己 の 欲 せ ざる ところ は 人 に 施す なかれ。 己の欲せざる所は人に施すことなかれ

己の欲せざる所は人に施すことなかれ

己 の 欲 せ ざる ところ は 人 に 施す なかれ

己の欲せざる所は人に施す勿かれだ。 友達をぶってはいけない。 己の欲せざる所は人に施す勿かれという言葉があるだろう。 それに従いなさい。 己の欲せざる所は人に施す勿かれという原則を大切にしていきたい。 「己の欲せざる所は人に施す勿かれ」の由来 「己の欲せざる所は人に施す勿かれ」の出典は『論語』の「衛霊公 えいれいこう 」という章と、「顔淵 がんえん 」という章です。 まず、「衛霊公」の章では、孔子が弟子の子貢 しこう に「一生守ることができる徳目は何でしょうか?」と聞かれたときに、「其それ恕 じょ か。 己 おのれ の欲せざる所は人に施すこと勿 なか れ」と言っています。 この言葉は「それは思いやりだ。 自分がしてほしくないことを人にするべきではない」という意味になります。 また、「顔淵」の章で弟子の仲弓 ちゅうきゅう に「仁とは何でしょうか」と問われたときにも同じことを答えています。 do not do unto others what you would not have done unto you 自分にやらないことを人にやってはいけない まとめ 以上、この記事では「己の欲せざる所は人に施す勿かれ」について解説しました。 読み方 己の欲せざる所は人に施す勿かれ 意味 自分がしてほしくないと思ったことは他人にとっても同じなのだから、他人にもすべきではないということ 由来 孔子の言葉から 類義語 我が身をつねって人の痛さを知れ 対義語 己の欲するところを人に施せ 英語訳 do not do unto others what you would not have done unto you 「己の欲せざる所は人に施す勿かれ」はシンプルでわかりやすいですよね。 小さいころに親から「自分がいやだと思ったことはほかの人にもやったらだめだよ」と教えてもらった、という人も多いのではないでしょうか。 しかし、「己の欲せざる所は人に施す勿かれ」を完璧にこなすのは難しいものです。 精進していきたいですね。

次の

孔子に学ぶマーケティング

己 の 欲 せ ざる ところ は 人 に 施す なかれ

「己の欲せざるところは人に施すなかれ」というのは、『論語』に登場する言葉で、孔子が弟子の子貢に語ったものです。 【読み】 おのれのほっせざるところはひとにほどこすなかれ 【意味】 己の欲せざる所は人に施す勿れとは、自分がして欲しくないと思うことは、他人にとっても同じなのだから、他人にすべきではないということ。 で、私自身この言葉を悪くない考えだなと思い、行動規範にしてきたつもりなのですが この行動規範でも相手の欲しないところにヒットする危険があるのだなと思ってきたので整理します。 スルー力が高い場合 欲するところと、欲せざるところの間に「どうでもいい」という緩衝地帯が多い人と、少ない人がいるように思うのです。 緩衝地帯が多い人は「スルー力が高い」ということになるでしょうか。 ざくっと欲する(OK)、欲しない(NG)をグラフにしてみました。 Aさんが緩衝地帯が広い人、Bさんが狭い人です。 Aさんが「どうでもいい」というゾーンが大きく、積極的に「欲しない」ゾーンが狭いです。 Aさんが「己の欲せざるところ」を避けて行動したとしても、Bさんの欲しないゾーンにヒットしてしまいます。 全体的に「どうでもいい」ゾーンが大きい人は、意図せずに「相手の欲していないことをしている」可能性が高そうです。 好みの基準が違う場合 では、己が欲するところを人に施せばいいのかというとそういうわけでもなくて… 縦軸はいろいろな行為ととらえてください。 同じ行為でも• Cさんにとっては「OK」でも、Dさんにとっては「NG」• Dさんにとっては「NG」でも、Cさんにとっては「OK」 のゾーンがあります。 こちらも、欲せざるところをさけて、自分がしてほしいことをしていても、 相手にとって欲していない振る舞いとをしてしまうことになります。 では、どうすればいいのか 完全なる回避策はないのかなあと思います。 都度、自分は「欲していない」というメッセージを出していくこと• 「欲していない」とういメッセージを受けたら、しないようにすること• 権力関係などにより「欲していない」メッセージが出しづらい状況に敏感であること• その場合にはなるべく、万人が「OK」の領域の振る舞いを心がけること を気をつけていくしかないのかな.

次の

論語の「己の欲せざるところは、人に施すことなかれ」と聖書の「人...

己 の 欲 せ ざる ところ は 人 に 施す なかれ

こんにちは、ジェスリードの滝口祐幸です。 「名言でマインドチャージ」のブログを開いていただきまして、ありがとうございます。 このブログは、「名言でマインドチャージ」ということで、世界のことわざや名言によって、目標に向かって進むために必要なパワーマインドを充電することが目的です。 今回、テーマにする名言は、 「己の欲せざる所は 人に施すことなかれ」です。 これは、論語に出てくる言葉で、孔子が、弟子の子貢(しこう)の問いに答えた内容です。 「自分が、して欲しくないことは、人にするべきではない」ということです。 中国の儒教の始祖である孔子は、これこそ 「思いやりの心」の原点であると言います。 同じような内容が、キリスト教の聖書の中にもあります。 聖書には、次のような言葉で説かれています。 「己の欲するところを、人に施せ」 (マタイによる福音書七章十二節) 最近のニュースを見ていると、 「己の欲するところを、人に施せ」の逆をやっている人が多いことに、驚きます。 つまり 「己の欲せざるところを、人に施し、己の欲するところは、人に施さない」、そういう生き方の人が、多いように思います。 なぜ、そのような論語や聖書で勧める生き方と、全く逆の生き方をする人が増えているのでしょうか? 行き過ぎた成果主義のせいではないかと、私は思っています。 私たちは、小学校のころから、成績を問われる世界に、身を置くことになります。 成績が良い子は優秀で、成績が悪い子は問題のある子という見方をされます。 そして受験の時は、合格した人は勝ち組で、合格しなかった人は、あたかも人生の負け組のような扱いを受けます。 さらに就職活動をする時は、条件の良い会社に入社できた人は、人生の成功者で、なかなか就職できない人は、劣った人のように思われがちです。 そのように、現代人は小さいころから、結果で評価される成果主義の世界で生きてきたために、まず兎に角、良い結果を出すことだけにとらわれがちです。 論語にしても、聖書にしても、人間として最も大事なものは、 「己に欲せざる所を、人に施さない思いやりの心」と力説していますが、この 「思いやりの心」は、目に見えないものですので、成果主義の世界では、評価されません。 ですから、成果主義の世界で生きている現代人は、 「思いやりの心を育てる」ことよりも、 「成果を出すために、学力を高める」ことや、 「成果を出すための能力を高める」ことを優先させるわけです。 だから、どうしても 「己の欲せざるところを、人に施し、己の欲するところは、人に施さない」の生き方になってしまうのだろうと思います。 ただ、多くの人の人生を調べてみると、幸せな人生の土台になっているものは、優秀な学力でもなければ、卓越した能力でもないと確信します。 優秀な学力も卓越した能力もないけれど、人生の晩年に、思いやりに満ちた家族に囲まれ、あるいは、思いやりに満ちた仲間たちに囲まれ、心豊かなに生活している人たちが、沢山います。 そういう人たちは、ゆったりとした穏やかな顔で、毎日を過ごしており、幸せそうです。 私も還暦を過ぎて、周りの人たちを見渡してみると、論語や聖書が勧めるような 「己の欲せざる所は人に施すことなかれ」を実践した生き方の方が、長い人生を考えた時に、幸せにつながると確信しています。 もちろん成果を出す生き方を否定するわけではありません。 要は、バランスの問題だと思います。 一番理想なのは、 「成果を出すための生き方」と 「思いやりを大事にする生き方」の両輪を回すことと言えるでしょう。 【今回の名言】 己の欲せざる所は 人に施すことなかれ 【今回の教訓】 成果を出すための最善を尽くしながら「己の欲せざる所は人に施すことなかれ」を実践する 「成果を出すための生き方」と「思いやりを大事にする生き方」の両輪を上手に回しましょう!.

次の