フラガール。 フラガール

フラガール・アウリイ晴奈の「セブンルール」!福島・スパリゾートハワイアンズ!

フラガール

原作は06年公開の大ヒット映画「フラガール」。 蒼井優(34)が演じたフラガールチームのリーダーを井上が演じる。 素朴な清楚(せいそ)さと、10作超の豊富な舞台経験を買われ、抜てきされた。 小学生の時、母親と一緒に映画館に見に行った思い出の作品。 ずぶの素人だった主人公が、厳しいレッスンを経て一流のフラダンサーへと成長していく姿に「一度決めたら最後までやり遂げるところは似ていると思います」と自身を重ねた。 しずちゃんことお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山崎静代(40)が演じたチームメートは、NHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演中の富田望生(みう、19)が演じる。 作品の舞台、福島県いわき市が出身地で「自分が育った街の名作。 とても楽しみ」と心躍らせた。 2人はバラエティー番組で一度共演したことがあり「共通の知り合いもいると思う。 友達になりたい」(井上)、「作品のような親友関係になりたい」(富田)と望んだ。 蒼井はしずちゃんとの共演を機に親友になり、その相方の山里亮太(42)と6月に結婚し「フラガール婚」と話題になった。 井上と富田にとっても、いい出会いになりそうだ。 原作の公開から13年がたち、演出の岡村俊一氏は「蒼井さんが結婚したことで新たなフラガールを作る決心をしました」と話した。 吉田美佳子(20)伊藤修子(42)らが出演。 10月18~27日、東京・日本青年館で。 11年8月、乃木坂46の1期生オーディションに合格し、12年2月、シングル「ぐるぐるカーテン」でデビュー。 14年10月、「あの日 僕は咄嗟(とっさ)に嘘(うそ)をついた」で初のセンターに。 14年4月、「学蘭歌劇 帝一の國」で舞台デビュー。 昨年12月、初のソロ写真集「存在」を発売。 愛称はさゆ、さゆにゃん。 血液型B。

次の

映画『フラガール』公式ブログ

フラガール

乃木坂46・井上小百合主演の舞台「フラガール - dance for smile -」を独占放送!2019年秋に上演され、大盛況のうちに幕を閉じた舞台が待望の映像化。 感動のステージをキャスト一人ひとりの表情や繊細な表現まで映し出してお送りする。 アイドルとして抜群の透明感を誇る井上が、強い信念を持って夢に突き進む主人公に挑む。 そして、富田望生、福島雪菜、吉田美佳子、伊藤修子らが井上とともにフラガールを演じる。 さらに、有森也実、山崎銀之丞、味方良介、中山優貴(SOLIDEMO)ら実力派の俳優陣が感動のストーリーに華を添える。 原作映画の公開から12年の時を超えてよみがえった名作舞台。 どうぞお見逃しなく。 【ストーリー】 昭和40年、福島県いわき市。 かつて炭鉱の町として栄えたが、石油という新しい燃料の台頭によって産業の崩壊に直面していた。 人員削減のため毎月たくさんの労働者のクビがきられていく。 そんな状況の中で、町おこしの新事業として常磐ハワイアンセンターを建設し、フラダンスショーで盛り上げようという話が持ち上がる。 この町に生まれ育った早苗(福島雪菜)は、毎日泥まみれの生活から抜け出そうと友達の紀美子(井上小百合)を誘ってダンサー募集に応募することを決意する。 しかし、最終的に集まったのは紀美子に早苗、そして父親に無理に連れてこられた太った娘・小百合(富田望生)と子連れの事務員・初子(伊藤修子)の4人だけだった。 そんな田舎町にハワイアンセンターの企画部長・吉本(山崎銀之丞)は元SKDのダンサー・平山まどか(矢島舞美)を連れてくる。 紀美子たちはまどかに不信感を持つが、その卓越したダンスの技術とその魅力に、やがて引き込まれていく。 炭鉱の組合員の反対運動が激しくなる中で、紀美子は炭鉱で働く母親・千代(有森也実)に反対されながらも、家を出てフラガールになることを決意する。

次の

フラガール

フラガール

— 2020年 1月月27日午前3時57分PST グレーベージュは、その名の通りグレーとベージュが合わさった色で、 ベージュ色が強めのカラーです。 また、グレージュという似た名前の色もありますが、こちらはグレー色が強く、くすんだ灰色っぽいカラーです。 2つのカラーを比べると、 グレーベージュはくすみ感がそこまで強くなく、ベージュの柔らかさが引き立つ髪色に仕上がります。 2 フラガールカラートリートメントの使い方 出典:123RF 2-1 濡れた髪に使ってトリートメント効果を発揮 シャンプー後に タオルで水気を十分に切ってから、 いつものトリートメントの代わりとして使用します。 使用量は髪の長さにもよりますが、目安として ショートヘアでピンポン玉1個分を髪全体に馴染ませます。 髪が濡れているとキューティクルが開いた状態なので、 トリートメント成分が髪の内部に浸透しやすく、髪の補修効果が高まります。 2-2 乾いた髪に使って染まりをよくする 濡れた髪に使って放置時間を長めにとるのも染まりをよくする方法ですが、乾いた髪に使うのも染まりをよくするポイントのひとつです。 濡れた髪は水分が髪を覆っていますが、 乾いた髪だと直接毛髪表面にカラートリートメントが付着するので、より染毛力の効果を発揮してくれます。 ただし、乾いた髪に使用した場合は、その後の すすぎをよりしっかり行うようにしましょう。 シャンプーですすぎ落とすのもひとつです。 3 フラガール「グレーベージュ」を使ってみた! フラガールカラートリートメント「グレーベージュ」が実際にどのくらい染まるのか、検証してみました。 フラガールがおすすめしている使い方の、 濡れた髪に使った場合と 乾いた髪に使った場合の2パターンを行いました。 また、普段使う状況とできるだけ近づけるために、どちらも次に使う前には一度シャンプーを行いました。 3-1 染める前 染める前の毛束です。 3-2 実際に染めてみる 濡れた髪に使った場合と乾いた髪に使った場合、それぞれ7回連続で使用しました。 (7日間連続使用を想定) トリートメントはかなり黒っぽく感じましたが、伸ばしてみると少し赤茶けた色味だと感じました。 また、 開けた瞬間からいい香りがして、ツーンとした感じは全くしません。 3-2-1 濡れた髪に使用した場合 【1回目】 【2回目】 【3回目】 【4回目】 【5回目】 【6回目】 【7回目】 7回連続で染めましたが、 1回目に染めた色味がずっと保たれている結果に。 毎回シャンプーをするたびに泡が茶色になるので、色が落ちているのかなと思いましたが、シャンプーの前後で色味が全く異なるということはありませんでした。 また、 カラー後はごわついたりすることもなく、トリートメント効果をしっかりと感じることができました。 3-2-2 乾いた髪に使用した場合 【1回目】 【2回目】 【3回目】 【4回目】 【5回目】 【6回目】 【7回目】 こちらは 回数を重ねるたびにグレーベージュの色味が濃くなっていきました。 また、濡れた髪に使用したときと比べ、すすぎ時に色が出なくなるまで少し時間がかかりました。 こちらも濡れた髪に使用したとき同様に、 カラー後はごわついたりすることもなく、トリートメント効果をしっかりと感じることができました。 3-2-3 「濡れた髪」と「乾いた髪」7回目の比較 (左:濡れた髪に使用した場合/右:乾いた髪に使用した場合) 乾いた髪に使用した方が色が濃く染まりました。 ただ、濡れた髪に使用してもしっかり染まるので自分の使いやすい方法で染めることをおすすめします。 4 フラガール「グレーベージュ」のメリット 4-1 キューティクルを傷めず白髪を染めてくれる 出典:Unsplash フラガールはカラートリートメントであり、キューティクルを意図的に開かせて髪内部から着色するヘアカラー(おしゃれ染めや白髪染め)とは違います。 そのため、 髪への負担が少なくダメージもほとんどありません。 ジアミンなどによる アレルギーの心配もないので、敏感肌の方やジアミンアレルギーなどの方でも安心して使うことができます。 トリートメントでありながら、髪表面に着色して白髪を染めてくれる商品なのです。 【関連記事】 4-2 トリートメント成分でなめらかな髪に導いてくれる 出典:123RF ハワイアンボタニカル成分のマカデミアナッツ油、ココヤシ果実エキスをはじめ、シアバター、マンゴー種子油などのトリートメント成分で、 髪にうるおいを与え、なめらかで健康的な髪に導いてくれます。 4-3 明るく白髪を染めることができる グレーベージュは他のカラーに比べて明るめの仕上がりになるため、白髪を明るく染めたい方におすすめです。 4-4 ツンとした匂いが気にならない 出典:123RF ラベンダーやローズマリーなどの オーガニック認証を受けたハーブエキス配合で、ヘアカラー剤のような鼻につく匂いはなく、優しい香りでリラックスした時間を過ごすことができます。 4-5 こだわりの3つのフリーで刺激が少ない ヘアカラーではないのでジアミンなどの酸化染料は一切使用していません。 さらに、 パラベンフリー、エタノールフリー、シリコンフリーの3つのこだわりで、 毎日使っても髪に影響がないのも特徴です。 パッチテストも実施していて、刺激が少ないことが確認されています。 赤みが出ず、くすみ感も楽しめるグレーベージュは白髪をおしゃれに染めてくれます。 また、ヘアカラーと違って髪にやさしいので、ダメージが気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか。 【関連記事】.

次の