5 等 分 の 花嫁 ミク。 【五等分の花嫁】中野三玖と言うヒロインの危険性について。

【五等分の花嫁の結末最終回ネタバレ】四葉とラストはどうなる?|ワンピースネタバレ漫画考察

5 等 分 の 花嫁 ミク

『五等分の花嫁』人気投票 さて、そんな『五等分の花嫁』で人気投票結果発表がありました。 いやまて落ち着け。 当然、三玖ちゃんが1位なのだろうが油断は禁物だ。 近年はマイベストヒロインと思っても世間一般の人気との乖離は起きちゃってましたからね。 『ゆらぎ荘』の雲雀ちゃんとか『ぼく勉』のうるかちゃんとか、当たり前のように1番の人気キャラだと思ったら違うんだもんなぁ…。 <関連記事> そういった事があって『五等分の花嫁』の人気投票も不安があったわけです! ドキドキしながら結果を見ました。 たくさんのご応募、ありがとうございました。 風太郎は6位にランクイン! 気になる1位は? 47号発売中! — 週刊少年マガジン公式 shonenmagazine1 !? 1位 三玖(2393票) まじで1位取ってしまった。 1番人気です。 しかも大差のぶっちぎりの1位!これはすなわち正ヒロイン…冒頭の お嫁さんも三玖ということでいいんだろうか。 いいともー!え?五月? まあ、『五等分の花嫁』は五月がどう見ても正ヒロインのように描かれてはいます。 普通に考えれば花嫁も五月と思うでしょう。 ところがどっこい!ここで三玖が一番人気だと証明した意味は大きい。 どうせ五月ENDなんだろと諦めてはいけない。 読者の声が絶対神ともいえる作者の心を動かすことだってあるのだ。 作者といえど人の子。 人気商売の漫画家です。 資本主義社会の歯車なのです。 読者の声を無視することはできない! 読者から三玖エンドを望む声が大きければ、 「そっちの方がいいのかな…?」と気持ちが揺らぐはずなのだ。 そして三玖は人気投票で1位を取った。 つ・ま・り…? やったね!三玖ちゃん大勝利! 二乃の結果について 5位 二乃 1位 三玖(2393票) 2位 四葉(1403票) 3位 五月(1235票) 4位 一花(1170票) 5位 二乃(1003票) さて、1位に関しては納得なんですが5位「二乃」にはおいおい…。 ちょっと待ってくれと。 その結果は無いんじゃないのかと。 二乃が5姉妹で一番下ってどういうことだってばよ? ちなみに自分の中で甲乙をつければ「三玖>二乃>一花>五月>四葉」です。 もう三玖と二乃 両者と結婚したい、もしくは お嫁さんは三玖で愛人は二乃という未来を夢に見てるだけにこの結果はどうなのかなーって思うよ。 投票期間の時期はベストだったんですよ。 人気投票開始は49話掲載時でしたので、ちょうど二乃に風が吹いたところだったし。 それなのに一番人気がないってどういうこっちゃねん! 二乃こそ最も成長してるヒロイン 2話 二乃は可愛かったか可愛くなかったでいえば可愛く無かった。 これは紛れもない事実。 5姉妹それぞれ事情がありましたが、1人だけ冷酷に突き放し消えろとまで言いのけてましたからね。 こんな子は御免だと読者が思うのは仕方ないでしょう。 ラブコメというハートを温めて欲しい作品なのに心が凍ってしまうツンドラ気候のようなヒロインでしたからね。 心が凍死してしまいます。 しかし!しかしである! 寒いツンドラがあってこそツンデレという「デレ」の温もりがあるのです。 暖かさは微塵も無かったが、それは過去です。 なんだかんだで徐々に解凍されていく姿こそ二乃の醍醐味でしょう。 50話 最近の二乃はヒロインとしての成長力には目を見張るものがありました。 大嫌いだった主人公を徐々に受け入れてるというか気持ちが揺れていたのは明らかでした。 冷たいヒャド系呪文しか使えなかったあの二乃がだよ?回を重ねるごとに物凄い勢いで魅力を開花させていき、ついには熱いメラ系呪文を覚えてるわけですよ。 今ではマヒャドと同時にメラゾーマを使いこなしつつある。 そう! 究極の呪文「メドローア」を放てる状態になりつつある。 全てを消し去る破壊力なのです。 それがツンデレなのです。 美味しいツンデレとは農業 これがデレ部分のうま味だよ 一口に「ツンデレ」と言いましても、これがなかなか奥が深いのです。 大きく分けると「天然もの」と「養殖もの」があります。 具体的に言えば、養殖は最初からデレてる状態で素直になれずにツンツンしてしまうヒロインですな。 完成された「ツンデレ」状態で提供されます。 これはこれで美味しいですよ。 でもね、本当に 脂が乗って絶品なのは「天然もの」に限ります。 天然は育てるのがマグロぐらい面倒くさいですからね。 なんたって、最初は「大っ嫌い」からスタートして「大好き」にさせなくてはいけません。 大変なんですよ。 それが二乃なのです。 また、 天然のツンデレというのは農業にも通じてます。 何も無いところから畑を耕して、種をまいて、水をやって、じっくり育つのを待たなくてはいけません。 事実、二乃はここまで育てるのに 59話もかけました。 苦労したからこそ本当に美味しいくなるんですねぇ。 ここまでじっくり育てた 二乃はついに実りの季節を迎えたのです。 いつ収穫するか?今でしょ! 好きよ 感無量である。 フータローに聞こえてたどうかは分かりませんが確かに二乃は「好きよ」と言ったのです。 自分の気持ちに素直になったのです。 じっくり育てた二乃が、ついに 実りの季節を迎えたのです。 あとは収穫して美味しく頂くだけです。 苦労した甲斐あるよ。 めちゃくちゃうめーっす。 「天然ものツンデレ娘」って育てるのが面倒くさいヒロインだけに、四苦八苦してようやく実って、食べ頃になったのすからね。 今、人気投票やればトップに食い込むな!間違いない(確信)。 あの二乃がここまで育ったのかと感動ものですわ。 三玖と二乃の頂上決戦 いやはやそれにしても…。 「三玖VS二乃」はまさに 世紀の一戦と呼ぶに相応しい。 「アントニオ猪木VSジャイアント馬場」「辰吉丈一郎VS薬師寺保栄」「朝青竜VS白鵬」「メッシVSロナウド」「アムロ・レイVSシャア・アズナブル」「矢吹ジョーVS力石徹」「孫悟空VSベジータ」「曹操VS劉備」「武田信玄VS上杉謙信」に勝るとも劣らない頂点の戦いなり。 責任取ってよね これまでの『五等分の花嫁』最強の破壊力といえば 三玖の「責任取ってよね」であることは誰もが認めるところでしょう。 みんな悶絶死しました。 可愛すぎて。 完全に三玖の一人舞台だったと言えます。 しかし、まさかまさかである。 二乃も負けてはいませんでした。 究極呪文「好きよ」で対抗するのであった。 最強のカード切ってきたー!以前の三玖に匹敵するほどの威力ですよ!これは…!インパクト的にも勝るとも劣りません。 好きよ 三玖がギャリック砲クラスの「責任取ってよね」を放てば、二乃は三倍かめはめ波クラスの「好きよ」を放って、両者の波動はまったくの互角!すごい戦いになったものです。 ふぅー。 なんという息をもつかせぬ攻防戦でしょうか。 三玖と二乃の「可愛さ」は天元突破です。 両者一歩も譲らず。 お互いが持てる魅力を存分に発揮し、「いつか見た花嫁」の座を全力で勝ち取りにきてます。 ラブコメ漫画多しと言えども、これほどの名勝負はめったにお目にかかれませんよ。 未来の花嫁!現在空位!.

次の

【五等分の花嫁】5年後に風太郎の花嫁になるのは誰!?結婚式シーンの疑問?花嫁大予想!!

5 等 分 の 花嫁 ミク

『五等分の花嫁』人気投票 さて、そんな『五等分の花嫁』で人気投票結果発表がありました。 いやまて落ち着け。 当然、三玖ちゃんが1位なのだろうが油断は禁物だ。 近年はマイベストヒロインと思っても世間一般の人気との乖離は起きちゃってましたからね。 『ゆらぎ荘』の雲雀ちゃんとか『ぼく勉』のうるかちゃんとか、当たり前のように1番の人気キャラだと思ったら違うんだもんなぁ…。 <関連記事> そういった事があって『五等分の花嫁』の人気投票も不安があったわけです! ドキドキしながら結果を見ました。 たくさんのご応募、ありがとうございました。 風太郎は6位にランクイン! 気になる1位は? 47号発売中! — 週刊少年マガジン公式 shonenmagazine1 !? 1位 三玖(2393票) まじで1位取ってしまった。 1番人気です。 しかも大差のぶっちぎりの1位!これはすなわち正ヒロイン…冒頭の お嫁さんも三玖ということでいいんだろうか。 いいともー!え?五月? まあ、『五等分の花嫁』は五月がどう見ても正ヒロインのように描かれてはいます。 普通に考えれば花嫁も五月と思うでしょう。 ところがどっこい!ここで三玖が一番人気だと証明した意味は大きい。 どうせ五月ENDなんだろと諦めてはいけない。 読者の声が絶対神ともいえる作者の心を動かすことだってあるのだ。 作者といえど人の子。 人気商売の漫画家です。 資本主義社会の歯車なのです。 読者の声を無視することはできない! 読者から三玖エンドを望む声が大きければ、 「そっちの方がいいのかな…?」と気持ちが揺らぐはずなのだ。 そして三玖は人気投票で1位を取った。 つ・ま・り…? やったね!三玖ちゃん大勝利! 二乃の結果について 5位 二乃 1位 三玖(2393票) 2位 四葉(1403票) 3位 五月(1235票) 4位 一花(1170票) 5位 二乃(1003票) さて、1位に関しては納得なんですが5位「二乃」にはおいおい…。 ちょっと待ってくれと。 その結果は無いんじゃないのかと。 二乃が5姉妹で一番下ってどういうことだってばよ? ちなみに自分の中で甲乙をつければ「三玖>二乃>一花>五月>四葉」です。 もう三玖と二乃 両者と結婚したい、もしくは お嫁さんは三玖で愛人は二乃という未来を夢に見てるだけにこの結果はどうなのかなーって思うよ。 投票期間の時期はベストだったんですよ。 人気投票開始は49話掲載時でしたので、ちょうど二乃に風が吹いたところだったし。 それなのに一番人気がないってどういうこっちゃねん! 二乃こそ最も成長してるヒロイン 2話 二乃は可愛かったか可愛くなかったでいえば可愛く無かった。 これは紛れもない事実。 5姉妹それぞれ事情がありましたが、1人だけ冷酷に突き放し消えろとまで言いのけてましたからね。 こんな子は御免だと読者が思うのは仕方ないでしょう。 ラブコメというハートを温めて欲しい作品なのに心が凍ってしまうツンドラ気候のようなヒロインでしたからね。 心が凍死してしまいます。 しかし!しかしである! 寒いツンドラがあってこそツンデレという「デレ」の温もりがあるのです。 暖かさは微塵も無かったが、それは過去です。 なんだかんだで徐々に解凍されていく姿こそ二乃の醍醐味でしょう。 50話 最近の二乃はヒロインとしての成長力には目を見張るものがありました。 大嫌いだった主人公を徐々に受け入れてるというか気持ちが揺れていたのは明らかでした。 冷たいヒャド系呪文しか使えなかったあの二乃がだよ?回を重ねるごとに物凄い勢いで魅力を開花させていき、ついには熱いメラ系呪文を覚えてるわけですよ。 今ではマヒャドと同時にメラゾーマを使いこなしつつある。 そう! 究極の呪文「メドローア」を放てる状態になりつつある。 全てを消し去る破壊力なのです。 それがツンデレなのです。 美味しいツンデレとは農業 これがデレ部分のうま味だよ 一口に「ツンデレ」と言いましても、これがなかなか奥が深いのです。 大きく分けると「天然もの」と「養殖もの」があります。 具体的に言えば、養殖は最初からデレてる状態で素直になれずにツンツンしてしまうヒロインですな。 完成された「ツンデレ」状態で提供されます。 これはこれで美味しいですよ。 でもね、本当に 脂が乗って絶品なのは「天然もの」に限ります。 天然は育てるのがマグロぐらい面倒くさいですからね。 なんたって、最初は「大っ嫌い」からスタートして「大好き」にさせなくてはいけません。 大変なんですよ。 それが二乃なのです。 また、 天然のツンデレというのは農業にも通じてます。 何も無いところから畑を耕して、種をまいて、水をやって、じっくり育つのを待たなくてはいけません。 事実、二乃はここまで育てるのに 59話もかけました。 苦労したからこそ本当に美味しいくなるんですねぇ。 ここまでじっくり育てた 二乃はついに実りの季節を迎えたのです。 いつ収穫するか?今でしょ! 好きよ 感無量である。 フータローに聞こえてたどうかは分かりませんが確かに二乃は「好きよ」と言ったのです。 自分の気持ちに素直になったのです。 じっくり育てた二乃が、ついに 実りの季節を迎えたのです。 あとは収穫して美味しく頂くだけです。 苦労した甲斐あるよ。 めちゃくちゃうめーっす。 「天然ものツンデレ娘」って育てるのが面倒くさいヒロインだけに、四苦八苦してようやく実って、食べ頃になったのすからね。 今、人気投票やればトップに食い込むな!間違いない(確信)。 あの二乃がここまで育ったのかと感動ものですわ。 三玖と二乃の頂上決戦 いやはやそれにしても…。 「三玖VS二乃」はまさに 世紀の一戦と呼ぶに相応しい。 「アントニオ猪木VSジャイアント馬場」「辰吉丈一郎VS薬師寺保栄」「朝青竜VS白鵬」「メッシVSロナウド」「アムロ・レイVSシャア・アズナブル」「矢吹ジョーVS力石徹」「孫悟空VSベジータ」「曹操VS劉備」「武田信玄VS上杉謙信」に勝るとも劣らない頂点の戦いなり。 責任取ってよね これまでの『五等分の花嫁』最強の破壊力といえば 三玖の「責任取ってよね」であることは誰もが認めるところでしょう。 みんな悶絶死しました。 可愛すぎて。 完全に三玖の一人舞台だったと言えます。 しかし、まさかまさかである。 二乃も負けてはいませんでした。 究極呪文「好きよ」で対抗するのであった。 最強のカード切ってきたー!以前の三玖に匹敵するほどの威力ですよ!これは…!インパクト的にも勝るとも劣りません。 好きよ 三玖がギャリック砲クラスの「責任取ってよね」を放てば、二乃は三倍かめはめ波クラスの「好きよ」を放って、両者の波動はまったくの互角!すごい戦いになったものです。 ふぅー。 なんという息をもつかせぬ攻防戦でしょうか。 三玖と二乃の「可愛さ」は天元突破です。 両者一歩も譲らず。 お互いが持てる魅力を存分に発揮し、「いつか見た花嫁」の座を全力で勝ち取りにきてます。 ラブコメ漫画多しと言えども、これほどの名勝負はめったにお目にかかれませんよ。 未来の花嫁!現在空位!.

次の

【五等分の花嫁】 未来の嫁は一体誰???5人のうちから上杉の花嫁を推測

5 等 分 の 花嫁 ミク

スポンサーリンク 【五等分の花嫁】結婚式から始まる物語 「五等分の花嫁」が単なるラブコメではない所以は、 ヒロインが五つ子であり、かつその始まりですでに結婚式が描かれているというところにあります。 五姉妹の誰かと結婚することがゴールとして決まっているものの、花嫁候補は顔が同じ五つ子。 花嫁は美しい女性が描かれているだけで、それが一体誰なのかがわかりません。 第1話から堂々と花嫁が描かれているにも関わらず正体が判明しないまま物語は進み、各々の言動から想像を掻き立てられていくところがこの作品の最大の魅力。 変装や入れ替わりで読者を混乱させるのもヒロインが五つ子であるこの作品ならではなのですが、では顔で判断できない五つ子を見分けるヒントは花嫁の描写にあるのでしょうか。 花嫁から得られるヒントは ・話し方や立ち振る舞い、雰囲気 ・ピアスをしている ・風太郎を「風太郎」と呼んでいる くらいでしょうか。 今のところピアスをしているのは 一花、ピアスを開けそうな描写があったのが 二乃。 風太郎と名前で呼んでいるのは 三玖です。 いずれにせよ高校時代~結婚式の間までに変わりそうなことなので、決定的な描写がない限りなかなか判断できなそうですね。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】花嫁以外の4人で会話? 花嫁で判断できないなら、他の4人からの 消去法で推測はできるでしょうか。 68話では、「 これいつの写真だっけ?」「 ふふっ」「 あはは、2人とも緊張してそー」など、花嫁以外の会話が長く描かれています。 が、正直わかりません! 「あはは」などは四葉や一花のような感じもしますが、気になるのは敬語で話す五月の喋り方と、「~よ、~だわ」などのいわゆる女性語を話す二乃の喋り方が混ざっていないということですかね。 しかしどちらの話し方とも花嫁もしていないので、時が経って喋り方も変わっていると見て良いでしょう。 会話からも現時点での判断は難しそうです。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】林間学校で手を繋いでいたのは? 林間学校編でのテーマとなったのが『 結びの伝説』です。 それは「 最終日に行われるキャンプファイヤーのダンスのフィナーレの瞬間に踊っていた(手をつないでいた)ペアは生涯を添い遂げる縁で結ばれる」というもの。 その瞬間に誰が風太郎と手を繋いでいたのかは32話で明らかとなりました。 結果、 五つ子全員です。 風太郎は体調不良で最終日には部屋で寝込むことになってしまい、そこへ五姉妹それぞれがお見舞いに行き風太郎の元で全員集合することになります。 そこには「結びの伝説」は関係なくただただ風太郎を心配して集まった5人の姿があり、回復祈願として皆で彼の指を握るのですが、そこで伝説の瞬間が訪れるのです。 つまり5人全員が風太郎と手を繋いでいたためこの描写での花嫁考察は不可能ということになりますが、あえて注目するならば 握った指でしょうか。 彼女たちが握ったのは、出発時にやっていた「五つ子ゲーム」に対応した指。 あるいは、5人で指を握る前に 五月だけ風太郎の手を握っていた時間があるのですが、その時に実は伝説の瞬間を迎えていたという可能性もあるかもしれません。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】風太郎とキスしたのは誰? 8巻 スクランブルエッグ(温泉旅行)編でのキスもしっかり押さえておきたいところ。 上杉家と中野家が出くわした温泉旅行の地にあった、2人で鳴らすと永遠に結ばれるという伝説の『 誓いの鐘』の下で風太郎と花嫁がキスをしたことが語られました。 キスをしたのは 五月ですが、その旅行中は祖父のために 五つ子全員が五月の格好をしていたので、実際には誰だったのかが明らかになっていません。 描写からだと、風太郎に好意を持っている誰かがこの機をモノにしようと意を決して及んだように見えます。 この時点で風太郎への恋愛感情が明確になっているのが一花・二乃・三玖で、のちに四葉も長らく好意を抱いていたことが判明しました。 そうなってくると五月の可能性も否定できないというグダグダに陥ってしまいそうなので、別の切り口から見てみましょう。 風太郎が結婚式で(恐らく)その時のことをこう振り返っているのです。 「 彼女を特別に感じたのはきっとあの瞬間からだ」 この時の風太郎は5人の見分けがついていませんので、 このキスから単純に見た目そのままの五月を意識し始めたとは考えられないでしょうか。 あるいは 旅行中に一瞬だけ見分けのついた三玖の可能性もあるかもしれません。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】零奈は五姉妹の中のだれか? 京都で出会った女の子(写真の子)が誰だったのかという点も物語の重要なポイント。 42話では風太郎の前に突如、京都で出会った少女が成長した姿で現れました。 そして 零奈と名乗った彼女は、79話でその正体が五月だったと判明します。 では京都で会った彼女が五月だったのかというと実はそうではなく、86話にて 四葉が五月に零奈の姿で風太郎に別れを告げることを頼んでいたことが判明しました。 つまり 零奈は五月ですが、写真の子は四葉だったのです。 ちなみに現在の零奈とは関係ありませんが、 一花も5年前の京都で風太郎と接触していたことが明らかとなっています。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】結婚式にあった無数のドレスの謎 結婚式当日のシーンで描かれている ウエディングドレスの数にも注目です。 用意されていたドレスが式場スタッフも「手配ミスではないのか」と混乱するほど多く、確認出来る限りではその数なんと 11着。 この描写を見ると全員と結婚しそうなハーレムエンドを予想してしまいそうですが、恐らく ヒントはやはり「五つ子ゲーム」でしょう。 今のところ風太郎が結婚式前と式中、当日に2回も指輪を持ち忘れていることが描写されており、1度はうっかりで済むかもしれませんが、 描写が2度目ともなるとそこに意味を見出さずにはいられませんよね。 やはり最後に風太郎がしっかり花嫁を見分け、答え代わりに指輪をはめるのが綺麗な結末だと期待しています。

次の