ココス 糖質制限。 コメダ珈琲で糖質制限!?夢を叶える糖質オフメニュー

ココスのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

ココス 糖質制限

フレッシュな生クリーム、ベーコンが入ったカルボナーラソースに 黒トリュフと白トリュフオイルをふんだんに使った贅沢な一品。 半熟卵を割ったところ 口に入れた瞬間トリュフの香りが広がり、 濃厚で美味しく、これがロカボ!?と思うほどの美味しさ。 麺に黄身とカルボナーラソースを絡めます イタリア専門店に負けないほどのクオリティ。 驚きの一品でした。 2g 低糖質の茄子としめじがたっぷりと入ったミートソースパスタ。 パスタに使用している タリオリーニという太麺はモチモチと弾力があり、とても低糖質と感じさせない満足感のある一品でした。 4g 糖質が高いと思われがちなガトーショコラですが、なんと糖質が6. 4g! しっとりと柔らかく、口どけ滑らか。 そして小麦粉を一切使用しない グルテンフリーで糖質以外にも体を気遣える優しいデザートです。 5g 近年人気のギリシャヨーグルトの上に、 柚子の皮入りの柚子ソースをのせた色鮮やかな商品です。 酸味と甘みがほど好くマッチし、濃厚な中にさっぱり感も楽しめます。 ヨーグルトの下には グラノーラも入っているので、食感も楽しめ、満足度が高いスイーツです。 0g 宇治抹茶を使用した、 ゼリーと豆乳プリンが二層になったグラスデザート。 上には生クリームと柚子ソースが乗っており、濃厚な中に甘酸っぱさがアクセントになり和テイストを楽しめる一品でした。

次の

糖質制限ダイエット中なら【ココス】で外食!低糖質・高たんぱく質メニュー10選!

ココス 糖質制限

何とかして夏までに痩せなければ……なんて思っているうちに夏本番がやって来た。 実質もう手遅れだが、ダイエットは諦めたらそこで試合終了。 あくまでもポジティブに、 夏は汗をかくから勝手に痩せていくラッキータイムと考えるしかない。 まぁ それで痩せたら苦労はしないのだが、ダイエットは継続することに意味がある。 身近なところで言うと糖質制限。 近年ではチェーン店でも食べられるし、「誰でもできるダイエット法」を試さない手はないだろう。 ・売り切れだったメニュー というワケで、ガストにやってきた。 狙いは ほうれん草麺を使用した「1日分の野菜のベジ塩タンメン」。 ちなみに以前に食べようとした時は、夕方の時点で すでに売り切れていた商品だ。 理由はいろいろ考えられるが、ファミレスで売り切れとはちょっとやそっとのことではない。 一応、スペックに触れておくと、具材・麺のカロリーは401kcal、塩分は1. スープが124kcal、塩分は6. 5gといったところだ。 気になる 糖質は36. 吉野家の「ライザップ牛サラダ」がおよそ12gだと考えると、谷底に突き落として這い上がることを命じるようなメニューではなく、ゆるりと健康に痩せましょうねといった感じがする。 ・野菜たっぷりタンメン さて、それでは実食といこう。 今回はお昼に行ったので売り切れていることはなく、注文して数分ほどでタンメンが出てきた。 パッと見は普通のタンメン。 キャベツにもやし、ニンジン、ほうれん草……といったように野菜がモリモリ入っている。 まずはスープを一口飲むと…… らしくない! そう言っちゃ失礼かもだが、外食にしては優しい味でまとめてある。 最近、何かと健康志向の世の中だからだろうか、あっさりしていてスッと体に染み込んでいく。 続いてタンメン本体へと移ろう。 ここで何が良かったかって、ほうれん草麺が仕事をすることだ。 こんにゃく麺をはじめ、低糖質の麺はどうしても味気ないことが多いが、ガストの麺はかなり優秀! 「糖質控えめ・海老と山芋オクラのねばとろサラダ麺」の冷たいメニューでまるで蕎麦を食べているかのような食感ですんなりイケたが、温かいメニューになっても良さは変わらず。 野菜モリモリのタンメンを食べているような感覚で、低糖質メニューを食べている感ゼロだった。 しかも、豚肉も入っていてお腹も満たされるし、言うことなし! これはヘビロテ!! ……と思いきや、1つだけ気になった。 そう、 あまりにも健康になりすぎた気分になるから悪魔がささやき始めるのだ。 「今日の野菜は摂取したから何食べても大丈夫」「油もの食べてハッピーになろうぜ」などと誘惑が物凄い。 ・他2品もヨロシ そこは耐えろよというツッコミは置いといて、デブは甘えからくるものである。 腹持ちがそこそこいいので昼に食べることもできるが、強欲にならないためにも夜が最適か。 値段こそ税抜799円とお高めだが、ファミレスで健康と体型をどちらもカバーできるのは大きい。 なお、ガストの低糖質メニューは3つ。 残る「ちりめんじゃこと豆腐のねばとろサラダ(L税抜698円、S税抜349円)」と「糖質控えめ・海老と山芋オクラのねばとろサラダ麺(税抜799円)」はしているので、気になる方はチェックして欲しい。 参考リンク:ガスト、吉野家 Report:わがままダイエッター・ Photo:RocketNews24.

次の

外食で糖質制限!おすすめ25店のメニューと4つの注意点

ココス 糖質制限

日本では、茨城県の食品スーパー・カスミのフード・外食部門を手がけていた株式会社ろびんふっど(1978年設立、後にココスジャパンに商号変更)が、ファーウェストサービスインク社からのライセンシーの元で、提携先のコンセプトに基づくカリフォルニアスタイルのレストランとして、1980年(昭和55年)に1号店をオープンしたものである。 カスミグループ時代は、関東各地(特に本部のある茨城県や隣県の千葉県の郊外幹線道路などへのドミナント出店)で多数の店舗を展開していた。 当初のココスは完全なアメリカンスタイルの食事を提供するレストランであったが、徐々にメニューが変更され、ハンバーグなどを中心とする日本型ファミリーレストランへと転換していった。 安くて品数多く、気軽にホテルの朝食を食べに行ける感覚で利用できます。 ココスの朝食バイキングの料金 平日680円 (税抜き) 土日祝780円 (税抜き) 子供は480円 (税抜き) 料金は店舗・繁忙期等によっても異なるので行かれる店舗を確かめてください。 ココスではクレジットカードは使えるの? いいえ商品券しか使えません。 ココスで使えるのはジェフグルメカードです。 クレジットカード系のギフト券等は使えません。 ただ、直営店ではカスミ商品券が使え、フランチャイズでは平和堂の商品券が使えます。 いずれにせよ、各店舗で異なる場合があるのでご利用予定の店舗にお問い合わせくださいませ。 まぁ食べ放題のお店ならあるあるでしょうけどね。 狙い目は開店直後ですね。 』 今回は、平日に行きましたが 土日祝に行ったレポートもこの記事の後半に追記しております。 ココス朝食大好き人間の僕が徹底的にレポートします。 殆どのココスではこのように朝食バイキングとお知らせが出ています。 まずはオープン ザ ドア。 カントリーチックなモダン (モダンて)なドアです。 先に、腕になにかペタペタ付けている店員さんに本日の料金を支払います。 平日だったので680円+税で734円也 店内の様子 自由に持ち帰えれる新聞が用意してあります。 店内の様子。 朝8時頃でしたが ガラガラ落ち着きのある様子でした。 混んでいる時間帯と空いている時間帯 朝ココス歴5年での感覚ですが、オープン時の7時頃は常連さんが出されたばかりの作りたての料理を狙いにやってきます。 8時頃には、その常連さんが帰って8時過ぎからはファミリー層がやってきます。 混んでいるピークは8時半頃かなと思っています。 比較的空いているのはオープン直後です。 もちろん日や店鋪によって異なります。 ドリンクコーナー ココスはドリンクバーが豊富です。 最新の(?)タッチパネル式です。 ジンジャーエールだけで3~4種類あったと思います。 ドリンクバーが豊富と言っても、僕がいつも飲んでいるコカコーラZEROば無かったために爽健美茶。 ちなみに、 0カロリー系や特保系はありません。 僕は、ホット系は飲みませんがココスはホットコーナーが充実しています。 サラダコーナー ポテトサラダ美味しいですよ。 オクラやブロッコリーがあるのは嬉しいです。 ヨーグルト・納豆・生卵・ドレッシング等。 納豆のサイズ感が普通のサイズの半分くらいなので手に取りやすいです。 メイン料理コーナー ウインナー・スパゲティ・スクランブルエッグ等 コロッケとさばの味噌煮 続いては土日祝日編を御覧ください。 (土日祝編) 前回の平日編に続き、今回は土日祝編として 敬老の日(祝日)に行ってきました。 平日編同様、写真多めでレポートします。 朝ココス土日祝日編 土日祝日は、大人は平日より100円高いようです。 子供料金は平日と同じです。 3歳以下が無料なのは嬉しいですね。 今日は敬老の日で祝日なので780円+税で842円を支払いました。 祝日の店内の様子。 平日より若干混んでいました。 それでも激混みというわけではなくちょうどよい感じでした。 サラダコーナー サラダと納豆・玉子等 本日のメイン扱いの魚フライ 平日に行った時は、鯖の味噌煮でした。 今回は、白身のフライで甘いソースがかかっていました。 ソーセージ、パスタ、スクランブルエッグ等…。 パンコーナー スープ・味噌汁コーナー 今回は、コーンポタージュスープを選択。 盛り付けてみた。 (明らかに食べすぎ) ポテトサラダ スパゲティ・ウインナー・コロッケ ブロッコリー・魚フライ コーンクリームスープと爽健美茶 普段から白米は食べませんが納豆と玉子は好きなんです。 やっぱり、明らかに食べ過ぎですね…。 『土日祝日は絶対にオススメしない!!!!行くなら平日に行け!』と思う理由 もし、ココスの朝食バイキングをご利用されるなら 絶対に平日がオススメ! 土日祝日は絶対にオススメしません。 理由は、土日祝に比べ お客様が少ないので料理もしっかり残っているからです。 それと一般的には休みの日なので 朝からスポーツをやってきた人たちが団体で訪れます。 よって 料理が一瞬で無くなります。 僕は、土日祝日にココスを利用した時に50%以上の確率で団体に遭遇しています。 高校の柔道部らしき団体、 ジョギング終わりの団体、 少年野球チーム、 中学生のサッカーチーム… ここでの団体とは、かるく10名以上を指しています。 地域や店舗によるとは思いますが、 団体さんには気をつけてください。 別の日にこのチャレンジ企画を実施してきました。 その時の様子をどうぞ! ちなみに、この日は平日に行きました。 食器を取ります。 野菜コーナーはスルー 今日のココスの朝食のメインはからあげの甘いやつ 適当によそってきた。 茶色率ハンパない! 唐揚げ ナポリタン風パスタ スクランブルエッグ ウインナーとポテトフライ 色がついていないパスタ ポテトサラダ コロッケ マヨネーズは頼むと持ってきてくれます(一回だけらしい) 1回戦終了! 2回戦開始! 唐揚げ&コロッケカレー 2回戦終了! 3回戦開始! 納豆卵ご飯 たまごかけご飯専用醤油があります。 白いご飯に… 全部混ぜます! 3回戦終了! 4回戦開始! (最終回) パンとパンケーキとおかず こんなのが本当に好き。 最後は甘いものでしめたい。 オニオンスープも飲みました。 完食! 爽健美茶も飲んで終了! ココスの朝食バイキング食べた量 結構食べましたね。 このあと、1日中お腹が減りませんでした。 今回、テーブルに持ってきた物全てを発表します! 色んなメニューが… 卵2個と納豆とご飯をよそってきました。 原価100円しないでしょう。 艶があって美味しいご飯。 生卵 たまごかけご飯専用しょうゆとミニ納豆 ご飯の中心に穴を彫ります。 卵を2個ドーンと入れます。 意味もなく殻の写真。 ミニ納豆。 辛子はキライです。 混ぜます。 しょうゆをテキトーに垂らします。 かなり荒く混ぜます。 うん おいしそう! 最後の一口。 間食! 間髪入れずに2回戦目突入! 今度は卵1個です。 たまごかけごはんの醤油の味で十分なので納豆のタレを使わないことにしました。 またザクッと混ぜます。 混ざりすぎるとただの液体みたいな感じになるのが苦手です。 朝日を浴びながら食べました。 2杯が限界でした。 意外と食べられませんでしたね。 食べ放題ってステキやね。 以前、という記事でもご紹介しました。 今回は、そのココスの朝食バイキングが【糖質制限ダイエット】にも最強だよということをご紹介します。 食べ放題なので、 料理を選べばダイエット中でもココスの朝バイキングに行けるよって内容です。 ではどうぞ! COCOSに到着 カントリー調の玄関がオシャレですね。 今回は土曜に行ったので結構混んでいました。 ドリンクコーナーで選ぶドリンク 爽健美茶を選びます。 残念ではありますが、ソフトドリンクにはコカコーラゼロは無いようです。 COCOSの朝食バイキングは、ソフトドリンク飲み放題も込の料金です。 奥にはホットドリンクもあります(飲み放題)。 お茶系なら砂糖抜きにしたら飲めますね。 お皿を手にとって進みます。 いきなり登場のプリン! このプリンはカラメルに糖質がたくさん入っているので、カラメルさえ除けば糖質少なくなるので食べられますが僕はプリンをそこまで好きではありません。 なのでスルー。 納豆と卵は糖質少なめで高タンパク質なので率先して食べます。 野菜は、ポテサラ等を除けばまぁ気にしないで食べられるでしょう。 ただ、ドレッシングは糖質多いのでかけません。 手前の煮物(みたいなもの)の肉団子は糖質少なめ。 焼きそばは糖質多め、写ってませんがパスタはNG、奥のウインナーを狙います。 この肉団子は美味しかったですよ。 スクランブルエッグも卵料理なのでOKでしょう。 コロッケは糖質&脂質の塊ですが、1個だけよそいました。 ご飯とカレーコーナーは完全にスルーしました。 パンもスルーです。 まぁそもそも好きじゃないので。 COCOSのウインナーは結構おいしですよ。 割と大きめです。 味噌ラーメンもありました。 もちろんスルーです。 今回の朝食バイキングで糖質を気にしてよそってきたもの 左上からZ状に紹介します。 肉団子・納豆・生卵・スクランブルエッグ・コロッケ・ウインナー キャベツ・ブロッコリー・ししゃものフライ 肉団子のアップ。 納豆のアップ(ほぼ見えない) 生卵のアップ。 ウインナーのアップ。 コロッケのアップ スクランブルエッグのアップ サラダのアップ。 ししゃもフライのアップ。 COCOSはマヨネーズは別に注文しないといけない(ただし無料) 糖質制限の強い味方のマヨネーズが欲しかったら、呼び出しベルを押します。 するとこの状態で届けてくれます。 安心して下さい、無料です。 ただし、1人に付き1回までのサービスとのことでした。 ブロッコリーはマヨで食べます。 ししゃもフライも。 ウインナーもマヨでいただきました。 卵納豆を食べる 僕は、三度の飯よりも納豆が好きです。 納豆に卵を入れます。 COCOSの納豆はミニサイズなので溢れそうになるので注意が必要です。 めっちゃかき混ぜます。 このままズルズルとご飯抜きで胃に流し込むんですが、結構おすすめですよ。 そう言えばスープもあります。 オニオンスープは、糖質も比較的少ないので軽く一杯だけいただきました。 糖質オフアイスコーヒーの作り方。 まずは普通にアイスコーヒーを作ります。 パンコーナーにあるホイップクリームを… アイスコーヒーにONします。 意外かもしれませんが、ホイップクリームは糖質はほぼ入っていません。 本当はアイスコーヒーには、砂糖もクリームも入れたいところですがホイップクリームを入れればほのかに甘いアイスコーヒーができますよ。 このブログもホイップクリーム入りのアイスコーヒーを飲みながら書きました。 ココスの朝食バイキングはダイエット中に最適のまとめ.

次の