厄年 2020 女性。 「厄年」の年齢と数え方!お正月から?立春から?

2020年に厄年になる女性の年齢は?数え年で何歳?

厄年 2020 女性

「厄年っていつ?」 「私って今年厄年なのかな…」 そんなあなたのために、厄年早見表を用意しました。 2020年最新の厄年早見表はコチラ! 「厄年っていつなんだろう?私って厄年?」 「厄年は悪いことが起きるのかな・・・無事に1年を過ごしたい!」 厄年って悪いことが起こりそうで不安ですよね。 こんにちは、神社お寺のお参りの投稿サイト「ホトカミ」運営の森です。 今回取り上げるテーマは 「厄年」。 高校の同級生と結婚している知人のTさん(33歳・女性・本厄)は、厄年がいつか気になりました。 そこで旦那さんと話していると、「僕は42歳まで厄年ではないよ」と言っていたので、Tさんも厄年じゃないと思い込み、何もせず過ごしていたら、人生で初めてインフルエンザにかかってしまいました。 実は、Tさんは厄年だったのです。 Tさんは男女で厄年が異なることを知りませんでした。 Tさんの後悔は、 「自分がいつ厄年なのか知っておきたかった!」 そこで今回は、あなたが厄年について理解できるように 「厄年の意味」や「厄年の過ごし方」、「厄除け・厄払いの行き方」、 さらにホトカミが厄除け・厄払いにオススメする20ヵ所の神社とお寺まで、 あなたが厄年を安心して過ごそうと心がけるための情報を紹介します! ぜひ最後まで読んでくださいね。 それではまず、「厄年」について説明します。 厄年を分かりやすく解説 まずは、厄年について分かりやすく説明します。 さらに、「厄年はいつなのか?」「厄年で最も悪いことが起こる大厄とは?」「厄年の計算の仕方」といった厄年に関する全ての疑問を解決します。 それではさっそく、まいりましょう。 厄年とは、普段より慎んで過ごそうとする年のこと 「厄(やく)」という言葉には、災難や不幸という意味があります。 そして 「厄年(やくどし)」とは、大きな災難や不幸を避けるために、普段より慎んで過ごそうとする年(年齢)のことです。 厄年は厄の年という文字の通り、災難や不幸がある年だから、落ち着いて過ごした方がいいんですね。 悪いことが起こるなんて、厄年って不安ですよね。 あなたも、厄年がいつなのか気になるのではないでしょうか。 そこで次に、厄年はいつなのか紹介します。 男女の厄年の年齢 一般的に厄年は、 男性は25歳、42歳、61歳、 女性は19歳、33歳、37歳になる年(1月1日から12月31日)を指します。 厄年って人生で3回もあるんですね! しかも男女で年齢が違うなんてややこしい。 そこで、ややこしい厄年の年齢を一目で確認するために、 2020年男女の厄年早見表を作りました。 それでは、見てみましょう。 2020年の男女の厄年早見表 この表を見ると、簡単に2020年の厄年が確認できます! 男性と女性で厄年の年齢は異なるので、気をつけてくださいね。 ちなみに、厄年の年齢には、 19歳は「重苦(じゅうく)」、33歳は「散々(さんざん)」、 42歳は「死に(しに)」という語呂合わせもあるんだそうです。 前厄・本厄・後厄で、厄年は3年もある!? 先ほどの早見表にもあるように、厄年はその前後の年も含めて3年間もあるんです。 真ん中の赤で囲った厄年の年齢を 「本厄(ほんやく)」といいます。 本厄の前の年は「前厄(まえやく)」、後の年を「後厄(あとやく)」といって厄年と同じくらい慎んだ方がいい年とされています。 厄年は、広い意味では前厄も後厄も含めた3年間のことを指します。 なぜ、厄年は3年間もあるのでしょうか。 実は、陰陽道(おんみょうどう)の九星気学(きゅうせいきがく)では、 運気の悪い年(ここでは本厄の年のこと)の前後含めた3年間は、悪い気がまわってくると考えられているんです。 そのため厄年は、本厄の前後含めた3年間(前厄・本厄・後厄)慎んだ方がいいとされています。 一生のうち、9年間も大きな災難や不幸が起こるなんて、驚きますよね。 さらに、本厄の年齢のうち、最も悪いことが起こると言われている「大厄(たいやく)」という年があるんです。 次に、大厄について説明します。 大厄とは最も災難や不幸が多い厄年のこと 前厄・本厄・後厄合わせて9年間も厄年があることがわかりました。 それでは、本厄の年齢のうち、最も悪いことが起こると言われている「大厄(たいやく)」について説明します。 大厄とは、3回ある厄年のうち2回目の厄年を指します。 ということは、 男性の42歳と 女性の33歳が大厄なんですね。 そして、 大厄とは厄年のなかで最も災難や不幸が多い年のことです。 だから大厄の1年は、人生で最も落ち着いて過ごすべきなんです。 厄年でさえ不安なのに、そのなかでも大厄は特に悪いことが多いなんて怖いですよね。 しかも、厄年の年齢は「数え年(かぞえどし)」という普段私たちが年齢を計算するときとは異なる方法で年齢を計算します。 数え年って、なんだかややこしいですよね。 そこで、次に数え年について分かりやすく紹介していきます。 厄年は数え年で計算する 一般的に、厄年は 「数え年(かぞえどし)」で計算します。 数え年とは、生まれた日を「1歳」とし、1月1日になると年を取るという計算方法です。 つまり今の年齢に、誕生日前には2歳、誕生日後には1歳を加えた年になります。 例えば、1988年7月4日に生まれた女性の場合、生まれたその日が1歳になり、 1989年1月1日に2歳になります。 (普通はまだ0歳) 1990年1月1日に3歳になります。 (普通は1歳) ・ ・ ・ そのため数え年では、 2020年1月1日に33歳になります。 ちなみに先ほど「(普通はまだ0歳)」と書きましたが、 この普通とは、 「満年齢(まんねんれい)」のことです。 満年齢とは、生まれた日を0歳と数え、次の生まれた日(誕生日)が来ると、年を取るという数え方です。 「満年齢」と難しく書きましたが、満年齢ってみなさんが普段使っている年齢の計算方法ですよ。 ここまでの、数え年と満年齢の違いをまとめると下の表のようになります。 数え年(厄年など)• 生まれた年を1歳とする• 正月(1月1日)になると、年を取る 満年齢(誕生日など)• 生まれた日を0歳とする• 生まれた日の次の年(誕生日)になると、年を取る ちなみにこのサイトでは、自分の厄年を計算できるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。 平安時代から1000年以上も続く厄年 ここまで、厄年の意味や年齢、数え方などを紹介してきました。 厄年には、いろんな決まりや風習、つまり伝統があるんですね ところで、厄年っていつの時代からあるのでしょうか。 実は厄年は、1000年以上前からありました。 平安時代の中期に紫式部が書いた『源氏物語』には、 紫の上(むらさきのうえ)という登場人物が37歳で厄年を慎んで過ごしているシーンがあります。 そのため、遅くとも平安時代にはすでに厄年はありました。 厄年は源氏物語にも登場していたんですね。 また、厄年の年齢も、陰陽道(おんみょうどう)や宿曜道(すくようどう)、仏教など多くの文化や学問の影響を受けています。 しかし、厄年の正しい起源はわかっていません。 もしかしたら、1000年よりもずっと昔から厄年はあったのかもしれませんね。 陰陽道:すべての物・事には、一定のルールがあり、そのルールを分析し、解明しようとする『自然哲学思想』や、すべてのものは、「火・水・木・土・金」の5つから構成されているという『陰陽五行思想』が合わさった陰陽道が、中国から日本に伝わり、それに「天文・暦(こよみ)・時・易(えき)」などの自然の変化がプラスされた思想のこと。 宿曜道:仏教の秘密の教えという意味を表す密教の一種で、月や惑星などの天体の動きから人間や社会を占うもの。 さらに、厄年は地域によって年齢が異なる場合もあるんです。 そこで次に、地域による厄年の年齢の違いを紹介します。 地域によって異なる厄年の年齢 実は、厄年の年齢って地域によってさまざまな考え方があるんです。 例えば、川崎大師(神奈川県)では、 数え年ではなく満年齢で厄年を計算します。 (参考:) 復習になりますが、満年齢とは、みなさんが知っている「生まれた日を0歳と数え、次の生まれた日(誕生日)が来ると、年を取る」という計算方法でしたね。 つまり川崎大師では、厄年で一般的な数え年ではなく、誕生日と同じ満年齢で厄年の年齢を計算します。 満年齢で厄年を計算する さらに、最近では女性も61歳を厄年とする考え方も増えています。 お寺の宗派や地域によっても厄年の年齢は異なる場合があるので、神社やお寺で確認してみてくださいね。 ここまで、厄年について説明してきました。 おさらいすると、 「厄年とは大きな災難や不幸を避けるために、普段より慎んで過ごそうとする年(年齢)のこと」 「厄年の年齢は 男性は25歳、42歳、61歳、 女性は19歳、33歳、37歳」 「大厄とは、 男性の42歳と 女性の33歳のことで、大厄とは厄年のなかで最も災難や不幸が多い年のこと」でした。 それでは、悪いことが起こると言われている厄年はどう過ごしたらいいのでしょうか。 厄年をどう過ごそうか、不安ですよね。 でも心配しないでください。 次に厄年の過ごし方について紹介します。 厄年の過ごし方は、厄除け厄払いに行こう! ここまで紹介した通り、厄年は人生で9年間もあり、変化の起こりやすい年ということがわかりました。 変化が起こりやすい年といっても、悪いことはなるべく起こってほしくないですよね。 ここからは、「厄年の過ごし方」や「神社やお寺へ厄除けに行こう」といった厄年を無事に過ごすための方法をまとめました。 それではまず、厄年の過ごし方について紹介します。 厄年の過ごし方 厄年は、 災難や不幸が起こりやすい時期と意識して、慎しんで過ごすことが大切です。 しかし、厄年を「慎しんで過ごす」と言っても、どう行動したらいいかわからないですよね。 そこで、神社やお寺へ行き、 厄除け(やくよけ)を行うことをオススメします。 神社やお寺で行う厄除けとは、一体どんなものでしょうか。 次に、厄年に「慎んで過ごす」ために行う厄除けについて説明します。 さっそく神社お寺に行きたい方は 厄除けとは?厄年は神社お寺で厄除けへ 厄除けとは、災難や不幸から身を守るよう神さまや仏さまにお願いする祈願のことを指します。 また、「厄除け」という言葉以外にも、 「厄払い(やくばらい)」って聞いたことありませんか? 実は、「厄除け」と「厄払い」って少し意味が違うんです。 ー より しかし最近では、「厄除け」と「厄払い」はあまり区別せず使用することが多いです。 したがって、今回の記事では 「厄除け」という単語で統一します。 厄年に慎んで過ごすために厄除けに行きたいですよね。 でも、実際に神社やお寺に厄除けに行こうと思っても、金額や服装など不安なことがありますよね。 そこで、安心して厄除けに行くための知識を紹介します。 ここを読めば、厄除けに行く準備・心構えができますよ。 安心して厄除けに行くための知識 初めての方は、厄年に厄除けに行くのは不安かもしれません。 しかし、神社やお寺を見つけ、事前に予約をすれば厄除けに行くことができます。 ここでは、金額や服装など、安心して厄除けに行くための知識を分かりやすくまとめました。 以下の手順で、厄除けに行くことができます。 を使えば、近くの神社やお寺を地図から見つけることができます。 ぜひ活用して、近所の神社やお寺を探してみてください。 都道府県で探したい方は、をご覧ください。 また、後ほど厄除けを行なっている神社とお寺を20ヶ所紹介します。 一般的に、予約の方法は 電話・FAX・ホームページ・直接神社やお寺に行くという4種類があります。 」と伝えましょう。 予約が可能だと、「名前・住所・年齢・電話番号」を聞かれます。 事前に答える準備をしておきましょう。 このお金は、神社では、 初穂料(はつほりょう)、お寺では、 お布施(おふせ)と言います。 金額に決まりはありませんが、大体、3000円〜1万円の場合が多いです。 神社やお寺によって金額は異なるので、事前にホームページや電話で確認してみてくださいね。 ちなみにこのお金は、のし袋に包んで納めるのが良いとされています。 また、厄除けで神社やお寺に行くとき、 服装に気をつけましょう。 厄除けのときは、神さまや仏さまの近くでお参りをするため、フォーマルな服装が好ましいとされています。 フォーマルな服装とは例えば、和服、スーツ、襟付きのシャツ・ブラウス、ひざ下丈のスカートです。 悪い服装の例としては、ジーンズ、過度な露出や素足です。 待合室が用意されている神社やお寺もあるので、早めに到着した方が安心です。 」と伝えましょう。 時間になると、厄除けを行う場所に案内してもらえます。 忘れずに受け取りましょう。 事前にしっかり予約し、服装を整え、お金を準備することがポイントです。 これで安心して厄除けに行けますね。 最後に、厄除けを行う時期について紹介します。 厄除けの時期はいつまで? 一般的に、 厄除けは1月1日のお正月から2月3日の節分にかけて行います。 なぜかというと、昔は2月3日の節分の次の日から新年と考えていたからです。 節分(2月3日)の次の日とは、春分の日(2月4日)のことです。 春分の日は、旧暦(昔のカレンダー)で言うと新年の始まりの日と考えられており、春分の日の前日(=2月3日の節分)までに、厄除け・厄払いをしておこうという考えがあります。 また、1月は初詣などもあるため、神社やお寺に行く機会が多いことからも、1月1日のお正月から2月3日の節分までに厄除けに行く方が多いです。 しかし、多くの神社やお寺では、1年間いつでも厄除けを行っているので、 自分の都合のいい日にぜひ神社やお寺で厄除けを行なってみてくださいね。 厄除けは2月3日の節分までに行くことが多いですが、 もし2月3日を過ぎてしまっても、厄除けできますよ。 ホトカミがオススメする厄除けを行う神社お寺20ヶ所を紹介 それでは最後に、厄除けを行っている神社とお寺を紹介します。 厄除けは、日本全国の神社やお寺で行われています。 を使えば、近くの神社やお寺を地図から見つけることができます。 ぜひ活用して、近所の神社やお寺を探してみてください。 また、都道府県で探したい方はをご覧ください。 今回は、関東三大・関東厄除け三大・三大厄除け不動と、ホトカミ運営がオススメする神社お寺20ヵ所を紹介します。 ぜひ神社やお寺で厄除けを行なってみてくださいね。 関東厄除け三大 西新井大師【東京都】 西新井大師は、厄除けの祈願寺として創建されたお寺です。 江戸時代には女性の厄除け祈願所として有名になりました。 毎日、護摩祈祷を行っていますが、毎日ホームページで護摩祈祷の時間が更新されるので、チェックしてみましょう。 祈願受付時間 9:30〜16:30 祈願料 5000円〜 住所 東京都足立区西新井-15-1 アクセス 東武大師線大師前駅下車、徒歩5分 日暮里舎人ライナー西新井大師西駅下車、徒歩20分 川崎大師【神奈川県】 川崎大師は、関東厄除け三大師のひとつとしても有名です。 正式名称は、「金剛山 金乗院 平間寺(こんごうさん きんじょういん へいけんじ)」といいます。 事前の予約は不要ですが、護摩を行う時間が決まっているので、確認していきましょう。 祈願受付時間 月曜日〜土曜日 6:00、9:00、10:30、11:30、13:00、14:30、15:30 日曜日・毎月21日 6:00、9:00、10:30、11:30、13:00、14:00、15:00、16:00 毎月20日のみ宵大師(19:00〜)あり 祈願料 5000円〜 住所 神奈川県川崎市川崎区大師町4-48 アクセス 京急川崎駅より大師線に乗り換え、川崎大師駅下車、徒歩8分 観福寺【千葉県】 観福寺は、関東厄除け三大師のひとつです。 護摩は、行なっている日程が限られているので、確認してから行きましょう。 年末になると、TVのCMでもよく見られます。 佐野厄除け大師は、元三大師(がんざんだいし)というおみくじを考えた人がまつられています。 祈願受付時間 12月31日〜1月1日 8:00〜翌19:00 1月2日〜1月3日 6:00〜19:00 1月4日〜1月31日 8:00〜18:00 2月1日〜12月30日 8:20〜16:40 祈願料 3000円〜10000円 住所 栃木県佐野市金井上町2233 アクセス JR 両毛線「佐野駅」より徒歩15分 東武佐野線「佐野市駅」より徒歩10分 東北自動車道「佐野藤岡インター」より10分 青柳大師【群馬県】 青柳大師は、龍蔵寺とも言います。 住所 群馬県前橋市龍蔵寺町68 川越大師【埼玉県】 川越大師は、喜多院(きたいん)とも言います。 厄年の3年間のあと、4年目に「厄除けおんれい」という、 厄年を無事に過ごせましたというお礼の願いを込めた祈願もあります。 毎月28日には、「不動明王護摩供厳修(ふどうみょうおうごまくげんしゅう)」が行われています。 誰でも参加自由で、厄除け以外のおはらいも受け付けています。 他の日の厄除けは、事前に申し込みが必要です。 祈願受付時間 9:00〜17:00 住所 東京都府中市紅葉丘2-26-4 アクセス 西武多摩川線『多磨駅』下車、徒歩約7分 秩父今宮神社【埼玉県】 祈願受付時間 9:30〜16:30 祈願料 5000円〜 住所 埼玉県秩父市中町16-10 アクセス 西武池袋線、西武秩父駅より徒歩8分 秩父鉄道、御花畑駅より徒歩5分 来宮神社【静岡県】 来宮神社は、熱海にある神社です。 社殿はガラス張りになっていて、中の様子を見ることができます。 遠くに住んでいる方や歩くのが難しい方には、郵送でのおはらいを受け付けています。 ちなみに、厄除けの申し込みは、コチラのページからもできます。 祈願受付時間 9:00〜16:30 住所 静岡県熱海市西山町43—1 アクセス JR来宮駅 から徒歩約5分 JR熱海駅 から徒歩約18分 JR熱海駅 からタクシー約6分 金王八幡宮【東京都】 金王八幡宮は、渋谷にある神社です。 渋谷という人が多い地域にありますが、金王八幡宮は静かで落ち着いています。 また、ベンチが多く設置されていて、ちょっとした休憩に寄る方も多いんです。 祈願受付時間 9:00〜16:30 祈願料 5000円〜 住所 東京都渋谷区渋谷3-5-12 アクセス 渋谷駅から徒歩5分 圓應寺【福岡県】 圓應寺は、黒田官兵衛(くろだかんべえ)の奥さんが建てたお寺です。 大河ドラマを機に参拝者が増え、一般の方もお参りできる機会を積極的に取り組んでいます。 圓應寺では厄除けをする上で不安なことがある場合、相談に乗ってくださるので気軽に訪れてみてくださいね。 祈願受付時間 10:00〜17:00 住所 福岡県福岡市中央区大手門3-1-7 アクセス 福岡市営地下鉄「大濠公園駅」4番出口から徒歩4分 西鉄バス「大手門3丁目」から徒歩1分 万九千神社【島根県】 万九千神社は、出雲にある神社です。 神無月になると、万九千神社に神様が宴会をしにくると言われてます。 ここでは、御神酒(おみき:神様におそなえするお酒)の代わりに、出雲で出来たジンジャーエールをいただけますよ。 祈願料 2000円〜 住所 島根県出雲市斐川町併川258 アクセス JR出雲市駅から車で12分 一畑電車 「大津町駅」から徒歩18分(車で5分) 御嶽神社【神奈川県】 御嶽神社は神仏習合の色がのこった神社です。 祈願は、護摩とおはらいを選ぶことができます。 事前に予約は必要ですが、一対一でおはらいをしてくれます。 祈願受付時間 9:00〜16:30 祈願料 3000円〜 住所 神奈川県横浜市栄区上郷町1314 アクセス JR港南台駅から神奈中バス港36・40に乗車。 約20分「中島」で下車、目の前です。 宮地嶽神社【福岡県】 宮地嶽神社は、映画「巫女っちゃけん」のロケ地になった神社です。 1万円以上の祈願の場合、宮地嶽神社では太鼓を叩きながら大祓詞(おおはらえことば:神主さんが読むおはらいの言葉)を読みあげてくれるんです。 リズミカルで、他の神社では見ることのできない珍しい祈願です。 祈願の受付時間は8:30〜17:00となっていますが、時間外でも24時間受け付けてくれます。 祈願受付時間 8:30~17:00(左記以外の時間でも可。 ) 祈願料 5000円〜 住所 福岡県福津市宮司元町7-1 アクセス 福間駅下車、駅前よりバス(タクシー)で約5分 徒歩で約25分 JR福間駅から常時運行 当神社参拝用臨時バスでは、神社前にて下車 馬木不動尊【島根県】 正式な名前は光明寺(こうみょうじ)と言います。 馬木不動尊は、少人数でご祈祷を行ってくれるお寺です。 住職さんも暖かく迎えてくれます。 住職さんにインタビューした記事もぜひ読んでみてくださいね。 厄年の方は、ぜひ神社やお寺で厄除けをしてみてくださいね。 この記事をきっかけに、あなたが厄年を無事に過ごせることを祈っています。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

厄年 女性 2020年(令和2年)早見表|厄年・厄除け厄祓いドットコム のブログ

厄年 2020 女性

男女で違う年齢がおとずれるのが厄年ですが、 女性の厄年は10代〜30代でそのほとんどが訪れます。 現代ではちょうど結婚や妊娠、出産などを控える人が多い年齢の頃に厄年が訪れてしまうのはなんだかね、、、 そこでこの記事の中では女の厄年でやって良いことや悪いことはあるのか?などもふまえて読み進んで見てください。 まずは厄年の年齢の数え方です。 女性の厄年の年齢と数え方? 女の厄年で気になる一つ目は年齢と数え方です。 普段自分の年齢はご存知かと思いますが厄年の年齢を数える時には少し違いがあります。 誕生月で1つ歳を取るのでなく、お正月を迎える度に1つ歳をとるのです。 ですので誕生日を迎える前であれば現在の年齢に+2歳。 誕生日を迎えた後であればプラス1歳を加えましょう。 この数え方は「数え年」という数え方で日本では儀式などではこちらの年齢の数え方を基準に考えられていることも多いので知っておくと便利です。 女性の本厄は19歳、33歳、37歳 これに加え前後1年ずつを前厄、後厄といって警戒すべき時期とされています。 特に33歳の厄は大厄と呼ばれており、最も良くないことが起こり易い年とも言われています。 厄除け・厄払いなどを受けて悪いことが起きないように努めましょう。 女性の厄年は何歳? 女性の厄年 前厄 本厄 後厄 一度目 18歳 19歳 20歳 二度目 32歳 33歳 34歳 三度目 36歳 37歳 38歳 四度目 60歳 61歳 62歳 女性の厄年は人生で4回訪れます。 本厄の前の年を前厄、後の年を後厄と考えると合計で12年あります。 ただ61歳の時の厄年に関しては地域や宗教の違いがあるようで男性だけの場合もあるようです。 女性の厄年の数え方は? 男性女性に関わらず言えることですが厄年の数え方は数え年の年齢になります。 数え年の場合は母親のおなかの中にいる月日も命と考えられている為そのように数えられます。 そのため生まれた年は0歳ではなく1歳と数えることになるため数え年が厄年ということになります。 厄年の数え方はご自身の地域や宗教によっては旧暦を使って数える方法に従っているところもあるようです。 この場合の数え方は立春(2月4日頃)から年の始まりとして考えられているものですから、立春前に生まれた早生まれの方は前の年が生まれた年として数えられます。 例を上げると昭和50年1月11日生まれの人は昭和49年生まれになります。 不安がある場合はご自身がお世話になっている神社で訪ねると良いでしょう。 女性にとって気になること結婚・妊娠・出産 厄年という響きから女性に取って気になることを紹介します。 それはなんといっても恋愛や結婚、妊娠、出産と行ったことが上げられると思います。 女性にとって人生でとても大事なことのためとても気になってしまうことだと思いますが、そもそも成り立ちを考えるとそこまで気にする必要もないようです。 女性にとって特に気になる出産などに関しては子を授かれば厄を落としてくれるなど悪いことばかりではありませんし、そんなに気にしないという人が大多数をしめています。 厄年だからといって積極性をなくしてしまうことの女性がいらっしゃいますが、何か気が乗らなくて落ち込みがちになってしまうためそちらの方が良くないように思います。 心の持ちようで、悪いことが起きたらあまり気にしない位の気構えで今まで通り生活をされること、それでも気になる場合は厄払い等を取り入れて気持ちの面でもすっきりしておくことが大切だと思われます。 厄年の女性に送ってあげるものは何が良い? 女性の友人で厄年であることを不安に思われている方や、何か調子がいまいち上がらないと言う方へ 何かしてあげることはできないものか?と考えている優しいあなた。 実は女性の厄年の時に渡してあげるとよいといわれるモノの特徴があるのをご存知ですか? 厄年の女性への贈り物はなにがいい? 厄年の女性にぴったりの贈り物は? 厄年の人には厄除けの意味を込めて「長いもの」「七色のもの」「うろこ模様のもの」をプレゼントすると良いと言われています。 そして 人から贈られたそのようなものを身に付けることにより厄を遠ざける力があるそうです。 厄を遠ざける役割があるのですから毎日身に付けるものの方が効果的ですよね。 そこで昔は腰紐や帯などが贈られていたそうですが、現代ではあまり一般的ではありません。 そこで女性の場合はスカーフやマフラー、ネックレスなどが良いのではないでしょうか。 シルクの大判のスカーフというとバブル時代のイメージがありましたが、最近はまた人気が戻ってきたような感もあります。 一枚あれば様々な形で長く使えるものですから、こういった機会にプレゼントするのも良いですね。 また 七色のもの、と言えば真珠が挙げられます。 真珠の色を言い表す時には白や黄色やピンクなど一つの色を言うものですが、輝きをじっくり観察してみると様々な色が含まれているのがわかります。 なるほど、七色の輝きというのもわかる気がします。 そのため厄年の人へのプレゼントとしてよく贈られるようです。 フォーマル用の真珠のネックレスを持っていない人であればこの機会に1本贈っておくのも良いですし、最近は真珠と行っても普段に使う人が増えています。 ロングタイプのネックレスはカジュアルにも少し改まった席でも使えるので便利なのでそういうものを贈るのも喜ばれるでしょう。 他にもうろこ模様のもの、ということで財布も厄除けの小物として好まれます。 「厄除け プレゼント」などのキーワードで検索すると多くのネットショップで厄年の人へのプレゼントを集めたページを設けたりしているので、そういったページを参考にプレゼントを選んでみてはいかがでしょう。

次の

厄年 男性 2020年(令和2年)早見表|厄年・厄除け厄祓いドットコム のブログ

厄年 2020 女性

男女で違う年齢がおとずれるのが厄年ですが、 女性の厄年は10代〜30代でそのほとんどが訪れます。 現代ではちょうど結婚や妊娠、出産などを控える人が多い年齢の頃に厄年が訪れてしまうのはなんだかね、、、 そこでこの記事の中では女の厄年でやって良いことや悪いことはあるのか?などもふまえて読み進んで見てください。 まずは厄年の年齢の数え方です。 女性の厄年の年齢と数え方? 女の厄年で気になる一つ目は年齢と数え方です。 普段自分の年齢はご存知かと思いますが厄年の年齢を数える時には少し違いがあります。 誕生月で1つ歳を取るのでなく、お正月を迎える度に1つ歳をとるのです。 ですので誕生日を迎える前であれば現在の年齢に+2歳。 誕生日を迎えた後であればプラス1歳を加えましょう。 この数え方は「数え年」という数え方で日本では儀式などではこちらの年齢の数え方を基準に考えられていることも多いので知っておくと便利です。 女性の本厄は19歳、33歳、37歳 これに加え前後1年ずつを前厄、後厄といって警戒すべき時期とされています。 特に33歳の厄は大厄と呼ばれており、最も良くないことが起こり易い年とも言われています。 厄除け・厄払いなどを受けて悪いことが起きないように努めましょう。 女性の厄年は何歳? 女性の厄年 前厄 本厄 後厄 一度目 18歳 19歳 20歳 二度目 32歳 33歳 34歳 三度目 36歳 37歳 38歳 四度目 60歳 61歳 62歳 女性の厄年は人生で4回訪れます。 本厄の前の年を前厄、後の年を後厄と考えると合計で12年あります。 ただ61歳の時の厄年に関しては地域や宗教の違いがあるようで男性だけの場合もあるようです。 女性の厄年の数え方は? 男性女性に関わらず言えることですが厄年の数え方は数え年の年齢になります。 数え年の場合は母親のおなかの中にいる月日も命と考えられている為そのように数えられます。 そのため生まれた年は0歳ではなく1歳と数えることになるため数え年が厄年ということになります。 厄年の数え方はご自身の地域や宗教によっては旧暦を使って数える方法に従っているところもあるようです。 この場合の数え方は立春(2月4日頃)から年の始まりとして考えられているものですから、立春前に生まれた早生まれの方は前の年が生まれた年として数えられます。 例を上げると昭和50年1月11日生まれの人は昭和49年生まれになります。 不安がある場合はご自身がお世話になっている神社で訪ねると良いでしょう。 女性にとって気になること結婚・妊娠・出産 厄年という響きから女性に取って気になることを紹介します。 それはなんといっても恋愛や結婚、妊娠、出産と行ったことが上げられると思います。 女性にとって人生でとても大事なことのためとても気になってしまうことだと思いますが、そもそも成り立ちを考えるとそこまで気にする必要もないようです。 女性にとって特に気になる出産などに関しては子を授かれば厄を落としてくれるなど悪いことばかりではありませんし、そんなに気にしないという人が大多数をしめています。 厄年だからといって積極性をなくしてしまうことの女性がいらっしゃいますが、何か気が乗らなくて落ち込みがちになってしまうためそちらの方が良くないように思います。 心の持ちようで、悪いことが起きたらあまり気にしない位の気構えで今まで通り生活をされること、それでも気になる場合は厄払い等を取り入れて気持ちの面でもすっきりしておくことが大切だと思われます。 厄年の女性に送ってあげるものは何が良い? 女性の友人で厄年であることを不安に思われている方や、何か調子がいまいち上がらないと言う方へ 何かしてあげることはできないものか?と考えている優しいあなた。 実は女性の厄年の時に渡してあげるとよいといわれるモノの特徴があるのをご存知ですか? 厄年の女性への贈り物はなにがいい? 厄年の女性にぴったりの贈り物は? 厄年の人には厄除けの意味を込めて「長いもの」「七色のもの」「うろこ模様のもの」をプレゼントすると良いと言われています。 そして 人から贈られたそのようなものを身に付けることにより厄を遠ざける力があるそうです。 厄を遠ざける役割があるのですから毎日身に付けるものの方が効果的ですよね。 そこで昔は腰紐や帯などが贈られていたそうですが、現代ではあまり一般的ではありません。 そこで女性の場合はスカーフやマフラー、ネックレスなどが良いのではないでしょうか。 シルクの大判のスカーフというとバブル時代のイメージがありましたが、最近はまた人気が戻ってきたような感もあります。 一枚あれば様々な形で長く使えるものですから、こういった機会にプレゼントするのも良いですね。 また 七色のもの、と言えば真珠が挙げられます。 真珠の色を言い表す時には白や黄色やピンクなど一つの色を言うものですが、輝きをじっくり観察してみると様々な色が含まれているのがわかります。 なるほど、七色の輝きというのもわかる気がします。 そのため厄年の人へのプレゼントとしてよく贈られるようです。 フォーマル用の真珠のネックレスを持っていない人であればこの機会に1本贈っておくのも良いですし、最近は真珠と行っても普段に使う人が増えています。 ロングタイプのネックレスはカジュアルにも少し改まった席でも使えるので便利なのでそういうものを贈るのも喜ばれるでしょう。 他にもうろこ模様のもの、ということで財布も厄除けの小物として好まれます。 「厄除け プレゼント」などのキーワードで検索すると多くのネットショップで厄年の人へのプレゼントを集めたページを設けたりしているので、そういったページを参考にプレゼントを選んでみてはいかがでしょう。

次の