いろはに愛姫 激甘。 あの「激甘パチスロ」本当に勝てるのか!? 話題の「アノ機種」戦績を公表!!

「『いろはに愛姫』は全設定で機械割104%OVERの激甘Newマシーン」

いろはに愛姫 激甘

こんにちは~! 大都大好き橘アンジュです。 今回はあの人気シリーズのスピンオフ。 そして個性的なスペックで話題をさらっているNewマシーンをハントしてきました! 唯一無二。 斬新さが話題の超個性的スペックとは? 政宗シリーズに登場する政宗の奥方、愛姫(めごひめ)が大活躍しちゃってます。 また設定は1、2、3…ではなく、「設定左」「設定中」「設定右」「設定6」という4段階。 それぞれBIG・ART中の狙えカットイン(押し順を当てて青7を揃えろ)発生時の押し順に設定差があり、設定を見抜くことで押し順正解率が上がりやすくなります。 青7が揃う度にARTのG数上乗せとなるので、設定看破がロングARTへのカギとなるわけです! 理屈だけで言えば、どの設定に座っても勝てるワケですが実際は如何に!? 実証すべく、早速打っていきましょー! と、打ち始めて僅か3Gで引いたチャンス目からいきなりREGにあたる「いろはボーナス」当選。 ART突入契機はBIGのみ。 BIG後に必ずARTに突入するのもアンジュ的良ポイントです。 ここが本機の最重要ポイントです。 「設定ごとの特徴」 設定左…左成功が選択されやすい 設定中…中成功が選択されやすい 設定右…右成功が選択されやすい 設定6…全押し順が均等に選択される 偏り実戦値 「こんなに設定差があれば体感でわかるかな?」と思いがちですが、実際はかなり回数を重ねないとなかなか難しいものです…。 そして回数を重ねれば重ねるほどワケわからなくなってきちゃいそうですよねえ。 そこで! 皆様に是非ご活用頂きたいのがとっても便利な「ぱちタウンアプリ」です。 ぱちタウン内の「いろはに愛姫」機種説明ページには「設定推測ツール」が用意されているんですね。 いや、ほんと便利、いいアプリだな。 今回のBIG中は4回カットインが発生し、全て中から押したものの1度も揃わず、ARTは最低保証の30Gでスタート。 その後、カットインも7揃いも無く、G数上乗せすることもできずにARTを駆け抜けてしまいました。 設定が見極められないうちはこういった展開が多くなりがちかもしれません。 が、設定看破までの辛抱です。 気を落とさずにいきましょう! 本日2回目のBIGから、まさかの快進撃が始まりました。 この後ART中にボーナスを何度も引き… 終わってみれば一撃1000枚越え! 今回のARTが伸びた要因は完全にヒキ。 合算がおかしなことになっています。 とはいえ、これでかなりの回数のカットインを拝むことができました。 ぱちタウンの設定推測ツールに「試行回数」と「青7が揃った回数」を打ち込んで… お! ぱちタウンが誇る設定推測ツールによると顕著に「設定左」が怪しいですね!!!! 個人的感覚では、試行回数は「左・中・右」それぞれ15回を過ぎてから確率が収束してきた印象です。 それまでは設定推測ツールが出す数値にかなり動きがあり、正直見極めが難しい状態でした。 試行回数の参考にしてくださいね。 見事なまでに設定左を推されましたが、左だけに狙いを絞ることでガンガン上乗せできるのでしょうか? その後突入したARTでは、カットイン時はひたすら左を選択! すると… 揃う! 面白いくらいに揃う…!!!! なんと最高8連続で青7を揃えることに成功! 青7揃いを連続して成功させることで「連舞」となり、更に上乗せがプラスされるのでこれはかなり美味しいですね! 設定を見極めてしまえばこっちのもの、といったところでしょうか。 大きくG数を乗せたART中にBIGボーナスを引く、そこでまた青7を揃え上乗せをする…。 ちなみに通常時はこれといって恩恵の無いREGですが、ART中のREG「ツバキボーナス」はARTが10G上乗せされる上、ナオエ高確率をゲットしやすく残念な当たりとならないところも良いですね。 そんなこんなで本機の勝利への道筋がご理解いただけたでしょうか! ハンター的まとめ 見事勝利となりました! 前半かなり偏ってボーナスを引きまくってしまい、後半収束気味にハマる展開も度々ありましたが、それでも運よくマイナス域に転ずる瞬間が無かったのでストレス無く打てました。

次の

「いろはに愛姫」に“パチスロ人生”をかける 〜中年Hとの死闘編〜

いろはに愛姫 激甘

「いろはに愛姫」とは? 大都の中でそれほど派手ではないものの地味に人気のある「政宗シリーズ」のスピンオフ台という立ち位置の本機。 ちなみに「愛姫」の読み方は「めごひめ」です。 最大の特徴は何と言っても設定「左・中・右」という奇妙なネーミング、そしてその特性ですね。 本機の設定は4段階設定で、それぞれ「設定左」「設定中」「設定右」「設定6」となっています。 この左・中・右というのは本機のゲーム性の肝となる青7リプレイ揃いの押し順に対応しているものです。 設定6以外の設定に関しては、いかに早く設定を見破る(要は正解率の高い押し順をあぶりだす)事が出来るか、そしてそれが完了した後は只管(青7を狙う場面で)その押し順を実行し続ける事で台のポテンシャルを引き出す事が可能となります。 これまでも、最近で言えばディスクアップのような甘い機種というものは存在していましたが、こういった形で設定推測をゲーム性として明確に表現したケースは個人的には記憶にないので非常に画期的なものだと感じています。 「いろはに愛姫」は甘すぎる? 甘い甘いと巷で言われていますが、どうやらホールデータ的にも甘く出ているようです。 自分が良く参考にさせてもらっている内のコラム「ホール直送!! スロデータ」から、今回もデータを参照させて頂く事にします。 【出玉率】 設定左・・・100. ちなみに全国のホールデータを閲覧できるサイトセブンのサイト内で公開されている機種データでも本機は出玉率の判定がA判定となっているので、やはり全国的に見て非常に甘く動いているのは間違いない所でしょう。 利益が出ないから撤去? 甘すぎて撤去と言えば、サミーが2011年1月に発売した「サクラ大戦3」を思い浮かべる人も多いんじゃないでしょうか。 あの機種は噂では一撃性の肝となったプレミアムデートタイム(PDT)の出現率が間違って高く設定されていた…なんて言われていましたが、実際はどうだったんでしょうね?(ついでに甘いのは設定1だけで、実は設定2なら利益が取れたとかなんとか) 本機はあのような前例とは違い、そもそもメーカー発表の段階から低設定が甘い機種として売り出されていたワケなので、利益が出ないのは当然と言えば当然なんですよね。 ただその甘さがホールが想定していたよりも上回っているようで、そこに対してメーカー側にクレームを入れているホール関係者も少なくないんだとか。 とは言えこの台の仕様を見れば、朝一で設定看破された台をガチガチに粘られれば相応の赤字を垂れ流し続ける事ぐらいは分かりそうなものです。 その上で導入しているんですから、それはもう ホール側の認識が甘かったという一点に尽きるんじゃないでしょうか。 自分は検証していないので有効なのか否かを判断出来ていませんが、REG後内部RT中に青7揃い回避ナビをあえて無視して正解の押し順を探る打ち方の影響を挙げる向きもあるようですけど、それがあろうとなかろうと大筋では然程変わりはないように思います。 甘さを売りにした台を購入しといて「甘すぎてクレーム」というのは、何とも滑稽な話です。 「いろはに愛姫」はここからが本番 どうやら全国的に撤去の方向へ向かいそうな本機ですが、自分からするとどう考えてもココからが本番だと思います。 自分の地域での稼働を見て行くと、導入週の稼働はお世辞にも良いとは言えないものでした。 しかしSNSなどで「甘い」という話題が盛んに語られた結果、今週末の稼働がグッと高まっているのが良く分かります。 つまり現状「いろはに愛姫」は客寄せパンダになり得る台という事です。 他にもこういった台がゴロゴロある状況であればわざわざ赤字を垂れ流すこの台を珍重する必要もないでしょうけど、そういった機種が圧倒的に不足している現状では、この台のような存在感は極めて貴重だと言えます。 この事実だけでも、等価交換のホールは兎も角、換金ギャップのあるホールであれば当然のように設置し続けるべきでしょう。 今はまだ5. 5号機や5. 「いろはに愛姫」を上手に扱う方法 この台を扱う上で注意すべき点がいくつかあります。 設定を頻繁に変更する 重要なのは少しでも打ち手に設定を迷わせる(押し順を迷わせる)事です。 最悪なのは ベタピン放置のつもりで設定左放置というパターン。 重要なのは「この店は設定をコロコロ変えて来る」という認識を打ち手に持たせる事。 これだけでも多少は機械割を下げる事が出来るでしょう。 ガッつく打ち手とコミュニケーションを取る この台の性能を最大限に発揮しようと思ったら、朝一から打ち出して早々に設定を看破、その後閉店間際までがっちり粘り倒すというのが最善手となります。 これをやられてしまうとホール側としては正直厳しいですし、特にこれを連日同じ人にやられるとなれば、この台を置いておく意味とは?という気持ちになるのも当然の話でしょう。 そういった場合、すぐに撤去という選択を取るのではなく、そういった特徴に該当する打ち手と積極的にコミュニケーションをまずは取ってみるべきではないでしょうか? 要するに「もう少し加減してもらえませんか?」という提案をしてみるのです。 ユーザー側からすれば、ホールに設置されている台を打っているだけなので、そこに権利を主張するのは至極当然の話です。 しかしホール側からすれば一人(あるいは複数人グループ)に占拠される状況が続くようなら撤去せざるを得ない、だから「手加減」を要求するんです。 もしこれが受け入れられないようなら、この台を撤去するのもよし、あるいはその打ち手(たち)を「当店ではお断り」させて頂くという選択肢もアリでしょう。 こういったケースに関して、多くのホールは打ち手とすり合わせをするという意識が極めて希薄であるように感じます。 「ホールに設置されている台を粘り倒して何が悪い」というのは真っ当な主張なので、そこに対してホール側のスタンスを真摯に伝えるというのは、台の撤去などよりもまず初めに実行されるべき事ではないでしょうか。 ちゃんとコミュニケーションを取れば、案外そういったガッつく打ち手も理解を示してくれて、良い関係を築く事も出来るんじゃないかと思うんですよ。 繰り返しになりますが、「ホールに設置されている台を勝利のために時間と労力を掛けて打つ」というのはユーザー側にとっては極々当たり前の権利ですからね。 その向き合い方が多少「ギラギラ」しているぐらいで眉間に皺を寄せて見てしまうというのは、少々拙い態度ではないでしょうか? まずは柔らかい態度で対話する姿勢を持つことが何よりも重要でしょう。 適正台数を揃える もしこの台の需要が高い場合は、一台設置よりも二台、あるいは三台ぐらい設置しておいても良いかも知れませんね。 ただ重要なのは、そこそこ満台になるけど全く座れないという事もないぐらいの絶妙な設置台数、つまりは適正台数を見極める事。 前の項で語ったようなケース(朝から特定の打ち手がガッチリ食いついて離さない)だけではなく、夕方から打ちたくてもいつも空がないようなケースだと、愛姫を求めて来ていた人もそのうち諦めて来店すらしなくなってしまうでしょう。 多すぎても良くないですが、全く座れないようだと無いのも同然なので、「座れるか否か微妙なライン」の設置台数を見極めましょう。 できれば中古で二束三文になってから導入したい所ですが、どうやら大都がこの台をサラリーマン番長2の下取り対象するようなので、中古市場でたたき売られる事にはならなそうなのが残念ですが。 適正台数という事を考えられるのは、グループ店でこの台の処遇に困っているようなケースだけかも知れません。 話題になるだけ有難い 利益が取れない、赤字の垂れ流し、なんて聞くとホール側にとっては身構えてしまう話ではあるでしょうけど、これぐらい話題になること自体が相当に有り難い事だと認識するべきじゃないでしょうか。 ここ最近の話題機種と言えば「バジリスク絆2」ぐらいのもので、他の多くの台はスロッター界隈でも話題にすら上がらない状況な訳ですからね。 一部のホールで成立している愛姫の現状(特定の打ち手にキッチリ粘られてしっかり赤字になる)を見てネガティブになる気持ちも分かりますが、その点は色々と工夫のしようがありますし、もしそこに協力してもらえない場合は、ホール側からそういったお客さんを「お断り」する良い理由付けにもなるでしょう。 個人的にはこの台を朝からガッツリ打倒すだけの気力も体力も現状は湧いてこないのですが、程よく時間がある時に少なくとも設定判別期間のマイナスを補填できる程度のゲーム数を消化する前提で一度は腰を据えて愛姫に挑んでみたいと思っています。 それまでに撤去されていなければ…ですが。

次の

朝打つだけで○○○○円もらえる!?仕事するのがアホらしくなる闇機「沖っ娘」【おきっこのヤバさ】 │ パチ闇〜パチスロの闇を暴く〜

いろはに愛姫 激甘

2020年3月5日 設定により押し順に偏りがある事で話題になっている「いろはに愛姫」、甘いからか稼働停止しているホールもあります。 サイトセブンは 確かに甘めの出玉評価となってまして、実際の所は100%となっているそうです。 遅いけど何軒か愛姫の稼働止めてるらしいので一昨日のデータを出率入りで。 停止するレベルの確定的な裏ネタ入ってこないなぁ。 気になるのはP新台のアウト低い~! 一番飛んだG1が51銭で2万抜けちゃうというね。 Sの割をPが食う。 5号機なくなったら併設店はダメかもしれんね。 S島倒さないと。 — モロンちゃん moron77 ちなみに2CHでは「BIG確率の詐称」の噂がありました。 そこが心配点だったものの、サイトセブンデータを見る限り大丈夫そうです(初日だけBIGが極端に引けてなかったので、そういう噂が出ていたのだと考えられます)。 押し順の試行回数が稼ぎやすい 甘く出ている原因は 「知識介入時の出玉率が最大104%であり、元々そういう台」としか言いようがありません。 ただ、大都技研の低設定は概ね辛い印象なので、想定よりかは甘く出ている可能性もあります。 ちなみに、ART終了後、REG後などRT終了準備中にリプナビを無視すると偏りを調べられるそうです。 【いろはに愛姫】 だそうです。 でもこれはオマケ程度の要素であり、実際打ってて思ったのは 「BIG中もART中も3択チャレンジがそこそこ来るので、案外早く見切れそう」と感じました。 ひょっとしたら大都技研の想定以上に「設定を見切った客が粘っている」のかもしれません。 個人的には青7成立確率をもう少し減らして、1回の3択チャレンジの価値を重いモノにした方が良かった感じました。 REGも「いろは姫」好きの僕にはたまらんですが、冷静に見れば存在価値が解りません。

次の