エリック コマス セナ。 エリック・ベルナール

エリック・ベルナール

エリック コマス セナ

この記事のもくじ• | 今も現役。 元F1ドライバー、エリック・コマスが自身のランチア・ストラトスを走らせる | ランチア・ストラトスがドリフトしながら思いっきり走る動画が公開。 これまでもランチア・ストラトスはオークションに登場したりと様々な個体が紹介されているものの、実際に走行する動画は「かなり珍しい」と思います。 ランチア・ストラトスはラリー全盛期に作られたクルマで、しかし多くのラリーカーがそうであったように「市販車を改造」したのではなく、ラリーのため「レギュレーションを逆算して」レース用に作られたクルマ。 つまり、レギュレーションにあわせて「勝てるスペックを」詰め込み、競技に参加するのに必要なホモロゲーションを取得するために市販車である「ランチア・ストラトス・ストラダーレ」を生産したという、半ば反則とも言える一台です。 そして当然ながらそのポテンシャルは強烈で、実際に1974年、1975年、1976年とWRCではタイトルを獲得。 1975年からはかの有名な「アリタリア」カラーを身にまとい、勝利を量産することで露出が高まった結果、「ストラトス=アリタリア」という図式が成り立つこととなっています。 これまでも4台のランチア・ストラトスを所有 今回、ランチア・ストラトスを走行させるのはエリック・コマス氏。 元F1ドライバーであり、ル・マン、SUPER GTで活躍したことでも知られますね。 そして今回彼がドライブするランチア・ストラトスはエリック・コマス氏個人の所有物とのことで、これまで4台を所有してきたストラトスのうちの一台。 さらに同氏はこのストラトスを駆ってヒストリックレースにおいて2つのチャンピオンシップを獲得している、という筋金入りのストラトス使いだと言えそう。 エンジンはフェラーリ・ディーノ246用の2. 一方レースバージョンは275馬力、最終的には320馬力にまで出力が引き上げられた、とのこと。 それでは動画を見てみよう こちらが思いっきりドリフトしながらランチア・ストラトスが峠を駆け抜ける動画、「1974 Lancia Stratos Group 4: Sliding The Rally Queen」。 他にはこんな「ストラトス」もある なお、ランチア・ストラトスには様々な「歴史」が存在。 もともとはベルトーネによるコンセプトカー「ランチア・ストラトス・ゼロ」が元祖。 その後に作られたのが今回も登場する「ランチア・ストラトス」、そしてそのストリートバージョンである「ランチア・ストラトス・ストラダーレ」。 そしてランチア・ストラトスの前身「ランチア・ストラトスHFプロトーティポ(1971)」を、当時のデザイナーであるマルチェロ・ガンディーニ氏が再解釈した「ストーラS81」。 そしてやはりベルトーネがその100周年記念として発表した、「ストラトス・ゼロ」の現代版、「ベルトーネ・ヌッチオ(2012)」。 そして最新の「ストラトス」はフェラーリF430をベースにしたコンプリートカー、「ニュー・ストラトス」。

次の

笑顔化計画: 動画発見!1992F

エリック コマス セナ

概要 [ ] 「最も悲しい日」 [ ] この週末には()と3度のワールドチャンピオンを獲得した()が死亡した他、多くの事故と負傷者が発生し、の解説者は「私の知る限り、グランプリレース史上、最も悲しい日」と形容した。 レースは最終的にの勝利で終わった。 レース後の記者会見でシューマッハは、多くの出来事があった週末に挙げた優勝について「満足感もなく、ハッピーでもない」と語った。 は2位に入りキャリア初の得点を挙げ、は3位に入った。 また、日本人ドライバーが2度目の5位入賞を挙げている。 転換点 [ ] このレースにおいて発生した複数の事故は、このスポーツの安全性を高めることの重要性を示した。 12年ぶりにが活動を開始し、マシン設計とコースの双方に多くの変更が加えられた。 このレース以後、FIA会長のマックス・モズレーの主導により多くのレギュレーションに変更が加えられた。 次戦モナコGPからピットロードに速度制限が設けられた他、ダウンフォースを削減しコーナリングスピードを低下させる目的で、第5戦スペインGP以降は順次ボーテックスジェネレーターの禁止、ステップドボトムの導入、リアディフューザーの規制強化、フロントウイング翼端板の最低地上高引き上げなど様々なレギュレーション変更が行われた。 これらの変更は満足なテスト期間を設けられることもなく半ば強行されたものであったため、安全性を確認することなく付け焼刃の突貫作業となった事から批判も多く、レギュレーション変更後も大事故が多発した。 しかし結果としてそれまで死亡事故が12年間に渡り発生せず、安全神話とまで呼ばれ安全性向上への意識が疎かになりつつあった状況に終止符を打ち、94年以降から現代に続くマシンやサーキットの安全性向上へ繋がる契機となった。 セナの死 [ ] セナの葬儀は母国ブラジルの「国葬」とされ、セナの故郷のでは棺を見送ろうと50万人近い人々が通りに並んだ。 イタリアの検察は、セナの死に関連して6人を過失致死で起訴したが、後に全員が無罪とされた。 この訴訟は確定までに11年以上の時間が掛かった。 理由は、初審の無罪判決に対して上訴と再審理が行われたことによる。 ローランド・ラッツェンバーガーの死 [ ] ラッツェンバーガーは事故の前年まで、日本で4年ほど全日本F3000選手権などでレース活動を行うなど関わりが深かったため、突然の訃報は日本国内のレース関係者やファンにも大きな衝撃を与えた。 全日本F3000選手権等で対戦したは、アイルトン・セナの事故死についてコメントを求められた際、「自身としては、セナ以上にラッツェンの死がショック。 去年まで同じレースで闘った仲間だから」と語った。 (「オートスポーツ」誌より) レポート「呪われた週末」 [ ] 予選 [ ] 金曜日 [ ] セナの後輩は、この週末の最初のアクシデントから生還した。 4月29日の金曜日、レースのスタート順位を決める最初の予選中に、ジョーダンのはヴァリアンテ・バッサシケインで時速225キロで縁石に乗り上げ、空中に飛び上がった。 マシンはタイヤバリアの上端と金網に衝突し、バリチェロはその衝撃で気を失った。 マシンはノーズから地面に垂直落下した後に数回横転し、裏返しになって停止した。 バリチェロは事故現場で医療チームからの手当を受け、その後メディカルセンターに搬送された。 鼻を骨折し、ギプスで腕を固められた事でレースウィークはマシンの運転が出来なくなったが、翌日にはサーキットに戻り、ドライバーズミーティングに出席した。 当時・をドライブしていたは事故から10年が経過してから、当時の気持ちについて「我々は戦車並に頑丈なクルマに乗っているんだ、多少不安に感じても怪我等しない、と自身に言い聞かせて予選を続行した」と述懐している。 土曜日 [ ] 予選開始から20分後、のが「ヴィルヌーヴカーブ」を曲がりきれず、アウト側のコンクリートウォールにほぼ正面から 衝突した。 サバイバルセル(モノコック部)は原形を大まかには留めていたものの車体左側には大きく穴が開き、モノコックの中の左腕が映像ではっきりと確認できる程であった。 ラッツェンバーガーは衝突の衝撃によりを起こした。 F1デビューイヤーのラッツェンバーガーは、事故の直前の周回に「アクア・ミネラリ」シケインで縁石を乗り越えており、そのときの衝撃でフロントウィングがダメージを受けていたと考えられている。 ラッツェンバーガーは縁石越え後もピットに戻らずに次の周もタイムアタックを続けた。 時速306キロで走行中にフロントウィングが完全に破損し、ラッツェンバーガーはコントロールを失った。 ヴィルヌーヴカーブ:ラッツェンバーガーのクラッシュ地点 セッションは40分を残して中断したが、残り時間は最終的にキャンセルされた。 その後、ラッツェンバーガーは多発外傷により死亡したと病院から発表された。 F1レースウィーク中の死亡事故はの以来だった。 また、でのテスト中にが死亡してからは8年が経過していた。 F1のコース上の当時の医療チームリーダーだった教授は、このニュースを聞いたセナの反応について「アイルトンは取り乱し、僕の肩で泣いていた」と後に語っている。 ワトキンスは、翌日のレースに出場しないようセナを説得しようとした。 「君は何をしなければいけないんだ。 既に3度も世界チャンピオンになり、間違いなく一番速いドライバーだ。 もうやめにして、釣りにでも行こう」しかしセナはこう返した。 「シド、僕らの手にはどうしようもないことがある。 僕はやめることは出来ない。 続けなければならないんだ。 」 セナはを獲得し、ポイントランキングでトップのミハエル・シューマッハが続いた。 が3位となり、セナのチームメイトが4位を得た。 ラッツェンバーガーが事故前に記録したタイムは予選通過最後尾の26位に相当した。 結果 [ ] 順位 No ドライバー コンストラクター タイム 差 1 2 - 1'21. 548 — 2 5 - 1'21. 337 3 28 1'22. 565 4 0 - 1'22. 620 5 6 - 1'22. 169 6 27 1'22. 293 7 30 - 1'23. 571 8 7 - 1'23. 592 9 3 - 1'23. 774 10 29 - 1'23. 799 11 10 - 1'23. 115 12 4 - 1'23. 155 13 8 - 1'23. 310 14 23 - 1'24. 530 15 24 - 1'24. 728 16 9 - 1'24. 924 17 25 - 1'24. 130 18 20 - 1'24. 304 19 26 - 1'24. 448 20 12 - 1'25. 566 21 15 - 1'25. 686 22 11 - 1'25. 747 23 19 - 1'25. 443 24 31 - 1'26. 269 25 34 - 1'27. 595 26 32 - 1'27. 036 27 33 - 1'27. 333 28 14 - — — 決勝 [ ] 最初のスタート [ ] 3度のワールドチャンピオン、の死は、F1を大きく変えることとなった。 前日に事故死したラッツェンバーガーを悼んで、彼が獲得した26番グリッドを空けた状態でレースはスタートした。 スタート直後、のベネトンがグリッド上でストールした。 後方からスタートしたは、停止していたベネトンを前走者に遮られ確認することができず、レートに追突し、車体の破片やタイヤなどが空中に舞い上がった。 マシンのパーツは、観客を守るためにスタートライン付近に設計されていた安全フェンスを飛び越え、9名の観客が軽傷を負った。 この事故によりが導入され、マシンはその後方で順位を維持したままスピードを落として走行した。 低速で走行したこの間に、タイヤ温度は低下した。 レースの前に行われたドライバーズブリーフィングにおいて、セナはとともに、セーフティカーのスピードが遅いとタイヤ温度を高く保てないとの懸念を表明していた。 コース上の破片などが除去されると、セーフティカーは退き、レースはで再開された。 再スタートから2周後、シューマッハを抑えてトップを走行していたセナが、 タンブレロコーナーで コースアウトした。 その後、セナは壁に衝突するまでの0. タンブレロコーナー:セナの事故現場 14時17分(、以下同)にレース中断を示す赤旗が提示され、がセナの手当のために現場に向かった。 赤旗でレースが中断されると、マシンはスローダウンしてピットレーンに戻り、以後の通知を待たなければならない。 これは事故現場のコースマーシャルと医療スタッフを守るための措置であり、またメディカル車両が現場に到着しやすくするためのものでもある。 チームのクルーは、赤旗が提示されているにも関わらずをピットアウトさせるというミスを犯してしまった。 コマスが「ほとんどフルスピード」で現場に差し掛かったため、マーシャルはスローダウンさせるために必死に旗を振って合図を送った。 ユーロスポーツのコメンテーターだったは、この件について「これまでの人生で見てきたことの中で、最も馬鹿げた出来事」と語っている。 コマスはコースに居た人間と車両を全て避けたが、セナの事故現場を通り過ぎた後、自ら目にしたことに苦しみ、レースをリタイアした。 により世界に配信されたセナの事故の映像はあまりに生々しく、BBCは独自映像に切り替え、ピットレーンの様子を映し出した。 壊れたマシンから出されたセナは、に近いマッジョーレ病院にヘリコプターで搬送された。 医療チームは搬送中もセナの手当をし続けた。 事故から37分後の14時55分、レースは再スタートされた。 二度目のスタート [ ] 再スタートされたレースの結果は、中断された最初のレースとの合算で争われることになった。 再スタート後はゲルハルト・ベルガーがコース上でのリードを奪ったが、レース中断時点ではシューマッハがベルガーに対してリードしており、合算ではシューマッハがレースをリードしていた。 12周目にシューマッハはコース上でもトップに立ったが、ベルガーはその4周後にハンドリングの問題でリタイアした。 ラリーニはシューマッハのストップにより一時的にトップに立ったが、自身のピットストップで順位は元に戻った。 ゴールまで10周を残し、ピットレーンでのミナルディから右リアタイヤが外れた。 アルボレートはピット出口で無事停車したが、外れたタイヤはフェラーリとロータスの各2名のメカニックに当たり、それぞれ病院での手当を要した。 難を逃れたフェラーリのメカニックは「周りから叫び声が聞こえたので、何事かと振り返った瞬間にタイヤが自分の鼻先をかすめて行った」と恐怖を語った。 当時のF1ではピットロードに於いての速度制限が定められていなかった事から被害に拍車がかかり、翌モナコGPからピットロードでの速度制限が定められる契機となった。 ミハエル・シューマッハがニコラ・ラリーニとミカ・ハッキネンを抑えて優勝し、の開幕3戦で満点となる30ポイントを獲得した。 ラリーニにとってはキャリア唯一の表彰台で、初のポイント獲得となった。 表彰式では、ローランド・ラッツェンバーガーとアイルトン・セナへの配慮からシャンパンファイトは行われなかった。 公式の死亡時刻は14時17分、つまり即死だった。 検死解剖の結果、死因は「大破したマシンのサスペンション部品が、ヘルメットを貫通した」と結論付けられた。 1994年のイモラのレイアウトは1981年より使用されていたものだったが 、以後、F1のレースでは二度と使われることは無かった。 サーキットは大きく改修され、タンブレロも変更を受けた。 タンブレロでは()、ネルソン・ピケ()、リカルド・パトレーゼ(1992年・合同テスト中)の大きな事故が起こっており、高速コーナーから低速のへと姿を変えた。 FIAはF1カーの設計に関する規則も変更した。 1994年の車両では1995年の規則に対応することができなくなり、1995年に向け全てのチームが完全に新設計したマシンを作製しなければならなくなった。 決勝日の朝に行われたドライバーズブリーフィングでセナとベルガーから懸念が提起されたことがきっかけとなり、(GPDA)が次戦で再結成された。 1961年に設立されたGPDAは、1982年に解体されていた。 再結成の主な目的は、イモラの事故を受け、安全向上のためにドライバーが話し合う場を設けることだった。 この年のモナコグランプリでは、最前列の2グリッドにはブラジル国旗とオーストリア国旗がペイントされ、命を落とした2人のドライバーを追悼するためにグリッドが空けられた。 また、レース前に1分間の黙祷がささげられた。 2件の死亡事故が起こった1994年のレース後、サーキットのレイアウトは変更された。 1994年5月5日、でセナは国葬にされた。 約50万の人々が沿道に並び、棺を見送った。 セナのライバル、は棺を担いだ。 多くのF1関係者はセナの葬儀に参列したが、F1運営団体FIAの会長のはセナの葬儀ではなく、1994年5月7日にで執り行われたラッツェンバーガーの葬儀に参列した。 10年後、モズレーはプレスカンファレンスで「私が彼(ラッツェンバーガー)の葬儀に参列したのは、皆がセナのほうに参列したからだ。 誰かが彼の葬儀に参列することが重要だと思った」と語っている。 裁判 [ ] イタリアの検察は法的手順に則り、セナの死に関連して6名を訴えた。 訴えられたのは、の、、、オーナー代表のフェドリコ・ベンディネリ、サーキットディレクターのジョルジョ・ポッジ、レースディレクターでサーキットを認可したローランド・ブルインセラードである。 判決は1997年12月16日に下され、過失致死について6名の被告全員が無罪となった。 セナの事故原因はステアリングコラムの破損だったと、法廷で確定された。 ステアリングコラムは、セナの要望により切断と再溶接が行われていた。 これはマシン内の居住性を改善するためであった。 この判決を受け、州検察はパトリック・ヘッドとエイドリアン・ニューウェイに対して上訴した。 1999年11月22日、新たな証拠がないことから法廷は無罪を言い渡した。 セナの車両に搭載されたブラックボックスは損傷していたためにデータが残されておらず、また事故直前にTV局は車載カメラの映像を他車のものに切り替えてしまったために、セナの車載カメラの映像には1. 6秒ほどの内容が残っていなかった。 イタリアの刑法530条に従い、告訴は「証拠がないか、事実が存在しない」と宣言された。 2003年1月、この判決は530条の解釈に間違いがあるとされ、イタリア最高裁に取り消された。 再審が命じられ、2005年5月27日にヘッドとニューウェイの両名とも無罪とされた。 脚注 [ ] []• BBC News. 1994年5月1日. 2006年10月28日閲覧。 Longmore, Andrew 1994年10月31日. The Times News International. 2006年10月28日閲覧。 Frank Williams. Macmillan. 232. The Times News International. 2006年10月28日閲覧。 Spurgeon, Brad 1999年4月30日. International Herald Tribune. 2007年5月1日閲覧。 Frank Williams. Macmillan. 234. The Times News International. 2004年4月19日. 2006年10月28日閲覧。 Autosport. 1994年5月5日• Eurosport Live Grand Prix Television. Eurosport. Horton, Roger 2000年. Autosport. 2006年10月28日閲覧。 GP Encyclopedia. www. grandprix. com. 2006年10月28日閲覧。 Rider, Steve Presenter 1994年. San Marino Grand Prix Television. London, United Kingdom: BBC. Senna Files. www. ayrton-senna. com 1997年3月18日. 2006年10月28日閲覧。 Thomsen, Ian 1995年2月11日. International Herald Tribune. 2006年10月28日閲覧。 www. gpracing. net192. com. 2006年10月28日閲覧。 Wright, Peter 1995年. www. grandprix. com. 2006年10月28日閲覧。 www. gpracing. net192. com. 2006年10月28日閲覧。 David Tremayne, Mark Skewis, Stuart Williams, Paul Fearnley 1994年4月5日. Motoring News News Publications Ltd. www. f1racing. net. 2004年4月23日. 2006年10月28日閲覧。 Hamilton, Maurice. Frank Williams. Macmillan. 276. Senna Files. www. ayrton-senna. com 1997年12月16日. 2006年10月28日閲覧。 Senna Files. www. ayrton-senna. com. 2006年10月28日閲覧。 Senna Files. www. ayrton-senna. com. 2006年10月28日閲覧。 BBC Sport. 2003年1月28日. 2006年10月28日閲覧。 BBC Sport. 2005年5月27日. 2006年10月28日閲覧。 レース結果は、F1公式サイトおよびYahoo! Japanより。 www. formula1. com. Retrieved• www. yahoo. 外部リンク [ ]• 前戦 次戦 前回開催 次回開催.

次の

今さらながら、アイルトンセナの死の報道に

エリック コマス セナ

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 目次• 経歴 F1以前 にデビュー。 にフランス国内の選手権にステップアップし、には同選手権のチャンピオンに輝く。 にはフランス選手権にステップアップしシリーズチャンピオン。 には、国際にステップアップ、とチャンピオン争いを繰り広げた。 2勝を挙げアレジと同ポイントという成績だったが、勝利数の差でシリーズ2位に終わる。 同じ国籍のアレジ( Alesi)、( Bernard)と共に「フランスの ABC 」と呼ばれ、の後継として大いに期待された。 翌、国際F3000のシリーズチャンピオンを獲得した。 F1 1991年にリジェと契約。 しかし開幕戦アメリカGPでは予選落ちし、デビューは第2戦のブラジルGPとなった。 参戦初年度はチーム体制が整わず、目立った走りをすることは無かった。 2年目の1992年はチームがルノーエンジンを獲得し、戦闘力を上げたこともあって、速さを見せるようになる。 第7戦カナダGPで6位に入り、初入賞をはじめ、計4度の入賞。 のチームメイト・が霞む活躍を見せたが、一方で第3戦ブラジルGP・第11戦ハンガリーGPでのブーツェンとの同士討ち 、第9戦イギリスGP予選でのイエローフラッグ無視によるとの接触事故、第12戦ベルギーGP予選での大クラッシュ等、事故の多さも指摘された。 にに移籍し、までF1に参戦した。 しかし体制に恵まれず、2年間で6位入賞が3回という結果に終わった。 1994年シーズン終了後、コマスへのオファーはなく、そのままF1から去ることになった。 来日後 に来日。 全日本GT選手権では通算6勝を挙げ、、に2年連続でシリーズチャンピオンを獲得した。 またドライバー活動の傍ら、には「コマス・レーシング・マネジメント株式会社」を設立。 ステファン・サラザンや、など多くの若手ドライバーのマネジメントも手がけているほか、欧州におけるJGTC・SUPER GTのテレビ放映権も獲得し、・Motors TVといった欧州のスポーツ専門TVチャンネル向けに放映権を再販したりしている。 もSUPER GTに参戦したものの、急性腰痛症により第5戦を欠場し、第6戦は参戦したものの、コマスの体調は改善できず、残りの3戦を断念。 コマスの代役はが務めた。 現況 以降、コマスはSUPER GTをはじめ、日本のレース活動を行っていない。 そのためか日本語版の公式ホームページも削除されているほか、コマス・レーシング・マネジメントも2007年限りで業務を終了した(なお業務は「グローバル・レーシング・マネージメント」という別会社に引き継がれている)。 エピソード 来日してからあまり時間をかけずに日本語でのほぼ完璧なコミュニケーションを身につけたことで、日本のレース関係者を大いに驚かせた。 しかし、コマスは元々F1参戦中からある程度の日本語を習得しており、が1994年ので「パドックでコマスを見かけて声を掛けたら、全て日本語で会話が成立した」というエピソードを当時『』()の連載で披露したこともある。 フォーミュラルノー時代のライバルには、当時渡仏していたがいる。 片山は「F1に行ってからもお互いにライバル意識がある」とフジテレビの番組内で話している。 コマスをもじった「エリック・コマツ」なるライセンスネームを持つ日本人ドライバーが存在する。 F3000時代までは母国語読みの「 エリック・コマ」で報じられていたが、F1デビューに当たり、フジテレビが「 エリック・コマス」と表記し、これが日本では一般化している。 脚注 [ ヘルプ]• ( Dalmas)を加え、「 ABCD」とも言われた。 もっとも、この件はブーツェンに非があるとの見方が多い。 『F1ワハハ読本3』(ソニー・マガジンズ)p. 64に収録。 関連項目• 外部リンク• Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の