒騎士となる重要なシーンがある。 アポカリプスはこのゲームでラスボスが使用する技であり、それを会得したものと思われる。

次の

タルタロス (たるたろす)とは【ピクシブ百科事典】

タルタロス

タルタロスで罰せられる。 後ろで見張っているのは。 の『』に拠れば、、、とともに生まれた原初の神々の一柱である。 ガイアとの間にという息子がいる。 に拠ればも彼とガイアの娘である。 のさらに下方に有る。 天と地の間の距離と同じだけ、大地からさらに低いところにある(そのというのは、具体的には、上端から下端への金敷きを九昼夜落とし続けて十日目に下端につく距離)。 たちこめ、神々ですら忌み嫌う澱んだ空間。 がの門を作り、その周りは青銅の壁で覆われているため、何者も逃げおおすことはできない。 仮に人間がこの門の中に入ったとしたら、一年がかりでも底にたどり着けない。 かえって、神々が怖れるほどの苛烈な暴風で吹き飛ばされてしまう。 はじめ、やが族や族を幽閉するのに使い、怪物に番人をさせていた。 後に達が彼らを解放し族を打ち倒すと、ティーターン族が幽閉される番となり、ヘカトンケイル族がその牢番となった。 他にもテューポーンがここに投じられたとも言われている。 後世、たとえばなどではとして扱われるようになった。 の原文中、ただ一度2章4節にその名前がみえる。 タルタロスに幽閉された者たち [ ]• 族(後に解放)• 族(後に解放)• (一説)• 脚注 [ ]• : Tartaros 関連項目 [ ]•

次の

オンラインゲームレビュー「TARTAROS

タルタロス

冥府の門(タルタロス)とは 冥府の門編 FAIRY TAIL ZERO — ボリ 五つ子箱推し FT3219shinbori 三大闇ギルドの一つ。 九鬼門という9人の幹部は全員ゼレフ書の悪魔で、中でも最強の悪魔であるE. (エーテリアス・ナツ・ドラグニルの略で、正体は)がマスターを務める。 九鬼門は魔法ではなく、呪法という魔法の上位技を扱う。 立方体の空中要塞冥界島がアジトで、冥界島自体もゼレフが生み出した魔導生物である。 大陸から魔法を消し去る魔導兵器フェイスの軌起動を目論み、評議院の爆破やフェイスの情報を知る元評議員たちを次々に殺害したりと、数々の悪行を働いていた。 冥府の門(タルタロス)のメンバーまとめ E. 冥府の門(タルタロス)編が終わる間際に、の口からE. の正体がナツであることが明かされた。 マルド・ギール 「メイドインアビス」の、 ボンドルド 「フェアリーテイル」の、 マルドギール…。 森川さん、 最近はヤバすぎる悪役が多いなあ。 がいないので実質的リーダーを務める。 「自分を殺すために造った」というゼレフがエーテリアスを造った目的を認知しているあたり、他のエーテリアスとは違い特別な存在と言える。 イバラや巨大な植物で攻撃したりと、植物系の呪法が得意な模様。 冥府の門(タルタロス)編のボスとあって、星霊王と互角の闘いを繰り広げるほど高い実力を見せた。 マルド・ギールについては「」にさらに詳しくまとめています。 極めて残酷な性格の持ち主で、あらゆる拷問や暴行を加えて楽しむサディスト。 同性愛者でもあるようで、エルザに痛覚を増幅させた上で全裸にさせてムチでしばきまくるという変態的プレイを楽しんでいた。 また、同じ九鬼門のセイラと相思相愛な模様。 自分や他者を強化する呪法を扱う。 エーテリアスフォームになると、1秒ごとに自身が強化されたり、相手の五感を奪うことも可能。 エルザと闘い敗れた。 異名通り非常に高い再生能力を有し、完璧にバラバラになった状態からでも時間をかければ再生することができる(ただし、以前の記憶はなくなってしまう)。 身体に魔障粒子という魔導士にとっては毒の物質を含んでおり、自爆すると町一つを魔障粒子で犯すことができる。 擬音をそのまま現象に変える呪法を扱う。 シルバーから滅悪魔法を授かったグレイによって氷漬けにされて退場した。 ジャッカル 現魔法評議院を爆破した九鬼門・ジャッカルの恐さも徐々に分かりそうです。 明日の放送をどうぞお楽しみに。 九鬼門メンバーは基本残虐な性格だが、中でも特に残虐なのがジャッカル。 評議院を爆破したり、フェイス発動の鍵となる元評議員を次々に殺害したり、邪魔となった町まで吹き飛ばしたりと、数々の悪事を働いた。 触ったものを爆弾に変える呪法をつかう。 ジャッカルに触れたものも爆弾となるので、実質肉弾戦をすることができない。 冥界島に乗り込んで来たルーシィを追い詰めるも、ウラノ・メトリアでやられてしまう。 めちゃめちゃな守銭奴で、人の命をも金でさし測ろうとする。 魂を取り込んで吸収する呪法を扱い、のマスターのの魂も吸収している。 セイラ セイラ(フェアリーテイル) — お坂坂 Z4hwxRMhd4P02Ri 画像左上 九鬼門の一人。 自分の部下も「様」づけで呼ぶほど丁寧な性格。 同じ九鬼門のキョウカとは相思相愛。 命令(マクロ)という相手を意のままに操ることができる呪法を扱う。 例え死人であろうと自由に操作でき、肉体そのものを操作するため、どれほど精神力が強いものでも抗うことはできない。 この呪法でエルフマンを操り、妖精の尻尾(フェアリーテイル)のギルドに爆弾を仕掛けさせ、ギルドを爆破させた。 冥府の門(タルタロス)編で敗北し、ミラジェーンに吸収された。 魚人型の悪魔で、水中戦が得意。 九鬼門の中でも特に防御力が高い。 天地晦冥という炭素系の猛毒を含んだ黒水で部屋を水浸しにすることができ、どこでも水中戦にもっていくことが可能。 エーテリアスフォームになると任意で硬度を上げることができ、さらに防御力が高くなる。 エゼル 同じ人いないかな? ウェブ読む時、俺の中で「八つ腕のクルガァン」はずっとフェアリーテイルの「タルタロス九鬼門の一人、エゼル」を想像しながらガーフと戦ってた。 雰囲気似てるだろ笑笑 — リゼロ語らう猫 Re20806302 画像右 九鬼門の一人。 4本の腕から繰り出す剣術を得意とする。 九鬼門の中でもトップレベルに暴力的な性格をしている。 エーテリアスフォームになると腕自体が剣になり、さらに攻撃力が上がる。 フェイスを破壊しようとしていたウェンディとシャルルを殺害しようとするが、フェイスから放たれるエーテリアスを吸収してドラゴンフォースを覚醒させたウェンディにやられてしまう。 キース 九鬼門のキースとフランマルスが登場。 2人 ? 並ぶと凄い迫力です。 人間を完全に見下しており、人間のことを「実験道具」くらいにしか思っていない。 テンペスター同様体内に魔障粒子を含んでおり、身体を霧のようにして相手の攻撃を避けることができる。 死人使い(ネクロマンサー)で死体を操る呪法を扱う。 同じ九鬼門の一人であるシルバーもキースの呪法によって操っている。 ジュビアと闘い、霧状の体でジュビアを体内に取り込むが、逆にジュビアの能力で体内から破裂させられ、消滅した。 シルバー・フルバスター キョウカ同様、シルバーも余裕 ? な笑みで再登場。 異名通り氷を扱う氷の。 滅竜魔導士のように氷や冷気を食らうことで自らの力を増幅させることができる。 その正体はグレイの実の父親。 すでに死んでいるが、キースの呪法に操られ、生きる死体となって九鬼門のメンバーとして活動している。 息子のグレイと闘い、「自分の正体はデリオラだ」と嘘をついてグレイを焚きつけ、悪役を演じながらやられていった。 死の間際、グレイに氷の滅悪魔法を授けた。 シルバーについては「」にさらに詳しくまとめています。 ネオミネルバ ネオ ミネルバ — ボリ 五つ子箱推し FT3219shinbori 元はだったが、大魔闘演舞編終了後、夢魔の眼(サキュバスアイ)という闇ギルドに加入。 その後、キョウカに捕らえられ、悪魔に改造されネオミネルバとして冥府の門(タルタロス)に加わった。 冥府の門(タルタロス)編終了後は、ポーリュシカの治療を受け人間に戻り、剣咬の虎(セイバートゥース)に戻った。 ジエンマ 双竜vsジエンマよりチラ見せ — なつるぅ 妖精の団結No. 608 fairytaiinathu 画像右 元剣咬の虎(セイバートゥース)のマスター。 大魔闘演舞編でに半殺しにあってからギルドを抜け、冥府の門(タルタロス)に加入し、悪魔に改造してもらっていた。 面食いでテンペスターを美青年に改造していた。 量産型の悪魔で、同じ姿をしたものが大量にいる。 九鬼門のジャッカルの癇に障り、爆破されてしまう。 まとめ 冥府の門(タルタロス)編のボスを飾ったギルド冥府の門(タルタロス)。 冥府の門(タルタロス)の敵キャラは、ゼレフ書の悪魔とあって残虐極まりないキャラばかりでした。 その分、妖精の尻尾(フェアリーテイル)メンバーが倒してくれたときは爽快でしたね。

次の