不倫 自殺。 大分の高校の教師が教え子の女子高生と不倫!名前や顔画像の特定は?JKは自殺未遂!|ラヂカセトレンド

不倫して、不倫されて自殺ってよくある話なんだよ。

不倫 自殺

誹謗中傷を受けていた説 映画「コンフィデスマンJP プリンセス編」で共演した俳優の東出昌大さんの不倫報道が世間を騒がせていた頃のこと。 三浦春馬さんは「明るみになる事が清いのか、明るみにならない事が清いのか…どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。 皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う」と現状に異論を唱えていました。 また、「国力を高めるために、少しだけ戒める為に憤りだけじゃなく、立ち直る言葉を国民全員で紡ぎ出せないのか…」との思いをつづっていました。 しかし、この発言が「東出昌大を擁護するのか!」という批判を生むこととなります。 「東出昌大擁護」「ネトウヨ認定」という両面から誹謗中傷の的となっていたと考えられています。 なりすまし被害に悩んでいた説 所属事務所アミューズの公式サイトでは、三浦さんのプロフィール欄に、「SNS上における三浦春馬なりすましアカウントについて」と注意喚起していた。 「最近、三浦春馬本人になりすましたソーシャル・ネットワーキング・サービスの報告が多数寄せられております。 出典: なりすまし被害に遭っていたのは事実ですが、自殺の直接の原因というには弱いです。 仕事の重圧に耐えられなかった説 三浦春馬さんの仕事は順調で、続々と出演作を控えていました。 なかでも力を入れている舞台では、3月にミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~」の主演を務めています。 また12月には新作オリジナルミュージカル「The Illusionist-イリュージョニスト-」の主演も決定していました。 演劇関係者によると、3月の舞台ではコロナ禍の中で、絶対に感染者を出してはいけないという公演で、批判の声を受けながらそれでも舞台に立ったといいます。 主演を務めるというだけでも相当な重圧なのに、コロナも影響しているとなると仕事の重圧は計り知れません。 20歳のころに「俳優をやめたい」と漏らしたこともあり、仕事に真正面から真剣に取り組むゆえに「自分をすり減らしながら役作りをするタイプ。 精神的には強くない」(芸能関係者) 責任感の強い人であれば自分の心をすり減らしてでも仕事に応えようとしてしまうもの。 美貌と才能と責任感を持ち合わせた一人の俳優の死に心が痛みます。

次の

33歳の男性です。去年嫁が自殺しました。現在は僕と5歳の長女と3歳の

不倫 自殺

上原多香子 10日発売の「女性セブン」(小学館)は、ヒップホップグループ・ET-KINGのTENNさんが2014年に自殺した当時、妻の 上原多香子が俳優・ 阿部力と不倫関係にあったと報じた。 同誌によれば、TENNさんは上原と阿部のLINEでのやりとりや親密そうに写るツーショット写真を見るなどして、上原の不倫を認識していたという。 さらに11日付スポーツニッポンによれば、上原はTENNさんの遺族に対し、自死の原因が自身の不倫であるとして、慰謝料を支払う意向を示しているという。 普段は芸能人の不倫ネタをこぞって取り上げるテレビの情報番組だが、上原の件については各局揃って及び腰の姿勢をみせている。 そんななか、正面からこの話題を取り上げた10日放送の『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)内で医師の友利新氏は、「不倫の生々しいことを聞くということもあると思うんですが、ベースに何かがないと、自殺という最終手段という選択はないと思う。 これだけじゃなく、ほかにもいろんなことがこの方にあって重なって、最悪の決断を下したのかなと推測します」と語った。 もちろん、TENNさんが自殺という選択をした「ベース」に何があったのかは、本人にしかわからない。 しかし、人が自殺をする動機としては、精神医学的にはどのようなことが想定されるのか。 インターネット上では、「不倫をした上原への復讐の意味合いもあったのではないか」といった類の書き込みも多数見られるが、他人への復讐のために自らの命を断つというケースは本当にあるのか。 精神科医の片田珠美氏に問うと、以下のような見解を示した。 自殺による復讐 上原多香子さんの夫だったヒップホップグループ・ET-KINGのTENNさんが2014年に自殺した際に、遺書のなかで妻の不倫に言及したのは、絶望感だけでなく復讐心によっても自殺に駆り立てられたからではないか。 医師としての長年の臨床経験から、私はこう推察する。 精神科医の間では、自殺者の胸中に復讐願望が潜んでいることは少なくないといわれている。 たとえば、いじめを苦にして自殺した生徒が、自分をいじめた相手の名前を遺書に書き残すのは、自分の死後いじめに関する調査が行われ、いじめっ子になんらかの罰が加えられることを期待するからだという見解がある。

次の

三浦春馬さん自殺の原因!ユッキーナとの不倫説、誹謗中傷説、なりすまし被害説について

不倫 自殺

上原多香子 10日発売の「女性セブン」(小学館)は、ヒップホップグループ・ET-KINGのTENNさんが2014年に自殺した当時、妻の 上原多香子が俳優・ 阿部力と不倫関係にあったと報じた。 同誌によれば、TENNさんは上原と阿部のLINEでのやりとりや親密そうに写るツーショット写真を見るなどして、上原の不倫を認識していたという。 さらに11日付スポーツニッポンによれば、上原はTENNさんの遺族に対し、自死の原因が自身の不倫であるとして、慰謝料を支払う意向を示しているという。 普段は芸能人の不倫ネタをこぞって取り上げるテレビの情報番組だが、上原の件については各局揃って及び腰の姿勢をみせている。 そんななか、正面からこの話題を取り上げた10日放送の『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)内で医師の友利新氏は、「不倫の生々しいことを聞くということもあると思うんですが、ベースに何かがないと、自殺という最終手段という選択はないと思う。 これだけじゃなく、ほかにもいろんなことがこの方にあって重なって、最悪の決断を下したのかなと推測します」と語った。 もちろん、TENNさんが自殺という選択をした「ベース」に何があったのかは、本人にしかわからない。 しかし、人が自殺をする動機としては、精神医学的にはどのようなことが想定されるのか。 インターネット上では、「不倫をした上原への復讐の意味合いもあったのではないか」といった類の書き込みも多数見られるが、他人への復讐のために自らの命を断つというケースは本当にあるのか。 精神科医の片田珠美氏に問うと、以下のような見解を示した。 自殺による復讐 上原多香子さんの夫だったヒップホップグループ・ET-KINGのTENNさんが2014年に自殺した際に、遺書のなかで妻の不倫に言及したのは、絶望感だけでなく復讐心によっても自殺に駆り立てられたからではないか。 医師としての長年の臨床経験から、私はこう推察する。 精神科医の間では、自殺者の胸中に復讐願望が潜んでいることは少なくないといわれている。 たとえば、いじめを苦にして自殺した生徒が、自分をいじめた相手の名前を遺書に書き残すのは、自分の死後いじめに関する調査が行われ、いじめっ子になんらかの罰が加えられることを期待するからだという見解がある。

次の