湊 かなえ。 「湊かなえ×柏田道夫」対談【前編】

告白 (湊かなえ)

湊 かなえ

こんにちは、ブクログ通信です。 5月19日に最新作(双葉社)発売を控えている湊かなえさん。 刊行作が次々とドラマ化・映画化されており、ますます注目を集める湊さんの作品ですが、映画やドラマは知っているけど原作を読んだことがない、というかたも増えてきていますね。 ブクログから、湊さんの代表作・オススメ作を5作紹介いたします。 まずは「イヤミス」以外の作品からご紹介し、ブクログユーザーから高い評価を受けている作品、読みやすい作品、知名度のある作品を中心に集めているので、ぜひ参考にしてくださいね。 経歴:湊 かなえ(みなと かなえ) 1973年、広島県因島市中庄町(現・尾道市因島中庄町)生まれ、武庫川女子大学家政学部卒。 2005年に第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。 2007年には第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。 読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の優れた書き手として著名。 「聖職者」に続きを書く形で成立した連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい! 」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。 デビュー作での本屋大賞ノミネート・受賞は、共に史上初。 2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)、2016年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。 ほか、直木賞で度々候補になっており、2018年には『贖罪』でエドガー賞候補となった。 映画化・ドラマ化された作品多数。 特に映画では、2010年『告白』、2014年『白ゆき姫殺人事件』、2016年『少女』、2017年『望郷』と話題作が多い。 『望郷』 島に住まう人々の思いを綴る、感動の連作短編集 2013年刊行、日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した「海の星」をはじめ、6編が収録された短編集です。 舞台となっている白綱島は、湊さんの出身地、因島がモデルになっています。 湊かなえさん『』 あらすじ 瀬戸内にある白綱島。 そこで生まれ育った人々が抱える、故郷への思い。 故郷にいる元同級生から届いた手紙をきっかけに、浜崎洋平は妻に島の暮らしのことを話し始めた。 小学校6年のとき、洋平の父・秀夫が失踪する。 母の佳子は夫を探し続け、待ち続け、働き続けて大黒柱がいない家庭を支える。 そんな中、洋平が釣りをしているときにぶっきらぼうな物言いの男、真野幸作が現れる。 彼は定期的に現れて洋平と佳子に声かけし、差し入れをくれるようになる。 (「海の星」)。 推協賞短編部門受賞作「海の星」を含め、白綱島で起こる六つの事件を収録した傑作全六編。 オススメのポイント! この作品はポジティブな要素も描かれているので、「イヤミス」が苦手という人にもオススメできます。 湊さんが「イヤミス」の優れた書き手なのは、登場人物設定や卓越した人間心理の描写力あってこそですが、その描写力がこの作品でも冴えています。 読み進めるうちにいつの間にか作品の世界へ引きずりこまれてしまうのです。 湊さんの様々な側面が全て盛り込まれた作品といえるでしょう。 なお2017年、収録策の2編「夢の国」「光の航路」を元に映画化されました。 映画から作品に近づくのもいいかもしれませんね。 『山女日記』 女性が直面する様々な苦悩を描く連作短編集 2014年刊行の連作短編小説。 広い意味での山岳小説というジャンルにあてはまりますが、遭難や過酷な状況とは異なり、山と登山に親しみを感じられるような物語になっています。 悩みを抱えながら山を登ろうとする女性たちの等身大の姿が描かれており、暗い物語が苦手な女性読者の方々にオススメしたい作品です。 湊かなえさん『』 あらすじ 初めての登山で装備一式を揃えて山に臨む律子は、本当に今の相手と結婚していいのかどうか悩んでいた。 一緒に山に登るのは、同僚の由美。 しかし律子は、由美の不倫現場を見てしまっていた。 不倫相手は、仲人を頼んでいる部長。 律子は部長の奥さんに好印象を抱いていたこともあり、由美に不信感を抱いている。 オススメのポイント! 終わりどころか、今さえ見通しがつかない人生について悩みを抱えた女性たちが、ふとしたことで山と向き合い、登っていく。 一歩一歩踏みしめながら、迷える思いを少しづつ整理し、思いを確かなものにしていく。 その様子に思わず共感し、エールを送りたくなってしまいます。 湊かなえさんの巧みな心理描写を楽しめる一冊であると同時に、女性読者を勇気付ける一冊と言えるかもしれません。 『告白』 デビュー作にして代表作、湊かなえさん「イヤミス」の原点かつ傑作 2008年に刊行されたデビュー作でありながら、同年度の週刊文春ミステリーベスト10第1位、このミステリーがすごい!第4位、そして2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの代表作にして大ベストセラーです。 元々は第一章にあたる「聖職者」で短編として完結する予定が、第29回小説推理新人賞を受賞、その続きを書くことによって成立した長編小説です。 湊かなえさん『』 あらすじ 「愛美は死にました。 しかし事故ではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです」。 市立S中学校1年B組、3学期の終業式の日、担任の森口悠子は教師を辞めることを自分たちの生徒に語りながら、娘の死について語り始める。 犯人の「A」と「B」を示唆しながら、復讐を仕掛けた、と告げて教室を去っていく。 オススメのポイント! 不穏な始まりから、ショッキングな事件の数々、そしてラストに至るまでの展開に、思わず凍りついてしまいます。 デビュー作とは思えないほどの濃度で、一気読み間違いなし。 後ろめたい快感をおぼえる人、道徳倫理について思いをはせる人、読後感は人それぞれながら、読んで思わず感想を誰かに語ってしまいたくなるような作品。 も発売されていますので、興味のあるかたは、ぜひ。 『少女』 危うげな青春と友情を描いたダークヒューマンドラマ 2009年に刊行された、『告白』に次ぐデビュー2作目の書き下ろし長編小説です。 親友の自殺を目撃したと語る転校生の言葉を、由紀と敦子はそれぞれの仕方で受け止める。 由紀はその言葉に、死体ではなく人が死ぬ瞬間そのものを見たいと思う。 敦子はかつて自殺を考えたことがあり、死体を見たら死が何であるかを悟り、今よりも強い自分になれるのではないかと願う。 二人はお互いに内心を告げることなく、夏休みのボランティアを始める。 由紀は小児科病棟へ。 敦子は老人ホームへ。 オススメのポイント! 煌めく思春期の夏休み、どこか危うげな青春と友情が作品全体に詰まっています。 そして悪意のない無邪気な欲望が引き起こす事件と、因果応報。 たたみかけられる様な展開から目が離せなくなってしまう、ダーク青春小説、ダークヒューマンドラマ。 なお、2016年に映画化されており、本田翼さん、山本美月さん両主演が、美しい少女たちの「危うさ」を醸し出しています。 映画もオススメです。 『リバース』 人間心理の微細な襞を描くヒューマンミステリー! 2015年刊行、第37回吉川英治文学新人賞候補作に選ばれた作品です。 湊さんの作品の中では、初めて長編小説の主人公に男性が選ばれています。 担当編集者から結末のお題を出されてそれに応える形で執筆が進められたそうで、かなり独特な来歴をもった作品です。 ブクログユーザーからも高い評価を得ています。 湊かなえさん『』 あらすじ サラリーマンの深瀬和久は、趣味・好物のコーヒーが縁で、越智美穂子という彼女ができる。 しかし謎の告発文が彼女に送りつけられた。 深瀬は逡巡のすえ、過去にあった「ある出来事」を告白した。 その全てを聞いた美穂子は、深瀬のもとから離れる。 封印していた過去を暴こうとしているのは誰なのか? オススメのポイント! 編集者からのお題に応えるかたちで様々に散りばめられた伏線が、鮮やかに回収されていくさまが見事としか言いようがありません。 湊さんのプロット、人物描写の精髄を味わえるヒューマンミステリー。 「イヤミス」要素は他の作品と比べてやや薄め。 『告白』『少女』といった作品を敬遠してしまう方はこちらからどうぞ。 なお2017年にドラマ化されていますが、なんと湊かなえさん本人が脚本を書き下ろしており、ドラマオリジナルのラストとなりました。 このドラマ版『リバース』も評価は高く、第8回コンフィデンスアワード・ドラマ賞(2017年4月期)の作品賞、脚本賞、そして第93回ザテレビジョンドラマアカデミー賞では最優秀作品賞、主演男優賞(藤原竜也)、脚本賞を受賞しています。 、も発売されています。 機会があればぜひご覧ください。 『』 短編と、「イヤミス」要素が薄い作品を中心にしつつ、代表作をセレクトしました。 「湊さんといえば『イヤミス』」という評判もありますが、湊さんの魅力はそれだけではありません。 もし食わず嫌いをしている方がいたら、ぜひここでご紹介した作品『望郷』『山女日記』を手にとってみてくださいね。 どうか良い本との出会いがありますように。

次の

【湊かなえ】おすすめ小説!売れ筋人気ランキング名作ベスト10はこれ!

湊 かなえ

湊かなえ(みなと かなえ) 1973年、広島県生まれ。 武庫川女子大学家政学部卒。 2005年に第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。 2007年には第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。 読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の優れた書き手として著名。 「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい! 」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。 デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。 2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)、2016年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。 ほか、直木賞で度々候補になっており、2018年『未来』で第159回直木賞に3度目のノミネート。 同年『贖罪』でエドガー賞候補となった。 映画化・ドラマ化された作品多数。 特に映画では、2010年『告白』、2014年『白ゆき姫殺人事件』、2016年『少女』、2017年『望郷』と話題作が多い。 湊かなえのおすすめランキングのアイテム一覧 湊かなえのおすすめ作品のランキングです。 ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。 『告白 双葉文庫 双葉文庫 み 21-1 』や『告白』や『少女 双葉文庫 』など湊かなえの全132作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

次の

【2019年版】湊かなえのおすすめランキングTOP10~人気作・代表作

湊 かなえ

カウンセリングをしていると、小学校時代の同級生・横網八重子の思い出話になった。 幼なじみいわく、八重子には娘がいて、その娘は、高校二年から徐々に学校に行かなくなり、卒業後、ドーナツがばらまかれた部屋で亡くなっているのが見つかったという。 母が揚げるドーナツが大好物で、それが激太りの原因とも言われていた。 Amazon商品ページより 湊かなえさんの作品としては珍しい『美容整形』をテーマにした作品です。 正直、湊さんのイメージとは遠いところにある内容に思えましたが、読み始めて数ページで気が付きました。 これはまさしく湊かなえの作品だと。 美容と健康を求める人々と、その裏に潜む本性。 それらを湊さんらしいイヤミスとして作品に落とし込んでいるので、読んで良かったとすぐに確信しました。 湊さんの本書に関するインタビューはこちら。 この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。 核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。 Contents• あらすじ インタビュー 本書は美容クリニックの医師・橘久乃が様々な人にインタビューをするという形式で物語が進行します。 終始インタビュー相手の言葉のみが書かれていて、久乃自身の言葉で語れるのは最初と最後だけです。 医師という立場であり、ミス・ワールドビューティー日本代表に選ばれたことがあるほど美しいという、完璧という言葉が似合う久乃。 はじめ、久乃はクリニックを訪れた学生時代の友人・結城志保の脂肪吸引に関するヒアリングをしているだけでしたが、志保の話は本筋とは全く別の方向に飛び、そこで初めて読者に本書における問題が提示されます。 同級生の呪い? 二人の小学校時代の友人に横網八重子という女性がいました。 太っていることをからかわれ、『横綱』と苗字が似ていることから「ロクヨン(当時の体重が64kg)部屋」のヨコヅナ」などと呼ばれていました。 志保は娘を出産後、太ってしまい、それがきっかけで最近ショックな出来事に襲われましたが、これは八重子の復讐だと言い出します。 ただの冗談ではなく、ちゃんと根拠があります。 八重子の娘がものすごく太っていて、それを理由に自殺したらしいと人づてに聞いたのです。 大量のドーナツに囲まれて亡くなった少女 次に久乃のクリニックを訪れたのは、アイドルで久乃の中学のずっと後輩にあたる如月アミ。 話を聞くうちに、アミは亡くなった八重子の娘と同級生であることが判明します。 名前は吉良有羽(きらゆう)といい、後に八重子との間に血縁関係がないことが分かります。 有羽は確かに太っていたが幸せそうで、友人たちからも人気がありました。 大好物は、八重子の作ってくれる手作りドーナツで、とてもおいしかったとアミも証言しています。 そんな有羽ですが、亡くなった時の状況が普通ではなく、大量のドーナツに囲まれていたのだといいます。 この後も久乃は人の伝手を辿って八重子と有羽の話を集め、やがて事件の真相に辿り着きます。 スポンサーリンク 感想 湊かなえのイヤミスに歓喜 僕は本書の表紙とあらすじを見てすぐに買うことを決めました。 美しくも不安さを漂わせる表紙と、明らかに普通ではない事件。 面白くないわけがありません。 こんなに期待しながら本を読むのは久しぶりでしたが、開始数ページでもうピンときました。 これは湊かなえのイヤミスだと。 その感覚はやがて確信に変わり、本当に良い作品に巡り会えたと大満足の読了感に包まれました。 あの一人称で一方的に語られる問答無用さ、そして自身の発言に間違いなどないとでもいうような自信がもうたまりませんでした。 らしくないテーマ 本書は『美容整形』がテーマになっていますが、正直いって湊さんにそういったイメージがなかったので意外でした。 記事のはじめにご紹介したインタビューを読むと、編集者からの提案が発端ということで納得です。 得意でないテーマだと中身が心配だと思う人もいると思いますが、ご安心ください。 丹念に調べた美容健康に関する情報、そして湊さんが経験した人間あるあるが見事に融合し、何の違和感もなく読めるほどこれは湊かなえの作品です。 美容というと、メンズエステが広まりつつあるといってもやはりメインは女性です。 そして美容健康のことになると人は饒舌になりがちで、こっちから聞かなくともあっという間に相手の本性が見えてきます。 この怒涛のしゃべくりは勢いに気圧されながらも、興奮してページをめくる手が止まりませんでした。 あるあるだけど読んでいて不快なことも 久乃と話す人はみな自分のことを饒舌に語り、本来久乃がしたい話からこれでもかと脱線します。 これ自体はあるあるな話で、相手の狂気にも似た熱意をうまく表現していると思います。 しかし、これを五回、六回と繰り返されると後半はかなりうんざりしてきます。 話す相手にもよると思いますが、僕は有羽の高校時代の担任だった柴山の時だけは読み進めるのがかなり辛かったです。 柴山の考え方自体が受け付けないということもありますが、普段、インタビュー記事などでは実際の対談内容をコンパクトにまとめたものを読んでいるので、余分な話も全て含めるとここまで長いのかと辟易してしまいました。 この点は賛否両論だと思いますが、決してマイナスなことだけではありません。 ここで募った不快感が物語の異常さをさらに際立たせ、読者に強烈な印象を残してくれます。 嫌な気持ちになること自体が本書の目的でもあるので、ぜひそういうものだと割り切って楽しんでもらえればと思います。 おわりに テーマが違うだけで今まで描かれなかった人間の本性がここまで描けるのかと感心しながら読んだ本書。 ドラマとも相性が良さそうなので、いずれ映像でもお目にかかれるかもしれません。 男性には理解しにくい部分があるかと思いますが、それでも読んで得られるものが多くありましたので、性別に関係なく多くの人に読んでほしいと思います。

次の